「年金受給者」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 年金受給者とは

2019-09-22

anond:20190922035729

「それまでの人生」だろ

乙武さんみたいに最初からその状態で生まれたなら、

その人生適応できる余地が本人に残されてる。

オトナになってから激変すると適応障害起こしがちなのは

老害みてりゃわかるじゃん

なんだかんだいって生きてるきみらも

若いうちにいろいろ経験して迷うことな人生だったんだろ

 

どうせ老人になったら全員年金受給者だよ

2019-08-31

給料たくさんもらってても年金もらえるようにするよ!年金受給者の就労意欲が削がれるからね!

って現役世代就労意欲はどうしてくれんねん。

年金もらえるようになったときお前にも嬉しい制度だよ!ということだろうがこっちは年金もらえるまで生きていられるかもわからんのよ。

受給開始75歳まで引き上げるかもだけど欲しければ60歳から年金もらえるよ!でも早死しない限り生涯の受給総額激減だよ!やだー!

現役世代は早死する前提の運用なんです?実は安楽死合法化間近なんです?

まあ働き通しで時間はなく、でも給料は低いみたいな奴らの健康寿命は短そうだしね。元気なうちにもらえるもんはもらっとこうと思うかもね。

寝たきりで年金もらえたって嬉しくないもんね。

でもそれならいまテキトーナマポもらって遊んで暮らして早く死んだほうが今より幸せになれそうだ。

働いたって将来報われないんだから

給料たくさんもらってる年金受給者はそもそも年金額と給料合計してそれなりにあるから年金停止になってるわけだろ。

なんなら65歳から基礎年金給料額に関わらずもらえるわけじゃん。

おまけに退職したら年金停止も解除され、受給開始する年金には退職までかけてた分もさらに上乗せされるんでしょ。

70歳以上になっても年金停止があるやつは給料下げろそれで下の世代給料を上げてやれ。

で、おかしくない?こいつら年金もらっても厚生年金の掛け金は増えないんだよ?保険料収入増えないんだよ?

所得税は増えるかもしれないけどトントンまたはそれ以上になるとは思えないよ?

えっじゃあそいつらより下の世代どうすんの。

配られるはずだった年金がなんか上の世代に配られて自分の番は回ってこないってことにならないの?

違うの?保険料収入のアテがあるの?若い世代の収める保険料はもう目減りするの確定じゃないの?

やっぱり年寄りの票が欲しいの?現役世代年金もらわず寿命短めに死ねってことなの?

俺が悲観的なばかなの?でもこれで子どもなんて育てられるわけなくない?

という内容を推敲して政治家ちゃん陳情しても何の意味もなくスルーされちゃうんやろなというもう寝よ案件

2019-07-25

ネタバレ】天気の子に隠された深遠なメッセージ

みてきたので書きます


作品主題は、経済的に困窮し水商売生計を立てるシングルマザーだ。

ヒロインヒナは弟のナギと2人暮らしをしている。姉と弟の形だが、これはヒロイン性を保ちつつシングルマザー象徴するためにこの形となったと考えられる。

冒頭でバニラ宣伝車が登場したのはおそらく意図的ものだ。黒い服のスカウトマンという形でもやや露骨協調されている。

また、劇中ではシングルファザー象徴としてライターケイスケも登場する。娘を引き受けたくても祖母に許しを得られない場面は、独り親の難しさの別側面だ。


クジラ

金融市場に大波を起こす大口参加者のことをクジラと例えられることがある。作中の雨水クジラはこれをモチーフとしているのではないか

国内ではこのクジラは5頭ととらえられることが多いが、この中の1頭は年金運用を行うGPIFという団体だ。


竜:

水と竜から想起したのが、ウロボロスという自らの尾を食らう竜だ。

国内では年金受給者が不安からという理由で大部分を銀行貯金する傾向にあると言われる。

この傾向のマイナス面として、

年金銀行貯金する→銀行国債を買う→国は国債年金支給に使う→...」

という形で実体経済寄与しない形で、特に現役世代を経ない形で還流してしまうということだ。

これが自らの尾を食らう竜に例えられることがある。作中の竜はこれがモチーフではないか


さて、作中では大洪水をもたらす降雨災害が発生するが、これは前述のクジラや竜が制御不能になったら...ということを暗喩しているのではないか

過去に、バブル崩壊サブプライムショックという大嵐の際に行われたのは、新卒採用抑制という形で人柱にツケを押し付けることだった。


主人公ホダカは、「自分のために願って」とヒロインに告げる。

たとえ大雨になっても大嵐になっても、人柱になんてならずに自分の願いをかなえて欲しい。

それが新海監督が込めたメッセージなのではないだろうか。

2019-07-09

anond:20190708233336

増田は(元?)女子大生のようなので、確かにひどいショックを受けたろう。その点は大変だったと思う。でも、少し考えを変えてみてほしいんだ。

朝、コンビニ公園駅前などで飲酒している老人って見たことないか?あれ、大半が年金暮しの老人なんだよ。経済的問題もあるのかもしれないが、今の年金受給者、もしくはそれ以前で退職金取り崩しとバイトで食べてるような人達世代って、実は時間有意義に使える趣味のない人が本当に多いんだ。とりあえず金は支給されているし、休む時間はたくさんあるから……と飲酒にはしり、そこに耽溺している人、実は多いんだよ。当然だがこんなこと、身体に良い筈がない。

これと比べたら、オナニー三味の方がまだましだと思うんだ。ただ、時間有意義に使う楽しみが他にないのなら、やはりそれはそれで問題から、何か新しい趣味とか、そういうグループに参加できるような機会とか、そういう方向のケアをしてみてはどうだろうか。

2019-06-18

[]そもそもむりげー

日本公的年金賦課方式で現役世代年金受給世代を支える方式

賦課方式で歪みが発生したとき、その是正方法が大きく2つあって一つは現役世代負担を上げる、もう一つは年金受給世代からの負荷を下げる(e.g.年金を下げる)

人口構成が変化(支える側と支えられる側の割合問題)すればいずれか、もしくは両方の対応必要になる。

医療生活環境の向上で長寿化、etc......したことにより、ここ20年で年金受給者は2.5倍に膨れ上がっている。(受給者があまり減らずに増える)

現役世代年金受給世代人口構成比を20年前とずっと同じに保つためには出生率は5.17程度必要になる。



どんな社会だったら、子供を5、6人産むのが普通社会だと思う?

2019-06-13

anond:20190613123153

今の年金受給者も「やるべき事をやらねばならない」で年金減額受け入れてくれんかね

2019-06-12

未だに年金が貰えると思っている人が沢山いるんだな

昨年の数字年金受給者の総数は4,482万人。

まり日本の3人に1人は年金受給者である

年金賦課方式で、現役世代の収める保険料と、足りない分は税金国債で賄われている。

こんな仕組が維持できるわけが無く、それは20〜30年くらい前から言われてた事。

今後も高齢者が増えて、現役世代人口は減り続ける。

シルバー民主主義なので、政治によって年金制度を変える事も相当難しい。

今の政治家も高齢者も、制度崩壊する頃には死んでいるだろう。

どれだけ増税しようが、積立金を運用して利益を出そうが、制度ちょっとした延命措置しかならない。

今の若い世代年金をまともに受け取れる可能性は非常に低いだろう。

金融庁報告書よりも、さらに酷い状況になると思うよ。

2019-06-02

anond:20190602204544

そうね。主婦/主夫とか、年金受給者とかはどうするんかね。

これは単に応募フォーム設計者が考慮漏れしているんじゃまいか

あるいは頭に浮かんだけど、面倒くさかったから端折ったとか。

普通に職業フリーランス」「勤務先:自宅住所」ぐらいにしておけばいいんじゃない

ものは言い様、気の持ちようだよ。

2019-05-28

無敵の人収容所送りにしちゃえばいいのに

ロスジェネでも精神疾患でも理由背景に関わらず、

納税額ゼロ人間逮捕して収容所送りにしちゃえばいいのに。

北海道で周囲の町村まで相当離れた箇所に何区画か作って刑務所以上の塀で囲って武装警察に警備させて、

その中で刑務作業させれば良い。農作業でも良い。

脱走したら射殺OKにして。

犯罪者予備軍を社会から隔離すれば犯罪率下がるでしょ。

年金払わない人を隔離する手段から票田の年金受給者層からも支持受けられるよね。

2019-01-27

anond:20190127091842

有権者ほとんどは年金受給者引退間近のジジババなので労働問題日本の国政の課題なることは二度とない

2018-08-25

anond:20180824112054

犬のブリーダーで儲ける予定でドーベルマンを飼い借金でっち上げ障害者年金受給者デブに今夜空いてるよと言われた事がある恐怖から犬派を信じられない私がいる

2018-08-05

祖父から聞いた戦時中の話

 ドラマこの世界の片隅に」を見ていて、横柄で大袈裟に騒ぎ立てる憲兵さんが登場したところでふと祖父から聞いた話を思い出した。

 威張りくさって周りから怖がられていた憲兵さんは、終戦と同時に夜逃げ同然に姿を消していた、相当恨まれていたらしい、と。祖父自身特に憲兵さんと関わり合いになることはなかったのでその話はそれでおしまいだが、祖父から聞いた戦時中の話を忘れないように記しておこうと思う。

軍需工場

 終戦の年から二、三年前、東北地方出身の当時十代の若者だった祖父は、軍需工場で働いていた。工場の持ち主は、今でも名を変えて現存する大企業だった。

 私の父は戦時下の話をあまりいたことがなかったそうだが、祖父は孫達にはよく話して聞かせてくれた。もちろん辛いこともあったろうが、祖父から話を聞くと「結構楽しそうだな?」と子供心に思ったものだ。

 何故なら、ある時祖父パソコンインターネットの使い方を教えていた時、GoogleMapを開き見たいところがないか聞いたら、祖父は「昔働いていた東京を見てみたい」と言ったのだ。

 そこで当時の蒲田区があったところを見せると、祖父は懐かしそうにここに工場があって、ここの川で昼休みに水浴びして、休みの日に遠足でここまで行って…といろいろ説明してくれた。

 聞けば祖父が働いていた工場の寮はとても待遇が良く、特に食事が良かったと。

 祖父はそこで生まれて初めてライスカレーカレーうどんを食べたそうだ。とても美味しかったらしい。今でも祖父の好物はライスカレーだ。

 近くに他の工場もたくさんあったが、そんなに待遇がいいのは珍しかったそうだ。休み時間に別の工場の人と話をすると、そんなにいいものを食べられるなんて、と羨ましがられた。

 そんなに食事がいいのにはもちろん会社側の「健康若者をこの工場から徴兵して貰って、国から褒めて貰おう」的な思惑があったそうだが、祖父徴兵される前に終戦を迎えることになる。

 祖父に話を断片的に聞く限り、戦時中で大変なこともあったろうが、田舎から出て来た若者らしく都会で楽しく過ごしていたようだった。

 ちなみに東京空襲の時はどうしていたの? と聞いたら、祖父がいた寮から遠くの夜空が明るく光って見えた、とだけ教えてくれた。防空壕に逃げたという話は聞いていない。とにかく直接被害は受けなかったらしい。おかげで私の父も私もここにいる。

(後で調べたら東京空襲蒲田区はあまり被害がなく、その後の別の空襲で爆撃を受けたと知ってぞっとした。よく生きていたな…?)

終戦

 終戦の直前、国の広報日本は勝ってると言い続けていたが、みんな負けていることはわかっていたらしい(それこそ憲兵さんに聞きつけられると面倒なことになるので、誰も口にはしなかった)。米軍が撒いた「日本は負けるよ」と書かれたビラもよく落ちていた。

 案の定昭和二十年八月十五日に日本降伏した。

 それと同時に祖父が働いていた工場は操業を停止した。軍需工場から戦争に負けた今、工場で作るモノなんて無いから。そこで祖父は同じ地方出身の者達と相談して、故郷に帰る電車切符を手に入れるのに奔走した。

 交代で列に並び、四、五日かかってようやく切符を手に入れられた。その時に町を出て、祖父は荒廃した東京風景を見て愕然としたという。今現在、よくテレビで目にする終戦直後の驚くほど何もない東京映像写真のものだった。

 その後祖父は一旦故郷に帰ったが、働く場所を求めて親戚の伝手ですぐに遠く離れた地へ渡り現在に至る。

 祖父現在91歳。もう少しいろいろ話を聞きたいと思っている。私が作ったカレーライスも食べて欲しい。

おまけ

 祖父から聞いた戦争の話はここまでだが、ちょっとしたおまけがある。

 ある時、祖父不思議な顔をして郵便で届いた書類を見せにきた。「これはどういう意味だ?」と。

 それは『ねんきん特別便』だった。よく見てみると、祖父戦時中に軍需工場で働いていた頃に納めていた年金がいわゆる「宙に浮いた年金記録」となっていたことが発覚し、年金受給者の祖父支給されていなかったのだ。祖父自身、その頃に自分年金を納めていたことなど全く知らなかった。

 インターネット検索したら「全国消えた年金相談センター」のウェブサイトによると戦時中宙に浮いた年金記録はたくさんあるらしい。知らなかった。

 とにかく書類に書いてある通り、記入して返送すればお金が貰えるよ、と説明した。書類には覚えてる限りの勤めていた会社名前、住所を書いてくださいとあった。祖父はきちんと記入出来た。きっともう覚えてなくて書けない人もいたんだろうな。

 後日、祖父お金が振り込まれた。祖父曰く「案外少ない」でした。

おわり

2017-12-06

anond:20171206163250

年金受給者を4人も抱える世帯としてはいつまでも長生きして年金貰って欲しいと思っています

2017-11-03

anond:20171103085214

ニート年金受給者じゃなきゃデモなんかできないだろ

それともまたパヨク団体から日当が出るのかな

2017-10-27

anond:20171027123851

年金健康保険介護保険を維持して年金受給者にはBIを配らないことにすると

社会保障給付費 114.8兆円

年金医療介護を抜くと残り12.5兆円←これを

・18歳以上の人口 1億407万人

・重複を除いた年金受給者3991万人を引いて 6416万人←これに分けると 年額194825円 月額16235円

言い忘れたけど公的年金障害・遺族など含む)と健康保険介護保険以外の現金給付は全部なくなる

2017-10-07

anond:20171007175116

政策がアホだから嫌いなんであって、政策が「お前天才だろ…」なら好きだろ。追記:主義者はちがったな。ごめん。

BI単体なら前も言ったけど俺は賛成。いまの生活保護の奴や生活保護以上にもらってる年金受給者、同受給予定者は泣きを見てもらうけど、それ以外は大体幸せになるからね。

机上の案としては、ひろゆき提案してる?ニコニコベーシックインカム案で十分だと思う

http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%A0%E6%A1%88

2017-09-29

年金受給者借金600万

親戚が金を借りにきた。

はやく、司法書士弁護士相談して債務整理してこーい!!

この金額になると自己破産案件なんだろうか。

2017-09-12

anond:20170911234016

で、なんだったのこれは

4000万人という数字

年金受給者の数

首都圏人口

これはただの情報であって発言ではないよね

2017-09-10

年金受給者が約4000万人らしい。

なんでこいつら生まれ時代ラッキーなだけで自分が払ったのより3000万円以上奪えるの?

2017-06-28

反緊縮&財政出動支持者はちょっと花畑すぎないか。追記あり

からはてな村ネットの若手リベラルブロガーの中で「日本経済を復活させるには消費税は減税!ガンガン財政出動させて介護や保育や教育予算をぶち込め!」という論評が人気で、前から暖かい目で見守っていたのだが、今回自民党の若手議員までもそういった提言をしていたというニュース日経であがってはてぶが大絶賛の嵐だったので本気で不安になってきた。ブコメの一部に「応援するからこの議員27人の名前を公開してほしい」というのもあったが、俺も別の意味で公開してほしい。自分選挙区だったらその議員には絶対票を入れないから。ベーシックインカムほどのトンデモ感はないし、ある程度はうなずける点もあるが、ちょっとみんな夢見すぎなんじゃないかと思ってしまう。

俺みたいな「反緊縮&財政出動反対論者」にはよく「日本国債はほぼ国内で消化できてるから大丈夫!」という反論がつく。ギリシャなどが経済破綻したのは国債の大半を海外投資家などに保有されてて、一度経済危機が起こると一気に売りに走って暴落するけど日本はそんなこと起きないよ!という話だろう。それはわかる、ただ日本国債国内で消化されているのは単純に「日本高齢者の多くが安定資産として国債をかっている」または「高齢者貯金を溜め込んでる銀行安全策として国債大量購入してる」という話ではないか???そりゃ中国も利回りが限りなくゼロに近い日本国債を買うなら世界で一番安全で利息もある米国債を買うだろうよ。現時点では団塊の世代引退時期で溜め込んだ大量の現金安全運用策として日本国債が選ばれるんだろうが、今後彼らも生活のために貯金を切り崩し、また段々と人口減でそんなにお金ためこんだ高齢者の数もへっていったら、今後は日本国内日本国債を消化していくのは難しいと思うのは俺だけだろうか?なのに反緊縮派は今後も日本国債問題なく日本国内で消化される前提で大型財政出動説を取る。あまりに楽観しすぎじゃないか

あと低待遇介護士保育士待遇ヘリコプターマネー改善しようという安易なやり方にも大反対。彼らの低待遇はたしか問題だし改善すべきだが、それならちゃんと国内議論して彼らの待遇改善のための予算増税)を組むべきである。「介護士保育士社会重要仕事から財政出動給料を5割増にしよう」というのは簡単だが、一度ヘリコプターマネーであげた給料をあげたらいったいいつ元に戻すのか???年金3号問題というのも、元々は高度成長期に猛烈サラリーマン家庭を助けるための「仮法案」だったのに(あまり知られてないが、仮なので今でも定期的に国会で新しい法案をとおして延長してる)、企業国民もその年金3号がずっとあることを前提に社会プランを構築してしまったので、もうやめるにやめれない状態になってしまった。おそらく介護士保育士待遇ヘリコプターマネー改善しても10年もしたらその特例が「当たり前」になって誰もやめることができず、国の借金が完全に破綻するまで増大していくだけだ。

それに根本問題として、もう少子化が進みすぎて日本人口低下が止まらない状態になった今、「日本経済増税に耐えられる状態になるまで回復する」時期なんて永遠に来ないだろう。正直少しずつ騙し騙しで増税して国の国力低下をソフトランディングさせる以外に方法はないと思うし、「消費税は減税!財政出動さらに拡大!」をやったら、自分世代はなんとか逃げ聞けるかもしれんが、まだ生まれてない次世代の子供にとんでもない額の借金押し付けるだけになるのではないか?これじゃ俺らが「逃げ切り」と批判している今の高齢者と変わらない、いや借金の膨大化を許した分もっと罪が重いのではないか???

ただだからといって「消費税増税」が劇薬なのは納得せざるをえないのが悩ましい。対案として「高額所得者への増税」「法人税増税」をよく聞くのだが、日本の厳しい点は少子高齢化が進んでいるので勤労世代の数がどんどん減っている点だろう。国としてはぶっちゃけた話「今後増えていく一方の年金受給者にも税金負担してほしい」のが本音であり、その高齢者からも確実に税金徴収できる手段として「消費税」はたしかに確実な方法なのである個人的にはなんとか相続税をもうすこし調整して税収を増やしてほしいのが、現在自民党高齢者が溜め込んだ現金を早く市場に流すようにと子供、孫世代への教育費用については控除みたいな方針を出しているので、あまり相続税をガン上げしてもあまり劇的な効果はないんじゃないかと思ってしまう。

正直ここまで書いて行き着く結論は「魔法解決策なんてないよ」に行き着いてしまう。日本にいる人は現在日本税金は高すぎる!この上消費税増税なんて狂ってる!と思っていると思うが、日本は他の先進国に比べたら税負担は低いほうだろ。欧州は論外として、低負担福祉で知られる米国と比べても税負担はそんなに変わらない。それなのに医療設備はここまで完備されているのは、日本のいう国はバブル終わってからずっと借金で回っているから。この国は「低負担・中福祉」なんだよ。それを負担を今のまま、いやむしろもっと減らして、福祉の質は更に上げようなんて虫が良すぎるだろ。

教育無料化して国民の質をあげれば後々になって税収入となって戻ってくる」という論もあるのだが、正直俺には「国が10負担すれば将来うまくいけば5ぐらいは帰ってくる」ぐらいの与太話にしか聞こえない。俺もそこまで経済に詳しいわけじゃないか専門家からみたら穴だらけな指摘もあるんだろうが、やっぱり感覚的に反緊縮&大型財政出動主義に乗れないのである。今後日本ができることといったら、労働関連の法律もっとしっかり整備して、ちゃんと夫婦フルタイム共稼ぎでも子供が育てられるレベル環境設備していくぐらいじゃないか?もちろんそのために保育士介護士待遇をあげるために多少の増税はやむを得ないと思ってます

追記①

正直もっと荒れるかと思ってたけど、みんな比較煽りなしで答えてくれたのでよかった。きっと「娘とYUKIライブいけるかも?」の増田さんのおかげでみんなの魂が浄化されてたんだろう。

いろいろあった反論から全部答えるのも長くなるので一部だけにしますが、俺はべつに「消費税増税に賛成」とか「成長をあきらめてる」とか単純な話じゃないんですよ。ただ「反緊縮&財政出動日本経済復活」なんて単純に信じられるのがお花畑すぎるってことです。人口減少している日本じゃどのみち経済規模は落ちるし、毎年のように高齢者向けの社会保障予算は増えていくし、数あるクソ対策のなかから少しでもマシなクソを選べって話だと思ってます。ただねー高齢者負担を増やすための方策ってやっぱ数が限られてくる。

日銀の大胆な金融緩和政策については俺も評価してますよ。ただブコメトラバにあった「インフレが順調に進めば、資本家金持ちには間接的に税金になり、庶民物価もあがるけど給料もあがるから国の借金が目びりして万々歳」みたいな話が流れて、それは違うだろうと思うわけです。少なくても同じような金融緩和政策を行って景気回復させた米国では「年金ぐらしの高齢者暮らしは確かに厳しくなったが、資産のある高齢者資産価値があがって逆にプラス」「企業金持ちインフレ資金目びりするどころか、あらた投資チャンスでもっと資産やす」「物価不動産医療学費)のインフレ給料賃上げがついていかず、実質的庶民手取りはどんどん減ってる」という現状を無視せずにちゃんと直視してもらいたいわけです。日本アベノミクス規制緩和ほとんど手付かずなので中途半端におわったといわれてますが、もししっかり規制緩和してたとしても米国のような結果に終わっただけじゃないかな。まーそれでも国力がどんどんジリ貧になっていくよりはマシかもしれないけどね。経済学でこれまで語られてきたインフレと、現実先進国で起こっているインフレの現状は違うんだよね。そこは認めようよ。

ブコメトラバでも「相変わらずわかってない奴」的なコメが多いんですが、他の先進国経済政策みても英国労働党のコービン氏以外は俺の認識とそんな変わんないんじゃないの?だって俺の理解では各国の中央銀行金融政策を行うのとは別に政府が「国のサービスや補助を厚くするから税金やすよー」と「税金減らしてみんな好きに使っていけど、代わりに国のサービスカットするね」の2択から時代に応じてどっちかを重視してバランスとってくってのが基本じゃない?それなのになんで日本だけ「税金は安くするし、困っている人おおいか公共サービスも厚くするよー。費用については後で考えようね」なんてトンデモな話になっちゃってるんだろ?っていう現状にモヤモヤ不安が募るのは普通じゃないですかね?誰かもいってたけどフリーランチなんてないよ?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん