「ガーデニング」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ガーデニングとは

2020-06-14

anond:20200614024103

今思うとそうなんだろうな

なにせ、おっさん隔離部署に来てから利益があがったんだよ

なぜって各部署の残業が減ったし、便利部隊仕事に使えるツールを作ってくれたりするんだから

明らかに残業は減ったし、経費は削減された

一例をあげると、趣味観葉植物ガーデニングってやつがいて、おっさんそいつ会社観葉植物管理を任せた

自宅にうじゃうじゃある観葉植物そいつはうきうきと会社にもってきて、(家に置き場がなくなっていたらしい)応接などに配置。

毎日仕事はこれらの観葉植物花屋の用意したきれいな観葉植物並みに維持することだ

当然張り切ってそいつ毎日世話をする

そして毎月レンタルしていた植物は解約。観葉植物代で数万毎月花屋に払ってたのが浮いた、とかな

一つ一つは小さいんだけど塵つもだった

2020-05-21

種苗法

国外持ち出しと言うけど、種をポケットに入れて出国なんて普通にできてしまうんで、国外持ち出しを防ぐための法律とは思えんのよなあ

まあガーデニング程度の知識しかないワイの感想だが

2020-05-07

コロナでよかったこ

引きこもり自営でほぼヒキニート生活なんだけど、コロナ在宅ワークひろがったおかげで

平日昼間にスーパーに買い物行っても人目が気にならないし

家にこもりっきりの生活していてもご近所の目が気にならない。

持続化給付金であと半年くらいは生活できそうだし、もともと誰とも接触しない生活なので感染リスク低い。

仕事生活が大変な人には申し訳ないけど、ちょっとだけ楽しい

ご近所の目が気になってなかなか出られなかったベランダで日がな一日ガーデニングしてる。

2020-03-05

から出ずに楽しめる100のこと(完成版)

コロナ流行で、週末家から出ずに楽しめる事を100個考えてみた。

1.映画を観る

2.昔見た国内ドラマをもう一回見る

3.まだ見た事のない海外ドラマを見る

4.動画を見る

5.動画配信する

6.Youtube海外動画日本語字幕をつける

7.オンライン英会話を始める

8.外国人日本語を教える

9.知らない人とスカイプで話す

10.知ってる人とスカイプで話す

11.オンライン飲み会を開催する

12.食べる

13.料理をする

14.麺うちをする

15.パンを焼く

16.ケーキを焼く

17.薫製を作る

18.料理投稿する

19.料理を教わる

20.オンライン授業に参加する

21.プログラミング を学ぶ

22.アプリ開発

23.サイトを作る

24.ブログを始める

25.漫画を読む

26.漫画を描く

27.本を読む

28.小説執筆

29.俳句を詠む

30.絵を描く

31.楽器を弾く

32.作曲

33.懸賞に応募する

34.大掃除

35.DIY

35.ガーデニング 

36.レゴ

37.ナノブロック

38.プラレール

39.プラモデル

40.マインクラフト 

41.オンラインゲーム

42.旅行計画をたてる

43.机上旅行

44.編み物をする

45.刺繍をする

46.服を作る

47.作ったものを売る

48.マッチングアプリ

49.婚活

50.仕事


50個しか思いつかなかった。

あと誰かよろしく


追記 --------------


ブコメを見たり自分で思いついたりして95まで追加した。


51.ヨガ

52.ビリーズ・ブートキャンプ

53.TRF イージー・ドゥ・ダンサイズ

54.ピタゴラスイッチ

55.株

56.レザークラフト

57.タングラム

58.数独

59.小規模自己出版

60.フォトアルバム作り

61.手紙を書く

62.絵手紙を書く

63.ディアゴスティーニ

64.トランポリン

65.内職

66.ギネスブックに挑戦

67.オンライン囲碁

68.オンライン将棋

69.オンラインポーカー

70.LINEスタンプを作って売る

71.オンライン同時上映会

72.寝る

73.蘇を作る

74.資格を取る

75.ネット大喜利

76.リングフィット アドベンチャー

77.猫

78.ネイルアート

79.折り紙

80.電子工作

81.アマチュア無線

82.シルバークレイ

83.包丁を研ぐ

84.VR

85.ジグソーパズル

86.金継ぎ

87.Google Art Projectで美術館めぐり

88.落語を聞く

89.部屋の模様替え

90.消しゴムハンコ

91.ストップモーションアニメ制作

92.ジグソーパズル

93.ポイ活

94.アクセサリー作り

95.HITT


ブコメ参考になりました。

レザークラフトで靴作り羨ましい。オンライン同時上映やってみたい。どうすればいの?

自分全裸トランポリンしながら念願のウクレレをはじめてみようかと思う。

妊婦の人は心配だよね。気をつけて。

自分病気で8ヶ月自宅療養したことがあって、その時は暇と孤独発狂しそうだった。

考えてみたらこれだけたくさんの人が同時に家に引きこもって同時に暇になるってすごいことなんじゃないのかなあ。

ドアを開けて、どこにでも好きなところに出かけられるのってすごいことだと思うよ。

あと5個、誰かすごいのよろしく


追記2——————————-

これで最後

ちょっとオーバーしちゃったけどダブってるのもあるしまあいいか


96.ピンホール写真を撮る

97.写真を素材サイトで売る

98.昔の紙焼き写真スキャンしてインスタにUP

99.写真現像

100.特許オンライン申請

101.着付け練習

102.シナリオ執筆

103.長風呂

104.レーザー脱毛機で脱毛

105.新しいソフト習得

106.古代言語を学ぶ

107.Wikpediaに記事を書く

108.ニコニコ実況

109.オンライン読書会に参加

110.水耕栽培キットで野菜栽培

111.しいたけ栽培キットでしいたけ栽培

112.何もしない

ぴよ将棋いいね!

と言うか学校休校になった小学生オンライン将棋をやったらその中から第二第三の藤井聡太くんが出てくるのでは?

ゲームについてなんか言ってるやつはオススメゲーム100みたいな記事自分で書けばいいと思うよ。

それではみなさん楽しい引きこもりライフを。

2020-02-09

anond:20200209113335

いや、現代で350万〜だったら薄給じゃなくない…?(200万とかだったら安いと思うけど)

少なくとも俺はそんな仕事あったらけっこう喜んで応募すると思う まあ料理プロ並みじゃないとダメ掃除毎日やらないといけないしかなりの頻度で夜中に起こされる、サボりは許されない とかだったら嫌だけど、それだと主婦業とはかなり違うからなあ

ていうか家に縛られるのは父親もそうだと思う 結婚と外出を伴う趣味ってそもそも両立できなくない? あとうちの母の場合はけっこうガーデニング店に行きまくって庭いじりをやったりもしてたし、旅行は嫌いだったから家に縛られてたかどうかの判別は難しい

2019-12-23

シムズ4が面白い

各地食べ歩きしてレシピ増やしたり

ガーデニングで新種作ったり

とにかく超絶スキルマンにするプレイが好き

建築面白い

そもそも昔はシムピープル廃人でした。技術進化に驚き

他好きなゲーム

アトリエシリーズリリーが一番好き)

ノーラと刻の工房(最高。特に肉を壁に吊しとくと何日か後に干し肉になるのが最高)

スターデューバレー最近知ってハマり中)

ベーカリーストーリーアプリ。1の方が好き。とにかく可愛い

FF14廃人になりそうでやめました(ギャザラー

牧場物語もちょこちょこやる

どうぶつの森放置気味

・よくある畑を放置して収穫する系のアプリは途中放置ちゃう

カイロソフト大江戸タウンズが一番好き

趣味合いそうな人おすすめ教えて下さい

ノーラ最高だったんだけどなー続編は出ないのかなぁ

2019-12-15

anond:20191215001929

しろセレブママ層(若い)がガーデニングの一環でやってそう(工エエェェ(´д`)ェェエエ工)

2019-10-16

anond:20191016104315

普通ガーデニングゲームと見せかけて

とにかくパズルするゲーム  とかね。

3つの行動から選んで、その後の動作を見守れ!みたいな広告出てて

面白そうだと思ったらただのパズルだったり。

ガーデンナントカってやつ

2019-07-24

anond:20190724131522

犬猫は飼ってたらバレそうだけど金魚禁止なんて絶対守らせることは不可能でしょ

動物がだめなら観葉植物とか水草とかベランダガーデニングとかもある

2019-07-07

anond:20190707022310

インドアガーデニング好きだけど

室内で観葉植物にランとかもりもり着生させた中で生活したい

2019-06-13

ヒヨドリ

ヒヨドリの巣がある!」と母が嬉々としていたのは少し前のことだ。

言われてみれば、庭の金木犀の中にこんもりとした草の塊みたいなものが見えた。その上に親鳥がちょこんと座っていたのは、きっと卵を温めていたのだろう。

母はよほど嬉しかったのか、『家政婦は見た!』の市原悦子さんのようにして窓辺から金木犀を覗いていた。私は生き物にあまり興味がなかったので、そんな母の後ろ姿を横目にそのうち巣立っていくだろうと思うくらいだった。

それからしばらく経った。雛が孵ったのか、庭からピーピーと小さな声が聞こえるようになった。親鳥もあちこち飛び回って、子育てのために奔走しているようだ。母は相変わらず市原さんをしている。

から頭を出して餌をねだる雛、餌集めに懸命な親鳥、窓辺の母。なんとものどかな光景だった。

今日梅雨の晴れ間だった。ガーデニングをしていた母が庭木––金木犀とは別の木––の根元に変な穴があると言い出した。私には何も心当たりはなかった上、母以上にうちの庭に詳しい人間はいないので「なんだろうね」とだけ返しておいた。

午後になって買い物に出た。母が庭に植える花やコロコロの替え、食べ物なんかを買って家に着いたのは夕方になる前だった。荷物仕分けた私がソファで一息ついていると、買った花を植え終わった母が不思議そうな顔で戻ってきた。

それから時間ほど過ぎた頃。母と居間おやつを食べながらテレビを眺めていると、突然外からけたたましい鳴き声が聞こえてきた。親鳥の声だ。私より速く窓辺に寄った母が「蛇!」と一言叫ぶなり庭へ駆けていった。窓から金木犀を見ると、枝を伝う黒い影のような蛇の姿があった。その周りで、二羽のヒヨドリバタバタと飛び回りながら鳴き続けていた。

「やめて! やめて!」と繰返し大声をあげながら、母は棒を使って蛇を落とそうとしていた。途中で手伝おうかと別の棒を手に尋ねたが断られた。危ないからか、私がウネウネしたものが苦手だからか、単に邪魔なだけか、全部か。

蛇は母の手によって追い払われた。けれど巣からあの小さな声が聞こえることはもうなかった。さっきまでの威勢がすっかり消え失せた母と居間に戻ると、庭のフェンスに留まる親鳥が見えた。巣に向かって、甲高い声を上げて続けていた。甲高い声の中に「ごめんね」と小さく呟く母の声も時折混ざった。

別にヒヨドリが好きなわけではなかったとか、ヒヨドリも蛇も野生だからこういうことは普通に起こりうるのだろうとか、あの変な穴は蛇のだったのかなとか考えはするのだけれど、今は夕暮れの庭に響く親鳥の声に胸が詰まりそうになっている。

これを書いているうちに日が落ちて、親鳥の声も止んでしまった。彼らはどうしているのか、どこで休むのか、あの巣はどうなるのか。静かになった庭のそばで、そんなことを考えている。

2019-05-17

anond:20190517111814

「体を動かす」のであればガーデニングあたりが一番過酷だったりするんだよな(切り株掘ったりする)

「いや競技性重視だ」っていうのであれば指一本でできる射撃e-sportsほとんどかわりないわな

(なんなら、ガンコントロラーに鉛仕込んで重くしてもいいんじゃないの)

運転スポーツ競艇)だの球技系(ゴルフシミュレータ)だの何にも変わりないよな~って分野もある

 

ただしマインクラフト、おまえはだめだ

2019-04-24

anond:20190424184514

しかに。働いてるっていうのとは違うね。コスパの良いガーデニング教室かな。

2019-02-18

anond:20190218233212

放置ゲーでもガーデニングみたいに複雑な要素が絡まるのは増田クッキークリッカーを一週間以上続けて理解している事だと思ったが……

放置ゲーって何が面白いの?

ガーデニングみたいに複数要素が複雑に絡み合うのならまだしも、単にレベルがちまちま上がっていくだけでしょ

2019-02-16

anond:20190216215801

俺の知っているお嬢様ガーデニングで土いじりが好きだし

また別のお嬢様軍手を愛用して木登りするのが趣味なんだ

二次元だけど

2018-12-09

anond:20181209001114

おばさんorおじさん、さすがに60過ぎたら旅行記orガーデニングブログ以外はネットから引退すべきぜよ。

あとは若い世代に託すべき。

2018-11-10

ノラ・ミントの思い出

仕事に就いても長らくの借家住まいで、結局今も家を持たない。これはこれで何も不満はないのだけど、昔はマイホームなるものへの幻想を抱いていたこともあった。

最初職場秘書さんが結構な庭のある家にお住まいで、よく庭で育てたハーブを持ってきてはハーブティーを淹れてくれた。カモミールとかレモンバームが多かったのだけど、彼女に、

ハーブっていうとミントみたいなイメージがあるんですけどね」

と言うと、吐き捨てるように、

ミント? あれは駄目ですよ。うちの庭にもあるけど、欲しけりゃ来てくださいな。ありったけあげますから

このとき、私はまだ知らなかったのだ。ミントが実は相当な繁殖力があるということを。

ミント多年草である。越冬できる地下茎と根を残し、そこから更に茎を伸ばして拡大していく。そしてミントには花が咲き、種子をつける。ミント種子をご覧になったことのある方が多いか少ないか知らないのだが、1 mm にも満たない芥子粒程のサイズの代物である。風が吹けば呆気なく辺りに飛び散って、そこで発芽し、繁殖する。一度ある程度の大きさになるとなかなか枯れない強さもある。

こういうわけで、庭にミントを植えるとどんどん繁殖する。拡大する。しかミント同士は交雑し易い。セイヨウハッカペパーミント)、スペアミントアップルミントなどを近くに植えていると、程なく交雑がおこり、交雑したミントはしばしば芳香を失う。こうなるともうたちの悪い雑草に過ぎない。ミントはその芳香から防虫効果があるとされるが、芳香を失ったミントは虫の繁殖場所になってしまう。除去しようと刈り取っても増殖はやまない。根ごと除去したつもりでも、土壌にわずかに根、茎、種子が残っているとまた発芽する。根絶するためには、土壌ごと除去したり、除草剤を散布したりしなければ難しい……ということで、ミントガーデニング簡単に手を出すべきでないものらしい。

はーなるほどー一軒家の庭ってのも楽じゃないんだなー……と、そのときはそういう話で終わっていた。しかし、私が個人的ミントが好きで、料理に使うこともあるので、栽培したいなあ、とずっと思っていたのだった。そのうち、私は職場移籍することになり、ある地方都市に引っ越すことになった。

その町はある大企業城下町で、その企業工場社員の住む住宅街構成されているようなところだった。大企業正社員なら、収入も安定しているし、銀行だって容易くローンを組ませてくれるのだろう、そこの町の持ち家率は、そりゃあもう高い高いものであった。私は相変わらずコンパクト賃貸物件に居を構えたが、職場までの道はもう家、家、家……その家の中に、私が「ミント屋敷」と名付けた家があった。

ミント屋敷は、先に書いたようなミント典型的犠牲者の家である。角地の瀟洒一戸建てで庭も広いのだけど、その庭一面が草叢……ならぬミント叢になっている。ミントの勢いは庭に留まらず、家の周囲にも飛び火していて、角地なので家の角の外側に電柱が立っていたのだが、その電柱根本にまでミントが生えている。私はこれを面白がって「野良ミント」と呼んでいたのだけど、前職の秘書さんの言葉を、私はここで初めて映像として目の当たりにすることになったわけだ。

今の私の住まいは、この町から少し離れた大きな地方都市にあるのだが、ここに住むようになって、プランター植木鉢で普段使いハーブ栽培するようになった。私がよく使うのは、肉料理ローズマリーセージ、魚料理タイム位なので、まずはそこから栽培を始めたのだけど、これが安定してくると、他にも何か……ということで、ミントのことを思い出したのだった。私の住まいマンションで、このハーブ栽培ベランダでやっている。だから、先に書いたようなミント犠牲になることもないんじゃないか。そう、そのときはまだ軽く考えていたのだった。

最初園芸店の通販でニホンハッカを買ってみたのだが、なんとこれを枯らしてしまった。やはり、枯れない強さのある株を栽培した方がいいんじゃないか、と考えていて思い出したのがミント屋敷である電車に乗れば、今でも行くのにそう苦になる程でもない。私は引っ越しから久しぶりにその町を訪れ、ミント屋敷で家の方に事情を話し、何本か生えている株を採取させてもらった。これを家で挿穂すると、呆気なく根が出、ミント植木鉢が出来上がった。

とにかくこのミント繁殖力が強いのだ。どんどん拡大しようとする。摘んで使うのだけど、ミント使用量なんてたかが知れているわけで、やがて余ってくる。シソ栽培していたので、シソミントの交雑というのは聞いたことがないのだが、ミントだけ少々離れたベランダの隅に置くことにした。

それから、1週間程経った頃だろうか。掃除しようとミントの鉢の辺りに行くと、鉢から根のような茎のようなものが伸び、ベランダの床の上を這い始めていた。これは……いわゆる匍匐茎というやつだ。これが地面と触れているところから根が出る。そうすれば茎が切れても、そこで根を張って繁殖することになる。要するに自分自身で挿穂をするようなかたちでの繁殖だ。いや、さすがは野良ミントである。そうか、こうやって拡大していくわけか。しかベランダの床はモルタルから、根の伸ばしようがない。私はしばらく放っておくことにしたのだ。

日毎に匍匐茎は伸びていくのだが……日が経つ度に、私は気味が悪くなってきた。その匍匐茎は、他のハーブプランターや鉢のある一角に向けて、真っ直ぐに伸びていくのだ。ミントに目がある訳もないし、どちらの方に他の植物が、そしてその植物が生きている土壌があるか、なんて、知ることができるとは思われない。しかし、野良ミントの匍匐茎は、確実にその方向に、曲がることなく一直線に伸びていくのだ。こいつは……本当にただの植物なのか? 実は宇宙のどこかから飛来した謎の生物で、己の繁殖の為に最適な行動を、我々の想像を超えた生物機能を以て為しているのではあるまいか。そう思うと、その匍匐茎がまるで触手か何かのように見えてきて、どうしようもなく恐ろしくなったのである

私は結局、そのミントを捨てた。鉢の土ごと、燃えるゴミの袋に密閉して。植物とはいえ自分勝手な印象や都合で、結果的に弄ぶような育て方をしてしまたことが悔いとして残ったので、私はそれ以来ミント栽培したことがない。これからも、きっと栽培することはないと思う。

2018-08-01

植物に興味がある人と無い人

俺は観葉植物植物家庭菜園ガーデニングなどに興味がない

育てるのにも興味がないし、食べるのも興味がない

花は美しいと思うので一人でも花見をするが、インテリアセンスが皆無だから家には置いていない

ちなみに両親は興味があるタイプで常に何か育てている

 

この前飲んだ時に同じくおっさん2人が大変植物好きで熱く語ってたんだが

どうにもその差がどこから来るのか見いだせなかった

あるとしたら2人がインテリアに強い、美的センスがある人だということだ

植物好きな人センスがあるというか、インテリアエクステリアに興味があるんだろうか

 

そういえば、例えゲームであっても育てるとか、収穫系のゲームはやらない

効率戦略を練るのは好きだが、生産型のゲームもしない(工場とか)

RPGレベル上げはするが、人の育成系ゲームはやらない、面倒くさい

そこもあるかもしれない

 

正直言うと興味がある人が羨ましい

2018-07-18

家事は余裕。主婦ヌルゲー。

よく主婦主夫家事子育てが大変だとか、時給に換算すると、なんて話題が挙がる。けど、それがどうしても理解できない。

人それぞれ性質が異なるから「人による」と言われればそれで終わりだけれども。

私は新卒入社した会社に9年ほど勤めて、知人に声をかけられて転職して、そこで3年働いた。

その後いろいろと経緯があって主婦になった。

朝はお弁当と朝食を作り、家族を車で送り届け、洗い物をして、掃除洗濯アイロンがけや買い物を済ませる。夜は夕飯の準備をして家族を迎えに行き、夕飯を済ませたら片付ける。

庭の植物ペットの世話もある。子供ができれば子育てが加わる。意外と雑多な用事が生まれ時間を取られることが多い。特に子育てが加わると。

こうした一連の家事をしていて、経験して思うのは、とにかく働くことに比べると天と地ほど差があって、とにかく楽だということ。

子育ては常に流動的で、柔軟な対応が求められるので少し気疲れする。何か他のことをしていてもほっぽっていかないといけない。夜中も気が抜けない。

でも仕事に比べたら本当に楽だ。

子育てに関しては子供好き(ただかわいがるだけじゃなくて、実際に経験しないとわからない大変な世話を含めて)かどうかで大きく分かれると思う。本当なら子供好き以外は子供を持つと消耗するから持たない方がいいんだと思う。

主婦としての時間はどれくらいかかっているかと言われると難しい。

なぜなら項目としてあげられないような細かい作業も多いし、待ち時間も生まれしまうから。ただ朝は6時ころから、夜は24時ころまで何かしら手がかかる。子供が小さい時は夜中も。

それでも仕事に比べたらとにかく楽で、相手には申し訳ない気持ちが常にどこかにあった気がする。

仕事との一番の違いは、子供の世話も含めて基本的には自分ですべて時間タスクコントロールして効率的に進められる点。

そして、何よりプレッシャーがない点が大きい。

元いた職場は、ホワイト企業だったと思う。

外資系で、オフィス設備もきれいで最新だった。休みは前日でも当日でもいつでも好きにとれたし、私服OK。自宅勤務OKフレックスタイム制はいわゆるコアタイムもなく、個人裁量でいつどのようにとってもOKだった。

ただ仕事をしていると、とにかく失敗=会社顧客の損失であり、少なくとも表立ってはわからないできないが許されない。周りには基本的に敵(利害関係者)しかいない。

1つ1つの案件お金を出す顧客からすると重大事で、仕事が始まる前と終わった後にしか和やかな雰囲気は生まれない。

職種にもよるだろうが、少なくとも管理職になればこのような苦労が大なり小なりあると思う。

おそらく労働時間でいえば、主婦の方が長いとは思う。

でも、利害関係者に振り回されずに自分ですべてコントロール出来て、強いプレッシャーがない家事は、例え家事子育てでろくに睡眠時間がとれなくても、私にとっては楽で楽で仕方がなかった。たまに面倒くさくはなるけれど。

ある程度こなれてきて、空き時間を好きに使えるようになるとなおさら楽になった。

子供も二人目が中学生になって手がかからなくなってきた。

会社員として社会復帰しようかとも思ったけど、家族相談して自宅で事業を始めてみることにした。

まだ今後も家事はすべてやっていくけれど、振り返ってみても、仕事よりはらくちんだなぁという感想しかかばない。大変なことも楽しいこともあったけど、圧倒的に楽しかたことの方が多い。

から、なんで家事がつらいとか、家事いかに大変かをアピールしたがる人がいるか理解ができない。

よっぽど不器用なのか、生まれ持った資質として家事子育てに適性がないだけなんだろうか?それなら理解できる。

あるいは自分がしていることが大変だと周りに認められることで満足感を得ることが目的だろうか?それも理解できる。

でもそれだけでは済まないほどに、こうした意見を目にする機会が多い。

その一方で、ガーデニング手芸習い事カフェ巡り、お菓子作りなどの趣味を楽しむ余裕のある主婦も多い。

単純に辛そうにしている人は家事適性が低くて、そうじゃない人は家事適性が高かったっていうだけなのかな?

2018-05-09

パンティーが見たいっていうのは何もどんなパンティならいいってわけじゃねーんだ

ええか。

お前らはまだ若いからどんなパンティーにも興奮してしまうだろうがな。

例えば洗濯物のパンティーだ。

これはな、本来見てはいけないんだ。

マンションに1階に住むOLは下着だけは室内に干す。ベランダにデーンとほしてあるのは大抵の場合、おばさんだ。

そうなると目を向けるべきは2階なんだ。

2階なら下から見にくいだろうとOLベランダに干すケースがある。

でも、目隠しの柵の隙間から見えたものならそれはもうカナンと言っても差し支えない。そういう物に興奮を覚えるべきなんだ。

 

俺がお前らと同じぐらいの頃な、やっすいワンルーム7階建ての最上階に住んでた。

隣にはまるでワンルーム馬鹿にするかのようなでっかいマンションが立っててな、俺はなんというか、ベランダに出て左手から差す日光浴びながら歯磨きをするのが好きだったから朝はぼけーっと外を眺めながら歯磨きをしていたわけだ。

そこでな、気づいたんだ。真向かいってほどでもないんだけど、確かにでっかいマンションの少し下の方の階、多分5階だ。

パンティーがあるって。しかも俺好みのライトグリーン

眠気がぶっ飛んだ。

それまでは見えてなかったというより、探そうとすらしなかった。むしろかいマンションを見ずに左手にある大きな道路を行き交う車を眺めて朝の活気を楽しんでた。

びっくりしすぎて即部屋に引っ込んだ。

間違いない、あそこには俺好みのライトグリーン色の下着をつける若いOLがいる。ライトグリーン色って時点で若いOL意外ありえない。しかも、ワンルームに住む俺何かと違って結構エリートだ。これは、凄まじいぞ。

なぜライトグリーンが好きなのか?ど田舎から都会に出てきた俺にとって「緑」とは周りにあって当然のものって認識があった。社会人になって緑が恋しくなったんだと思う。だからライトグリーンが好きなのだ

そこからかいマンションの5階住みのOLに恋をするわけだ。

でな、もしかしたら早起きしてればOLの姿を拝めるかもしれない。幸い俺の職場10時始業だったので、多分、5時ぐらいから9時まで張ってれば早朝洗濯物を干す人がわかるだろうと。

それからいつも2時に寝て8時に起きていたのを11時に寝て5時に起きた。

流石に4時間も張るわけにもいかないし、逆に4時間ベランダにいたら向かいマンションから「変な男がこちらのマンションをずっと見ている」と通報されかねない。なのでベランダにいてもおかしくない趣味を始める。それがガーデニングだった。

早速ホームセンターまで自転車飛ばして小さいプランターや、防虫剤やプランターに被せるビニールや、花の苗を買う。選んだ花はパンジーだ。パンジーなら難しくない、小学校中学校園芸おっちゃんと仲良くなっては手伝いをしていた自分にはカンタンものだ。乾燥した土でもすくすく育つから水やりを忘れても問題ない。

そこで朝5時に起きて、いそいそとガーデニングを始める。まぁ、小さいプランターなので2時間もかからないうちに終わるが、そこから土をいじってるふりをして待つが、現れない。

その日はもしかしたら選択の日じゃないのかもしれないと思い、出社する。

 

翌日だ。

朝5時に起きてパッと確認すると、なんともうその部屋に洗濯物がほしてあった。

戦慄した。5時でもだめなのか?

そんなことを思いながら水をやり、二度寝をして遅刻をする。

 

なんどかそんなことを繰り返し、3時に起きたこともあったが、結局暗すぎてわからず。

自分推理が正しければ、夜干しタイプなのかもしれない。

もしそうであるならばこれ以上残酷なことがあるか。夜にガーデニングをして張るやつは明らかに変質者だ。せっかくパンティーの主を見るためにガーデニングを始めたのに無意味だっていうのかい

そうやって、心の中にあのライトグリーンパンティーをしまい込んで、ガーデニングは続けてるうちにきれいなパンジーが咲いた。

今思ったけど、パンジーパンティーって音が似てるな。

 

そして月日が経った。

俺がいつものようにお花の世話をしていると、例の部屋から女性がでてきた。

慌ててこちらのマンションの目隠しと柵の間から覗き込む。

スラッとした長身女性だ。多分自分より少し年上。きれいな人だった。

自分心臓バクバクした。あのライトグリーンパンティーをあんなにきれいな人が穿いている。

奇跡と思った。

奇跡すぎて、勃起はしていなかった。興奮すらしてなかった。びっくりするぐらい。

ただ感じたのは「触れてはいけない何かを見た」ことだ。

 

それから自分はその隣のマンションの5階の例の部屋の呪縛に縛られることになる。見てはいけないのだ。

自分は黙々とガーデニングをするだけなのだ

意識的に目をそむけ、そのこころライトグリーンパンティーなんてもはや存在しなかった。

心の中から消してしまった。

知らなければよかった。

知らなければ俺の心にはライトグリーンパンティーがあったのに。

 

しばらくして、転職をすることになり、くそったれなワンルームから少しはマシな1LDKの1階に引っ越した。

今でもガーデニングは続けている。それどころかベランダがかなり広い部屋を選んだ。今年は自分が育てたカーネションを母親プレゼントできそうだ。

こうやって毎日緑色の葉を見ていると思い出すんだ。

ライトグリーンパンティーを。

2018-04-05

ガーデニングはじめた

最近ガーデニングをはじめた。

きっかはいとうせいこうさんの本。

植物と触れ合うのはよい。月並み言葉だが、癒される。

毎月ひどいPMDD(PMS精神症状が主のもの)が、今月はなんとほとんどなかった。

植物パワー、すごい。

昼間ベランダに出るから日光を浴びる。セロトニンどぱどぱ出てると思う。

次は何を植えよう。何と何で寄せ植えしよう。果物を食べた。さぁ、この種を蒔こう。

次々とやりたいことが出てくる。

洗濯物は乾燥機を使い浴室に干しているため、ずっと使ってなかったベランダ環境も整えられていく。

ベランダの分だって部屋の一部なのだから有効に使わないとね。と、またまた満足感。

みんな、植物はいいぞ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん