「進捗管理」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 進捗管理とは

2021-11-23

新人経営者だけどリモートワークに挫折した

経営者なりたての新参者だけど、とても興味ある話題だったので書いてみる。

うちは今年創業の、まだ出来たてほやほやの会社。業種はWeb関係

リモートでも全く問題なく業務ができると思われがちな業種だ。

スタッフは6名、20代~30代前半がメインで、ITツールを使いこなすスキルもある。

コロナ禍真っ最中創業当初、リモートワークをフル活用して新しい働き方を目指すぞ!と意気込んでいた。

スタッフ全員にMacbook proを配布し、ヘッドセットも用意し、オフィス内にはGoogleMeet専用のiPadを設置して、

いつでも気軽にオフィススタッフともコミュニケーションやすいようにした。

リモートワーク中はMeet接続推奨だけど、必須では無く、カメラマイク必要に応じてONにするルール

クラウドサービスも駆使した。Googleカレンダーで予定を共有し、Trelloで細かいタスクの進捗をリアルタイム可視化した。

普段のやり取りはSlackでスピーディに行い、業務データは全てDropboxとGoogleDriveで完全共有。申請等もほぼペーパーレス

しかし色々試行錯誤する中で不都合が多いことに気づき、今では事情がある場合を除いて、オフィス勤めとしている。

不都合1.業務進捗管理スタッフの育成が難しい

よく言われることだけど、やはりこれが最も課題だった。私の力不足と言われればそれまでなんだけど、管理職ってほんと難しい。

スタッフ一人ひとり、能力性格も、欠点も得意分野も、好き嫌いも全員違う。たった6人のスタッフ気持ちよく動いてもらうだけで、毎日必死だ。

そう、管理職って、スタッフ気持ちよく動いてもらう場作りが仕事なんだと思っている。

そのためには、スタッフ一人ひとりをしっかり観察して特徴を把握し、活躍やすい場を提供することが大切なんだと。

例えばあるスタッフ技術的にベテランなのだけど、仕事に過剰なくらい真面目に細やかに向き合ってくれる。

一方で、放っておくと細かい部分で悩みすぎて手が止まってしまうことも多い。

であれば、ちょっとでも悩んでいるようならすぐに声をかけて、私がスピーディに判断を行っていけば、さらパフォーマンスを上げられると考えた。

でも、それはリモートで行うのは極めて難しかった。

一方で新卒入社したスタッフもいる。社会人成り立てで、当然ビジネス上のルールなどをまだ理解できていないので、つきっきりで教える必要があった。

遠方から引っ越してきたために友達もおらず、唯一人とコミュニケーションが取れる機会が、うちの職場だった。

ちなみにうちの会社はいわゆる「コワーキングスペース」に入居しており、他社や学生など色々な人が出入りする。

この地で心地いい人間関係を作ってもらい楽しく生活してもらうためにもリモートだけでは難しかった。

このようにスタッフによって全く異なる条件を踏まえて、彼ら彼女らがもっと活躍できる環境を「早急に」組み立てていくには、リモートワークはハードルが高かった。

もちろん潤沢な時間があれば、スローペースでも問題ないだろう。

けど、創業したてで事業が安定していない中、最短で利益を上げられるようにならなければ会社未来は無いと判断した。

不都合2.価値観の共有がしにくい

あるスタッフは、大都市大手企業のもとでバリバリ経験を積んできた方だった。

その会社では、大手広告代理店直下過酷環境の中で利益を上げることを最重要視したビジネスを行っていたと聞いている。

しかし、ウチは少し「ソーシャルビジネスの要素」が入ったビジネスモデルを志向している。

そのためクライアントにもそういう団体等が多く、うちも利益「だけ」を目指す仕事の受け方をしていない。

全く利益にならなくても、社会益があると判断したら受ける案件もある。

そのためには、うちの会社がどこを目指して歩んでいくのか、という「ビジョンミッションバリュー」の共有がとても重要だった。

ベクトルを合わせて目標に向かって進んでいくのは、立ち上げたばかりの会社にとっては死活問題だ。

しかし、いくら標語を掲げても、全体MTGで話をしても、そういうものってなかなか伝わらない。

日々の雑談のはしばしや、経営者の働き方や姿勢フルタイムで見せていって、やっと伝わるものだと思う。

例えば、親が背中子供に見せるように。

目指したい価値をチームで生み出すためには、単に決まった時間仕事スタートさせて、

数字表現できる成果を上げて、定時まで働けばOK、というわけには行かなかった。

不都合3.信頼感、安心感の確保が難しい

人間関係って、相手のことを理解するまで不安にさいなまれることが多いと思う。

この人は本当は何を考えているんだろう、裏切ったりするんじゃないか、とか。

スタッフ側もそうだと思う。

この会社は本当に信頼して自分人生の一部を預けることができるのだろうか、と。

そういう不安払拭するには、沢山コミュニケーションをとって、さらには態度で示していくしか無いと思っている。

私は、あなたを信頼している、だからあなたも信頼してほしい。そのために、こんなに色々あなたのためを思って考えている。そういう態度。

そういう安心感があると無いとでは、仕事へのモチベーションも変わると思うし、

もし会社ピンチ状態になったとしても信頼があれば力を合わせて乗り切れると思う。

ちなみにうちではスタッフごとにノルマのようなものは設けておらず、「みんなで協力し合って案件を達成する」ことに重きを置いている。

新卒の子でも得意分野ではベテランスタッフを助けることもあるし、もちろんその逆もしかりだ。

そういうしっかりした人間関係に基づいた信頼感、安心感の醸成には、やはりリモートワークオンリーは厳しいと感じた。

リモートワークについての所感

他にも細かい理由は沢山あるけど、そういうわけでうちはリモートワークを非推奨にしている。

ざっくりまとめると、「ビジネスとは言え、ビジネスライクなだけでは組織は成り立たない」ということだった。

けど、事情があれば許可する。

例えば、体調が優れないとき(本当に調子悪いときはもちろん休暇を取らせる)、子供調子悪い時、

重要荷物が届くなど自宅にいる必要があるとき年末年始の混雑を避けて帰省したいとき、など。

そのくらいの柔軟性があったほうが、社長自身にとっても都合がいい。

ちなみにスタッフ感想によると、オフィス環境も居心地が良いように気を配っているためか、積極的オフィスに来たいと思ってくれているようだ。

集中できるし、スタッフ間で相談もしやすいし、おやつ食べ放題だし、地方なので満員電車に揺られることも無いし。

一方で、リモートワークに向いている会社もあるだろう。

定型業務が多く数字で成果を出しやす業態ベテラン揃いでスタッフが自立して動ける環境、出勤するだけで満員電車等でエネルギーを消費する環境、など。

それであれば、諸々考慮してもリモートワークのほうが成果が出るかもしれない。

逆に言えば、どんなに働き手にとって都合が良かったとしても、事業として成果を出せなかったらリモートワークは選択できないとも思う。

会社自体が成り立たなくなってしまうからね。

なるべく柔軟にいくつもの選択肢を用意して、結果としてスタッフが成果を出しやすい働きやす環境を作るのが重要なんだと思っている。

リモートワークはそのひとつ選択肢にすぎない。

異論反論質問、歓迎です。色々な人の意見、聞いてみたいです。

以下、コメントへの返事

沢山コメントついて嬉しいです。お返事しますね。

適切に権限委譲出来て、タスク粒度を分けて管理できる体制だと違うのかな。教育意思統一健康管理はフルリモート共通の悩みだと思う

そうですね、権限移譲はとても大きいと思うけど、強いチームを作るには後者の3点が欠かせないが故にリモートワークオンリーは難しいと思っている。

意思統一については、本文には書かなかったけど、引っ越しを期に完全リモートで遠隔地にいるスタッフがひとりいて、

の子とは1年以上毎日膝を突き合わせて議論を重ねていたので、例外的に成り立っていると思っている。

雑談については常にログインしておける音声チャットスペースみたいのを用意しておくといいよ。

音声チャットは考えていなかった!ちょっとやってみるよ。電話にせよLINE通話せよ、もちろんZOOMも、それなりにハードルあるんだよね。

定量化とOKR

へええ、こんな考え方あるんだ。勉強することたくさんあるなぁ。組織一丸となって目標達成させるためのもので、ちょっと高めに設定するのね。

ガチガチ目標設定して、結果マイナス評価になりがちなものより、ポジティブ機能しそうな気がする。

ちなみに今でもざっくりとしたチーム全体の目標売上とかはちょっと大きめに共有している。もうちょっと深堀りしても面白そう。

本当にコアな価値観ビジネスゴール以外、働き方なんかは選択的なもので、各自が考えて選択できるほうが望ましいんじゃないか

かにそれが理想。いずれそういうふうにシフトしていきたい。今は創業初期でメンバー少ないゆえの一枚岩戦略なんだなーと改めて自己認識した。

組織が大きくなったらそうもいかなくなるし、逆に多様な考え方の中から価値あるものが生まれてくると思う。

そのためにも選択肢を増やすことは、近い将来必要になりそう。

全体MTGオンライン研修幹部メールチャット等でむしろ前よりも会社マインドキャッチアップできてるかもしれない。

経営者に発信力があって(多分魅力的なビジョンフィロソフィーが明確にあって)、増田さんもそれにしっかり向き合っているのだろうな。

そういう事柄重要性を相互理解しあっているというか。リモートでも強い組織を作っていけそうな環境ですね。

ようやっとる(ようやっとる)

ほんまか!ありがとう~嬉しい

ギャー蕁麻疹が出る!

すまんな・・・。ちなみに以前会社勤め(銀行SI)していたとき、多分私も増田さんと近い感覚やった。

やりがい搾取サービス残業業務外の付き合いとか、無くなればいいって。

雇用契約で9~18時働くことになっているんだから、それで十分だろうって。

(今も大体そう思ってるけど)


以下、独り言

経営する立場になって気づいたんだけど、信頼できる関係性内での多少の融通は、人生を変えるほどの大きな変化を生むってことに気づいた。

おれ30歳過ぎてから一度うつ病を患ってて、数ヶ月寝たきりで、それまで勤めてた会社も辞めて信頼できる仲間も友達もだれもいなくなって、

お金もなくて、もう死ぬしか無いって思ったんだ。

けど、たまたまPCウェブに詳しかたから、知り合いの知り合いとか、頼ってくれる人が周りにいたんだよね。

で、ちょっとずつできることで仕事をしてみた。

少しばかり無理して頑張って要望ちょっと先を目指してみたら、クライアントがめちゃめちゃ喜んでくれて、びっくりするほど感謝されて、差し入れまでもらえて。

そこから地域での居場所信頼関係が強固になって、困ったことがあったら助けてくれるような関係性が生まれたり。

それが、会社スタッフクライアント、その他ステークホルダーを超えて、広がっていった。

お金もらえて、感謝までされて、最高じゃない?って。

そうこうしているうちに、うつ病は完治してしまった(何年もかかったけど)。

今じゃ地域に「信頼できる仲間」がわんさかいる。

そして会社を作ったわけだけど、個人事業主時代から一度も宣伝広告を打ったことがない。

口コミリピートオーダーだけで法人化してスタッフ6名まで成長できた。(まだまだ極小零細)

会社めしていた10年間、会社に言われた通りに仕事をしていたけど、自分自身価値を生み出すべきだ、なんて考えたこともなかった。

みんな惰性で働いているか上司パワハラクライアントクレームが怖いから、仕方なくがんばってた。

その会社は、今消滅寸前になっていると聞いている。

そこで理解したのは、どんなに時間通りに真面目に働いても、価値を生み出さなければ意味が無いし、そうなったら会社組織は存続できないってこと。

けど、経営者被雇用者はもちろん立場が違うからスタッフをおれと同じようにさせるわけにはいかない。

過剰な残業や、パワハラセクハラなどは絶対にしない。

なるべく自由で居心地のいい環境パフォーマンスを出してもらうことを毎日考えている。

まだ給料は安いけど、目標達成したら上げると明言している。

顧客に対してぼったくることもしない。取引先を無理に叩いて値下げさせるようなこともしない。

そんな中で考えたのが、ビジョンミッションを明確にし、チームが一丸となれる体制づくり。

限られた労働時間の中で成果を生み出すためには、色々な物事価値を生み出すために最適化効率化しないといけない。

リモートワークチャレンジもその一環だった。うまく行かなかったけど)

ビジョンミッションスタッフも含めてみんなが幸せになれるような理想を描く。と言っても全く手が届かないようなものではなく、

頑張れば少しづつ実現できそうなもの。そのために、みんなで頑張ろう!それも、楽しくやっていこう!って。

ドライ仕事をして責任を全うし報酬を得ることだって十分立派だと思ってる。

けど、それだけでは生み出せない価値を、うちのチームでは生み出したいといつも願っているし、それがスタッフクライアント地域利益につながると信じている。

じゃなかったら、経営者なんて割に合わない仕事、やってても全然おもしろくないからねー。

ぜんぜんリモートワークと関係ない話になってすまん。

2021-09-09

研究部門キャリアパスは難しい

研究者として優秀な人が長としてのポジションに就くけど、別に組織進捗管理だの他部門との調整に長けてはいない。

トップ技術者組織管理者の両方を置かないとうまくいかない気がする。

2021-08-24

anond:20210824125950

自分中間管理職なんだけど結局仕事をしてるつもりだっただけなんだ

自分がいないと仕事が回らないと思って上席管理職と平社員の間にはいって色々指示したり進捗管理してたんだけど

リモートになって担当者と最終決裁者が直接やりとりするようになって自分はいなくても何も問題ないということが判明した

今やってるのはCC自分送信されてくるメールをチェックしてたまに意見することと、毎朝部下とオンライン面談することくらい

2021-08-12

anond:20210812155118

そうなんかな。アレにはまって廃課金する人たちは堅気の人少ないのでは。

かわいい絵柄のカード欲しいから200万円使いました、貯金ゼロで食べるものありませんとか・・・

なんか金銭感覚とかリアル生活課題のある人達からギリギリまで巻き上げるシステムって

倫理的グレーゾーンでは。

からいわゆる大手一流企業は手をださないじゃん。

サラリーマン業務進捗管理で、「かわいい絵柄のカード欲しいか顧客訪問あと1件がんばりました!」とか応用されると

恐ろしいな。「SSRカード5枚集めると昇給されます」、みたいな

2021-08-01

単純作業正社員ってまだある?

やっぱり正社員って進捗管理とか調整役しないといけないのか?

ITとかならまだ新しい業界から単純作業正社員って残ってるかな?

2021-07-06

クソザコITエンジニアだけどSIer辞めてマジでよかった

※以下、「エンジニア」と書かれている場合には「ITエンジニア」と読み替えてください

社員1000人超のユーザSIerWeb事業会社転職して半年が経過したので所感を残しとく。いわゆる転職エントリってやつ。

Webエンジニア転職エントリって大体つよつよエンジニア情報しか出てこなくてウッってなったから、自分のようなクソザコエンジニアの事例をネットの海に放流しとこうと思った。

みんなブログだと当たり障りのないことや技術的に意識の高い内容しか書かないからさ、パンピー本音ベースでの不満や転職活動の内容ってなかなか見つからんのよね。

文章の感じとかで分かると思うけど、ほんとに意識スペックも低い人間です あと一定以上の長さの文章書くの苦手だから箇条書き多いけどゆるして

バックグラウンド

前職では何をしていたの

入社して1か月はコンプラ研修とかビジネスマナー研修とか受けてた。

そのあと3か月くらいF士通のプログラミング講師みたいな人からIT研修を受けた。教科書に書いてある通りにLinuxコマンドポチポチしたりJavaコード写経するだけだった記憶

研修が終わり晴れてインフラ系の開発運用を行う部署に配属されたんだけど、やっていたことは下記の通り。

業務ではコードを書くこともターミナルコマンドを打つことも全くなかった。ひたすら溜まっていくユーザーや開発側からの問い合わせへのメールを返信する存在だった。

配属された部署たまたまそういう場所だったというわけでもなくて、同期の話を聞く限りアプリ部門だろうがQA部門だろうが似たような感じぽかった。

なんで転職しようと思ったの

これってITエンジニア仕事なんか?事務職かに近くね?という疑問を抱きながら1年半くらい過ごしてた。

自分イメージしてたITエンジニアっていうのは、スタバ私服でようわからん真っ黒な画面に向かってプログラミングしたりサーバNWをいじってる人のことであって、ワードパワポエクセルにらめっこしながらスーツおっさんとおしゃべりして一日を終える人じゃなかった。(多方面に怒られそうな表現だけど...)

あとは、

全体的に、仕事関係ないクソどうでもいいことにこだわらないといけないのが嫌だった。「もっと技術コミットしたい」みたいな、エンジニアとして正しいであろうモチベはあんまりなかった

どうやって転職したの

現職について

さいごに

別に自分にはソフトウェアエンジニアリングを通して実現したい目標があるわけじゃない。三度の飯よりプログラミングが好きってわけでもない。

SIer、っていうか古き良き日本大企業エンカウントする嫌なことから距離を取りたい、というモチベだけで行動した結果Webエンジニアになってた。

ただ、どうもWebエンジニアっていうのは技術が好きで好きでしょうがない人間がつく仕事っていうパブリックイメージがある気がするんだよね。なんでだろう?

そんなに技術きじゃなくても、Web業界の成長のおこぼれにあずかる程度のエンジニアになることは難しくないと思う。あんま知らんけどエンジニア数十万人単位で足りてないんでしょ?

俺はほんとクソザコだし、はてなに常駐するようなつよつよエンジニアからみたら関わり合いになりたくないタイプ人間であることは自覚しているけど、表に出ないだけで俺みたいな人結構いるんじゃねって思ってる。

2021-07-03

イレギュラーに対する対応力ってどうやったら上がるんだろうなぁ

職場で部下Aを管理職に就けた。

部下Aのさらに部下が5人いて、彼らのスケジュール進捗管理などをやってもらっている。

 

この部下A、ちょっとイレギュラーなことが起こるとすぐに思考停止してしまう。

「え!ちょっと・・・・え!どうしよう・・・」でループしてしまう。

やりようはまだまだあるのになぁ、どうやって解決してくれるのかなぁと見ていると、

かねた部下の部下が助け舟を出して解決する。

俺も以前は助け舟出してたんだけど、いつまで経っても成長しないかちょっと距離を置いた。

どうやったら成長するのかなぁ。

経験年数は増えてるんだけど、それじゃあ成長しないみたいなんだ…

2021-06-30

anond:20210630064348

⑥それに対してテック系の人たちはそもそも業務内容・アウトプット・進捗が割合定量的管理されていることが多く、会社での評価が、上司にどう思われるかも重要だがそもそもアウトプットの量と質・進捗を守ることが大事になる。またアウトプットの質は、ある程度投入時間に比例するし、ノウハウ的な蓄積も投入時間に比例する。会社で謎接待をする・される時間があったら業務アウトプット品質向上や進捗管理に投入したいと考えている。そもそも進捗が守れないとデスマーチを行進しなければならなくなることがあり避けたい。ここが人事・総務など社内スタッフ部門営業部門との違いである。

⑦⑥のテック系の人同士で進捗会議をするときには目的を達成が最優先だから相手気持ちよくして譲歩を引き出そうという意識は互いにない。その場に百貨店外商みたいなビジネスマナー体現者が入ってくると、警戒するし時間無駄却って失礼な奴という印象をもつ。なので、テック系での打ち合わせ商談は、相手気持ちよくさせるためのビジネスマナーは最小限にして、時間効率を重視する方が好感度高い。過剰のビジネスマナー慇懃無礼/謎マナーと言われる。

⑧ある程度の大きさの会社だと、テック系のトップに人事・総務など社内スタッフ部門出身で、社内政治出世した畑違いの人がつく場合があり、時間の使い方についての価値観特に違うので部下からとても煙たがられる。アウトプットの中身そのものよりも、アウトプットはできるだけ手を抜いてつくり、それをいかに上手に自分の手柄として社内上層部に売り込み自分組織との評価を上げるかということに注力がある。こういうトップアウトプットの中身に関心がないのでコア価値コンピテンシーを生み出せず中長期で技術組織を弱体化させることが多いと思うが、出世に対して確信があり、実際出世することが多い。

テック系の人はスタッフ系の人たち、社内政治に敏感な人たちが「ビジネスマナーを重視している」ということについて、

少し注意を払うと会社でとても生きやすくなるので、ある程度配慮するということも処世術としては重要になる。

2021-06-17

エンジニア()所詮この程度の視座の低さなんだよね

anond:20210617075257

私は一流SIer上級管理職をやってるけど、こんな要素技術なんて結局意味がないんだって何回いったらわかるんだろうね日本エンジニア()は。この程度を勉強したところで結局派遣SES関の山なんだけど本当にそういうのを目指したいのか?本当の意味エンジニアになりたいのならとにかく顧客とのコミュニケーション要件定義の仕方、そして進捗管理の報告、ちゃんとした開発プロセスを学び、次に機能設計、詳細設計をもれなく記載する技術を学ぶべきで、Docker()なんてどうでもいい。

不勉強な人ほどウォーターフォール馬鹿にするけど、結局すべての開発プロセスというのはウォーターフォールが基本だし、その中で要件定義機能設計重要性を勉強する。こういう正統な成長の道があるのに最も価値の低いコーディングから入るのは愚の骨頂。

2021-05-27

anond:20210527122836

先月から入ったプロジェクトでもExcel進捗管理しててビビったわ。

WBSをちびちびスプレッドシートでやってる。土日にマネージャが作ったらしい。

行追加すると色々ずれちゃう

2021-03-12

anond:20210312052436

違う マネー管理マネージャー

一般的には進捗管理プロジェクトリーダー

お金管理している人間は、お金の消費の進捗管理はできるけど

たとえばお金持ちは大工とは限らないか

たてもののたてかたの進捗を聞いてもわからない。

から予算の消費状況を伝える 相手言葉に近づける

マネージャの不在

事業進捗管理ってマネージャ役割だと思うんだけど、私の勤め先にはそれらしい役職の人がいない。

課長とか係長とか「長」がつく役職も一応は存在しているが、何をなさっておられるのかは不明。少なくとも、副課長レベルまではヒラと同じように「いち担当者」として振る舞っている。

から全ては担当者管理する。コケてもミスっても止まっても隠蔽してもサボっても丁寧にやっても改善しても改悪しても誰も気づかない。だって担当者以外は誰もわからないし、気にもしていないんだから

同じオフィス内で個人事業主がそれぞれ受託業務に勤しんでいる。そんな感じ。

サラリーマンって、それが普通なんだろうか。

2021-03-02

担当者レベルですら進捗管理会議に週15時間も出なきゃいけないみたいなことをやっているから開発力がヤバくなっていくのではないか

2021-02-27

anond:20210227085313

作れる能力があるかどうか(=設計作成を依頼されるかどうか)は別として、派遣プログラマ設計作成を断ったというのは聞いたことはないな。

基本設計から結合試験仕様書まで様々あるけど。

反面、プロジェクト進捗管理とかは断ることが多いんじゃないかな。

2021-02-12

案件回し損ねた、自分確認で止まってた

メンバー進捗管理はしてたけど、自分タスク管理グダグダだった

慌てて対応

なんか疲れた

2021-01-30

会社github上げ太郎予備軍がいる

結論から言うと、どうしようもなく無能で「カネやサポートといったリソースを注ぐだけ無駄」な人間というのは現実にいるのだから、見極めがついたらさっさとパージしないとリスクだけ増えるという話です。

 

github上げ太郎ニュースにおける「本人の反応」を見て真っ先に思ったのは、「ウチの会社にもいるわこういう異常に能力危機感当事者意識ないアホ」だった。

本当にいる。複数年勤めてても一切仕事能力が成長せず、入社一週間ぐらいの新卒にすら実務能力で抜き去られてく奴。

そういう奴がいるチームはえてしてタスク配分の不均衡だったり無能介護役の負荷が大きくなったりでどんどん空気が悪くなっていくんだけど、当の無能は知らん顔してたりする。

 

この手の無能は本当に「頭が悪い」としか表現しようがなくて、そもそも自分に振られたタスク自分で完遂できない。

通常、ある程度以上にまともな社会人は(それこそ入社すぐの研修期間でもないかぎり)仕事を振られた場合

自分担当するタスク内容を把握する→タスク解決方法検討する→タスクの進行を自分管理する→タスクが終わった後改善点を考える

自力でできる(どこの現場にも転がってるPDCAとかそういう類いだ)んだけど、この手の無能上記の全部ができなくて

誰かが実行方検討から進捗管理まで全部やってくれる「手を動かすだけの仕事」、言い換えれば「刺身たんぽぽのせる延長線上の仕事しかできない。

手を動かしてる間も思考ゼロなので、実際のところ自分が何をしてるかなんて理解してない。

(なので、仕組みなどを理解してないとできないことはできず、誰かがうまく行かせてるものをなんとなくコピペして、誰かが気づいて手直しするまでは何もしない。コピペした後で自分最適化とかできない。)

 

これはスキルとか適性とかの問題じゃなくて、根本的な思考能力の話だろう。

普通人間なら小学校自由研究総合学習時間で(とくに下準備すら必要とせずに)発揮するタイプパフォーマンスが発揮できない人間、というのは実在する。

当然ながら何か問題を起こしたとしても「何が悪かったのか」を自力思考できないので、周りの人間対策に走り回ることになる。

ここでリーダー的な人間がお役所主義だったり変に意識が高かったりして「無能からって現場から追い出すのはよくない」みたいなことを言い出すと、無能がずっとそのチームに寄生し続けることになる。

そうなるとひたすら「無能当人以外の人間」が状況の改善のために努力を重ねていくので、無能自身は何の能力も伸びない=年収等の待遇も上がる余地がないままずっと時間が経過するようになる。

 

こういう無能実例を見てきたので、多分github上げ太郎待遇が悪かったか復讐とか、忠誠心の不足とかもっとずっと前の段階で、単に何も考えてなかったんだと思う。

何も考えないままなんとなくカネがほしくなって、年収判定にソース必要という文字列の通りに(あげちゃまずい)ソースを流しこんだ。

こういう無能にカネをたくさんやった問題を起こさなくなるかというと、もちろんそんなことはない。だってそもそも考えてないんだから

なので、無能に一切の自由を与えない(情報持ち出し対策とか)か、そもそも無能をチームから排除するかのいずれかしか現実的な対策存在しない。

 

会社にいる無能も、問題を起こす前にきれいさっぱり消えてくれないかなあ

2021-01-26

anond:20210126093826

タスク管理ツールも導入したけどほとんど使われてない

ファイルr1とかr2とか付けて共有フォルダに入れてあって

それらを取りまとめるExcelファイルがあって、そこで進捗管理とかやっとる

2021-01-19

anond:20210119114211

価値観がおまえとはちがうんだよ 唯一の神しか持たない唯一の価値観や労

結婚あきらめてもいい

そういっているという男に休ませようとするのは人殺し

やすませようとされることが何より嫌なんだ射精管理の次は、休暇管理

管理したい コントロールしたい

はい自粛ON 自粛FF 管理したい 人間管理したい ON OFF ON OFF

いまだー私の号令で 自粛だー ON

 

工程管理 進捗管理

ではなく人間管理なんだろうなと

2021-01-10

anond:20210110023436

先に教育のあり方を変えてないとオンライン授業なんてできないよな。

文科省のいつもの現場丸投げが酷すぎる。

それでも、うちは校長切れ者なので、4月早々に「オンライン普段と同じ授業やるなんて無理」と断言して、ビデオ会議(Meet)は朝の会だけ、授業は分担して10分程度の動画を作ってYouTube配信、それを観た後は個別課題を進めさせるという流れになった。

教員メールチャットでやりとりして進捗管理と助言するだけ。

動画は1日に1本作るだけと決まったので、そこまで負担ではなかった。校長が、教員みんなでサポートあいながら作るように旗振りしたおかげで、力を合わせて良いものを作れるようになった。みんな動画クオリティ上がってくし、むしろだんだん楽しくなってきた。

ネット環境がない家も数件あったけど、そこは電話訪問サポートした。動画DVDに入れて配布した。

市内の他の学校は全家庭に電話してたので、それと比べれば信じられないほど楽だった。

電話回線学校に2本しかいから常にパンクしてて、仕方なくみんな個人携帯使ってたし。あれはありえん。

保護者評価もとても高かった。ああしてくれて本当に良かったと、何度も言われた。

電話しかしてない他の学校保護者から、よくある「なんであの学校だけ」ってクレーム入って、校長は市教委にかなり文句言われたらしいが、「他がウチに合わせるべきだ」とキレ返したそうだ。本人談なので事実かどうかは知らないけど。

そんな校長は今年で定年。不安しかない。

最後話が逸れたけど、現状ではフルにオンライン授業やるのなんて絶対無理だけど、やり方次第ではそこそこまではやれたよって話でした。

こういうやり方の試行錯誤まで現場まかせで、さらにその結果の吸い上げとフィードバックすらろくにやってくれないあたり、文科省は本当に無責任だと思う。

今は普通に登校してるからやってないけど、いつでもできる準備はしとくように指示はされてる。

2021-01-08

委任契約で入ってくる人無断欠席、言われたこしかやらない、言われてもやらない、報連相できないとかそんなのばっかなんだけど

どうしてなんだろう

無断欠席は言語道断

その他は単価の安い若い新人ならまだわかる。

若い新人一生懸命頑張ろうとはする場合が多いのでマシなのだ

厄介なのが中年で、分からないところは調べず放置したり、謎の自己防衛で頼まれるまでやらない人たちだ

そんなに仕事渡してないのにいちいち嫌な顔されたりするので、こちらも気を使ったりしないといけない。小学生かよ。

でも手が足りないので、やってくれないと困る。

単価を上げればそれに見合った働きをしてくれるだろうか?答えは多分否だ。頼んだ仕事クオリティ進捗管理を見ればわかる。

やらないのではなく本当にできないのだ。

この前一緒に仕事した人はエクセルの途中行追加できなかった(一番下につくって、手動でずらした)

認知歪んでるのか課題を全く捉えられていなくて軌道修正とか、そもそも課題認識できないとか

疲れた

2020-09-26

anond:20200926224920

というかその程度もやらないガバガバ度合いで

いままでどうやってタスク量と進捗管理してたの……

2020-09-15

仕上げと報告した人に仕事評価(報酬)の8割与えられる現状にバックドロップ

方面からの問い合わせや不具合への対応進捗管理

全て行った人には2割しか評価されない

取引先や仕事をお願いした会社担当者の全員に

名前は知られているし、感謝されたり悪者にされたり

いろいろあるけど仕上げていく過程面白い

しかし、8割仕上げた段階で上司が指揮を執るようになる私の会社

幹部への報告はすべて上司だ。

そして、8割の評価がその上司に与えれる。

上司は2割を一生懸命自分のものにするために覚える。

幹部上司仕事として評価する。しかし、

関係各社に上司名前を覚えるものはいない。

上司は私を評価するかと思えば、使い捨てのように扱い

次のステップへ。

こんな現状にバックドロップだ。

2020-09-09

anond:20200908211617

プログラミング仕事は、20年やったけど飽きない。

毎年そこそこ新しいテクノロジーとか出てきて、キャッチアップするとか色々新しいことにチャレンジできるしねw

でも、40過ぎくらいになると、グループとかプロジェクトリーダーにさせられて、人にアレコレ指示したり説得したり、進捗管理して上に報告したりってのがほとんどになってきて、飽きてやめたw

べつに、プログラミングができなくなったわけじゃない。やめてから趣味でたまに何か小さいプログラム書いたりはしてる。

なんか、古くからの慣習?で、年齢的にそういう役回りにさせられてしまうのが残念だよね。

軍隊アジャイルって知ってる?

WBS引かせてスケジュール通りに予定していたことをやらせアジャイルのこと。

軍隊アジャイルポイント担当者に直接、やることとスケジュールを引かせることで、「この部分は未定だから後回しにして」とか「不確定だから調査して」とかは許されない。そもそも大きなスケジュールプロジェクトマネージャで決められている。例えば3ヶ月で開発する日程が組まれていて、中身がどうなってるのかもわからないので、スプリントと称して1週間スプリントとか2週間スプリントとか単純な分割をして各スプリントで何機能作るかをマネージャが決めている。

もちろん各チームのリーダーは進捗がバラバラ整合性は合っていない。作る人がなんとかするのがアジャイルメリットである。少なくともマネージャクラスには責任が皆無であるのでアジャイルメリットが究極まで得られる。

よくウォーターフォールは後戻りできないと言われているが「軍隊アジャイル」も後戻りは御法度である上流工程でできた設計書にバグが多く見つかるのだが、その指摘に対してQAを出しても「既にお客様合意済み」で解決する。これもアジャイルの最大のメリットであると思われる。

そして、アジャイルコーチ役割WBSを元に進捗管理をすることであるWBSが遅れた場合にはアジャイルコーチから理由を求められる。このときに「設計チームができてないから開発に入れない」と言うようなことは決して許されない。

大手SIer体験した「軍隊アジャイル」でした。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん