「カタカナ表記」を含む日記 RSS

はてなキーワード: カタカナ表記とは

2018-06-29

趣味の一環としての固有名詞翻訳

趣味の一環として映画字幕翻訳する、と言っても、そんなに難しいものではない。

DVDによっては耳の不自由な人向けの全セリフ入り字幕が入っているのでヒアリング能力は要らないのだ。字幕テキストファイルではなく画像ファイルで入っているのでOCR必要だが、試行錯誤していくうちに認識率の高いフリーソフトも見つかった。似た文字が多いから時々手動認識すら間違えることもあるし、稀に字幕のものが間違っていることもあるのだけど、google検索すれば一般的単語は「〇〇では?」とサジェストされるので、知識が少なくても誤字修正可能になる。IT技術バリアフリー万歳である。まあ全ての海外DVDバリアフリー対応ではない、というかそこまで字幕が入っているのは自分の興味のある国では1ブランドしかないのだけれど、その1ブランドが最大手なので全然困っていなくもある。

さて、そうしてIT技術に頼ったところで、翻訳に一番困るのは「固有名詞である。大体の場合辞書にはそれらは載っていないのだ。とは言え登場人物名前はそのままカタカナにしてしまえばいいから、เมย์ไหนはそのまま「メイナイ」にしてしまえばいいし、ป๋องはポンでいい(本当はポングなんだが日本人には最後のグはたいてい聞こえない)。เฟมはフェームで済ましてしまっていい、とかやっていると登場人物にเฉดとฉัตร、カタカナにするとチェットとチャット、1文字いかよ!みたいなことも出てきてさてどうしようか一瞬迷うがフィクション固有名詞なるたけ変えないのが自分ポリシーからそこは趣味に走ってそのままにして問題ないことにしている。

問題なのは例えば実在芸能人とか、店の名前とか、車種とかそういうやつだ。字幕にするのはだいたい現代舞台恋愛映画、早い話がトレンディドラマだ。そういうところでは現地の観覧者なら確実にわか固有名詞が山ほど、"ストーリーに絡まない、どうでもいい話題"として出てくるのだ。

おそらくここで「バード・トンチャイ」とカタカナ表記したところでその国で1,2を争うスーパー芸能人名前を把握できている人は少ないだろう、ましてTik Kanyaratと言われてそれが男か女か分かる人すら何人いるというのだ。Liab duanという場所自分も知らない、知らないがカラオケが楽しめる場所として有名らしい。Club FridayというTV番組がどの層にウケているのか、ホンダから日本ブランド名を変えて「JAZZ」という名の車が出ていることはどのくらいわかるのか、もうさっぱりわからない。

からないので、今やっている字幕翻訳に関してちょっと聞いてみた。具体的には先週から1週間ほど、首都にあるデパート名前カタカナ表記したものが何のブランドかわかるかTwitter上でアンケートしたのだが、7割以上の人が「何のことだかさっぱりわからない」との回答だった。これら高級デパートガイドブックには必ず書かれている有名デパートにも関わらずなのだ。まあ、現地駐在で働いているか年数回も同地に旅行に行くようなマニアでなければそんなものかもしれない。

固有名詞は現地のローカルブランドに限らない。アニメ「Ben 10」は日本ではカトゥーンネットワーク放送されているアニメ主人公名前でありアニメ名前でもあるが、そう言われただけで日本人のどのくらいの人がそのアニメを思い出せるだろうか。そう考えてみるとあの映画会社の映画には「スーパーサイヤ人」とか「ドラえもん」とかい言葉が何のエクスキューズもなく入り込んでいて、それだけでどれだけ現地の人にそれらが受け入れられているかがわかる。レベルの差はあれ現地では「Ben 10」もその枠に入っているわけだ。

ちなみにその辺が野良英語字幕だとどうなっているかというと、だいたい無視されている。デパート名前は服飾店のブランド(クリスチャン・ディオールとかな)に完全意訳されてたりした。日本で売られている数少ないDVDに付いてくる正規日本字幕もそういうのはやっぱりきついらしくて、現地アルファベット勉強法をなんとか英語風に訳したら「現地のことをわかってない、ひどい」とAmazonレビュー酷評されたりもしている。自業自得はいえあれは可哀想だ。こちらは、別に売ったり配ったりするものじゃないし、調べてなんとなく理解もしたか基本的にはあまり気にせずにそのまま残すのだが、流石に「JAZZ」は「フィット」に書き換えたし、Club Fridayは「週末のメロドラマ」にしたり、「Tik Kanyarat」は「ワイドショーの旅番組(そういう番組MCなのだ)」にしたりした。なんだよこんなのもわからないのかよと粋がってみても、自分が知らないものもいっぱいあってそれらは適当に書き換えてしまうのだ。

映画オリジナル固有名詞固有名詞で困ったことがある。そう名付けた理由があったりするのだ。เมย์ไหนは実はเมย์ ไหนと分かち書き可能で、固有名詞としてだけでなく「どのメイだよ?」という質問文にも読める。しかストーリーでは、犯人探しをしている主人公が「犯人はメイだ」と言われた時にそう質問しかえして「なんだお前知ってるのか」と納得される重要ギャグシーンに使われるのだ。本職の字幕なら「どのメイだよ?」という字幕に「メイナイ」というルビを振るのかもしれないけれど、テキスト字幕でルビを振るのは難易度が高い。なので同じ響きの駄洒落ごまかした。勘弁していただきたい。

2018-06-03

anond:20180603010115

揶揄する意図のない「クルマ」「カラダ」とかのカタカナ表記はずっと前からあるけど、何の意図があるのか気になる。

2018-05-27

anond:20180526163338

そもそもwidthをカタカナ表記するのは無理がある。

無理やり一般的法則に従って表記するならウィドスだけど明らかにおかしいし。

英語発音再現しようとするとウィ(ッ)スまたはウィ(ッ)ズが精一杯じゃないの。

2018-05-26

anond:20180526163736

いや、そもそも日本語にない音だからカタカナ表記できないだけの話。

thほとんどのケースで「ズ」とか「ス」とか慣例的に書かれてるからそうなる。

「ズ」は z + u だけど、z と d + th の音が違う上、

実際には u が発音されないから「ウィッズ」と聞こえないんだろうな。

anond:20180526085316

ハイト」「ヘイト」とか、明らかな勉強不足による英語の読み間違いとか

母音と短母音の読み間違いは混乱するからさすがに「勉強しろよ」は思うけど

例えば alto はアメリカ発音だとそもそも日本語にない音になるし、

無理やりカタカナ表記するなら「アルト」の方が近い音になるよね。

https://www.youtube.com/watch?v=04NwtPEsUGk

イギリス発音だと「オルト」に近いが)

こういう単語地域によって発音が違う上に、そもそもカタカナ発音する方が間違い。

さらに alto は「アルト」「オルト」両方が日本語単語として定着してる。

image が「イ'ミッジ」ではなく「イメ'ージ」という日本語として定着してるのと同じこと)

こういう微妙単語場合は片一方を「恥ずかしい発音」と言ってしまうのはどうかと思う。

英語の適切な日本語読み

職場システムデータベースカラム名英単語である

それを何と発音するか、というのに若干ためらう

もちろんその単語を読むことはできるし、

英語としての発音も分かっている

ただ、それを顧客や同僚と共有する時に、日本語昔ながらのカタカナ表記で読むべきか、多少英語に近い発音にすべきなのか、というのが分からないのだ

ガッツリ英語発音をする必要はないし、そんなことすれば浮いてしまうだけだ 日本会社日本人が作っているのだから

しかしながら英語は身近なものとなり、日本語としてのカタカナ表記本来発音から離れてる、と分かっている単語も多い

この現場では大多数がどう発音しているか、どう発音するのがこの場所一般的であり意思疎通に適切なのか

そう思いながら同僚の発音を注意深く聞き取ろうとする

物理名は発音せず日本語論理しか使わなかった

謎は深まるばかりだ

2018-05-17

anond:20180517091432

外国語カタカナ表記してる時点でだいたいあってりゃいいんだよ

2018-03-29

anond:20180328152929

蛇足になりそうだがタイ語での月の略称(英語で言うところのJan.とかSep.とかいうアレ)も一覧にして出す。別にここに書かなくてもWikipediaの「タイ太陽暦」にも書いてあるんだけど、

1月มกรา คมม.ค.モーコー
2月กุมภา พันธ์ก.พ.コーポー
3月มีนา คมมี.ค.ミーコー
4月เมษา ยนเม.ย.メーヨー
5月พฤษภา คมพ.ค.ポーコー
6月มิถุนา ยนมิ.ย.ミーヨー
7月กรกฎา คมก.ค.コーコー
8月สิงหา คมส.ค.ソーコー
9月กันยา ยนก.ย.コーヨー
10月ตุลา คมต.ค.トーコ
11月พฤศจิกา ยนพ.ย.ポーヨー
12月ธันวา คมธ.ค.トーコ

タイ文字上下左右に付く小さい記号(左右はちょっとわかりにくいけど)は原則として母音だったりアクセント記号だったりするけど月の名前にはアクセント記号ほとんどない。唯一「これは読まないよ」という印が2月の一番うしろに付いてるくらい。

タイ語略称作る時には原則として母音(と、アクセント記号)は省いて、母音がついてないときタイ文字原則の読み方「子音のみのときはオーで読む」を使って読むんだけど、ところが月の名前では母音含みで略称作っているのね。カタカナ表記を見ればわかると思うんだけど、マ行で始まる月が大の月小の月どっちにも複数あるから区別するために母音含みにしたみたい。

次に多いのがカ行とパ行だけど、これは大の月と小の月(もしくは2月)に分かれているので後半見れば区別可能から母音つけるまでもなかったみたい。右端に書いたカタカナでの読みを見る限りではタ行も10月12月複数あるんだけど、カタカナ区別表記出来ない差があるのでそこは大丈夫、もしくは日本人には区別がつかないかもしれない。ていうか略称をこういう風に読んでる人を聞いたことない。本当にカタカナ表記蛇足。現時点ではあくまで書く時限定の使い方だと思ってる。略称を読みに使ってるタイ人見かけたら教えてください。

なお、それとは別にタイ語が面倒くさい理由の1つとして、「本当に同じ読みの別文字がいくつかある」ってことがあって、どうもそれにはインド文字を元にタイ文字を作ったからという要因があるらしい。実はインドの方ではタイ語では同じ発音をする子音でも違う読みになることがあるんだとか。サンスクリット語あんまり詳しくない、つうかほとんど知らないのでどこまで本当かは知らないのだけど。

最初から追記)

ブコメで「シンハーシンハービールがあるから知られてない言葉例外」みたいなことを書いたけど、実はシンハービールってシンハーって呼ばないの。タイ語後置修飾だからビア・シンハーかと思いきや実際にはビア・シンって言ってる。ここまではたぶんタイ料理好きな人には有名なんだけど、8月は"สิงหา คม"シンハーコムって実際に言うのになんでビアシンはシンハーにならないのかなと思ったら、ビアシンのタイ語表記はเบียร์ สิงห์ で8月タイ語とはちょっと違う(hをあらわす文字のところに2月のところにもあった「これは読まないよ記号」が付いてる)。由来考えたら同じものなんだけど、月名が伸びるのにブランド名黙字になるのがなぜなのかまではわからないので、先々の宿題とさせてください。サンスクリット語起源だったりすると面倒くさいなあ。

2018-03-28

英語でcoffeeのことカフィみたいな発音するじゃん

なのにカタカナコーヒーって書くから発音できねーんだと思うわ

カタカナ表記もカフィにしろ

カタカナ表記されない曜日

チューズデー

ウェンズデー

サーズデー

 

サーズデイとか見たことないわ

2018-03-24

anond:20180324154930

元の単語と十分近いことと日本語として自然なことを兼ね備えてる必要があるんだよな

どうせ日本語英語ではデータ形式で記録されてるからカタカナ表記は参考でしかない

McDonalds → 麦当労 はOK

award → アワード・アウォードはどっちもOK

allow → アロー はアロワンスとかとの絡みもあるからOK

deny → デニーダメ 意味不明 キチガイ所業

2018-03-09

カタカナ読みと結構異なる国名・街名など

(右側の英語カタカナ表記適当に書いてます

1. 別物系

トルコターキー

ドイツジャーマニー

スイス → スウィツァーランド

オランダ → ネザーランド

2. 日本語カタカナ読みと結構な差がでる系

モスクワモスコ

ウクライナ → ウクレイ

メキシコメヒコ

3. 日本語カタカナと似てるが発音が難しいor一部異なる系

イスラエル → イスロウァエゥ

エルサレム → ジェルサエム

ヨハネスブルグ → ジョハネスブルグ

ケニヤケン

ヨルダンジョルダン

シエラレオネ → シエラレオン

これらを発音する際は、全般的カタカナ読みだと通じづらいか、通じない。

聞く側の場合は、あまり聞きなれてないと、んぁ?ってなる。

他、色々教えて下さい。

2018-02-21

パシュート

パシュートフランス語かな?え?pursuit?おいおい、それならパスゥトゥだろ?誰だよこんなへんなカタカナ表記付けたやつは。これだから日本英語教育は」

「pərsúːt|-sjúːt、イギリス英語ではj入るから、ュ入っても間違いではないぞ」

2018-02-19

カタカナ表記からアルファベット綴り復元出来る人

たとえば、プログラム全然知らないのに「スタックトレース」と聞いて「こうかな(stuck trace)?それともこれかな(stack trace)?」と瞬時でキーボードに打ち込める、「サイト」と聞いてsight、site、syte、thyte、scite、cite…と、それっぽい綴りパターンをいくつも思い浮かべられる、そんな技能の持ち主をたまに見かける

こういうのってどうやって身につけたんだろう

2017-12-28

anond:20171228112100

実際に差別思想があってカタカナ表記にしてるくせに嘘をつくお前にほんと呆れる

しかポリコレ疲れとか言って冷笑してるおっさん

叩きのためならなんのエビデンスもなく「カタカナ表記差別思想」まで行っちゃうんだからものすごいよね

ほんと呆れる

2017-12-23

anond:20171223040416

〜rewのカタカナ表記一貫性がないっぽいのが気になるんですが何故でしょう?crew, brew, screwあたりは[ru:]の部分を「ルー」と表記するのが最も原音に近そうなものですが、screwは「スクリュー」で、cold brewは「コールドブリュー」で、しかしcabin crewは「キャビンクルー」。

Water が「ワラ」のように聞こえても「ウォーター」が妥当

英単語カタカナ化の仕方に文句を言う増田がたまに見られる。ついこの間も、「imageは『イミジ』が正しい」みたいなことを書いている人がいた。

しかカタカナ化というのは、音が近ければ良いというものではないんだよ。

言語には意味のある音の区別と、意味のない音の区別がある。例えば日本語なら、「難波」の「ん」と「あんな」の「ん」は違う音だけど、日本人にとってはどちらも同じ「ん」だ。音声学上は区別されるが、音韻論上は区別されないともいう。

タイトルの「ワラ」に関しても、確かにwaterは「ワラ」のように聞こえる。単純に「一番それっぽく聞こえるカタカナ表記」ということなら「ワラ」が正解かもしれない。でも英語では、このラ行のように聞こえる、waterのtの音と、普通にタ行に聞こえるt、例えばtalkなどのtは、同じ音なんだ。それなりに乖離があるので、英語ネイティブの人でも聞き較べてもらえば違いはわかるだろうけど、普段話しているとき意識しないし、同じ音だとして扱っている。日本人にとっては全然違う音でも、ネイティブにとっては同じ音だということ。

そしてもっと重要なことは、waterのtをtalkのtで発音しても問題ないけど、talkのtをwaterのtで発音することは許されないということ。どちらもtの音と言っても、片方が本来であり、もう片方は一応同じと扱われている、変化した音ということになる。そして「本来の」tは、間違いなくラ行よりはタ行に近いのだ。

次に、外国語カタカナ表現する際は、まず問題になるのが、カタカナ表現力が限られているということ。

英語では途方も無い数の音が表現されるが、カタカナ所詮50音である文字通り数える程しかない。

はいえ、この数える程の文字数で、工夫して、できるだけ本来言語表現力が失われないようにしなければならない。そうでないと、その言語から大量のカタカナ語が入った際に、だんだん同音異義語が増えて区別がつかなくなってきてしまう。だから英語区別がない音は、カタカナ表現する際も、できるだけ区別しないようにする必要がある。本当に必要区別をしたいときに被ってしまうと困るからだ。

したがって、waterのtもtalkのtも区別せず、両方タ行で表すべき、ということになる。

あとはだいたい同じような話なんだけど、ついでなので、waterの他の音についても。

現在概ね採用されてるカタカナ化には、だいたい共通した法則があって、例えば、長母音は長音記号を使って表すこと、がある。このようにすることで、短母音と長母音カタカナでも10種類の母音表現できることになり、かぶりが少なくなる。「ワラ」と短く聴こえても、water /wɔ́ːtər/ の最初母音は長母音から、長音記号を使う。また、この母音は、ア段ではなくオ段として表現することも習慣で決まっている。wall も「ウォール」とオ段で書かれるが、これも同じ母音である

ちなみに、この /ɔ/ の音がオではなくむしろアに聴こえるという人も多い。「ワラ」に近いというのはそのためだろうと思う。しかし、これがア段ではなくオ段に当てられているのは妥当なんだ。なぜかというと、英語には他にもアのように聴こえる母音がたくさんあって、cat /kæt/ の /æ/ もそうだし、car /kɑːr/ の /ɑ/ も間違いなくアに聴こえるし、あと曖昧母音 /ə/ の直後に/r/ が続いた場合も間違いなくアに聴こえる。これらは実際カタカナではア段が割り当てられていて、これにさらに /ɔ/ まで加えるとなるとア段で表す音が多すぎてちょっと被りが心配ですねという話になる。一方、オ段で表す母音は /ɔ/ の他には cold /koʊld/ とかの /o/ くらいである。

このように、現在カタカナ表記にはそれなりの合理性がある。こっちの方が聞こえ方が近いから、とか安易理由で覆すべきではない。

〜 追記 〜

ブコメ数にビビっております。こんなにもらったことなかったので。

いろんなカタカナ語の指摘とかがあるのですが、はっきり言ってカタカナ語ルールは一貫してないと私も思います。その中には、比較合理的ものもあれば、ブコメで上がっている「ディティール」のようにわけわかんないのもあります。「ウォーター」はかなり合理的だと思ったので、ウォーターで書きました。あと、「イミッジ」も合理的だと思います。「イミッジ」を批判してるみたいに読めるなあと思ったので一応書いておきます

あと、せっかくなので宣伝させてください。日本語文法英語解説するサイトをやっています最近更新が滞っております・・・。↓

https://nihongotopics.wordpress.com

2017-12-19

God only knows

言わずと知れたアニメ神のみぞ知るセカイ」のOPである

大好きな曲なんだが何度聞いても英語歌詞のクソダサい符割り(譜割り)だけが残念でならない。

英語歌詞をすべてカタカナ表記にしてから、そのカタカナを一つ一つの音符に載せている感じになっている部分が気になってしょうがない。

TV Sizeだとtemptationの部分が特に顕著なんだが、「テン-プー-テイ-ショーン」みたいな割り方がもうどうにも不自然

tem-poo-ta-tionってなんだよ。うんちかよ。

あームズムズするぅうぅぅぅと思いながらも何度も聞いてしまうんだからやっぱり神曲だ。

2017-12-05

『イキる』も三省堂主催の今年の新語第9位になっていた

最近よく聞く「イキる」って何なんだよ!!!anond:20171123215548

■「イキる」、「オラつく」って最近見かけるけど、 anond:20170826100213

■「イキる」と「オラつく」の違い anond:20170907214642

三省堂現代新国語辞典』風の解説

いき・る〖意気る〗〈自動五段〉調子に乗ってやたらに大きな態度を取る。「あいつ、イキりまくりで見てられないよ・そうイキんなや」[もと関西辺の言い方。「イキ」の部分だけカタカナ表記されることが普通。「イキり」のように名詞形で用いられることも多い]

選評

http://dictionary.sanseido-publ.co.jp/topic/shingo2017/2017/Preference05.html

今年になって、ネットで「イキりオタク」(かっこつけてるオタク)のように、「イキる」が全国区のことばとして広まりました。関西方言の「えげつない」「ど真ん中」など、方言が全国で使われるようになる例は、過去にも無数にあります。「イキる」もそのひとつとなりました。

震源がどこだったかまでは追われてないみたいだ。

なんて書いてたら、一つ前のエントリに今年の新語第2位『インフルエンサー』が……

2017-12-04

外国語外来語は違う

https://anond.hatelabo.jp/20171202185559

イメージ」は英語ではない。外来語外国語語源とする日本語である

カタカナ表記された時点で日本語話者以外には通じなくなるんだから、これはもう日本語以外の何者でもない。

日本語なのだから、原語の発音がこうだからという理由よりも、日本語一般的ルールがそれに優先するのは当然。。

今後外国語から日本語に新たに言葉を輸入するときに、原語の発音尊重しよう、という主張であれば理解できなくはないが、

すでに日本語となっている言葉に対して発音おかしいとかいう主張をするのはおかしい。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん