カテゴリー 「小禄心ちゃん応援日記」 RSS

2016-05-25

[]シノハユ 33話「中堅戦」

(心ちゃんの出番が無いことを悔やむいつものくだりを脳内補完しといてください)

で、本編。

森脇さん強いなあ。

シノが鳥さんを集めることも承知していて、能力への対応も出来そうだから、これ相当強そうだ。

もちろんまだわかんないけど、今年は負けて、来年リベンジする流れかもしれんね。

が、そうなると、僕の応援する心ちゃんと再開することが出来ないのか……

こりゃ何としてでも湯町の残りのメンバーには頑張ってもらわないとなあ。

ただ、ぶっちゃけイマイチルール理解してないので、どうなるかがわからないや。

えーっと、とにかくあがれば勝てるに違いない! ファイトだ!

2016-05-21

[]咲 159局「準備」

僕の応援する心ちゃんの出番は……

ありませんでした!

ありませんでしたが、心ちゃんの保護者である遥さんの誕生日が昨日だったので、メデタイですね。

なんと作中登場時では25歳、現在のシノハユ時間軸だと26歳かな?


そして、本編では新キャラがたくさん出てきました。

新道寺の比与森さんは、久々の大人だしシノ世代可能性がありそう。

高知県に多い名字らしいですので、シノハユが全国まで進まないと出てくる可能性は低そうですが。

sakiの魅力は登場人物豊富な設定だと思っているので、こうしてキャラクタが増えると妄想の種がたっぷり撒かれた感じです。

あと、すばら先輩へのフォローが入ったのもよかった。

確かに言われてみると、高遠原中学団体で成績で残したわけでもないのに、九州の名門に越境する、すばら先輩は色々謎が深そう。

(そして、そこを目指して頑張ってる加藤さんも)

個人戦で結果を残してスカウトされた、とかありそうですね。

けど、すばら先輩の入学年は、二人一組の能力者の姫子さんが内定もらっているので、スカウト枠が実質一つ減っていて、みたいなことを妄想するの楽しい

すばら先輩の実力にもフォローが入ったことだし、

こりゃもう、新道五位ありえるんじゃないでしょうか!

大阪の二校はスピンオフがあるんだから、そっちで頑張ろう!

まあぶっちゃけ、勝ち負けよりも、ストーリーの量が僕の焦点なので、スピンオフ確定の大阪二校が素直に羨ましい。

2016-05-07

[]咲 158局「前夜」

僕の応援する心ちゃんの出番はーーーーーーーーーー

ありませんでしたー。

五位決前のキャラ紹介、って感じでしたね。

そろそろ試合が始まりそうですが、僕が今回応援するのは新道寺かなー。

新道寺の要である、リザベーションの始動役の哩さんが無双し、姫子さんがコンボを決める、という王道を見せて欲しいですね。

Aブロック準決勝あんだけ点差あっても哩さんが上がりまくってたんだから、今回はもっと行けると思う。

先鋒から僕の予想を書いて行くと、

○先鋒

無双でしょ。

能力が無くなってる説とかもあるけどね。

漫さんの爆発以外能力らしい能力もないしね。(すばら先輩の飛ばないは消極的だしなあ)

怜さんの能力は攻守共に優れてるから、漫さんが爆発したとしても、上手い事躱せそうだしなあ。


○次鋒

一年最強泉さんがまたもや全員三年と対局するのかあ。

能力持ちもいないし、実力通りな結果になりそう。

それだけに、中々読めないですね、個人的にはAブロ準決で頑張った美子さんにまた頑張ってもらいたいですね。

○中堅

火力のセーラさんと守りの愛宕お姉さんの大阪頂上決戦が見所ですね。

金は返してもらえるのだろうか?

僕は安倍政治評価がどうなるのかが、一番気になりますね。

政府は悪くないのだろうか?


副将

いやもう、完全に哩さん無双でしょ!

久保さんとの格付けはAブロ準決ですましてるし、

愛宕妹さんはまだまだな描写も多いし、

真屋さんは能力持ちとはいえ一度切りの使い捨てから、上手くそれを乗り切れば、リザベーションばんばんしまくりーのですわ。

ちょっと思いついたんだけど、哩さんがリザベーションを封印する流れもあるかもしれないなあ。

国麻が団体戦かどうかもわからないし、何とも言えないんだけど、

来年姫子さん1人で戦うわけで、いつまでもコンボの発動役じゃよくない、的なノリで?

とは言え、哩さん本人の実力とはあんまり直結しない能力なので、それとは関係なく暴れそうです。

大将

リザベーション!

ゾーン! 怜ちゃん!

カムイ

あーこれは、末原さんまたカタカタしちゃいますわ。

リザベーションを止められる感じの能力じゃないので(つうか止められそうな能力が作中に無い気もするが)、これはもう姫子さん頑張りどころでしょ。


○というわけで

五位新道寺で決まりでしょ!

頑張れ新道寺!

決めろ! リザベーション!

2016-04-28

[]シノハユ 32話

心ちゃんの出番はないです。

色黒の人格好いいですね。

「三軒リーチじゃい!」は使い勝手がいいので、リアルで使って行きたいですね。

シノチャーが鳥さんを集めるオカルト自覚が出てきてそうで、なんか面白い

もちろん、今の所は点数が高くなるから、って理由ありきだとは思うんですが、

将来的には鳥さんは低目だけど、私ならツモれる! とかあると燃えるね。

日和がないと、ビッグガンガンのお値段が高く感じますね。

シノハユ、咲日和クズの本懐の三つしか読んでないので……

なにか単行本買ってみようかなあ。

2016-04-02

[]咲 157局「報告」感想

五位決定戦に向けての下準備回でしたね。

僕は咲本編の試合応援する高校を決めて「頑張れー!」って思いながら読むのが好きなんですよね。

五位決では新道寺を応援する予定なので、新道寺の描写も欲しいなあ。

新道寺は五位狙えると思うんだよね。

団体戦に特化した能力だけに、ガツンと爆発して大活躍して欲しい。

そのためには、中堅までの三人、特に中堅の江崎さんが、大阪二校でも特に強い愛宕姉、江口さんの二人とどう戦えるかが見物だと思う。

中堅までに勝ち越せれば、哩さんが無茶なことしなくても良くなって、

姫子さんがリザベーションの奴隷にならなくて、自分の闘牌を見られるってのも、注目したいしね。

江崎さんが活躍するためには……

やっぱり政治か、政治をよくしないと駄目なのか。

政剣マニフェスティアに課金すればいいのかな?

2016-03-25

[]シノハユ 31話

はやりんがチームメイトへの気持ち吐露するシーンはとても良いですね。

咲の魅力はやっぱり団体戦ですね。

団体戦だけに、他の二校が完全空気なのが悲しい。

(この作者のことだから、細かい設定があるとは思うけどね)

心ちゃんも個人主義というか、

「つらよごしだよー」って言っちゃうタイプの子だけど、

中学高校団体戦を通じて、仲間達との絆を深めて欲しいですね。

なにやら、にわちょこが同じ高校ないし中学という説(何かの特典で同じ制服を着ているらしい)もあるしで、

全小世代キャラ団体戦でどう絡むのか? も凄く楽しみだなあ。

[]シノハユ 6巻

ふえええええ、心ちゃんが表紙だよおおおお!!!!!

ばんざあああああい

ばんざあああああああああああい!!!!!!


で、単行本裏で「初めて心の底から楽しめた相手と、またいつか大舞台麻雀が打ちたい」という気持ちがあることが明かされました。

明かされましたが、五巻のレジェンドのそれを見ると、シノハユの現時点でその気持ちがあるかどうかは、また別の問題なんだよね。

前巻で描かれた全小の決勝をさしているのか、はたまた……

うーむ、心ちゃんの今後が気になって気になって仕方ないですね!

とりあえず、学費問題高校に行けない、ということはさすがに無さそうなので、一安心です。

[]咲日和 5巻

心ちゃんたちの一つ上の世代である、湯町の子たちの書き下ろしが読めて満足、満足。

そうえば、テレビ好きの子中学生編でまだ出てないね

はいえ、シノハユの単行本カバーはいからブリーチのヴァイザードみたいにはなってないかな。

[]立

書き下ろしがないので語れることがないなあ。

改めて読んで思ったけど、ラストの1ページで、

タヌキがあぐりと別の道を行ってるのメチャクチャ笑えるな。

[]咲 15巻

ななななな、なんと!

ついに!

なんと!

僕の!

応援する!

小禄心ちゃん!

の!

年齢が近い!

にわちょこコンビが本編に登場です。

ううむ、麻雀を楽しみ続けている人の名前に、

心ちゃんが出てこないのは、何か心配になるなあ。

とは言え、同世代でもプロになってる、のよりん、はやりん、も話題にあがってないので、

プロになっているかなっていないかが違いではなさそう。


とまあ、小禄心ちゃん視点感想はさておき、

にわちょこですね。

っていうかさ、

いくら同姓の前とはいえ、全裸でベッドに寝転ぶの恥ずかしいいよね。

そりゃこの後致すならまだしも、

相手が服着てる状態で、自分全裸って凄い恥ずかしいと思うんだよなあ。

僕なら肉体関係にある人相手でも避けたいなあ。

はやりんも全裸でベッドにダイブしてたし、この年代は同姓の前で全裸になるのが流行ってるのか?

小学生の頃から仲良しだからって、やっぱ全裸は気になるなあ。

気になるっていうか、もう僕視点ではこの二人は肉体関係恋愛関係があるとしか思えない。

こんなもん価値観問題なので、どうとでも解釈できるしんだけど、

できるんだけど、僕にはもう二人が、性的な興味含んでお互いが好き同士だと思っているしか、思えないんだよなあ。


ジャンスクでやってた、ガンマのエロい裏設定が最近作者のPixivで明かされてるんだけど、

咲もそれ並みのドギツイ裏設定がありそうだなあ。

2016-03-19

[]咲 156局「両親」感想

原村さんの母親父親が登場するお話

ゆえちゃーのときとか、パパえさんの存在判明のときとかも思ったけど、

世界にも異性愛者の夫婦日本国法律感謝して結婚しているってのは、

世界観の広がりを凄く感じるな。

視点だとなんかほとんどのキャラ先進的な渋谷区感謝して結婚するタイプに見えるんだよね。

恵さんが

友達と別れたくないだとか麻雀だとかそんな理由東京のいい学校に転校しないなんて理解できないんだ」

と言っているけど、

これは家庭板とか小町だと叩かれそうだなあ。

まずそもそも、自分仕事の都合(自分自身が奥さんと暮らしたいという気持ちもあるかも?)という気持ちがあるのであれば、

それをベースに説得するべきで、娘の和の意見否定する必要はない。

その上で、

和の都合で恵さんが折れるか、

恵さんの都合で和が折れるか、

もしくは折り合いがつかないから、二人とも別々に暮らすか。

そういう選択肢を示して会話すべきであって、恵さん自身理解できないから和に折れろ、というのは親と子の関係であっても理不尽すぎる。

妥協をするのは和なんだから、和の言い分を否定するのではなく、恵さんの言い分をより認めさせる方向にしないと、理不尽

せっかく、家族みんなでご飯を食べられる程度には会話が出来る関係なんだから理解できない、なんて傲慢物言いをするのは本当にもったいなく思える。

言い分がある和自身言葉を尽くすべきだと考えてるかも知れないけど、和はアチガの皆と疎遠になってしまった、という体感としての事実があるから

言語化せずとも気持ちを感じてしまってて難しいんだろうなあ。


そうえば、本編時間軸では、心ちゃんは結婚ないし先進的な渋谷区感謝しているのかなあ。

まだ心ちゃんに何があって遥さんと暮らしいるかは判明してないけど、

シノハユから本編までに間に、心ちゃんが自分で見つけた家族と一緒に暮らしいるかもしれない。

というのは、なんだか気持ちほっこりしますね。

2016-03-05

[]咲 155局「証果」感想

僕の大好きな小禄心ちゃんがおそらくいる世界の本編漫画。(この紹介、なんか悪意があるな。でも咲世界死ぬって概念があって、心ちゃんがまだこの時間軸に登場してないから、なんかこんな書き方をしてしまった)

ものすごく今更なツッコミかも知れないけどさ、

風呂で裸で体と体を触れ合わすって、

冷静に考えると、とんでもないことしてる気がしてきた。

いやほら、咲世界って精神的な繋がり的百合はあっても、

あんまり肉体的百合接触ってないじゃん。

(車の中のかじゅももとか、松実姉と新子さん、充電とかぐらいじゃない?)

それらも、当然服は着たままだしさ。

服着てる状態で抱きついたり、手をつないだり、お膝の上に乗ったりっていうのは、

まあ確かに、同性同士であれば、恋人家族でなくても可笑しくないかもしれないけど。

さすがに、お風呂場で全裸状態でここまでの肉体的接触をするのは、

相手のことが恋愛的ないし性的に関心がないと、

ちょっと自然に僕は感じてしまうなあ。

僕なら友達はもちろん、家族に同じことやられてもちょっと嫌な気持ちになってしまう。

っていうか、恋愛関係にある人でも、別にそういう気分でお風呂入ってるわけでもないのに、こんなことされたら、

「ごめん、離れてください」って言うわ。

(もちろん、僕ならそう感じるというだけで、咲さんが和さんのことをそういう気持ちでないといけない、というわけではないです)

こういう、パートナーとの気持ちを通じ合わせる描写は、決勝戦キーになりそうですね。

Aブロック側の準決勝で、リザベーションや枕神などの「パートナーとの繋がり」による能力は、

絶対安全圏や深山幽谷化身といった能力支配を破ってるし、

長野予選でも、イーシャン地獄を、池田仮名さんやかじゅさんは、能力こそ発露していないものの、

パートナーとの繋がり」をキッカケに支配を破っているんだよなあ。

というわけで、Aブロック準決勝と同様に

絶対安全圏と深山幽谷化身という二つの能力支配に対して、

ネリーのふぇいタライザーや、咲さんみたいな一人で完結した能力は不利なのかもしれませんね。

あれ、凄いな普通に咲の感想を書いただけのはずが、

何故か、はてなブックマーカー名前が二人も紛れ込んでしまった。

これは、女子高生雀士たちは実質はてなブックマーカーなのでは?

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん