「婚姻届」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 婚姻届とは

2021-06-13

新婚なのにレスなんだよおお

半年前に同棲をはじめて先月婚姻届を提出。

昨年はお互い遠距離コロナ禍で10ヶ月以上会えなかったこともあり、やっと沢山触れ合えるね♡うれしいね♡と思っていたんだが。


夜の営みが少ねえええええ。

1ヶ月半…ギリギリ1ヶ月過ぎて1回といったところだ。

こっちは2週間に1度くらいはしたいので、自分から誘いもするがそういう時は大抵断られる。

調子が悪いから無理。(そういう時もあるね。体質で苦しんでるの見てるししゃーなし。)

眠いから無理。(休日しか誘ってないし、先週も言ってたかちょっと時間作って欲しかったが、しゃーなし…か?)

そんな感じで一緒に住み始めてからこっち撃沈が続いており、特に埋め合わせというものも無く、夫の気が向いて誘ってきた時だけする感じ。

前回も3週連続断られて私がだいぶ拗ねてしまったので、んじゃまあするかという雰囲気にされ、なし崩し的にしてしまって結構惨めな気分だった。やめとけばよかったんだ。


まあ普段はとても仲が良く、四六時中一緒にいても苦にならないのでそういう人と結婚できて本当によかったと思っているよ。

ただ今週末も何事もなく眠れなくなったので、こうしてゴソゴソ起き上がって増田を書いているよ。

隣で好きな人がすやすや寝息をたてているのは幸せだね。だけどこの状態が続くと寝息を聞くのも若干辛くなってきたよ。ここんとこ寝付けないよ。

来週は生理がきそうなので、またしばらくはお預けだよ。


あ〜どうしようかなあああ。また自分から話題に出すの怖いんだよねえ。

から誘った時にせめて1度でもちゃんと応じてくれていたらよかったのにな。

自分欲望相手欲望をいつ・どのくらい・どの程度擦り合わせるかという部分がアンバランスに感じるんだよな。

このまま歳とるのかな〜〜〜〜 寂しいな〜〜 子ども作れんのかな〜〜〜


結婚式もハネムーンもしてないから新婚感ないだろなとは思っていたけど、せめて夜くらいは新婚気分味わいたかったよ。

こっちがなんとかするしかないんだろうからなんとかしたいな。お互い丁度良くなるバランスを見つけたいけど難しいね

2021-06-12

anond:20210612031207

老後の補助だけはしつつ、というお相手がいるんやったらいきなり約束反故にされた際に「話が違うやんけ」と文句を言えるようある種の契約のかたちとして婚姻届でも出しといたらいいんでは……?と思ったというか

「気が変わった。もう二度と会えないしそんな話はなかったことにしたい」と言われたらこの人独りぼっちになるなあと思った

2021-06-11

結婚

 ここ1ヶ月、図らずも『結婚』について考えることがとても多かった。

 本当に偶然色々なところから結婚とかそれに関係するものを見せつけられたというか、「目を逸らすな」と言われている気がした。今までも度々結婚に関して否定的なことも確かに書いてきたけど、手放しに「結婚なんてクソだ、絶対したくない」と思っているわけではない。

 ただあまりにも「結婚幸せ」の価値観を、全くの思考停止で受け入れている人間が多すぎることに辟易としていることは事実。それへのアンチテーゼというか、警鐘というわけではないけど「あんたらそれちゃんと考えて言ってんの?」と言いたかっただけ。

 結婚にはメリットデメリットもあると思う。今の自分にとってはデメリットの方が大きいような気がする、というだけで否定的なこともつらつら発信してきたのもまた事実なので、しっかり言語化して考えないとな、と思った次第であります

 まあメリットデメリットと言ってもそれらは結局表裏一体で、扱う人間タイミングによって良くも悪くも簡単に変わってしまもの。まずその良し悪しは考えずフラットに、恋愛から結婚に変わることによる影響を挙げてみる。

⑴ 2人の関係法的拘束力が生まれ

子どもを産み育てることがスムーズになる

 …あれ、こんだけ?って感じだけど、マジでこんだけ。この二項の中に色々な面が潜んでて複雑に入り組んでいるだけだと思う。

 強いて言えば、⑶ 社会的立場の構築 ってのも追加できるけれど、自分にとってそれは全くメリットでもデメリットでもなければ、何かアクションを起こすに当たって原動力になるものではない。一緒にいることの周囲への説明が楽になるぐらい?

 結果としてついてくる分には勝手しろって感じだけど、社会的立場のために何かをしたりしなかったり、という判断はしない。それは結婚云々に限らず。

 てことで⑴⑵について順番に書いていくけど、既に長丁場になりそうな予感がプンプンする。

⑴ 2人の関係法的拘束力が生まれ

 それによって生まれるのは①安心感と②義務感。この時点でも善玉と悪玉に分かれてそうだけど、実はもう一つ階層がある。

安心感

 安心感がもたらすのは、文字通り “不安が取り除かれた心地よさ” ともう一つ、あらゆる人間関係において最大の敵 “馴れ合い” だ。

 文字通りの意味については書くまでもないけど、やっぱり本能的に人間自分以外の人間に求めるものってこれしかない。「愛されている」っていう実感が欲しいし、そこからの変化が一番恐ろしいものだと感じる。

 つまり愛し愛されていると思っていた人が目の前から消えてしまう、という最も恐るべき状況に陥るリスクを最小化してくれる正攻法として、婚姻届という書類を提出して認められる結婚という契約が、最も手っ取り早くて一般的手段であるということ。それによってお互いがある程度心地よく生活できるし、信頼にも繋がってくる。するとパートナーにも自由を与えることが容易になる。

 それが一つ。厄介なのはもう一つの馴れ合いというやつで、先述の通り男女中に限らずあらゆる人間関係において最も脅威になるのがこいつ。

 これは交際前と交際後という比較的浅い次元関係性の変化でも猛威を振るう。「付き合ってから冷たくなった」だとか「もっと誠実だと思ってた」だとか、こういった類のパートナーに対する愚痴って全て馴れ合いから来ていると思うのだ。それは言う側も言われる側も同じこと。

 言われる側からすえば、付き合う前だったら「この人に好かれたい、嫌われたくない」という一心でどんなことでもできてしまう。親切にするし、優しく受け答えするし、浮気な様子は見せない。けれど付き合い始めて「この人は自分が好きだ」と認識できた途端、「これぐらいいいだろう、許してくれる」という感情が生まれて、それまでとは違った対応や行いをしてしまうようになる。

 言う側からすれば、付き合う前であれば「自分はこの人の何でもないし、相手にされなくて当然」という謙虚気持ちでいられるのに、付き合い始めると「自分はこの人に大切にされて当然、自分のために動いてくれて当然」という傲慢さが顔を出して自分勝手な期待を相手押し付けて、それが叶わないと裏切られたような感覚になる。だから上記のような愚痴をこぼす。

 言う側と言われる側は固定された立場ではなくて、どちらともがどちら側にもなりうる。こうしてすれ違って、ある日プツンと切れて、もうバイバイ。これがよくあるカップル破局パターンなんじゃないかと思う。し、自分もこれまでほとんどそうだったような気がする。

 浮気、冷たい、優しくない、好きじゃない、…どこにでもありふれた別れの真因としてこの馴れ合いがある。

 人と人との関係を良好に保つには、「それぞれの人間だ」と認識できるほどの距離感が常に必要だ。

 付き合う前のような「好かれたい」「嫌われたくない」というある種の緊張感が、その最たるものだということ。それがあるからこそ気遣いや思いやりが生まれるし、欠けてしまったところも受け取る側がカバーできる。

 交際から後への距離感の変化を乗り越えられたとしても、結婚前と後ではまた違ってくる可能性は大いにある。それは交際という口約束とは異なり、婚約というもの法的拘束力を持つからだ。

 これが安心感がもたらす負の側面。乗り越えるには所謂「親しき仲にも礼儀あり」という先人の智慧を、片時も忘れないよう脳裏に焼き付けておくこと。しかない。

義務

 さっきの安心感に比べればこちらはシンプルもので、「この人を幸せにしなければならない」とより強く思うことができれば、そのおかげで仕事モチベーション向上に繋がる良い面がある。

 その代わりに、義務感という言葉強制的な印象を持ってしまうと一気に嫌悪感を覚えてしまうことが大いにある。

 人間は何でも強制されるものが嫌いだ。「好きだった物事も、強制されると嫌になる」なんてのは世の中にありふれた陳腐言葉だが、それだけ多くの人に当てはまってしまう内容でもあるということだ。

子どもを産み育てることがスムーズになる

 できちゃった婚、なんてのが存在することからも分かるように、一般的に真っ当に子どもを育てようとしたらその両親は夫婦であることが望ましい。

 とされている、と言った方が正しいのかもしれないけど。

 まあともかく、「子ども作るなら結婚するでしょ」「子どもできたなら結婚するでしょ」という発想が当然という世の中であるということ。それが⑵の文意から必然的にここで議論を進めるのは、子どもを作る・子どもがいることによるメリットデメリットになる。

 子どもが家庭の中で担う役割はやはり二つあると思っていて、一つは①家族の一員としての役割、もう一つは②夫婦の間に生まれ子どもとしての役割、というこの二つ。

家族の一員としての役割

 これはやはり一般的幸せとされていること。「家庭を持つことが全人類の夢」とでも言わんばかりの勢いで押し付けられがちな価値観だけど、確かにそれも一理ある。

 正常に機能している家族であれば、そこに帰属する幾人かの繋がりはとても強くて、無条件に愛し愛され、外敵から攻撃から守ってくれる居場所になるはずだ。そこに血縁関係が有るか無いかなんてそこまで重要問題ではないとも思う。これが家族であることの幸せ

 ただ、現実問題そのように理想的機能している家族は少ない。と思う。そんなことないのか?いや、きっとそうだと思う。そうだと思いたい。良いな、と思う家族は知り合いの中でも一握りだし、実際SNSなんかでも家族に対する愚痴ばかり流れてくる世界

 そして自分が育った環境もあまり良いものとは言えなかった。育児放棄だったりアルコール中毒者による虐待だったり、そんなような何か明らかに大きな問題を抱えていた訳ではないけれど、家族であることの決定的な意義でとなる、愛されているという実感や安心感自己肯定感を育む教育、そんなものを一切享受することはできなかった。

 それに、世間一般家族における父親に対する風当たりというのは、相当に強いものがある。自分父親が大嫌いだし、母も姉も、だ。家族から愛されている父親なんてパーセンテージでみたらほんのわずかだろう。

 ほとんどの家族で見られる構図として、まず夫婦仲は良くない。子どもたちはずっと面倒を見てくれている母の味方につき、母を攻撃する存在である父を敵とみなす。ありふれた構図だ。

 それだけならまだいいのだが、何故か、いくら育児に協力的であっても、家事をこなしていても、父親というもの基本的孤立するようにできているらしい。悲しい習性だけど。

 世の母親が「腹を痛めて子どもを産んでよかった」と答えるのは、そういうことだと思う。そこに綺麗なものは何もない。

 もし自分父親になったら、と考える。先述のように「愛されたい」という欲求を家庭で満たされることなく育ったがため、自分はこうも恋愛依存的になってしまったのだと確信している。他にその欲求をぶつける対象として友人や集団帰属などの手もあったにはあったんだろうが、自分にはそのどちらも受け入れられなかった。

 まあともかくそうやって、ようやく見つけた「自分を愛してくれる人、肯定してくれる人、守ってくれる人」と結婚したとして、その人との間に子どもができれば、それがまた全て奪われて無に帰してしまう。

 子どもにとっては母である自分パートナーを奪われ、挙句の果てに家庭という場所から孤立する。そうなるとまた生まれ育った悪夢のような家族に逆戻りだ。それを恐れている。

夫婦の間に生まれ子どもとしての役割

 「子は鎹」という言葉がある。

 こんなクソみたいな言葉はこの世にないってぐらいクソみたいな言葉だと思う。鎹がなければ離れてしまうような関係人間と一緒に過ごさざるを得ない上に、それに子どもを付き合わせるなんて最悪だ。

 けれど皮肉なことに、その離れる原因はほとんどが子どもだったりもする。

 子どもができることによって夫婦関係は父母という関係にもなって、彼氏彼女、夫と妻、という1:1の関係性ではなくなる。その変化の中で上手く2人の間を擦り寄せていかないと、育児教育家計問題でやっかみ合うようになり、関係悪化する一方だ。そうして子どもが原因で離れていった2人を、繋ぎ止めるのもまた子どもなのである

 これを果たして幸せと呼ぶことができるのか。

 …とまあ、長々と書いたけど今の自分で考えが及ぶ範囲はこれぐらいだ。

 あとはもっと歳をとったり、独り身になったり、自分結婚してみたりして見えてくるものもあるのだろうなとも思う。それはその時にならないとわからないし、とにかく今はこう考えている。

 という記録。

2021-06-08

anond:20210608124748

そういうのすっ飛ばしてノリで入籍してみたらええやん

俺なんて出会い系で会った女とセックスして相性良かったからそのまま次の日婚姻届出しに行ったぞ

5年たったが特に問題なく夫婦やってる

2021-06-01

えー婚姻届などを提出してきました

たぶんこれから宗教勧誘されたり借金保証人にされるんだと思う

2021-05-28

婚姻届出すまで騙されてるんじゃないかと思うようになってきた

2021-05-23

アスペなので「婚姻は両性の合意に基いてのみ成立する」を信じて両家の誰にも挨拶せずに婚姻届けを出した。

あれから半年経つけどまた問題は起こっていない。

2021-05-21

[]

幼馴染が婚約したことを知り憔悴した日の晩、幼馴染から婚姻届を突き付けられた。

  

主人公は、幼馴染の母から幼馴染が結婚することを聞かされる。

その直後に婚姻届けを突きつけられるという話はそのままなのだが、ここで不満。

幼馴染の母からいきなり結婚するという話が聞かされたので

どうしてそういう話になったのかということは何も説明がない。

そのせいで、なんで勝手にそういうことになったんだということの方が読者的に気になる。

  

自分の事を好きだったから舞い上がってしまたにしてもこれを問い詰めないことには

もやもやしたのだが、その事情説明しないままストーリーが進んでいく。

やってることはデートだのなんだのしているだけ。ワンパターン

最終的に幼馴染は病気で余命僅かなんて設定になっており

それが理由結婚を迫っていたとかそんなのだった。

  

紆余曲折を経て結婚するが、しかし、幼馴染はその後長生きしているとかい意味不明な展開。

逆に主人公子供が25歳になる前には死んでしまったというオチ

病気で長くないと言われた場合、大体癌のような病気だとかエイズだとか色々あると思うが

完治自体がしないものだというのにこうして生き残るというのが納得がいかなかった。

  

結論としてあまり面白くはなかった。

2021-05-19

anond:20210519171531

ガッキークラスなら不受理届だしてるやろうから取り下げして婚姻届を提出する一瞬の隙がチャンスや

anond:20210519171521

まだ婚姻届出してないぽいのに何で夫の姓を選ぶってわかんの?

anond:20210519171421

おっ、今なら先回りして婚姻届け出せるな!


増田結衣だ!

朗報ガッキービッチじゃなかった

https://news.yahoo.co.jp/articles/e1c48e960014d9fb5d1e3ec82fd0c44d1ccdcdfa

星野所属事務所によると、交際期間は「『逃げるは恥だが役に立つSP2021年1月放送)での再会をきっかけに、関連する撮影を全て終えたあと、結婚を前提にということで交際を始めました」と明かした。婚姻届は「今後時期を見て」提出される。


5ちゃんねるのデマに注意してください!!

ガッキービッチやったんや・・・

星野源さんと新垣結衣さんは、5月19日婚姻届提出について

逃げるは恥だが役に立つ」での台本読み合わせ時の初対面の日が5月19日だったからだという。

また、初対面時に意気投合し、この日に交際スタートとなっていたことも明らかになった。


出会って即とか・・・

2021-05-07

anond:20210507184442

じゃあ逆に婚姻届出せよ

死ぬまで看取って金全部貰えばいい

彼氏からオリジナル婚姻届作ろうね!」って連絡きた。笑ってしまった。二人ともそういうの不器用かもしれないけど頑張るわ。

2021-05-04

婚姻届くん、苺柄やった

かわえ〜

結婚とは所得連動型の債権である

結婚という金融商品は、毎月、婚姻費用というクーポン債券分配金)がもらえて、離婚成立時(債券の満期)には財産の半分が手に入る債券のものなのだ

書籍:損する結婚 儲かる離婚 より

婚姻届けに判を押すのは、連帯保証人になるよりも恐ろしい...

とのこと

2021-04-30

資産家と若妻

出会ったばかりの資産家の老人がいう

「月100万あげるから結婚してよ。ここへは月一来てくれたらいいから」

守るべき経歴もお金貞操もない若い女は、簡単婚姻届けにサインした

まさか本当に結婚するとも、本当にお金をもらえるとも思ってなかった

それが結婚顛末だった

妻となってから老人は女に、妻らしいことを求めた

老人を敬い世話をすること、家庭のまねごとをして見せること、夜の相手を努めること

お金をもらえるならやってもよかったけれど、妻としてそれをやれ、と言われるのは息苦しく感じた

もともと愛情なんてなかったのだ

そんなので夫婦生活がうまくいくはずもなく、老人は不満を募らせ始めた

離婚する、とも言われた

結婚したいと言ったのはそっちだろう

金をやるから夜の仕事をやめろと言い、立派なマンションに引っ越させたのはそっちだろう

今更金をやらないなどと言われては困る

別れるならそれなりのことをしてもらわなきゃ暮らせない

そんなある日、老人の家を訪ねた夜、彼は死んだ

しまった、と思った

老人のお金に集まっているのは女だけではない

いま死んだらどうやっても女が疑われる

女は老人に恨みをもつ時間すらなかったが、長く関わった者たちはそうではないだろう

女は家政婦に言った

「私が疑われることになるんでしょうか?」

「奥様が殺したのではないのですか?」

「私じゃないです」

「それなら私も疑われるじゃないですか」

二人は薄々何が起きたか理解した

私たちは、はめられたのだと

老人に恨みを持ち、周到に計画を立ててこの事態を起こせた人物

ああ、これはもう駄目なのだと悟った

葬儀の打ち合わせ、葬儀の日、老人の部下や親族が女をなじった

新婚なのに悲しそうな顔一つしないのか、と言う者もあった

あの女はおかしい、と女に聞こえるように話す者もいた

誰もが老人の遺産を気にしていた

女は気付いた

これが老人から見えていた世界だったのか

本当にお金なんて貰えると思ってなかった女を、老人は愛した

妻となった女は老人を見ていなかった

その夜、女は初めて涙を流した

2021-04-22

パートナーシップ制度って法律に拒まれカップルの救済措置だよね

年齢や血縁関係のことで婚姻届を認められなかったカップルもこれでパートナーとして認められるよね。

2021-04-18

anond:20210418144053

できても生まないなら堕ろして終わりだよ

子供を生む為に結婚するから出来婚になる

あと出来婚って意図的避妊しないで子供が出来たら婚姻届出す、ってパターンもあるしな

anond:20210418142948

元々子供を作る為に婚姻届出すカップルが多いだけだが…

出来婚率も上がってるし

子供育てられる環境にないなら出来婚もしないよ

子供産まないなら結婚する必要性が著しく落ちるからね、DINKSもいるけど少数派

2021-04-09

要は結婚ってのは運転免許と同じで国家資格みたいなもんだから

anond:20210409054247

いいねえ~

こういうのでいいんだよ

いやほんとに

愛なんて必要ない、とは言わない

ただ、愛がある方が、面倒が多いとは言える

結婚って、要するに「結婚した」って事実こそが重要で、その内実はぶっちゃけどうでもいいのよ

別に運転する気もないのに、ちょっとちゃんとした」身分証明書が欲しいって理由だけで、とりあえず運転免許証取っておくだろ?

それと同じ

免許さえ取ってしまえば、後は完全なペーパードライバーでも、それを持っているという事実だけでいろいろと捗る

結婚も同じで、たとえ同じ屋根の下に暮らしていながら一切関わりがなくても、なんなら同じ家に住んでなくても、結婚しているという事実こそが武器になる

税金面でもそうだし、なんだかんだで社会的な信用度も上がれば、仕事の面でだって上向きになる場面が多いのが実情

その恩恵を得るためだけに、婚姻届を提出することは、国家資格申請に等しいと言える

誰かと結婚しておいて、必要ときだけ書類上では仲睦まじく、あとは一切の関わりを絶って、お互い好きなように生きることだって可能

円満」な結婚生活をしなければ、という思い込みが人をダメにする

愛があれば、それは簡単に執着に変わるし、自然と状況のコントロール目的にし始めるし、結果的にすべて自縄自縛でうまく回らなくなる

国家資格結婚」の更新のために、そんなものはまったくもって必要ない

当然、子供が欲しいなら話は別だけど、「結婚している」というステータスこそが欲しいなら、必要なのはビジネスライクパートナーのみだ

そこに愛は必要ないし、一緒に過ごして楽しいと思える人すら必要ない

だって、一緒に過ごす必要性なんて、どこにもないんだから

俺は、もっとそういう、ドライ関係婚約者を見つけるためだけのマッチングサイト婚活パーティこそ、増えるべきだと思ってるよ

2021-04-07

anond:20210406215403

福音派って日本キリスト教におけるシェア的にはどうなん?少数派じゃない?

おそらくそれ以外のプロテスタント系が、カトリック系と比べて「ゆるい」てのは紛れもない事実だと、オレの体験的には思ってるよねw

20年ぐらい前だけど、結婚しようと思って、いわゆる「式」も「披露宴」もやらないでシンプル婚姻届と友人知人等にハガキ出すだけにしようとしたけど、親が頑なに「式」をやれ!って言い張るので、キリスト教教会でやることになったんだよね。

で、カトリック系だと、ちゃんとした信者じゃないとダメとか、事前にキッチリ研修みたいなの受けないとダメとかウルサかったw

プロテスタント系の教会は、そんなこと全然わずに受け入れてくれて、事前に一回打ち合わせに行っただけで、無事結婚式を挙げられたんだよなー。

まぁ、20年以上たって、最近は変わってきてる可能性もあるかもしらんが、プロテスタントが分かれて500年くらいってことを考慮すると、可能性は微粒子レベルかw

ちなみに、オレは無宗教とか無神論ではなく「無意識教」かな。

なんでもかんでも、巷に流布する宗教的行事キタリなどを、教義意味など深く考えることなく、無意識に取り入れるよw

神社に詣でるし、お墓に線香立てるし、法事で坊さんのお話もありがたく聞くし、クリスマスバレンタインにご馳走食べるし、ラマダンか〜ダイエットしよかな〜くらい考えたりするよw

2021-04-05

夫婦別姓

https://note.com/yoshiaono/n/na174f2dcea1b

婚姻届は二人で書くので夫婦合意必要ですが、改姓するかしないかを届け出制にすれば、こちらは合意不要です。」

ここ突っ込まれてるのあまり見ないんだけどみんな気にならんの?

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん