「リスクヘッジ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: リスクヘッジとは

2020-08-05

anond:20200805152536

というか旦那側が家族持ったらリスクヘッジのために持ち家買っちゃうってケースが多いんだけどね。

しかちょっと高めの買っちゃうよね笑。

2020-07-18

anond:20200718123814

まとまった資産がある場合、全部現金で持つとインフレが怖いか不動産を持つのリスクヘッジになるしね。

お金があればあるほど値下がりリスクの少ない好立地の不動産が買えるし、現金が有り余っていれば現金以外の資産を持つことそのもの目的化する。

2020-07-16

anond:20200716023748

んー、でも逆にキッチリしてるところって稀だと思いますけどねw

私が言いたいのは夜の街で働いている人達ってサラリーマンじゃないし、サラリーマンよりはハッキリ言って立場は弱いんですよ。これは水商売からとかではなくて、フリーランス自体保証のない立場で働く人達なのでそういうもんです。

その代わり、サラリーマンより一般的に拘束は緩めだし自分裁量で稼ぎやすいじゃないですか。

なので、この辺りのリスクヘッジフリーランスならちゃんとやらないといけないんですよ。

で、水商売で働いている人達ってこの辺りガバガバな人が多い。

そりゃだってマトモな契約じゃない中で労働してますから

いずれにせよ、実力勝負世界で戦っている自覚はあるわけで、大不況が来たときは真っ先に立場が危うくなるのは理解しとかなきゃダメなんですよ。

ホストとか関係なく、フリーランスはそういうもんです。

から彼らには夜の街には関係なくフリーランスとして身の振り方を考えろ、都合が悪くなった時だけ弱者として甘えるのは卑怯だと言いたいですね。

あとはちゃんマナー守ってね。守っている人はいいけど、ちゃん教育してね。

「街」商売にしている以上、街のマナーは彼らが人一倍気を配らないとダメですよね?

anond:20200716021841

いや、ホストキャバクラ風俗嬢って給与手渡しでしょ?

てか、給与とは言わないな。彼らと結んでいるのは労働契約じゃないもんな。

ほとんどの人たちが確定申告してないのが散々問題になっているじゃないか

一方、サラリーマン会社基本的税金払ってるだろ?

かに一般的な職の人たちで脱税している人たちもいるけど、彼ら夜の町より圧倒的に比率としては少ないはず。

それに彼らは個人事業主扱い(届出してないんだろうけど)でサラリーマンじゃない。だから当然仕事がない時のリスクヘッジ自分でやるべきなんだよ?

コロナでなくても不況が訪れたとき仕事がなくなったとき普通の人たちはある程度は対策取っているんだよ。

から、私はマトモに普通仕事に就いた方が良いんじゃないの?と言っているわけよ。

貧乏なのは悪い、とは言わないけど何にも対策しないで働いてる人たちは夜の街とか関係なく自己責任な部分があるってこと。

給付なんてアテにしたって仕方ないだろ?

夜の街、観光業だけじゃないだろ?大不況に陥っているのは?

2020-07-06

anond:20200705181408

単純に商売として

ロボ路線美少女キャラ路線も両方狙ったほうがリスクヘッジなるってだけじゃないの

2020-06-26

anond:20200626095203

基本的には同意だけど蓮舫リスクヘッジは?という言葉はよくなかったと思う。

リスクヘッジお金を出す側の言葉で、分散投資とかプランBとかをイメージする。

与えられた予算で大プロジェクトを回す側がそれを問われても、

2位でもどう良いのかという説明思考がつながりにくい。

ベクトル型が厳しくなるかもしれないのでスカラ型を並行開発するみたいなリスクヘッジはあれど

1位が厳しくなるかもしれないので何をする?という問いだと答えに詰まる。

anond:20200624173714

蓮舫そこまで好きじゃねーけど、確かにこの議事録見た限りだと官僚がアホだわ

スパコン自国で開発することの意義や、1位であればどうよいのか

2位でもどう良いのかと色々説明ができただろうに

リスクヘッジはどうなってますか?と聞いたら1位になれるよう全力を尽くしますって

ただのアホじゃん

2020-06-19

独学を恐れるのは臆病だからだろうか…

独学からはじまるのは当たり前だけど、独学で仕事を続けることに戸惑いを感じる。

前の仕事の基礎部分は使えるけど素人には変わりない。

新人の頃のいろいろな失敗が脳裏をよぎるからリスクヘッジを知りえない状況なのがとても怖い。

ひたすら調べても見落としがあるんじゃないかって不安になる。

その不安を消すのが、その道の師匠存在

しかし、師匠にしたい、なってくれそうな知り合いがいないから独学で進めるしかない。

コミュニティの人は色々教えてくれるけど、立ち居振る舞いまでは分からない。

こうやって杞憂する事自体無駄なのか、

この杞憂は当たっていて師匠を求めるべきなのか。

悩みどころ。

2020-06-10

anond:20200610131238

シンガポールはめちゃくちゃ金だしてるけど解決してないよね

一方、社会福祉の充実してない国は軒並み人口増加傾向

答えは出たね

社会福祉をやめて家族互助システムに頼ると家族を増やしてリスクヘッジするようになる

2020-06-06

anond:20200606093513

日本国籍でも永住権持ってても同じなのおかしくない?なんなん?リスクヘッジだ?日本人でも変なやつたくさんいるだろう

anond:20200606093513

そのリスクヘッジ構造差別助長になっているのが黒人差別の難しいところでもあるんだよな

anond:20200606093128

単なるリスクヘッジだろ

外国人に貸すとその分修繕にコストかかるから家賃上げたいけどそれやったらそれこそ差別から出来ない

結果貸さないだけ

貧乏人が払わないとは限らないのにクレジットカード作れないのと一緒

anond:20200606092707

単なるリスクヘッジだろ

治安の悪い地域に住んでる人たちだって大抵善良だが、悪い人が多いか警察巡回多くする

お前は治安悪くても全国均等に警察に行動するよう求めるのか?

2020-06-04

anond:20200529212456

周りが何と言おうと仕事にはしがみつこうと思う

経済的に自立していたいし金を稼ぐのはリスクヘッジになるから

自分の稼いだ金で寿司指輪を買える女性で居続けたい

2020-05-24

マスコミ補償に拘る理由

彼らの飯の種であるはずの芸能人収入が悉く吹き飛んでいるのが今回のコロナの怖いところ。

通常彼らもリスクヘッジ副業をやっているが、

アパレル → 天候不順と外出自粛でアウト

スポーツジム → 三密状態でアウト

飲食店 → 三密状態でアウト

さらひな壇芸人収入を増えた芸能人の受け皿として機能していたがこれもアウト

コト消費系ライブハウスもアウト。

となっておりリスクヘッジまでもが負債となって彼らを追い詰めている。

そりゃ補償って言いたくもなるよねって話。

ちなみにマスメディアについてもコロナ取材能力に制約が付いているので

ネタ切れゆえのアベガーになってしまっている。

北風と太陽じゃないけどこれじゃマスコミ三行半突き付けられても文句言えないわ。

2020-05-19

FGO剽窃問題に関する元ソシャゲ会社勤務増田妄想追記あり

※いつの間にか伸びてたので少しだけ追記しておく

FGOフレーバーテキストガチャ実装時の紹介文があちこち資料ウェブサイトから剽窃していることが判明し絶賛炎上中の件について、ディライトワークスではない別のソシャゲ会社に勤めていた経験から、「こんな感じだったのかなー」という妄想を書き連ねておく。

2020-05-17

[] #85-4「幻の10話」

≪ 前

話はヴァリオリが誕生した、ちょっと前に遡る。

「おい、フォンさん! お上はいつになったら企画を持ってくるんだ?」

「そろそろ取り掛からないと、放送シーズンに間に合いませんよ」

父とシューゴさんは焦っていた。

当時のハテアニは自転車操業でやっていたのに、企画が全く来なかったからだ。

企画がなければアニメを作りようがなく、漕げなくなった自転車は倒れるしかない。

フリーランスアニメーターとの契約場合によっては様々な専門スタジオに依頼する必要があります。その他スタッフスケジュールの確保も早めにしておかないと」

「えーと、それがですね……」

フォンさんも気になって、上役の動向を調べていた。

すると、どうやら企画を探す素振りすらなかったらしい。

「はあ!? どういうこった」

「やっぱり……『女子ダベ』が大コケしたせいですかね」

女子ダベ』は、週刊ダイアリーにて連載されていた日常系四コマ漫画(全4巻)。

女子がダベる(喋る)」ので『女子ダベ』と略されているだけで、方言女子が出てくるわけではない。

そんな知る人ぞ知る漫画は、なぜか大額を投じてアニメ化された。

当時その手のジャンル流行っていたから、企画を手に入れた上役は「いける」と思ったのかもしれない。

或いは熱烈なファンだったのか。

アニメーター達の努力もあり人気はそこそこで終わるも、それでも予算に見合った成果とはいえなかった。

有り体に言えば大赤字だ。

その結果を顧みて、親会社スタジオ解体するつもりだったらしい。

「それは些か理不尽じゃないですか? こっちは言われたとおりの予算で過不足なく作ったのに」

視聴者から評価も悪くないんだぞ。それで大赤字だってんなら親会社の配分ミスだろ!」

だが父たちは不服だった。

この件はスタジオ側に落ち度がなかったからだ。

「ワタシもスポンサーたくさん募るとか、製作委員会とか作ろうって言ったんですが、“それだと社員給料を払えなくなる”って……」

「大赤字になってちゃ意味ねーだろ。リスクヘッジ込みでアニメ企画もってこいよ!」

しかし、いくら不平不満を述べても好転はしない。

子会社スタジオで働く、雇われアニメーター達にできることは少なかった。

そんなことは父たちだって重々承知だ。

では、“できること”とは何か。

事態の深刻さに対し、回答はシンプルだった。

「こうなったら、我々で企画を用意しましょう」

上が企画を持ってこないのなら、自分たち企画を用意してアニメを作ればいい。

結局はアニメを作ることが最大の存在証明なのである

しか原作不足の昨今、上がOKしてくれるとは思えません。原作を買うのだって金がいりますし」

「となると……オリジナル作品かよ」

こうして生まれたのが『ヴァリアブルオリジナル』、通称“ヴァリオリ”だった。

次 ≫

2020-05-09

コロナ終わったら「ジム居酒屋」をやる予定

不動産はもう少し安くなったら抑える。コロナで人の不幸で物件が安くなるの楽しみだなぁ。

外出が公式にアンロックされれば、ジム居酒屋欲求が増える。

二階三階がジム風呂で、下が居酒屋ジム会員は居酒屋烏龍茶飲み放題キャベツ食い放題、ビール200円(ビール割引は月に20杯まで)。居酒屋ジムから意識高い系でなく、普通にジャンキーものリーズナブルに。名前は「台無し酒家」にでもするか。一応意識高いセットも用意するがメインではない。全てカロリーアレルギーを明示したメニューを用意する。

今はリモートリーマンプログラマだが、収束見え次第脱サラだな。一応請負フリーSEの口もほそーくやっとくか、リスクヘッジのために。

2020-04-27

anond:20200427113720

現実直視しろ

 

風俗通いを隠すから性病蔓延するんじゃなくて、そもそも不特定多数と粘膜接触をする」こと自体リスクが高いんだよ。

次に、その高いリスクに対して利用者がきちんとリスクヘッジをしないか感染するリスクさらに高くなってるんだよ。

 

要は利用者意識が低いだけだ。

2020-04-24

日本人=毎回ノーガード戦法で自滅する民族?🤔

コロナ後の世界 - 内田樹研究室 http://blog.tatsuru.com/2020/04/22_1114.html

 

■「独裁か、民主主義か」という歴史的分岐点

コロナ以前」と「コロナ以後」では世界政治体制経済体制は別のものになるでしょう。

 

最も危惧しているのは、新型コロナウイルス民主主義を殺すかもしれない」ということです。

こういう危機に際しては民主国家よりも独裁国家の方が適切に対処できるのではないか・・・と人々が思い始めるリスクがある。

 

今回は中国都市閉鎖や「一夜城」的な病院建設医療資源の集中という、民主国家ではまず実施できない政策を強権的に下して、結果的感染抑制成功しました。

中国他国支援に乗り出した。どの国も喉から手が出るほど欲しがっているもの国内で潤沢に生産できる。このアドバンテージを利用して、習近平医療支援する側に回った。

 

今後、コロナ禍が終息して、危機を総括する段階になったところで、「米中の明暗を分けたのは政治システムの違いではないか」という議論が出て来るはずです。

少なくとも現時点では、アメリカンデモクラシーよりも、中国独裁制の方が成功しているように見える。

欧州日本でも、コロナに懲りて、「民主制制限すべきだ」と言い出す人が必ず出てきます

 

中国はすでに顔認証システムなど網羅的な国民監視システムを開発して、これをアフリカシンガポール中南米独裁国家に輸出しています

そういう抑圧的な統治機構に親近感を感じる人は自民党にもいますから、彼らは遠からず「中国に学べ」と言い始めるでしょう。

 

 

■なぜ安倍政権には危機管理能力がなかったのか

東アジアでは、ほぼ同時に、中国台湾韓国日本の4か国がコロナ問題に取り組みました。

中国はほぼ感染を抑え込みました。

台湾韓国は初動の動きが鮮やかで、すでにピークアウトしました。

その中で、日本けが感染が広まる前の段階で中国韓国ヨーロッパ情報が入っているというアドバンテージがありながら、検査体制治療体制も整備しないで、無為のうちに二カ月を空費した。

準備の時間的余裕がありながら、それをまったく活用しないまま感染拡大を迎えてしまった。

 

―― なぜ日本は失敗したのですか。

 

内田 為政者無能だったということに尽きます

これだけ危機的状況にあるなかで、安倍首相官僚の書いた作文を読み上げることしかできない。

ドイツメルケル首相イギリスボリス・ジョンソン首相ニューヨークアンドリュー・クオモ州知事まこと説得力のあるメッセージを発信しました。

それには比すべくもない。

 

一つには、東京オリンピックを予定通り開催したいという願望に取り憑かれていたからです。

そのために「日本では感染は広がっていない。防疫体制完璧で、すべてはアンダーコントロールだ」と言い続ける必要があった。

から検査もしなかったし、感染拡大に備えた医療資源の確保も病床の増設もしなかった。

最悪の事態に備えてしまうと最悪の事態を招待するかも知れないから、何もしないことによって最悪の事態の到来を防ごうとしたのです。

これは日本人に固有な民族誌的奇習です。

気持ちはわからないでもありませんが、そういう呪術的な思考をする人間近代国家危機管理に当るべきではない。

 

「準備したが使用しなかった資源」のことを経済学ではスラック(余裕、遊び)」と呼びます

スラックのあるシステム危機耐性が強い。スラックのないシステムは弱い。

 

東京五輪については「予定通りに開催される準備」と「五輪が中止されるほどのパンデミックに備えた防疫対策の準備」の二つを同時並行的に行うというのが常識的リスクヘッジです。

五輪準備と防疫体制のいずれかが「スラック」になる。でも、どちらに転んでも対応できた。

しかし、安倍政権は「五輪開催」の一点張りに賭けた。それを誰も止めなかった。

それは今の日本政治家や官僚の中にリスクヘッジというアイディア理解している人間ほとんどいないということです。

久しく費用対効果だとか「ジャストインタイム」だとか「在庫ゼロ」だとかいうことばかり言ってきたせいで、「危機に備えるためには、スラックが要る」ということの意味がもう理解できなくなった。

感染症の場合、専門的な医療器具や病床は、パンデミックが起きないときにはほとんど使い道がありません。

から、「医療資源効率的活用」とか「病床稼働率の向上」とかいうことを医療の最優先課題だと思っている政治家や役人感染症用の医療準備を無駄だと思って、カットします。

そして、何年かに一度パンデミックが起きて、ばたばた人が死ぬのを見て、「どうして備えがないんだ?」とびっくりする。

 

 

コロナ危機中産階級が没落する

―― 日本が失敗したからこそ、独裁化の流れが生まれてくる。どういうことですか。

 

われわれに出来るのは、これからその失敗をどう総括し、どこを補正するかということです。

本来なら「愚かな為政者を選んだせいで失敗した。これからもっと賢い為政者を選びましょう」という簡単な話です。でも、そうはゆかない。

 

コロナ終息後、自民党は「憲法のせいで必要施策が実行できなかった」と総括すると思います。必ずそうします。

コロナ対応に失敗したのは、国民基本的人権配慮し過ぎたせいだ」と言って、自分たちの失敗の責任憲法瑕疵転嫁しようとする。

右派論壇からは、改憲して非常事態条項を新設せよとか、教育制度を変えて滅私奉公愛国精神を涵養せよとか言い出す連中が湧いて出て来るでしょう。

 

コロナ後には「すべて憲法のせい」「民主制は非効率だ」という言説が必ず湧き出てきます

これとどう立ち向かうか、それがコロナ後の最優先課題だと思います

心あるメディアは今こそ民主主義を守り、言論の自由を守るための論陣を張るべきだと思います

 

―― 安倍政権コロナ対策だけでなく、国民生活を守る経済政策にも失敗しています

 

内田 コロナ禍がもたらした最大の社会的影響中間層の没落」が決定づけられたということでしょう。

民主主義の土台になるのは「分厚い中産階級です。

しかし、新自由主義的な経済政策によって、世界的に階級二極化が進み、中産階級がどんどん痩せ細って、貧困化している。

 

ささやかながら自立した資本家であった市民たちが、労働以外に売るものを持たない無産階級に没落する。

このままゆくと、日本社会は「一握りの富裕層」と「圧倒的多数貧困層」に二極化する。

それは亡国のシナリオです。

 

―― 中産階級が没落して民主主義形骸化してしまったら、日本政治はどういうものになるのですか。

 

内田 階層二極化が進行すれば、さら後進国すると思います

ネポティズム縁故主義がはびこり、わずかな国富を少数の支配階層排他的に独占するという、これまで開発独裁国や、後進国しか見られなかったような政体になるだろうと思います

森友問題加計問題桜を見る会などの露骨ネポティズム事例を見ると、これは安倍政権本質だと思います

独裁者とその一族権力国富を独占し、そのおこぼれに与ろうとする人々がそのまわりに群がる。

そういう近代以前への退行が日本ではすでに始まっている。

 

 

民主主義遂行する「大人」であれ!

―― 今後、日本でも強権的な国家への誘惑が強まるかもしれませんが、それは亡国への道だという事実を肝に銘じなければならない。

 

内田 確かに短期的なスパンで見れば、中国のような独裁国家のほうが効率的運営されているように見えます民主主義合意形成時間がかかるし、作業効率が悪い。

でも、長期的には民主的国家のほうがよいものなんです。

 

それは、民主主義は、市民の相当数が「成熟した市民」、つまり大人」でなければ機能しないシステムからです。

少なくとも市民の7%くらいが「大人」でないと、民主主義システムは回らない。一定数の「大人」がいないと動かないという民主主義脆弱性が裏から見ると民主主義遂行的な強みなんです。

 

民主主義市民たちに成熟を促します。王政貴族政はそうではありません。少数の為政者が賢ければ、残りの国民はどれほど愚鈍でも未熟でも構わない。

国民が全員「子ども」でも、独裁者ひとりが賢者であれば、国は適切に統治できる。むしろ独裁制では集団成員が「子どもである方がうまく機能する。

から独裁制は成員たちの市民成熟求めない。「何も考えないでいい」と甘やかす。

その結果、自分もの考える力のない、使い物にならない国民ばかりになって、国力が衰微、国運が尽きる。

その点、民主主義国民に対して「注文が多い」システムなんです。でも、そのおかげで復元力の強い、創造的な政体ができる。

 

民主主義が生き延びるために、やることは簡単と言えば簡単なんです。システムとしてはもう出来上がっているんですから

後は「大人」の頭数を増やすことだけです。やることはそれだけです。

 

―― カミュは有名な小説ペスト』のなかで、最終的に「ペスト他人に移さな紳士」の存在希望見出しています。ここに、いま私たちが何をなすべきかのヒントがあると思います

 

内田 『ペスト』では、猛威を振るうペストに対して、市民たち有志が保健隊組織します。

これはナチズム抵抗したレジスタンス比喩とされています

いま私たち新型コロナウイルスという「ペスト」に対抗しながら、同時に独裁化という「ペスト」にも対抗しなければならない。

その意味で、『ペスト』は現在日本危機的状況を寓話的に描いたものとして読むこともできます

  

ペスト』の中で最も印象的な登場人物の一人は、下級役人グランです。それがカミュにとっての理想的市民としての「紳士」だったんだろうと思います

紳士」にヒロイズムは要りません。過剰に意気込んだり、使命感に緊張したりすると、気長に戦い続けることができませんから日常生活を穏やかに過ごしながらでなければ、持続した戦いを続けることはできない。

コロナ以後」の日本民主主義を守るためには、私たち一人ひとりが「大人」に、でき得るならば「紳士」にならなけらばならない。私はそう思います

2020-04-08

anond:20200407220243

マルクス共産党宣言で「資本主義自分自身革命し続けなければならない」と書いとる

近代以前の商業は決まった相手に決まった商品を売ってれば良かったが

近代工場大量生産と大量消費前提の経済

絶えざる市場の拡大とイノベーションを前提にしとる

今回のコロナウイルス騒ぎで

あちこち個人自由人権制限せなばならん事態が起きて

左翼リベラル派は面目丸つぶれとか言われとるが

それ以上に面目丸つぶれなのは

経済グローバリズム世界必然で誰にも止められない(キリッ」

とか言ってた連中やろ

今後は各国どこも

グローバリズム依存は何かの理由国境閉鎖されたら非常に危険

純粋リスクヘッジのためある程度は国内自給自足できんとダメ

と考え直さざるを得なくなるのではないか

2020-04-06

anond:20200406173938

日系株を買う人は、リスクヘッジ為替を買うってことかね?

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん