「悪い男」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 悪い男とは

2022-05-20

anond:20220520214927

女の性欲が薄いのは、日本では男が身勝手ホモソーシャル的なAVエロ漫画によるクソ文化を発展させてきたので常に女は男に鑑賞され女にとって性が嬉しいものになることが全く想像できないか

気持ち悪い男オモチャにされるなり支配欲や男の女を好きにして狂わせたい欲にひたすら当てはまるように強いられるようなミソジニー極まるしんどいものが増えすぎているか


君が正しくセックスできれば変わります

諦めるな。ホモソとミソジニーは今すぐ捨てろ。AVエロ漫画悪魔の本です

2022-05-19

anond:20220519030551

でも防犯しっかりしてないと泥棒とか強盗のいいカモじゃね

警察は男がいればいいけど

あとは悪い男絶対コロスマシーンのAI兵器巡回してるとかだったらいいな

2022-05-17

アニメにおける弱者男性バイアス

アメリカの子供向け番組を見て驚いた。

バイキンマンのような敵キャラ位置する存在がいわゆる拗らせた弱者男性なのだ

一方的女性に付き纏ったり、変な歌を送ったり、変なメールを送ったり、しつこくデートに誘ったり、誘拐したり、女性彼氏ヅラをしたりして、ハッキリとキレられている。(女性を恨んだりはしないが愛してくれないと泣いたりしている)



いきなり知り合いでもないのにしつこく声をかけるだけで女性悲鳴を上げ、逃げ惑い、攻撃し、助けを呼ぶ。周りの男性は引き剥がす。

全体を通して住人のほとんどに嫌われる気持ち悪い人として描かれている。

正義ヒーローは、女性たちを虐めて嫌がらせばかりする男を女性を守るためにやっつけているのだ。


日本漫画アニメでは、こうは描かないだろう。

同じくらい気持ち悪い男キャラばかりだが、セクハラをしても怒らない女たちを周りに置き、

「冴えない男」が「いきなり現れて、何の努力もしてない主人公を何の理由もなく好きになり、斜に構えて関係維持努力もせず相手に与えることもしない幼稚な男を嫌うことがなく、一方的に好きでい続けてくれる女」という完全なる嘘のファンタジー物語ばかり描く。

人に愛されるような人物でなければ女性からも当然愛されることはない。この当たり前のことを描けない。

この描き方は有害ファンタジーであるから丁重に避けられているのだというのがわかる。

男性にとっても教育に悪いだけでなく、社会全体でグルーミングをしている。女性自尊心など育ちようがない。

こんな国にモラルなんて育ちようがないのである

2022-05-07

自分気持ち悪いおっさんを親に持つということ

そして自分気持ち悪い男性と同じ生物であることに思いを馳せたら、自身性別わず心底気持ち悪い被造物であることに耐えられなくなるで

anond:20220506182856

2022-05-01

anond:20220501165234

女性もっと性欲に正直に生きると、

容姿が良い男性が人気で悪い男性が不人気っていうのがゲイ並みに可視化されるから

男性美容アンチエイジングを頑張るようになって、生活習慣病が減ると思う。

女性に選んで欲しいと思っている男性は週3ラーメンとか絶対やらないからね。

ラーメンを食べる=太っても死んでも良いということ。

ラーメンを食べる=48歳で死ぬということ。

ラーメンを食べる男性は、選ばれることを諦めた男性か、女性に選んでもらわなくても襲えばいいしという男性なんだよね。

そういう男性に減って欲しい。健康的に美しくなって、性犯罪もしないでほしい。

自分磨きをして女性を待って、女性性的に愛されて欲しいね

2022-04-30

ほら!この画像掲示板!見てください!ここの連中あなたを見てシコってますよ!弱者男性が!あなたを見てシコシコしてます!ほら!気持ち悪いですね!見てくださいほら!気持ち悪い男性!シコってます巨乳ブランド気持ち悪い!ほら見て見て!ほら!

2022-04-27

anond:20220427163523

女性短足チビデブでも、スカートハイヒールスタイルの悪さをごまかせる

男性にはスカートハイヒールがないかスタイル悪い男性全員が公開処刑される

ハーフパンツとゴツいスニーカーは少し誤魔化し要素があるけど

スーツを着なきゃいけない場では必ず公開処刑になる

2022-04-24

なんで女は悪い男が好きだという事実を認めないんだろうな

「私はそうじゃない」ならわかるんだけど、全否定してくるじゃん

一般論ヤンキーはいってる男が好きじゃん

それがなにか?って言えばいいのになぜかそんなことありませんって言うよね

なんなの?悪い男が好きだと都合が悪いの?

それとも本当に悪い男が好きなわけないって事?

2022-04-22

anond:20220422123420

日本には驚くほど女性関係悪い男いるよな~

30歳前後で捨てられた、って女性を何人も見てきたよ

中華圏のほうがはるか女性に尽くすし、料理も作るし甲斐甲斐しいんだよな

この点に関しては、男尊女卑日本中国より民度が低いね

2022-04-08

anond:20220407102502

キモい」って言葉に吹き上がる人は「何もしてない見た目の悪い男子がキモい嘲笑われる」ことを想定していて、

擁護する人は「セクハラ痴漢加害(たとえばホテルに誘われたり精液かけられたりするレベル)」を想定しているように見える

2022-04-07

anond:20220407164244

くそんなことないと思うけど。

悪い男」に押し上げられる周囲は、それをよしとする「悪い男」の社会でしょ。

(園監督みたいな例はあるけど、それは周りの人も実際悪い男だったし。だから制裁受けてるんだし)

かに悪い男に惹かれる女はいるけど、それこそ子供の頃から「男は強いのがいい。女は弱い生き物」みたいな価値観で生きててそれが無意識に染み付いてるバカ女じゃん。自分が虐げられることを男の強さ=魅力と勘違いしてるだけ。自分自分価値を下げていることにも気づかないバカ女を相手にする必要ある?

もっと上のいい女目指しなよ真面目な人なんだから(上から目線すみません)

anond:20220407163701

まあ女が取るのは気をつかって生きてる「いい男性」じゃなくて「悪い男」の方なんだけどな

「いい男性」は社会では一生ザコだけど 「悪い男」の方は周囲を押し退けて上へいけるから

anond:20220407162022

わかる。上のやりとり見てて、何回か「男全員を敵対視してるわけじゃない」とか言われてるし元の文にも「悪い男批判しろ」って書いてあるのに頑なに女を敵にしようとしてて謎。話聞けよな。

anond:20220407161622

多分、あなたが思っているよりはるか女性は何かしらの被害を受けているよ(性犯罪じゃなくてもセクハラとかも含め)

あなたは知らないだけだと思う。責めるつもりはないけど、全然知らないんだね。

あと「一部の」悪い男と書いてるけど、私の体感ではほとんど何かしら悪くてたまにいい人がいるって感じだよ。あくま体感。でもあなたは知らないんだと思う。

あなたが、その一部のいい人なだけかもね。

それから男を差別しているのではなくて、警戒しているだけ。そうしないと自分の身を守れないし、今回のように「でも自分が応じたんだよね?」とか言われるから

加害もしていない。「女性性的に消費するのやめろ!」と言うことが加害なの?

anond:20220407155400

細心の注意を払ってコミュニケーションを取るのは、相手が女だろうが男だろうが当たり前のことだと思うんだけど、

男の人が外歩いてるだけで不審者扱いされるのも、根本的に女を見下している男の人が日本には多いからだよね。そういう人がいなくなれば、あなたも生きやすくなるのにね。だからやっぱり攻撃すべきは女ではなくそういう悪い男なのでは?

2022-04-03

anond:20220403031136

見出しと改行を知らぬ哀れな子羊よ反省しなさい

■いい人はなぜ女に選ばれないのか

はじめに

優しくていい奴はモテない、とことんモテない。

これはいったい何故なのだろうか。

いや、そもそも優しくていい奴こそがモテるに決まっているだろうと思う人もいるだろう。

女の子に好みのタイプを聞けば当然のように「優しい男」がまず挙がる。

実際、女の子からは「暴力を振るう男は絶対無理」、「チャラい男は苦手」、「浮気をする男なんてサイテー」という言葉もよく聞くだろう。

やはり優しい男こそモテるのではないだろうか。

これはとんだ誤謬である

女は決まって優しい男が好きだと言い、優しくない男を侮辱した言葉を使う。

だが現実彼女たちは普段どんな男を選んでいるだろうか。

あえて直接的な表現を使うならば、彼女らはどんな男とヤってしまっているだろうか。

そもそも暴力を振るう男が最低と言われるのは、男に暴力を振るわれたか、そういう男の存在が身近にいたからだろう。

まり、わざわざ最低であると言われる程度には女と深い関わりを持っているのである

これは浮気をする男やチャラい男についても同様で、女側が浮気をされたり、チャラい男に遊ばれたり、もしくはそれに準ずる体験をしたからこそ、そういった男たちが悪く言われるのだ。

まるでそういった所謂悪い男」たちの肩を持っているように思われるかもしれないが、伝えたいことの本質はそこではない。

女に暴力を振るってしまうような悪い男でも、女性から男性として認められ、身体関係交際関係を許されている時点で、男性としての魅力やモテ力という意味においては、優しくていい人だけど恋人とは違うかもなんて戯言を言われ続け、交際セックスへとたどり着くことのできない「いい奴」よりも数段格上であるという事実なのだ

ここまで言ってもおそらく、ほとんどの人間はこの事実を認めようとはしないだろう。

特に女性と、女性に媚びてしまっているタイプ去勢された非モテ男は絶対に認めることはない。

もしくは仮に認めたとしても、「正しいかもしれないけどそんなことを言って何になるの?」と決まりの悪い顔をするだろう。

実際は人間の幸不幸を決めかねない、とてつもなく重要問題であるのにも関わらずだ。

しかしこれは本能に裏打ちされた感覚であるため、それは仕方のないことである

理屈によって議論を進めることもできるが、ここではまず、あえて例を挙げつつ「優しくていい奴はモテない」という現実直視するところから始めていこうと思う。

優しい男の悲惨

男女の集まりでよく見かける光景の一つとして、男の彼女いないアピールとそれに対する女性側の慰めがある。

「○○くんは優しいし、いい人だから絶対すぐ彼女できるよ」、こんな言葉を聞いたことがある人や、言われたことのある人もいるだろう。

ここでまず疑問に思われるのが、じゃあそれを言っている女の子はなぜその男彼女に今すぐ立候補しないのだろうかということだ。

そして、優しくていい人であるはずのその男には今現在なぜ彼女がいないのかということである

この疑問に対する答えとして、「いい人だと思うかどうかと恋人にしたいかどうかは違う」だとか、「その女の子別に恋人を欲しいと思っていない」だとかが考えられるが、これらは建前でしかない。

「単なる社交辞令」というのも正解のようで説明がしきれていない。

この疑問に対する解答として的確なのは、「そもそもその男男性としての魅力や雄としての力が一ミリもない」だろう。

男性としての魅力がないか女の子から彼氏にしたいとは思われないし、雄としての力がないか彼女を獲得するだけの行動をすることができないとすると、完全に説明がつく。

そもそもの話をすると、女性の前で彼女ができないアピールをするのは恋愛的な面では百害あって一利なし言語道断な悪手である

自分には男性としての魅力がない」ということをわざわざ表明しているようなものなのだ。だからこそモテない奴は、その言動によってよりモテなくなる。

モテないスパイラルに陥ってしまうのである

一度女性の言うことや、一般的常識から抜け出した視点現実を見てみよう。

大学課題に困っている女の子課題を教えてあげている優しい男はその子と付き合えているだろうか。

デート代を毎回払って三回目のデートで誠実な告白をした男が振られているのを見たことはないだろうか。

「優しい人なんだけどね」と女に陰で言われている男を見たことはないだろうか。

筆者は女の子死にたいライン一年間ほど精神をすり減らしながら優しく慰め続けた経験があるが、ついぞ男として見られることはなかった。

一方で、一見不誠実な男たちを見てみよう。

チャラついた男の経験人数が何桁もあったり、サイコパスな男でも彼女が出来ているのを見たことはないだろうか。

女性に対して舐めた態度をとっているのに、なぜか自分よりモテる男を見たことはないだろうか。

自分の方が真面目でいい奴なはずなのに、何人もの女性から選ばれ浮気をしている男を見たことはないだろうか。

学生中にデキ婚する男を馬鹿だと見下しつつ、そんなことができる相手がいることを疑問に思ったことはないだろうか。

仲のいい女の子が明らかなクズ男の沼にハマっているのを見たことはないだろうか。

こういった、一般的常識女性意見現実との乖離はなぜ起こるのか。

これを説明する答えは単純明快だ。女性本能的に優しくていい奴には男性としての魅力を感じないようにできているのである

しかしこういった疑問を持つ人もいるはずだ。

「ではなぜ口では優しい人が好きだと言うのか」、「女性本能的に優しい人に魅力を感じないのであれば、その形質が現代まで保存されているのはおかしいのではないか」と。

これについてはgood genesとgood dadの概念や、男と女での形質の非対称性によって説明できる。

ヒトも遺伝子乗り物である

まず第一に、人間だって動物なのである

どれだけ文明が発達しようが、理性を持っていようが、ヒトは動物であり種を保存しようという性質があることは事実だ。

ずっと遡って、言葉ができ始めたぐらいのちょっと賢いサル時代のことを考えてみよう。

ヒトは通年繁殖可能であり、今で言えばナンパのように見知らぬ個体に声をかけて性行為交渉していたのだろう。

そんな環境では自分から声をかけられなかったり、雌に対してグイグイ押していけない優しい個体はきっと性行為にありつけなかったはずだ。

逆にレイプまがいのことをするような個体の方が遺伝子を残せていたのではないだろうか。

しかし、群れの繁栄という意味で見た場合は、優しい個体にも有用性がある。

群れが存続するためには新しい世代を育てなければならない。

産むだけであればなりふり構わず行為を行う形質のみが有利に働くだろうが、子育てとなると母性や優しさや、育て続ける誠実性も重要になる。

セックスのことしか考えないような個体ばかりの群れは近親相姦によっても崩壊するだろう。

なぜ雄が雌に求愛するという仕組みができたかはわからないが、そういった仕組みである以上、優しさや誠実性といった形質は、雄に受け継がれた場合遺伝子を残すのに不利に働き、雌に受け継がれた場合には子を育てやすいという意味遺伝子を残すのに有利に働く。

この雄と雌での形質の非対称性によって、強い雄の性質であるオラオラ形質と、弱い雄や良い母の性質である優しさ・誠実性形質が絶妙バランスを保って保存され続けてきたのだとすると説明がつく。

弱い雄が遺伝子を残せなくても、良い母が遺伝子を残すことによって優しさや誠実性といった形質も保存され続けるのだ。

運が良いのか悪いのか、弱い雄に生まれてきた個体は、おそらく本人は子を残さずに群れの子もの世話役をしていたのではないだろうか。

これが所謂、good genesとgood dadの関係である

良い遺伝子であることと良い親であることは異なるのだ。

そして雌は雄の性質本能的に嗅ぎ分けており、遺伝子を残す(=性行為)に値する個体かどうかを見極めているのである

この仕組みは現代でも変わらない。実際、托卵(遺伝的な子ではない子をそうだと知らずに育てている)の割合日本では20人に1人程度らしい。

これを聞いてそんな酷い世界があるかと思う人もいるかもしれないが、むしろ現代社会は弱い雄に優しく、弱くても子を残せるようになっているぐらいなのだ

皆婚制度や一夫一妻制なんかは、強い雄が女性を独占できないようにする、まさに弱者男性を守るための制度である

文明の発達によって誠実さのある人の方が仕事で成果を出して収入を得ることができ、結果として結婚などに結びつくようになっている。

だがしかし収入肩書き、優しさや誠実性が評価されるのは女性結婚を焦るようになる30代前後での話であり、しかもそれは肩書きを抜きにした男性的な魅力を評価しているわけではないのである

少なくとも大学生や社会人になりたてぐらいの時期では強い男の方がモテるし、優しくていい奴がモテることはないのだ。

そして雄としての力が弱い状態結婚をしても、十分に女性を魅了することができずに不倫や托卵をされるという事態につながることもある。現実残酷だ。

そして現実は優しい男なんて選ばないのにも関わらず、優しくていい人を褒め称えるような行動を女性はとってしまう。

これも群れの繁殖に都合がよいかなのだ。強い雄はその強さ故に群れの和や秩序を乱してしまうし、そんな暴力が完全にまかり通ってしまっては群れが崩壊してしまう。

一部の強い雄の遺伝子を残して弱い雄に育ててもらうという戦略女性本能で取り続けているのだ。

実際に言葉説明できる女性ほとんどいないだろうが、それを感覚理解しているからこそ、男を優しい非モテに仕立て上げようとしつつも、それを破ってくる男の遺伝子を残そうとするのである

おわりに

優しくていい奴、つまり結婚するにはいいけど彼氏にはしたくない(=遺伝子を残したくない)と思われる人は基本的男性としてモテることはない。

これはヒトという動物が採択した生存戦略に基づくものであり、社会制度女性側に期待をしてどうにかなるものではないのである

男が恋愛結婚といった男女の関係において充実し、人生幸せにするためには、まずこのことを理解しなければならない。

そして強い雄へと成長するしか道はないのである。このことを理解するためにも、男として成長するためにも、行動や実践に挑むことは必要不可欠だ。

最後に、何もクズ男になれとか、ただグイグイいけるようになればいいとか、そんな次元の話をしているわけではない。

優しくていい奴に甘んじて、若いうちに沢山遊んできたけどそろそろ結婚を考えてドキドキを妥協してでもいい人を選ぼうなんて女性の魂胆に乗せられるしか救済のない人生を送るか、good genes性とgood dad性を使いわけて真に好きな女性幸福を分かち合う人生を送るか、その選択の話なのである

いい人はなぜ女に選ばれないのか

・はじめに

 優しくていい奴はモテない、とことんモテない。これはいったい何故なのだろうか。いや、そもそも優しくていい奴こそがモテるに決まっているだろうと思う人もいるだろう。女の子に好みのタイプを聞けば当然のように「優しい男」がまず挙がる。実際、女の子からは「暴力を振るう男は絶対無理」、「チャラい男は苦手」、「浮気をする男なんてサイテー」という言葉もよく聞くだろう。やはり優しい男こそモテるのではないだろうか。これはとんだ誤謬である

 女は決まって優しい男が好きだと言い、優しくない男を侮辱した言葉を使う。だが現実彼女たちは普段どんな男を選んでいるだろうか。あえて直接的な表現を使うならば、彼女らはどんな男とヤってしまっているだろうか。そもそも暴力を振るう男が最低と言われるのは、男に暴力を振るわれたか、そういう男の存在が身近にいたからだろう。つまり、わざわざ最低であると言われる程度には女と深い関わりを持っているのである。これは浮気をする男やチャラい男についても同様で、女側が浮気をされたり、チャラい男に遊ばれたり、もしくはそれに準ずる体験をしたからこそ、そういった男たちが悪く言われるのだ。

 まるでそういった所謂悪い男」たちの肩を持っているように思われるかもしれないが、伝えたいことの本質はそこではない。女に暴力を振るってしまうような悪い男でも、女性から男性として認められ、身体関係交際関係を許されている時点で、男性としての魅力やモテ力という意味においては、優しくていい人だけど恋人とは違うかもなんて戯言を言われ続け、交際セックスへとたどり着くことのできない「いい奴」よりも数段格上であるという事実なのだ

 ここまで言ってもおそらく、ほとんどの人間はこの事実を認めようとはしないだろう。特に女性と、女性に媚びてしまっているタイプ去勢された非モテ男は絶対に認めることはない。もしくは仮に認めたとしても、「正しいかもしれないけどそんなことを言って何になるの?」と決まりの悪い顔をするだろう。実際は人間の幸不幸を決めかねない、とてつもなく重要問題であるのにも関わらずだ。しかしこれは本能に裏打ちされた感覚であるため、それは仕方のないことである理屈によって議論を進めることもできるが、ここではまず、あえて例を挙げつつ「優しくていい奴はモテない」という現実直視するところから始めていこうと思う。

・優しい男の悲惨

 男女の集まりでよく見かける光景の一つとして、男の彼女いないアピールとそれに対する女性側の慰めがある。「○○くんは優しいし、いい人だから絶対すぐ彼女できるよ」、こんな言葉を聞いたことがある人や、言われたことのある人もいるだろう。ここでまず疑問に思われるのが、じゃあそれを言っている女の子はなぜその男彼女に今すぐ立候補しないのだろうかということだ。そして、優しくていい人であるはずのその男には今現在なぜ彼女がいないのかということである

 この疑問に対する答えとして、「いい人だと思うかどうかと恋人にしたいかどうかは違う」だとか、「その女の子別に恋人を欲しいと思っていない」だとかが考えられるが、これらは建前でしかない。「単なる社交辞令」というのも正解のようで説明がしきれていない。この疑問に対する解答として的確なのは、「そもそもその男男性としての魅力や雄としての力が一ミリもない」だろう。男性としての魅力がないか女の子から彼氏にしたいとは思われないし、雄としての力がないか彼女を獲得するだけの行動をすることができないとすると、完全に説明がつく。

 そもそもの話をすると、女性の前で彼女ができないアピールをするのは恋愛的な面では百害あって一利なし言語道断な悪手である。「自分には男性としての魅力がない」ということをわざわざ表明しているようなものなのだ。だからこそモテない奴は、その言動によってよりモテなくなる。モテないスパイラルに陥ってしまうのである

 一度女性の言うことや、一般的常識から抜け出した視点現実を見てみよう。大学課題に困っている女の子課題を教えてあげている優しい男はその子と付き合えているだろうか。デート代を毎回払って三回目のデートで誠実な告白をした男が振られているのを見たことはないだろうか。「優しい人なんだけどね」と女に陰で言われている男を見たことはないだろうか。筆者は女の子死にたいライン一年間ほど精神をすり減らしながら優しく慰め続けた経験があるが、ついぞ男として見られることはなかった。

 一方で、一見不誠実な男たちを見てみよう。チャラついた男の経験人数が何桁もあったり、サイコパスな男でも彼女が出来ているのを見たことはないだろうか。女性に対して舐めた態度をとっているのに、なぜか自分よりモテる男を見たことはないだろうか。自分の方が真面目でいい奴なはずなのに、何人もの女性から選ばれ浮気をしている男を見たことはないだろうか。学生中にデキ婚する男を馬鹿だと見下しつつ、そんなことができる相手がいることを疑問に思ったことはないだろうか。仲のいい女の子が明らかなクズ男の沼にハマっているのを見たことはないだろうか。

 こういった、一般的常識女性意見現実との乖離はなぜ起こるのか。これを説明する答えは単純明快だ。女性本能的に優しくていい奴には男性としての魅力を感じないようにできているのであるしかしこういった疑問を持つ人もいるはずだ。「ではなぜ口では優しい人が好きだと言うのか」、「女性本能的に優しい人に魅力を感じないのであれば、その形質が現代まで保存されているのはおかしいのではないか」と。これについてはgood genesとgood dadの概念や、男と女での形質の非対称性によって説明できる。

・ヒトも遺伝子乗り物である

 まず第一に、人間だって動物なのである。どれだけ文明が発達しようが、理性を持っていようが、ヒトは動物であり種を保存しようという性質があることは事実だ。ずっと遡って、言葉ができ始めたぐらいのちょっと賢いサル時代のことを考えてみよう。ヒトは通年繁殖可能であり、今で言えばナンパのように見知らぬ個体に声をかけて性行為交渉していたのだろう。そんな環境では自分から声をかけられなかったり、雌に対してグイグイ押していけない優しい個体はきっと性行為にありつけなかったはずだ。逆にレイプまがいのことをするような個体の方が遺伝子を残せていたのではないだろうか。

 しかし、群れの繁栄という意味で見た場合は、優しい個体にも有用性がある。群れが存続するためには新しい世代を育てなければならない。産むだけであればなりふり構わず行為を行う形質のみが有利に働くだろうが、子育てとなると母性や優しさや、育て続ける誠実性も重要になる。セックスのことしか考えないような個体ばかりの群れは近親相姦によっても崩壊するだろう。

 なぜ雄が雌に求愛するという仕組みができたかはわからないが、そういった仕組みである以上、優しさや誠実性といった形質は、雄に受け継がれた場合遺伝子を残すのに不利に働き、雌に受け継がれた場合には子を育てやすいという意味遺伝子を残すのに有利に働く。この雄と雌での形質の非対称性によって、強い雄の性質であるオラオラ形質と、弱い雄や良い母の性質である優しさ・誠実性形質が絶妙バランスを保って保存され続けてきたのだとすると説明がつく。弱い雄が遺伝子を残せなくても、良い母が遺伝子を残すことによって優しさや誠実性といった形質も保存され続けるのだ。運が良いのか悪いのか、弱い雄に生まれてきた個体は、おそらく本人は子を残さずに群れの子もの世話役をしていたのではないだろうか。

 これが所謂、good genesとgood dadの関係である。良い遺伝子であることと良い親であることは異なるのだ。そして雌は雄の性質本能的に嗅ぎ分けており、遺伝子を残す(=性行為)に値する個体かどうかを見極めているのである

 この仕組みは現代でも変わらない。実際、托卵(遺伝的な子ではない子をそうだと知らずに育てている)の割合日本では20人に1人程度らしい。これを聞いてそんな酷い世界があるかと思う人もいるかもしれないが、むしろ現代社会は弱い雄に優しく、弱くても子を残せるようになっているぐらいなのだ。皆婚制度や一夫一妻制なんかは、強い雄が女性を独占できないようにする、まさに弱者男性を守るための制度である文明の発達によって誠実さのある人の方が仕事で成果を出して収入を得ることができ、結果として結婚などに結びつくようになっている。

 だがしかし収入肩書き、優しさや誠実性が評価されるのは女性結婚を焦るようになる30代前後での話であり、しかもそれは肩書きを抜きにした男性的な魅力を評価しているわけではないのである。少なくとも大学生や社会人になりたてぐらいの時期では強い男の方がモテるし、優しくていい奴がモテることはないのだ。そして雄としての力が弱い状態結婚をしても、十分に女性を魅了することができずに不倫や托卵をされるという事態につながることもある。現実残酷だ。

 そして現実は優しい男なんて選ばないのにも関わらず、優しくていい人を褒め称えるような行動を女性はとってしまう。これも群れの繁殖に都合がよいかなのだ。強い雄はその強さ故に群れの和や秩序を乱してしまうし、そんな暴力が完全にまかり通ってしまっては群れが崩壊してしまう。一部の強い雄の遺伝子を残して弱い雄に育ててもらうという戦略女性本能で取り続けているのだ。実際に言葉説明できる女性ほとんどいないだろうが、それを感覚理解しているからこそ、男を優しい非モテに仕立て上げようとしつつも、それを破ってくる男の遺伝子を残そうとするのである

・おわりに

 優しくていい奴、つまり結婚するにはいいけど彼氏にはしたくない(=遺伝子を残したくない)と思われる人は基本的男性としてモテることはない。これはヒトという動物が採択した生存戦略に基づくものであり、社会制度女性側に期待をしてどうにかなるものではないのである

 男が恋愛結婚といった男女の関係において充実し、人生幸せにするためには、まずこのことを理解しなければならない。そして強い雄へと成長するしか道はないのである。このことを理解するためにも、男として成長するためにも、行動や実践に挑むことは必要不可欠だ。

 最後に、何もクズ男になれとか、ただグイグイいけるようになればいいとか、そんな次元の話をしているわけではない。優しくていい奴に甘んじて、若いうちに沢山遊んできたけどそろそろ結婚を考えてドキドキを妥協してでもいい人を選ぼうなんて女性の魂胆に乗せられるしか救済のない人生を送るか、good genes性とgood dad性を使いわけて真に好きな女性幸福を分かち合う人生を送るか、その選択の話なのである

2022-03-30

ウィル・スミスビンタ事件コードの面から理解する必要がある

https://anond.hatelabo.jp/20220329212048

https://miyearnzzlabo.com/archives/80196

http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/5909563.html

このへんを読んでの感想

どうやら、アメリカ国内では「ウィル・スミスが悪い」という論調圧倒的多数らしい。

それは、アカデミー賞ウィル・スミス自身の反応を見ても明らかだと思う。

その背景として、アカデミー賞では慣例的にブラックジョーク披露されていたこと、出演者はそれを受け入れていたことなどが言及されている。

また、「妻を馬鹿にされて暴力を振るうのは悪い男性性の発露である」といった解釈もあるとのこと。

ここで、外部の目線として「そういった慣例や解釈自体おかしい」という評価はできると思う。

しかし、重要なことは「事実としてアメリカもしくはアカデミー賞ではそういったコード規範)があり、ウィル・スミスは当然それを熟知していた」ということだろう。

例えて言えば日本で育った日本人が他人の家に土足で上がり込むようなもので、外国人が「家は土足で入るものから日本コード自体おかしい」と言ったところで、「日本コードを熟知している人間日本の家に土足で上がり込むのは非常識である」ということは変わらない。

要するに、物事を捉えるときには前提となる背景やコード理解必要だし、(上記記事に書かれているコードが概ね正しいとすれば)コード自体批判することはできてもウィル・スミス擁護するのは無理じゃない?と、そんなことを思ったりした。

2022-03-26

弱者男性モテないとか言うけど

職場で低身長(163)、寝坊常連、家貧乏性格悪い、女癖悪い男がいる。そいつは顔がまあまあ良いってだけでコミュ力あるわけでもないのにモテてる。弱者男性モテないってほんとか?

俺は実家裕福で高身長なのに27歳童貞

2022-03-20

anond:20220319212947

フェミお気持ち分析をすると

●異性としての魅力がない弱者(格下)がビジネス経済的優遇(格上扱い)されていることが許せない

ぽいんだよね。

要素別にみれば、

組織集合知の結果で選定される、組織機能支配的影響を与える人材に男が多いこと

●その他の大半の男は上記人材とのコミュニケーションコストが低い、いわば組織サービス業として評価されていること

上記した男性の重用プロセス性的魅力は寄与しないこと

こんなこと一瞬で理解できるはずなのにね。

(なお常識だけどサービス業労働付加価値は周囲の生産性に強く依存する。)

人は衝動的な感情支配されている時に対象ひとつ物差しで測る傾向があるけど、フェミはその傾向が特に強い。

なお、一般論としてこの行動様式自体は一概にデメリットばかりではなく、愛(ここでは欠点すら愛おしく感じること)の由来でもあり人々の集団生活寄与してきた一面もある(緊急性の高い状況で損得を素早く判断することに優れる)が、当然万能ではなく特にワイルドカード的な処理(次の茸が致死性の毒を持つ場合)には向いていない。

崖の上で蝶を追いかけることには恐怖という機構制限をかける一方で、女性男性を選別する場合については衝動的な判断が許されてきた。なぜなら良い男を掴むことも悪い男を掴むことも自身と子孫の生存に致命的ではなく、そもそも良い男は環境的な選別に生き残る(遠征で死なず成果を持って帰ってくれば良い男である)ことでバイアスがかかっているため女性が良い男を見抜く能力はそれほど重要ではなかったから。

とはいえ過去においては上記が正しかったとして、現代においてはどうだろうか?

男への環境的選別は文明の進展に伴い減少し、かつてはその悪影響を無視できるほどであった悪い男家庭内暴挙自身とその子孫の生活に致命的である考える人も既に多い。

既に、異性を選別する決断衝動判断に基づくべきでないとする変化は起こりつつある。その時に異性選別において衝動的な判断を是とする人はどのような扱いを受けるだろうか?集合知はどう振舞うだろうか?今はまだ本当の弱者は分からない。淘汰されてからでなければ。

2022-03-08

社会的に正しいコスメ売り場

迷惑男性客がいるなら被害を受けないように警戒するのは当然だ。

ただ、その警戒は等しく客全員に向けるべきなのだ。少なくとも表面上は客の属性によって警戒心の濃淡をつけてはダメだ。

悪い男性客が増えたと考えるのではなく、客全体の平均的な治安悪化したと考えるべきだ。

女性にも警戒のポーズをとってそっけない接客になり売り上げが落ちるなら、それは正しい社会を作るための正当なコストだ。

中国人窃盗団ピッキング被害が多いなら、建物に立ち入る中国人にのみ入館記録簿へ記帳させるのではなく、訪問者全員に書かせるのが正しい。

属性による差別を仕方ないと正当化する考え方もあり得るが、その場合当然逆の差別もなくならない。キャリア形成給与待遇差別をこの先も受け入れることと表裏一体だと認識するべきだ。

anond:20220307195719

anond:20220308022817

別にそれでも良いんだけど悪い男性と戦うには女性の協力も必要じゃないですか?うまく連携しないとこちらも男性ってだけで女性からは敵と見なされるわけです。この状態では活動したくてもできません(男性一律に出禁にされた場合等)。

その辺は女性側で考えてどうにかして欲しいです。

2022-03-06

他人のせいにしてしま

推敲もしていないし、考えがまとまらないまま書いているので読みにくい乱れた文を書いていると思う。その点だけ先に謝っておく。

私の悪い点として、自分が招いた窮地を他人のせいにしてしまう所がある。

まずは大学三年性のとき、私は留年危機に瀕していた。

自制心が弱く自己管理が出来ないので、大学生になって親や教師から管理されなくなった途端、生活リズム破綻して授業をサボりがちになってしまった。そのツケが三年生になったときに押し寄せて来たのである自分が悪いということは自覚していたがその事実から目をそらすために、「自分大学生活が上手くいかなくなったのは当時の彼氏から受けたストレスのせいだったのだ」と自分に言い聞かせて彼氏との縁を切った。元彼氏は確かに束縛が激しく試し行為のために自作自演をしたり思い通りに事が進まないと号泣したり、人前でも幼稚退行して奇声を発する上に語尾が「にゃ」の大変気持ち悪く、私にストレスを与えて来る人間だった。しかし、そもそもなぜ私がそんな人間と付き合っていたのかと言えば、気持ち悪い男交際するという自傷行為によって自分の置かれた現実から逃避しようとしていたからだ。自分で選んで気持ち悪い男と付き合い必修の授業を切り課題を出し忘れ、全て自分に非があるのだがその全てのストレス元彼氏に押し付ける形で自分の心の中で折り合いを付けた。

次に大学四年生とき、私は院試勉強で躓いていた。

通っている大学大学院に進学を希望したものの、私のそれまでのGPA2.0以下(4.0が満点)で内部推薦はもらえない状態だった。そのため、大学院の受験をしなくてはならず、今までサボってきた基礎科目を勉強しなおす必要があった。しか勉強を始めた時期が遅く院試までに間に合うかどうか望み薄だった事もあり、全くやる気が出なかった。さらに、当時「生活習慣を正す」という目的で通っていた心療内科睡眠薬をいくつか出されていたのだが、睡眠薬を飲むと夜間だけでなく昼間も頭がぼんやりしてしまい、勉強が思うように進められなかった。

そんな時期に、私のSNSにしつこくDMを送ってくるフォロワーの男がいた。フォロワーとは数回エンカをしたことがあるのだが、何回目かのエンカの後に長文ポエムとともに交際を迫る文言が送られて来たので、あまり刺激しないようにしつつ少しづ距離を取ろうとしていた。フォロワーは長文DMが鬱陶しかったとはいえ元彼氏のように実害を与えてくる存在ではなかったので、適当に受け流して返信をすれば良かったと思うのだが無性に苛立ちを感じてしまtwitterpixivの全てのアカウントブロックをした。今思うと完全に八つ当たりだったと思う。

また同時期に、学校女友達とも縁を切った。買い物や通院など日常の些事をラインで何件もわざわざ送って来られる事が負担だった。しかし、これもただラインの通知を切ってあまりみないようにすれば良かっただけの話で、ラインブロックまでしてしまったのは八つ当たりだった。この友達に関しては拒絶する前に自分気持ちを話していれば良かったと後悔している。

院進が決まり頭が冷えてきた頃に、悪意があった訳でもない友達を急に拒絶してしまった自分挙動おかしかったという自覚が芽生えてきて自分の「ストレス他人のせいにして相手ごと切り離そうとする」という悪癖に気付いた。

大学一年生の今、私は就活研究で行き詰まっている。頭が悪く社会性も低く、これまで何も成し遂げていない自分に入れる企業なんてあるのだろうか?

そして、ありがたい事にこんなクズの私を頻繁に遊びに誘ってくれる友達がいるのだが、やらなくてはならない事が溜まっている時期にswitchログイン状況を監視されたり何度も遊びに誘われると鬱陶しく感じてしまって、ラインごと消したくなってくる。就活研究が進んでいないのは自分のせいだし、友達との遊びも強要されている訳でもないのだから適度に断ればいいだけ。何より、クソキモ元彼氏や長文ポエムDM男と違って、この友達のことは大好きなのだ。冷静じゃない時に早まって連絡手段を絶ったら絶対に後悔する。

でもなんだか逃げ出したい

anond:20220306123212

割と控えめでお人好し系の美女は、悪い男不倫相手役にされがちやで。

やはりいい人間、悪い人間は見分けていく必要がある。最も人種で見るのじゃなくて、相手特性を見る必要があるな。

2022-02-19

過去遺物

バカ女が躾の悪いバカ男を量産する時期があっただけなのに、女のせいにするのは論理的じゃないんだけど、結局お上(笑)が躾の悪い男なんだから仕方ないわな

まず政界内閣総理大臣企業経営層が女にならないと話にならない

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん