「ネオリベ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ネオリベとは

2018-08-20

anond:20180820224315

そりゃ上野さんも、不利なエビデンスは隠すとか、平等に貧しくなろうとかマザコン自閉症とか色々言ってたけど今は反省してるよ。

女性の権利を主張しすぎて女性労働力をネオリベに利用されたことを悔やんでる。

anond:20180820222231

自由意志を信じてるネオリベらしい発想ですね。

まず、職業差別をやめることからはじめようか。

2018-08-16

金取って無料で売り物の本を読ませるカフェ併設の書店

『返品入帳のお願い』とか送って来ないで欲しいよ。客はお金払っているから罪悪感も無いんだろうが。出版社には一円も入らないんだよ。知ってた?

物理書店が厳しいのはわかるよ。わかるけど、そのしわ寄せを苦しい出版社に回さないで欲しい。ネオリベ巣窟はてなだと、中抜き出版社が酷い目に遭って万々歳なんだろうが。

2018-08-15

xevra「正社員既得権益解雇規制を緩和しろ

竹中平蔵老害と言っているxevraは実は竹中平蔵に近いネオリベである

ブコメにおいては貧困層に対する差別的コメントが見られ、過去にはアクロバティックな反共をしていた。

原発与党批判的なので左翼であるかのように勘違いした人は気をつけていただきたい。

やつは老害である

2018-08-12

anond:20180812105722

IT系が大体ネオリベ左派からそのへん歪んでるんだよなあ

普段は変化に対応できないクソ雑魚は地べたに這いつくばってろって言ってるようなタイプ

サマータイムに反対すると反発は避けられないっていう

2018-08-09

anond:20180809114847

森卓は庶民向けで出てるときリベラル庶民派な風味をふりかけしてあるだけで、中身はかなりのヒヒじじいな上にネオリベぽいこと平気で言う。仕事講演会を聞きに行かされたときびっくりした。

2018-08-08

anond:20180808090857

ごめん、なんでもかんでもプロスポーツ選手に例えるネオリベ馬鹿ということしかからないのだけど。

2018-08-06

anond:20180806002655

ネオリベくんはこんな程度の低いこと考えるのか

女性差別に反対する人の中にはネオリベが多い

多浪差別という能力での差別は許されると思ってる人が少なくないので、批判され方が小さい。

しかも、多浪差別批判してる人の中に、多浪が免責される理由として家庭環境田舎住まいをあげていて、能力による差別には何も言わず無自覚能力差別をしている差別主義者が多数いるのである

2018-08-05

anond:20180805233141

優遇されようがされまいがネオリベ資本主義下でかわいそうランキングの低い人間ソルジャーをやらされることは何も変わらないので関係ないです

ソルジャー存在をなくしたいのなら資本主義をやめ夜間の労働長時間労働厳罰と定め貧しい社会を受け入れるしかありません

かにリベラルネオリベは別だけど

ポリコレリベラルネオリベの先鋒・切り込み隊になってるんだからネオリベ批判しようとしたらリベラル批判することになるので

ネオリベに利用されないためにリベラル想像力の欠如を批判するのは間違ってないんだよなあ。


2018-08-04

リベラル左派自分の主張がネオリベに利用されないか少しは考えろ

同じように反差別自分の主張が権力による悪しき治安維持思想統制に利用されないか考えろ

アンチポリコレアンチリベラルアンチフェミなのは元々がアンチネオリベから

日本においてはリベラルポリコレフェミニズムとなることでその対処のなる対策がことごとくネオリベの餌にしかならないという。

要するにアンチポリコレにとって、ポリコレ支持派は『実質的に』竹中平蔵という肉屋を支持する豚になってるということですわ。

リベラルフェミニズムに味方した結果、言っていることがネオリベ化する現象

フェミニズム資本主義侍女といわれたが、リベラルはなんと名付ければいいのか。

2018-08-03

リベラル左派フェミニズムネオリベに回収されていく姿を唖然として見てるから

是非共産党に民医連がこの状況にどう対応してるか示してほしい

2018-08-02

あくまで私の体感だけど、

ダイバーシティ」や「ワーク・ライフバランス」が必要なのは事実だが、その導入が相当ネオリベ寄りだったのを私は忘れない。

入試自体差別的ではないか

ある大学入試性差別が行われていたとかいう話で怒っている。

最近ネットテレビを見ると「これは怒っていい これは怒っちゃダメ」というような線引きでもあるかのようにすら感じる。

ブラック企業批判はするが、政権与党批判をしない人などだ。

今回の話は左派系の人たちも含めて皆怒っているものだ。女性医師労働環境がまず問題だとかどうのこうのと。

男よりも女のほうが優秀だとか、国際的だとか言う言説まで見る。

ただ、自分にはどこか醒めて見える。

というのも大学入試自体差別ではないかと考えているからだ。

勿論、自分がそう思うのは自分のI.Q.とかいものが88しかなくて関関立の色物学部しか進学できなかったからだろう。

IQを測った理由内臓も悪くて、その医者に「馬鹿なのはどうしてでしょうか?」と相談したことから始まる。

ただ、知能が低いと分かっても手の打ちようはなかったし受かる大学を探さなければならなかったのだ。

そうなって、仕方なく入るわけである容姿も持病の薬の副作用で皮膚はぼっこぼこになるし身長も172cmまでしか伸びなかった。

フランスでは最近になってネオリベ的な能力主義を持ち込む入試改革が行われて反発が起きているとかなんとか。

入試差別だという思想がどこかにあるのだろう。

それが改革で洗い流されてしまうのなら虚しさを感じるものだ。

とにかく入試という制度自体差別性を指摘せずに、性差別ばかり怒っている人間にはどこか何か違うと思ってしまものだ。

入試制度擁護する人たちがいるが、そんなものを続けてきた結果は民主主義崩壊など深刻なものだったりするではないか

そんなもの反省余地は十分あるのではないか

入試制度というもの恩恵を受けられなかった自分から見たら、巨悪を放置して小悪を放置するのと同じようにすら見えてくる。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん