「義理の妹」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 義理の妹とは

2017-07-01

アニメ駄作ばかりだった

俺妹という失敗作をベース問題点改善しようとしたがキャラの魅力は減退しストーリーご都合主義突っ込み万歳、嘘大袈裟紛らわしい展開ばかりで見るに堪えない駄作

最悪なのが妹の設定。義理の妹を出すために主人公母親を殺し父親再婚させ連れ子の兄弟にする。その後邪魔な両親は殺して退場させるという鬼畜所業さら引きこもりにして外部との接触を断ち外野からとやかく言われないようにするという徹底ぶり。前作が結末で叩かれたのがとても応えたらしい。

紗霧アニメーターとわざわざエンドクレジットに載せるほど紗霧の可愛さに重点を置いているのは分かる。しかしそれって結局、今回も他のキャラ捨て駒ってことだろ。

メイン回のあったエルフやムラマサはともかく、最終回になって久しぶりに出てきた委員長書店の子がどんなキャラクターか把握出来た人はどれだけいるかな?

せっかく物作りを題材にしているのにの作者達の創作物がどういう物かさっぱり伝わってこないのも痛い。それで売れた売れないと言われても説得力が無く、ラノベ天下一武闘会もなぜ勝てたかさっぱり分からない。

ラノベ作家絵描き主人公ということで1%でも業界物要素を期待しているなら無駄なのでバクマンでも読んだ方が100倍マシ。

この作者のストーリーに期待できないなんていうのは前作の時点でわかりきっていたが、可愛い可愛い紗霧ちゃんと愉快な捨て駒サブヒロインを愛でられればそれでOKという萌え豚なら面白いと思えるかもしれない。

パロディオマージュを通り越してパクリしか思えないキャラクターの設定と展開に萎えた。レクリエイターズじゃなくてパクリエイターズに改名しろ

とにかく頭も性格も悪いキャラが多く見ていて冷める。デスゲーム物ゆえにそういうキャラが中には居るっていうのは分かるが、それにしても創作キャラクター政府人間もアホばっかりというのは斬新。根拠0の世界崩壊仮説に専門家呼ぼうとか笑っちゃうわ。

そして視聴者が見たいのは創造キャラクター同士の戦いで、オフパコ会議出会った女がネットで叩かれて自殺したとか、それで悩んでましたとかすげーーーーどうでもいい。出番の多い主人公がウザいって本当無理。そんなのに二話も使うとかアホ。

絵だけは綺麗で金かかってんだなとしか思わなかった。ソシャゲ原作アニメって時点で地雷しかないのに一応全話見た自分を褒めたい。

今更二期感が強く旬は過ぎた。巨人中学校、総集編映画くそまらOADカバ何とかを作ってないでさっさとこっちを出せばよかったのに。

ストーリー原作巨人の正体を知っているため驚きもなく流し見で終わってしまった。さらにこの後しばらく巨人が出ず人間同士の足の引っ張り合いの話になるとさらにつまらなくなるのでシーンズ3も期待出来ない。

よくある絵だけは可愛いアニメだったがそんな物は世に溢れかえっており食傷気味。せっかくの演劇という題材も活かせたとは言えず1ヶ月後には忘れられてる。こなたが本を食いだした時がピーク。インク化学薬品の塊を食ってよく腹を壊さないな。

くまみこの再来。9話の超展開からジェットコースターのように落ちていった。人類対異方の交渉が崩れた時点で終わっている。最後には半分戻って来たけど。

ザシュニナから魅力が無くなりただのヤンホモ悪党になっていくのが虚しくも笑えた。人間性を得た結果がホモ化とはたまげたなぁ…。

ただただ胸くそ悪い話。巨人に食われたり魔法少女が斬殺されるアニメより残酷だった。

ギャグ寒い。バトルシーンが人形劇。まあ人形なんだけど。

石鹸枠へのアンチテーゼ作品なのかと期待したが結局いつもの石鹸枠を抜け出せなかった凡作。かっこいい先生がかっこいい所を見せて先生すげーってのならぬーべーの方がよっぽど面白い

15年前の話を5年前レベル3DCGで今更やる必要性が分からない。特に一期から3DCGが全く進歩していないのに驚いた。同時期にやっている作品に比べて大きく劣っていることに気がついていないのか?

戦士甲冑も全く迫力が無くてがっかりした。これなら過去アニメゲーム作品の方がよっぽど良かった。

3Dでは再現できない原作雰囲気を出したい時だけ絵になるがその絵でずっとやれ。ちなみに原作だとようやく妖精島にたどり着いてキャスカが戻りそう。

文句ばかりになってしまったが、ここで触れていないアニメはまだ見る価値のある物だった(もしくは特に語る所も無いか)

中でもsin 七つの大罪覆面系ノイズ僧侶と交わる色欲の夜に…は展開が全く読めず見ていると頭がぐっちゃぐちゃになり気持ちよかったのでオススメです。

2017-06-25

https://anond.hatelabo.jp/20170625061906

距離が開いていた開いていた義理の妹秘密にズケズケと土足で入り込んだ増田

数十分の間に増田狂気と非日常への入り口的なの感じた。

2016-06-12

フーターズに行ったこと

赤坂にあるフーターズHooters)を初めて訪れた。

・年若の友人が(特に求めてもいなかったのだが)アドバイスをくれた。露出度の高いコスチュームに身を包んだ女の子たちがサーブしてくれる店である。ちょいぽちの子が多いかな。悪くはないのだが期待してはならない。料理普通だが、けっこう高いので頼み過ぎない方が良い。そんな助言を胸に刻んで臨んだ。

結論からいって、良いお店だった。

セクシー衣装女の子たちが時折ダンス パフォーマンスを交えつつ、サーブしてくれる。テーブルごとに担当の子がつくらしい。ナプキンサインして置いていってくれた。

料理はけっこうボリュームがあって、軽く驚いた。味はまったく問題なくて、普通においしい。

看板メニュー(と書いてある)チキンウィングは、初め大辛レベルを頼もうとしたのだが、担当についてくれた女の子が「本当に辛いか最初レベルを落とした方が良い」と助言してくれた。そこで中辛レベルに抑えたのだが、それでもでもけっこうハードな辛さだった。味はこれまた全く問題ない。おいしい。

価格設定も総じて納得のいく水準である生ビールカクテルもきちんとうまい

サービス チャージは総額の10%。いつも笑顔サービス精神旺盛な女の子たち。二人で腹いっぱい食べて飲んで、締めて八千円台。納得のいく値段である。むしろ安い。

・早い時間帯は空いていたが、どんどんテーブルは埋まっていった。なかに女子会が行われている席もあった。喫煙席の方がにぎやかだったような印象がある。

・人気があるのも納得の、魅力あるお店であった。

自分を見つめたことについて)

・ところで、僕は女の子の居る店にはあまり興味がない。キャバクラとか行きたいとも思わない。なぜなのか、我ながら謎だったのだが、不意に分かった。

・僕の身の回りに居る女性たちが魅力的なのだ。これが元凶である

・妻も義理の妹美人さんである。従姉に友人、仕事仲間の女性たちもかわいらしい人が多い。しか知的かしこかわいい

・そんな彼女たちと、日常的に飲み交わす機会に恵まれているのである。ならば、わざわざ高い料金を払って初対面の女の子たちとぎごちない会話を重ねても、と思ってしまう。

・そういうことだったのだ。ひとつの謎が解けた。自分を見つめ直す機会をもくれる店、それがHootersなのだともいえる。

・今思い返しても、良いお店であった。上京した友人をもてなす夜などにはまた利用したい。

2016-05-17

くりいむレモン亜美について

かつて一時代を築いた人気成年向けアニメシリーズであるくりいむレモン』の中でも特に有名で人気作品として知られるのが亜美こと野々村亜美メインヒロインとした『亜美シリーズだ。

そんな亜美は段々とメインヒロインかつ主人公的な立ち位置になっていくが、基本的に「妹」キャラとして認識されている。妹キャラシンボルにすら近いかもしれない。

亜美シリーズ全ての始まりであり多くの亜美ファンにとっては全てと断言してもよさそうな第一作の主人公・宏の義理の妹である

亜美シリーズくりいむレモンシリーズの中でも派生作品実写化を含むリメイク的展開が多いことでも分かる通り圧倒的に人気があったと推測できる。

亜美は絵に描いたような大人しめのいい娘(風)であり、お兄ちゃん大好きな理想的義妹ということからその理由も察することができる。

しかし、第一作はある意味テンプレに近い兄妹恋愛展開でありわかりやす妹萌え作品なのに対して、第三作以降は少なくとも現代萌え感覚を持って見たら殆どものとして機能しているか危うく、何故人気がある程度持続していたのか疑問に感じる所がある。

(昔の作品からどうでもいいだろうが以後ネタバレも含む。)




私は割と最近かつ、NTR属性への理解を得た後に作品を知った人間なため、どちらかといえば妹が寝取られる系の作品として魅力を感じてしまい、そういう意味亜美シリーズが好きなのだが、

素直にオーソドックス妹萌え目的で見てた人達にとっては唐突シリアスNTR展開・ビッチ化にディスク(当時はLD?)割ったりVHSテープ切り刻んで送り返したくなりそうな内容では?と思ったりする。

ところが当時を知る人達が語る亜美の魅力を見ていても、基本的にはオーソドックス妹萌え作品萌え妹キャラとして扱った上での評判が多い。

第一作だけ、強いて言っても三作目までが亜美シリーズとみているからなのかもしれない。

それにしても第二、三作も今ならボロクソに批判されそうな展開であるNTR好きは歓喜するだろうが。


物語概要】(うろ覚えから詳細部分は違う所があるかもしれない)

第一作のラスト亜美と宏は母親情事現場を見られてしまう。

第二作、それが原因で母親は宏を海外留学させて亜美と別れさせられている。大好きな兄と別れて傷心の亜美女友達に誘われてクラブに行くが、その際に酔った勢い遊び人で有名なイケメン河野という男にお持ち帰りされる。

酔って河野を兄と勘違いしながらのノリノリH。その時に兄のことを呼んだことを聞かれて兄との関係河野に知られる。

そのことで脅されて素面関係を持つ。河野に「兄のことを忘れさせてやる」と言われたことに亜美は怒る。

第三作、兄・宏が一時日本に戻ってきて嬉しい亜美だが、宏は亜美に、もうああい関係をやめようと告げる。ショックを受けた亜美は自ら河野の部屋に行ってヤケクソH。


上記のように恋愛エロ関係を抜き出すとなんだこれ…という感じなのだが、実際見てみると基本的にはエロ目的OVA作品な割にパッと見て重みのある恋愛ドラマっぽく成立するような質感ある流れがストーリーにある。エロがあるというだけでなくストーリー的にも大人な内容という感じか。

その側面は第三作の続きを描き、亜美が何故かその後スカウトされてアイドルとして活動しているという設定の『それからシリーズでも強調されていくが、それからシリーズは恐らく亜美ファンの大半には認められていない。声優が違うし(そんなに声質に差はない)、作画不安定亜美もあどけなさの残る妹的なキャラデザではなくなってしまう。そして内容的にも妹萌えを感知できる成分はほぼ皆無。


そんな妹萌えとして見たら内容的には第一作以降散々な状態でありながら、何故キャラの人気があったのかを推測すると、

当時は、実妹は勿論、義妹を堂々ネタにした恋愛エロ作品も滅多に(許され)ない萌え文化的には鬱屈した雰囲気の中にある時代だったことが影響していると思う。

そんな中で可愛い義妹とのエロあり恋愛を堂々かつ詩的に描写した亜美シリーズ画期的価値があったためカルト的に支持を得たのだろう。

また、中高生が気軽にオタクになってエロゲーすら手を出せてしまう今と違って当時はオタク文化を嗜むにはある意味ハードルが高かったはずである

くりいむレモン以外の昔のエロOVAを見ても、ドラマ性やアクション性などをメインとしても売れるような作品が多く(質の高さでなく作品における重点の置き方として)、今みたいに最初から萌えだけで売る」「エロだけで売る」ことしか考えてなさそうな作品があまりないようである。せっかくアニメーションとして作るからには、というこだわりだろうか。

逆にいえば、萌えエロ部分は物足りないのだが、そのような背景もあって当時のオタクは多様なドラマ表現の中に光る萌えの輝きを汲み取って楽しむ見方をすることに慣れていたのだと思われる。

から亜美シリーズの展開にも、文句言いつつも良い部分を大きくピックアップしながらそれをメインに楽しむことができていたのだろう。

あとは実際の現実の妹という存在立ち位置に近い動き方、扱われ方をするという点もある意味でよかったのかもしれない。今だって現実で義妹と恋愛したら白い目で見られるらしいが、現代架空作品では義妹キャラは当たり前のように兄に好意アピールするし、それを家族や周囲も特に咎めず認めちゃう世界観形成されているため義妹キャラは兄以外の選択肢は持たない。他の選択肢を持つと処女性重視する人に嫌われちゃうし。


そんな当時の風潮や作風の影響で作られた亜美シリーズの独特の質感ある内容は、エロとして萌えとして半端ながらも現代エロアニメNTRアニメには作れない独特な魅力があると自分も感じている。

特に自分は妹純愛作品も好きだが妹NTR作品も好きなため、河野という男が寝取り男として魅力的ということもありそれからシリーズも好きだったりする。

最初から続き物シリーズという前提で見てしまった場合に、第一作以降の兄の宏の存在感が薄すぎて、亜美主人公少女恋愛アニメみたいな見方をしてしまった影響もあるが…。

そんな物理的には存在感薄かった宏だったが、作中の亜美の心の中では常に存在感十分だったおかげもあってか、

亜美シリーズ二次創作話題を探してみると大体が宏との兄妹恋愛ネタばかりである

純愛萌えに比べたらごく僅かながら河野の魅力を語る人もいるようだし、個人的には『それから』で本当に亜美河野と結ばれる展開も見てみたかったのでそういう方向性二次創作も見てみたいのだが。

河野それからシリーズ亜美結婚を申し込み一時は受け入れられるのだが、別の愛人に「結婚なんて大した意味はない」と男として最低のことを言っていたりして本気でないアピールをしている。一方で最後亜美の出した答えに対する宏と対照的な笑みを見ると亜美を本当に魅力的に感じていることも事実なのではと考えたりする。

2chふたばか忘れたがくりいむレモン関係スレッドログを見ていたら「河野は結局亜美に夢中な奴だから」的な解釈をしてる人がいたが、そんな感じでも受け取れるよなとも思うし、そういうネタ二次創作を見たかったりする。


河野は元々遊び人愛人いたりしながら亜美と付き合ったり求婚したりする野郎だけど、宏は宏で別れさせられても自分を慕う亜美を拒絶して、海外から婚約者連れてきておいて結局亜美を忘れられずに婚約者失望させて亜美に求愛してしま野郎だったりして、河野が悪で兄の宏が善ともいえなかったりする。

そんな観点から見ると、亜美最後に出した答えは二人を拒絶して自分自分、もう誰にも囚われないとか宣言する恋愛ものとしては何その終わり方と思えたりもするやつなのだが、個人的にはちょっと面白かった。そんな亜美を「コイツやっぱいい女だわ…」みたいな笑みを浮かべながら見河野もなんかよかったりして。


■余談

亜美カルト的人気と実際の内容の差に近いものがあるのが美少女ゲームWith You』の乃絵美こと伊藤乃絵美だ。

彼女亜美と違って作品メインヒロインではないが同じくカルト的な人気を誇る妹キャラで、最近でも二次創作を作る人が一定数いるほどの人気がある。

こちらは実際に作品プレイしたこともないのであまり内情を知らないが、基本的には亜美と同じく清楚かつ主人公である兄を慕う妹キャラ(こちらは実妹)として人気を博したことで一致する。

ところが乃絵美も今でいうようなオーソドックスなお兄ちゃん大好き妹キャラではない部分がある。

柴崎かいイケメンの元彼がいるという今なら処女厨にボロクソ叩かれそうな要素を持っている。よく知らないが柴崎って奴はモテるがクソ野郎らしく、昔乃絵美は何されてたんだろうみたいなNTR的な意味妄想ちょっと捗ってしまう。

そんな今なら地雷要素を持つ妹キャラでありながら妹萌え勢に圧倒的な支持を得たという点で亜美乃絵美はなんだか似てるなと思ったのだった。

亜美シリーズよりは最近といってもWith Youも同じく妹萌え趣味人達にとって不遇の時代作品だったので非攻略妹キャラでありながら良い所がピックアップされて人気が出たのだろうし、現実感ある妹らしい設定といえばそうともいえる。

聞いた話では昔とある有名サークルが、乃絵美柴崎に犯される同人誌を描いたらボロクソに叩かれたらしい。後から最近知った自分からするとこれもむしろそういう方向性二次創作を見たいと思ってしまったりする。

2015-10-25

義理の妹がつまらない男につかまってしまった話。

一年ぐらい前に義妹が出来た。 女子からゆんゆん女子大に通いつつも、

「私はこいつらとは違うんだ」とサークルにも入らないようなひねくれた義妹。

義妹になる前から、そんな彼女の話を嫁から聞いてはかわいいなぁと思っていた。

しか最近になって、バイト先の小売店の10歳ぐらい年上の店長と付き合ってる事が家族にバレて、義実家ちょっとした修羅場になっているらしい。

「前の彼女女子大生だったんだって」と嬉しそうに語ったという話を聞いて、

年下で味を占めたタイプクズやんけと胸が痛くなる。

義妹ならもっとマシな、同い年とか2、3上ぐらいの優良物件いくらでも見つかっただろうに。

多分ゆんゆん系の連中には彼氏がいて、自分はいないのが悔しくて、深く考えずに付き合ってしまったんじゃないかと思いたい。

両親からも、姉からも(きっと友達からも)小馬鹿にされつつも、売れ残り独身男の脂ぎった欲望の餌食になっているのもわからないまま幸せに過ごしているであろう義妹の事を考えると、

何もしてやれない自分の無力さをひしひしと感じる。

追記(10,26)

msdbkm 様

そうですね、まさにエロ漫画な展開なんで

余計に嫌悪感が強い。

2014-07-19

http://anond.hatelabo.jp/20140719141959

上手く文章に出来なくて混乱させて申し訳ない。「上の子はしょせん試作品しかない」の内容を読んで私の姉も苦労したんだろうか…と思ったのと同時に、配偶者の妹(義理の妹夫婦)に振り回されている自分の現状を悲観したんだ。振り回されている原因が「お兄ちゃんに頼りなさい」という夫実家方針のせいだったので、もらい事故にあったような気分です。

結婚をするとお兄ちゃんの嫁もお助け対象になる可能が高い

http://anond.hatelabo.jp/20140718021723

私は年の離れた末っ子で姉の苦労は理解できないと思っている。成人してからはお互いに負担にならない様気遣う様にしている。

兄弟間は助け合いはあると思う。それはお互いにメリットがあって成立するものである。という事を義理の妹夫婦に言いたい。

2013-12-06

http://anond.hatelabo.jp/20130911185843

義理の妹(妻の妹)のパンツ畳んだことある

え、いいの?と思いながら畳んだけど、別に何とも思わなかったな。

想像世界でのみ輝く、それがパンツというもの。目の前にあると全く輝かないただの布きれ。

やっぱりパンツは身に着けてないと輝かないんだよ。不思議

2013-10-30

旦那ケンカした

何かあるたびに思い出す。

母を亡くして落ち込む私に

泣くな

子供の相手できないと子供がかわいそうだから早く元気になれ

一ヶ月後にはアメリカ旦那の妹の結婚式

行く気になんてなれるわけない

義両親がやってきた

私の母のお悔やみ。

私をお母さんと思って。と義母。

気持ちはありがたいけど実の母の代わりになんてなれないことは

私もたぶん義母も知っている。

気分転換のつもりなんだろうが、さっそく、結婚式の話。

息子が結婚式に来るのを楽しみにしている

2歳の息子を連れて行くには私が行かなくては。

旦那、助け舟だす気配なし。

息子はよくわからずとも遊んでもらって楽しそう。

四面楚歌

私、母親亡くしたばかりだけど、

妊娠8ヶ月だけど、

仕事忙しくて休みたいのに有休ほとんどないけど、

元気ださなくては。

息子に飛行機乗せてあげたいし、

メジャーリーグ見せてあげたいし、

行ったらきっともてなしてもらえるだろうし、

息子の相手もしてもらえるだろうし、

美味しいもの食べてゆっくりできるだろうし、、

大はずれ。

飛行機ホテル代50万もかけていったのに、

義理の妹のやつ、ビタ一文ださないの。

自分から誘ったレストランの会食。金出せだと?

自分が席予約した野球観戦、父親が出してくれたからお礼いってだと?

自分が手配したエアポートリムジン、たった18ドルなのに金出せだと?

もちろん式場までのタクシー代もださず、

会社関係ゲストをもてなすための会場設営の手伝いさせられて、

寒いのに休む場所もなく、

自分写真撮影カメラマンにあれこれ注文つけてはポージング

もちろん息子と一緒に撮りたくて息子駆り出される、

結婚式の食事、パスタ赤飯

引き出物会社関係ゲストにのみ。我々にはなし。

唯一、帰りの空港で、渡されたもの

これこの辺で有名なの、と袋詰めのクッキー

同じのがこの前近所のスーパーで398円で売ってた。

3泊5日時差と2歳児のぐずりと怒りと悲しみでほとんど眠れず。

私あんたをお姫様にするためだけに

こんな大変な思いして来たのかよ。

2013-07-11

青二才にみる下層

kurahito 因みに私は青二才を庇いたい訳ではなく、屑な男に屑な仲間が集まるという納得感のある筋に反発する理由がわからん←女/母は自らを貶めないとかい無謬説?

わからんってあなた悲惨すぎて見るに堪えないからに決まってるでしょうよ。「屑な男に屑な仲間」なんて簡単に言うけどさ、ナースtwitterとかガチクズですよ。

ナース@Otankona_su 6月7日

てんかんはきちんと薬飲んでれば大抵コントロールできる。薬飲んでるのに発作が度々起こるなら薬が合ってないってこと。つまりヤブ(笑)

同い年の義理の妹がいたんだが、てんかん精神病って診断名持ってた。明け方無意味包丁ふりかざして立ってるんだよ。怖いよ。彼女てんかん発作を度々起こしてた。薬飲んでたんだけどね。病院変えるよう勧めても変えなかった

彼女はぽやんとした娘だった。30すぎくらいなのに1日猫抱いて縁側でボーッとできるくらいの。買い物もまともにできない、家事も言われたことしかできない。発作起こしすぎて知的レベル下がったんじゃないかと思ったよ。まあ、義理の弟はそこが可愛いみたいだったけどね


「屑な男に屑な仲間」というのはつまり一旦クズに転落したが最後こういうナースみたいなクズしか付き合えないということだ。「クズクズしか付き合えない」だなんて、そんな悲惨ストーリーをすんなり許容できる人間のほうこそ頭がおかしいし、その意味あなた狂人なんだから自分基準で他人を推し量ろうとするのは諦めたほうがよい。

以前誰かが「貧困とは割高なカップ麺を買わざるを得ない生活だ」みたいなことを言ってたけど青二才もまさにそれで、「屑な男に屑な仲間」って言うとなんかクズクズ同士仲良くやってるみたいに勘違いする人がいるけど全然うからね。要はナースの側だって本音を言えば青二才なんかじゃなくてもっとイケてる子と遊びたいけど他に選択肢がないから仕方なく渋々青二才と付き合ってるわけじゃん。ナースの歳は知らんけどもう子育て終えてるっぽいから四十代くらいかね。子持ちの四十女がだよ、乳袋がどうした白衣コスプレがこうしたみたいなシモネタ毎日twitterに書き込んでさ、青二才青二才で「こんどチンコ洗ってください」みたいなメンション飛ばしててさ、なんかもうああいうの見てるとこう、シモネタって汚いからシモって言うんだってことが今更ながら胸に迫ってくるというか、まあ悲惨一言だよね。

でも彼等も別に好きでやってるわけではなく、他に選択肢が無いからああするしかないわけだし、お前らにしたって「青二才ナースと縁を切ったほうがいい」みたいなこと言うだけで実際かわりに青二才ナース友達になるつもりがある人間なんて一人も居ないし、だから青二才は今後もナースみたいなクズしか関わってゆけない。貧困というのはこのようにミもフタもないもので、だから「痛いメンタリティを観察するのが趣味です」みたいな顔してたシロクマも結局撤退したし、もうあとマトモなのはdokaiくらいだけど、もし本当にdokaiがマトモなんであればそもそも青二才なんかと付き合ってるわけがないので、どうせdokaiもクズ。それかアムウェイ

2013-01-11

http://d.hatena.ne.jp/kmiura/20130110

私が気になっていたのは日本食品に混入している放射性物質である2012年の春に汚染濃度の基準値が改定されてずいぶんと低くなったことはポジティブな変化であったが、それでも不安不安であるさら生協などが公示する測定値などをいろいろ眺めたりして、まあ、気をつければ一ヶ月ぐらいだったら大丈夫だろう、と判断したり、母が食品汚染に関してやたらと詳しくなっておりこれが安全あれが危険、例えば鯵は未だかつてセシウムがでていない、等々とアドバイスできるようになっていたこと、義理の妹野菜などを安心出来る販売元から購入する手はずを整えたりしたことから、決行の運びとなった。家での料理もすべてミネラルウォーターである

放射脳は怖いねぇ。

ドイツとの往復の方が被曝するってww

子供に干し椎茸キロ食わせる気だよw

こうやってリスクについて、ドヤ顔で書かれてもなぁ。

2012-05-26

おすすめやる夫スレ作品(オリジナルストーリー限定)

やる夫スレは読んでみると意外と面白いものが多く、ここ1年ぐらい結構ハマっている。

内容の質も非常に高く、10年前の葉鍵SSブームを見ているようである

色々と読み込んだので、お気に入りの作品とその感想をまとめてみることにした。

やる夫さやかの脱!恋愛弱者講座

あらすじ:

高校生やる夫は、幼なじみ翠星石片思いしていた。

ある日、一大決心して翠星石告白しようとする。その矢先、翠星石同級生上条当麻告白され、付き合い始めるところを目撃してしまう。

やる夫の友人、やらない夫とLはやる夫をいつものカフェに連れていき、慰めようとする。

そこには同じく幼なじみ上条当麻彼女ができたことを知って意気消沈している同級生美樹さやかの姿があった。

---------------

感想:

フラれたもの同士が結託して付き合いだした二人を邪魔しようとしているうちに仲良くなって……という、わりと定番の筋書きなのだが、それゆえに素直なストーリーで読みやすい。

さらに登場人物が皆好感の持てるキャラクターなので非常にさわやかな読後感を味わえる。

やる夫スレの定番ヒロインである翠星石でなく、比較的新顔の美樹さやかヒロインに起用しているところもポイントが高い。

美樹さやか性格はほぼ原作に近く、普段は活発で明るい性格なのだが悩み事に対してはうじうじと考えてしまタイプ

これが意外とやる夫マッチしていて、この二人の掛け合いは見ていて好感が持てた。

---------------

やる夫wiki 紹介ページ:

なし

やる夫フェイトダメなお兄ちゃん


あらすじ:

会社員やる夫は、いつものように先輩社員伊藤誠ランチを食べにファミレスへ入っていった。

注文を頼んだ後、やる夫携帯が鳴り出す。

電話の相手は妹のフェイト。父、やらない夫訃報を知らせる電話だった。

葬儀を済ませて仕事に復帰したその日の夜、やる夫は自宅の玄関先で自分を待つフェイト発見する。

家出をしてきたのでしばらく泊めてほしいとのこと。

やる夫はあまり気が乗らなかった。

フェイトは実の妹ではない。継母・水銀燈の連れ子だったのだ。

---------------

感想:

やる夫さやかの脱!恋愛弱者講座」と同一作者の新作。

義理の妹と一つ屋根の下で同居、と聞いて萌えエロのようなジャンル想像されるかもしれないが、そういう描写は一切ない。

幼い頃に亡くした実母・キル子への想いや、険悪な継母・水銀燈との生活を思い浮かべながら、他人とも友達とも恋人とも、もちろん実の妹とも違うフェイトとの接し方について悩むやる夫の姿は非常に大人びていて、多くのスレで見られるようなお調子者のやる夫面影は見当たらない。

また、先輩社員伊藤誠は一見原作と同様の性格に見えるが非常に常識人で、義妹と同居することになったやる夫に的確なアドバイスを与えたりもしている。

(性的な意味でなく)大人な内容の作品なので好き嫌いの分かれる作品だが、興味があれば是非読んでほしい。

---------------

やる夫wiki 紹介ページ:

なし

やる夫は剣を抜いたようです

あらすじ:

米国地方都市、パーソク市の名家ニュー速デ家の跡取り、やる夫幼なじみ翠星石に振られてから落ち込んだ毎日を過ごしていた。

学校をサボって公園時間を潰していると、謎の少年蒼星石出会う。

蒼星石は怪物に追われていた。巻き込まれるように追い詰められるやる夫

絶体絶命のそのとき蒼星石の持つカバンが開いていることに気づく。

中には一本の剣。やる夫無我夢中でその剣を……抜いた。

---------------

感想:

本作は3部構成になっている。本編「やる夫は剣を抜いたようです」と、その外伝「剣はやらない夫を選ぶようです」は時系列の大半が重なっており(全てではない)、やる夫視点の話とやらない夫視点の話がそれぞれ描かれる。

「剣はやらない夫を選ぶようです」は完結後、すぐに本編の終盤にリンクし、最終章の「やる夫は剣を――」につながっていく。

数あるやる夫スレの中でもかなりの大長編で、全90話にもわたる超大作である。これに番外編等を加えると100話に達するだろう。

オープニングの説明にある通りアーサー王伝説を下敷きにしており、アーサー王伝説から多数の英雄が登場するが、それ以外の神話などからも多数のエピソードを取り入れている。

Fate シリーズに似たような雰囲気があり、スレ内でも作者が Fate 風に解説をするなど関連する部分も多いが、作風としてはどちらかというと「うしおととら」や「からくりサーカス」といった、藤田和日郎の作品に近い。

多数のキャラクターが登場するものの、それぞれの登場人物にしっかりとした個性があり、彼らの織り成す大小さまざまなエピソードはどれも味わい深い。

特に夜神月水銀燈は読者の想像を超えて活躍し、話を盛り上げてくれた。

本編も面白いが、私としては外伝「剣はやらない夫を選ぶようです」を特に推したい。

何の力も持たない一般人やらない夫が、ストーリーが進むにつれ強くなっていき、それにつれて最初やらない夫を主人として認めなかった「知性ある剣」オルナ(朝倉涼子)が徐々に彼を主人として認めていく展開は、王道ながら非常に盛り上がる。

エピソードも名作が多い。特に東横桃子」編は素晴らしかった。細かい説明は省略するが、是非ここまでは見てほしい。

難点としては、まずひたすら長いことが挙げられる(1話10分で読むとしても15時間以上かかる)。

長すぎてとても読む気がしない、というのであればまずは本編6話まで(夜神月+水銀燈編)、12話まで(ヌケド+でっていう編)、の2回に区切って読むことをおすすめする。

もう一つは、やる夫編とやらない夫編が非常に複雑にからみあっており、読む順番が難しいということにある。

おすすめとしては、上記リンク先のまとめサイトで各話の最後に「スレ内投下順」と書かれたリンクがある場合はそれに従って読み進めることである

やる夫編、やらない夫編を行き来することになるが、結果として理解の助けになるだろう。

---------------

やる夫wiki 紹介ページ:

http://yaruo.wikia.com/wiki/%E3%82%84%E3%82%8B%E5%A4%AB%E3%81%AF%E5%89%A3%E3%82%92%E6%8A%9C%E3%81%84%E3%81%9F%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%A7%E3%81%99

http://yaruo.wikia.com/wiki/%E3%82%84%E3%82%8B%E5%A4%AB%E3%81%AF%E5%89%A3%E3%82%92%E6%8A%9C%E3%81%84%E3%81%9F%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%A7%E3%81%99

やる夫と隣のAV女優

あらすじ:

フリーター契約社員として生計を立てているやる夫は、次の仕事を探していた。

なかなか仕事が見つからず苦労している中やる夫転職サイト発見したのは、AV女優マネージャー募集という求人広告だった。

面接の後採用され、AV女優マネージャーとなるやる夫

やる夫は、初音ミクを始めとしたAV女優達を通じて、仕事とは何か、生き方とは何かについて考えていく。

---------------

感想:

やる夫.jp でもおすすめとして紹介されている有名スレ

http://blog.livedoor.jp/nyusokudeyaruo/archives/1569171.html

AV女優というタイトルに釣られがちだが、内容は仕事生き方などをテーマにしたかなりシリアスな話。

AV女優として働く女性達はそれぞれ異なる理由でこの道に飛び込む。明確な目的意識を持って飛び込むもの借金の返済のため仕方なく働くものなどその背景は様々。

始めは目標があったにも関わらず、仕事をしていくうちに少しづ堕落していく女性なども描かれ、登場人物の心情変化が丁寧に描かれている。

---------------

やる夫wiki 紹介ページ:

http://yaruo.wikia.com/wiki/%E3%82%84%E3%82%8B%E5%A4%AB%E3%81%A8%E9%9A%A3%E3%81%AEAV%E5%A5%B3%E5%84%AA

2011-01-11

今期最高のアニメが決定した

お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!

名前からして萌え系のように思えるが、その実萌え系だ。

つまり妹に萌えるアニメというわけだがツンデレ風の名前に反して内容はデレデレかと思いきやわりとツンもある。

そして妹は当然実妹はない。

禁断の愛は無理ってことだ、が、我々の業界ではご褒美である

まとめると、義理の妹ツンデレだけどお兄ちゃん大好きの萌えアニメってことだ。

2010-05-14

http://anond.hatelabo.jp/20100514011423

Aとその妻Bの間の長男C。

妻B死亡後、AはDと再婚。Dには連れ子の長女Eが居た。

ついに驚愕の事実が明かされる。(この時点でCとDの再婚から16年後。Dは2年前に病没している。)

父親の再婚相手と思ってたら実は息子と結婚していた・・・!確かに驚愕の事実だな。

ちなみに最後の事実が明かされた後の設問は、EがCを認知したのは有効かどうかというものでした。

義理の妹だと思ってたら実は母親だった・・・!?

司法試験義理の妹死亡フラグ出題

司法試験民法の問題でエロゲオタ向け問題が出てたのでテンションが上がった。

Aとその妻Bの間の長男C。

妻B死亡後、AはDと再婚。Dには連れ子の長女Eが居た。

このとき、Cは10歳、Eは8歳。

「年齢が近かったこともあって、お互いに様々な悩みについて話し合ったり、進路についてアドバイスをし合ったりしていた」との設定あり。

これなんてry)

が、いろいろAやCの事業関係の訴訟とかあってから、ついに驚愕の事実が明かされる。(この時点でCとDの再婚から16年後。Dは2年前に病没している。)

Aが外国旅行に行く前日、旅行に行く前に話しておきたいことがあると、「今まで隠していたが、実はEは私との間にできた子」と告げる(死亡フラグすぎるwww

そして、ベタベタ死亡フラグが成立し、2日後に事故に巻き込まれたAは死亡します。

せっかくのエロゲ展開が……

まあメディ倫実妹もありだっけ。

ちなみに最後の事実が明かされた後の設問は、EがCを認知したのは有効かどうかというものでした。

CとEとの幸せのために、全力で無効の主張をしておきました。

2009-02-22

Left4deadキャラクター紹介

ルイス:主人公。陽気でやさしく、昼休みには銃の練習をする努力家。

フランシス:不良の同級生。警察官になりたがっている。

ゾーイ:主人公義理の妹ゾンビ映画好き。エレベータ放屁してしまうお茶目な一面も。

ビルツンデレ先輩。ベトナム仕込の知識で主人公たちを導く。興奮すると「すんごいの」とか言い出す。

2008-11-14

http://anond.hatelabo.jp/20081114135607

元増田です。

意見、有難うございます。

私も彼女(母方の伯父家族)らに悪意はないと思いますよ。

それをしっかり書かなかったな、と後悔していました。

彼女らには悪意はないんです。だから不用意に、母は「病んだ。苦しんだ。」と言うのです。

つまり、自分の義理の妹の骨が「黒い」から、さぞかし辛く、苦しかったんだろう、と自分達の悲しむ心を演出するエッセンスにしているのです。

それは、生きているうち、苦しませないように必死に介護していた側の心を、意識せずに踏みにじっています。

遺族にとっては、無意識罵倒でもあります。そこが悲しい。

だから、

> どんな形であれ、ずっと一緒にいた者が骨になっている家族の周囲で、あれこれ言い立て騒ぐのはやめて欲しい。

と書いたのです。

2008-03-08

弟が結婚しました

それで、義理の妹ができたんだけど、

結婚前から「好感持てるなあー」と思えるタイプの子だった。

かわいがりたいんだけど、新婚の時期にあまり絡んでも悪いかなあと思ってガマンしよう。

弟はもうどうでもいい。

2007-08-03

http://anond.hatelabo.jp/20070803082126

その友人の言う当たり前の幸せって言うのはきっと

・毎朝起こしに来てくれる幼なじみがいる

・血のつながってないがとても慕ってくれる義理の妹がいる

・憧れてくれている後輩がいる

・なぜか他人以上に親しくしてくれる先輩がいる

女子寮女子校になぜかいることができる

・優しいだけで惚れてくれる

そんな当たり前なんだよきっと。

2007-01-31

http://anond.hatelabo.jp/20070131150223

結婚があるから女はリスクを取らないってのがピンと来ない。

母親生保セールスしてたし、姉たちも子供二人産んでいるが、それぞれ美容師DTPオペレーターをして働いている。

義理の姉は地方で教師をしているが最近出産した。義理の妹は0歳児保育を利用して養護学校の教師に復職した。

育児出産のために勤務先に制限があるというのは、実態を見ているのでよく分かる。

だけど結婚しないし育児もしないで還暦迎える独身者でもないかぎり、男でも女でも、それぞれなんらかの制限は有るよ。

性別による制約の強弱は有るけど、制約の有無ではない。

おそらく自分の身の回りにそういう考えの女性しか居ないという世間の狭さが原因だとおもうけど。

そうだとしても「女性だから○○なんだ」という極端な論理展開には違和感を感じる。

女性には○○という傾向がまだまだ多い」ぐらいの書き方で、いちいち書いてほしいと思った。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん