「秋葉原事件」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 秋葉原事件とは

2020-08-10

低賃金負け組から無関係の人を殺すのが本当に許せないと秋葉原事件の時言ったよね?植松の時も復唱しろ

anond:20200810140017

まさかアキバ事件で殺された連中が障碍者より命の価値が貴いとか言わないよな?

人の命は平等だよな?

2020-08-03

anond:20200803092923

性的要求を達成するために助けるふり

そう思われたくないかサンダーバード号の時に男は誰も助けない

秋葉原事件格闘技先生がいらしたバスジャックもみんなスルー

ヒーロー気取って女にモテたいの?キモッw」で傷つくのが怖いか

??

消防士合コンしますか?」仕事で手に入れた情報女性に連絡、その法的問題とは?

https://www.bengo4.com/c_23/n_4309/

>>救急搬送者の家族20代女性に「合コンしますか?」などとLINEなどで連絡したとして、

>>兵庫県西宮市消防局2月1日消防士長の男性(44)を停職1カ月の懲戒処分にしたと発表した。

??

これが犯罪かのように扱われる現代日本では誰も名乗りをあげなくなるさ

2020-06-08

anond:20200608190130

差別じゃなくても直接的な被害者でなければ記念写真して遊んでるのは秋葉原事件の時に証明されている

ピースサインをしてさらされている人がいたはずなんだよ

2020-05-18

anond:20200518205206

両親に見捨てられてた?新幹線殺傷小島容疑者自分から自立支援施設

https://www.j-cast.com/tv/2018/06/11331011.html?p=all

司会の小倉智昭「もしも環境が違ったら、順風満帆生活を送っていたのかもしれません」

為末大(元陸上ハードル選手・「Deportare Partners」代表)「小学校中学校はもう(性格が)決まった後に近いと思う。幼少期に感情が芽生えている可能性が高いですよね。秋葉原事件加藤被告の幼少期を思い出しました」

橋口いくよ(作家)「家庭での愛情が足りなくても、社会に出て、他人からもらうもの普通に生きている人もたくさんいます大事なのは他人とのつながり(を作ること)」

2020-04-08

anond:20200408195124

2008/06/10(火) ] 【秋葉原事件】 「勝ち組はみんな死ねばいい」「高校出て8年、負けっぱなしの人生」…派遣社員の男(元優等生)、社会に敵意

http://morinokumach.blog96.fc2.com/blog-entry-109.html

最近の子供は知らない事件

事件直後にピースサインを執っただけの通行人がまるで悪党のようにさらされていたインターネットがあった

廃墟をバックに自己宣伝なんて政治家消防自衛隊もみんなやってることなのに、個人がやる場合だけ悪く言われるんだ

2019-11-17

死刑囚の絵

秋葉原事件・加藤死刑囚、寝屋川事件・山田死刑囚らが死刑囚表現展に出品した作品とは(篠田博之) - 個人 - Yahoo!ニュース

すごいなこれ

被害者も辛い怖い悔しい苦しい淋しい悲しい助けてくださいと思いながら殺されていったんだろうな・・・

この展覧会って死刑廃止につながるのだろうか

2019-08-02

秋葉原事件犯人

妙に神格化されたけれど、その後の、通り魔的な事件は、神格化されてないね

あのときの「非モテ」たちの共感は、本当にひどかった

思えば加藤は、ぜんぜん若いんだよね

2019-04-16

ロスジェネ世代はきっとテロリストになる

先行きの無くなったロスジェネ世代はきっと秋葉原事件のカトウのようにテロリストになる。

今まで断絶してきた世間は、はじめてロスジェネに目を向けなくてはならなくなる。

2019-02-16

anond:20190216194737

人間構成する先天的要素(遺伝子)と後天的要素(個人経験)の違い

優次は手記に繰り返しこう書いていたという。

<兄は自分コピーだと言う。その原本母親である。その法則に従うと、弟もまたコピーとなる>

 

父と母から同じ遺伝子を引き継いでいる、という意味では「生物学的なコピー」と言えるだろう。

しかし、同じ遺伝子を持って生まれても、生まれた後の経過が違えば、当然違う人間になる。

遺伝子がソックリの双子兄弟でも全く同じコピーにはならない。

 

従って、自分意思では選べない先天的な要素だけをもってして、犯人とその家族は同じであると断定するのは、科学的に見れば誤謬である

後天的な要素である個人経験や育った環境によって同じ人間にはならないことを考慮するなら、やはり犯人とその家族は別物と判断するのが正解だ。

 

加藤智大の弟さんは自殺すべきではなかった。

兄と弟は別の人格を持った個人であることを主張すべきだったのではないか

残念だが、弟さんの選んだ自殺という道は間違いだったと言わざるを得ない。

anond:20190216185917

弟は兄が犯した事件によって職を失い、家を転々とするが、マスコミは彼のことを放っておいてはくれなかった。

就いた職場にもマスコミが来るため、次々と職も変わらなければならなかった。

そんな暮らしの中にも、希望がなかったわけではなかったという。

事件から1年余りが過ぎた頃、筆者が彼のアパートを訪ねようとしたときたまたま女性と一緒に歩く姿を目撃したそうだ。

優次は彼女事件のことも話していたという。

日本は昔から村社会における連座の発想があり、犯罪者家族犯罪者と同等の扱いを受けることになる。

社会的リンチされる習慣は、江戸時代の話ではなく、現代にも続いている。

 

正体を打ち明けるのは勇気のいる作業でしたが、普段飲まない酒の力を借りて、自分のあれこれを話して聞かせました。

一度喋り出したら、後は堰を切ったように言葉が流れてました。

彼女の反応は『あなたあなたから関係ない』というものでした

自分意思犯罪を犯したわけでなければ、親族は「関係ない」というのが真実だろう。

 

ようやく心を開いて話ができる異性との出会いは、彼に夢を与えてくれたのだろう。

しかし、優次の夢は叶うことはなかった。

事情を知りつつ交際には反対しなかった女性の親が、結婚と聞いたとたんに猛反対したというのだ。

二人の関係が危うくなり、彼女も悩んでイライラしていたのだろうか、彼女から決定的なひと言が口をついて出たという。

かわいそうだけど、歴然とした差別はある。

 

一番こたえたのは『一家揃って異常なんだよ、あなた家族は』と宣告されたことです。

これは正直、きつかった。

彼女のおかげで、一瞬でも事件の辛さを忘れることができました。

閉ざされた自分未来が明るく照らされたように思えました。

しかしそれは一瞬であり、自分孤独孤立感を薄めるには至らなかった。

かに欠点が全くない人間はいない。だから他人を異常と見てしまうことは止むを得ないだろう。

しかし、その原因がただ家族だったからでは、全ての欠点・異常性を説明することはできない。

 

結果論ですが、いまとなっては逆効果でした。

持ち上げられてから落とされた感じです。

もう他人と深く関わるのはやめようと、僕は半ば無意識のうちに決意してしまったのです。

(中略)

僕は、社会との接触も極力避ける方針を打ち立てました

犯人だけでなく、犯人家族も丸ごと殺したいのが、被害者遺族の本音だろう。

 

仇討ち

結局、他人を殺したいほど憎いという気持ち加害者被害者も、同じ人間であれば変わりはない。

被害者であれば、犯人とその家族を皆殺しにして良いという「仇討ち」の発想は、江戸の昔から今の日本にも残っている。

日本を良くするためには、このような負の伝統改善していった方が良い。

加藤智大の弟を自殺に追い込んだマスコミ

加藤智大秋葉原通り魔事件犯人

犯人だけでなく、その家族避難対象になった。

家には抗議の電話殺到した。

父親退職余儀なくされ、母親精神病院入院した。弟は自殺した。

 

「あれから6年近くの月日が経ち、自分はやっぱり犯人の弟なんだと思い知りました。

加害者家族というのは、幸せなっちゃいけないんです。

それが現実

僕は生きることを諦めようと決めました。

 

死ぬ理由に勝る、生きる理由がないんです。

どう考えても浮かばない。

何かありますか。

あるなら教えてください」

 

マスコミ世間、遺族は、加害者家族自殺するまで追い込みをやめない。

でも、それだと他者攻撃を加えている犯罪者と変わらないのでは?

 

何かの犯罪者がいた場合、その犯罪者自身に対して「批判や罰を与えたい」という気持ちは分かる。

しかし、何も犯罪を犯していないその家族まで攻撃するのは、度を越しており、容認されるべきではない。

2018-06-23

成人した子供犯罪で親を責めるなっていうけど

それが理性的意見で正解なんだろうけど、ぶっちゃけ共感できない。関係あるだろって思う。

秋葉原事件加藤とか今回の新幹線のやつとか生い立ちで「あっ…(察し)」ってなるわ。

2017-12-26

不謹慎かも知れないが

秋葉原事件のような、ナイフ持って暴れたり、車で歩行者の列に突っ込んだりするような犯罪者の中には

「目立ちたかった」というくだらない理由を言う奴がいる。

しか犠牲者はお年寄り子供女性など弱い人なのが悲しい。

決死の大暴れでなんでよりによってそんな弱者を殺すんだよ。

どうせなら性犯罪者や、虐待した子殺しなど、釈放されてのうのうと生きているやつなどを探して狙ったら少しはヒーローになれるのに、なんて思うのよ。

不謹慎なのはわかってるけどさ。

2016-10-31

http://anond.hatelabo.jp/20161030100913

http://anond.hatelabo.jp/20161031002439

http://anond.hatelabo.jp/20161030234931

他人に助けを求めることができる」こと自体能力なんだよね。それをやるには「自分は助けられるに値する価値のある人間だ」という、自尊心必要から自覚の有無は問わず

ただその、助けを求めた結果がどうなるかはまた別問題だけど・・。

秋葉原事件とかマツダ事件とかも同じ流れで、誰も助けてくれなかったほうのケースやねぇ


あと、かわいい動物絶滅とかから保護されやすいけど、かわいくない動物保護されにくいらしいよ。

募金が集まりにくいとか。

世知辛いね

感情ベースにすると世の中ってそうなっちゃうんだよね。

から感情でなくルールベースにすれば、かわいいかどうかが不問になるんだよね。

社会保障とかセーフティネットってそうあるべきなんじゃないのかなー。

かわいいから助ける」「価値があるから助ける」というモチベーションだと、その裏返し側で切り捨てられてしまうのが怖いんだよ。

2016-08-01

相模原事件の、今までの若者特有犯罪との相違点について

秋葉原事件後、似たような自暴自棄から暴走がちょくちょく出てるけど、

正直、てんかん暴走自動車のほうが死者が多いので、

このまま中間層は使い潰されて死んでいくんだろうなーと思ってた。

ところが、相模原事件で新たな可能性が出てきた。

社会正義による殺戮を行うキチガイである

 

 

ある意味、某中東の「やれば48人の処女あの世セクロスできる権利

という謳い文句と変わらないのだが、

自分勝手理屈自分勝手に行動するから、恐ろしくタチが悪い。

そして何より問題なのは、クソ真面目に働いてすり潰されていった中間層には、とてつもなく相性がいいってことだ。

これは私見だが、秋葉原事件は、自分を見てくれない世界への叫びだったと思ってる。

こんなに頑張ったのに、どうして認めてくれないの、と。

ところが、相模原事件

こんなに悪い事を放置してるのはいけない、なら、排除するのは正しい事だ!

と、自分勝手判断して実行した。

 

 

もうこれはキチガイ判断であり、

問答無用鉄格子に入れる案件だと思う。

だが問題は、事件発生の土壌である

犯人社会正義のために殺人を犯したサイコパスだと思うが、

犯人は、生まれながらのサイコパスではない。

犯人リア充カテゴリの住人であり、友人からバグちゃった」という証言から

後天的サイコパスになったのは間違いないだろう。

そして、サイコパスを育てた土壌が、昨今のブラック企業である

 

 

明らかに過酷な条件で、低賃金で働かされ、問題放置されたまま仕事が続いていく。

問題解決を図るが、ことごとく失敗する。

別の仕事で再起を図るも、これも出来ない。

不況、というより20代若者たち未来への閉塞感。

この末にあるのは、自分を終わらせる自殺か、暴走する秋葉原事件のような他傷への道しかないと私は思ってた。

ところが、相模原事件で新たな可能性が出た。社会正義による殺戮である

60年代大学闘争のようなイデオロギー対立ではなく、この社会に属する者として、より良い方向に持って行こうとする、混じりっ気なしの善意なのだ

その為なら、この身を喜んで犠牲にしようという、尊い自己犠牲なのだ

狂っている。

 

 

社会に属する者として正気を保ちながら、狂気しか言えない行動を実行してのけたのだ。

この事件がただの殺戮でない事は、職員を生かしていた事からも読み取れる。

もしただの快楽殺人者なら、職員患者関係なく実行していただろう。

だが彼はそれをせずに、とても良い笑顔SNSにアップして犯行を始め、終えた後、通報とほぼ同時刻に自首

やりきった笑顔護送されていった。

 

 

ここまで書いて、ガチ吐き気がしてきたけど、後少しだけ。

よくネット上で「富める逃げ切り団塊世代vs借金を擦り付けられた若者世代

なんて対立軸が出てきたけど、この対立は、あくま政治的対立していく者だと思っていました。

ですが、現実には数の暴力によって政治家は抑えられ、

立場的にますます追い詰められていきました。

これを解決するのは、いわゆる少人数による大人数への暴力行為なのですが、

戦後犯罪最少記録を更新し続ける「おとなしい若者」には絶対不可能だと思っていました。

だが、相模原事件で新たな可能性が提示された。社会正義自己犠牲である

これって本当に恐ろしいですよ。

マジメなあの子が、なんてレベルじゃないです。

仕事感覚殺人を行うキチガイが生まれるってことなんですから

そして、それはブラック企業で慣らされた若者世代にとって、とても容易に現状を変革できる手段なんです。

超えちゃいけないラインガッツリ超えてます

 

 

これを解決するには、現状の職場問題解決する事なんですが、

そんな事は絶対不可能です。

となると、本当にやるかやられるか、なんですよ。

今後、増えていくんじゃないんですか?

上司人間扱いしなかったから、部下も人間扱いをせず、

粗大ゴミを廃棄するように、「大掃除」をするなんて事態が。

まぁ、なんというか、お先真っ暗ですね。ご愁傷様でした。おわり。

2016-05-21

テロを起こしたい

数年前におきた秋葉原事件のような、 社会問題としてとりあげられる事件をおこしたい。

26歳、生活保護受給して生きている。身寄りはない。

そこそこの大学卒業し、学生生活中もそこそこのスキル(大体全学生1%くらい)をみにつけ、就職した。

が、 就職先はブラックだった。

朝6時から夜23時まで働かされ、土日もなく、40連勤をした。手取りは10万だった。

毎日浴びされる罵倒の日々が続いていくなかで、私が倒れるのはそう遠い話ではなかった

3ヶ月精神病棟に隔離されたあと、1年ほど病に伏し、地域支援を経て、最近就職活動を始めた

が、うまくゆくはずもない。 言うまでもなく短期離職者に対する質問

「なぜそんなに早くやめたのですか?」「あなたのような根性のない人にはうちでもやっていけないとおもうのですが」

悪意なく、問われる質問

まるで、私が悪いようだ。本来、あの企業が悪いはずなのに罰則はなく、相変わらずハローワーク認定の「若者応援企業」として認定されている

理不尽だ。

救いを求めて宗教にふれてみたが、どれも私の求めた救いではなかった。

いまの与党をみるかぎり、今後もブラック企業は増え続けるだろう。

もういいじゃないか、と悪魔がささやく

なにもないだろ?せめていまブラック企業に拘束しているやつらを助けるためにハデにやろう。

良心がとがめる。ただ、 もう、いいんじゃないかとおもえてくる。

第二の秋葉原なのか、与党なのか、元いた会社なのか、いずれにせよ、よいのではないかとおもえてくる

追伸

ジョギング瞑想はしてましたが私の場合だめでした

2016-05-03

http://anond.hatelabo.jp/20160503104739

そうは言っても自己愛性人格障害は男の20人に1人特に満たされてない弱者男性に多い障害なので完全否定すると暴動が起きるぞ

秋葉原事件とかな

2016-04-30

貧困女子貧困男子割合収入もそんなに変わらない

なぜ貧困女性ばかりが取り上げられるんだろうか?

風俗業が潤って日本に良い事ばかりあるからか?

貧困男性にお前だけでは無い、女も貧困ってのをアピールしないと秋葉原事件のような事が起きるからか?

2015-12-30

http://anond.hatelabo.jp/20151229225902

日本テロが起きるならまずは地下鉄だと半ば常識的に語られるので、ドローン特有の大規模テロの使い方を想像すると、

例えば全国から集まるような花火大会お祭りといった、屋外行事が考えられる。

しかも夜間なので人目にもつかないし、雑音が大きいので近づいていることにも気づかないだろう。

ただし、そうした場面で上空から何かを散布することは可能だろうけど、サリン秋葉原事件の時のように致命傷を負わせられるかどうかは微妙

するとテロ心理としては「軽症 x 大勢被害者」と「致命傷 x 少数被害者」のどちらを取るのか?という判断になるだろうが、多分後者になるんではないだろうか。

2015-12-11

anond:20151211212925

違うな。増田にとっては、世の中や人生への復讐命題だ。

けっして効率のいい双方の利益に繋がる生き方などではない!

秋葉原事件をはたから見て、そこまでやれる覚悟なら、正社員なれたろって言うのは簡単だけど、当事者にそんなことできるか!

2015-12-03

レジンキャストミルク (電撃文庫) 藤原

スペインユダヤ人 (世界史リブレット) 関 哲行

キリスト教歴史 (講談社学術文庫) 小田垣 雅也

帰ってきたヒトラーティムール ヴェルメシュ

社会福祉思想歴史魔女裁判から福祉国家の選択まで (MINERVA福祉ライブラリー) 朴 光駿

☆ザ・フェデラリスト (岩波文庫) A.ハミルトン

インフォメーション―情報技術人類史 ジェイムズ グリック

アメリカ文学史のキーワード (講談社現代新書) 巽 孝之

異端審問 (講談社現代新書) 渡辺 昌美

シルバー事件 アスキー

絶対に解けない受験世界史 (大学入試問題問題シリーズ) 稲田義智

筋と義理を通せば人生はうまくいく 高須 克弥

99歳ユダヤスーパー実業家が孫に伝えた 無一文から大きなお金成功を手に入れる習慣 矢吹 紘子

女子マネージャーの誕生とメディアスポーツ文化におけるジェンダー形成 高井 昌吏

世界一即戦力な男――引きこもり非モテ青年音速で優良企業から内定をゲットした話 菊池

愛についての感じ 海猫沢 めろん

借金底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター借金1億2千万円、利息24%から生還記 金森 重樹

猫背を伸ばして 新装版 (フレックスコミックス) 押切蓮介

こんな上司が部下を追いつめる―産業医ファイルから (文春文庫) 荒井 千暁

棟梁―技を伝え、人を育てる (文春文庫) 小川 三夫

石井直方筋肉まるわかり大事石井 直方

フルーツ果汁100% 第1巻 (白泉社文庫 お 3-1) 岡野 史佳

☆「個性」を煽られる子どもたち―親密圏の変容を考える (岩波ブックレット) 土井 隆義

読書の方法―なにを、どう読むか 吉本 隆明

予備校なんてぶっ潰そうぜ。 花房 孟胤

海洋堂創世記 樫原 辰郎

世界堂書店 (文春文庫) 米澤 穂信

コーディングを支える技術 ~成り立ちから学ぶプログラミング作法 (WEB+DB PRESS plus) 西尾 泰和

☆九月、東京路上1923年関東大震災ジェノサイド残響 加藤 直樹

大東亜戦争の実相 (PHP文庫) 瀬島 龍三

そこに僕らは居合わせた―― 語り伝える、ナチス・ドイツ下の記憶 グードルン・パウゼヴァン

クリスマス少女は還る (創元推理文庫) キャロル オコンネル

江戸のハローワーク (双葉新書) 山本 眞吾

Three Essays on the State of Economic Science Tjalling C. Koopmans

The Elements of Style, Fourth Edition William Strunk Jr.

ザ・フォール/落下の王国 特別版 [DVD] リー・ペイス

アメリカめっちゃスゴい女性たち 町山 智浩

☆船に乗れ!〈1〉合奏と協奏 藤谷 治

ちょー美女と野獣 (コバルト文庫) 野梨原 花南

11/22/63 上 スティーヴン キング

システム×デザイン思考世界を変える 慶應SDM「イノベーションのつくり方」 前野隆司

追われ者―こうしてボクは上場企業社長の座を追い落とされた 松島

劣化国家 ニーアル ファーガソン

ブラック企業経営者本音 (扶桑社新書) 秋山 謙一郎

創価学会研究 (講談社現代新書) 玉野 和志

グロースハック 予算ゼロビジネスを急成長させるエンジン 梅木 雄平

女のカラダ、悩みの9割は眉唾 (講談社+α新書) 宋 美玄

To Repair the World: Paul Farmer Speaks to the Next Generation (California Series in Public Anthropology) Bill Clinton

社会心理学講義:〈閉ざされた社会〉と〈開かれた社会〉 (筑摩選書) 小坂井 敏晶

Making the Modern World: Materials and Dematerialization Vaclav Smil

高校教育アイデンティティー総合制と学校づくりの課題 (「教育」別冊 (9)) 小島 昌夫

☆名作はこのように始まる〈1〉 (ミネルヴァ評論叢書・文学の在り処) 千葉 一幹

グラミンフォンという奇跡 「つながり」から始まるグローバル経済の大転換 [DIPシリーズ] ニコラス サリバン

単純な脳、複雑な「私」 (ブルーバックス) 池谷 裕二

天涯武士幕臣小栗上野介 (1之巻) (SPコミックス時代劇画) 木村 直巳

秋葉原事件 加藤智大の軌跡 (朝日文庫) 中島岳志

ぐいぐいジョーはもういない (講談社BOX) 樺 薫

LEAN IN(リーン・イン) 女性仕事リーダーへの意欲 シェリル・サンドバーグ

鬼畜のススメ―世の中を下品のどん底に叩き堕とせ!! 村崎 百郎

男性学の新展開 (青弓社ライブラリー) 田中 俊之

闘争領域の拡大 ミシェル ウエルベック

実録 ドイツ決闘した日本人 (集英社新書) 菅野 瑞治

男性ECCE HOMO (文春新書 934) ヤマザキ マリ





正統と異端 - ヨーロッパ精神の底流 (中公文庫) 堀米 庸三

魔女狩り (「知の再発見」) ジャン・ミシェル サルマン

図説 魔女狩り (ふくろうの本/世界歴史) 黒川 正剛

魔女狩り (岩波新書) 森島 恒雄

異端審問 (文庫クセジュ) ギー・テスタス

剣豪将軍義輝〈上〉鳳雛太刀 (徳間文庫) 宮本 昌孝

2015-10-20

昔は秋葉原事件意味が分からなかったが

増田を見ているとやっと意味が分かって来た、なぜだが一般の男性は女が居ないと頭がおかしくなるようだ。

自己否定し出し、女、果ては全ての人間を憎む様になる。

ちなみに当方はバイだから関係無いです。

2015-06-04

フェミニスト大家非モテ芸人

爆笑問題のニッポンの教養 動画 「女と男仁義なき戦い上野千鶴子女性学)」 

http://veohdownload.blog37.fc2.com/blog-entry-10689.html

番組開始して10分すぎても、上野さんがおもしろいことを言わない。

爆笑問題の2人は番組ホスト役だから聞き役となって、ゲスト上野に好きにしゃべらせている。テレビ番組としてだんだん困ってきたという感じになってきた。主役の上野自分テーマ提示として冒頭は好きに話していて、爆笑問題太田田中も相づちを打つような感じであるにも関わらず、とくにおもしろいことを言わない。男はもろいよねえ、とか、男どうしの張り合いはムダだよねえ、とか、その程度の話に終始していた。

これが日本フェミニスト大家なのか、という脱力感だった。というのは、自分は今まで本らしい本を読んだことがなく、ここ3~4年で社会評論の本を読むようになって、誰がスター選手なのかをだんだん把握しはじめているところだった。上野の本も何冊か読み、重要ポジションにあることを知るようになった。上野は、紅白に出る北島三郎和田アキ子みたいなランクにある。それを知ってから上野に絡むネット情報で、この番組存在を知った。実際に放送されてから数年経って見たことになる。

10分過ぎたところで上野は、秋葉原事件の例をあげ、ネットコミュニケーション否定してみせた。秋葉原事件犯人は、自分には恋人がいない、恋人がほしいということをネット掲示板で訴えてた。それはダメである上野は言った。

ここに太田はやっとというか、反論する場面を得たような感じで、ネットの会話が何が悪いのかと言う。

ネット書き込みダメだと言うのは、明らかに時代錯誤である。ここが上野のつまづきだった。単に古い人間だったことが露呈してしまったのだ。ブログもいいし掲示板もいいけど、LINEダメだというような、新しいものを怖がる素朴な大人のひとりに大幅にランクダウンしてしまった感じになった。

自分は、『秋葉原事件 加藤智大の軌跡』という本を読んだことがある。http://www.amazon.co.jp/%E7%A7%8B%E8%91%89%E5%8E%9F%E4%BA%8B%E4%BB%B6-%E5%8A%A0%E8%97%A4%E6%99%BA%E5%A4%A7%E3%81%AE%E8%BB%8C%E8%B7%A1-%E6%9C%9D%E6%97%A5%E6%96%87%E5%BA%AB-%E4%B8%AD%E5%B3%B6%E5%B2%B3%E5%BF%97/dp/4022617667

加藤智大は、実生活での友人もおり、女友達もいた。また、男女関係ではないが、女友達の家に泊まったこともある。風俗にも行っていた。ゲームネットもやる。非モテではあるが、引きこもりではないし、それほど不利な立場にいたわけではない。異常な母子関係問題の核で、ネット問題二次的なものだと映った。

爆笑問題ふたりは、どちらもかなりの元非モテで、それが上野のとって相性が悪かったようにも思える。

上野は、男のここがダメだ、あそこがダメだ、ネットダメだ、男は変わるべきだ、男は生身の女と会話しろ(直接の声掛けとか電話とかになるのか)というばかりだった。論理を言わない。論理を聞きたいのに。

ここに、田中がついに反論してしまった。太田が吠える役なのに。男に変われと要求しているが、ジャニーズ事務所にキャーキャー言う女の子を見ても、女の子のほうだって何十年も何も変わっていない。フォーリーブスからたのきんトリオから光GENJIのように。田中は、自分の背が低いことをコンプレックスに思って育ってきて、モテる男性女性が寄っていくという場面をみただけで傷つくという主張をした。これに対して、上野説得力のある話を展開できなかった。

上野は、自分は弱いとカミングアウトしている男性には、歯がたたないということだったのか。強がっている男を叩くことには長けていても。

爆笑問題テレビ番組に出るということは、視聴者層がだいぶ違う。文化人にとって、実質的テレビデビューに近いと思う。文化人しか出ないの討論のテレビ番組視聴率が低く、何十年もテレビに出ていても認知度が大したことがないと思う。ここでコケたのは、ダメージは大きかったのではないか。

番組ロケ場所は、秋葉原メイド喫茶だった。そこに上野は、AKBみたいなミニスカート衣装を来て登場した。メイド喫茶で喜ぶ男はダメだということも言った。自分が嫌いなものをただ並べているだけで、これではマズイ。秋葉原メイド喫茶で、秋葉原事件の話を持ちだしたのだからロケ場所指定上野も関わっていたと思われる。自分の読者以外の視聴者意識して、媚びてしまったのではないか。

『ためらいの倫理学』(2001年http://www.amazon.co.jp/%E3%81%9F%E3%82%81%E3%82%89%E3%81%84%E3%81%AE%E5%80%AB%E7%90%86%E5%AD%A6%E2%80%95%E6%88%A6%E4%BA%89%E3%83%BB%E6%80%A7%E3%83%BB%E7%89%A9%E8%AA%9E-%E8%A7%92%E5%B7%9D%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%86%85%E7%94%B0-%E6%A8%B9/dp/4043707010 という本で、上野10年以上前から強烈に批判されていることを知った。

上野は、『マルクス主義フェミニズム』という流派であるらしい。他にも流派はあるらしく、アメリカ前衛派は、黒人差別男女差別を同列に扱い、その派生として、トイレも男女いっしょになるのかという極論もあったらしい。黒人は、レストランバストイレも、席が別だったという理由で。日本にも、脱・上野路線みたいなものがあるらしく、フェミニストどうしでも批判しあっているそうだ。

はてな記法がわからない。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん