「B子」を含む日記 RSS

はてなキーワード: B子とは

2019-10-08

特別感情

いままで恋人をつくったことがありません。

出来ないわけではありません。

何人の方にご好意をいただいたことはあります

しかし、私は人を「特別な」意味で好きになれないのです。

恋愛理解できずでイメージの話になりますが、

お付き合いというものは「好きな人」の中でも、「特に」という方を選ばれるのかと思います

A子には抱かない感情B子には抱く、といったひとつ頭が出たような。

そして人は思いを告げ、結ばれるのだと。

そこで自分に目を向けましょう。

すると私には「特別な」というのがないことに気が付きました。

A子が好きならB子も好き。そこに差はない。

お付き合いは独占欲の表れ。

ひとたび契約すれば他の好きな人との交流が阻まれるのも少なくない。

そんな時、好きな人、A子もB子とも密な交流を続けたいと思う。

そうするとお付き合いは私にとって足枷しかないのです。

また相手にも不誠実になってしまうでしょう。

相手は私だけを見ているのに、私は何人もを見ている。

そんなのを相手が黙っているはずがありません。

から自分にとっても相手にとっても、こういう私のような人間はお付き合いなぞしてはいけないのです。

2019-08-06

あいつは常に頭がHappyなんだ

同僚女子に言われた言葉

この同僚女子をA子とする(独身)

もう一人の同僚女子(B子)は、既婚者(子なし)だ

私(独身)とA子とB子の3人は同い歳(25)である

いつもそのB子旦那自慢からまりHappyを振りまいてる

かと言うA子は、常にネガティブ

楽しそうなところを殆ど見た事がない

あるとすれば、たまに話す好きな推しキャラの話をした時だけだ

私は、そんなA子の世間への愚痴をただ聞くだけなんだけど…

昨日もその愚痴飲み会で聞いていたら「B子はね!常にHappyなんだよ!!苦しい!辛い!なんてそんな事思ったことない!ああい人種は、何でもポジティブから頭の中はHappyで出来てるんだ」って、話してきた

私はどちらかというとA子よりのネガティブ思考だけど、A子程は世間に恨みつらみがない

いつも、A子は、「私なんてどうせ……」、「誰も私を愛してくれない」、「幸せな奴を見てると憎しみさえ感じる」、「世間が憎い」等、ちょっとネガティブを通り越したヤバめの発言してるんだけどね

B子みたいな超ポジティブ思考の人ってちょっと憧れる

でも、逆に毎日ポジティブ幸せ振りまいて疲れないのかな……

辛いことって無いのかな

幸せ押し売りをいつもしてくるから聞いてて疲れるけどwww

A子の中で女は頭が常にHappy人種ネガティブ人種かの2種類しか存在しない

A子にとって私はネガティブ人種類友なんだろう

私はどちらでもない中間属性でいたいんだけどな〜

ネガティブ思考気味だけど!

人付き合いは難しいな

A子が言う「頭が常にHappy人種」や「ネガティブ人種」どっちと付き合っても疲れるー!

2019-07-11

イケメンって凄くね?

同僚の女の子でもクラス女子でも出会女性とは誰とでも恋人にも夫婦にもなれるしセックスもできるってことだよね?

どんな女性でも彼女にできる選択肢があるってことは

今日クラス替えあったけど美人のA子ちゃんおっぱい大きいB子ちゃんどっちを彼女にしようかなー」

とかクラス替え初日トップ2のどっちを彼女にするかで口説けるのは大前提で悩んだりしてるんだよね?

凄すぎだろ リアルエロゲじゃん

俺もこんな世界で産まれたかったわ

2019-05-09

anond:20190509122706

「そそのかし」を疑われた子(B子かC子かどっちがどっちかは知らんけど)の予測変換に

教唆」があったのは結構アウトじゃない?

自分のやったことが犯罪教唆だったか検索かけてたんじゃないの?と思ってしまうけど。

2019-04-18

モテ期って

A子に好かれたら、A子が好きな人は私も欲しい(B子) A子もB子好きな人は私も欲しい(C子)という構造なのかなと思った。

2才の息子が保育園モテ期を迎えている父親感想

2019-03-08

ジャニオタ文化と、にわかの私

これは、ずっと私が胸の内に秘めておこうと思っていたものだ。

でもやっぱり誰かに知って欲しくて、残しておきたくて、書く。

私は某ジャニーズJr.応援している。

きっかけは高校生の時のクラスメイトJr.の公演に誘われたことだ。

当時はジャニーズ、というと周りの女の子たちが黄色い声でお話しているデビュー組のグループのことしか知らなかったが、仲の良かったA子にJr.メンバーについて教えてもらい参戦した。そしてそのうちの1人のJr.くんに目が引かれ、それ以来応援するようになった。

それから数年経った。私は大学生になった。

バイトも始めて、自由に使えるお金も増えた。

大学ではジャニーズJr.応援していることは公言していなかったが、次第と類は友を呼んでジャニオタの知り合いができた。

また、その頃にA子がTwitterを始めたので、私もTwitterを始めてネット上でもジャニオタの繋がりができた。

そしてジャニーズには多ステ、積み、録音・録画、入り待ち出待ち文化があることを知った。

正直、知りたくなかった。本当に知りたくなかった。

大学で仲良くなったB子は多ステする子だった。私も2人で参戦するところを4枚で申し込んで2枚と2枚で交換して入るようになった。そんなある日のことだ。

「今度のチケット増やそうかな。」

B子チケット転売サイトを見ていた。転売サイト存在都市伝説だと思っていた私は、公演のチケットが定価の倍以上の値段で売買されているのにとても驚いた。

「そんなに驚くこと?みんなやってるよ。」

B子は私にそう言った。

私は、定価以上でのチケットの売買に抵抗があった。そのことをB子に伝えた。B子は私の話をしっかり聞いてくれてから言った。

「私は小さい頃から(某デビュー組)のチケットが高額で転売されてるのを見てきた。だからバイトができるようになったら、いっぱいチケットを買っていっぱい会いに行くのが夢だったんだ。毎日遅くまでバイトをしているのもそのためだから。」

B子にもう少し詳しく聞いてみると

複数名義を持っている。基本的には定価で入る。

・回数を増やしたい時は転売されているチケットを購入する。

・定価以上で転売をすることもあり、その売上で年会費を支払ったりチケットを増やしたりしている。

とのことだった。私は他人事だと思っていた転売を仲が良かったB子がしているのをどう受け止めていいかからず生返事をしたのを覚えている。

他にも大学で知り合ったジャニオタにC子がいた。

「私は最前しか入らない」

それがC子の口癖だった。

何のバイトをしているか詳しくは聞けなかったが、おそらく夜のお仕事だろうか。

ものすごく可愛い上にメイク服装もオシャレな子で、いつも担当からもらったファンサを自慢していた。そして、担当とも直接繋がりがありブランド物をプレゼントしているとも聞いた。

ネットではファンレターなんて返って来ないぐらい人気者らしいC子の担当も、C子のファンレターには絶対に返すのだという。こんなオタク世間はいるのか…と思った。

また、いわゆるDD複数グループを掛け持ちしているD子もいた。

D子は複数ファンクラブに入っているのでCD雑誌は買わないことにしているらしい。

そんなD子にはある日「◯月◯日の公演って参戦した?よかったら音源あげるよ」と言われた。

他にも「◯日の映像あるよ!あと入り出も撮れたの!」と言われた日もあった。

どうやら情報アカウントというものをしているようで、私が応援しているJr.が通っている学校入学式などの行事はツテを使って観覧しているらしく「行事ときJr.くんの写真いる?」とも言われた。

私はそこまでするオタクがいることに驚きを隠せなかったし、全ての提案を丁寧にお断りした。

Twitterで知り合ったE子は、良席しか入らない子だった。

「わざわざ遠征しているし良席に入りたい。ファンサも認知も欲しい。」

私とE子は同じJr.くんを応援していた。Jr.くんはE子を認知していて、固定ファンサというものがあるらしかった。

また、E子は自分が入らない公演も申し込んで当たったら転売しているという。

「この前は1枚30万円で売れたよ!4連で120万円(笑)

E子はチケットの売上で毎年ジャニーズへの収支をプラマイゼロどころかプラスにしているらしかった。

私は価値観の違いにしんどくなって、静かにTwitterを閉じた。


私は彼女たちと関わるうちに、どうJr.応援すればいいのか見失いそうになった。

辛かったのはB子もC子もD子もE子も気が利いて、明るくて友達の多い、良い子たちだったこと。(話も面白く、Twitterでもフォロワーが多い子ばかりだ。)

おそらく彼女たちからすれば、彼女たちの応援方法はごく当たり前のことであり常識範囲内なのであろう。私自身、もし幼少期からジャニーズ応援していたらそのような思考価値観に辿り着いていたかもしれない。

でも私は、定価以上での取引はしないで今に至る。

沢山のジャニオタに「なんで積まないの?」と言われた。

その答えがやっと分かった。私は、定価以上の取引に罪悪感を覚えてしまうからだ。罪悪感があるとJr.応援するのが楽しめなくなってしまうと思う。だから、積まない。

転売しないのも、録音・録画、入り待ち出待ちをしないのもそう。

B子、C子、D子は雑誌CDDVDほとんど買わない。今はネットですぐ流れてくるからだと思う。でも私は財布の紐がゆるくついつい買ってしまう。そして、意味なんて無いだろうなと思いながら半信半疑雑誌ハガキを出し、テレビ局感想を送る。

みんなはチケットで稼いだお金で買った高級ブランドカバンを使っている。私はせっせとバイトしたお金で身の丈にあったブランドカバンを買って使っている。もちろん服も全部プチプラだ。

なんで私だけお金に困っているんだろう、と自分バカらしくなる日もあった。

私はファンももらったことがない。ファンレターも返って来たことはない。もちろん認知もされてない。ないない尽くしだ。

Jr.くんの応援を辞めようと思う日も何日もあった。

こんな私が応援する意味なんてないと分かっていても、なぜか辞められなかった。Jr.くんのことを嫌いにはなれなかった。

結局、自分が楽しめる方法で続けて行くのが1番だという結論になった。

ジャニーズ事務所のアイドルが今までこれだけ発展してきたことには、高額転売やその他の文化があることは否めないと思う。つくづく私はジャニーズオタクをするのに向いていないと痛感する。

公演には当たったら入る。当たらなかったら定価譲渡を探して、見つからなかったら入らない。

からすれば転売勇気のいることだから、それを当たり前にするみんなの度胸が羨ましいと思うこともある。でも、しない。

私は、私が汗水流して稼いだお金で、お金を払いたいと思う。これは私のわがままだ。

ただJr.達も思春期男子であり、積んでまで会いに来てくれる女オタクがいることは寧ろ喜ばしいことなのかもしれない。

ジャニーズはよく「来てくれてありがとう」と言う。

行けなくてごめんねと思うのは皮肉だろうか。

ジャニーズなんて、そんなに真面目に応援しなくていいよ」

かに言われた言葉が忘れられない。

しかジャニーズからすればファンの1人や2人いてもいなくても一緒だろう。それが1対Nの商売というものだ。

それにジャニーズたちは私の低い時給で稼いだ給料よりもたくさんの給料をもらっているのだろう。それで身なりを整えたり趣味を充実させたり貯金する以外にも、可愛い女の子達と密かに遊んでいるのだろうということぐらいは想像し得る。

(恋愛人生を豊かにすると思うので、私は否定的に捉えることはできない。しか可愛い女の子と淫らに遊ぶくらいなら、本当に好きな子恋愛して欲しい…と個人的には思うがアイドルという道を選んだ以上、難しいのかもしれない。)

それでも私は、ジャニーズ達が日々、自分パフォーマンスを高めるための努力をしていると信じている。

そして1日のうち1秒でもいい。ファンのことを思ってくれているなら、これ以上幸せなことはないだろう。

これからも私はこれらの文化を受け入れられず、にわかのままでいると思う。

以前は他のジャニオタ嫉妬してしまうこともあったが、今は「これでいいや」思うようになった。

いつまで続くかわからないが、これからJr.くんのことはマイペース応援すると思う。これが〝応援〟なのかどうかも、私にはもう分からないのだが。


チケット転売規制法が成立となり6月には施行されることになった。

多くのジャニーズの公演が多ステや積みの文化で成り立っている。もしかすると、どこのエンターテイメント業界でも、そうなのかもしれない。

今後のオタクの動向を静かに見守りたいと思う。




念のためにA子〜E子までの話は事実を元に言動を入れ替えていますが、どうか知り合いにこの日記がバレないことを祈ります

2018-11-21

anond:20181121193119

B子に声優事務所を辞めさせるように話したのはA子

そんな話どこにも書かれてないんですが。マンガ事務所を辞めてくれと言ったのはアップランドアップランド公式発表では正式契約をしたら辞めてもらうことになると話しているがまだ本決まりではないと説明しているとし、元々事務所は辞める予定があったと聞いているとしているわけで。

Vtuberやるなら事務所は辞めてもらうというのは最初からの決定路線で、早期の退職を迫ったのが事実か否かとか細かいところの違いはあるけど、A子に事務所を辞めさせられるような権限はない。

アップランドとB子が直接やり取りしてしまうと、A子の悪だくみがばれてしまうから

アップランドにはA子だけを窓口とするように仕向けた。

まともな会社ならA子が何を言ってきたところでB子に直接連絡する。もし仮にA子が本当に悪意を持っていたとしても、A子を窓口としたアップランド会社としておかしい。別にA子はアップランド脅迫していたわけでもなんでもないので「A子が常識的にありえないことを提案してきたけど私共はその提案を是としてA子さんを窓口にしました」っていうなら責任はそんな判断をしたアップランドにある。

愚痴を友人に伝えたら、友人が漫画化してくれた。

なんで突然第三者マンガを描いたことになってるか意味が分からないけど、あのマンガって「A子がイベント辞退させられた時のスクショ」と「B子アップランドに問い合わせた時のスクショ」と思われる2種類のスクショがあるわけで、話聞いただけの友人がどうやってそのスクショ持ってこれるのよ。

2種のスクショがある時点でA子とB子合意で描いてる可能性が高いと思うし、最低でもどっちか片方は噛んでるでしょ。

とある人気企業Vtuberに決まっていた声優2人に実際に起こった出来事考察

https://togetter.com/li/1290154

公式発表の怪文書誤用)と漫画に書かれていることを、反論がないものはどちらも概ね正しいと仮定意見の食い違いがあるものは一旦判断保留として時系列順に整理してみる。

5月

A子=ピパ美が某社のVtuverの中身に内定。月一面談が始まる。この際提示された条件は、本契約することになったら他の仕事は辞めてもらうことになるというもので、他の仕事強制的にすぐにやめろと言ったわけではないとのこと

漫画の初回打ち合わせでも、軌道に乗ったら事務所は辞めてくれ、と書かれているのでこれ自体はほぼ事実と思われる

6月7月ごろ?

B子=ぽぺ子がA子に一緒にVtuberやらないか勧誘される

7月初旬

B子某社と初の顔合わせ。A子は3回目。デビュー夏休みごろにしようと言われる。後々事務所は辞めてもらうことになるという説明があったのは間違いなさそう

8月

B子2回目、A子4回目の打ち合わせ。個別面談。どのようなキャラかも提示あり。しか契約書は準備なし。ギャラについての話があり、各希望額の提示。この打ち合わせの間までにA子はリーディングイベントキャンセルすることになった

9月デビューと言われたことについては、某社は最初の時点でデビューが未定と言ったとあるが、途中で一度日程が決まりかけたが白紙になったとも逆にその後一度も具体的な日程が上がったことがないとも言っていないのでよく分からない

~この間進捗について問い合わせするが返答なし(9月デビュー予定と聞いたのに連絡がなければ進捗を確認するのも当然と思われる)~

9月

A子視点5回目の打ち合わせ。デビュー予定がずれたことに関して明確な説明があったのかが不明。ギャラの関係副業についての話があり、実際に企画したものを提出している

10月

A子視点6回目。前回の打ち合わせの副業企画)の件は最終的には社員が仕上げ、今後の継続はなし。ギャラ含め仕事内容について再度相談するが具体的には決まら

10月末~11月

「はっきりとした意向を聞かせろとメールした」

11月10日

某社、Vtuberオーディション発表。この時点で今後の意向についての返答なし

オーディション発表確認直後?

オーディションについて質問メール

11月13~14日

某社からA子に今後の意向についての返答が届く。B子には連絡なし。A子は一旦了解の旨を返答

11月19日

問題となった漫画投稿される

疑問点1:漫画を描いたのは誰か?

漫画のものB子視点で進んでいるが、問題点のひとつリーディングイベントを辞めるよう言われた(スクショあり)」のは某社曰くA子の話であるとのこと。

B子視点で話が進むので、素直に読めばメールを送ったのはB子なのだが、リーディングイベントを辞めるように言われた人がその後も何度か問い合わせをしていたのであれば、実はメールを送ったのはA子ということになる。

そのため可能性としては

1:A子とB子の話が混ざった漫画になっている。どちらが描いたのか、あるいは第三者が描いたのかは不明。二人が合意で描いている可能性もあり

2:A子が自身体験を元に描いたが、それを隠すためにB子視点の話になっている

3:B子自身体験を元に描いた。リーディングイベントはA子もB子もそれぞれ別に予定があったか、某社が記憶違いでA子の話と書いたか嘘をついた(ただしわざわざあん怪文書を出しておきながらそんなところで何の保身にもつながらない嘘をつく必要がない)

個人的には1か2だと思っている。少なくとも、A子があの漫画に全く無関係ということはないように思う。なぜなら某社の釈明が正しいなら、状況的に実際にリーディングイベントキャンセルさせられて、現在仕事も近々退職予定であるA子の方が実際にはまだ仕事を続けているというB子よりもダメージが大きいからだ。

また、例のスクショが本物であるならば、あの漫画にA子が関わっているということは某社からしたらほぼ確定するわけで、B子視点で連絡がないと言っているが例のスクショ漫画に乗せるくらいなんだから情報共有してるだろ、A子には連絡しているじゃないか、となるのは一億歩譲って確かに共有はしてると判断するのは分からなくもない(だからと言ってB子に連絡しない理由にはならない)

あるいは、問い合わせメールを送っていた主体がA子であるなら、A子から来た問い合わせなのだからA子に返事をしたのであって、B子にまで返事をする必要はないのではないか、というのは理解できる(ただし、A子から問い合わせメールが来ていたというのであれば、質問したのはA子だったのでA子にだけ返しただけでB子からは直接問い合わせされていない、ということをそのまま言えば済む話でもある。なのでA子が窓口だから~、と言い訳する必要がない。そのまま言えば自分側が有利になることをあえて言わない理由が思い当たらないので確認メール主体B子可能性の方が高いとは思う)

A子が仕事を辞めさせられたのに話が進まないことに怒り、そこにB子の何度連絡してもまともに返事がない怒りが加わって、二人で組んで漫画作成した、というのが個人的には一番ありそうな線だと思っている(あくまゲスパーである

まり

A子「いつになったらデビューできるんだろ……リーディングイベントキャンセルしたし、もうすぐ今の仕事もやめるのに……」

B子「何度問い合わせメール送っても返事はこないしなんかオーディションやってるし、キャラどうなってるか聞いても返事こないんですけど」

A子「あ、某社から連絡が来た。まあ不満はあるけど話し合いの意思はあるみたいだしもうちょっと交渉してみよう」

B子ちょっとA子、某社から何か話来てない?今までに何度かメールも出してるのに返事が全然なくて」

A子「え、なにそれ?こないだ連絡来たよ?」

B子「えっ」

A子「えっ」

A子「B子のところに連絡がちゃんと行ってなかったなんて……」

B子「A子が仕事キャンセルさせられてたなんて……」

A子「B子ちょっと話があるんだけど」

B子「私もちょっとA子と話したいことがあるんだ」

みたいな展開だったらそれなりに話が通じるな、という。※ゲスパーです

疑問点2:A子が窓口だったという話について

某社の公式発表ではA子とB子個別面談をしたと書いており、希望条件がA子とB子で違っているということで、ギャラについても漫画を見る限りだと、A子が金額提示したところ何度も本心じゃないでしょ?と聞かれた「らしい」としているので個別に話をしていたことは確かだと思われる。

が、逆にそうなるとなぜA子とB子個別に話をしているのにA子を窓口にしているのか全く意味がわからない。A子はB子マネージャーか何かなのか。違うだろう。そんな重要契約についての話をいくらコンビを組む予定だとは言え片方にしか言わないことなんてありえるのか。

某社はチャット(恐らく漫画ではメールと言われているものと同じ)は基本日程調整などに使うと話した、と言っており、某社の言う「窓口はA子」とは「チャットで主に日程調整していたのはA子」くらいの意味合いしかなかったのではないかという気がする。

今のところ思いついたのはこのへん。また何か情報が出たら続きするかも。

2018-11-20

アップランド最初最後炎上 謝罪文 (簡易)

https://twitter.com/anti_jirovecii/status/1064836758452416512

有能な方が全文文字起こししていたのでこちらに転載

================================

今回皆様にご心配とご迷惑をおかけしましたことを心よりお詫ぴ申し上げます

一方的お話で誤解があると思いご説明しますと、 【A子さん】ははじめてお話させていただいたときフリーで、声優事務所をいくつか面接していると伺いました。声優業界でかなりご経験があり、ご自分ネガティブであると言ってはいるが演じる能力は非常に高そうな印象を受けました。

演じる能力が非常に高そうでしたので動画メインのvtuberのほうがA子さんの魅力をより生かせると思い、審査通過の旨を伝え、A子さんからも参加したいと言われました。再度お会いする日程を決めている過程で新しく声優事務所に入ったと報告を受けました。再度お会いしたときに、弊社でvtuberをやれるなら辞めることは可能ですと伺いました。他に、A子さんの声優さんとしての名前をだしてそれを売りにしている飲食店のような場所で働いていると伺いました.そこは最近はいったばかりなのですぐに辞めれないと伺いました。そこで今回関係しているところですと、

弊社としては、やりたいキャラクターや条件面等しっかりお話し合いをしてお互い合意した場合、是非弊社のvtuberをやっていただきたいと思っています。ですので、条件面決まってお互いが完全合意してから事務所飲食店も辞めるかどうかの判断問題ありません。キャラクター方向性等のお話ですので、チャットよりは定期的にお会いしてキャラクターや条件面などについてお話していきましょう。

定期的にお会いしてお話させていただきますので、チャット基本的に日程調整等で使用し、進捗等はお会いしたときに色々お話させてください。

リリース時期は、できるだけ早くに出したいが、タイミングやその時々の状況判断で伸びる可能性はあるのでいつまでにはとお約束はできません。

という内容を伝えました。

このようにお伝えしているのでこちらが条件確定前に事務所を辞めることの強制は一切しておりません。

キャラクター方向性を決めてからでないと条件面は決めづらいので、まずはキャラクターについてお話させてもらいました。例えば、歌メインなのか、何人組なのか、希望生放送頻度、希望動画配信頻度、などによって想定稼働時間コストなどが違うからです。

その後もA子さんとは月1回お会いさせてもらいまして新しくはいった声優事務所をしばらく在籍した後に、とても信頼しているマネージャーさんが辞めることになったのでまだ完全合意前ですが今の事務所を離れることにしましたと言われました。

飲食店は開催が決まっているイベント年末ぐらいにあるとのことででまだ続けてもよいかと聞かれました。

すでに決まっているものしょうがないですし、まだ完全合意していないので問題ありません。

今後完全合意したら、色々と活動制限はかかってしまうので、おそらくそ飲食店は辞めてもらうと思います

理由声優として名前をだしてそれを売りにしている飲食店ですので、色々リスクが今後あると思うからです。

今後なにか新しくやる場合はご相談していただけたらと思ってます

と伝えました。

その後、相談ではなく何日のリーディングイベントに出演することになりましたと事後報告をうけました。リーディングイベントは以前すでにいついつに決まっていると伺っていたので、その話かと最初思っていましたが、後日違うリーディングイベントであることにしばらくたってから気づきました。

イベント自体が数ヶ月以上先の話でしたので、そのころに完全合意して契約書を交わしてvtuberとして活動してもらっていた場合、同時期に同じ声でリーディングイベントがあるとよろしくない可能性があると思い、まだ断ることが可能案件なのか確認いたしました。A子さんはそのリーディングイベントをできることなら出演したいと言っていたのですが、こちらが返信する前に、穏便に断ることができたと言われました。

その後電話をさせていただきまして、そのときに再度

完全合意するまではお互いフラット状態ですので、我々がストップする権利はないので、それはご安心ください。新しくやる場合相談してもらえましたら。

とお伝えしました。

何度かキャラクター方向性についてお会いしてお話させていただいている過程で、A子さんの面白い友人【B子さん】のお話を伺いました。

B子さんもこれから今の事務所を辞める予定の声優さんで同じ飲食店で働いているということでして、お話していく過程で2人組にしようということになりました。ですので弊社が事務所を辞めるように言ったのではなく、紹介時点で辞める予定と伺っておりました。

B子さんをご紹介してもらい、お話させていただいたところ、攻める気質を持った面白い方でした。

お二人とまた再びキャラクター等のお話をさせていただき、ある程度決まったところで条件面のお話をさせていただくことになりました。その際に、ご希望の条件を伺いました。

月の動画配信は約6本、生放送は約2本

その際お二人からいただいたご希望金額に対しまして我々もできる限りご希望を叶えたいと思い、お二人が副業シナリオライター絵コンテ描くお仕事をやっていると聞いたので、そのような仕事最初していただくことで、お二人のご希望額に近づくことはできないかと思い弊社でもその副業をやれる可能性がないかをご相談したりしておりました。

相談をさせていただいている過程ではじめて色々見えてくる不安な部分も正直ありました。ただすでにお誘いさせていただいていることもあるので、条件面で合意がとれればお二人にやっていただく気持ちでおりました。

審査通過後に合計6回、各約2時間ずつしっかりお話させていただいてます

これだけの時間をかけてしっかりお話しているのは本気で取り組ませてもらうからであり、今後もしっかり時間をかけてお話させていただいてから最終判断をさせていただくかと思います

毎回お会いするたびに、

条件合意がされればお二人にはやっていただくのは決定です。逆に条件合意されるまでは自由なのでお店をやめる等のことはしなくても大丈夫です

と再三お伝えしてます

A子さんは近々までその飲食店で在籍して、B子さんはまだ在籍しているはずです。

その後、はっきりとした意向と明確なお返事を聞きたいという連絡があり、タイミングとか条件合意とかよりも今すぐvtuberとして活動したいという強い要望を感じていたので、

A子さんとB子さんに声優としてvtuberをやっていただきたいと思っておりますが、まだ、当初A子さんからいただいた希望条件と、B子さんから直近いただいた希望条件を検討してから、最終決定の流れになります

契約書を交わすまでは以前からお話しましたとおりお互いフラットな状況ですので、お二人から最終的にお断りすることも、こちから最終的にお断りすることも可能です。諸事情により現在すぐにリリースするかまだ弊社としても迷っている状況ですので、もしお待たせしてご迷惑をおかけすることになるようでしたら、お互い完全にお断りした状態に戻したほうがよいかもしれません。もちろん現在でもお二人にやっていただきたいと思ってますが、ご希望の条件と、そのやりとりの過程での色々な状況により、すぐに判断ができない状態です。申し訳ありません。

とA子さんに現場説明及び謝罪をお伝えしました。

普段A子さんが窓口で、メインのやりとりをしていただいております

A子さんから

かしこまりました、引き続き連絡をお待ちしております。双方の納得いく条件になりましたら幸いです

と返信がきて、それに対してこちらも承知しましたと返信を11月14日にしております

確実にA子さんに返信させていただいてますので、以降も連絡無しと言われるのは納得しかます

我々としてもA子さんからこのように返信がきていたので、リリースタイミングこちらで判断しますが、当然当初と全く同じ気持ちでお二人をvtuberとしてやっていただきたいと思ってました。

お二人とも声優事務所複数所属してきており、ご自分お仕事をとってくる能力もあり、きちんとコミュニケーションをとれる方々です。

決して相手会社から言えないというタイプではなく、きちんと普段から主張してきています

すでに謝罪もしていて、さらにその後双方が納得いく条件を望むことを承知したのにも関わらず明らかに悪意がある漫画が何者かによって描かれ拡散されたことに憤りを感じております

しかし今回、お二人が不安になってしまったお気持ちは十分理解できます

主にこの3点がお二人を不安にさせてしまったと思っており、お二人に再度謝罪しようと思っております

A子さんからは再三早くリリースをしたいと言われていたので、それに対して会うたびにしっかり条件合意してからリリースになりますと伝えてき末した。

当然われわれもできる限り早くリリースはしたいが、きちんとした条件合意と適切なタイミングがめ要かと思ってます

今後もその方針は変わらないかと思います

窓口のA子さんからかしこまりました、引き続き連絡をお待ちしております。双方の納得いく条件になりましたら幸いです」ときていたので、まさかこのような形になるとは誠に遺憾であります

こちらの悪かった点はお二人に謝罪しようと思っておりますが、今回のようなケースで企業炎上を恐れて泣き寝入りをするようなことがないように、一方的相手の言い分だけでなく、企業側の言い分もしっかり伝えていけたらと思っております

弊社としても著しく企業イメージを傷つけられたとと思っております。これに関して弁護士相談の上対応していきたいと思っております

これ以上はこの件に関して直接お二人及び漫画を描いた何者かとやりとりさせていただくつもりです。

お2人に連絡をして,こちから謝罪お話し合いをさせていただこうと思っております

心配とご迷惑をおかけしました皆様に心よりお詫ぴ申し上げます

誠に申し訳ございませんでした。

2018-10-04

死んじゃうと悪く言えない

誰にも言えないので書き捨て。

このあいだいっしょに芝居してた知り合い(以後Aとする)が死んだ。

死因をぼやっとごまかされたのでおそらく自殺

客演でたまにいっしょにやるくらいだったのでそんな深い関係ではなかったため

なんで自殺したのか全然からないし、なんで?とも効けない雰囲気

お別れ会が開かれ、みんな「いいやつだったな」とか話してて

かにいいところがあったやつだったんだが自分にはひっかかるところがあった。

死ぬ3年ほど前だけど、とある公演準備をしていた時、

Aから「もろもろまとめた資料自分の持ってるサーバーにアップしたからとっておいて」と連絡がきた。

そのURLにとび資料を取ったあと、ちょっといたずら心でサーバーを探ってみた。

そうすると「女の子リスト」てなのがあって

B子 もうすぐやれる

C子 キー

D子 落とした

みたいなことが書かれたものだった。

Aはちなみに妻子持ち。

もちろんそれを見たとは本人に言えないし

彼を慕っている人も多いし、もめて公演が中止になっても嫌だし誰にも言えずに現在

もしかして女性関係がばれて家庭不和自殺したのかな。

お別れ会奥さん来てなかったのもそのせいかも。

2018-06-21

anond:20180621112510

どっちにしても疑われてるのだから縁を切って無視するのが一番ですよ。

謝らない限り、向こうからしかけられても無視するぐらいのもので。

それからパソコン携帯は全部着信履歴メール絶対に消さないこと。

警察原則証拠主義です。痴漢みたいな一部の犯罪ではともかく、もうすでに連絡を一切とってないストーカーなんて何もしませんしできません。

別れは絶対あるものです。むしろここでどうにかしようと動くことが疑われます

完全に縁を切ってしまって、真のストーカー犯が行動すればそちらが縄になります

あと、A子があまり強く言い出せない子で、B子相談して舞い上がってる可能性もあります。それはあなたがAことの距離をつかめなかったのが敗因ですが結果は同じです。

ガン無視して、縁を切っていれば捕まることはありません。ただ、わずかでも情をかけると、

舞い上がったA子なりB子が「ほらこれがストーカー証拠だ!!」みたいになるので、本当にかかわらないこと。

anond:20180621112510

B子とは連絡とってるのにお前とはとらない時点でお前がA子から切り捨てられてるじゃん

ネットストーカー事件冤罪犯人にされている

身近に相談できる人がいないので書かせてください

(すいませんが動揺しているので文脈おかしい部分があるかもしれません)

僕には数年前に知り合った友人A子がいる

僕は自分感情や悩みを話すのが苦手だけど、A子には何でも話すことができるし大好きな友人の一人だ

A子も僕のことを好いていてくれて(と信じてる)、数年間毎日のように連絡を取り合っていた

ところが、先週になって急に連絡が来なくなった

「何かあったのかな?」と心配したけど、連絡を急かすのも悪いので放置していた

(SNSでは活動してたので生存確認はできてた)

すると先日、B子(A子の友人。僕とは面識がないが名前は知っている)から急に連絡が来た

「お前いい加減にしろよ。もうA子から返事くることはないしストレスになってるからもう連絡するの辞めろ」という内容だった。

初対面の相手にいきなり暴言を吐かれてムカついたけど、それ以上に心当たりのない内容に驚いた

B子はかなり怒っていてほとんど会話が成り立たない状況だったけど、話の流れを推測すると、

・A子がネットストーカー(以下Z)の被害にあっている

・ZはA子に対して無言電話なりすましで何度もしつこく連絡を取っている

・A子がB子相談し、別のSNS?を通じてB子とZが接触

・Zは「自分は◯◯(僕の名前)だ」と名乗る

・Zはもうやめるといったがしつこくネットストーカーを繰り返しているので、B子が僕に連絡をする

ということがわかった

僕はぶつけようのない怒りとショックを感じた

A子は最近恋人と別れ、そこからネットストーカー被害が増え始めたらしく、僕も相談を受けていた

何とか助けになりたいと心から思っていたが、まさか僕がネットストーカー犯だと思われているなんて信じられない

どんなやりとりがあって僕だと思ったのかを把握するためにA子とB子に連絡を送ったが、僕だと思い込んでいるらしく、無視されている状況で途方に暮れている

もちろん僕はネットストーカー犯ではないので「やっていない」としか言えないが、こっちの話を一切聞かず、犯人だと重コムのはあまりにも短絡的だし馬鹿げている

もちろんZにもとてつもない怒りを感じている

自分欲望だけで他の誰かを傷付けるのは犯罪者のものだし、自分の正体は一切明かさず、他人名前を名乗る卑怯さに腹が立つ

なぜ僕の名前を知っていて、なぜ僕の名前を名乗ったのかは分からないが、見つけたら本当に殴ってやりたいくらいの気分だ

A子とB子は然るべき機関に話すといっている

僕は自分ではないことが証明されるのでその方が良いと思っているが、冤罪になる可能性も否定できないので少しばかりの恐怖もある

そもそも、やっていないことを証明するのってできるのだろうか?

何より、自分に心当たりのないことで大好きだった友人を失うことがあまりにも悲しい

知人には「そんな人と関わらない方が良い」といわれたが、僕にとっては心の底から信頼できる数少ない友人の一人なので見捨てられない

もちろん、一連の短絡的な行動は腹立たしいし謝って欲しいが、A子が一番恐怖を感じているはずだし冷静さを失ってしま気持ちもわかる

とにかく、連絡もつかない状況なので、このまま覚えのないことで大事な友人を失い、冤罪に巻き込まれるかもしれない状況を待つしかないのが辛いし、腹立たしい

2018-06-17

女性が苦手だ

最近高校1年生になった。

高校生になって一番感じるのは性別の壁。

別に以下の文章性的差別助長するものでも、固定観念押し付けというものでもなく、単純に「聞いて!」というものです。

中学生だった頃、性別というのは何かを分ける時しか必要なくて、お互いがお互いの性別意識することはあまりなかった。

でも高校生になった今は違う。

女の子が、「「クラス男子」」に「モテたい」という意識があることを垣間感じてしまう。

もちろん悪いことはない、異性に好かれたいというのは当たり前だし、なんなら男子中学時代もそうだったから。

だけど私はそれが恐怖でしかない。

女子の怖いところが見えてしまうから

好きな人ではなく男子全員に好かれたいというのが分からない。その好かれたいというのも「可愛さ」を前面に引き出した方法なのも余計に怖い。

例えばA子。私と世間話するときあんなにゲラゲラ笑うのに、男の子の前では髪の毛も「恥ずかしげ」に下ろして「うふふ」なんて笑うんだもん。

隣のB子は、「友達」として接する間あいだに、異性を意識させることをしてる。あざとさが怖いよ。

C子なんてわざとらしくて可愛い失敗をちょこっとちょこっとして、音楽部のあの男子に「可愛いなあ」なんて言わせてる。窓に手を伸ばして「届かな〜い」なんて、あざとくてあざとくて。

男子男子であざとい=可愛いなのか単純に分からないのか、「作られた可愛さ」をさも天然の可愛さだと思ってる。

違うかったじゃん。ウチら女子ってそうじゃないじゃん。

もっと中学の頃はさ、男子より馬鹿下ネタ小一時間笑ったじゃん。男ウケなんて気にせず好きな服着て好きな鞄持ってたじゃん。さしすせそ好きな人しか使わなかったじゃん!

違う私が乗り遅れただけだ。みんなもう女子じゃない、“女性”なんだ。

可愛がられたい感情ベースに生きているんだ…。

もちろん全員が全員そうではないと思う。私の高校が異常なだけかもしれない。

だけどやっぱり私は男女の隔たりが嫌なんだ、どうしてもどうしても。

…で、私はもうそんな女性が怖くて高校入っても、教室の課内時間が終われば男子とばかりいる。このグループ女子はいない。可愛がろうとする男子も可愛がってもらいたいあざとい女の子もいない。

下らない世間話性別という違いをベースにしない。なんて楽なんだろう。

でもそうすればやはり女子にやいやい言われる。

からどうすればやいやい言われないか考えたけど、「女子を追加する」か「自分女子と思われないかレベルになる」の2択しかない。

さっきまであれだけ言ってたんだから後者になるでしょ、と普通は思う。

できない。

どうしてもできない。

なぜか?

それは自分自身“も”可愛いと思われたい潜在意識があるからだった。

あざとい女の子が苦手と散々言っておきながら自分だって十分にあざといんだ。

からない時は首を傾けてしまう。甘えた声を出してみる。スカートが折れてるのを必要以上に恥じらってみる。…言いたくないけれどこんなことを日常的にやってしま自分ちゃんといるんだ。

からあざとい女の子が苦手なのは自分コピーに誰かを奪われる恐怖なんじゃないか最近思い始めた。

何より「女子と思われない可愛さ」を身につけていつも仲良くしてくれる男子のところへいくと、相手にされなくなる。自分可愛いとは思わないでも、相手も「「女子」」を求めているのはなんとなく伝わってくる。

友達が「同性に嫌われた時よりも異性に嫌われた時の方がショックが大きい」と言っていた。正しくその通りだと思う。

たぶん、同性に嫌われても自分相手より優位に立てばそれだけでプライドは守られるけど、異性に嫌われて仕舞えばプライドを守れる何かはないからだと思う。なぜなら一概に「魅力はない」といわれたようなものから

から結論、みんな性的消費される恐怖、されない恐怖があるんだと思う。そして私が嫌いなのは女子ではなく性別のそういう世界なんだと思う。

再三言うけどわたしはこの文章を通じて女性批判したいわけじゃない。むしろ健気にモテ意識する女性尊敬できるからだ。まあ、苦手なのには変わりないかもしれないけど

だけど、きっと皆そうだと思う。。

2018-06-04

いじめ自業自得

小学6年の時、友達B子と二人でトイレに行った。

私が先に用を足して出たんだけど、B子が一向にトイレから出てこない。

結構たってから流す音が聞こえてその子が出てきてクラスへ帰った。

帰ったとたんに友達グループのみんなに向かって

「聞いて!!!!Aちゃん(私)トイレ終わったのに手洗ってないの!!!」と叫んだ。

いや、私は洗ってた。ちゃん石鹸も使って。

「洗ったよー」というと。

「洗ってないじゃん!」「洗ったって証拠見せてよ」「きたなーい!」と。

「あらったよ」といっても「嘘じゃん!」って聞いてくれない。

でも周りのみんなが助けてくれた。

「洗ったでしょ(笑)なんでそんなに必死なのB子

「なんで洗ってないのわかったの??」って返してくれた。

B子は「トイレの中でずっと手洗うか聞いてたの!ほんとだよ!洗ってないのこの子!関わっちゃだめだよ!!」

そしたら別の子が「トイレでずっと聞いてたって気持ち悪いよー、ストーカーじゃん(笑)」と言った。

それでもB子給食中に首をかしげながら「洗ってないのに。」「ばい菌じゃん」とずっとぐちぐち言ってた。

それでも周りの子が「しつこいよ」「絶対B子トイレ行きたくない。音聞かれるんでしょ(笑)」と返してくれたおかげで

B子は黙った。

と思ったら今度は男子グループに言いに行った。男子グループとは私のほうが仲が良かったせいか「うるせ!(笑)」とB子をあしらう感じだった。

問題はそのあとB子が別のクラスの子に「A子(私)ちゃんトイレの手を洗っていない」ということを言いふらした後だった。

ちょっとやんちゃ女の子C子ちゃんが「B子がA子ちゃんいじめようとしてる!!」と逆に追い返してくれた。

B子は別のクラスの子にも「聞いて!!!聞いて!!!」としつこく言いふらしていたみたいで、うっとうしがられたらしい。

その日の帰りから「A子をB子から守ろう!」という雰囲気宣言されて、いろんな子から大丈夫からね!」と言われた。

反対にB子に対してみんな反応しなくなった。何か言ってもスルーで、目を合わせない。挨拶はするけど。

帰りも一人で帰るようになった。

1か月くらいそういうのが続いてB子不登校になった。中学普通に進んだけど。

周りのみんながB子に対抗してくれたから私はいじめられずに済んだ。だから感謝している。

でもB子への周りの反応はいじめなんだろうか?私は自業自得しか思えなかった。

余談だけど中学でも私がトイレで手を洗わなかったことを言いふらしてB子はまた無視されるようになった。

2018-05-04

彼女候補が二人いるんだが

俺35歳。

親父が死んだあと実家自営業を継いでる。彼女候補が二人。

A子

・32歳派遣専門職

・どえらい美人の痩せ型、肌が綺麗

・温厚、冷静、群れない、賢い

掃除好き、料理それなり

女子大

恋愛経験が少ない、男慣れしてない

免疫系の病気をした

・↑その治療貯金が少ないと本人談

・俺のカーチャンが気に入ってる

B子

・25歳、自営業

・顔は普通、着痩せする巨乳

・勝気、男勝り、群れない、自信家

掃除好き、料理それなり

高卒

恋愛経験豊富

貯金それなりと本人談

カーチャン受けというか友達受けはよくない

A子の方が俺は合うが、年齢が引っかかる

B子若さが魅力、子供産むとしたら

どっちか選ばないともうこの先モテ期はこない気もする

こんなスペック判断してる時点で叩かれそうだがw

2018-03-10

人の言葉簡単に信じてしま

怪しげな儲け話などはさすがに信用しないが、基本的に、人が発した言葉(口頭、メールLINE等の文字etc.)をそのまま信用してしまう。

ビジネス世界においては不利なことだらけだが、仕事会社員から自分1人だけで抱えることはない、よって会社員生活にはあまり支障はない。

対して人間関係においてはどうだろうか。

もう随分昔、学生時代のことだが、見知らぬ老人に現金25,000円を騙し取られたことがある。

(その老人は後日逮捕された、詐欺窃盗等の常習犯だったらしい)

冷静に考えればおかしな点だらけだったが、当時の私はその老人の言葉を素直に信じ、結果現金を騙し取られるという被害に遭ったのだ。

事例は他にもあって、同じく学生時代、仲良くしている女の子(仮にA子とする)がいて、早い話好きだった。

そしてAの友人で私とも面識があるB子がいた。

私はA子のことが好きで、B子はA子と仲良し、そしてB子は私のことが好きだった。

典型的三角関係っていうのか、これ。

ある日、最初に動いたのはB子だった。

B子は私に交際を迫ってきた。

私はB子にはさして興味なかったので、その申し出はお断りをした。

B子からは「増田には幸せになってほしいか増田のことを応援する」などの言葉があり、「ふられはしたが最もよき理解者でありたい、あわよくばそこから再び恋人の座を奪ってやる」という感じだったか

未練的なものは感じたが、人間ならば誰もが抱くであろうものくらいにしかわず特に疑問も抱かなかった。

そして次に私が動いた。

A子と2人で会いたいと持ちかけ、実際に楽しいデートができた。

デートでは相当にいい雰囲気となり、いわゆる「OKサイン」も多々あり、その後機は熟したと判断した私は告白に踏み切ったが、結果は撃沈。

それどころかA子とB子、2人示し合わせたかのように共同して私を非難し始めた。

非難の内容は、「私がB子に対してひどいことをした」的なものだった。

はっきりってそこまで言われるほどのことはしていない。

まり端的に言ってしまえば、B子は私を理解しているふりをしながらA子との関係妨害し、さらにA子をも巻き込んで私に対して腹いせをしてきたのだ。

たかも2人で私を陥れる罠を張っていたかのようであった。

そんな予測も立てられず、B子言葉や態度を安易に信用した私、そしてそれを見事に裏切られた私。

お金は取り返す方法があるが、人の気持ちは何をしても取り返すことはできず、詐欺被害ときとは比べ物にならないほど傷ついた。

以来、現在に至るまで、私はかなり人間不信気味である

また、程度の問題はあるにせよ、一時は自分発達障害(「言外の意味理解できない」ってやつ)なのではないかと疑ったほど。

障害ではない(本当に大学病院で数時間かけて検査を受けた)が、理解しづらいことは間違いない。

だが、それでもなお「人を信じたい」欲求がある。

人を信じて、信じて、信じ抜いて、最後には相手もまた自分のことを信じてくれたなら、これまでに経験したことのないような幸福感が得られるのではないだろうか。

前出の例のような、色恋の場面においても、簡単相手言葉を信じてしまうから駆け引き的な意味で圧倒的に不利で、うまくいくものいかず、ずっと自分の首を絞めてた。

そして今、好きな人がいる。

好きな人から、当然信じたい。

しかし、相手こちらを思いやるような言葉があっても、過去経験からどこか疑心暗鬼になってしまときもある。

あるいは、それらの言葉は、あたか営業トークのように、大半が本心ではないのかもしれない。

ただ、本心ではないのにわざわざこちらを思いやるかのような言動をするのはなぜ?

自分をよく見せたいから?

興味のない人からもよく見られたいものなの?

もしそこで「勘違い」されたら最終的に不利益を被るのはあなた自身なんだよ?

私の常識相手をはかってはいけないのと同じで、あなた常識で私をはかってもいけないんだよ?

私はもしかしたらあなたの言外の意味理解できないかもしれないのだから

私を想うなら自分から身を引けってこと?

それは傲慢すぎやしないか

それでもなおその人を信じたい、信じ抜いて最後には信頼を勝ち取りたい。

人の言葉を信じたいのは、その言動責任を持ってほしいから。

健常な成人ならば、自分のことに責任を持つの自分しかないのだから

自分もまた自分言動責任を持たねばならない。

これもまた傲慢押し付けなんだろうか。

2018-02-11

アラフォー女の愚痴  ~趣味友人~

ただのアラフォー女の愚痴です。

この日記についてのアドバイス意見は求めてませんのでご了承ください。

また思ったことを綴るだけなので読み難いと思います。ごめんなさい。

社会人になって自分お金を稼ぎ好きなことに使えるようになってから趣味を通じて知り合った人が何人かいる。

お互いの共通事項は趣味から職種も年齢も様々で、彼女たちの考え方や感じ方は私と違うものがあって勉強にもなった。

私の知らない世界や感じたことのない感覚で話してくれる彼女たちは新鮮で、とても楽しく過ごしていたように思う。

1年前までは。

ことの発端は一人の結婚だったと思う。

彼女(B子)は長く付き合っていた男性とこのたびめでたく結婚が決まったのだ。もちろん私たちにもその報告と結婚式お話がきた。私は嬉しくてすぐに「行く」と答えたし、そこにいたメンバー全員も同じ答えだった。お祝いもした。

長い時間かけて準備されたお式と披露宴は素晴らしいもので、私は彼女学生時代を一つも知らなかったけれど親戚のおばさんかってレベルで涙を流した。とても感動した。

その結婚式から数ヶ月してからだ。いつも仲良くしていたメンバーのうちの1人、A子の話す内容が愚痴が多くなったのは。

愚痴というより妬み僻みが多いのだが、それはお酒を飲みに行った日も、遊びに行った時も続いた。

私は結婚への願望も、誰かと付き合いたいという気持ちも無く(すみません喪女ってやつですね)、安月給でも今の仕事をすることが楽しいと考えている人間のためか、A子は結婚した彼女のことや他の友人の愚痴を言うようになった。

B子専業主婦なのに遊びに行きすぎ。」

「またすぐに職を変えて、バカみたい」

「多趣味なのはいいけど好きなものをすぐに捨ててガキかよ」

言い方はもう少しマイルドだったかもしれないし、辛辣だったかもしれない。

気持ちは分かるよって内容もあればただの妬みのものも多かった。聞いてて「それは違うよ」と思うものはそれとなく指摘しては「そっか…」て自分発言を省みていたところもあった。なによりA子は「自分に余裕がないから焦るし妬んでしまう」と言っていてたか自分発言も悩んでいた(と思いたい)。

なによりA子はそういう悩みを他の結婚した友人には言えず、結婚願望のない私にしかぶつける先がなかったのかもしれないと私自身が自分の考えに酔いしれて「愚痴くらい聞くよ」と言ってはいつも聞いていた。

たぶんA子は他にも話できる人がいただろうけど当時は私が一番会う頻度が高かったので会っては話を聞いてたし、急に呼び出されても仕事終わりに行っては駅のホームで話を聞いたものだ。

けれど去年の春。

A子と一緒に遊んでいた時に、 A子が別の趣味で知り合った友人とたまたま会った。久しぶりに会ったみたいだったので5分くらい話をした。その時その友人の方は私にも気を使ってくれて話を振ってくれたり、私も分かる話は混じり盛り上がった(と思う)。

友人は行くところがあるから、と言ってA子と別れた。とてもきれいで感じの良い人で、私は「素敵な女性だなぁ」という感想を持っていた。

A子と歩いているとA子が「あの人いくつだと思う?37歳なんだよ」と言ってきてビックリした。37歳⁈いってても26、27くらいだと思った!そのくらい年齢を感じさせない身嗜みと雰囲気で素敵な女性だった。だからわず「えっ?!見えないね!」と答えたのだが、A子は

「でしょ?37歳なのに彼氏も作らないでふらふら歩いてさ。恥ずかしいよね。しかもこのあと立ち食い蕎麦食べに行くんだってわたしには絶対無理、恥ずかしいよねえ」

けらけら笑いながら同意を求めてきたのだ。

えっ、どういうこと?突っ込みたいところ多すぎて分からない…。

頭が混乱した私は取り敢えず「私も立ち食いそば好きだよ…」としか言えなかった。

混乱したままランチをしたけれど、その時もA子の愚痴は止まらなかった。いつも通りだな、と聞いていたのだけれど

「(友人が)体調不良会社休んでて理解できない。社会人なら体調管理しろ

「というかただの寝坊してたんじゃないの?社会人なら30分前に職場ついてろよ」

「私はどこに出しても恥ずかしくないお嬢さんなのに、どうして私が結婚できないのか」

正直無理だと思った。

A子は確かに仕事一所懸命にやるし、プライベートもしっかりしている。金銭面はわからないけど自立している。

身嗜みもしっかりしていていつも綺麗だ。なんなら私が少し手を抜いた服装をしたときは嫌そうな顔をしてたくらい服、髪、化粧には気をつけている。

でも、それでも、だ。

3つ目に言われた言葉は我が耳を疑ったし、正直A子の神経を疑った。どこに出しても恥ずかしくない??それは他人が言うことであって自分が言ってはおかしいでしょ。

違和感を覚えていたけど愚痴だし別にいかとこの日も話を聞いて終わったけど、帰ってから驚いた。

蕁麻疹が出たのだ。

それも尋常じゃないほど出て入院した。呼吸困難までいかなかったけど、異常な蕁麻疹状態医者入院してほしいといわれて1泊した。入院バカ高い…。

数日して蕁麻疹は収まった。SNSで暇すぎてつぶやいたけど、心配してくれたのは高校時代からの友人だけだった。趣味友達から一言もなかった。

ここで私はやっと自分の人望の無さに気付いた。遅すぎる話だけどやっと気付けたのだ。良かった。

それからA子と会い愚痴を聞くたびに痒くなる肌と付き合っていたのだけれど、体の不調に目を背けることはできなくて自分の心の余裕が生まれからまた遊ぼうと思いフェドアウトし始めた。

A子はもともと人づきあいが良かったからたくさんの友人がいた。結婚できないことを、仕事でうまくいかないこと以外は楽しそうにすごしていたように見えた。

私は私で友人と遊んだ食事を楽しんでいたし、それをSNSにあげたりもした。

去年の冬。年末のことだった。

私の祖父急逝し週末に通夜葬式をすることになった。

A子を含めた趣味友人と忘年会約束していたのだがいけなくなってしまいそれを連絡した。申し訳ない、私の代金は払うからみんなで楽しんでほしい。

その時はみんな心配してくれたのだが、A子だけは違った。

A子「じゃあ忘年会前のイベントいけないんですね。わかりました。」

イベントというのはA子が好きな漫画イベントで、限定グッズがもらえるとのことだった。

もしA子の好きなキャラクターが当たったらあげると話しをしていたのだけれどいけなくなってしまって申し訳ないと謝った。

限定グッズもそのキャラクターが手元にくる可能性を低くしてしまって申し訳なくて、思わずメルカリを覗いた。ちなみにグッズはなかった。

どうしよう、怒らせてしまった。でも仕方がないことだし、どう言えば分ってもらえるだろうか。

そう何度も考えたけれど、ふと冷静になった。

お悔やみの言葉1つも出てこない相手に、なぜこんなに気を使わなければならないのか。

そう、A子からはお悔やみの言葉は出てこなかったし、なんなら行けないことをキレられたくらいだ。なのにどうしてここまでA子に気を使わなければならないのか。

からないふりをしていたけど私はA子が趣味友人に私の愚痴を漏らされるのが怖かったんだと思う。

だってただ立ち食いそばを食べただけで鼻で笑われるってなぜ???という感じだし、悪いことや不快な思いさせたなら仕方ないけれどここまで気を使って愚痴られるってどういうこと?という感じだった。

実際に趣味友人C子から

「A子はあなたのことを「結婚しない」じゃなくて「できない」のに強がってて醜いって言っていた。でもそばにいるのは年上なのに結婚してない人がいるって安心になるとも言ってた。」

と聞いた(これを本人に言うC子もどうなのか)

やっぱりな、という気持ちが大きく、瞬間どっとした疲れを感じた。

もう無理だ。正直に思った。

偽善者ぶって自分気持ち悪いと思った。アラフォーになって何やってんだと情けなくもなった。

この日私はA子の連絡先を全部消したし趣味友人のライングループからも抜けた。

れいさっぱり、社会人になってからできた友人たちの一部から縁を切ったのだ。

社会人になってからできた友人はかけがえのないものだとわかっていたけれど、自分偽善者ぶりに辟易してしまった。

彼女たちは悪くないけれど、私の都合で勝手に縁を切った。

ごめんなさい、B子C子。

妬み僻み自分を良くしてくれる友人を鼻で笑うA子。

一刻も早くA子が幸せになって心のゆとりのある人に変わりますように。

2018-02-10

anond:20180210010350

ですよね…やっぱりA子に思いぶつけて見て1回話した方がすっきりしますよね。。

ちょっとテスト終わったら喧嘩してみます

自分が見下されるのは構わないけどB子とC子が見下されてるのが嫌だ」っていうのがちょっと嘘っぽい。

→書いてて嘘っぽいなーって自分でも思いましたw言い訳みたいになるんですけど、自分も今A子の事を見下しているのと同じだろうから見下されても仕方ないと思うんですよね。やっぱり少し相手に思うところがあったら態度とか目に出ちゃったりするんで、、

anond:20180210001935

A子と喧嘩すれば?

あくまでも自分のためにね。

自分が見下されるのは構わないけどB子とC子が見下されてるのが嫌だ」っていうのがちょっと嘘っぽい。

正義のために戦おうとしている感じがする。

喧嘩するなら本当のこと言わないと意味がないので一応言っといた。

喧嘩の結果は

A子が消えて3人は仲良し

A子が消えてグループ消滅

あなたが消されて3人は仲良し

あなたが消されてグループ消滅

A子と分かりあい4人仲良く

A子とあなたが消えてグループ消滅B子とC子でつるむ

のどれかだと思う。

グループ共同体崩壊はつきものから今回の件は仕方ないと思って頑張るしかないのでは?

友人を嫌いになってしまった

私は学生所謂女子グループに一応所属できている。

きゃぴっとはしてないので、客観的に見ると大人しめの4人グループ入学した当初からやってきた。

だがその中の1人を嫌いになってしまった。

決定的な事があったのではなくじわじわと苦手だなと感じるようになってしまった。

の子は(以下A子とする)頭が良く運動は平均美術部で絵が上手い女子だ。

4人全員美術部だが画力は部内でも1で他の子には失礼だが私含め足元にも及ばない。

何故苦手意識を持ってしまたか…嫌いになってしまたか自分なりに考えてみました。

A子も私も含め4人みんなオタク気質だ、しかし身なりには私は気をつかっているつもりではある。メイク勉強したりGU以上ぐらいのブランド買ってみたり…

でもA子は正直ダサい。決定的に服装ダサいのではなく毛玉が付いていたりシワがあったり…など。

あとはメイクをする人を早いだの早くからやったら老けるだの馬鹿にしたように言う。

服装だってメイクだって一種努力だ。解れや毛玉、埃、シワなどないか確認生地に気をつかったり…メイクも親が教われなかったか化粧品カウンターに行って教えてもらったり、、それを馬鹿にしたように言うのは少し辛い。

4人で会う時は気を抜いてるからメイクは余りしないし適当服装から名指しではないのだと思うが…まぁそれはどちらでもいい。

あとは無意識に人を見下しているところだ。

4人の中での学力はA子>B子>私>C子 の並びだが私とC子はそこまで差はない…が、自分よりC子を見下す頻度が高いような気がする、絵については全員を無意識に見下している。

自分は見下されるのはいいんだ、問題B子もだが特にC子を見下しているのがムカつく…より悲しい。

ほんとに人間本質が見えてないんだなーって、上から目線だが思う。C子は学力運動は平均だが思いやりがあり4人の中で一番空気も読めて優しい子だと思う。

不登校な私をよく連れ出してくれたり、数えられないくらいに根気よく一緒に行こうと誘ってくれた。絶対に行ける事はなく行けてる確率は半々だ。なのに誘ってくれる、ほんとに頭が上がらない。

なのに見下すのだ、A子は。無意識に…と書いた通りわかりやすマウントを取るような事はないが言い方がそう聞こえるのだ、○○とか出来たんだね、とか よく出来たじゃん。

私が気にしすぎなところもあるかもしれないが、無意識に見下しているのに加えKY気質だったり先程書いた通り努力簡単馬鹿にする。

正直進学したらあまり関わりたくない がグループの他2人とはずっと仲良くしたい。でも遊ぶ時はいつも4人だし1人ハブくなんてしないだろうし…。「A子の事ちょっと苦手になってきて~」って言えるほどグループがキャピってない、純粋で透明なグループで…。

どうすればいいんだろう…、、

2018-01-26

自分が強いと言いたくなるのは本能なの?

コートを着ないでスーツ会社に行き続けて5年、

周りから「いい加減コート着なよ」と言われる。

コートを着たくない理由としては、

重いし、かさばるし、邪魔荷物になる)し、置き場所が無いことが多々あるからだ。

風邪引くよ!」と言われるけど、社会人になってから今まで無遅刻無欠席だ。

そして、上記理由以外に「コートを着ない、強い自分が誇らしい」ことがある。

私と同様に「私コート着ないんだ!」と言ってる女子高生が丁度後ろをあるって居た。

適当に、A子、B子としよう。

A子「私コート着ないんだ!」

B子「えー、寒いよ!今って一番寒いんだよ!」

A子「んー、でも邪魔だし、重いし動きづらいから嫌なんだよね。」


A子「……もうすぐ春じゃん~?」


コートを着ない理由には賛同できるが

「もうすぐ春じゃん」には同意できなかった。

でも、たしかにもう少し頑張れば温かくなるよね!

コートを着ない、強い自分が誇らしい」っていう思いは何処から出てくるんだろう。

そして、「自分が強い!」って誇らしく思ったからなんだ?って話だよなぁ。

2018-01-23

小説: 女性だけの街

「今度できる、『女性だけの街』に引っ越さない?」

A美は親友B子に誘いかけました。

「なんでそんな街ができるの?」 B子は尋ねました。

そんなの決まってるじゃない、とA美は応えました。

「男の人って何をするかわからないじゃない。実際に被害に遭った女の子だっていっぱいいるんだから。そんな人がいたらおちおちショッピングもできないわよ。」

それは怖いね、とB子は頷きました。

A美とB子は『女性だけの街』に引っ越し安心してショッピングを楽しみました。

-----------------------

「今度できる、『犯罪者のいない女性だけの街』に引っ越さない?」

次の年、A美はまたB子を誘いました。

「なんでそんな街ができるの?」 B子は尋ねました。

そんなの決まってるじゃない、とA美は応えました。

犯罪者って何をするかわからないじゃない。実際に被害に遭った女の子だっていっぱいいるんだから。そんな人がいたらおちおち女子会もできないわよ。」

それは怖いね、とB子は頷きました。

A美とB子は『犯罪者のいない女性だけの街』に引っ越し安心して女子会を楽しみました。

-----------------------

「今度できる、『犯罪者前科者もいない女性だけの街』に引っ越さない?」

次の年、A美はまたB子を誘いました。

「なんでそんな街ができるの?」 B子は尋ねました。

そんなの決まってるじゃない、とA美は応えました。

前科者って何をするかわからないじゃない。実際に被害に遭った女の子だっていっぱいいるんだから。そんな人がいたらおちおちフィットネスもできないわよ。」

それは怖いね、とB子は頷きました。

A美とB子は『犯罪者前科者もいない女性だけの街』に引っ越し安心してフィットネスを楽しみました。

-----------------------

「今度できる、『犯罪者前科者も精神障害者もいない女性だけの街』に引っ越さない?」

次の年、A美はまたB子を誘いました。

「なんでそんな街ができるの?」 B子は尋ねました。

そんなの決まってるじゃない、とA美は応えました。

精神障害者って何をするかわからないじゃない。実際に被害に遭った女の子だっていっぱいいるんだから。そんな人がいたらおちおち旅行もできないわよ。」

それは怖いね、とB子は頷きました。

A美とB子は『犯罪者前科者も精神障害者もいない女性だけの街』に引っ越し安心して女子旅行を楽しみました。

-----------------------

「今度できる、『犯罪者前科者も精神障害者外国人もいない女性だけの街』に引っ越さない?」

次の年、A美はまたB子を誘いました。

「なんでそんな街ができるの?」 B子は尋ねました。

そんなの決まってるじゃない、とA美は応えました。

外国人って何をするかわからないじゃない。実際に被害に遭った女の子だっていっぱいいるんだから。そんな人がいたらおちおちナイトプールも行けないわよ。」

それは怖いね、とB子は頷きました。

A美とB子は『犯罪者前科者も精神障害者外国人もいない女性だけの街』に引っ越し安心してナイトプールを楽しみました。

-----------------------

「今度できる、『犯罪者前科者も精神障害者外国人更年期のオバサンもいない女性だけの街』に引っ越さない?」

次の年、A美はまたB子を誘いました。

「なんでそんな街ができるの?」 B子は尋ねました。

そんなの決まってるじゃない、とA美は応えました。

更年期のオバサンって何をするかわからないじゃない。実際に被害に遭った女の子だっていっぱいいるんだから。そんな人がいたらおちおち映画にも行けないわよ。」

それは怖いね、とB子は頷きました。

A美とB子は『犯罪者前科者も精神障害者外国人更年期のオバサンもいない女性だけの街』に引っ越し安心して映画を楽しみました。

-----------------------

「今度できる、『犯罪者前科者も精神障害者外国人更年期のオバサンも思春期のガキもいない女性だけの街』に引っ越さない?」

次の年、A美はまたB子を誘いました。

「なんでそんな街ができるの?」 B子は尋ねました。

そんなの決まってるじゃない、とA美は応えました。

思春期のガキって何をするかわからないじゃない。実際に被害に遭った女の子だっていっぱいいるんだから。そんな人がいたらおちおち岩盤浴にも行けないわよ。」

それは怖いね、とB子は頷きました。

A美とB子は『犯罪者前科者も精神障害者外国人更年期のオバサンも思春期のガキもいない女性だけの街』に引っ越し安心して岩盤浴を楽しみました。

-----------------------

「A美」ある日、B子は言いました。

最近全然家族と会ってないの。お母さんと妹をこの街に呼んであげたいんだけど、いいかしら?」

A美はとんでもないという顔で断りました。

あなたのお母さんは50歳で、更年期まっただなかじゃない。更年期のオバサンはこの街には入れないの」

「それにあなたの妹さんは15歳で、思春期真っ盛りじゃない。思春期のガキはこの街には入れないの」

そしてA美はこう続けました「実際に被害に遭った女の子だっていっぱいいるんだから

「なにそれ」B子は憤慨しました。

「A美が一昨年連れてきたA美のおばあちゃん、ちょっと認知症気味だったじゃない。精神障害者この街に入れないんじゃなかったの」

「私のおばあちゃんは大丈夫なの」A美は興奮気味にこう言い放ちました。


B子に、私のおばあちゃんの何が分かるっていうのよ」





----------------------------

2018.01.24追記:

うーむ、伝えたかたことが全然伝わらない小説なっちゃってたな、反省

言いたかったのは

2017-10-17

中学時代レズ子というあだ名をつけられた。

何故かっていうと、同じ部活に入っていた友人と、いつも冬場の電線に並んでコロコロしてる雀みたいにいちゃいちゃしていたかである。その姿が異常だとかいう事で、ある男子(仮にA男とする)が私に「レズ子」とあだ名をつけた。

けど友人の方はレズだという中傷はされず、攻撃されていたのはもっぱら私だった。友人はめちゃめちゃ腕っぷしが強くて男子でも殆どの子が敵わなかったから、弱い私だけが狙われていたのかもしれない。

しかし私は弱かったしA男はやたら執拗だったが、それでイジメを受ける事にはならなかった。

というのも私本人がレズ子と言われる事を気にしていなかったし、友人も「A男はしつけーな」位の感想しか懐いていなかったし、他の生徒達もだから何なんだって感じで、いくらA男が私を罵りまくり皆を煽動しようとしても、誰もノッて来なかったのだ。

別にイジメの全く無い清らかな環境ではなかったのだが、それはイジメネタになる様なものではなかったらしい。

私が思うに、当時レズビアンレズビアン的なものイメージが良かったからなのではないかと思う。主に宝塚セーラーウラヌスネプチューンのおかげで。

ま、そもそも女同士で冬の雀みたいに距離感ゼロで群れている光景なぞ、珍しくもなんともないのだ。

もしあの頃、保毛尾田保毛男みたいな、ヘンテコなレズビアンっぽいキャラクターが笑っていい者としてテレビに登場していたら、状況は違ったのかもしれないなぁ。

などという事を考えていてふと思ったのだけれども、保毛尾田保毛男って私も昔テレビで見てたが、あのキャラ本人は飄々として超然としており、どんな好奇や嘲りの目で見られていようがゴーイングマイウエイで生きている、一種の強かさのあるキャラクターなのだな。

強かだから、どこまで叩いたら折れるのかっていう好奇心でもって人々は保毛尾田に残酷視線を向けていたのではないか

しかし保毛尾田は柳に風とばかりに受け流す。

その姿は、あの頃執拗にA男からまれていた私にも通ずるものがある。

A男の私への攻撃は日増しに酷くなる一方だったが、最悪の事態にならなかったのは、幸運だったかもしれない。ブラウン管の向こう側の存在の保毛尾田は撲れないが、生身の私の事はやろうと思えばおもいっきりブッ飛ばす事が出来た筈だ。A男のなけなしの良心や自制心によって私は無傷でいられただけだ。

と、遠い昔の中学時代に思いを馳せたのは、保毛尾田復活騒動きっかけではなくて、うちの娘の友人B子ちゃんのお母さんの一言のためなのだった。

B子ちゃんはうちの娘の事が熱烈に好きで、どれくらい好きなのかっていうと、ノー娘ノーライフ、それくらいに好きなのだB子ちゃん本人談。

娘とB子ちゃんは、かつての私と親友の様に、電線の上で身を寄せる雀の様にコロコロといちゃついている。

そんな様子を見ながら、B子ちゃんのお母さんは言ったのである

「あらぬ方向へ進まないといいんだけど」

そんな事が気になるのか。

別にいいじゃねーかあらぬ方だろうがなんだろうが。

しかし私の中学時代、いっくら私と親友がいちゃこらしていたって、同級生の多くは私達をあらぬ方向へ行っているなどとは言わなかったし、むしろ女子ってそんなもん、くらいの受け止めかたしかしていなかったのに、今は、「あらぬ方向」か。

もしかして時代は逆行しているのだろうか?

単にB子ちゃんのお母さんが気にしすぎなだけかもしれないが。

なんだかなー。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん