「不干渉」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 不干渉とは

2020-07-26

anond:20200726141048

女叩き男叩きはそれでいいにしろ作品に関してはお互い不干渉にしない?

2020-07-19

学生時代の思い出

(ややセンシティブな内容が含まれます問題ない方のみご覧ください)

































身近な人の訃報を聞くと、毎回思い出すことがある。

私はある期間だけ、リストカットを試したことがある。

試した、というのも、実際に深く切りつけたわけではない。衝動的なものだったので、男性用カミソリの安全ガードに阻まれて、うまく肌を傷つけることができなかった。そのくらい頭が働いておらず、ただ自分限界自覚するだけの時間だった。

悩みごとは家庭環境だった。長いこと両親は家庭内別居しており、しかし同時に共依存関係にもあった。四半期おきぐらいに仲直りするが、家族で出かけると、大概喧嘩になる。そしてまた別居状態になり…の繰り返しだ。

大型ショッピングモール口論になる。車の中で取っ組み合いになる。自宅から数十キロ離れ、近くに駅もない道路父親が車から降り、徒歩で帰ろうとするのを母が運転する車が追いかける。一つひとつ些細なことだが、積み重なった昏い想い出がだんだんと心を傷つけた(蛇足だが、父は数十キロ離れたところから車無しで帰ってきた。強情な上にタフな人だ)。

離婚すれば良いと思っていたし、そう二人に言っていた。しかし、離婚という手段は取らないまま今に至っている。その理由の一つで大きなものは「子どもたちのことを想って」だそうだ。諦めを孕んだ濁った愛情は、激しく絶望的に映った。私のためにこの人たちは自分犠牲にしている。中高生である私が、親元を離れて何かできるわけでもない。ならば私がいなくなれば…と思う気持ちが徐々に膨らんでいった。

決心してリストカットをするというよりは、気がついたら手首を切ることで頭がいっぱいになっていた、というほうが私の感覚に近い。損害賠償額がこのくらいで〜なんて考えているうちは電車に飛び込まないと思う。私がもし当時都心に住んでいて、数歩歩けば楽になれる、という考えがとっさに浮かんだら、電車に飛び込んでいたかもしれない。私にとってのリストカットは、そういう性質のものだった。

その後母親口論になったときに、自分リストカットをした、と漏らしたことがある。今となって考えると、これは明らかなSOSだ。しか母親は「わたしだってつらい、リストカットだってしたいくらい」と返した。この瞬間に、自分母親に甘えているのだと自覚し、同時に、この母親は甘えるべき対象ではないのだと悟った。母親被害者だし、父親被害者なのだ。この人たちには心のケア必要で、しか自分に何ができるわけでもない。選んだ選択肢は、両親への徹底した不干渉だった。

--

進学先は東京大学を選んだ。当初は近くの地方大学を志望していたが、ここにいてはいけない、という気持ちがそれを上回った。幸運なことに受験は無事合格し、そこから両親とはほぼ連絡を取っていない。社会人になってからは、実家に帰ることもやめた。

私の心の支えになったのは学校だった。幸運にも心優しい学友たちに恵まれ、人に頼ることのありがたさを知った。

家庭環境のことを人に話しても解決しないし、話すこと自体無駄だ、と思っていた。しかし、自分の様子を心配した友人に半ば問い詰められるような形で家庭環境の悩みを吐露したときは、深く安心させられたのを覚えている。思えば、自分が初めて人を頼った瞬間だったかもしれない。そして、これまでで最もたくさん涙を流した瞬間でもある。

--

親元を離れて数年。当時のトラウマも薄れ、今は不自由ない生活を送れている。

つらい人たちにがんばれ、と声をかけることは酷だと言う。それはそうだ。彼らは既に頑張っているのだ。周りの圧力と戦い、何より自分自身の声と戦っている。

私は、つらい人には徹底して「逃げて」「頼って」と言いたい。私の場合は、親から逃げ、友人たちを頼った。受験の時は、なるべく親の目のない自習スペースや学校に逃げ、東京という新天地への希望を頼りにした。

願わくば幸せでいてほしい。極端な選択をする人が、どうか少しでも減りますように。

2020-07-09

地雷から奇跡生還を果たしためんどくさい夢女の話

はじめに

この記事は『ツイステッドワンダーランド』の新イベント、『ゴーストマリッジ』について偏った目線から書いた感想のような怪文書でございます

イベントストーリーの他、ストーリーネタバレを含んでおりますので「ツイステ気になってるんだよね~」という方の閲覧はおすすめしません。

インストリー(特に3章)はできるだけネタバレ見ずにプレイしてほしい…!

これを書いた人間アズールの(ゆるーい)夢女です。

同担拒否の方はウィンドウ(タブ)をそっ閉じ、もしくはブラウザバックすることをおすすめします。

また、この文章あくま思考の整理であり、誰かに向けたものではございません。

(誰もこんな文読まないだろうけど予防線を張っておく)

魔除けを済ませたところで本題へ

まず、私個人の感想を申し上げますと「大草原不可避」。この一言に尽きます

当初自然回復分でブーケを集めて少しずつ読んでいこうと思っていたのをやめ、かけらを少々砕いてどんどん読んでいったぐらいにはストーリーが楽しかったです。

でも、アズールの出番をざっくり拾うと、

2年寮長ズで勉強会してたら追い出される→運動場で監督生を気にかけるような発言(社交辞令可能性あり)→『オペレーションプロポーズ』に案外乗り気→先に玉砕したリー兄弟のことを詫びつつ自分も花婿候補として名乗りを挙げる→(「薔薇花束を捧げて、高らかに愛を歌い上げ」る→)イライザちゃんビンタ→第2陣組でひときわ悔しがる(※個人見解です)→イデアボドゲ部のよしみで助けを求められるも切り捨てる…とよく考えたら夢女的にアウトになりかねない要素が普通にあるんですよね…

多分他作品推しで「演技とはいえある程度ノリノリで異性に告白玉砕」の流れがあったらブチギレる。きっとお気持ち文書ちゃう。最悪他界する。

そして大変恥ずかしい話ではあるのですが、わたくし、推しの扱いにあまりにも納得がいかなくてその作品から距離置いたり他界したりなんかした経験があるめんどくさいオタクであるという自覚があります

冒頭でゆるーい夢女などと申しましたが、鍵掛けずに推し×夢主アイコンにしているような夢女子(夢男子)さんがはっきり言って地雷なめんどくさい夢女です。(もちろん見かけても絡んだりはしませんし、自分推し関連以外はそこまで嫌ってない)

それなのに、なぜ今回は笑っていられるのか…

自分でも不思議です。フシギダネ

どうして生きてるんですか?

平気だった理由として考えられるのが、「監督生に対しての台詞があったから」「推しだけじゃなくて他のキャラも同じような目にあっているから」「コントのような雰囲気から」「花嫁求婚を突っぱねたから」…

ストーリー自体から挙げられるのはざっとこんなところでしょうか。

監督生に対しての台詞があったから」

これは前述の社交辞令ともとれる台詞のことです。

「◯◯さんも、ご無事でなによりです」ですって…!

公開されないからへーきへーき、と少々恥を忍びつつ主人公名前本名(世界観に合わせてカタカナ)に設定していた私は不意討ちを食らうこととなりました。宇宙状態

アズール性格を考えると何度も言います社交辞令である可能性は十分にあります

ですが、なんであれ監督生を気遣うような発言をしたのは事実です。

そして、ライターさんの解説でもない限りこの発言真意が明かされることはないと思っていいでしょう。

そうです。せっかくだから都合よく解釈したろ!ということです。

他人自分のそれを押し付けない限りはどう解釈しようが自由です。なので私はアズールのあの発言本心からと思うことにしますね。

この台詞についてはまた後程ほじくり返します。

推しだけじゃなくて他のキャラも同じような目にあっているから」

これはシンプルながら個人的にはわりと馬鹿にできない理由です。

後半どうなるかは不明ですが、現時点でレオナ、ヴィル、ジャックセベクトレイリー兄弟リリアデュースケイト、そしてアズールと半数近くのキャラプロポーズチャレンジからビンタ(紅葉刻印)を食らっています

やっぱりなんだかんだ言って「みんなそうだから」っていうのは強い。

推し一人だけがひどい目にあっていたら怒りたくもなりますがこれだけの人数が同じ目にあっていればちょっとした平等さすら感じます

コントみたいな雰囲気から

そして「みんなそうだから」はここにつながってきます

あんな人数の多種多様イケメンが順番にビンタを食らう流れに笑わずはいられませんでした。

選択肢にもありましたよね、「バラエティ番組みたい」だって

似たような感想をすでに多数目にしましたが、イライザ姫の「却下!」からビンタからにじみ出る「笑ってはいけないシリーズ」臭…

から次へと挑んでは玉砕する彼らに笑いが止まらず、推しがぽっと出の女性キャラ求婚して惨敗していることにショックを受けるどころではなかったのです。

花嫁求婚を突っぱねたから」

花嫁側がプロポーズを受ける様子が全くなく、バッサリだったのも個人的にショックを軽減する要因だったように思えます

あそこで少しでも「素敵♡」みたいな反応を見せていたら私も絶望の淵に立たされていたことでしょう。

ここまでがストーリーのものから考えられる理由、ここから幻覚も交えていきます

アズールは何にでも本気になるから

思い込みを混ぜ混んだ4つ目の理由

ナニソレ、イミワカンナイ!って感じかと思われますが、はしょった結果なので仕方ないね

でもアズールが何にでも努力するからこそ、ショックが少ないのです。

ぱっと思い出せるだけで少なくとも、

過去100年の出題範囲からテスト対策ノート作成(3章)、ユニーク魔法習得(3章)、ハッピービーンズデーに向けて1年前から準備、サイコロの目を狙って出す練習をする(制服パソスト)、などが挙げられますし、そして何より自分を良く見せるための努力が随所から伺えます

あの場でイライザさんに例の指輪渡すことができたらスゲー、ってなるでしょうし、そりゃアズールも名乗りを挙げるし全力で花婿になりきるよね。

「あのプロポーズ本心からのものではないから」

妄想シマシ、まさかまさかの5つ目。なんか嫌な予感がする文ですね。

ええ、どうも私にはアレが自分を良く見せる努力の一環、つまり打算的な行動にしか見えなかったのです(結果はお察しだけど)。

ここで例の台詞の話に戻る…という訳だ。

オペレーションプロポーズ』を成功させれば周りから評価が良くなる→でしゃばるのも無理はない…

ですが、逃げてきた運動場で監督生を気遣う発言をしたところでアズールに何らかの得があるとは思えないんですよね。

だって監督生、美しい声もなければ一国の跡継ぎでもない普通人間、おまけに小汚い雑巾ですしおすし

あんな対価要求マンが得るものがないのに人を気遣うって一周回って本心から発言しかあり得ないんだよねってこと。パンドラの箱、開けちゃったんだよね。

…話を戻すと、要は「監督生のことは素で気遣ってくれた(と思ってる)けど、あのプロポーズ本心からのものではない(と思ってる)ので痛くもかゆくもありません」ということです。(言ってることが)ヤバいですね☆

収拾がつかなくなってきた

…と、まぁ自分でも着地点がわからなくなってきましたが、これら5つの要素が地雷原をお花畑に変えてくれたのだろうなと思います

えらく雑なまとめ方だな…

別に全てが平気だったわけではない

ここまでピンピンしている私ですが、ショックなことももちろんありました。

比較監督生と行動を共にすることも多い、デュースプロポーズの様子から監督生の性別が男であることがほぼ確定してしまったみたいなのです。

いや、NRCは男子校だから何もおかしくないんですけど。むしろである方がおかしいんですけど。

でも魔法養成学校魔法使えない人間入学した時点でイレギュラーなんだから男子校に女がいるというイレギュラーを重ねたっていいじゃんアゼルバイジャン

しかし、紅一点だからといって逆ハーは私の好みではないです、あくま男子いっぱいの中からたった一人にだけ恋愛感情を向けたいし向けられたいのです。うわキモ

まぁこれ書いてる奴はレオナより少し年上だから監督生=自分としてプレイは無理あったんだけどね!

自分分身を何だと思ってプレイしたらいいのだろうか、男装女子か、はたまた男の娘か…

一体どうしたらいいんだ、脳内で『ツイステッドワンダーランドイケメンパラダイス~』とかいって『イケナイ太陽』でも流しておけばいいのかな…

推し関連ではショック少なかったものの、こっちではなかなか大きなダメージを負ったかもしれない。

おしまい

いい感じにオチがついた()ところで私のお気持ち表明は以上となります

読んでくださる方がいるかはわかりませんが、ここまでお付き合いいただき、本当にありがとうございます

普段は見なかったことにしてしまいがちな同担女子(夢男子)さん(いる?)も、ありがとうございます相互不干渉(私はひっそり暮らしているので関わることはほぼないと思います)でお互い強く生きていこうな!

後編が公開されてまた何かあったら怪文書を流すかもしれません、後編も楽しめるといいな!!!

2020-07-08

ニートを抱える崩壊家族テンプレート

二ートを抱えた家族は、すぐに崩壊はせず、緩やかに壊死していく。

私の実家もその典型的な一例であるため、「ザ・ニート家族」はこのように形成されるということを、

兄と私の半生を交えながら紹介したいと思う。

幼少期~小学中学

2人兄弟末っ子として生まれた私は、兄と年齢が少し離れていたこともあり、両親、祖父母、親戚から可愛がられており、兄は必然的放置されがちだった。

からしてみれば、自分蔑ろにされている感覚からさぞ私を恨んでいたことだろう。

しかし、家族全体を通して見れば、多少ケンカをする2人兄弟の4人家族という一般的な家庭であった。

高校大学

このときから、母が兄を厳しく躾けるようになる。

定期テスト、塾、受験、進学に関して、成績が悪かった兄を強く叱るようになり、それに兄が反抗し更に勉強をしなくなるという、負のフィードバックループが起こっていた。

また、学業だけでなく、日常生活全般に関しても気に入らないことがあれば怒鳴り散らし、自分が思う「躾け」の型に兄をはめていった。

そんな中、高校卒業を間近に控えた兄は、今まで自分の進路や行動を母に縛られていたため、

全くもって自立的活動することができなくなっていた。

当初、大学に進学せずに働こうと考えていた兄だったが、やりたい仕事もなければ行きたい大学もなかった。

結果、ただ親に「今のご時世、大学には進学しておけ」と言われたから進学しただけの、Fラン大学生が誕生した。

それを見ていた自分は、当然兄を反面教師とする。

高校自由校風進学校に進んだ自分は、真面目に部活学業に打ち込み、上位の国立大学に進んだ。

大学社会人

決定的な転機が訪れたのはここである

今まで母は過干渉なぐらい兄につきまとっていたが、

就職という、人生の進路を決める大切な局面において、

兄に干渉判断を下すことを回避し始めたのだ。

今まで自分人生無頓着で、重要選択さえも母の干渉を受けていた兄は、

自分人生について主体的に考えることができなくなっていた。

「ただ今が楽であればいい」と考えるようになった兄は、

親がうるさく言ってこなくなったのをいいことに、大学卒業を間近に控えても就職活動をせず、ニートの道に進んでいった。

一方、兄への干渉を辞めた母は、幼少期ぶりに自分に接近するようになる。

しかし、今まで自分母親に悩みも相談したことが無ければ、進路や人生の指針を相談したこともなく、

自然と母から距離を取るようになっていった。

就職結婚も確定してからの事後報告であり、「親を喜ばせる」なんてことは一切頭になかった。

そしてこの物語には、父は一切出てこない。

父は仕事人間であり、躾けどころか子ども相談にも乗ろうとしなかった。

母が兄を怒鳴り散らしていた日々においても、その教育方針に口を挟むことはなく、黒子に徹し続けていた。

今まで教育母親に任せきりにしてきた父は、無職の兄に対し躾けをする権利も、家庭内での発言権も無くなっており、

そんな威厳の無い父親を、兄と母は敵扱いしていた。

まとめ

ニートによる家庭崩壊は、基本的にはこのパターンである

母→干渉癖があるくせに、大切な場面で育児から逃げる

父→普段から育児に加わらず、家庭が崩壊寸前でも何もしようとしない

子(ニート)→小さいころから主体性を奪われているため、一人では何もできない

子(非ニート)→実家から逃亡し、何を言われても他人で押し通す

これら過干渉不干渉の極端なバランスが、家族の形をいびつにしていく。

このパターンに当てはまる(緩やかな)崩壊家族日本結構あるんじゃなかろうか?

今後

兄が30後半に差し掛かり、両親も定年に入り収入が無くなった今、

家族は間違いなく崩壊の道を辿っている。

親が亡くなれば、家や土地を兄が継ぐのかもしれないが、後に残されうるのは主体性を失った兄であり、

そんな兄にいくら財産付与されようとも解決の道は開けないだろう。

そして東京に出て家庭を築いた私は、いずれ崩壊するであろう実家を見て見ぬふりしている。

結局、兄も私も、同じぐらい無責任で、同じぐらいクズ人間なのだ

2020-07-06

女のお気持ち表明はジャンル政治だが、男のお気持ち表明はファンアンチ戦争として昇華される

女のお気持ち表明は、同じジャンル、同じ仲間の中で行われるものである

そこにどれだけ深い溝があっても、両者が同じジャンルにいることが絶対である

ジャンルを離れたらもうお気持ち表明は行われず、不干渉となっていく。

よって女性向けジャンルでは、ジャンルへの不満は主にファン愚痴となり、アンチ存在希薄である

一方で男は、各々に抱いた感情が、ジャンルに対するファンVSアンチという大きな共同体同士の戦争として昇華される。

ファン側についたならジャンルへの否定は許されず、礼賛オンリーになっていくし、

アンチ側についたなら僅かな養護意見すらも駆逐される。

勢力内だけ見ればお互いの僅かな解釈違いにはスルー平和に見えるが、

一方で主に匿名の場などを主戦場としてファンアンチ仁義なき戦いが繰り広げられる。

その最たるものけもフレ戦争であり、その被害女性お気持ち表明よりも範囲がでかい

ただ最近ではそういう戦争疲れたのか、男性向けジャンルでもファン愚痴を言うための「愚痴スレ文化の広がりが見られる。

つの考察としては、男性向けジャンル乙女ゲー化しているのではないかと思う。

男性向けのエロゲーラブコメではマルチヒロイン制とは言えメインとサブの扱いがはっきりしており、作品カラーがはっきりしているが、

女性向けのゲームではメインとサブの概念希薄であり、変な言い方だと玉虫色作品が多い。

ところが近年の超多人数型のソシャゲではメインがはっきりせず、男性向けコンテンツでも玉虫色化しており、

作品へのファンアンチの戦いではなく、ジャンル内での「政治」に重きが置かれてきているのではないか…と考えられる。

2020-07-05

相手は何も悪い事をしていなくても嫌いになってしまう事ってあるよなぁ…という話

Twitter自分の嫌いな人や物に対して称賛したり好意を示している人を見ると、僕はついミュートやブロックをしてしま

その人がこちらの好きな人や物を貶したり悪く言ったりした訳でも無い、ただ好きな物を好きだと言っているだけなのに嫌な気分になってしま

好きな物を好きだと言う事くらい誰だって当たり前にするし、こっちだって自分好きな物を好きだと言っただけで悪意を持たれたら嫌だって事くらい痛いほど分かっていても、嫌な気分はどうしようもない

なら自分はそれが嫌いですと正直に言うより、お互いを見ない振りして不干渉を徹底して存在自体認識し合わない事が一番平和だと思う

好き嫌いなんて人に言われたくらいで簡単に変わる物ではないし、意見が合わない相手自分から絡みに行って喧嘩してお互い不快な思いをするよりずっと気持ち良く過ごせるんじゃないだろうか

口で言うのは簡単だけど、実行に移すのは難しいけどね…好き嫌い関係なくただ喧嘩がしたいだけという人も居るし、どうしても嫌になる感想って目に入っちゃうし…その嫌な気分を前向きな原動力昇華出来たらいいな、と思う

2020-06-22

anond:20200622022427

外国人ビザ目的の人と結婚したら?

お互い不干渉で、書類上だけの結婚を求めているのならさ。

2020-06-17

ESOのメインクエスト終わったのでまとめ

今頃ネタバレもないだろ 知識ほとんどなくネットで調べながらやったから間違ってるところあったら指摘してほしい

 

クッソ昔

ロディールというタムリエル大陸中央位置する地域はアイレイドというエルフ族が治めていた。

そこでは人間は完全に家畜扱いだったのでそれを哀れんだアカトシュ(多分主神?)がアイレイドの支配に負けないように

・竜の血筋ドラゴンボーン

ルビー玉座

王者アミュレット

を与えてドラゴンボーン皇帝)がアミュレットを携えルビー玉座に座り、アイレイドの本拠地白金の塔を堕とすことでアイレイドの支配から解放された。

アイレイドは時代の表舞台から姿を消すことになる

 

まぁまぁ昔

何代目の皇帝「ヴァレン」はドラゴンボーンじゃなかったのでコンプこじらせる。

4人の仲間と共にドラゴンボーンになれるという秘術を実行するも、エルフ族の仲間「マニマルコ」に裏切られ、ドラゴンボーンになるどころかデイドラ邪神)の一人モラグバル領域コールドハーバー地獄A)」と次元融合してしまう。デイドラ軍勢がニルン(惑星)に容易に攻めたり、いろいろできるようになってしまう。

ラグバル支配とかそういう概念を司るのでニルンの奴ら全員支配したいと思って準備を進める。

ヴァレンは超ショックだったのでエルダースクロール(星霜の書)を読むために僧侶になる。そしてエルダースクロールを読んで無事失明する。

メインに関わる五人

ヴァレン:コンプレックスありまくる皇帝

マニマルコ裏切り者の野心家 声が良い

リリスバカで素直で情に厚い 巨人の娘と呼ばれるほど背の高い女性(実際巨人の血が混ざってるらしい)

ブナー:思慮深い冷血漢 自分大事というより自分の身内とか家柄が大事 ある意味一番わかり易い人間

サイ:ドM僧侶

 

近頃

主人公とヴァレンの仲間「リリス」はなぜかコールドハーバーに捉えられていた。

なぜかそこにはヴァレンも捉えられていた。シロディールは皇帝を失ったからか三国戦争地になっている。

 

ゲームスタート

リリスに助けてもらう主人公コールドハーバー脱出するため進むと捉えられてるヴァレンを見つける。

リリスはヴァレンを逃がす代わりに囚われの身になる。ヴァレンは自分コンプこじらせて皆に迷惑かけたことを後悔しており主人公に助けを乞う。

また次元融合を終わらせるために王者アミュレットを使いもう一度同じ儀式をしたいが王者アミュレットがないからそれも探してほしいという。

 

リリス解放

まずはリリス解放することとするために主人公は今一度コールドハーバーに向かう。

リリスは対魔忍のように様々な精神干渉を受けたためまるっきりかわっていた。

主人公リリスに自信を取り戻させるためにコールドハーバーを進む。

サイが王者アミュレットもっていったような気がするので次はサイを探し出そうとするがサイはどうやらマニマルコアミュレットの居場所を吐くように拷問受けている。

 

ブナーとの邂逅

リリスを無事解放した主人公にヴァレンは「次、サイな まぁサイのことだから拷問ゲロちゃうことないやろ」とかいう。

サイが囚われているところは検討がつかないのでアブナーに接触して教えてもらおうとする。

ブナーに会うがアブナーは総合的にロジカルしたところマニマルコについたほうがよさそうなのでマニマルコに付いてるだけでヴァレンがやるなら俺もやるでと寝返る。

リリスはそれが気に食わない。アブナーもリリスみたいな脳筋美少女を許せないので悪態付きまくる。俺は「お似合いですね」と思ってみてたけどアブナーが相当お年を召しているのでやっぱなしだ(てかリリスが明らかに他の四人と比べて若い

 

サイ救出

ブナーは総合的にロジカルするとサイはここにいると推測する。見事的中。

マニマルコとサイのプレイを見ながら救出するがサイはリリスにホの字の様子。リリスもまんざらではない。

ブナーは気に入らないのでずっと嫌味言ってる、拗ねんなよ。

王者アミュレットの隠し場所に向かうとマニマルコ(幻影)の姿が!マニマルコは「王者アミュレット手に入れた暁にはモラグバルなんて余裕で倒せる。倒したらモラグバルに成り代わりマニマルコおまえら支配概念となる。」「こんなのバレたらモラグバル配下人生終わるナリ…そうだ!サイがはったデイドラ不干渉結界で企みをかき消すナリ!」とか思い上がりべらべら喋ってしまう。

ラグバルは当然そんなのお見通しで「マ、マニマルコくんどうしたんだ、いきなり大声出して」とマニマルコを捕まえて一生拷問することにする。

そんなことをよそ目に主人公王者アミュレットを手に入れる。

 

侵攻コールドハーバー

主人公コールドハーバーに攻め込んでモラグバルを倒すだけとなるが、それにはコールドハーバーを攻め込む人手が必要

そこで3国に話をつけて軍を各国からだしてもらう会議をする事を魔術師ギルド(全国魔法使い組合)の長の協力を経て達成する。

だが当然3国は「モラグバル?しるか。俺にとってはシロディールが一番優先!」とかいい出して会議が纏まらない。

そこにモラグバルが現れて「俺のこと無視すんなカス」と喧嘩を売りに来る。各国の代表もその恐ろしさを目の当たりにするがそれでも「いやぁでもな…」という様子。

魔術師ギルドの長と戦士ギルド(全国傭兵組合)のそこそこ腕の立つ奴は「じゃぁもう組合でいくから」と主人公についてコールドハーバーについてきてくれることに。

 

コールドハーバーにつくがみんな散り散りになってしまう。

ホロウティという拠点管理人に「アイレイド王と魔術師ギルドの長を連れてきてついでにこの街復興せんことにはモラグバルとか無理wあとメリディアの光ってしってる?メリディア様のありがたい光。それを手に入れなさい定命の者」とかいい出すので各地を走り回り探し回りなんとか連れてくる。

アイレイド王は統率者のいない戦士ギルドの連中を集め見事にまとめあげる。

魔術師ギルドはわりとデイドラ空間になれているのかいろいろ推察して次元融合でニルンを攻撃している兵器を探り当てて壊すことに。

ラグバルも当然気づいていたが時既に遅し、兵器は壊されるわ、管理人は実はメリディア邪神だけど不浄とか嫌い モラグバル犬猿の中)で邪魔されるわで散々。もー、おこ!

 

決戦モラグバル

コールドハーバー拠点をつくりあとは儀式を行うのみ。

ブナー「ワシが儀式方法しってるけど 総合的にロジカルするとヴァレンかリリスかサイを生贄にせんといかん」

主人公「俺とおまえは?」

ブナー「ワシは儀式せんといかから無理だろロジカル的に考えて… 主人公は魂ないから無理」

ヴァレン「元はと言えば全部俺が原因 俺にけじめつかせてくれ」

リリス「私は死んでもソブンガルデ(※)にいくだけ だから私でいい」

サイ「死ぬとか我々の業界ではご褒美です。俺を選んでくれ」

という感じの話をして「主人公が選べ、な?」と圧をかけられる。これなんかのハラスメントでしょ。

 

※ソブンガルデ…リリス種族「ノルド(北欧人)」が信じている死後行く世界勇気があるノルドだけが行ける。逆にノルド以外や他の邪神の祝福を受けたもの例外(直に干渉してくるもの)を除き一切受け入れない。概念とか死の救済とかじゃなく実在する。

 

コールドハーバーについた主人公一味 なんやかんやあって拷問されてるマニマルコを見つける

「まぁワイらの仲間やし…まぁでも主人公解放したいっていうんならなー(チラッ」と主人公に決めさせる。こいつら主人公に重い決断させすぎだろ。決断ハラスメント(ケツハラ)だぞ。

 

ちょうどいいところをみつけたので儀式を執り行う。

俺は選べなかったのでくじ引きサイト名前いれてやったところリリスが選ばれる。まぁリリスは死んでもソブンガルデいくだけだし…。

サイはドMだが最愛リリスが死んでご褒美をいただけなかったことで主人公を恨む。やっぱドMを崩すときドMに親しい人間を責めるに限る。

 

リリスの生贄のおかげでスーパーパワーを得た主人公バッタバッタと敵をなぎ倒しモラグバルも圧倒する。

ラグバルもこりゃたまらんとなり「まぁ、今日のところは引き分けな。ちょっとしばらくニルン攻めるのやめるわ。ちげーって重傷負ったとかじゃねーって、おまえに敬意を評してだって」というところをメリディアが笑いにくるので涙目敗走する。

 

感想

かなり楽しかった。

DMM版の日本語吹き替えでやったので声優も豪華だったしストーリー王道でわかりやすい。

仲間の4人も性格がわかりやすい。自分はアブナ推し人間らしさというか英雄らしくない(人間離れしていない)ところがかなり好き。

多分現代にいたらTwitterクソリプ一つ一つに「はい論破」と言わん勢いでリプ返しつつ引用RTで人を小馬鹿にしてそう。

6/15まで60%オフで買えるのでぜひやってみてほしい(既にこのセールは終了しています

2020-06-16

東京人他人を気にし、助け合うのが美徳

大阪人はほどよく他人不干渉

商売関係するとき干渉する

さすが商売の街である

しろ東京けが異質のように思えてきた

江戸時代の数々の日本人の魂がそうさせているのかもしれない

2020-06-08

設定改変が分かってるメディアミックスを観るための準備運動



 観たら絶対自分は怒るだろうなと分かっている映画がある。原作小説がとても好きで、映画化の際に「そこは変えちゃ駄目だろ」と思うような根底の部分にドひどい改変をされた映画だ。予告CM開始3秒でそれが分かったので公開当時は絶対観ないと決めていたし、観るような気分になる日が来るとは思ってもみなかった。

 しか最近、「公式との解釈違い」のような文言を用いて苦しむ人々をよくSNS上で目にするようになってその映画存在を思い出し、いい機会だから観てみようかなと思った。何かコンテンツとの付き合い方における知見を得られるかもしれないし。原作版を大事に思いつつも、派生版も楽しんで愛せるような人間になれるならなりたいし……。

 観た後では感情が大きく動いて今の気持ち100%は思い出せないだろうから、観る前に今抱いている改変ポイントについての思いを書きとめておく。

 (ひとつその映画について鑑賞前から確実に言える腹立たしい点は、原作者が亡くなった途端にその映画が作られ、「映像化は不可能と言われていた名作が遂に!」みたいな売り文句付きで世に出された事だ。映像化を何度も断ってきていた作者だから余計に……今までは作者が止めていた設定企画を、もう止める者がいない+追悼とか言える勢いから好き勝手にやっただけではないのかと思う。せめて存命中の公開なら「作者はこの映画化を了承したんだな」と思えたし、そうしたらきっと作者は何かしらのコメント映画へ寄せるだろうから、それを見られればもうそれで良かった。原作レイプ(こんな言葉があったのを久々に思い出した)を通り越して屍姦みたいだ。大切な人の墓に立小便をされた気分だ。)

 映画タイトルは『悪童日記』と言う。原作小説も同題だ(海外文学の中では普通によく知られてる方だと思うので、勿体ぶった言い方をしてしまって少し恥ずかしい)。

 十年以上前、私は好きな作家たまたま雑誌でこの本に言及するのを読んで、高校夏休み中に手にとったそれに首ったけになり、ひと夏の間何度も何度も繰り返し読んで過ごした。だからこんな、映画を観るのに支障をきたすほどに思い入れが強くなってしまったんだと思う。

 しかそもそも映画化されたものをこき下ろしたい訳ではなく、映画映画として楽しめる作品にするためには原作からの多少の改変もやむを得ないというのは充分承知の上だ。だからこの作品についての改変もなんとか納得したいという思いから、今自分は何に納得いっていないかを整理して考えたく、文章に起こしている。

 (このカッコ内は余談なのでとばしてくれて構わないが個人的に、映画化された作品映画原作の順でふれた方が大抵の場合はどちらも楽しめるように感じる。原作映画の順だとカットされた箇所や改変部分が気になってしまって映画100%楽しめない事もままある。例えば私は『ジュラシック・パーク』に映画から先に入ったおかげでスピルバーグのあの映画メチャクチャ最高不朽の名作だと思っているが、もしも原作小説を先に読んでいてファンだったら、そこまで手放しで褒められたかは分からない。映画原作では構成人物もかなり別物だからだ。原作ではティムレックスティムの方がしっかり者の兄でレックスは足ばかり引っ張る幼い妹だし、Tレックスは二頭いて小さい方がかなりチャーミングだし、グラン博士最初から子供に優しいし、ハモンドさんはかなり嫌な感じの爺さんでコンピーに集られて無残に死ぬのだ。)

 改変箇所について書いていきたい。

 映画の予告から分かる改変箇所は主に「父親存在」「日記帳というアイテム出自」だ。私はこれがこの物語においてかなり重要パーツだと思っているので、予告CM開始3秒で見られる改変にガタガタ白目をむき憤死する羽目になった。

 原作小説主人公双子少年)の一人称「ぼくら」で書かれた日記形式をとっている。彼らが母親に連れられて小さい町の祖母の家に疎開してくる所から話は始まる。詳しいあらすじが知りたい人は原作wikihttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%82%AA%E7%AB%A5%E6%97%A5%E8%A8%98)でも見てくれ。ラストまでネタバレされてるから気をつけて。別にあらすじを知らなくてもこの文章を読むのに支障はないと思う。そういうふうに書けていることを願う。

 父親云々の話に戻ろう。

 主人公家族について、母親は冒頭から登場するし、すぐに主人公たちを置いて行ってしまうがその後、他の男の赤ん坊を連れて二人の前に現れ、どうこうなるくだりがある。二人が母親に対して色々思いを抱いていることが分かるような描写もある。

 描写があるという事は、書き手である主人公双子がそれを必要だと判断したという事だ。詳しくは後述するがこの日記はそういうルールの元で書かれている。主人公が無関心もしくは不必要だと判じたものは書かれず、必要ものけが書かれる。例えば作中の時代設定は戦争なのだがそれが一体いつの戦争なのか、年号国名地名人名などの固有名詞ほとんど出てこない。<大きな町><さな><解放者たち>などの言葉しかからない。関わる人々も名前はなく、ほとんど代名詞役職あだ名などでしか呼ばれない。双子自身名前も出てこない。彼らは大抵はあんた達、時に祖母からは雌犬の子などと呼ばれる。

 父親は出てこない。ラスト数頁まではほとんど。

 「父親の不在・不干渉」が、この小説(というか作者であるアゴタ・クリストフ作品はわりとどれも)に通底するテーマひとつだと私は思っている。そして出てこないということはそれは「書かない」という姿勢主人公たちの無関心を示しているのだから映画にも変にひっぱり出してほしくなかったのだ私は。しか作品の根幹である日記に関する部分で。一原作ファン気持ちを言わせてもらうならば。

 以下は物語終盤のネタバレとなるので、知りたくない人は読まない方がいい。

 原作の終盤、国境付近にある双子(主人公)の家に、国境を越え亡命したいという一人の男が訪れる。双子その男自分たちの父親だと気がつくが、父親は二人が自分の息子だとは気付かないまま、亡命の協力を頼みこむ。双子はそれを承諾する。国境までの間には地雷があちこちに埋まっているし、軍の見張りもある。双子は彼に地雷が埋まっていない道筋や、見張りの目の外れる時間帯などを教える。

 亡命決行の日、父親国境へたどり着く前に見事地雷を踏み抜いて死ぬ。すぐにその足跡の上を双子の片割れが辿り、その死骸も踏みつけて国境を越え、亡命を果たす。地雷国境と平行して並べられている。一度爆発した地雷国境を結ぶ線上にはもう地雷は無いので、先に一人立てるのが最も安全亡命のやり方だ。

 原作小説ではこの場面がラストだ。一人は父親の死骸を踏み越え国境の向こう側へ渡り、一人は残ってそれを日記に記録する。父親殺しと、それまで一心同体のようだった双子別離が同時に強く印象づけられて終わる。

 それなのに映画ではどうして、別れる息子達に日記帳を与えるような父親像に変え、それを受けて日記を書く子供たちに設定したんだ? 原作では双子自分たちの稼いだ金と自分たちの意志で紙と鉛筆を買い、自分たちの定めたルールの元で事実だけを、ただ必要と思われた事だけを淡々と記録し続ける。彼らは感傷感情は不必要とし、そういったウェットなものが取り払われ切り詰められた文体はこの作品の特長の一つだ。彼らの考えのもと自発的に書かれていくそ日記こそが『悪童日記』という作品となっているのだから日記帳というアイテムとその経緯は何というかかなり……成り立ちの部分ではないのか? この作品の根幹において、重要位置を占めるはずだ。

 それが映画はいきなり、別れる父親から最後プレゼントという陳腐でウェットなしろものとなる。双子は父の言いつけを守り日記を書き出す。制作側はそこに何の違いもないだろうと思ったのかもしれないが、違うのだ! と言わせてもらいたい。強く。

 日記帳は、それにものを書き続けるということは、戦時下に父とも母とも別離し粗暴で抑圧的な祖母宅に身を寄せねばならなくなった主人公双子が、初めて自分たちで選び獲得した、何かそれこそ父親教師代わり(彼らは学校にも行かない)のような、「この世界で生き抜く上で己の力になり、時に導いてくれる(と彼らが信じ掴んだ)モノ」だ。繰り返しになるがそれを「彼ら自身が」、彼らの面している世界であるところの小さな町で、そこの文具店で「身銭を切って」獲得した点が肝心なのだ。この話は平たく言えば庇護されない子供たちが、彼らの対峙する厳しい世界の中で、自身の力で何とかやっていこうとする物語からだ。

 「父親から与えられた道具」では過ぎ去りし想い出のよすがであるばかりか(感傷双子がつとめて日記から排除してきたものの一つだ)、それが上の者から与えられたという性質上、彼らにとってただの環境の一つに過ぎない。それでは全く意味が違ってしまう。そうでは無いのだ。彼らは道具がたまたま得られたから書くのでは無く、もちろん父親に言われたから書くのでも無い。書くことは彼らが生きるために必要で、だから彼らは道具を求め、書いた。「書くこと」自体彼らの周りには教えてくれる者がおらず、二人は一冊の聖書を使って独学で読み書きを学んでいった。

 「彼らが巻き込まれしかなかった環境に逆らって、初めて自分で望み獲得したモノ」であったはずなのだ、この日記帳は。「書く」という行為は。そういう意味合いがあったのだ、原作の中では……。

 そしてこれは作者の生い立ちや創作の源泉とも重なることが多いので(この作品を含めた彼女作品群は半ば私小説と呼べるものが多い)、私は映画でこんな改変をされた事について作者の気持ちを思うと、勝手にやり切れないものを感じてしまう。作者はもう亡くなっており、死者が尊重されないのは彼女作風からするとむしろ合っている事なのかもしれないが……。

 とりまとめて言えばまだ子供な上にただでさえ不自由が多い戦火の中、それが主人公たちにとっての武器であり糧であり強く生き抜くためのモノだった日記帳が、映画ではまるで父親から受け取った愛みたいなものに、ともすれば別れた父親を想って書かれているようにも受け取られるものすり替えられてしまった。かなりアイデンティティぶっ潰れではないか? どうしてそんなことをしたんだ? この日記は彼らの「書く」という意志のもとの話でしかないのにその根本を摘み取り別な物に置き換えたのは何故? 映画を観れば何か納得できる答えは得られるだろうか。頼む、納得させてくれ! 煽りではなく心からそう思っている。

 観たら本当にメチャクチャ怒り狂ってしまうかもしれないので心の準備をするためにいくつか映画レビューを読んだのだが、映画では日記帳パラパラ漫画が描き込まれている描写があるという。パ……パラパラ漫画!? と二度目の憤死をした。あの全ての無駄を省き贅肉を削ぎ落としたような原作文体淡々事実の記録しかしない所に物語的にも大きな意味が込められている事を知っているはずの制作側はどうしてそんな付け足しを? 主人公(ひいては作者)が定め、遵守してきたルールを踏みにじるような真似を……どうして……。

 

 もちろん、映画化された事によって現代日本の読者から想像もつかないような、主人公たちが生きた当時の暮らし風土感覚などを凄いリアリティで感じられる事などについては大変嬉しく思う。そういった映像表現についてはきっと素晴らしい映画であるだろうと感じられるのだ、予告からだけでも。

 主人公双子を演じる少年たちのビジュアルも、原作から受ける印象そのままと言っていい。もうそれだけでも十分以上のものだし、納得出来ない点があっても他に目を向けて感謝して観れば良いのだ……と思えるようになるまでに何年もかかってしまった。映画が公開されたのは2013年のことだ。

 私は本当にこの映画を観て納得したいし、納得出来なくてもそれはそれで良かったと思えるようになりたいと本気で願っているが、どこまでまっさら気持ちでこの映画を受け止められるかが分からない。願わくばこの物語に関する記憶を消して映画を観られたら、その後で初めて原作を読めるのなら、とても幸せなことだと思う……。でも、それは無理な話だ。

 だから私はこれから記憶思い入れも抱えたまま歯を食いしばってでも全部観て、自力で噛み砕いて納得するしかない。きっとそれはこの先の自分にとって有意義ことなんだろうが、こんな文章をジタバタ書いて整理しないと腹がキマらない位には苦しいものがあった。長くなってしまったが、読んでくれた方は本当にありがとう

 せめて映画ではラスト父親ちゃん地雷で惨たらしく死んで、主人公はその死骸を踏んづけてくれるんだろうなあ!? などとうるさく言いながら観ることにする。そういう観方でもしなかったら多分無理だ。その後言える感想があったら追記する。怒り狂っていたらすまない。

☆いきなり管を巻きまくってしまったが、小説悪童日記』はマジの名作の上にアッと言う間に読めるので、気が向いたら是非読んでみてほしい。もし面白かったなら続き(『ふたり証拠』、『第三の嘘』)もある。全三部作で、全て読むと分かる構成が本当に、本当に素晴らしいんだ。

2020-05-29

もう一人の自分がいたら仲良くなれそう

お互いに不干渉

2020-03-09

シェア婚したいな

猫を飼いたいが、独り身ゆえの制約や問題が色々あって飼えない

人間はそれほど好きじゃないけど、猫を飼うために結婚したいなと思う

自分に何かあった時に猫を託せる相手がいて、猫のかわいさを共有できたら、それ以外は不干渉

理想的には、共有の猫スペースと各自の1K的な個室がある感じが良い

個室に猫を入れるかどうかは、各自自由

 

 

 

 

 

でも分かってるんだ

実際にそういう施設があっても、結局は何やかんやで人間関係の面倒が発生するって

そこは普通結婚と大して変わらないだろうって

楽園はどこにもないんだ

知ってる

2019-12-11

文鳥の話

五月の初め、一羽の文鳥を飼った。令和のはじまりに飼い始めたから「令ちゃん」という。まあ、実際は「鳥ちゃん」もしくは「ちゅんちゃん」と呼ぶことが多い。

令ちゃんペットショップにいた頃から自分で餌を食べられる若鳥だった。店員さんは「すでに雛ではないから、懐くかどうかはわかりません」と言った。とはいえ雛鳥に一日数回、餌をやることは不可能だったし、なにより令ちゃんは抜群にかわいかったのだ。それで連れて帰ることにした。

前に飼っていた文鳥もやはり若鳥のときに迎えた子だった。その割に警戒心が薄く、野性などはすっかり忘れてしまっているようで(その子ペットショップ人間にさし餌してもらっていたのかもしれない)初日の時点で恐れずに手に乗ってきた。ただ、令ちゃんは一ヶ月が経っても二ヶ月が経っても鳥かごに手を入れただけで飛び回る。触れようものなら開口呼吸をする始末だったので、ほんとうに一生懐かないかもしれないなあ…と思っていた。思っていたんだけれど。一週間前からだろうか?急激に距離が近づいたので、びっくりしている。

これまではおたがいに不干渉スタイルを貫いていたので、放鳥時、令ちゃんが自ら近寄ってきた時点でどうしたのだろうと訝しんだ。そのうちにうつ伏せになっている私の背中や足先に止まるようになって、今日スマホ音ゲーをしている私の指にまで掴まり始めたのだ。フルコンを逃したはらいせに親指でぐいぐいとなでてみると、さすがに逃げられるという予想は見事に外れ、されるがままといった状態である。うっとりと目までつむっている。あっ、もしかして具合が悪いのかな?温度管理は万全のつもりだったけれど寒かった?いやでも、暖房小動物用のヒーターもつけているし…

今もこれを打っているスマホに止まっている。フリックする度に揺れるのに器用だと感心してしまう。彼の小さな頭の中でどのような認識の変化があったのだろう。

2019-12-04

恋愛結婚出産育児はセットなのか?

セットなんだろうなあ~

・いろんな制度優遇措置を受けるためだけに結婚しよう

・お互いのプライベートには不干渉

・性欲は風俗で発散してくれ

・伴侶に迷惑かけないかぎり何してもいい

そんな自由すぎる結婚がしたい・・・したくない?

2019-11-24

30までに子供が欲しいけどどれぐらい焦ったらいいか教えて!

産むまでにあと2年ちょっとしかない!年明けたら相手探すか程度に考えてたけど、もしかして焦らないとやばいかな?

自分について

・女

MARCH

・名の知れた企業総合職

・顔ふつう(合コンの後にちゃんと連絡もらえる程度)

趣味 料理読書宝塚

友達には言ってないけど商業BL好き(アニメラメべは全然からない)

・遊びに行く友達 女ばかり

奨学金返済あり

・両親健在 都内持ち家

貯金全然ない(新卒で入った職場薄給で、いまのところはまだ数ヶ月)

職場恋愛 無理(職場の人とそういうの気持ち悪い)

・(わたしが)お小遣い制でいい、管理苦手

正直遊ぶ友達も男女混合とかじゃなくひたすら女だけ、趣味趣味コミュ男性が参加するものなし、職場も無理

友達の紹介とかも最近は既婚が増えてあまり無くなってきてしまった

前に付き合ってた人は3年ぐらい続いたけど相手の親が無理で同居の話をやめて別れた

希望について

自分より良い大学

・同程度以上の年収

・両親に仕送りをしなくて良いか仕送りしてても親が不干渉

ガリガリじゃない

ラノベ系、東野圭吾池井戸潤有川浩以外で好きな作家が1人以上いる

正直まだぼーっとしてたいけど、年明けてしばらくしたら1歳年齢が上がるので年内に活動始めるのがベスト

2019-09-10

つかれる。

 フェミニズムがあまり好きではない。というとその手の人間に袋叩きにされそうだが兎に角、あの空気感というか、いらないのに押し付けくるみたいな感じが苦手だ。

 可愛い服が好きで、テンプレート的な可愛女の子に昔から憧れていて、そうなりたくて色々やっていた。それを突然それは押し付けられてきたんだよね! 無理しなくていいんだよ! と、善人面して押しかけてくるのはやめて欲しい。確かに、そういう世間の目とか、価値観かに雁字搦めになって悩んでしまった人はいるんだろうし、そういう方々の気持ち申し訳ないけど推し量ったところでわかる訳では無い。そっか、辛かったねなんて寄り添った振りをした言葉をかける方が嫌なのでノーコメント。私はお料理が出来て、お菓子かもたまに作っちゃって、可愛い服を着て、可愛く着飾って、女の子! という感じになりたいんだ。ほっといてくれ、頼む。あと男が女がと騒ぎ立てないで、みっともない。

 フェミニストってなんで自分に都合の良い世界だけを平等って言うんだ? 多分、真にフェミニストという人達はそんな事しない人ばかりで、それがあなた選択ならばと互いに不干渉でいてくれるんだと思うし、やな奴というか、変な人だけが目立ってるんだろうな。(これが所謂ツイフェミという人達なのかな、分からない)

 どうしてもモヤモヤしてしまったので吐き出しておく。なんかもう、つかれる。

2019-07-26

オタクヘイター左翼は何故オタクの仲間ヅラをするの?

anond:20190725125111

日本語が読めていませんね、0点。

元の増田ちゃんと読んでたらこんなアホな発言は出てこないぞ。元の増田ちゃんとこう書いたよね。

その部分は左翼あなたオタクを騙るための言い訳パートであって

本論ではオタク山田支持者をネトウヨであると決めつけたいお気持ちダダ漏れでしたが、その点は?w

オタクの中にも左右があり、山田太郎前議員は「右派オタク」の代表であって「左派オタク」は支持できないよね、という話をずっとしていたわけですが。オタク右派なんて話は一言もしてないぞ。さらに言えば右派から悪いなんてことも別に言ってないよね。

あなたオタクに対して分断工作を仕掛けたかたことは重々理解しています

オタクの中での右派左派もいますが、あなた左翼オタクを敵視するオタクヘイターであるとすでに知れ渡っています

「あーあー、オタクの仲間やめちゃおっかなー」という揺さぶりのつもりの何かは嘲笑失笑以外を誘うものではありません。

このレベル文意読解できてなかったの? 大丈夫? ちょっと党派対立で目が曇りすぎてない? 落ち着いてちゃんと読も? ね?

どうどうw

自信満々で放った調略が相手にされずに笑われていらいらMAXお気持ち理解しますがまあ落ち着いて。

オタクなら山田太郎を支持しろって言ってた連中はそのへんにいくらでもいたやんけ。

さあ?

仮にいたとしても少数だと思いますし、

何よりあなた左翼投票をお願いしてる間抜けなんかほぼ皆無だったと思いますよ。

だってオタクをなによりも憎むヘイターあなた左翼ですし、そんなもんオタクやってりゃ誰でも気付きます

で、そのオタクの中には左派右派もいるんだから左派オタクにとっては左派山田さんを担げっていう要求になるでしょ。

から左翼には言ってないってばさ。

同じ論点を何度も何度もしつこいなw

あなたには頼んでません」て一度言われたら理解して「失礼しました」と引き下がりなさいよ。

一部の山田太郎支持者の児童ポルノ問題であれだけ頑張ってきた福島瑞穂さんへの嘲弄はすごかったよね。

福島瑞穂さんがネット嘲笑されがちなのは知っています

それがピンポイントオタクであるとか山田太郎支持者であるとかは

ソースの無いあなた妄想ではないでしょうかー?

オタクの中には左派右派もいる、という前提からはこんな文章出てくるはずないよね。いやあすごいなあ。

オタクヘイター左翼」と「左派傾向のオタク」は全然違うもの

山田オタクに異常な憎悪を燃やしてる人達がどっちなのかはいちいち言うまでもないことです。

山田当選不愉快マックスな苦虫噛み噛み顔で負け惜しみ呪詛を吐いてる人達

今もなんとか彼の当選にけちをつけたくて必死に頑張っている誰かさん

これもどっちの人かは考えるまでもないことですね?

ブコメで「左派オタク」って名乗ってる人たち何人もいたかブコメちゃんと読んでみような)

上から目線バカにしながら命令したらまるっきり無視されたので、今度は焦って仲間を騙りながら誘導や分断を試みる。

自分を頭いいと思ってるアホがやりがちなルートをきれいにたどっていると思います

そういう態度がオタクの中の左派をないがしろにしてるって話なんだけど、理解できない?

何度でも言いますけど、オタクを憎しむ左翼あなたが言い張るところでは左派オタクでしたね、はいはい。どっちでも同じだけど)は

オタクとは別の表現規制反対派候補応援すればいいんじゃないですかー?

川田龍平さんでしたっけ。

別に山田オタクは彼から票を奪ったりはしてなくない?

しろ仲間じゃん。あなた達の目的が本当に表現規制反対なら、だけどね。)


から不干渉でやったらどうですか。

あなた方が山田応援するなんてあり得ないのわかってるし、期待も依頼もしてねえし、

強いて言えば山田や支持者に何度も何度も悪意をぶつけに来るのだけやめてもらっていいですか。

って何度も何度もこれだけ言ってるんですよね。


超党派でのオタク結集を呼びかけられても困る、って話をずっとしてるんだけど。

から何度も何度も言ってるけど、そんなの呼び掛けてないし

山田オタクを憎んでる人に投票なんか頼んでねーよ。

お前らむしろオタクのズリネタ自由www」とか言って表現規制側の感情の持ち主じゃん。

なんでオタクから仲間として頼られてるみたいな妄想を何度否定されても捨てられないんですか?

もう話通じなさすぎて精神病を疑うよ。


もし本当に「オタク大同団結」を目指すならオタク内部にいる左派配慮すべきだし、

大同団結かい運動用語よくわかんないっすけど、賛同者が沢山居たから54万票取ったんじゃないっすか?

左派への配慮なんてしたくないっていうなら「オタク大同団結」は諦めて「オタクの中の右派代表します」と自覚して行動してくださいね、ってこと。わかる?

オタクヘイター左翼についてはそもそも団結なんか呼び掛けてねーから


ていうかね、最後にはっきり言うけどさ。

左翼あんたには理解できないだろうと思って言わんで来たけど

別にオタクの間ですらそんな団結とか呼びかけられてねーから

俺が二十年来いってるふたばでも別に山田宣伝活動とか呼びかけなんかしてなかったよ。

山田投票しなかったら裏切り者だ!とかそういう政治キチガイ左翼みたいなこと言ってねーの。

なんとなくボヤーッと「山田イイね」とか「赤松健別に作家としては毀誉褒貶ある人だよ?)が組んで頑張ってる」とか「蝶ネク豚野郎」とか

そういう情報ふわふわーっと流れててふわふわーっと投票してるの。


いやもっとはっきり言うけどな

もしもオタクの中に山田の下の団結とかそういう熱い感情材料があるとすれば

オメーラ左翼必死山田を引きずり降ろそうと謎の情熱燃やしてるって事実なのよ。

強いて団結の種があると仮定して探せばそれしかない。



お前ら左翼

まりいっつもいっつもオタクヘイトむき出しで

その癖してオタクに動員掛けて自分達のパワーソースにしたいという甘えた気持ちもどこかに持ってて

自分達が賢いつもりでへんてこな誘導や分断の計略仕掛けてきて(今きみが負け惜しみ半分でやってるやつだよ)、

簡単に見抜けるのも気付かずに何度も何度も同じこと繰り返す学習もできない脳硬化した間抜け

そんなお前らがほえ面かくのが面白いでーす。

って感情は確かに潜在的にあるかもしれんわw


わかった?

お前ら左翼オタクを仲間として見てないように

オタク左翼を仲間となんか見てねーし

お前らの遠慮のないヘイトやアホの癖して誘導掛けてくる傲慢さにはマジでむかついてるから

いい加減にしろアホたれ、って話なのよ。


理解くださーい。

2019-07-10

人にやられて嫌なことはするなという教え

「人にやられて嫌なことはするな」という教えって自分は嫌じゃないからと自分が許容できる限りのワガママが通るよね。

逆に「やってもらって嬉しい事をやれ」も自分他人の嬉しい事が一致してるとも限らない。

両方とも人を思いやれという教えなのは分かるけどその思いやりが定量的ではない。

結局不干渉か気の合う仲間を探すしかないのか。

2019-06-17

anond:20190617123523

誰も女に言うことを聞かせようなんて思ってないぞ?

不干渉ならそれでいい。

カウンターのつもりが空振りでしたねwwww

そもそもフェミに愛するもんなんかあるの?男叩き以外で。

無いもんは破壊しようもないが………

anond:20190617105727

そのまんまじゃん、ブーメラン刺さってるぞ恥ずかしいな。

ブーメランじゃないものブーメランと呼んでも帰ってはいかないぞ。

男と女」として見ても大差ない。

女はフェミを止めないし、男は基本的不干渉だ。

anond:20190617092242

オタク場合、女だけじゃなくて自分らとは違う男の趣味も叩いてるよな

これ女オタクのことだろ

カップリングが違ったりするだけで吊るしあげてるのは女オタク

オタク相互不干渉

2019-06-14

anond:20190614144346

いいえ、人間社会人間未満が乗っ取っていることが問題です。

相互不干渉になっていません。人間未満が人間の顔をして人間社会から排除するのは重大な加害です。

早く人間になってください。さもなくば人間社会から去ってください。

anond:20190614144151

じゃあお前はお前が人間だと思う連中とだけ社会を構築したらいいんじゃないの?

こちらはお前を「人間以外の何か」だと思って排除するので、お前も社会のことを「人間以外の何か」の集合だと思って暮らしてくれればいい。

相互不干渉というやつだ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん