「デファクト・スタンダード」を含む日記 RSS

はてなキーワード: デファクト・スタンダードとは

2018-12-01

風呂場でおしっこしろ

表題の通りである

インターネット上のすべての人間が、とは言わないが、俺は今まで「風呂場でおしっこをすることについて」の批判を数多く目にしてきた。

そういうやつは銭湯プールでもおしっこしてる!とか意味不明批判ありますけどね、じゃあお前は鼻くそほじるとか、屁をこくといった誰も観ていないところでするような行為衆人環視の、公衆面前でするのか?しねえだろうよ。

いや、皆さん排泄行為をしていいのはおトイレだけ!という不文律を生まれて一番最初に学んでいるわけですから抵抗があるというのはわかりますよ。

でもね、なんのかんの口では言っていてもあるじゃないですか、風呂場に入ってかけ湯をし始めた頃、急に尿意を催すことって。

え?そういう時わざわざまた体拭いてトイレ行くんですか?いや、いいじゃん。そこですれば。

用を足すという行為から生じる根源的な快感はもとより、自らのおしっこシャワーのお湯と一体となり、この温もりは果たしてシャワーヘッドから流れるお湯のものなのか、それとも俺のおしっこによるものなのか?という哲学的な問いかけがそこにある。

それこそね、普段取り憑かれたように「効率」というマントラを唱えている皆さん。こんな効率の良い行為もなかなかないですよ。

用を足す・体を洗うという行為ミキシングすることで排泄行為に伴う場所時間問題解決する上、その場で清潔にもできる。おいおい、改めて考えると、メリットしかないじゃん。これは凄いことですよ。

事前にトイレに行く必要も、体を一旦拭いて戻る必要もない。ただ、そこに、流せば、いい。

これぞ効率と言わずしてなんなのか。これ、元号変わってしばらくしたらデファクト・スタンダードになるかもしれないから、今のうちに慣れておいたほうが、いいかもよ?

と、こんなことを言っておいてなんなのですが、浴槽におしっこを流すことによる環境等々への悪影響や、散髪中にシャンプーしてもらったときにつられて漏らしちゃうといった都市伝説の類については専門外のため、無知に等しいこともまた事実

そういった側面からのご指摘・ご意見については真摯に受け止めていきたいと存じておりますので、何卒、よろしくお願い申し上げます

あと、わかっていると思うけど、間違っても風呂場でうんこはしちゃ駄目だよ。

2017-02-13

日本人区切り方を間違えやす言葉

プエルトリコ →プエル・トリコ

正しくは、Puerto Ricoなので、プエルト・リコ


クアラルンプール→クアラルン・プール

正しくは、Kuala Lumpurなので、クアラ・ルンプール


ドンキホーテドンキ・ホーテ

正しくは、Don Quijoteなので、ドン・キホーテ


他になんかある?


追記

帰りの電車ではてぶ見たら大喜利会場にされてて笑ったw

せっかくなのでブコメ言葉をまとめておく

自分が調べて、納得したもの、役に立つもののみ。

下ネタ、低レベルネタ検証ができないもの、わからなかったものは除いてる

時間がかかるので少しづつやるよ。


別のまとめ

https://togetter.com/li/1037680


正しい間違い備考
佐村河内 佐村 河内
頭へ ごちん 頭 へごちん声優の愛称
ガブリアス ガブ・リアス
この先 生きのこるには この先生 きのこるには
ヘリコ・プター ヘリ・コプター
アレ・ミロードアレミ・ロード
怒髪 天を突く怒髪天 を突く
間 髪を入れず間髪 を入れず
綺羅 星のごとく綺羅星 のごとく
清 少納言清少 納言
アウンサンスーチーアウン・サン・スー・チー
エル・クンバチェロエルクンバン・チェロ
リオ・デ・ジャネイロリオデ・ジャネイロRio de Janeiro
エル・サルバドルエルサル・バドEl Salvador
カツカレーうどん 定食カツカレーうどん定食メダロットネタらしい
ハリウッドザコシショウハリウッド・ザ・コシショウ
スポンサード・リンクスポンサードリンク
ダイバーシティダイバー・シティお台場のdiver city ではなくdiversity 多様性という意味
暴力 二男暴 力二 男カニ男
ブルース・リーブルースリ
サン・テグジュペリサンテグ・ジュペリ
モン・サン・ミッシェルモンサンミッシェルMont-Saint-Michel
失・楽園失楽・園
スク 水揚げスク水 揚げスクは沖縄の方言でアイゴ稚魚
シーフードドリアシーフー ドドリアドドリアさん、やっておしまい
クー・デタークーデ・ターcoup d'État
プリマドンプリ・マドンナ
カッパドキアカッパ・ドキア
オルケスタ・デ・ラ・ルスオルケスタ・デ・ラルス
ゲイ・リュサックゲイリュ・サック
主は来ませりシュワキ・マセリ
スリ・ジャヤワルダナプラ・コッテスリジャヤ・ワルダナ・プラコッテ
東京 都東 京都
東海林 太郎東海 林太郎
リマ・ンジャロキリ・マンジャロ, キリマン・ジャロKilimanjaro キリマ(山)・ンジャロ(暉やく)
ニュー・ジーランドニュージー・ランド
ロールス・ロイスロール・スロイ
ニュルブルクリンクニュルブルク・リンクNürburgring
プリン・ア・ラ・モードプリンアラモード
ミケランジェロミケル・アンジェロMichelangelo
抗 生物抗生 物質anti-biotics
アフガン航空相 撲殺されるアフガン航空相撲 殺される
デ・ファクトスタンダードデファクト・スタンダードde facto standard
コスタ・リカコスタリカCosta Rica
ホンダ シビック本出し ビック
漫 画太郎漫画 太郎
ウラジ・オストックウラジオストックヴラヂ(領有する)ヴァストーク(東方) ,つまり意味は「東方を征服せよ」
ティラミ・スティラミスTirami su!
減 感作療法減感 作療法
ペレ・ストロイカペレストロ・イカ
テレ・ビジョンテレビ・ジョン
フォーリーブスフォーリー・ブスFour Leaves
トゥト・アンクアメンタンカーメンTutenkh-amen-amon
ノイ・シュバンシュタイン城ノイシュバン・シュタイン
仲 里依紗仲里 依紗
色・即是・空色即・是空
トリ・ケラトプストリケラ・トプス
カ・メハメハ大王カメハメ・ハ大王
東大阪 大東大 阪大
ミ・スエルテミス・エルテ
森見 登美彦森見登 美彦
アル・ナスラインアルナスラインAl Nasrain
森 林太郎森林 太郎
カールス・ルーカールスルー
森・元首相森元・首相
シャン・ゼリゼシャンゼ・リゼ
パラ・ジ・クロロベンゼンパラジ・クロロベンゼン
マ・クベマクベあれはいもの
ゲイングランドゲ・イングランドGAIN GROUND
プラドーラ・コン・ヒーロプラドーラ・コンヒーロ?
スパイシーチキンスパイシーチキン
サン・バコールサンバコール
ド・ディオン・アクスルディオン・アクスル
奈良県 大和郡山市奈良県 大和郡 山市
さくら・だもんさくらだ・もん
ツームストンパイルドライバーツー・ムストンパイルドライバーtombstone piledriver
いわお と なりていわ おと なりていわお(巌)
三・半規管三半・規管
間、髪を容れず間髪 を容れず
ル・サンチマンサンチ・マンsentiment(感情)に繰り返しの reでressentiment
ア・カペラアカ・ペラa cappella
サンフランシスコサンフラン・シスコ
ロビン・ファン・ペルシーロビン・ファンペルシー
子宮頸 癌子宮 頸癌
カイザース・ラウテルンカイザー・スラウテルン?
コート・ド・アジュールコート・ダジュール
ナオトインティ・ライミナオト・インティライミNAOTO INTI RAYMI
五里霧 中五里 霧中
魚、心あれば、水、心あり魚心 あれば、水心 あり誤って一語化して定着
サンタ・フェサン・タフェSanta Fe
ジ ブロモ エタンジブロ モエタン萌えたん
時任 三郎時 任三郎
ナイツ・オブ・ラウンドナイツオ・ブラウン
強 行軍強行 軍
米 原発 事業米原 発 事業
タークスカイコターク・スカイコス?
性 同一性 障害性 同一 性障害
パンチ ラムネパンチラ ムネ
ロマ・キー クロ・マキー Chroma Key
ジャム・イロクワイジャミ・ロクワイJamiroquai

追記2

こうして検証してみると、間違えるパターンが見えてくる

日本語の場合、固有名詞は区切らないので間違えやす

なんとなく既存リズムで分けてしまうみたい。特に熟語だと、2-2で分ける傾向が強い

外来語カタカナは、本来の接頭語を理解せずに日本語で覚えやすリズムで覚えているみたい。

言いやす略語にした時の影響が強いみたい。

追記3

ブコメ指摘のあった怪しいものは適宜削除、修正しています

2017-01-15

見えないところでやれ論は「見えないところ」を明確に定義しないと

検索避けかい文化自衛してor抑圧されてる腐女子や女オタクも含めて同じロジックで狩り立てられて

非会員にはサンプルや縮小版すらうかがい知れない完全会員制サイトまで後退せざるを得なくなると思うんだよね

しかもこの完全会員制サイトデファクト・スタンダードなっちゃうと改めて「皆が見てる場所でやるな、見えないところでやれ」が発令されるという

2016-06-03

コーディング規約に関するデファクト・スタンダード的誤解

 

1. インデントはタブ(文字)よりスペースのほうが共同作業に向くと思い込んでいる ───────────────

 

1-1. Google検索結果で優遇されるから

Googleでそうしてたというだけの話。もっと前にあったカタカナ語で末尾の「ー」を省略するルールインターネット→インタネットメモリーメモリ、ヘッダー→ヘッダ)と同じで、決まりでもなんでもない。

 

1-2. 8文字/4文字のインデントでは深すぎるから

→ タブ文字によるインデントはスペース2文字分にも3文字分にも変更可能エディターによっては1段目だけ4文字分、それ以降は2文字分ずつ深くなるようにもできるので、自分が見やすいように変えられる。

 

1-3. スペースのほうが環境依存せずに済むから(みんな同じように見えるから

→ スペース幅はフォントによって決まるので、フォント文字サイズ依存してしまう。「スペースでインデントせよ」とするならフォント指定しなければ無意味なのに、そういう規約は皆無。

 

2. コーディング等幅フォントでなければできないと思い込んでいる ───────────────

 

2-1. 等幅フォントデファクト・スタンダードから(みんな同じように見えるから

CUI時代ならともかく、今はプロポーショナルフォントをどこででも使えるので、コーディングにも普通に使ってよい。これも前出1-3と同様にフォント問題なのにフォント指定はされない。

 

2-2. 文字幅が一定になるので、文字単位の打ち間違いが分かりやす

→ lintを使うべき。また等幅フォントであっても文字幅は一定にならないし、文字間隔も揃わない。桁が揃うのみ。しか数字ならともかく「英単語の桁揃え」とは? そもそもインデント以外でコメントなどを桁揃えするのは悪例として知られているはず。

 

2-3. プロポーショナルフォントだとスペースが細すぎる

フォント文字サイズ問題

 

2-4. プロポーショナルフォントだとスペース1つと2つの区別をつけにくい

→ それが問題だろうか。画面表示上の心配なら無用。表示時(ユーザーに見えるとき)はプロポーショナルフォントになる。

 

2-5. 文字間隔を揃えたほうが整然として見やす

文字間隔が一定になるのはプロポーショナルフォントコーディングにおいては「見ること」よりも「読むこと」のほうが大事

 

3. 等幅フォントを「とうふくフォント」と読んでいる ───────────────

2016-04-24

富士通退職して思うこと

筆者は、新卒入社した富士通を三年で退職した。

退職から一年が経過し、新しい職場(WEBベンチャー企業)での仕事に慣れたこと、

また、富士通の同期入社の友人から頻繁に転職の相談を受けるようになったこともあり、本エントリ執筆する。

はじめに、筆者の退職理由を簡単に述べると、富士通という会社未来を感じなかったことと、やりたい仕事はできないだろうと判断したためである

参考までに、筆者は公共機関向けのシステム開発部門所属していた。

担当していた業務は様々で、小規模なシステム開発や、子会社・下請企業管理であった。


1.成果主義を謳いながら実態は年功序列主義

富士通には、人材キャリアフレームワークという社員評価制度があり、現場には、入社何年目はこのレベル仕事、といった暗黙の了解がある。

本人の能力や意欲とは全く無関係に、入社後の経過年数で、仕事裁量の幅が大きく制限される。

このことはいわば、学習指導要領ならぬ、業務指導要領があるようなものだ。

このような枠組みや暗黙の了解存在すること自体問題なのではなく、その枠組から逸脱した人材を想定しない・評価しないことが問題なのである

筆者がお世話になった優秀な先輩方は、この業務指導要領の要件を満たして手に余った人、

いわば天井にぶつかった人から先に、より大きな仕事がしたいという理由で辞めていった。

筆者もその一人である

既存産業の大きな成長が望めなく、社員個々の多様性重要視される昨今の経済情勢において、

高度成長期における横並び思想をもとの作られたやり方が未だに社内を謳歌しているのは時代錯誤というほかない。

富士通への提言として、これから時代は、年齢も在籍年数も関係ない人材評価制度を作っていくべきである

そして重要なのは会社既存事業でいかに利益を上げたかについての評価ウェイトを下げ、

いかに新しい発想で新しい事業を提案したか・実現したかという評価項目を設立するべきである

なお、富士通には社内ベンチャー制度があるが、これはうまくいかない可能性が高い。

なぜなら、社内ベンチャー承認するのは旧式の人材の典型である高齢経営であるからだ。

いままで数十の社内ベンチャー審査結果を見てきたが、彼ら経営層に事業の将来性を判断する能力はないと痛感した。

また、他の理由としては、富士通既存事業と衝突すると社内ベンチャーが潰されるということがある。

将来性のない既存事業を残して、将来を託すべき社内ベンチャーを潰すという企業風土なのだ


2.社内既得権益集団が絶対に損をしないルール

富士通という会社には多数の既得権益集団がいる。そして、社内のルールは彼らが決して不利にならないように作られている。

なぜなら、ルールを作る権限は、先頭を走る集団、1980年代大成功を収めた既得権益層がガッチリ握っているからだ。

いわば、前を走る人を抜かしてはいけないレースのようなものだ。

このような出来レースで若手社員モチベーションが続くはずはないことは明らかだ。

筆者は、決して年功序列主義を批判したいのではない。

既得権益層が年功序列悪用して、部下の手柄を自分の手柄にし、部下の失敗を部下に押し付けている実態に対する批判である

ノブレスブリージュ、権利を有するものには義務がある、という思想がある。

富士通既得権益集団には会社技術力や社員を率先することで、企業としての地位を向上させていく義務がある。

実態は、社内の後進に抜かされることを恐れるあまり、後進の他社に抜かされている。

これでは既得権益集団が義務果たしていないことは明らかだ。

ちなみに、この既得権益集団に有利なルールが生み出した現状については、

同じく富士通OBである城繁幸氏の著書「若者はなぜ3年で辞めるのか?」(光文社新書)が詳しい。


3.企業ビジョンを失った社員たち

経営学において「ヴィジョナリーカンパニー」という名著がある。

この本によると、会社が永続的に成長・発展していくためには企業理念ビジョン)を社員ひとりひとりが持つことが必要不可欠であると指摘している。

富士通企業理念は、変革に挑戦し続ける姿勢や、よりよいICT社会づくりに貢献することを掲げている。

しかし、富士通という会社の現状として、このヴィジョンを失っている社員、とくに管理職がとても多い。

30代を過ぎて会社に定住することを決めた社員に変革に挑戦しようという熱意ある人物はひとりもいなかった、

そういう人々にとってICTで社会づくりなどどうでもいいのだ。

ただ顧客要求を聞いて、それを子会社下請けに作らせて予算や利益を達成することにしか興味がない管理職が大半であった。

これでは富士通企業理念など誇大広告もいいところである

元GEのCEOであるジャック・ウェルチ氏は、たとえ成果を出していようと企業ビジョンを共有しないものはクビにしろと自著で語っている。

このポリシーを導入したら、富士通管理職の80%はクビになるであろう。そのくらいに富士通管理職は夢や熱意のない人物ばかりであった。

そのような人材が将来的に会社破壊する、というウェルチ氏の指摘の正当性を、富士通という会社惨状が示しているのは皮肉という他ない。

富士通への提言として、ウェルチ氏のやり方を実行すればよいのだ。

成果によって管理職のクビを決めるのではなく、ヴィジョンを共有できているかでクビを決めるのだ。

このやり方を実行すると既得権益を握って離さな経営層や管理職が一掃される。

既得権益にしがみつくだけの人物こそ、ヴィジョンを持たない人物である割合がとても多かったことを付け加えておく。


4.発展途上国レベル業務標準化の原因

経営コンサルタント大前研一氏は、日本生産性アメリカの半分しかなく、もはや発展途上国にすら負けていると指摘している。

その原因について、日本では業務標準化が全く進んでいないためであると述べている。

このことについてITベンダに勤めていた経験から詳解したい。

まず、マイナンバー関連のシステムを例に挙げる。

自分の住む自治体と異なる自治体マイナンバーのITシステム比較してみてほしい。

ここで、自治体が異なればITシステムも異なることに気づくはずである

はたして自治体ごとに個別マイナンバーシステムを作る必要があるのだろうか?

答えはもちろんノーである。全国どこでも一律の業務であるべきであり、同じITシステムを導入するべきである

なぜ、各自治体ごとにITシステムがバラバラなのか。

その理由業務標準化がなされていないためである

自治体ごとに業務フローが異なるために、別のITシステム使用した時に業務がこなせないという事態が発生する。

そのため各自治体が個別にITシステムをITベンダー発注することになる。

そこでITベンダー各自治体ごとに個別のITシステムを作ることになる。

ITベンダーからすると一度作ったことがあるものカスタマイズして、業務の順番を入れ替えたり、扱うデータを多少変更するだけで済む。

それなのに膨大な金額を請求するわけだ、ITベンダーとしてはボロ儲けである

(なお、主要ITベンダー決算書を見ていただくとわかるが、ITベンダー利益率が高いわけではない)

特に自治体のITシステムは国民の税金で作られているわけである

各自治体は、このような現状を放置していて、国民に申し訳ないと思わないのであろうか?

このことは、決してITベンダーにの責任があるわけではない。

総務省が陣頭指揮をとって各自治体の業務標準化統一化を進めなくてはいけないのに、それが全くなされていないのは監督官庁としての責任放棄である

このように業務標準化が全く進んでいない現状は自治体に限らず、民間企業においても同様である

会計パッケージにおいて、世界デファクトスタンダードになりつつあるSAP導入に失敗する事例を数多く見てきた。

失敗する理由は、個々の企業業務に合わせてSAPをカスタマイズしており、そのカスタマイズでは対応できない業務フロー存在するからである

問題なのは、そのような業務フローは、決して必然的業務ではなく、過去の慣習から存在しているだけであることがとても多い。

ここにおいて、ITシステム業務に合わせるのではなく、ITシステムに合わせて業務の方を変えていかなくてはいけないのだ。

日本サービス流通業生産性特に低い。

このことは、サービス流通業顧客からSAPのカスタマイズ無理難題があがってくることが特に多いことと無関係ではないであろう。

富士通は、既存顧客業務標準化およびデファクト・スタンダードとなるITシステムの開発の陣頭指揮をとる役割を果たすべきだが、その望みは期待できない。

なぜなら関係が深い企業において、業務効率化すると大量の社内失業者を出すことになるからだ。

そのような"顧客との良い関係"を崩すようなことはやらない会社である

日本という国のあるべき姿を長期的に考えた際に必然的なことであるにもかかわらずである

富士通企業理念である、よりよい社会づくりに貢献するとは、まさにこの業務標準化を推し進めることなのではないのか。


5.時代に取り残されたガラパゴス化した閉鎖社会

富士通には外国籍社員が相当数在籍している。しかし、彼らに求められる日本人への"帰化圧力"がとても強い。

同期入社中国籍の友人は、対外発表会のために完璧日本語発音の練習をさせられていた。

完璧日本語発音日本人に任せるべきで、中国精通しているというメリットを活かせる部署配置転換するべきである

この現状に直面した外国籍社員は数年で辞めていく。

なお、残った外国籍社員をみると、小学生から日本にいるなど、生まれたのが海外というだけのほぼ日本人だったりする。

外国籍社員離職率が高いことに対して、本部長が提示した対策が、

長く働きたい会社とはどのような会社か、というテーマ外国籍社員を集めランチタイムディスカッションさせるというものだった。

この話を聞いたとき、筆者は絶句してしまった。

この席で「無能な人が本部長にならない会社で長く働きたい」という大喜利でもすればいいのだろうか。

富士通グローバル企業を表明しているが、このような組織海外進出などできるはずもない。

なぜならば富士通利益構造では、海外において利益を上げられないからだ。

このカラクリ解説大前研一氏が詳解されているので、参考にしていただきたい。※1


6.富士通の良いところ

ここまで富士通に対する批判と改善提言を述べてきたが、富士通の良いところについても触れておきたい。

まず、個々の社員仕事力や組織力といった点では、他の大企業比較して遜色ない。ただし、富士通の主要グループ企業に限るが。

数十を超える大企業および中小企業仕事をしたが、やはり大企業は個々の社員レベルが高く、組織力も高い傾向にある。

顧客として他社と仕事を進めていくうえで、大企業の方が優秀な担当者に遭遇することが多く、仕事がとても進みやすかった。

この理由について、大企業社員育成能力が高いことはもちろん、社内チェック体制が整っているからではないかと思う。

社内で質の悪いものは弾いており、社外に出さないようにしているのだろう。

また、富士通顧客主義がきちんと徹底されている会社であると感じた。

筆者と富士通顧客主義が異なっていた点はあるものの、顧客起点に立つという考え方は大事なことである

これは、筆者が富士通入社して良かったと感じることである

人間関係について、他社と比較して良好な会社であると感じた。

柔らかい人が多く、職場雰囲気はとても良かった。お世話になった直属の上司や先輩方は、優しく丁寧なご指導をいただいたことに感謝している。


7.おわりに

最後に、立花隆氏の著書「東大生はバカになったか」(文春文庫から名文を引用したい。※2

「いま、この辞めたい気持ちを逃したら、この会社に骨を埋めて、あそこにいる連中と同じになってしまうと思った。」

結局、筆者の退職理由は、偉そうな顔をしているがロクなビジョンも打ち出せない富士通上層部のような人間になりたくなかったからである

富士通という会社必要なのは、優秀な若手の育成などではなく、無用老害排除である

筆者には、富士通という会社は、沈みゆく泥船にしか思えなかった。


※1「産業突然死」の時代人生論、第44回 談合をなくす二つの妙案-"便利なゼネコン"はいじめの温床

http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/a/46/

(この記事ゼネコンITゼネコン(ITベンダー)に置き換えていただきたい。)

※2 引用にあたり、語尾を改めた。


補足1.城繁幸氏の著書「内側から見た富士通」(光文社)についてのコメント

この本は富士通が先んじて導入した成果主義が、名ばかりで社員のやる気を奪う結果に終わったという実態を告発した本である

この本について、いくつか述べたい。

まず、本題である成果主義経営層のご都合で導入されて、社員モチベーションを奪うという最悪の結果に終わったという指摘はまさにその通りである

また、この本が出版されてから10年以上経つが、実態は改善されていないし、する気もないのだろう。

(そもそも経営者のご都合成果主義の導入を失敗だと気づく能力が欠如しているのかも知れない)

富士通では、そもそも「成果」などを評価されていない。

管理職仕事は、部下の成果を評価することではなく、予算内におさまるように部下の評価を調整することであった。

なお、成果主義の導入を評価している現場社員は誰もいなかった。

成果主義を批判する幹部社員はいなかった。おそらく批判すると何らかのペナルティがあるのではないかと邪推している。)


補足2.転職について

筆者の転職について、考慮したことをいくつか述べる。

まず、次の会社仕事の選び方および交渉の進め方については、山崎元氏の著書「会社は二年で辞めていい」(幻冬舎新書)を大いに参考にした。

転職は考えていなくとも、今の時代を働く考え方、人材価値セルフマネジメントなどは一読の価値がある。

富士通という大手を辞めたはいいが、次の会社で苦労している人が多いという意見についてコメントしたい。

筆者に言わせれば、それは転職のツメが甘いのだ。

現職のどこに不満を持っていて、そのうち、どこが改善余地があり、妥協するべきであり、次の職で改善を期待するのか、についての思慮が浅い。

社会ルールをわかっていないで転職したとしか思えないケースもある。

そもそも富士通という会社に勤めているにもかかわらずITゼネコン生態系を理解していない社員がとても多い。

下請け企業にいけばもっとやりがいのある仕事ができる、などという浅い考えで転職する人はいる。

ITゼネコン下請け生業とする会社社長は、中間管理職と何一つ違いはない。

上の指示(元請け発注)を受けて下に伝達するだけであって、自身で新しい事業を生み出す能力のない企業である

筆者はITゼネコン生態系から離れた企業を選んだ。

新しい会社は、自社で新しい事業を生み出す能力があり、きちんと利益を上げている。

転職において改善したかったこと、専門的な業務ができること、自分アイディア事業に活かすことができること、それらがすべて達成できた。

なお、富士通からWEBベンチャーに転職する人が多いと思われがちであるが、一番多いのは地方公務員である

2008-12-26

インターネットに向いていないこと

年末なのに法律勉強している。むしろ仕事休みに入ったので今しかできないと言える。


ちょっと気になる事例があったので、具体的な内容を知ろうと検索をかけたら驚いた。

はてなではない他の質問回答サイトで、ある法律の事案についてのベストアンサーがあったが、

それが全部間違えていた。

僕も勉強中の身分だが、今の仕事関係する内容なのでこれははっきりと間違いだと断定できる。


何故間違えているのにベストアンサーなのかというと、おそらく質問者法律解釈の正当性よりも、

どれだけ自分に都合の良い解釈であるかを基準に選んだからだろう。


これだけを見れば、ただただ間抜けな出来事であるだけだが、むしろ今まで考えてきたことのヒントを得た気がした。


世の中には「インターネット不正確な情報が氾濫している」という説と、

「むしろ一面的な情報が流れていないので正確である」という説が対立しているようだが、

むしろ両立しているのではないだろうか。


確かにインターネットは様々な意見が飛び交っているし、情報量も多い。

そのような多様な解釈があるから面白いという知識や情報についてはネットは強い。


だが、逆に法律のような、「何が公式的に正しいか」を決められてしまっているものには弱い。

法律にも学説と呼ばれる類のものがあるのだから、多様な解釈は許されていないわけではないが、

多すぎる解釈ノイズにしかならず、むしろ公式的に決まっている正しい解釈を見えなくさせる。


経営学的にはデジュールスタンダードデファクト・スタンダードという言葉がある。

インターネットデファクトなものを調べるなら向いているが、デジュールには向いていない。

むしろデジュールなものならば、それを公式的に決定しているところが刊行しているものを読んだ方がいい。

その方が確実にノイズが少なくて混乱しなくて済む。


こういう区分を明確に意識しておいた方が、物を調べたりする上で

ネットには正確な情報が少ない。ウェブは駄目だ!」とか、

ネットで調べた方が詳しいじゃないか。わざわざ本を買って損した!」とか、

そういうどうでもいいストレスを減らすことができるのではないか。


本やインターネットのそういう特性が改良される可能性はほとんど無いと思うので、

物事の一長一短を理解して使い分けることが大切だろう。


とりあえず僕のやっていることはウェブでは駄目っぽいので、明日にでも判例百選を買ってこよう……。

2008-09-10

http://anond.hatelabo.jp/20080909222057

うちの家では

最近年寄りダメすぐる。

昔の年寄り、マジぱネェwwww

というのがデファクト・スタンダードです。昨日も60代ぽい婆さんが信号無視してんの見た。恥ずかしくねえのかよ、小学生が見てるよ。あんた。

子どもの頃…30年くらい前、年寄り漢文とかすらすら読めんの普通だったんだぜ。古文なんて趣味レベルだぜ。戦争とか行ったりして、その後で「やっぱ平和大事だよな」とか超説得力あるじゃん。でもって70越えても元気で、冗談とか面白い。スポーツとか楽しんで、そのくせ清貧で礼儀とか弁えて伝統とか超大事にしてんだぜ。年金なんてほとんど貰えない癖にニコニコしてたぜ。

無茶苦茶偉いじゃん。

まったく今の老人に、少しは彼らの爪の垢呑ませたいもんだよな。ホント。

2007-12-04

第二回ファック文芸部杯参加作品まとめ

タイトルURLid
本当に恐ろしかった匿名オセロhttp://anond.hatelabo.jp/20071102124728objectO
君は実にバカだなhttp://anond.hatelabo.jp/20071105170133objectO
ケータイ小説を責めないでください!http://anond.hatelabo.jp/20071108131632objectO
結婚しましたhttp://anond.hatelabo.jp/20071115154324objectO
http://anond.hatelabo.jp/20071121092334objectO
子供を育てるのは楽しいことだと思うのです。http://anond.hatelabo.jp/20071126163649objectO
縁日と石碑http://anond.hatelabo.jp/20071105220412hanhans
シケモク推参http://anond.hatelabo.jp/20071110091302hanhans
訪問http://anond.hatelabo.jp/20071111202726hanhans
死んだ男は死んだhttp://anond.hatelabo.jp/20071112234356hanhans
掃き溜めのhttp://anond.hatelabo.jp/20071115223406hanhans
サプライズ・ド・アタックhttp://anond.hatelabo.jp/20071117232826hanhans
あたしのなりたいものhttp://anond.hatelabo.jp/20071119000639hanhans
先手必勝http://anond.hatelabo.jp/20071126230312hanhans
にこにこどーがhttp://anond.hatelabo.jp/20071129191723hanhans
最高に気持ちいいSEX体位発見した!!http://anond.hatelabo.jp/20071101130826llpp
死刑台のエレベーターhttp://anond.hatelabo.jp/20071103212950llpp
電子レンジで温めたらバナナが爆発したhttp://anond.hatelabo.jp/20071116141638llpp
自分には荷が重すぎる状況に陥った時の思考術http://anond.hatelabo.jp/20071128122042llpp
石川啄木大好きっ子http://anond.hatelabo.jp/20071117122628xx-internet
食人賞応募作品http://anond.hatelabo.jp/20071123103323xx-internet
かわいいは正義http://anond.hatelabo.jp/20071125232909xx-internet
おれたちはパンツ危険性について無自覚でありすぎた。http://anond.hatelabo.jp/20071101161200masapguin
もう、ばあちゃんの面倒はみなくていいhttp://anond.hatelabo.jp/20071101183400masapguin
増田の代償(1)http://anond.hatelabo.jp/20071108100308masapguin
アンパンマンの餡における調査報告http://anond.hatelabo.jp/20071102211632kennak
ジェントリー・ウィーブスhttp://anond.hatelabo.jp/20071103090808sasuke8
デファクト・スタンダードhttp://anond.hatelabo.jp/20071106072448sasuke8
僕の女神にhttp://anond.hatelabo.jp/20071116122931sasuke8
狂気の降る夜http://anond.hatelabo.jp/20071118022402sasuke8
三千世界の烏を殺し、主と昼寝がしてみたいhttp://anond.hatelabo.jp/20071121084008sasuke8
リボン教会(キョウカイ)、足つぼマッサージhttp://anond.hatelabo.jp/20071127002513sasuke8
トイレの時代http://anond.hatelabo.jp/20071130014200sasuke8
ニホンゴ惑星 (原題『Japanestar』)http://anond.hatelabo.jp/20071104180907bachihebi
彼女は運転が下手http://anond.hatelabo.jp/20071115130104bachihebi
給食の思い出http://anond.hatelabo.jp/20071118013709bachihebi
とりがくるhttp://anond.hatelabo.jp/20071128212936bachihebi
口紅http://anond.hatelabo.jp/20071130180744bachihebi
美少女の糞http://anond.hatelabo.jp/20071110232145asianshore
綺麗な妻http://anond.hatelabo.jp/20071111005403asianshore
花言葉http://anond.hatelabo.jp/20071111141744asianshore
マグロhttp://anond.hatelabo.jp/20071111155200asianshore
乳首を探してhttp://anond.hatelabo.jp/20071111171418asianshore
赤ちゃんポストhttp://anond.hatelabo.jp/20071111210032asianshore
娘の成長http://anond.hatelabo.jp/20071111221108asianshore
入口と出口http://anond.hatelabo.jp/20071124224750asianshore
腐れスキャンティ地獄変http://anond.hatelabo.jp/20071125020836asianshore
君の街に虹を届けようhttp://anond.hatelabo.jp/20071125142853asianshore
個人史は終焉しない。続く。http://anond.hatelabo.jp/20071118171045nitino
名前から貴方http://anond.hatelabo.jp/20071128214406cinematic
たったひとりの文芸http://anond.hatelabo.jp/20071115031948nisemono_san
全ての男性性=ちんぽは女性性を犯し蹂躙した(あるいはちんぽ切断カタルシス) http://anond.hatelabo.jp/20071106000330wonder88
スカート-パンツ-性器/エロティックイコンを巡る我々の陰茎的なものhttp://anond.hatelabo.jp/20071107014302wonder88
表現・会話・聖戦http://anond.hatelabo.jp/20071113031916wonder88
なぜ人を殺してはいけないの?http://anond.hatelabo.jp/20071114031306wonder88

2007-12-01

増田創作っぽいのまとめ・最終版(11/1から11/30)

(前回集計http://anond.hatelabo.jp/20071126102502

終了。

12月1日に付けられた分のブクマは集計してない。

漏れがあったらごめんなさい。

実話に見せかけた創作、みたいなややこしいのは知らん。

創作に見せかけた実話、とか、コピペとか混じってるかもしれないけど気にするな。

11/30
11/29
11/28
11/27
11/26
11/25
11/24
11/23
11/21
11/19
11/18
11/17
11/16
11/15
11/14
11/13
11/12
11/11
11/10
11/8
11/7
11/6
11/5
11/4
11/3
11/2
11/1

2007-11-26

増田創作っぽいのまとめ(11/1から11/26)

(前回集計http://anond.hatelabo.jp/20071121105040

勢いが鈍ってきたんでまとめが楽だ。

もう少しで11月が終わりますよ。

11/25
11/24
11/23
11/21
11/19
11/18
11/17
11/16
11/15
11/14
11/13
11/12
11/11
11/10
11/8
11/7
11/6
11/5
11/4
11/3
11/2
11/1

2007-11-21

増田創作っぽいのまとめ(11/1から11/21)

(前回集計http://anond.hatelabo.jp/20071116082614

なにが創作でなにが実話やら…。

11/21
11/19
11/18
11/17
11/16
11/15
11/14
11/13
11/12
11/11
11/10
11/8
11/7
11/6
11/5
11/4
11/3
11/2
11/1

2007-11-17

技術的優劣と市場支配 - デファクトスタンダード

収穫逓増の法則

プラットフォーム・ビジネス

この世の中、「持てる者がますます富む」という法則が支配する分野があります。

 ベータを駆逐したVHS、キーボードのキー配列であるQWERTY、そしてパソコンOS界を圧倒するWindows

すべてデファクト・スタンダード確立した者が、その技術的優劣に関わりなく、市場を支配しています。

 これを、経済学者ブライアン・アーサーは"収穫逓増の法則”とよんでいます。(M.ミッチェル・ワールドロップ『複雑系新潮社


技術的に優れていることと、それが売れるというものは違う

kagakushi.html

デファクトスタンダードの洗礼

 その後、マイクロプロセッサ市場で、アメリカに先を越された日本企業の中で、はじめて日本産のマイクロプロセッサーを開発したのはNECであった。

 インテル製のチップ「8080」をリバーシング技術で改良したNECは「μPD-753」を設計する。

これは「8080」よりも高性能なのだが、この時の改良がもとで互換性を失い、コンピュータ業界では売れなくなってしまった。

デファクト・スタンダード重要性を痛いほど認識させられることになった。

NECの当時のチップ販売担当渡辺和也氏は次のように言う。

「ですから、互換性を出すためには、改悪しなきゃいけなかったんですよ。

ですから、私は技術者に「いやあ、せっかく改良したのを、まことに申し訳ないけど、

これじゃ買ってもらえないから、改悪してくれ」って頭を下げた」

(中略)

「そう。技術的に優れていることと、それが売れるというものは違うとね」

(相田洋 「新・電子立国NHK出版 1996  p195)


初期マイクロソフトの成功要因 - 雑種路線でいこう

成功の拒否

【エジソン初期の発明を追う】

エジソン発明を拒んだ議会の思惑

理由は、「牛歩戦術が出来なくなるから」というものでした。

牛歩戦術は、決議投票の際に時間を掛けることで、棄権票を誘発したり決議投票を途中で打ち切らせたりするといった野党の抵抗戦術です。

時間を掛けずにスムーズに議事が進むエジソン電気投票集計機は、野党にとっては邪魔者だったというわけです。

そのため、電気投票集計機は一度も実用されることなく終わってしまったのでした。


ネットワーク効果

ネットワーク外部性 - Wikipedia

2007-11-16

増田創作っぽいのまとめ(11/1から11/16)

(前回集計http://anond.hatelabo.jp/20071111071020

ファ文杯は中盤戦だが、増田は最初からクライマックスだぜ!

11/15

掃き溜めの 0user

広告が完璧になった日 1user

結婚しました 89users

11/14

Googleさん 11users

11/13

もしも世界が滅ぶなら 6users

11/12

死んだ男は死んだ 11users

彼女が僕を殺す10の方法 5users

雨の中。走るように歩く。 1user

11/11

訪問 0user

赤ちゃんポスト 10users

娘の成長 3users

乳首を探して 3users

マグロ 16users

花言葉は 12users

綺麗な妻 3users

11/10

シケモク推参 3users

美少女の糞 3users

11/8

ケータイ小説を責めないでください! 23users

増田の代償(1) 11users

無題 4users

11/7

もう過ぎた昔のこと 0user

汽車の窓辺 0user

どんな人間でも神さまは見てくれているのです。きっと。 14users

「バックアップログが産まれて感動した」「おめでとう!」…がどんだ 9users

スカート-パンツ-性器/エロティックなイコンを巡る我々の陰茎的なもの 20users

11/6

近日中に殺されるかもしれない。小鳥を飼ったほうがいいでしょうか。 13users

デファクト・スタンダード 10users

11/5

タイムカプセル 2user

縁日と石碑 3users

宇宙人の写真を撮った 6users

Sure! 5users

こっくりさん 5users

いや、そのりくつはおかしい 5users

君は実にバカだな 15users

11/4

ニホンゴ惑星 (原題『Japanestar』) 1user

死刑台のエレベーター 9users

11/3

ジェントリー・ウィーブス 8users

11/2

とある村に、増田という日記帳あり 32users

アンパンマンの餡における調査報告 12users

本当に恐ろしかった匿名オセロ 101users

11/1

もう、ばあちゃんの面倒はみなくていい 4users

おれたちはパンツの危険性について無自覚でありすぎた。 24users

2007-11-11

増田創作っぽいのまとめ(11/1から11/11)

(前回集計http://anond.hatelabo.jp/20071106101050

怒られるかと思ったら逆に感謝されたので続きもやる。

11/11

綺麗な妻 0user

11/10

美少女の糞 0user

シケモク推参 1user

11/8

ケータイ小説を責めないでください! 19users

増田の代償(1) 11users

無題 3users

11/7

もう過ぎた昔のこと 0user

汽車の窓辺 0user

どんな人間でも神さまは見てくれているのです。きっと。 14users

「バックアップログが産まれて感動した」「おめでとう!」…がどんだ 9users

スカート-パンツ-性器/エロティックなイコンを巡る我々の陰茎的なもの 19users

11/6

近日中に殺されるかもしれない。小鳥を飼ったほうがいいでしょうか。 13users

デファクト・スタンダード 10users

11/5

タイムカプセル 1user

縁日と石碑 2users

宇宙人の写真を撮った 3users

Sure! 5users

こっくりさん 5users

いや、そのりくつはおかしい 4users

君は実にバカだな 15users

11/4

ニホンゴ惑星 (原題『Japanestar』) 1user

死刑台のエレベーター 8users

11/3

ジェントリー・ウィーブス 8users

11/2

とある村に、増田という日記帳あり 32users

アンパンマンの餡における調査報告 12users

本当に恐ろしかった匿名オセロ 102users

11/1

もう、ばあちゃんの面倒はみなくていい 4users

おれたちはパンツの危険性について無自覚でありすぎた。 23users

2007-11-06

デファクト・スタンダード

齢90を越えたウィリアムヘンリーゲイツ三世が、次世代Windows発表記者会見に現れたとき、会場は喧騒に包まれた。記者たちを最も驚かせたのは、徹底して情報公開がなされなかった次世代Windowsの開発に、第一線を退いたはずのゲイツが関わっていたという事実ではなく、彼がブリーフ一丁で現れた事であった。各ハードメーカーの代表者達の前に立ち、ゲイツ老は上半身だけスーツのなんとも奇妙な姿で、こう宣言した。

「これが次世代Windowsです」

騒ぐ記者たちを抑え、はっきりした声で、ゲイツは説明を行った。次世代WindowsパンツPC上で動作するOSであること、今履いているブリーフWindows搭載ブリーフであること、そして今後、PCの標準はパンツになるだろうと述べた。「それは本当にWindowsなのですか?」というある記者の間の抜けた、だが正しい質問に「もちろん、Windowもあります」とにこやかにゲイツ老がブリーフの前から性器を取り出した所で会見は終了した。

コンピュータとしてありえない形を先に示す事で、ハードインターフェイスOSなんて、どうでも良い時代が来たと彼は言ってるの」

そんな言説が受け入れられる程、世界は次世代Windowsに寛容だった。ハード各社も次世代Windows搭載パンツを次々と発売した事もあり、次世代Windowsとその専用ハードであるパンツPCは、日常に溶け込んでいった。

佐藤くーん、パソコン教えてー。これ、どうしたらいいの?」

「えーと、どれどれ」

「ああ、これはね、ここをクリックして……」

「あ、あん」

「あ、大丈夫」

「うん、続けて」

オフィスで、誰かの部屋で、または街角で、その光景はあった。

「ほら、できたよ。わかった?」

「うん。ありがとう。でも佐藤君のもフリーズしちゃってるみたい……」

「今度は、君が直してくれたら嬉しいな」

シアトル郊外ウィリアムヘンリーゲイツ三世の自宅。

「おじいちゃーん! パソコン、また壊れちゃったの」

「どれどれ、見てやろう。ほほう……」

ゲイツ老は、柔らかな笑みを浮かべながら、孫のスカートまくりあげた。

第二回ファック文芸部杯参加

http://throw.g.hatena.ne.jp/sasuke8/20071130/p1

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん