「被災者」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 被災者とは

2020-07-12

受刑者被災地ボランティアしたら減刑する法律必要

保護観察中の人とかも熊本ボランティアしたら解放される法律を作れば、被災者の復旧が早まるのではなかろうか

2020-07-08

自民党以外を勝たせた地域は「国民の敵」だから、つまり大雨でも津波でも救助は後回しでは

anond:20200708190431

国民の敵」罵倒自衛隊三佐の弁明で明らかになった"クーデター"より恐ろしい事態自衛隊で進む"安倍私兵化"

https://www.excite.co.jp/news/article/Litera_3980/

暴言3佐 訓戒のみ/「国民の敵」依然食い違い - 日本共産党

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-05-09/2018050902_01_1.html

訓戒のみとゆうのはつまり自衛隊は三等空佐発言のほうが正しいと隊員の全員が思っているといこと

まり自衛隊が持っているであろう自民党投票しなかったリストに載ってる人=「国民の敵」は災害時に救助ヘリに見捨てられるのでは

手を振ってる被災者無視するような露骨なことをしなくても、国民の敵が多い地域は救助ヘリの順番を後回しにするだけで合法的に殺せる

大雨の被災者共産党員はいるのか?

自衛隊人殺しだと嫌悪している共産党

今回の大雨の被災者で、共産党支持者なのに自衛隊に救助してもらった人はいないよね?

救助してもらうなら自刃するんでしょ?

子どもが、水害後の片付けを手伝うべきでない「理由」とは。医師が指摘するリスク

そう言ってもお金ないし、ゴミ掃除自衛隊にさせたら士気が下がるから止めろって風潮じゃん

用心棒風呂焚き」を危惧する https://jinf.jp/feedback/archives/27519

>>用心棒として雇ったが、普段仕事がないので風呂焚きとして毎日便利に使っていたところ、

>>ある日賊が入り、肝心の時に本来の役目が果たせなかったという話がある。

>>相次ぐ台風の襲来に自衛隊便利屋として使われている。

>>入浴施設提供や給水支援等は被災者の評判もよくメディア好意的に扱っているが、

>>浴場を提供する国軍国際的に見ても稀有存在である

>>副次的任務勢力時間を費やしてばかりでは、本来任務が疎かになりはしないか

子供強制ボランティア自発的にしてもらう以外にないんだよ

anond:20200708020555

●多分まず報道死ぬ東京地域以外のメディア社が情報を得ようとすると思うけど、東京支局に繋がらなくて同じ情報ループしかできない。仮に大阪が発信できたとしても大阪報道岩手で見れないか情報伝達は鈍化、各地のテレビラジオ情報ループする。

官邸東京のことしかまず対策できない。関東近県の情報は入らないので、東京3区と湾岸沿いくらしかまずは手当されない。

災害直後は小エリアごとに対応を頑張る。地域病院患者は運び込まれるし、消防も出動する。でもやがて満床になり破綻する。指示系統機能しない。超重症者以外は自力でなんとかするしかない。

避難所が開設される。しか東京住民以外の滞在者が多いため、その地域根付いていない人を避難所は受け入れることになる。治安悪化差別猜疑心高まる避難所の受け入れ拒否も多発する。暴徒化

食料品店は早い段階で空になる。道路が駄目になるので補充も効かない。購買や物流担当者も多くは東京被災しているので破綻する。援助物資を待つことになるが、上記理由で家の外は危険度が高くなる。

道路が使えないならば、線路を歩いて帰宅しようとする人々が発生する。本屋コンビニから早い段階で東京近郊の地図がなくなる。諍いも起きる。横浜大宮、柏あたりで一晩過ごす場所を求め個人宅を訪問する人が現れる。

TwitterはじめとするSNSが一瞬大騒ぎになり、お祈り情報デマ含む)、人探し、助けて、災害ハウツーで満ち溢れる。やがて充電の残りを気にして静まり情報は古びて流れなくなる。人々は孤立する。

知的障害身体障害者施設入居老人、病児、ペットなどの声は消える。東京が全体的に被災した場合、彼らを助けられる人材もいなくなり、助けを呼ぶ声もあげられなくなる。

コロナウイルス対策は無と化す。その場で痛みを引き起こすような伝染症でもないコロナウイルスに対して対策をする余裕はなくなる。人々はマスクを脱ぎ捨て、近距離接触あい、飛沫は飛ぶ。3密対策現実性を失う。

●恩を売るため、または統治目的で、諸外国は介入を試みる。アメリカ軍基地にはオスプレイが離着陸し、大型船が東京湾に続々と入る。官邸はそのやりとりを行うものの、政治的駆け引きをする余裕は残されておらず、なすがままに各種前例を作らされたり恩を売られたりする。国民向けの発信は弱まり、人々は国を恨む。

被災地以外の道府県首長が手を差し伸べる宣言をする。ただし実際はどこに何をするべきなのかがわからず、情報収集中と言ったり、発信力が残された被災者への救助が重複したりと混乱をきたす。維新が勇ましく振る舞い大阪府民は誇りを感じる。

被災しなかった地方でも、数日経つと商品流通しなかったり、テレビ番組がローカルニュースばかりになったりと実生活でも東京不在の影響を感じるようになる。やがて東京を避けて各地方ごとの繋がりでライフラインが再建され始める。発電所の電力は供給過多に陥る。

●各地から東京へのボランティアが旅立つ。しかし規模が大きすぎ、また交通が壊滅していて、東京への入口である関東近県から始めることになる。都心は取り残される。タワーマンション内で餓死リスク高まる

東証株価暴落し、やがて外国投機家に買われる。災害日銀存在意味が変わる。

anond:20200708005933

望む望まないにかかわらず、いずれは関東大地震が起きるし、富士山噴火するし、関連して原発がぶっ飛んだり、津波が来たりするだろう。被災者が困るのはもちろんだが、経済メタメタになって日本人全体にも影響するだろう。

2020-07-07

女帝 小池百合子 」の感想

削除されたamazonレビューの供養として140字制限のあるSNSで以下を画像投稿したら、思わぬ反響とともにテキストにしてほしいとの要望も一部頂いたので、増田の使い方として正しいのかよく分からないが、とりあえず貼り付ける。

投稿した画像文章(=amazon投稿した内容)からタイポ1か所とamazon規約に引っかかったのではないかと思われる1か所の2点のみ修正してある。

ちなみに星は最初4をつけて、追記時点で3に落とした。

------------------------------------------

女帝 小池百合子 (文春e-book)』

レビュータイトル:逆に小池百合子凄くないか

本文:

まだ半分ほどしか読んでいないので追ってこのレビュー修正する必要があるが,小池百合子の虚飾を良く暴いたという絶賛レビューしかないことに違和感を感じる。この本の記述をそのまま受け取っていいものだろうか。

この本の記述が確かなら,小池百合子芦屋とは名ばかり(とまではいかないかもしれないが)の中流より少し上の家に生まれ,周囲のお嬢様との格差才色兼備のいとこと何かと比較されることにコンプレックスを抱え,ほら吹きで政治に散財する控えめにいってもクズ父親趣味1970年代カイロに19歳の少女の身空で体一つで放り込まれたことになる。

そこから(著者によれば)アラビア語も全くできない中で,自分の外見と若さだけで周囲の駐在日本人を誑し込んで人脈を作り,カイロ大学首席卒業という大法螺ひとつ日本社会自分を売り込み,首脳夫人通訳番組アシスタントワールドビジネスサテライトキャスター政治家への転身を決め,閣僚都知事まで上り詰めた。小池には何ら専門知識がなく,頼みの学歴すら嘘であるというなら,むしろまれているとは言えないスタート地点から自分の強烈な上昇志向だけでここまで上り詰める才覚は凄まじすぎる。よって立つものがないから法螺で戦ったのであれば,そのクソ度胸は同じ人類とは思えない。

小沢一郎からゲッベルスになれる」と称賛?された小池PR能力について著者は所詮お飾りといったような評価で冷淡だが,クールビズは実際定着したし,最近では「密」など,天然ボケ的なセンスかと思われたPRが,〇〇〇〇〇である彼女の冷静な計算に基づいていたものだったのであれば驚嘆するしかない。著者はこれをテレビセンスと片付けるが,テレビ界で数年アシスタントキャスターを務めただけの小池一人で電通博報堂と肩を並べる力がある。

田島陽子などの声を取り上げて,小池は他の女性政治家と違う名誉男性であるかのような言い振りをするのもフェアではない。そういう同調圧力女性進出を阻む最たるものなんではないだろうか。この本では,(少なくとも自分が読み進めた半分くらいのところまでは)小池がチャンスをつかむたびに,その理由は周囲の男性を誑し込んだから,ということで片づけているし,それ本当かなーという気がしてくる。

また,震災被災者陳情マニキュアを塗りながら聞き,塗り終わったらから帰れ,自分はもう選挙区変えたと言い放つ場面は,その是非はともかく,事実なら小池が並みの政治家とは一線を画す存在であることを浮き彫りにする。こんなの表に出た瞬間政治生命が終了する話であって,そういった態度を政治家が本当にとれるものなんだろうか。地盤のない小池にとっては評判が命だと思うのだが。

正直,著者の描写する小池が凄すぎて,著者の描写も一面だけを捉えた虚像なのではないかという気がしてくる。こうした悪評をすべて小池権力で抑え込んでいるというなら,小池権力総理大臣はるかに超えているんではないだろうか。証言者もナミレイの朝堂院とか,小池に劣らず胡散臭かったりする点も気になる(これはそもそも小池家が胡散臭いことをやっていたことにも起因するんだろうが)。

また,もしこれが小池実像であれば,むしろ僕は小池が凄すぎてその評価上方向に改めなければならないし,その立身出世物語は痛快な小説を読んでいるかのよう。小池豊洲無駄にした120億円を使ってこれを本人主演の映画にすれば,日本映画史に残る名作になると思うので,ぜひ小池にはスクリーンで注目を浴びてもらって,政治世界から永遠に離れて頂きたい。

6月9日追記-----------------------------------------------------------

最後まで読了したが,途中まで読んだ違和感は強まるばかりだった。著者は小池なすことすべてにケチをつけずにはいられないようで,例えば著者は核兵器使用違法性についての小池の答えを自分意見がないと批判的に述べつつ,テロ特措法の延長を努力すると述べたことについては「国内で審議も経ていないのに防衛大臣が早々に自分の考えを明かしてしまう」などと批判する。結局自分の考えを言えばいいのか言っちゃだめなのか。当然ながら防衛大臣核兵器合法性について突飛な持論を展開したら大問題だし,逆に担当閣僚法案の成立に努力することを述べるのは普通のこと。もはや小池憎けりゃ何とやらの世界おかしいのここだけではなく,後半に入るにつれてこうした強引な記述が各所に目立つようになる。多すぎてここには書けないが,終盤は一事が万事この調子。また,丸川珠代の主張はともかく,「日本人で良かった」というキャッチコピーだけで「人種差別的」と断じてしまう著者の姿勢客観的とは言えないだろう。

本書を書くことで著者は身の危険すら感じているようだが,小池裏社会のつながりが明かされるわけでもなく,小池秘書の怪しげな不動産取引を指摘するだけ(その内容は新潮が報じたものの枠をでるわけでもない)。日本ODAが入っているかエジプト小池の言いなりのような主張もエジプト舐めすぎ。日本より多くのODAエジプトに出してるドイツフランスもっとやりたい放題なんだろうか。

こう考えていくと,著者のインタビュー相手が一様に口が重いのも,小池理由なのかも怪しくなってくる。いずれにせよ,小池という一級の面白材料調理するのには著者の力量が足りてないのは間違いない。

2020-07-05

増田自己責任教蔓延しているこの国で 災害に遭っても “そこに住んでいることが自己責任でしょ”とならないのはなぜ?」

東北自己責任になったじゃん

[FNN]「これ以上わがままは言えない…」震災から9年、被災者向け仮設住宅からの退去期限が3月末に迫る

https://sp.fnn.jp/posts/00050704HDK/202003111840_morimototaro_HDK


富岡浪江、飯舘の3町村の住民原発事故の際、福島県内外に避難することを強いられ、そのうち応急仮設住宅に住むことになった人たちが今回の退去期限の対象となる。

まり被災者たちは強制的避難をさせられて住んだことのない土地に移り住み、なんとか慣れて生活を再建したところで、今回、そのようやく慣れた家から出ていかなくてはいけなくなるのである


今後どうするのかを聞くと、「とりあえず荷物の整理をして運んだりはしているんですけど…。どうしましょう?どこかシェアハウスとかを探すしかないのかな?もしかしたら当面はネカフェで寝泊まりすることになるのかもしれません」


Sさんたちの住む東雲国家公務員住宅は、被災者が退去した後、国家公務員であるキャリア官僚の住居になるのではないかと見られている。

なお、地震津波で家や街が壊れた人へもこの仕打ち

完全に壊れていない限り仮設住宅へも行けず自費らしい


[NHK] 壊れた家に住み続ける被災者

https://www.nhk.or.jp/special/plus/articles/20190402/index.html


宮城県石巻市に、今も壊れたままの家に1人で住む70代の男性がいる。家の外観は特に問題ないが、1階の柱は朽ちて中が空洞だ。床も抜け落ちそうで不安を抱えながら暮らし続けてきた。


震災直後の被災地には、自宅の1階が壊れ、かろうじて残った2階に逃れた「2階族」と呼ばれる人が数多くいた。男性もその1人。自宅の1階は津波で水没し、大規模半壊と判定された。国から202万円の補助が出たがそれだけでは修理しきれずに住み続けている。


地震が起きたとき男性は倒れてきたたんすの下敷きになり、足に大怪我を負ってしまう。けがのため避難所に行けず、壊れた自宅の2階で過ごすしかなかった。しかし、津波生活必要ものを流されてしまったため、厳しい暮らしに耐えかねて仮設住宅への入居を希望したが拒否されたと言う。


市役所に行って『仮設住宅に入りたいんだけど』と申請したのよ。そうしたら『あなた場合ダメだ』って。『何でダメなの?』と言ったら、

あなた場合自分の家あるでしょ。2階で避難してたから、2階の部屋があるから2階で住んで下さい』と。」(被災者男性

国は災害救助法運用基準で、仮設住宅に入居できる対象原則として次のように定義している。

「家が全壊・流出するなどして、居住する住家がない者に供与する。」(内閣府告示


70代の男性は、壊れたままの家で8年間も暮らしている。厳しい環境で次第に体調を崩し、病院通いが欠かせない。医療費がかさみ、食費にも困窮している状態だ。


うどんはね、3袋で百円なのよ。もやしは15円。もやしが一番安いのな、野菜で。おれ最近思ったのはさ、この震災になって7年目になって、自殺する人の気持ちが分かってきた。考えても考えても、生活が苦しくて苦しくてさ。生きる力っていうのが、考えれば考えるほど暗くなってきて、明るい気持ちが持てなくなったのよ。それで死んだ方が楽だなと思って。死んだ方が、何にも考えることないなと思って。」(70代の男性



[NHK]「震災直後は夢があったけれど…」 老舗菓子Tさんの9年

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200311/k10012325051000.html


岩手県宮古市で老舗の菓子店を営むTさん(63)は、今回のアンケート自由記述に「思い描いていた未来のようにはなっていない」とつづりました。


Tさん東日本大震災津波で自宅と店舗、そして工場を流されましたが、それでも震災の直後は前向きな気持ちになれたと言います


Tさんは、当時の心境について、「すべてを失いましたが、家族住宅フェアや見学会に行って再建するならどんな家がいいかと考えたりして、不謹慎かもしれないけど、楽しい、夢が持てた時期でした。店の再建もできない訳がない、お菓子屋さんをまたやるんだと、当然のように思っていました」と振り返りました。


しかし、再建は当初思い描いたようには進みませんでした。仮設住宅不自由生活を送りながら仮設店舗営業を続け、震災の2年後には工場を再建。しかし、売り上げは震災前の10分の1にも届かず、不安材料けが増えていく日々が続きました。


Tさん震災2年のアンケートに、

▽「震災1年頃までは明るい夢を持てたが、それが2年たっても実現出来ない。むなしさを感じる時が多々ある」と書き、震災3年のアンケートには「仮設3度目の冬はマイナスイメージ言葉しか思い浮かばない。全てを失った震災直後は、それでも立ち直るという強い意志希望が芽吹いていた。当時の思いは3年で日に日にやせ細り、しおれかけている」と記しています


当時の胸の内についてTさんは「復興のつち音が響きたくさんの人が来て復旧復興に尽力してくれていることが励みになって自分も明るい気持ちになれたが、そういう人たちが去っていくと人が減り静かでさみしくなった。売り上げがゼロの日もあり、切なくて、自分たちでお菓子を買ってレジお金を入れたこともあった」と語りました。


それでも「完全復旧する」と意気込み、店の再建という夢に向かって進んでいたTさんに「建設費の高騰」が追い打ちをかけました。復興需要の増大などで震災前1坪あたり50万円程度だった工事費用が、2.5倍近い120万円程度にまで上がったのです。


工場に加え震災から5年後に自宅を再建し、すでに多額のローンを組んでいたTさんは、震災6年のアンケートに「歩みが減速して、1度勢いを失うと、強い気持ちを持続させるのは難しいと実感している。借金を増やしてでも店舗再建を目指すことは正しいことなのだろうか?」などと、自分が選んだ道は正しかったのかと自問自答を繰り返していた当時の心境を記していました。


震災から6年半近くたった2017年の夏、仮設店舗の退去期限が迫る中、Tさんは店の大きさを当初の計画の半分程度に縮小してようやく再建を果たすことができました。


Tさんは「店と工場が離れてしまうなど当初考えていなかったことが重なった。行政方針が二転三転して読めないのでその時その時で対処していたら借金が1億を超えてしまった」と話しました。


ところが、ようやく戻ることができた街は思い描いた姿とは変わっていました。住宅高台移転商店街もなくなったため店の周囲ににぎわいはなく、震災前は大勢いた自転車や徒歩で店に来る客は今はほとんどいません。


Tさんは「元の場所に戻ったら悪くても震災前の半分は売り上げがあるだろう」と思っていたと言いますが、震災の影響で商品の卸し先が廃業したこともあって、売り上げは震災前の3分の1程度にとどまっています

anond:20200705152741

被災者ってあれだろ

千羽鶴はいらねえ

米とミネラルウォータもいらねえ

欲しいものリストと金田家横瀬だろ

2020-05-08

2011年3月18日日記

計画停電がある。まだ寒いからいいけど、冷蔵庫を2~3時間FF心配

じゃあ、冷蔵庫に保冷財やアイスノン入れとけばいいじゃないか

でも、保冷財やアイスノンは、食えない。場所とる。

どうせなら、保冷財の役目をして、溶けても食えるものがいい。

そこで、非常用にももってこいなのが、冷凍枝豆

これは、買い物して家に帰る途中の保冷財にもなるし、

1回溶けたからといって、また凍らせても変わらんし、

冷凍庫に入れとけば、停電ときも、保冷財の役目をしてくれるし。

調理なしで食える。しかうまい

パンとか、日保ちしないから、買い漁るのはやめよう。

もうすぐ、供給も戻るから

東北被災者の方々は、∞も苦しい思いをしてるのに、なんか恥ずかしい状態首都圏

売り切れだと、買わないと不安になるから、探し回る。

まれて初めて体験する、パニック状態だ。

電車間引き運転殺人なすし詰め、殺気立ってるし。

ガソリン時間並んだあげく、20Lだめだし、だから異様に道空いてるし。

停電計画時間生活の中心となってるし。

やっと会社にたどり着いたと思ったら、首都圏の電力供給が足りなくなりそうだから、帰れ、って。

でも、こんなんで、ブーたれたら、被災者の人に申し訳ないし、だいたい、俺らが働かんことにゃ、

復興できんし。おっどんは、ブーブー言わんで、もくもくと仕事せな。

2020-05-03

anond:20200503091020

福島被災した人が、周囲の被災者との雑談で何が琴線に触れるか分からないので、天気の話しか出来ないと言ってたのを思い出した。

2020-04-26

anond:20200426113941

○○よりマシ論法なんて今繰り広げてどうしようってんだろう

震災被災者なんて結局は平和日本暮らしてるんだから内戦が続くシリア国民よりずっとマシって言ってやるわ

2020-04-22

anond:20200422094650

小中学生被災者に折り鶴送ったら良いことだなあと思うけど

政府被災者に数百億円の予算かけて折り鶴作って送ったら頭おかしいと思うだろ

2020-04-21

イズミヤマスク販売を叩いていたのがこちらのアカウントです

シャープマスクを50枚2980円で販売を開始しましたが、先日大のイズミヤが50枚3980円で販売したところ大変な叩かれっぷりでした。

そこでアカウントを羅列したいと思います。ってIDを書き並べたいところだけれど面倒くさい人が現れるので、コメントだけ。

[B! マスク] マスク50枚「税抜3980円」が話題に 販売するイズミヤ「原料費が高騰しており、どうしても高くなってしまう」 : J-CASTニュース

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/www.j-cast.com/2020/03/23382800.html?p=all


2020-04-18

防災無線がうるさすぎる!

全国でやってるのかはわからないが、自治体が流してるコロナ関連の警戒を促すお知らせ。

昼間に4回も5回も流す必要ないだろ!

夜働いている人間の安眠の権利はどれだけ侵害しても構わないってことですか。

さすが勝ち組公務員ですね。

わかってる。おまえらは、緊急事態からーとかいうんだろ?

んなわけねーだろ。

緊急事態なら同じ内容を何回も流さないし、重要度が高いなら夜中も流すべきだ。

正確には知らないから、実は夜中も流れてるかもしれないけど。

すくなくとも休日は昼間だけだ。

大雨のときは夜中でも防災無線がなっていたと思う。

結局、現在放送は緊急度も重要度もないけど、仕事してますアピールのために流してるだけだ。

仕事してますアピールのために安眠妨害されるほうの気持ちは、微塵たりとも想像できねーのかね。

行政仕事してますアピール気持ち悪い。

震災とき政治家作業服きて記者会見してたのをみてゴミだと思ってたが、被災者は混乱してるからありがたいと感じる人もいるだろうと思ってた。

コロナは全国、全世界関係ある以上私も当事者だが、マスクして記者会見してるのを見るのは滑稽でしかない。

あれをありがたがっている人間日本多数派なのが信じられない。

仕事してますアピール防災無線もありがたがっている人間が多数いるから流れているんだろう。

すでにコロナにやられてるのだろうか。

2020-04-12

コロナは全員が最適な行動をとれば感染を防げるので感染者は責められる

地震予知できず防げないので被災者を責めることはできない

台風は遠くからやってくるのが見えるので対策が足りなかった分について被災者を少し責めることができる

コロナ感染したらノーガードのバカでかつウイルスをばらまく悪人ってことになるから圧倒的な正論でもって責めることができる

コロナリンチのチャンス

2020-04-10

anond:20200410102201

被災者なんて一言も書いてないしそれを匂わすことも書かれてないのに何を読み取ったんだお前は

anond:20200410101708

「いろんなものが店から消えて」程度しか被害が無かった地域の住人がいっぱしの被災者気取りかー

2020-04-07

anond:20200407004305

311のときとちがって

コロナなら取材するマスコミ被災者気分で怒鳴る権利は全国民にある

正義は我にあり

2020-04-06

anond:20200406233630

読んでても海外欧米)だろ

はぁ・・

なんでほぼほぼ主題関係ない被災者長文全部はっちゃうのかな

から統失いわれてんだぞおまえ

anond:20200406230251

ないぞ

から海外学会見解を中心に見ているが

日本小児科学会のように世界真逆いかない正しい見解を見せるところもあるし、

正しい主張をしてくれているアカデミアの人もいる

日本病院会も最初からまともなこと言ってるしな


放射能云々については控えたい

そこで暮らしている人たちや暮らしを取り戻そうと尽力している人たち

地域医療に尽力されている人たちがいるからだ


どうせならこっちがいいな

[FNN]「これ以上わがままは言えない…」震災から9年、被災者向け仮設住宅からの退去期限が3月末に迫る

https://sp.fnn.jp/posts/00050704HDK/202003111840_morimototaro_HDK


迫る退去期限、今後どうするのかを聞くと、「とりあえず荷物の整理をして運んだりはしているんですけど…。どうしましょう?どこかシェアハウスとかを探すしかないのかな?もしかしたら当面はネカフェで寝泊まりすることになるのかもしれません」


Sさんたちの住む東雲国家公務員住宅は、被災者が退去した後、国家公務員であるキャリア官僚の住居になるのではないかと見られている。

なお、地震津波で家や街が壊れた人へもこの仕打ち

完全に壊れていない限り仮設住宅へも行けず自費らしい


[NHK] 壊れた家に住み続ける被災者

https://www.nhk.or.jp/special/plus/articles/20190402/index.html


加えてやはり街からは人が減ってしまって商売もままならないらしい


[NHK]「震災直後は夢があったけれど…」 老舗菓子Tさんの9年

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200311/k10012325051000.html


岩手県宮古市で老舗の菓子店を営むTさん(63)は、今回のアンケート自由記述に「思い描いていた未来のようにはなっていない」とつづりました。


Tさん東日本大震災津波で自宅と店舗、そして工場を流されましたが、それでも震災の直後は前向きな気持ちになれたと言います


Tさんは、当時の心境について、「すべてを失いましたが、家族住宅フェアや見学会に行って再建するならどんな家がいいかと考えたりして、不謹慎かもしれないけど、楽しい、夢が持てた時期でした。店の再建もできない訳がない、お菓子屋さんをまたやるんだと、当然のように思っていました」と振り返りました。


しかし、再建は当初思い描いたようには進みませんでした。仮設住宅不自由生活を送りながら仮設店舗営業を続け、震災の2年後には工場を再建。しかし、売り上げは震災前の10分の1にも届かず、不安材料けが増えていく日々が続きました。


Tさん震災2年のアンケートに、

▽「震災1年頃までは明るい夢を持てたが、それが2年たっても実現出来ない。むなしさを感じる時が多々ある」と書き、震災3年のアンケートには「仮設3度目の冬はマイナスイメージ言葉しか思い浮かばない。全てを失った震災直後は、それでも立ち直るという強い意志希望が芽吹いていた。当時の思いは3年で日に日にやせ細り、しおれかけている」と記しています


当時の胸の内についてTさんは「復興のつち音が響きたくさんの人が来て復旧復興に尽力してくれていることが励みになって自分も明るい気持ちになれたが、そういう人たちが去っていくと人が減り静かでさみしくなった。売り上げがゼロの日もあり、切なくて、自分たちでお菓子を買ってレジお金を入れたこともあった」と語りました。


それでも「完全復旧する」と意気込み、店の再建という夢に向かって進んでいたTさんに「建設費の高騰」が追い打ちをかけました。復興需要の増大などで震災前1坪あたり50万円程度だった工事費用が、2.5倍近い120万円程度にまで上がったのです。


工場に加え震災から5年後に自宅を再建し、すでに多額のローンを組んでいたTさんは、震災6年のアンケートに「歩みが減速して、1度勢いを失うと、強い気持ちを持続させるのは難しいと実感している。借金を増やしてでも店舗再建を目指すことは正しいことなのだろうか?」などと、自分が選んだ道は正しかったのかと自問自答を繰り返していた当時の心境を記していました。


震災から6年半近くたった2017年の夏、仮設店舗の退去期限が迫る中、Tさんは店の大きさを当初の計画の半分程度に縮小してようやく再建を果たすことができました。


Tさんは「店と工場が離れてしまうなど当初考えていなかったことが重なった。行政方針が二転三転して読めないのでその時その時で対処していたら借金が1億を超えてしまった」と話しました。


ところが、ようやく戻ることができた街は思い描いた姿とは変わっていました。住宅高台移転商店街もなくなったため店の周囲ににぎわいはなく、震災前は大勢いた自転車や徒歩で店に来る客は今はほとんどいません。


Tさんは「元の場所に戻ったら悪くても震災前の半分は売り上げがあるだろう」と思っていたと言いますが、震災の影響で商品の卸し先が廃業したこともあって、売り上げは震災前の3分の1程度にとどまっています

2020-03-27

2011年3月18日日記

計画停電がある。まだ寒いからいいけど、冷蔵庫を2~3時間FF心配

じゃあ、冷蔵庫に保冷財やアイスノン入れとけばいいじゃないか

でも、保冷財やアイスノンは、食えない。場所とる。

どうせなら、保冷財の役目をして、溶けても食えるものがいい。

そこで、非常用にももってこいなのが、冷凍枝豆

これは、買い物して家に帰る途中の保冷財にもなるし、

1回溶けたからといって、また凍らせても変わらんし、

冷凍庫に入れとけば、停電ときも、保冷財の役目をしてくれるし。

調理なしで食える。しかうまい

パンとか、日保ちしないから、買い漁るのはやめよう。

もうすぐ、供給も戻るから

東北被災者の方々は、∞も苦しい思いをしてるのに、なんか恥ずかしい状態首都圏

売り切れだと、買わないと不安になるから、探し回る。

まれて初めて体験する、パニック状態だ。

電車間引き運転殺人なすし詰め、殺気立ってるし。

ガソリン時間並んだあげく、20Lだめだし、だから異様に道空いてるし。

停電計画時間生活の中心となってるし。

やっと会社にたどり着いたと思ったら、首都圏の電力供給が足りなくなりそうだから、帰れ、って。

でも、こんなんで、ブーたれたら、被災者の人に申し訳ないし、だいたい、俺らが働かんことにゃ、

復興できんし。おっどんは、ブーブー言わんで、もくもくと仕事せな。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん