「婚姻届」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 婚姻届とは

2020-06-10

anond:20200610101107

婚姻届けというのは相手のことが本当は信用できないか約束をたがえたとき国家に罰してもらう保険です

2020-05-28

自民党夫婦別姓に反対する理由を正直に言え

俺が不思議に思うのが、結婚した夫婦の96%のケースで女性側が姓を変えていることだ。結婚したら女が姓を変えなければならないなどとは何処にも名文化されてはいないのに、なぜこのような実態になっているのだろうか?実際俺は結婚する時、どちらの名字にするか妻と相談した。妻が姓を変えたくないというなら、俺が姓を変えることもやぶさかではなかった。しかし妻は、「いや、普通に夫の名字に変えるよ」と言った。自らの姓にこだわりがないのかもしれないが、俺にとっては若干拍子抜けであった。「結婚したら女性苗字を変えるもの」と刷り込まれているのかもしれない。

昨今、選択夫婦別姓が取り沙汰されることが多くなってきたが、これに強硬に反発しているのが自民党である。曰く、夫婦同姓は家族の絆の証、別姓などというものを認めれば家庭が崩壊するというのである。では、外国人との結婚で別姓を認めているのはなぜか?別姓が主流の外国では全ての家庭が崩壊しているのか?そもそも日本でも明治以前は別姓、というか姓すら無かったのではないか?もはや自民党には公にはできない別の理由があるのではないかと勘繰ってしまレベル陳腐な反対理由である。もし現在強制的夫婦同姓を続けるというのなら、結婚した夫婦の半数は男が姓を変えるようにすべきではないのか?社会同調圧力女性側が無意識に姓を変えることを受け入れているとしたら、これは暗黙的な男女差別に他ならない。夫婦同姓ならぬ夫婦男姓だ。もし現在夫婦同姓が真に男女平等制度だというのなら、役所婚姻届を提出する際、所員がサイコロでも振ってどちらの姓にするか決めるようにすれば良いのである。そうすれば50%確率で男が姓を変えるようになり、真の意味での男女平等自民党の言うところの強固な家族の絆が結成されるというわけだ。

自民党disるような物言いになってしまったが、俺は別にアンチ自民党というわけではない。むしろ金融緩和によるデフレ脱却を目指した経済政策アベノミクスについては評価している。ただ多様性を認めず、頑なに強制的夫婦男姓を固持する姿勢に疑問を感じるのだ。自民党側に夫婦別姓を導入できない真の理由があるのなら、正直に話して欲しい。

追記比率修正しました。指摘ありがとうございます

2020-05-21

元カレと夢で再会した

もう別れて4年経つ。

彼の事は別れた後半年くらいはちょこちょこ思い出したりしていたけど、だんだんと思い出す回数が減って、この2年くらいはすっかり忘れていた。

そんな彼といきなり夢で再会した。

から覚めた後、ぼけーーーっと思い返してエモい気持ちになったのでここにひっそりと書き残しておく。

彼とは大学で知り合い、社会人2年目の夏くらいまでの2年くらいをパートナーとして過ごした。

出会いは5日間連続で行われる夏期集中講義だった。

午前中の授業が終わり、即荷物をまとめ、駅まで続く坂を下っていたら、突然後ろから「ねえ!」と声がした。

あ、なんか落としたかな?と思って振り返ると、小走りで坂を下ってくる彼がいた。

「ねえ、歩くの早すぎない?」と妙に馴れ馴れしく声をかけられて私はちょっと嫌な気分になった。

「何か落としました?」と質問無視して問いかけると、彼は笑って「いや、そんなんじゃないけど。あなた増田さんでしょ。」と答えた。

全く知らない人だったのでなぜ私の名前を知ってるんだ...?とかなり怪訝な顔をしたら、「俺、前にゼミの合同発表で会った事あるもん」と聞いてもないのに教えてくれた。

彼は私が何か言うよりも先に「明後日、授業終わった後にランチ行こ!」と誘ってきて、私が「え、あ、うん」とか何とか言ったのを確認して、坂を駆け上って行った。

私は坂を下りながら、呆気にとられるとはこの事かーなどと考えていた。

当日、私は知らない人とランチに行くのがめんどくさくて何とかしてバックレようと試みたのだが、あっさり大学構内で捕まってしまい、彼とランチをすることになった。

ほぼ初対面の人とはいえ、同じ大学に通う同学年の人なのでそれなりに共通点があり、ランチは案外盛り上がったような記憶がある。

ランチの後もなんだかんだと飲みに誘われる事が多くなり、気付いたらベロベロに酔っ払ってホテルに入っていた。

もう今となってはその時の行為がどんなだったか全然覚えていないが、お互いベロンベロンに酔っていたので適度な積極性もあり、それなりに満足できるものだった。

翌朝、駅まで歩いている時に手を握られて、付き合おうか的な事を言われた...気がする。もう覚えてない。


付き合いだしてからは本当に楽しかった。当時私は一人暮らしをしていた。彼は実家に住んでいたので、必然的にうちに入り浸ることが多くなり、一緒に買い物して晩御飯を作ったり、夜中に5km先のコンビニまで散歩したり、朝から晩までセックスしたりと楽しい事この上なかった。

私は彼のまっすぐな所や、どんな人も大切に扱う所、悔しい思いをしてもなにくそと強くなれる所が好きだった。

それに、晩御飯を作りながら飲むビールの美味しさや、煙をもくもく浴びながら焼き鳥が焼けるのを待つ時間のワクワク感や、駅の改札まで傘を持ってきてくれた時のキュンとした気持ちを、私が感じるのと同じくらい、幸せだと感じてくれる所が愛おしくてたまらなかった。

私が好きそうなカフェお気に入りバー、彼の両親がプロポーズしたという思い出のレストラン、幼い頃から通ってる汚いラーメン屋高校生の時初めて挫折経験して男泣きした公園東屋。彼が色んな場所でいろんなエピソードを教えてくれるたびに、彼が私を信頼してくれているのが分かって嬉しかった。



付き合って半年が経った頃、私は就職のため地元に戻った。

一人暮らしマンションを引き払って、空港に行くまでの道中、彼が私の手を確かめるようにずっと撫でてて、それが切なくて涙が自然と溢れた。


飛行機に1人で乗り込んだ後すこししたら彼から「右ポッケ。」とLINEが来た。右のポッケには小さく折りたたまれ手紙が入っていて、「遠距離なっちゃうけど大丈夫。離れていてもいつも側にいるのを忘れないで。俺は君のことをずっと応援してるけど、本当に辛くなったら全部投げ捨ててもいいんだからね。」と書いてあった。

今思うとやけにドラマチックだな〜〜とそわそわしちゃうけど、当時はそんなこと1ミリも思わなかった。ただただ一番大事な人が近くにいない状態で新しい生活が始まるのが悲しくて切なかった


その後、飛行機で1時間半の遠距離を1年半くらい続けた。

お互い社会人になったけど、毎日LINEのやりとりは欠かさなかったし、電話ほとんど毎日した。予定が合えばビデオ通話で一緒に発泡酒乾杯して、寝落ちするまで平気で5時間とかやってた。お互い実家だったからできた所業とも言える。

月に1回くらいのペースで会いに行ったり、来てもらったりして、なんだかんだで良い関係を続けていた。



そんなある時、私が浮気を疑われた。しかも割と細部まで知っているようだった。

実際のところ、際どいところまでいったのは事実しかも酔っててあんまり覚えてない。状況から判断すると明らかにクロだけど、私は必死否定した。

彼が私のスマホを盗み見したという所を執拗に責めて、論点をずらしてごまかした。

彼は一応というか一旦は水に流す、と言ってくれた。だけど、この事件から明らかに私たち関係はうまくいかなくなった。

LINEはするけど、どこかよそよそしい。写真つきのLINEほとんど来ない。私と会いたがらないし、愛してるとか好きとか言わなくなった。

私は2週間くらいかけて「あ、これもうダメなやつ」と理解した。

浮気を疑われるような事をしたのは私だし、もう私がどうあがいても関係が修復することは不可能に近いな、と。

それを悟ってからは、LINEするのを辞め、Twitterやインスタもログインすらしなくなった。とにかく目の前の仕事に没頭して、家にいる時間勉強に費やした。

そして、1ヶ月くらい経った時、自分から彼に「会って話したい事があるので時間をください」とLINEを送った。


もちろん、私は彼と別れるつもりだった。浮気まがいの事をした自分をもう一度信頼して欲しいなんておこがましいと思ったから。

久しぶりに会った彼は前に会った彼と同じで、お気に入りカフェ仕事の事とか季節の事とか、当たり障りのない事を話して緊張をほぐした。

私が別れを切り出した時、彼は私の提案に答える代わりに、椅子から立ち上がり、ひざまずいて「結婚してください」と言った。

彼の手には指輪の箱があり、中には一粒ダイヤリングが光っていた。

しばらく状況が飲み込めなくて、10回くらい「え?」って聞き返した。

彼は椅子に座りなおして、封筒を私に渡した。封筒の中には婚姻届が入っていて、彼の書く欄は全て彼の直筆で埋まっていて、捺印もされていた。

別れるつもりでいたのに、まさかプロポーズされるとは。夢にも思っていなかった。

いざプロポーズされてみると、やっぱり嬉しくて、私は「私でよければお嫁さんにしてください」と泣きながら答えた。別れるつもりだったのにね。


でもそう簡単ハッピーになれるはずなかった。

私は彼と連絡を取っていなかった数週間の間になぜか上司に認められてしまい、数ヶ月後から新しいプロジェクトに投入されることになっていた。

これまで1年目の社員にこんなチャンスが来たことはないらしく、部内でも若干どよめきが走ったくらいだった。

そのプロジェクト海外出張も多く、仕事忙殺されることが予想された。

この仕事は私が入社からやりたいと思っていたことそのものだったので、私は二つ返事で快諾した。

いざその仕事が始まってみると、家は帰って寝るだけ。休日は半分仕事で半分勉強しないと追いつかない。

毎日できていたLINE出張やら会議やらでまともにできない。予想はしてたけど、その何倍もハードだった。

もちろん彼にはそのことも伝えて会ったし、彼も理解してくれてはいたけど、だんだん距離が離れて行った。


私がやばい、と思った時にはもう遅かった。

仕事の合間を縫って会いに行っても、無言でドライブ。険悪な空気のままホテルに入って前戯もなしのセックス。もちろん嫌だって泣いて訴えても力で押さえ込まれる。

彼の友達を交えてBBQをしても彼は私を放置して友達と遊びに行く。

存在のもの無視されているのが手に取るように分かって辛かった。

最後は私も耐えられなくなって、弁護士相談して社会的制裁を施して、ぐちゃぐちゃになったまま終了。


.


別れて4年経った今思い出すのは、私の人生で一番好きだった人との幸せな思い出と、一番憎かった人とのぐちゃぐちゃの修羅場

もし人生で一度だけやり直すことができるなら、浮気騒動の前に戻りたい。本当にあれは私が悪かった。あれからお祝いの席以外ではお酒飲んでない。

夢では私と彼は幸せカップルで、一緒の布団にくるまってどっちが裸のまま暖房をつけに行くか小競り合いしてた。

彼が健康でそこそこ幸せに生きていてくれたらそれで十分だけど、この夢ってなんか意味あるのかな。

2020-04-12

結婚不要不急なのかずっと悩んでる

結婚していいのか悩んでる。

元々4月下旬婚姻届けを出して引っ越しをする予定で準備を進めていた。

遠距離なので私が転勤することになった。異動願いを受け入れてくれた会社には感謝だ。

しかし発令された非常事態宣言

引っ越し宣言地→宣言地なのでそう変わらないのは変わらないが…。

入籍不要不急なのか?

いやいや転勤先では新姓になるから手続き上籍は入れないといけないし。

しかしそれに関わる氏名変更住所変更の手続きに行くのは不要不急?

いやいやいや会社申請銀行口座名義変更必要だし。

そんなこんなでずっとぐるぐるもやもやしている。つらいなあ。

みんなそれぞれ状況によって違ったもやもやを抱えているんだろうなあ。

2020-04-10

結婚相手の親に送るプロフィール

今春結婚予定。元々式は挙げずに両家の顔合わせのみで済ませるつもりでいた。自分達は関東某県で同棲中で、両親とは近距離別居している。婚約者実家東北地方にあり新幹線を使っても2時間半程かかる。

コロナ騒ぎで式を挙げない理由を古い体質の職場で詮索されずにすむと婚約者は喜んでいたのだが、移動も自粛すべき事態では肝心の顔合わせも出来ない。先に来月婚姻届を提出して、落ち着いた頃に顔合わせをする方針で双方報告して合意した。

そんな折、先日婚約者に連絡が入った。お互いの印象も薄れているし詳細な情報を知りたいか簡単プロフィールを送ってほしいとのこと。婚約者のご両親とは交際してすぐの頃に数回顔を合わせたきりで5年以上経っているので至極真っ当な要求だ。

いざ書こうかという段になって何を書くべきか途方に暮れてしまった。履歴書では変だし見合い釣書のようなものにするか、もっと砕けた形式が良いのか悩んでいる。

いいテンプレートでもないものかな。

2020-03-29

中絶体験

ものすごい長文になってしまったが投下。

日曜の午後だった。整理が2週間近く遅れていた。

3週間ほど,体も熱っぽく胸も貼っていて,いつものPMSとは何か違うなとは思っていた。

でもまあ生理不順だろう,妊娠なんてしてないよねと検査してみたら,

まさか妊娠だった。

思い当たることは何もなかった・・・と胸をはって言えないのが情けないが,

まさかまさかだった。

これまで,避妊に甘かった自分を猛省した。

ゴムつけると痛いし気持ちよくないし,

中に出さなきゃOKでしょ,位に考えていた大アホな自分をぶん殴りたい。

慌ててパートナーに連絡を取る。

空港で登場手続き中だった彼,急遽行き先を変更して,会いに来てくれることになった。

翌朝一緒に病院へ行こうと決め,

互いの職場上司有給を取る旨連絡する。

病院はどこがいいの?

話し合って,中絶することに決めたものの,

信頼できそうな病院を探すのにはかなり時間がかかった。

口コミサイトを読み漁り,移動中の彼にも調べてもらう。

ホームページできちんと手術の情報提供をしているところを3つほど選んで,

電話をかける。

日曜だからか,つながらない。

最後の3つ目でやっとつながり,翌朝の予約を入れることができた。

22時過ぎ,彼が到着。

不安なまま眠りにつく。

●診察,手術日決め

翌朝,予約時間より30分も早く病院へ到着。

受付にはまだ人がいない。

問診表に一通り記入し,診察の順番を待つ。

中絶希望の欄んにチェックを入れる。苦しい。

名前を呼ばれ,彼もいっしょに診察室へ入った。

担当は,ベテラン男性医師だった。

下着をとり,診察台へ座る。

カーテン越しに先生の気配。隣にはパートナーが入ってきてくれている。

「さて,赤ちゃんはいるかな?」と先生エコーを私のおなかにさしこむ。

あ,いるね。「見えますか?心臓がぽこんぽこんってしていますよ」

大きさは3ミリ,6週と3日だと言われる。

心臓が動いているの,見えるね」

赤ちゃん,いるんだ。

私たちは顔を見合わせた。言葉が出なかった。

別室で先生から手術の説明を受ける。

手術は麻酔で眠っている間に終わり,4時間ほどで日帰りでできる。

当日は,二人の署名押印をした同意書と,ショーツナプキンを持ってくるよう言われる。

手術費用は,妊娠週数が増えるごとに5千円ずつ高くなるらしい。

お互いの仕事の都合もあり,

結局,8週目の金曜日に手術を受けることに決めた。

金曜なら,週末,家で安静に過ごせる。

その後,採決と血圧などの検査があって,1時間ほどで終了。

保険がきかないので1万5千円の支払い,高い。

産んであげられる環境だったらよかったのにね。

結婚していたら,おめでとうって心から思えたのにね。

複雑な気持ちで,そんなことを話しながら家に帰った。

●手術まで

手術までの10日間ほど,体はゆるやかに変化していった。

妊娠6~8週目,つわりが出てくる時期だ。

激しい眠気,熱っぽさと体のだるさにはじまり

空腹時の吐き気,船酔いのような気持ち悪さと胸の張り。

初めて経験するつわりだった。

このまま産んであげられたら,と何度も考えた。

計算すると,出産予定日9月24日

それまでに婚姻届けを提出して,7月から産休に入って。。

家はどうしよう。仕事は?親にいつ話す?

色んな妄想をしてしまって,仕事も手につかなかった。

彼も相当に悩んだらしかった。

でも結局,飛行機2時間遠距離恋愛で,お互いキャリアも別々で,

すぐに結婚→同居→育児なんて,非現実的すぎる話だった。

看護師さんは「考えが変わったら,いつでも連絡してね」

と言ってくれた。

でも私たちは結局,中絶を選んだ。

●手術当日

同意書とお金必要ものを準備して,

彼に付き添ってもらい,病院へ。

順番が来て,診察室へ入る。

エコーでおなかを見ると,赤ちゃんは少し大きくなっていて,心臓は元気に拍動していた。

心臓,元気に動いているね」

もう決めたことなのに,心がとても痛んだ。ごめんね。

私がとても悲しそうな顔をしたからだろう,先生

「あまり言うとつらくなるからね。これくらいで」と言って手を止めた。

子宮はおなかの方に傾いているね」と言われる。

子宮位置に後屈とか個人差あるなんて初めて知った。

再度手術の説明を受け,支払いを済ませる。

手術費+診察費+赤ちゃんの埋葬費で合計12万円ほど。

手術は眠っている間に終わり,出血と軽い腹痛はあるかもしれないが,翌日から不通に生活できるとのこと。

性交渉は2週間ほど禁止らしい。入浴もNGシャワーは翌日から大丈夫とのこと。

看護師さんは,ビビりな私の質問にも丁寧に回答してくれて,

やっと安心できた。

9時半過ぎ,個室に荷物を置き,彼に見送られて手術室へ向かう。

手術は10時過ぎからだった。

15分くらいで終わる,難しい手術ではないという。

手術室で看護師さんが一人,淡々と準備を進めていく。

手術台に寝かされ,足を固定される。

筋肉注射のあと,点滴で麻酔がはじまる。

私は一瞬で意識を失った。

遠くから名前を呼ぶ声が聞こえる,終わったらしい。

下腹部の鈍い痛みを感じつつもうろうとするなか,担架にのせられ個室のベッドへ運ばれる。

手術は無事に終わっていた。

ずっと悪夢を見ていたが,

目が覚めて気が付いたら彼が来ていて,昼過ぎになっていた。

最初に思ったのは,とにかくおしっこがしたい。

立ち上がろうとするもふらついてまともに立てない。

ほんの数メートル先のトイレに行くのも危ないというので,

おまるを持ってきてもらう。

ぐったりしている。体が鉛のように思い。

そのまま1時間ほどまた眠った。

二度目に目覚めたとき,気分はそれほど悪くなかった。

14時過ぎに病院を出た。

無事に終わってほっとした,それが一番だった。

遅めのランチに何を食べようか,彼と話しながらバス停までのゆるい坂道ゆっくり歩いた。

バスはすぐ北。

あたたか日差しのなか,バスに揺られてぼーっとしていたが,

突然,めまい吐き気に襲われた。

麻酔が抜けきっていなかったのだろうと思う。

何とも言えない気持ち悪さで,すぐバスから降りて横になりたかったが,そうもいかない。

何とかターミナル駅バスを降りてタクシーに乗り換え,家に着くとベッドに倒れこんだ。

述語は安静にね,としつこく言われたのに,私が甘かった。

おとなしく病院からタクシーで直帰すべきだった。

アルコールに弱い,もしくは全く飲めない体質の人は麻酔がききやすいらしい。

私がまさにそうで,しかも体力もないのだから,用心すべきだったのだ。

●術後の経過

翌朝,退庁はかなり良い。

が,昨日のこともあるので家でおとなしく過ごす。

術後の腹痛や出欠具合は個人差が大きいそうだが,私の場合はどちらもほとんどなかった。

体の熱っぽさが嘘のように消えていて,船酔いのようなつわりもさっぱり消失していた。

久しぶりに「体が自分だけのものになった感じがした。

術後は3日間ほど薬を飲み続ける。

支給収縮剤,痛み止め,抗生物質の3種類を一日4回。

薬を飲み切った翌日の夜,急に生理痛のような下腹部痛があった。

耐えられないほどではないが,生理痛が普段ほとんどない私にとっては,かなりしんどい痛みだったため,痛み止めを飲んだ。

調べてみたら,妊娠で大きくなった支給が元の大きさに戻ろうとするときにおこる,正常な痛みらしい,ほっとした。

市販の痛み止めは買っておいてよかった。

●1週間後

術後の回復状態を見るため,最後の診察へ。

診察台へ上がり,エコーの機会を挿入されるのも慣れたもんだ。

「うん,完璧ですね」

先生いわく,きれいに手術できていて回復も順調とのこと。

よかった。

最後の診察費を払い,病院を出た。

次,もしここに来ることがあれば,幸せ妊婦として期待。

●まとめ

膣外射精でも妊娠する(当たり前)

病院選びは慎重に,料金よりも安心感で選ぶ

・術後すぐはあまり動かないこと

・痛み止めは買っておいたほうがいい

・料金は8週目で総額14万ほど(診察費,薬代等含む)

2020-03-17

anond:20200317172252

婚姻届けさえ出せば、運転免許銀行口座クレジットカード等諸々の手続きをしなくて済んで、各所が旧姓で扱ってくれるならいいよ。

2020-03-09

不同意性交等罪が施行された未来日本では歌舞伎町婚姻届離婚届の受付窓口ができる(すでにある)

2020-02-23

モヤモヤの原因究明と言語化できてスッキリした

最近から追っかけてたネット上の人(ブロガーとか)が結婚ラッシュで、婚姻届との写真とかアップしてるのみてなんかモヤモヤ

友達だったら純粋に喜べるのになんでだろ、と思ってたけど、

内なるマウントとりたい欲みたいなものがメラメラと燃えてるのかな〜と気づいてしまって、それはそれで自分に落ち込んでる。

あとそんな写真を載せて耐えうるレベル顔面を持ち合わせているのが羨ましい。

ネット有名人的な人って、距離近いようで向こうはもはや純粋一般人じゃないし、比べても意味ないのにね。

だって幸せだし、って対抗心が芽生えちゃってる。

自分顔写真載せようと思ったことすら一切なかったし、今もこれ書いたらスッキリたからやらないけど、そんな感情自分の中にも眠ってたんだな〜〜〜〜〜

デブ喪女だったけど先日入籍した

彼氏いない歴=年齢として四半世紀生きた

恋人が居ないネタ喪女あるあるを言うのもちょっと板について来たような年齢

デブなうえにいわゆるオタク、例に漏れ腐女子で、アニメゲーム漫画好きな人間だった

小学校高校まで共学で過ごした

年代ごとに気になる男子とかももちろん居たし、目が合ったり話せたりすると喜んだ

友達と恋バナもしてキャッキャするような時もあった

大学女子大だったのもあったし、合コンだなんだをするようなグループでもなかったので特に何もなく

社会人になって、自分の見た目も理解し、こんな奴が恋愛するなんて滑稽だな、と思い始めて人を好きになることをやめた

そんなことを思っていた矢先に出来た恋人だった

青天の霹靂天変地異明日には地球が滅亡するんじゃないのか、色んな言葉が頭をよぎった

こんなに卑屈で根暗デブなうえにオタクで救いようのない女を好きになる奴なんて居るわけない、多分これは騙されてるんだ、そのうち親が倒れたとかでお金請求されるんだ、と散々な思考だった

実際にそんなことはなく、手を繋いで出かけ、愛の言葉を吐かれ、男女の営みを行い、大切にされていることを感じることもあった

しかしどこかでなにか違和感もある状態はずっと続いており、それがいつの間にやら2年経過していた

付き合った当初は本当に疑心暗鬼で、どうせ捨てられるんだから早く振ってくれないかなと思ったり、私なんかのこと好きになるならこれが出来て当たり前だよね?と考えたり、そういう不安定状態をずっと続けてきたし、相手にもぶつけてきた

そんな状態でも見放したりせず、根気強く付き合ってくれた相手には本当に感謝しているし、余程私のことを好いてくれているのだと思う

付き合い始めた頃から結婚する予定だと言われて居たが、実際に結婚を目前に控えると両家顔合わせの日取り決めや、必要書類の用意なんかの面倒くさいところに目がいく

独り身だったらしなくていいことなんだよな、と考えてしまうこともあるが、この状況まで来てやっと、別れるという選択肢は捨てることが出来た

そして先日、婚姻届を提出し、夫婦になった

結婚した以上、独身だったらしなくてもいいことにまた対峙することになるんだなぁとぼんやり思う

今後は「結婚たか経験できること」とポジティブに捉えて、生きていきたい

2020-01-30

結婚してみた

苗字を変えた

分かったことは、兎に角面倒臭い

身分証も何から何まで変えなきゃ行けない

何よりも面倒だったのは保険証が使えない事!

婚姻届出した次の日に病院に行くと「使えませんねぇ」と一言

そっかー今の時代すぐ分かるんだね

迂闊だったよ

はー

夫婦別姓早くしてくれ

2020-01-29

夫婦別姓については賛成でも反対でもないけど・・・

賛成の方の意見で姓を変える手続きがめんどくさい・片方だけ手続き煩雑って意見があるけど。。。

結婚するとき以外もいろいろな手続きがあるわけで、その手続きをめんどくさがっていたら何もできないのではないかと。

役所への届

 どうせ婚姻届出しに行くんだからその時一緒にすればよくない?

公共料金運転免許銀行クレジットカードなど

 転居でも変更必要

健康保険

 転職や離職でも変更必要

パスポート

 新婚旅行旧姓でいくパターンもあるし、次に使うときまでに更新すればよくない?

 そもそも期限があるんだから更新必要だし。

変更が大変って言ってる方は一度も引越しとかしたことない人なのかしら?

2020-01-28

anond:20200128101147

???

婚姻届出すだけなら無料なのに、結婚式披露宴に金かけるなんて馬鹿らしいよね、っていうのは元増田の時点からそういう話をしてるのではないの

役所婚姻届け出すだけなのに100万かけるのおかしくないですか

2020-01-15

anond:20200111140425

気持ちはわかる。

なんで夫の方は自分が変えるという選択肢最初から除外するんだろうね。2人の間では同等じゃんね。

まあたぶん夫からしたら、2人の間では同等、社会的実家的には夫の姓が優位、したがって夫の姓にするのが合理的、くらいのつもりなんだろうけど。その場合に妻が負担するコストをどれだけ払う覚悟があるのかね。

と、ここまで書いて思ったけど、妻側も夫が改姓した時のコストをどれだけかぶる覚悟があるんだろう。ちゃんとある

そもそもこんないざこざをもたらしてるのはいまの戸籍制度がクソということなんだけど。一方だけが一方的不利益を被るなんてほんとクソだわ。なくていいコストかぶらされるあほらしさ。

研究者旧姓仕事を続ければいいとか言うけど、海外に行く時、招聘状とかビザとかで業績の名前戸籍パスポート)の名前が違うってんでトラブルになるよね。最終的にはなんとかなるって言っても、本来なくていい説明をしなくてはいけないのがまず手間、あらゆる書類名前に間違いがないか気をつけないといけないのがアホほどしんどい(見落とすと入国できないとかあるからね)。そういうコストを一生背負えって話だよ、これは。

法的に夫婦である必要があるときだけ婚姻届を出すって方法もあるらしいか提案してみたら?

2020-01-09

anond:20200109143215

から子供部屋おばさん」ってレスついてるのはそういう事だぞ。

婚姻届自分サインをするだけのことに父親が噛む必要は全くないんだぞ。

2019-12-31

彼氏のチ○チ○を扱いた手で推しに触らないでほしい

私はアラサー腐女子だ。これくらいの年齢になるとTwitterのTLでこんな報告をちらほら目にするようになる。

「昨日、婚姻届を提出しました(ピース)」

今日から私も人妻です(ハート)」

「名義の変更の手続きめちゃ大変~!(泣く絵文字)」

腐女子と侮るなかれ、

彼女たちは恋愛するなり婚活するなりなんなりして未来配偶者と巡りあい、ゴールインする。

男性一般の人は「オタク女性」のことを恋愛に奥手、おしゃれもしない、結婚なんて夢のまた夢と思うかもしれないが、普通に綺麗な人もたくさんいるしそうじゃなくても結婚する人もかなりいる。

私はそれを見る度にこう思う。

「これまでお前は彼氏のチ○チ○を扱いた手で推しに触っていたのか!?」と。

推し別にアニメでも漫画でもゲームでもミュージシャンでも俳優でもいい、本当に生きてなくてもいい。腐女子として活動していくなかで「このキャラとこのキャラを組み合わせて腐った妄想をしたい!」と思った対象に、お前は、そんな手で触っていたのか!?

推しが汚された気分だ。

お前が推しについて深夜にTwitterで語っていたとき、それは彼氏とのセックスセックスの休憩時間のTL巡回だったのか?

腐女子に限らず、オタクにとって「オタク活動」は「ライフ(つまり人生)」だと思っていた。

しかし突然の結婚宣言、もしくはかれぴっぴ匂わせから、私は気付いてしまう。

「お前のオタクは、ライフじゃなかったんか…」

「お前のライフかれぴっぴとの生活で、その合間に、おやつを食べるみたいに腐ってただけなんか…」

たぶんまっとうな人は「そうだよw一生オタクやってられるわけないじゃんw」と言ってくれるだろうな。

でもさ、それTwitterプロフに書いてなかったじゃん。

「私は一生オタクをするつもりはなく、週末彼氏の○ン○ンを扱きながらpixiv巡回しています」って書いてなかったじゃん…書いてあったらこっちも自衛したよ。腐女子の大好きな「自衛」したよ…でも突然の結婚報告は自衛できない爆弾じゃねーか…

最近流行ってる「ヲタクに恋は難しい」じゃねーんだよ「腐女子の恋は戦犯」なんだよ…

現実で男と楽しくしててなんで更に追加で腐ったもの摂取するんだ!?順番が逆?知るか…

そしていつかその腐女子は「つわりしんどい…」とか「ワンオペしんどい…」になり、やがて「育児アカウントこちら→@」になるのだ。

もう永遠に、TLで共に推しについて語ることはできない。

半年後のイベントが告知されたとき

「ずらせない予定と重なってる~(泣く絵文字)」と呟いた腐女子がいたら要注意だ。

きっとしばらくして、

「今年は人生大事な年になりました。」

とか投稿する。

2019-12-29

anond:20191228211534

本命になるなんて簡単だろ

腕力が強くてこわもての友達に協力して

俺の妹処女を奪ったんなら結婚しろ

別れたら法律なんて関係ないお前をぶっ殺すぞと自称兄貴に脅してもらえばハンサム君は恐怖で婚姻届けを出すだろう

2019-12-20

anond:20191219171306

1. 貴方収入も低く、2人の収入を合わせても家庭の運営が成り立たなそうなので尻込みしている(いつ収入が増えるかなんてわかるわけないじゃん)

2. 結婚自体はしてみたいけど、貴女ではないと考えている(子供が欲しいので若い人が良い)

3. なんで結婚したいって言ってるくせにプロポーズしてこないの?価値観古くない?と思っている


どれでも好きなの選んで良いよ。

婚姻届を提出すると、それ以降の稼ぎは財産分与対象になるし、相手が死んだらほとんどの資産相続できるというメリットがあるよ。

2019-12-12

結婚しま

私はもうすぐ結婚します。

彼とは付き合って2ヶ月です。

早いと思いますか? そうですよね、でも知り合いではあったんですよ。

知り合って6年、色んなことがあった。

出会った瞬間 自然と会話が盛り上がった。

フィーリングが合うってやつだろう。

彼女モテる。特段美人では無いが愛想がいい

笑顔可愛い感情で生きているし時には八つ当たりだってされるけど結構人情深いところもあって弟思いの優しいやつだ。

彼女彼氏ができた。僕にも彼女ができた。

彼女不安を感じながらも幸せそうに見えたし

たまに相談にも乗ったりした。

けど6年の間に4回も付き合っては別れを繰り返した。その度に僕に話を聞いてほしいと頼まれた。正直口ではめんどくさいと言いながらも、毎回嬉しかった。僕は2回付き合った。1回目は

彼女に紹介された子でとても良い子だった。

しかし僕は彼女のことで頭がいっぱいだった。

1年でその子に振られて、それからまた少し経って3年間続いた彼女が出来た。

彼女は僕より年上で常に一歩先の未来を見ていた。悪いところはない。とても優しいし美人家族思いで料理も上手い人だった。

結婚する相手としては逃したらもったいないほどって痛いほど分かったし、実際半年前に結婚を迫られた時は苦しかった。毎日悩み続けた。

心の奥底に忘れたはずの、あの彼女の顔が思い浮かんだ。けど結婚前提に付き合い始めた彼女を裏切るわけにはいかなかった。両家の親にも

挨拶をした。あとは引っ越しの準備をして同棲を始めて婚姻届を出すだけだった。未来が見えた気がした。俺はこの人と結婚してみんなから祝われておめでとうとか言われてあの彼女にも言われて子供を作って生活する様子が思い浮かんだ。 限界だった。様子がおかしいと彼女に問い詰められて実はずっと前から好きな人がいてその人のことが忘れられないと告げた。

当然彼女は怒って泣いて家を飛び出して、最終的には慰謝料まで請求された。当然の結果だ。

3年も付き合って俺は一度も心からこの人のことが好きになれなかった。理由はない。

申し訳ないことをした。

付き合う前に結婚を考える前に、その人のことが好きかどうか自分に問いかけるべきだった。

答えは分かっていたはずだ。

6年前から好きだった人に告白した。

最初は断られたし、その人に申し訳ないしそんなことをした僕を軽蔑していた。

それから2ヶ月かけて僕は好かれる努力をした

そして明日その人と結婚する。

好きであれば努力ができる。

好きという感情があるからこそ、お互いに少々不満や足りない面があったとしても、その溝やギャップを埋めるために努力をするだろう。

僕はこの経験から好きかどうかという感情をまず心の基準に定めなければいけないと感じた。

理屈はあとからだ。

3年間付き合った彼女もつい先日彼氏ができたそうだ。きっと彼女は僕よりずっと良い人を見つけるだろう。  おわり

2019-11-20

普段気にもしないくせに

婚姻届出す時に「大安じゃなきゃやだー」「いい夫婦の日じゃなきゃやだー」って言ってる阿呆たち。

どんなに良い日であっても、ちょっとした事で相手が嫌になって離婚するような程度の低い縁じゃ幸せなんて訪れませんよ。

本当に縁起の良い日を気にするのなら、普段から気にしなさいよと。

自分勝手な都合の良い考えで「縁起の良い日だし、私達も幸せになれるじゃん」なんて言ってたら、

そりゃ神様だって「こいつら…都合良いことばっかり言ってんな。不幸にするわ」ってなりますよ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん