「世界に一つだけの花」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 世界に一つだけの花とは

2024-01-10

実績でも経歴でも年収でも学歴でも家柄でも美貌でも、そういう何かしら人に誇れるものがないのに他人に偉そうにしている人間が多すぎる気がする

逆にニートとか引きこもりとかそういう奴に限って偉そうだったりする。

ナンバーワンよりオンリーワンとか世界に一つだけの花とか個性教育とか言ってないで、自分客観視して身の程を弁える教育必要だと思う。

そういう内省深いところが日本人美徳だったんだろ。

2024-01-03

槇原敬之ヘッドフォン無しで聴けない家庭

家族は私以外全員槇原敬之を憎んでいる

何をされたのかと思うぐらい槇原敬之を憎んでいる。テレビに一瞬でも映ればチャンネルを回すし

もちろんYouTubeでは聴かないし楽曲を使ってるチャンネルブロックするほどだ

なのでもちろん関連するCDもない

世界に一つだけの花槇原敬之曲だと知ったのは高校になってからだった。

だが、最近槇原敬之UKドリルという動画に私は出会った。すごくそれはかっこよかった

から元の曲も聴いてみたらすごくよかった

どうしてこんないい曲を家族は嫌うのだろうと思いながら、今日ヘッドフォン槇原敬之の曲を聴いている

2023-12-31

世界に一つだけの花なんだよな。

やっぱ世界に一つだけの花なんだよなーーーーーッ!!

2023-12-11

anond:20231210205845

反戦歌としても優秀なのが、特別ポイントだと思う

ウクライナロシアパレスチナイスラエルのような、戦争に塗れた今の状況にピッタリ

それぞれの国が、一人一人違うタネを持つ世界に一つだけの花だと歌うべき

世界に一つだけの花」に代わる懐メロを探せ

卒業式で歌えて、心に深く残る曲がイイ。

Tomorrow

いいね

個人的には、「旅立ちの日に」を推す。

今 別れの とき

飛び立とう 未来信じて

弾む若い 力信じて

この広い この広い 大空に

みんなは何が好き?

anond:20231210205845

かに、「世界に一つだけの花」は名曲だけど、個人的には「Tomorrow」で代替できる。

夜空から こぼれた 星屑が 波の上を滑るだろう

Tomorrow Tomorrow また明日が素晴らしい夢と素敵なメロデイ運んできてくれるだろう

anond:20231210211413

現実の悪を、フィクションにまで広げるのは間違い。という話ですよ。

楽曲フィクションから現実とは関係ないなら、アインシュタインよりディアナ・アグロンは?

女性蔑視として批判された「アインシュタインよりディアナ・アグロン」はフィクション自体の悪でしょう。

秋元康(悪ではない)➡︎ アインシュタインよりディアナ・アグロン(悪)

ジャニー喜多川による性加害(悪) ➡︎ 世界に一つだけの花(悪ではない)

作家の悪 ➡︎ ゆえに作品も悪

とはならない、と私は主張してるのです。

2023-12-10

anond:20231210205845

いや、いや、幾ら何でも俺も、世界に一つだけの花は無事だと信じたい。

紅白ジャニーズが出ないと言うが、歌ってくれると思う。

よしんば歌ってくれなかったとて、黒歴史化はしないはずだ。楽曲炎上して、もう歌えないなんてことあるか?

世界に一つだけの花 について

ジャニーズファンの切れっ端として、我慢してた。

あなた達の暴走する自分勝手正義感に巻き込まれる仲間達を、見てることしかできなかった。

悔しい、と思いながら。

自分の無力を呪った。

でも怖いことに気付いた。

あなた達、まさか世界に一つだけの花 にも手を掛けるつもりじゃないでしょうね?

あの素晴らしい名曲

紅白のトリとして年末を飾っただけじゃなく、卒業式で歌った子どもたちも大勢いるんですよ。

心の深い部分に、忘れられないピュアな思い出として刻まれてるの。

正義エンターテイメントに、子どもたちまで巻き込むつもりなら、今度の加害者あなた達だぞ?

世界に一つだけの花黒歴史にして、性加害ソングなどというレッテルを貼る気なら流石に許さない。

子ども達がアルバムをめくるたびに、歌を通して性加害構造に加担したかも、などと反省するような未来には絶対にさせない。

言うまでもなく性加害を擁護するつもりはないけど、便乗して弱いものイジメをする投石者にも味方する気はありません。

被害者に罪がないように、歌にも罪はない。

2023-10-03

世界に一つだけの花」ってもしかして

花を穴に変えれば「世界に一つだけの穴」になる。もしかしてマッキーは知っていた……?

2023-09-21

世界に一つだけの花

歌詞を見ればわかる

店に並ぶハードルを越え

買ってもらえるレベルの花以外は

一つだけの花には入れない

2023-09-17

カラオケ無難選曲

今のまでカラオケのザ・無難選曲としてSMAP青いイナズマとか、世界に一つだけの花とかを歌ったわけだが、何かしらの政治性を帯びたというか、色が付いてしまたか無難選曲と言えなくなった。

幅広い年代層の男女にとって無難選曲としては、何を歌うのが正解だろうか。

やっぱサザンとかミスチル

2023-09-12

アハ体験

2016年

SMAPのみなさんとは、個別に、あるいはSMAP全員の方と、何度か現場をご一緒したことがありました。

とても礼儀正しく、才能にあふれていて、すばらしい方々だと思いました。まさに国民アイドルの名に、ふさわしい存在です

SMAPメンバー一人ひとりの、表現者としてのポテンシャルは、決して、海外の著名アーティストに劣っているとは思いません。

表現は、番組舞台コンサートでやればいいという考えもあるかもしれませんが、それだけで済む現代でもありません

2017年

世界で一つだけの花」は名曲中の名曲だが、今こそ、SMAPの方々が歌ったら、心にしみるし、すばらしい効果を上げると思うのだが

2023年

ジャニーズにだまされないでほしい。人生もったいないし、人生時間無駄になるからジャニーズはほんものじゃないし、あなたのためでもない。

ジャニーズにだまされる人は、芸術教養根本的に欠けている。クラシックからロックポピュラーまで、音楽のほんものに触れていれば、SMAPや嵐には騙されない。

モーツァルトビートルズボブ・マーリーを聴いた方がはるかに深く世界に通じる教養が身につく

世界に一つだけの花」だってSMAP楽曲じゃなくて、槇原敬之さんの楽曲だ。

槇原敬之さんの生き方人間性があってこそあの歌の詞、メロディが生きてくるわけで、SMAPが歌っても、それは偽物でしかない

2023-06-15

つのまにかJ-POP黄金期が到来してるよな

1位2位3位4位5位
2012真夏のSounds good!AKB48GIVE ME FIVE!AKB48ギンガムチェックAKB48ワイルドアットハート』嵐ハピネスAI
2013恋するフォーチュンクッキーAKB48さよならクロールAKB48ピースとハイライトサザンオールスターズEndless Game』嵐Calling』嵐
2014『GUTS!』嵐心のプラカードAKB48ラブラドール・レトリバーAKB48『誰も知らない』『Bittersweet』嵐
2015『R.Y.U.S.E.I.』三代目 J Soul BrothersSakura』嵐『愛を叫べ』嵐青空の下、キミのとなり』嵐Dragon NightSEKAI NO OWARI
2016『翼はいらない』AKB48前前前世RADWIMPS『恋』星野源『君はメロディーAKB48世界に一つだけの花SMAP
2017『恋』星野源『シェイプ・オブ・ユー』エドシーラ打上花火DAOKO × 米津玄師不協和音欅坂46『二人セゾン』欅坂46
2018『Lemon』米津玄師『U.S.A.』DA PUMPガラス割れ!』欅坂46打上花火DAOKO × 米津玄師ドラえもん星野源
2019『Lemon』米津玄師マリーゴールドあいみょん『Pretender』Official髭男dism『白日』King Gnu『馬と鹿』米津玄師
2020『夜に駆ける』YOASOBI『Pretender』Official髭男dism『紅蓮華LiSA『I LOVE…』Official髭男dism『白日』King Gnu
2021ドライフラワー』優里DynamiteBTS『夜に駆ける』YOASOBI『炎』LiSA怪物』YOASOBI
2022残響散歌』Aimer『W / X / Y』Tani Yuukiベテルギウス』優里ミックスナッツOfficial髭男dismドライフラワー』優里

ビルボード・ジャパン 年間チャート HOT100より)

2010年代前半はとにかく嵐・AKBチャート支配していて、その次の2016〜2018年あたりは目ぼしい大ヒット曲が『恋』と『Lemon』しかないような状態からヒゲダンKing Gnuあいみょんが一斉に登場した2019年、っていうね。もう日本音楽業界はこのまま終わって、K-POP蹂躙されるのかと思ったところで、有望な若手が次々に出てきて試合をひっくり返したって感じよな。

米津玄師」「Official髭男dism」「King Gnu」「あいみょん」「YOASOBI」のJ-POP四天王から最近の「優里」「Tani Yuuki」「Vaundy」「藤井風」あたりまで、いずれも若くて自分作曲をやっている人たちばかり。高音や転調を駆使した歌唱の難しい曲が増えていて技術的にもハイレベル海外でのヒットも珍しくなくなった。

サブスクの普及・ボカロの定着・TikTok流行といったあたりが上手く噛み合ったんやろね。才能あるやつがどんどん作品を発表してバンバン発掘されている状況。ええことやね。

2023-05-25

ジャニー親父のサオをしゃぶった口で

世界に一つだけの花とかカイトとか歌ってたのかよお前らw

それをありがたがってた奴らもめでてーなww

感動の大作をプロモーションする電通もそうだし、報道倫理なんかないくせに愛は地球を救うなんてお為ごかしを抜かす放送局もそうだし、フェアトレードを知らずにバレンタインチョコを渡す女もそうだし、それを有り難がるヤンキーもそうだし、地球人は全員白痴だ。

愚か者はみんな滅べ。

2023-05-14

誰もが知っている歌(童謡君が代は除く)ってある?

よく考えたらほとんどないんじゃないかって思うんだよな

長寿アニメのオープニングならどうかなって思ったけど、たとえばドラえもんは新ドラで変わってるしなぁ

サザエさんオープニング曲ならいけそう?

あとJ-POPは多分高齢者には通じなさそうだし、演歌若い世代は知らないだろうな

世界に一つだけの花とか、若い世代は知らないっぽいんだよなぁ

演歌でいえば津軽海峡・冬景色ならワンチャンあるか?紅白でいつも歌ってるし

他に何かあるかな

2023-04-15

anond:20230414165552

世界に一つだけの花が好き=ジャニオタ、って解像度粗過ぎないか…?

あれがジャニオタのみの支持でヒットしたと思ってんのか

つーかSMAPってその世代にとっては「国民アイドル」で、だからこそ解散騒動が男女問わずその世代の一大ゴシップになったわけで

SMAPに関心がある=ジャニオタ、って鬼滅に関心がある=アニオタ、くらいの粗さだぞ

2023-01-21

SMAPって解散するころにはもう下火だったよね?

SMAP解散する2015年にはもう嵐がバラエティーやドラマ紅白司会や年始テレビ雑誌の表紙などなど、いわゆる国民アイドルみたいなポジションにいて、SMAPの人気はもう落ち着いていたと思ってる。

よく解散後のメディア露出が少ないとか圧力だと元SMAP中居くん以外は言われてるけど、記憶では解散時点ですごくテレビ出まくってたという印象がなくて、実は辞める前も辞めたあともそんなに変わってないんじゃないかなとは思う。

そもそもSMAPの全盛期って世界に一つだけの花あたりだとしたら今の10代はそれ以降に生まれてるし、20代も多分ぼんやりしか活躍を知らない、例えるならドリフがすごいみたいなふんわりしたすごさしかからないんだよな。それもそれですごい。

2022-09-16

anond:20220916054307

スターウォーズスーパーマンとか?

いや、聴けば分かるんだけど、子供の頃はちょっと混乱したんだ

それとも世界に一つだけの花ストラトヴァリウスのパクリだと…😔

2022-05-16

「令和に活躍する若手アーティストが選ぶ最強平成ソング」は平成生まれの自分にとってはかなり意味の分かるランキングだったという話

ジャムでやっていた、「令和に活躍する若手アーティストが選ぶ最強平成ソング BEST30」から、色々抜けているものがあるぞとホッテントリになっていた。

https://guatarro.hatenablog.com/entry/2022/05/08/234252

具体的にトップ30から何が抜け落ちているかというと、安室TRFZARDWANDS、B'z、GLAYラルク、X 、オザケンミッシェルイエモン久保田利伸mihimaruGT浜崎あゆみ湘南乃風というのがあげられている。

ブコメの方ではそれに加えて、フリッパーズとかピチカートとか、ドリカムエレカシミスチルが挙げられた。

自分平成3年生まれで、それらの言っていることはちゃんとわかるんだけど、それでも、やっぱりどちらかというなら関ジャムの方のランキング共感する。

というのも、挙げられているそれらって、自分にとっては大なり小なり、どこかに昭和の残り香」を感じる曲だからだ。

ジャムの方もたとえばサザン、たま、スピッツあたりにその種の残り香を感じないこともない。でも、確実にその種の残り香を、ひとつずつ消しては平成香りに塗り替えていった曲たちが並んでいるように感じる。

自分にとって生まれていないゾーンである平成元年や2年というのは、正直まだ昭和だというイメージしかない。

平成31年が最も「平成」で、平成の到達点、最極地であり、そこへ向けて元年から順々に昭和香りを消しては新しいものを付け加えていった、そういうイメージである

もっというと、今は令和であるけども、今の曲調こそが「平成」という時代が最終的に完成させたもの、という感じ。(ここからまた何十年かけて令和の香りになるのだろう)

そういう意味で、ランキング10であるヒゲダンのPretenderは、最も平成らしい曲というイメージ

実際、関ジャムトップ30を発表順に並べなおすと、

さよなら人類真夏の果実空も飛べるはずロビンソンAutomatic丸ノ内サディスティックおジャ魔女カーニバルFirst LoveLOVEマシーン本能カブトムシTSUNAMIエイリアンズ→天体観測→小さな恋のうた→世界に一つだけの花さくらんぼロコローションマツケンサンバ栄光の架橋群青日和チキンライスPOP STAR青春アミーゴLove so sweet若者のすべて→愛をこめて花束を→新宝島STAY TUNE→Pretender

となる。

昭和の残り香が平成香りだんだん変わっていくまでの(Pretenderに辿り着くまでの)曲調の変遷というのが見事に見えてこないだろうか。

平成定義されていく様子というか、昭和ではなくなっていく様子というか。

そこに、小室とかフリッパーズとか久保田利伸とかの並びは、あえていなくても流れを追うのに支障がないように感じないだろうか。

まして、「令和に活躍する若手アーティストが選ぶ」のだから、今の音楽に影響のあるものが選出されるのが、当然という話に思える。

全体的に、時代音楽性の【ありさま】ではなく【変わりゆくさま】を、駆動象徴定義した曲が選出されているのかなと、感覚的にはそう思った。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん