「福音」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 福音とは

2020-06-02

馬蹄形便座はなぜ消えた?

かつて20世紀後半の日本には馬蹄形の便座があった。

この便座に腰かけると、そこには何の問題も無かった。男性にとってもノーストレスだった。

しかし、温水洗浄便座が我が国に普及し始めた頃、馬蹄形便座は姿を消し、円形の便座によって天下統一が為された。

温水洗浄便座の普及は確かに人民への福音であった。しかし、その影で馬蹄形便座が消えたことを忘れてはならない。

円形便座に腰かけると、我が男根の先端が便座に触れてしまう。これは何を意味するか?

これはつまり公共トイレで便座に腰掛ける時、我々はそれ以前にそこに座っていた不特定多数男性達と男根による間接キッスをしているのだ!

馬蹄形便座の復活を我は心より待ち望む。

6/3追記

手で押さえるべし、という意見があるが、勿論押さえている。座ってから押さえるまでの間に触れてしまうのである

深く腰掛けよ、という意見もあるが、時々「深く腰掛けすぎる」利用者のせいで便座の後部に便がついているのを見かける。ノロウィルスなどの感染危機性を考えると、深すぎる位置には座りたくないものである

2020-05-31

コロナ騒動でよかったこ

まだ終わってはいないけど。正直に言えば個人的にはよかったことのほうが多い

自分貧乏でお先真っ暗の地方一人暮らしだ。羅列すると

・在宅勤務が常態化

・部屋の整理と不用品処分への踏ん切り

・交友関係含め、自分の状況の見直し

給付金支給

思想界隈、左派への幻想消滅(別に右派にも期待はしていないが)

はてブをみなくなった

twitterフォローの整理

一度生活が止まり、半ば慣習化していた付き合いなどもリセットされ、本当に自分必要だったのか再検討する時間ができた

お金たか10万と思う人もいるかもしれないが貧乏だと超切実で貯金何か月分に相当するかを考えるとありがたい、福音

PCを買い換えなければならないが分割でなく一括でそこそこのスペックのものを買えるのは非常に大きく、やっと始めたり環境を構築できることがたくさんある

思想政治についても一時期よく見ていたが、今思えばコミットすることが自分幸せに結びついていたか?を考えるとむしろ逆だ

考えるのをやめろとか思想を持つなというわけではなく、何かに属して矯正されるびが窮屈だったと自覚できた

人に考えや所作強要したり減点法で人を罵倒する姿に思想ではなく人間をみてしまたからだ

はてブにしてもそうで知らないうちに煽りに影響を受けていたと認める、見なくなって気分が楽になった

twitterも同様で徹底的に整理しトレンドもみなくなり無意味不安がなくなった

一度立ち止まることで自省できたこと、新しく踏み出すチャンスを得たことに要約されるがとにかく個人的には悪いことばかりではない

2020-05-26

anond:20200526214428

ワイは何もしないことで世界福音バラまいているんやで

2020-05-07

コロナ禍が終息した時、社会が元通りになることを望みますか?

新型感染症蔓延

飲食接客業雇用不安定になる社会に、

脆弱グローバルサプライチェーン蔓延世界に、

砂上の楼閣に、「治安」、「インフラ」、「行政」、「ライフスタイル」が依存する世界に、

狭苦しい満員電車に揺られて通勤する世界に、

感染危険を冒さねば、何一つ物資が手に入らない世界に。

新型コロナウイルスは決して福音ではないが、これは30年間変われなかった日本人への外圧のものだ。

是が非でも活かさねば、今苦しんでいる人間の辛さはすべて徒労と化してしまう。

2020-05-06

anond:20200506181646

最後の・は知らないけど目に障害がある人には福音になるかもな。知り合いにも伝える。

2020-04-13

anond:20200413093254

KKOにとっては新型コロナ福音だよな

30万貰えるぞ!喜ぼう!!

2020-04-10

新型コロナウイルスワクチン開発の問題点

風邪の原因となる昔から知られたコロナウイルスは、生涯に何度もかかる。

コロナウイルスだけではない。風邪の原因となるウイルスRSウイルスもライノウイルスも全部そうだ。

もちろん、大抵は2回目以降の感染は軽く済む。乳幼児風邪重症化しやすいのはそのせいだ。

ワクチンではなく本当の感染が起きても免疫の力はその程度なのだ

新型コロナウイルスワクチンが開発されても、少し重症化しにくくするとか、発症を遅らせるとか、そんな程度だと思う。インフルエンザワクチンと同じくらいの期待しか持てないだろう。もちろん、それだって十分すぎるくらい福音だ。

じゃあどうして天然痘は撲滅できたんだ?麻疹風疹ワクチンはなぜ効くんだ?という疑問は湧くだろうが、その答えはさておきとりあえず先に話を進める。

とかく、重症化予防程度のワクチンが数年以内に出回るとする。

フル稼働で生産しても全人類ぶんなんか作れないだろう。

どんなに頑張っても人類の1割にも満たないと思う。

重症化しないだけで軽症または無症状のままウイルスを撒き散らす人々のシワ寄せを、ワクチンを打ってない人がかぶるのだ。

アメリカ原住民ヨーロッパ人の持ち込んだ疫病で人口の9割が死んだように、貧困層はこれまで以上に新型コロナウイルス被害を被るのだ。

2020-04-06

[] #84-6「幸せ世界

≪ 前

しかしたら、この世界では普通ことなのだろうか。

価値観矯正されているから、彼らにとっては問題ではないのかもしれない。

集金が阿漕だとしても、それが“救い”への福音をもたらし、“幸福”に繋がるのなら躍起になる。

「まわる まわるよ 救いは まわる」

しかし、この世界生活教は様変わりしたな。

俺の世界では、ここまでカルト色は強くなかった。

教祖胡散臭いことを除けば、割と無欲な人間だったのに。

……いや、よく見たら教祖は全くの別人だ。

あんな、これ見よがしな髭を蓄えている、如何にもな中年じゃなかった。

もしかして、俺の知り合いも別人だったりするのか?

「そんなに気になる? 再結合したら失くなる世界だよ」

思いふけていたところで、ガイドが俺を現実に引き戻した。

まあ、今いる世界を“現実”というべきかは疑問だが。

「ああ……この世界の俺や知り合いとかが、“あの中”にいるのかなと思ってな」

「思うところもあるんだろうけれど、ここはキミの知っている世界じゃあない。だから、この世界にいる人々も実質的に違う個体だよ」

パっと見は同じでも、やっぱり世界もヒトも違うってわけか。

もし見知った顔があったら、しばらく引きずりそうだからホッとした。

「さあ、早く行こう。次元の歪みはもう少し先だ」

ガイドにうながされて、その場から離れようとする。

「あ」

だが、その時、俺と教祖の目が合ってしまった。

「そこの 黒いのと 青っぽいの!」

教祖の声が広場中に響き渡る。

恐らく「黒いの」は俺で、「青っぽいの」はガイドのことだろう。

“だろう”というか、そのほか全員は白装束から絶対に俺たちのことだが。

「なぜ そんなものを 着ている!?

教祖の慌てようからして、今の俺たちの格好は重大なタブーらしい。

信者達はこちらに顔を向け、無言のまま視線を突き刺してくる。

このまま物理的にも刺してくるんじゃないか、と思わせるほどのプレッシャーを感じた。

「えーと……クリーニングに出してて……待てよ、この世界ってクリーニング屋とかあるのか? あったとして、別の呼称だったり……」

このままではマズいと思い、なんとか言い訳を捻り出そうとする。

「んん?」

俺が言い淀んでいる間に、また教祖は何かに気づく素振りを見せた。

あなた マスダじゃないですか!?

教祖狼狽しているが、その言葉に俺も酷く動揺した。

なぜ俺のことを知っているんだ。

別世界では、同じ存在でも見た目は違うはず。

まさか、この世界でも俺の見た目は同じなのか。

「“粛清”したはず! だのに なぜ ホワイ」

しかも、この世界にいる俺は粛清されたらしい。

粛清”が具体的に何なのかは知らないが、ロクでもないことだけは確かだ。

悪魔め! じゃなくて 闇の精霊め! ならば 何度でも 滅ぼして くれる!」

教祖の声に呼応するかのように、信者達が沸き立つ。

明確な敵意を向けられているのは明らかだ。

「マスダ……これは逃げた方がよさそうだよ」

そうガイドが言い切る前に、俺は既に走り出していた。

次 ≫

2020-03-19

コロナ人類福音だった説

コロナ流行したおかげで地球環境が劇的に改善されているし、今後温暖化抑制にも多大な影響を与えるのは想像に難くない

古い物理的慣習はコロナによって駆逐され、ネット方向へと進化している

重症化しやすい老人達は減り若者活躍出来る社会シフトし、来るべき未知の驚異的な感染症の準備も進み人類としてみたら良い事しかない

2020-03-05

オーガニックとか、エシカルとか、サステナブルとかSDGsとか。

https://twitter.com/sbr_m/status/1235187365867446274?s=20

こーいう若経営者おじさんみたいな発言をよく見るようになった。

つうかこの人知り合いでごめんね!直接言っても聞こえなかったふりつうか

いつものように小洒落たこと言って受け流すだろうから匿名で書いてみるね。

サステナブルとかエシカルとか持続可能社会つうもの

1000億万年から女性向けメディアなどでは言われ続けていたこなのだが、

最近30-40代男性ビジネスつぶやく系)が「女性誌を見てこういう言葉流行ってるみたいだけど、

このままではサステナブルエシカルもただ消費されるだけなのでは〜?」とか憤ってるのを

SNSでよく見るようになったのである。この人だけじゃないんである

しか観測範囲をつまびらかにすると身バレするので書かないのである

で思った。「ん?今更ナゼ?」

だって女性誌でサステナブルとかエシカルとか、1000億万年前は冗談だが、

ここ20年ぐらい女性誌はそういう事言いまくってるよな。

ロハス流行からもう約20年も経ってるの知ってるか?

自分エシカル周りのことを生業にして約15年以上経つ人間である

そんな人間からすると、逆に「あぁ、こういう層にもやっと浸透しだしたのかぁ〜」と思ってしみじみする。

が、同時に「こういう言われ方は普通にムカつく」というのが正直なところ。

「お前が注意して見てきてなかっただけじゃ」って感じで、今更消費もクソもあるかいな。

消費されとるとしたら、もうとっくにされとるわ!高ぇアサイーボウル屋とかを駆逐してくれ頼む!

つーかサステナブルが形だけでも流行ることの何がお前に不満なんじゃ!

んで考えてみたのだが、これは「体制寄りとかの、情報鈍めな人にも

そういう言葉が浸透したからなのでは」というふうに感じている次第。

というかもっとあけすけに言っちゃうね。体制側系の金持ってるおじさんたちに対しての

オーガニックとかサステナブルとかエシカルとかSDGsロビイングが効き出したっていうことだよね。

この2020年に起きていることはね。

実際、某区の某シェアリングエコノミーとか某日本財団からの(以下略。)だよね。

そういう、下準備のために2010年代後半からそういうエシカル界隈にお金が回り出すようになって

ニブめ系のおじさんたち(5thペンギンぐらいの一般経営層)が「金になるぽい!」って飛びついて、

更にその周囲のみんな(10thペンギンぐらいのネット流行りに敏感な人達)が

言葉ばかりが消費される〜」って言い出している…って感じで、、、

そういう考え方をすると、冒頭の人はそういう体制からうまい汁すすれてないってことやんなという意味

ある意味正直だし、まっすぐで好感が持てなくもない。

が、今の状況を見てずっと前から携わってる人ほど「わ〜皆が知ってくれて口にしてくれて嬉しいよ(涙)」

といっている現状に「言葉が形ばかりで消費される〜!」とかほんと、うっせーわと。

ほんと、ほんと、ほんと、ほんと、ほんと何度も言うけど…

世の結構な数の女性はまじ何年も前から言ってたからさぁ…

マジ遅…。マジ遅であることをマジ反省してほしい…🥺🥺🥺

もちろん中には男の人だってそういうことを話している人はいたが、ごく少数だったのは間違いない。

もしくは黙って畑を耕してた。

企画を立てればやれ「数字にならない」「意識高い系w」とか言って

おじさんに却下されまくる1X年間だったので、ほんと「今更かよ?マジかよ?おじさん…」って感じである

何度も言ってたからね、ほんと何度も言ってた。

飽きるぐらい毎月そういうプロダクト紹介してた。

もっと言っちゃえば、何十年前から連綿と流行ってたよ、それ。

あなたが気づかなかっただけやよね?

金儲けばっかしてると、そういう小さな声に気づけないもんなんやなぁ😲

ずっと気にかけていた身からすると、「格好だけでもなんでもいいから、

ジャンクよりも高くてエコプロダクト選んでくれるならそれでいいやん?

マジで良かった。何が悪いの?」っていうね。

「消費しないを消費する」っていう現象ホント歓迎…。福音…。て思ってるんで。

自分の売ってる物が売れるとかそういうそういうことでなく、そういうムードになって

息しやすいし、良いと思ってたのを社会肯定してくれてホント涙出るほど有り難いんで。

消費される〜って危機感を抱いたり文句言うんだったら、消費されないようにあんたも頑張ってくれ。

現場からは以上ですわ。

2020-02-14

anond:20200214212233

創味シャンタン化学調味料味を許容するすべての料理家庭に福音をもたらす

ぜんぶ創味シャンタン味になって反省するまでが1セット

炒め物と中華スープ系がとんでもない味になる

2019-12-16

anond:20191215143654

 市民、赤いはてなワールドへようこそ。

 この話題ホッテントリ入りしているのに、はてブ共産党ネットサポーター代表格であらせられる ID:scopedog が列挙されていないのはどうかと思い久しぶりに増田となる。

 scopedogを貶めたい訳ではない。

 scopedogのようにハッキリと共産党側の弁論を続け、希少にして純然たる科学的社会主義()に属する所謂主義者」はもっと衆目にさらして注視すべき存在だということである

 もちろん排敵「主義者」筆頭であるネトウヨもまた同様ではあるのだが、彼ら彼女らは猥褻物陳列罪常習犯として日夜出没するので、注視する人を選ぶのは容易だろう。

 彼ら主義者は大まかにわけて「現実理論または理想宗教」の二種類を信仰する。例を挙げればカール・マルクス理想宗教たりうるが、カール・マルクスが作り出した主義イデオロギー理論である

 scopedog自身否定するかもしれないが彼のような共産党ステルススポークスマン理論の体系者なので、共産党がどのように動きたいかを知る上で一つの指針となる。スポークスマン宗教を流布しない、というよりも流布できない。何故なら彼らが福音とする理想理論の積み重ねによる科学的な到達点だからである

 scopedogはしばしば韓国擁護する為にハングルを紐解き引用するので共産党の側というよりもサヨクはてサブサヨとしてとらえられがちだが(彼はアメブロの頃から韓国擁護をしている)、ネトウヨ敵対ネトサポを嗜めるうえで適した主張を丁寧に韓国に限らず様々な資料

特に隠すつもりのない【赤旗】をソースとした主張あるいは暴論―

で討論・闘争を続けていく姿勢は巷によく居る共産党員の生きざまそのものである

 もちろん共産党の側なので韓国の味方という訳ではないか韓国についての糾弾もそれなりにやっていることは周知のとおりである。というよりも赤旗の主張そのもの記事すらある。

 共産党の側の方々が何故ことさら共産党の側であることを否定せずに、またステルスもせずにはてな村に棲息し続けるのか。ディズニーステルス作戦のようなことがある…と言った陰謀じみたことも思い浮かぶが、

【偏に「はてな」は間口が広く人口は少ないというだけである

 元増田共産党支持者の多さに驚愕というつぶやきだったのだが、そもそもこのような発見や衝突ははてなでは日常茶飯事。

 20年近く連綿と繰り返されている。昨今の話ではない。

 元増田の辞める辞めないという決断咎めるつもりは無いが、ここははてな

 不死鳥炎上を浴びて甦る。この村では赤い被爆を浴び続けるのだ。

2019-11-04

ルヴァンカップ追想

鍋に入れられたじゃが芋の皮が剥けるように。

あるいはエビの色が変わるように。

まさにあの沸騰し切ったスタンドにいた僕は

晒されていた。

ゴール裏では毎度痛いほど思い知る。

自分が何者なのか。

誰といても、何を叫んでいても、結局いつも自分自身と向き合うハメになる。


ずっと昔の話。


赤黒縦縞のユニフォームエンブレムはいつも誇らしかった。

でもコンサドーレはどうしようもなく弱かった。

最下位も連敗も勝点の話も全部嘘じゃなくまだ心の中にある。もちんろんインターネットや本の中にも。HDDからは消した。

クラブがなくなるかもしれない。そんな話もあった。

2013年、あの野々村が社長になった。

クラブの有り様を教えてくれると同時に、号令を出した。

「みんなで強くなっていこう」

クラブ自分たちが強くしていくという思いで、まだそこに無いもの希望を持って応援して欲しい。

これが福音なのか世迷言なのか、疑う時間も許されないまま、次々と花火は上がった。

コンビン、小野伸二稲本潤一

数えきれないほどの素晴らしい選手がやってきて、コンサドーレは偉大な選手たちを文脈に取り込みながら、階段を登っていった。思っていたよりもずっと速いスピードで。


「みんなで強くなっていこう」

僕らは、僕自身は強くなれたのだろうか。



ビハインドスタンドで、

試合が急に他人事のように感じられる時がある。

同点ゴールが決まるその瞬間まで、今を含め永遠とも感じられる「負けている時間」が怖くて辛くてたまらないのだ。

それは勝ちたいと思うほど強く跳ね返り、かき消そうと声を出すほどピッチが遠い。

時計に目をやる回数も増える。

前半途中でビールはもう無い。


10.26の話。

後半、同点。

ビルドアップは狙われ、追いやられ、ピッチの半分よりこちらにボールが来ない。

また意識が遠のいていくのを感じた。

あんなに待ち焦がれた舞台なのに!

スタンドが重い。跳ぶ足の踏み込みが緩む。

88分。

やっぱりダメか…武蔵トラップが収まらなかった時、いやもっとからタイトルとはそうか、もっともっと何か…

ずっと余計なことを考えていたように思う。

最後チャントが歌われ、リバウンドメンタリティと呼ぶものなのかスタンドの熱は上がっている。

空中にボールが出た瞬間、ポッカリとゴール前。頭ひとつ。誰か。入った。深井だ…!!



クラブの持つ長い長い文脈を辿っていくと、意味があると思えてくる点と点が見つかる。チームが苦しい時、希望を持たせてくれたユース達、怪我、決勝…

から視点も趣向も違う人間の様々な念が交錯していた埼玉スタジアムスタンドで、赤黒こそが人生だと歌う集団が、その細胞からゴールを喜んでいる。

選手がかつてないほどスタンド煽り、それに応えるように声を張り上げた時、全ての感情自分だけのものであり、今宝物のような幸福に包まれていることを実感した。

「こんなことって無いよなぁ」


花火は上がらず、

タイトルは取れなかった。


あれから1週間。

当たり前のようにリーグ戦があり(当たり前のように勝ち!)間も無くシーズンが終わる。あれからというもの、少し騒がしい札幌北海道コンサドーレについて考えている。

大きな感動に感謝している。でもあの日のことじゃない。ずっと前から今日までのことに。

電車で、工事現場で、コンビニで、学校で、新川通りで、会社で、駅前で、大通り公園で、

ファイナリストとして胸を張って1週間暮らしていた人たちがいる。

そんな奴がいるなんて誰も思いもしないだろうけど。

そんな日が来るなんて思っていなかった。

あの日のことを時間通りに思い出せる。

あのひりついた感覚が、日灼け跡に残ってる。

もう1度感じたいし、もうあんな思いは嫌だ。

90分で終わらせたい。けど120分でもいい。

目を逸らすことはもうない。ないと思う。

健康なうちは、跳べるうちは、ゴール裏で。

今すぐ札幌ドームで、

厚別で、全国のスタジアムで、

コンサドーレ試合が見たい。

2019-09-07

LGBTから取り残されるアセクシャル

LGBTQってさ、要するに恋愛であり性愛のハナシなわけよ。つまり大前提として、人は恋愛とか性愛を有するみたいなことになってて、それがアセクシャルには辛いときがある。

たとえば、ある作品で主役二人の深い関係恋愛とは言われていない)が描かれて、これは同性愛だ!なんて進歩的作品だ!って、盛り上がって、制作がいやこれ恋愛じゃないんすわって言ったらその人たちめちゃくちゃ怒るのね。同性愛差別だって

自分はそういうのを見ると悲しくなる。恋愛性愛というドライブがなくても、二人の人間が強く運命的に繋がれるというのは、実に奇跡に近いと個人的には思う。だから恋愛性愛じゃないよ!というのは福音だった。自分みたいなアセクシャルには

でも声のでかいLGBTQ擁護者が、恋愛がないなんて差別だーーーーーーーって吹き上がる。しんどい。無性愛者のことも忘れないでマジで

2019-08-02

anond:20190802220021

1「でこぼこでなく全部が平均的に低知能なら発達障害ではない」

2「まわりや本人がこまらなければ障害ではない」

3「発達障害でも一部以外は、診断を受けても直しようがない。その場合、診断を受けることがかならずしも福音にはならない」

 

参考

2について

https://jlsa-net.jp/hattatsu/hattatsu-chiteki/

低知能で困ってたら「知的障害」にはなるかも

3について

特に軽度の知的障害実家が太い場合

公共の福祉金銭的援助がいらないか

それ目的の診断は(面倒で)受けないほうが多いかもしれない

逆にまわりも知的障害で診断なにそれ福祉なにそれの場合もあるかもしれない

2019-07-29

まれて初めて尻毛を処理した話

私は上半身の体毛が薄い方で、髭も脇毛も胸毛も腕毛も豆もやしみたいなものである

(幸い髪の毛はフサフサなので要らぬ心配はせぬように)

一方で下半身の毛は何故か濃い。

たまにスネ毛を剃ってみたりチン毛をカットしてみたりしてたのだが、そういえば尻毛に手を入れたことはない。

考えて見たら尻毛の存在意義ってなんなんだ?

ググってみた。

存在価値などないらしい。

しろ衛生面で考えると有害ですらあるらしい。

ホンマもんのムダ毛である、哀れなり。

気になりだしたら処理したくなるのが人間の性。

あぁ、かくも愚かな人間よ。

今のままで一度も尻毛の居住区侵略しようなどと考えたこともなかったのに。

ひとたび「ムダ」だというバイアスがかかった途端、私は30年間連れ添った尻毛をいとも簡単に亡き者にしようとしているのである

地球から戦争がなくならないわけだ。

カミソリで処理する勇気はない。

万が一処理を誤った日には毎日パンツを買い換える羽目になってしまう。

処理するなら除毛剤だ。

私は早速ドラッグストアに駆け込んだ。

メンズ用の除毛剤がないのだ…!

女性アイテムの棚にしか除毛剤が置いてないのである

これでもいいんだけど、よく考えたらレジに持っていくのも恥ずかしい。

結局Amazonポチった。

ちなみにこの買い物がボーナス最初の使い道だった。

手元に届いた除毛剤の注意書きを読む。

「あらかじめ除毛しようとする部位に少量を塗って10分程度放置し、赤み、かゆみなどの刺激がないか確認してください」

うるせぇ!こちとら一刻も早く尻毛に強制退去を申し出たいんじゃ!

かかる火の粉など知ったことか!

私は尻の谷間と肛門周りに、念入りにクリームを塗り込んだ。

少しヒリヒリする…

でもそれ以上に、気持ち悪い…

尻の谷間に感じる除毛剤の感覚は、あの苦い感覚酷似している。

うっかり実が出た時の感覚パンツへの被害をなんとか抑えようと谷間くんが頑張ってくれている時のあの感覚そっくりだ。

10分後、シャワーぬるま湯をかけながら尻毛を引っ張ってみる。

なにこれ…毛糸クズ

そう思ったくらい漆黒の縮れ毛が大量に指の中にある。

痛みはほとんどなかった。

ついに私は尻毛とおさらばしたのだ。

自分の体がとても神聖ものに思えた。

この一種幸福感はしばらく余韻として残った。

街中で人とすれ違う時に心の中で小さく呟く…

「良いだろう、私はお尻つるつるなんだぞ。一味違うんだぞ。」

いつもより胸を張って歩けた気がした。

ところで私はフワッフワのやわらかいダブルロールのトイレットペーパーより、ガッシガシに硬いシングルロールの方が好きだ。

ヤワな紙で尻拭いてもちゃんと拭き取れるのかね?

ダブルがいいとか言ってる人は気取ってるか贅沢病に犯された人間に違いないと、そう思っていた。

尻毛を処理して2日後のことだった。

いつものようにカッタイ紙で力一杯尻を拭いた時に痛みが走った…

紙には血がついていた。

そうか、これまで私が硬い紙を好んでいたのは、尻毛に抗うためだったのか…

ヤワな紙は尻毛の生えてない、もしくは処理している人にとって、あふれんばかりの優しさを以って接してくれる偉大なる母のごとき存在だったのだ。

私はそれまで自らが抱いていた差別意識を恥じた。

あぁ、かくも愚かな人間よ。

我らには想像力というものがありながら、痛みと後悔無くしては反省することすらできないのだ。

地球から戦争がなくならないわけだ。

しかし、私は尻毛を通じて己の弱さをひとつ認識することができた。

私にとって尻毛の処理はムダではなかったのだ。

尻毛にもちゃん存在価値があったのだ。

存在価値などない、有害だと罵られてきたであろう尻毛たちよ。

私はこの経験を以って貴方たちに福音を授けよう。

貴方たちによって悟りに一歩進んだ人間が、少なくともここにひとりは存在する。

私は感謝しなければならない。

そして、ささやかではあるが貴方たちの功績をここに書き記そう。

この文章が、人類飛躍の一助となることを夢見て…

2019-07-14

フケ野郎に告ぐ

シャンプーを変えろ!

俺も酷いフケ症で肩の上の積雪センチ!?くらい撒いてた。

頭皮乾燥やすい上に、考え込むと頭をボリボリやる癖のせいで、俺は歩くフケ製造機だった。

友人にもドン引きされ、清潔感ゼロと言われ続けるので改善しようと、ドラッグストアに売ってるような市販シャンプーを何種類も試したし、朝夜2回とか湯シャンも試したが全く改善しなかった。

もう体質と癖のせいで改善絶望的と思っていた。そんなときネットで見つけたフケ対策オススメの高いシャンプー。正直ボッタクリだと思って手を出していなかったが、一回くらい試してみるかと思って一念発起、ボトル数千円はたいてみた。

早速使ってみると、思ったより自然で控えめな香り特に泡立ちが違うとか頭皮に何か感じるとかもなく、フツーーーに髪を洗い終えた。

これは失敗だったか?と思って就寝したのだが、次の日。

いつものように頭をボリボリ掻いてしまい、運悪く黒っぽい服を着ていたことに気付いて「ヤベッ」と思いながら肩を見ると

フケが!!!!!

積もって!!!!!!

いない!!!!!!

そう、あのシャンプーは凄かったのだ。一回のシャンプーで劇的な改善が見られた。奇跡か?これは俺にとって宗教体験とさえ言うべき福音だった。

という訳でフケ製造諸君コストを払ってでも自分に合ったシャンプーを探すべきだと思う。

高いシャンプー女性向けっぽいものが多くて気恥ずかしいかもしれないが気にするな。なんか世間ではJK匂いになれるシリーズ流行っているらしいが、こっちは死活問題なんだ。フケ製造から人間に戻れるかどうかの瀬戸際。とにかくやってみろ。

2019-06-26

やっぱり一夫多妻制がこの世の平穏のために必要だと思う

俺はKKOで女とは縁がなかったが、一夫多妻制的価値感が一般的であれば、もっと多くの男が俺と同じ境遇に陥ったはずだ

一夫多妻制こそがKKOへの福音

2019-06-14

anond:20190614173339

女をあてがえ よりも、 美少女にしちゃえ の方が福音がある気がするなぁ・・・

2019-05-24

『鳴鳳荘殺人事件』が許せない話。

やあやあどうもお前らこんばんは。

FGO最近全然やってないけどTLに冬木クリア条件のイベントがあるって流れてきたかシナリオ読んで来てその勢いで書籍版も買ってきたマンだよ。

*この先、FGOイベント及び書籍『惑う鳴鳳荘の考察 鳴鳳荘殺人事件』のネタバレ満載ですご注意ください。



さて。

俺はこの『惑う鳴鳳荘の考察 鳴鳳荘殺人事件』という小説が許せない。

ゲームシナリオの方はどうでもいい……って言ったら失礼か。とにかく。小説独自要素?小説の落とし?が許せん。


この小説は。消費者にとって、そして二次創作者にとっては福音かもしれないけど、一次創作者にとっては、間違いなく、呪いだ。

タチの悪い呪いだ。

物語る者の矜持を打ち砕いて、迷わせてしまうような、そんな呪いが込められている本だ。


どういうことだとお思いの方も多いだろうから説明をする。

この『惑う鳴鳳荘の考察 鳴鳳荘殺人事件』は、「脚本家が倒れたミステリ映画の続きを登場人物達が考える」という、メタミステリものだ。

個人的には『愚者のエンドロール』あたりを連想するところだけど、まあそれは置いといて。

作中では5つの「あり得たかもしれない未来」(ルート)が提示された。

ゲーム版では、プレイヤー達の「投票」によって、一番得票の多かったジャンヌ・ダルクオルタルートエリスルート)が選ばれ、"撮影"されたのだが、小説版では提示された5ルートの全てが一旦は"撮影"されたことになっている。


大まかなストーリー説明はこれくらいにして、俺の気に障った箇所についての説明をしていこう。

『鳴鳳荘』の冒頭には、ラストにも繋がる、とあるシーンがある。

おじさんが幼女大事な本を壊してしまい、図書館司書作中作の「映画」では脚本を務める)に修復を依頼する、そんなシーンだ。

ゲームではこのシーンは「映画」にうまく組み込まれるだけだったが(伏線回収は見事であった)、書籍版では、なんと、このシーンに対応するシーンがエピローグとなっている。

紆余曲折の末、壊してしまった「ペパーミントグリーン色の本」(ゲーム版の方で亡くなってしまったキャラのことを暗示してるらしいですね)を復元したおじさんが、幼女に本を返却する。

速読み始めた幼女は、ややあって、突然本を閉じてしまう。

「これはわたしの読んでいたご本とは違うような気がするわ。出てくる子たちや舞台は同じなのに、なんだか違う話を読んでいるよう……」

そう。

「不幸な事故」によりバラバラに壊れてしまった物語を、おじさんたちがなんとか修復し、意味の通じるようにページを繋ぎ合わせたが、もともとの物語とは全く違うものになってしまったのである

更に幼女は続ける。

「このままページを捲れば、本当の結末とは違うものが待っているんでしょう? それは……とても怖いわ」

これに対して、おじさんはこう答え、

「もし君にとって不本意な結末なら、忘れてしまえばいい。いや……」

「良かったところまで巻き戻して、そこから想像しなおせばいいんだよ」

最後に、こう読者に語りかけて、『惑う鳴鳳荘の考察 鳴鳳荘殺人事件』という「物語」は幕を閉じる。

登場人物感情物語上のマクガフィンを受け)「何より結果をもって、その選択肯定しようなんて……おこがましいとは思わんかね?

ちなみにこのおじさん自身は、世界史実在した人物テーマにすることが多いFateには珍しく、創作バックボーンもつキャラクターである。余談ではあるが。


俺には、おじさんのこの言葉が、呪いしか受け取れなかった。

創作者の、「物語る者」の役目は、責務は、自分の頭の中にぼんやりとある、つかみ所のない"話の種"みたいなものを、しっかり捕まえ、「物語」という形にして消費者に届けることである

もちろん、その過程で、いくつもの"語られなかった"可能性は摘み取られる。

でも、そうして、物語というのは"物語"になるのである


あり得たかもしれない未来ひとつを捨て、もうひとつ未来を掴み取るための主人公決断

見えかけていた可能性のひとつを捨て、別の可能性を選び取るためのヒロイン葛藤


世界にとってか、主人公にとってか、主人公の愛する者にとってか、はたまた悪役にとってか。

誰にとってかは不定しろ、とにかく、より良い「結果」を目指す登場人物たちの苦悩、死闘葛藤、そして決断

それこそが「物語」の本質だろうと、俺は思う。


から――

よりにもよって、そんな一次創作登場人物達に、「良かったところまで巻き戻して、そこから想像しなおせばいい」だなんて言わせるなんて、許せない。


「『本当の結末』なんてない」と主張するのは、「全ての結末は等しく同じ価値がある」のと同じことで。

それは、「本当の結末」のルートに辿り着くために主人公たち登場人物が払った犠牲を、抱えた葛藤を、定めた決断を、無価値である貶めることにはならないだろうか。

物語る者は、物語を創り出すと同時に、物語中の人物の"感情"も創り出す。

全部が嘘でも、主人公が、ヒロインが、登場人物が抱えた"感情"だけは本物で、そんな"感情"に人は共感するから人類有史以来物語を求め続けてきた。

そう、俺は思っている。


この『鳴鳳荘』は、ひょっとすればそんな「登場人物感情」は交換可能であり、等しく価値がある(≒等しく無価値である)。そう主張していることになりはしないだろうか。

だとしたら、俺は、この作品のことを許せない。一生根に持ってやる。



翻って、二次創作をする人たち(同人誌漫画を書いたり、pixiv小説を書いたりする人を想定している)からすれば、この「呪い」は間違いなく「福音」であろう。

というか、彼らが日頃からやっていることだろう。

あり得たかもしれない未来、語られなかった可能性を追い求め、掬い取り、自分の力で結晶にする。

だって二次創作したこともあるからわかる。

「こうだったらいいな」「あれがああだったらどうなってたのかな」

"if"を追い求めるのは、ロマンがあるし、楽しい。それはわかる。


でも、その楽しさは、「原作絶対」という前提あってこそのものではなかったのか。

公式で語られたことは全て「正しい」。その前提の上で、ちょっとだけ世界を歪めてみて、結末がどう変わるのか。

それを楽しむための、ただの思考実験ではなかったのか。

"全ての結末は等しく同じ価値がある"だなんて、俺にはとても思えない。



現実的なことを言えば、Fateがもともとマルチエンディングな"ノベルゲーム"という媒体から派生したものであることと、俺が抱えているもやもやは繋がっているのだろう。

ゲームセーブロードシステムが使えるから何回だってやり直しができるし、消費者プレイヤーはいくつも用意された結末を全て体験することができる。

それは素敵な体験かもしれないが、ある種「逃げ」である、かもしれない。

「選ばなくても結末に辿り着ける」あるいは「複数選択から複数を選べる」ことなんて、人生ではあり得ないのだから

2019-05-23

anond:20190523152951

宝くじより低い確率で死亡するのがチクっとするだけなんだから、どう考えても福音でしょ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん