「プロライフ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: プロライフとは

2019-11-11

anond:20191111165849

受精卵の尊厳を重視するならプロライフ

臨まない受胎をした女性尊厳を重視するならプロチョイス

どっちかといえばプロチョイス派の考えで書いた

2019-04-14

anond:20190414161647

プロライフプロチョイス対立など、この点ではむしろポリコレ派のほうが優生思想親和性が高いのが皮肉だな。

宗教保守のほうがよっぽど優生思想否定する側に立ってる。

2018-06-27

anond:20180627172824

堕胎に関しては「プロライフ」「プロチョイス」で別れるからなんとも言えないが、

殺人無視自由ではない。

2018-05-17

anond:20180517093239

プロライフ視点からみると、「女性嬰児殺し」となるのだろうが、

実際にはその嬰児誕生家庭や堕胎動機には一人以上の男性が絡むことが多く、

実質的には共犯というべき。

ここで、女性の非のみを取り上げるのは女性差別となるため賛成できない。

堕胎についてあえて非難するなら、「男女ともに犯罪者予備軍」がぎりぎりライン

(そも、堕胎犯罪だっただろうか?)

2016-05-08

memo

5/7の日経から

FOMC
アメリカ二大政党

近代歴史的に言えば,二大政党からしか大統領は選出されていない.

リベラル

政治経済などにおける思想運動体制類型ひとつ

人間は理性を持ち従来の権威から自由であり自己決定権を持つとの立場から

政治的には「政府から自由である自由権個人主義、「政府への自由である国民主権などの民主主義経済的には私的所有権自由市場による資本主義などの思想

アメリカ政治

選挙権は18から

2012-04-14

http://anond.hatelabo.jp/20120414221015 みたいなプロライフの人を見るとヒトを特別視しすぎだろといつも思う

2007-08-20

http://anond.hatelabo.jp/20070820114838

日本で行われている中絶手術は世界的に見たらリスクが高い危険なものらしいよ。

リプロな日記より引用

明らかに中絶医療は,他の国々と日本医療レベルが極端に違う事例のひとつです。諸外国では1970年代中絶合法化以来,中絶といえば局所麻酔のみで診療室で行える吸引法と呼ばれる比較的手軽な処置のことだと思われてきました。1980年代には,フランスで開発される妊娠のごく初期に人工的に流産を引き起こすRU-486という名の薬が開発され,1990年代をかけて多くの国々がこれを合法化し,プロライフの反対の強かったアメリカでさえ2000年に解禁されました。2003年WHO世界保健機関)が発行した「安全な中絶」という報告書のなかでも,初期中絶については吸引法とRU-486が最も安全だと明記されています。ところが日本では,半世紀以上も,よりリスクの高い全身麻酔を用いて,掻爬と呼ばれる旧態依然たる外科手術が延々と行なわれ続けてきました。WHOの報告書では,掻爬は他の安全な方法が採れない場合の代替策でしかありません。なのに日本では他の国々とは違って吸引法が常識になっていないばかりか,ミフェプリストンの輸入は禁止され,解禁に向けた議論さえ始まっていません。さらに,他の先進国ではルーチンとなっている中絶カウンセリング精神的なケアも皆無です。敗戦後日本人口政策のために世界に先駆けて中絶を合法化しましたが,今や,世界に名だたる中絶後進国になっているのが実態です。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん