「優生学」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 優生学とは

2018-04-11

誰でも子供を産める異常社会

どーしようもないバカ親って街に腐るほどいるけどさ。

あんな屑どもが屑みたいな遺伝子と養育環境子供を作ったって生まれてくるガキが苦労するだけだろ。

馬鹿貧乏人がガキを作ったって、そのガキは反社になったり根が屑の社会ゴミになるだけだろ。

マジで優生学は正しい。ガキを作るのは優秀な奴だけでいいよ。

2018-04-07

優生学は何で廃れたの?

劣った遺伝子を持つものを徹底的に排除して、優れた遺伝子のみを後世に残すというのは人間界にとってプラスしかならないと思うんだけど。

まれてくる側も苦痛が少ない状態で生きられるんだから人間幸福度が高くなるだろうし。

2018-03-15

anond:20180315112154

女の本能多様性真逆だぞ

皆と同じが好き=遺伝子の均質化 強い男が好き=優生学

本質的過去否定されてきた思想のものなんだが一切の規制が入ることもなく今唐突自由になって全開放されている

2018-03-11

anond:20180311055532

女にとってのセックスをいまだに理解してない男って多いよな

女の本能は優秀な種を選別することであり、孕みたい男とはそれすなわち社会的強者である本質的優生学

男性ホルモン優位で最初から性欲強い場合を除き、女性ホルモン優位の大多数の女にとってセックスとは妊娠であり、孕みたい男の種しかさな

社会的強者アピールしつつ・かつその強力な力の矛先をあなたには向けないですよと信じさせつつ・そして誘うときはやや強引にリードする

これをこなせばガードが緩むのですかさずチンポをねじ込む

チンポ一旦ねじ込めてしまえば、そいつ保護者として認めるように脳が指令を出し、なし崩し的に惚れてくるからあとは煮るなり焼くなりすればよい

2018-02-27

anond:20180227005150

優生学科学的に正しいがどうかを論じることが無知を露呈してると言っとるんです。文脈読んでくれ

anond:20180227002103

優生学が正しいっていう主張そのもの無知を露呈

へー、どこが間違っているの?

anond:20180226235454

優生学って、学問というよりは運動からね。もちろん優生学科学知識技術を使うことを前提にしていたけど、優生学が正しいっていう主張そのもの無知を露呈しているわけだ。

中国ではすでに遺伝子変人間を作っているという話もあるし、何が倫理的に許されるかは、ホント微妙

差別についてはよくわからんが、遺伝子疾患を理由婚姻に反対するのは、まあ一種差別だろうね。障碍者強制断種に近いよね。

でも、結婚って究極的には1対1のものでしょう。1対1の人間関係差別なんか生じえるのか?

2018-02-26

anond:20180226233230

優生学(ヒトの育種)は科学対象になりうる(=科学的に正しい研究結果を出せる)けれど、実際に社会適用すると差別になる、ということか。

(今だと、研究の段階ですでに倫理的に許されないね

ある病気遺伝性のものだとして、その遺伝子を受け継ぐことが判明している人との結婚に反対するのは、差別なのかな?もしそうだとすれば、これは科学的に正しい差別かな?

2018-02-23

anond:20180223225506

余計な自意識(類:無意味なまでの知識推し、性欲、社会や女への敵愾心など)をすてて清潔にしてたらたいていの男性は顔にかかわらず性格の良さで好感持たれるとおもいます

はい

性格の良さで好感持たれてるのは「捨てた」奴ではなく「元々それ程持ってない」奴だ

渇望を満たされないまま捨てるというのは宗教に入って解脱しない限り不可能から

まり余裕がある奴であり、ありていに言えば勝ち組であり、すでに自信・功績・能力資産などを持っている奴のことだ

これは勝ち組タダ乗りして遺伝子を残したい本能に基づく醜悪欲望ともいえる

このような欲望を大上段に叩き付ける行為を、自己責任論で当然のごとく正当化するその面の皮の厚さは

子宮という無限価値を生まれつき獲得している女のみに許されたお客様視点のものである

諸君よ騙されるな 女が欲しいのは「欲望を捨てた男」ではない

最初から強く渇望しなくとも既に兼ね備えた男」であって、とどのつまり優生学なのだ

2018-02-07

マジレスしていい?35歳以上の夫婦出産前の検査義務付けろ

すまん。

わずマジすぎるレスポンスをしてしまった。

でも考えてみてくれよ。

精子卵子両方腐ってる人間が産んだ子供ってもう社会にとってリスクしかないじゃん。

人口が増えればそれでいいって訳じゃないんだからさ、共同体にとって期待値マイナスとなるような出生には制限を設けるべきでしょ。

そんでまあ物は試しとして夫婦の平均年齢が35歳以上だったら検査って事にしよう。

それで検査結果を集めた結果、そこまでリスクが高くないって言うならリスクが跳ね上がる年齢から禁止にしよう。

もしもリスクめっちゃ高いと判明したら平均30歳ぐらいか検査義務付けていこう。

それでまた同じようなことを繰り返して最終的にリスクとリターンをああだこうだしていこうぜい。

言っとくけど優生学とかそういう話がしたいんじゃないからな。

俺が言いたいのは「遺伝子的に問題ある子供が産まれることは社会にとってリスクがあるぞ」ってだけの話だからな。

2018-02-06

anond:20180206180829

かにドイツ学校制度はなぞ。

未だにヒトラーの信じてた……優生学だっけ、を根底で信じてるんだろうなって思う。

Mittelschule出身の人は、人によってはコンプレックス持ってるし、大学では一部の人が偉そうにしてて辟易する場面がある。

普段は優しい院生チューターが、器具点検をしに来た人に対して超高圧的だったりとか)

ただ、私が小学生のころを思い出しても、小学生のころの学力と今現在学力って大きく乖離してる感じはしないし、(時計読めなかった子は大学行ってないし、頭が良いと思われてた子は京大に行ってるし)ドイツ制度効率的ではあるかな?と思う。下らない肩書を気にしなければ、手に職を着けるというのは生きていくうえで良いことだと思うし、一概にドイツ教育制度批判するべきではないと思う。

後、MittelschuleとかRealschule出身でも本人に行く気があれば、大学に行く手段はある。

なぜだか書いてるうちにドイツ寄りみたいになってしまった。

多分最善解がない問題なんだと思う。

そして、日本は優しい国なんだと外から見ていて思う。その優しさが自殺率の高さを招いているのかもしれないけれど。

奨学金の話なのにドイツの素晴らしすぎる奨学金制度BAföGについて触れられてないのはなぜなのか気になる。

外人受給できなくて残念。

まあ大学行ったら得だと分かってるから子供の頃から頑張る(頑張らされる)んだろうな、と思う。

なんかまとまりないな。

そもそもうちの親貧乏だけど奨学金私は借りなくて済んだし、奨学金が本当に必要な層ってどこ?って感じもする

2018-02-05

マッドサイエンティストの事例が知りたい

最近闇の科学史などにめちゃくちゃ興味がある。

anond:20180205025330に悪の科学者がいないと書かれているが、悪の定義は難しい。

科学史の闇なら事例がたくさんある。


スタンフォード監獄実験

ナチス優生学

ロボトミー手術

ドクターデス 安楽死

など。

科学者たちは悪いことをしてやるぜゲヘヘヘと実験をしていたわけではなく、

どうなるのか知りたい!知りたすぎる!とか人を救いたい!という純粋な思いか科学スタートさせている。

だんだんエスカレートしていくのだ。

いかいか倫理的判断されるが渦中にいるとだんだん倫理の線引きがずるずると緩くなっていってしまうのだろう。


他にもこういう事例があったら知りたい。

フランケンシュタインの誘惑は全部見ている。


(マッドサイエンティストは狂った科学者の意で書いたけど表現が適切かはわからない。)

2018-02-02

anond:20180202170715

それは優生学といってな、20世紀に同じことを考えた人が沢山いたんだよ。

じゃあなぜ今試行されてないか、ってのはだいたい理解できると思う。

折角の機会だから優生学がなぜ成功していないか調べてみても面白いかもしれない。

知的好奇心があればだけどね。

2018-01-20

anond:20180119191535

うっせえんだよ、てめえの方が愚かしき書き込みしてるんだよボケ

俺は鉄血けもフレFGOをめぐる昨年の諸問題作品対立に対してデリケートになってるんだよ!!

そんなに喧嘩したいならなんJとかline自身制作サークルでやってろや!!!!!

だけど悲しいことに日本人には、もともと弱肉強食、優勝劣敗、優生学伝統があります学校でも、いじめられる側が悪いとする見方が根強くあります

昨秋の日馬富士騒動でも、次第に殴られた側とその親方に矛先が向かっていったのです…

anond:20180111075609

先祖から記憶を受け継ぐというのはあり得ると思う。

例えば、ドラクエ1の容量は64KB

まり、64KBもあれば、曖昧な形でぼやかした一つのストーリーは盛り込めるということだ。

DNAの容量はおおよそ800MBという。

また、カルガモは生まれてすぐ生まれた時にすぐ近くに動くものがあればついていく。それから無意識に恐ろしいと思うものがある。異性の性器は見る前から興奮する。

これは先祖がこれは恐ろしい、好ましいと思ったことを受け継いでいるのではないかと。

まり先祖が感じたことは一定遺伝子に乗って今の代に生きているのではないかと。

それから、一卵性双生児趣味嗜好が似るということも間接的にこれを示唆している。一卵性双生児受精卵の段階では完全に親からデータは同じものからね。

胎児の夢という仮説がある。もともとはドグラ・マグラという小説の中にある架空論文である

ヘッケルの反復説という説をもとに拡張したもので、生物はすべて受精から育つまでにそれまでの進化歴史を反復するというものだ。

もちろん立証する方法はない。

あえて言うのなら、親が子供を作るまでの経験子供に活かされるか?という立証だが、撹乱要因が多すぎて科学的立証までに至らないだろう。

やるとすれば、非常に世代のワンサイクルが短い生物(例えばハエとか)について、片方には特定ストレス(音を鳴らすとその直後に弱い毒ガスが撒かれるとか)、もう片方にはそれがない。

体内のストレス物質観測できるようにする。

という試行を、何十世代も繰り返した後、とある世代で、その代では音の直後に毒ガスを流さないでその音を流して比較するとストレス物質はどうなるか?

なんて実験をしたら行けるかもと思う。

時間と手間がかかるし、僕は生物専門家ではないので、僕自身もできない。

実験がうまくいくかもわからない。

わかったところでメリットないどころか優生学に使われかねないので倫理的否定されそう。

金もってって来れなさそうな割には時間がかかるのでカネがかかる。

そういう実験をすれば立証できるんじゃないかと思う。

そう考えると、「魂」と呼ぶものは、自分の生まれるまでの親、祖父母、その他の祖先の感じた経験などが無意識下で合わさったものではないかと考える。

すると、親、祖父母が生きていても、生まれた時点で親、祖父母の生まれ変わりだということは言えると思う。

2018-01-07

老人に性的魅力がないから、介護が嫌われる

老人の介護は嫌がられるものである

だいたい「介護」というキーワードに付随するのはネガティブものだ。

苦しいとか諸々だ。

自分もハッキリ行ってポジティブイメージはない。

なんかよくわからないが、子育て世代を重視するべきという言説には老人を支えるためというものが出てくる。

しかし、年寄りよりも子育てインセンティブを出せとかいう矛盾した話にもなったりする。

なんとなくだが、老人を大切にするという思想子供若い女を大切にするという思想は対になる面がありそうだ。

おそらくであるが、それは若さという性的魅力を重視しているのではないか

まりは、年寄りが嫌われる理由は、恐らく性的魅力という点に尽きるだろう。

若くて顔のいい女のうんこなら喜んで食う奴がいる。

金を払う奴がたくさんいるだろう。

しかし、年寄りはどうだ。

見てくれが良く無い。

ペニスも立たない。

若い人間アニメで描かれるのも、その裏付けだろう。

老人の糞便には処理に対し精神がやられる人間も少なくないだろう。

立場ゆえにやらざる得ない人間ばかりだ。

まぁ、優生学諸々という非常に良くない思想性的魅力の無いものへの見方で生まれている面は少なく無いだろう。

これから格差が開き、世界中で成長が限界になるというなかで性的魅力の価値は増していくはずだ。

その時、どうなるのか性的魅力がない醜い自分想像したくない。

2017-12-27

はあちゅう氏の童貞

はあちゅう氏は「現在童貞は、既存イメージから離れて多様性を持っている」といったことを述べていたのに対し

田端氏は「童貞生物学的劣等である」という古典的優生学のような考え方でぶった切った。

童貞いじりは、性的マイノリティいじりみたいなものだという意見もあったが、

30代での童貞率が30%程度の現在において性的マイノリティだとも思わない。

個人的には、はあちゅう氏の展開した童貞論は、童貞に対する社会的理解を深めるのに適切だったと思うのだが

それすらも嫌がって議論を止めてしまたことは、結果として童貞に対する偏見助長してしまったと思う。

2017-09-11

anond:20170908230300

なるほど。先天障害の発生確率理由であれば、近親婚だけでなく高齢出産等のハイリスク出産禁止されなければいけなくなるはずだが、

後者禁止されていない以上、近親婚だけをタブーとするのは「妥当性のない社会常識」にとらわれている、という理路は理解できた。

敢えてこの枠組みで反論すると、近親婚で生じうる先天障害高齢出産等で生じうるそれとは、必ずしも同じ障害ではなく、

単純比較はできないという点はあると思う(例えば障害等級のように障害度合いを数値化すれば比較可能になるかもしれないが、

それはあくまでも社会運営上の便宜的な定義なので、本質的ではない)。

先天障害の発生確率が上がるから近親婚も高齢出産もどちらも禁止、というのは優生学のもので、現代社会では受け容れられない。

一方で、近親婚も高齢出産もどちらもOKとしたら、近親婚でかつ高齢出産というパターンも出てくるはずで、本人達が望まなくても

そうなってしま可能性のある後者禁止するより本人(あるいは周りの人間)の意思で決められる前者を禁止するのは妥当性が

あるのではなかろうか?

2017-09-09

https://anond.hatelabo.jp/20170908230300

近親相姦法規制の是非について、いろいろ議論拡散しててモヤモヤするので自分なりにまとめてみたい。

<2017/9/10 12:21 ブクマ数187users 追記した。イヤマウンターへの回答になるか分からないけど…あと微細な誤字修正

 2017/9/10 23:01 ブクマ数350users 良い指摘も貰ったので再追記&読み辛い記号は省略して浄書した。>

近親相姦と近親婚の区別

まず、近親間の「性交」と「婚姻」を分けて考える必要がある。

前提の確認として、2017年現在日本には、成人(=18才)した近親間のセックスを取り締まる法律はない。

ただし、13歳未満に対しては例え同意があっても強姦罪強制性交等罪)が構成される。(刑法第177条)

18歳未満であれば、地方自治体が定める青少年保護条例に基づいて規制されうる。(淫行条例

また、3親等以内の近親間は婚姻はできない。(民法第734条)

成人した近親間の合意に基づくセーフセックスなら許容されるか?

たとえ法律的に禁じられていなくとも、現時点では、近親間でセックスすることについて、単純に不快感を感じるから反対するという意見大勢を占めると思われる。

しかし、不快感だけに戻づいて法規制を行うことは、「ゲイ不快から反対する」となんら変わらず、その他の行為にも「利害関係にない他人の心情」という不確かな要件法規制を成しうるため、不快感法律根拠にするのは避けるべきだろう。

規制根拠としては、「年長者が年少者に対して、権力的優位を利用して性交する虐待可能性がある」から禁止という論理展開をとるのが適当だろう。

そして「権力的優位を利用した強制性交」というところまで抽象化すれば、これは何も近親相姦に限らないと気付くはずだ。最近大学教授学生を言いくるめ性的関係を迫る事件が起きた。

慶応大教授女子大生を「洗脳不倫 “先生とだったら世界征服も”週刊新潮 2017年9月14日掲載

https://www.dailyshincho.jp/article/2017/09061659/?all=1

年齢差、年収差、肩書、男女…あらゆる要素で権力勾配は生じうる。相手の弱い立場につけ込み強制的関係を迫るのは近親間に限らない。20歳差以上もある男女や玉の輿と呼ばれる婚姻を訝しむ人は、暗黙的に権力勾配による強制性を疑うのだろう。

かと言って、権力勾配がない平等な男女でなければ性交婚姻できないとするのは現実的ではないように思われる。

生物として長年同棲した人間は互いに性欲を感じない」という意見もある。(ウェスタマーク効果

では、年長・年少の差異(=権力勾配)がない双子が、生まれてすぐ別々に過ごし、互いに成人した後出会ったのちの近親相姦はどうか?

成人した両者が合意の上で、子どもも儲けず血も交わらない安全なセーフセックスをする分には、外部の人間がそれを規制する根拠は乏しいと思われる。

「両性の合意に基づく婚姻」の捉え方

現在日本には同性婚制度が存在しないが、近年の議論として、「同性愛者・両性愛者・性転換者(LGBT)にも同性同士の婚姻を認めるべき」という意見がある。

日本国憲法第24条では、「婚姻は、両性の合意のみ」に基いて成立すると定めている。

ここから(もちろん歴史的な経緯からも)長らく「婚姻とは、男女間の契約であることが含意されている」と認識され、現在同性婚は認められていない。

しかし、この「両性」には男同士・女同士も含まれるとして、LGBTにも婚姻を認めるべきという容認論が出てきた。

アメリカでも同様の議論がなされ、リベラル派は賛成し、宗教保守派は反対している。

保守派は、反対理由として「LGBT間の婚姻が認められるならば、近親婚、複婚(ポリガミー一夫多妻多夫多妻制)、児童性愛ペドフィリア)も認めることになるだろう。」と主張している。

http://www.hrc.org/blog/texas-legislators-argue-same-sex-marriage-leads-to-incest-polygamy-pedophil

まり、「両性」にLGBTが含まれるなら、なぜその「両性」が近親ではダメなのか?なぜ「両性」が2人の関係でなければならないのか?3人でも4人でも彼らが合意すれば外野が口を出す必要はないではないか?相手児童でもいいのではないか?(いやダメである。)という論理だ。

親子ときょうだいの区別

次に、近親の組み合わせが、親子ときょうだいの場合を分ける必要がある。

一般的に、親子ならば、父×娘、母×息子。

きょうだいなら、兄×妹、姉×弟が想定される。

しか最近LGBTを擁護する世論考慮すれば、近親相姦・近親婚においても父×息子、母×娘、兄×弟、姉×妹の組み合わせすら理論上ありえる。

そして、異父母きょうだい×異父母きょうだい、親×連れ子、親×養子、連れ子×連れ子、3親等まで広げれば叔父×姪、叔母×甥、祖父母×……さらにそれらの複婚関係……といった創作の題材になりそうな組み合わせも無限にありえる。

多様性絶対善」なのか?形を変えた優生学批判されないか?

「近親交配しないのは不利な劣性遺伝子顕在させず、生物的な多様性を保持するため」として近親交配に反対する意見がある。

ここで注意したいのは、劣性(潜性)遺伝とは、即、不利な形質を示すわけではない。

もちろんハプスブルク家ロマノフ家の例を出すまでもなく、近親交配によって虚弱体質等の潜性遺伝子顕在することもありえる。

しかし、サラブレッド育成や家畜品種改良に見られるように、近親交配(インブリード)によって、人間が有利と認める形質を顕現させる交配は日常的に行われている。

では、優れた(とされる形質を持つ)人間を顕現させるための手段として近親交配を行うことは許されるのか?

かつて優生学として批判されたのではなかったか

優生学」とは、表層的には「優れた人間人為的に作り出す」を意味するが、もっと抽象化すれば「社会に貢献する人間遺伝子操作で生み出す」ことである。「優れた子を産み、社会へ貢献せよ」という繁殖圧力が埋め込まれている。

同様に、遺伝子多様性を守るべきという立場は、(遺伝多様性を備えた「=優れた」)子どもを儲け、社会に貢献することを暗示的に求めていないか?

「多様な遺伝子(=新たな「優れた人間」の基準)を持つ子を産め」という圧力である

日本の国力を維持するために子どもを2人以上作るべき」という意見は、時代遅れの家父長制として批判されるだろう。

では、この考えを拡張した「人類繁栄遺伝子多様性のために、近親相姦子どもを儲けるべきではない。遺伝子的に遠い組み合わせを選ぶべき」という意見優生学として批判されないのだろうか?

なぜ、見ず知らずの他人社会のために、子ども遺伝子多様性を考え子作りしなければならないのだろう?また、子どもを作らなければならない社会的圧力は、不妊夫婦LGBTカップルにも襲い掛かる。

(※再追記)「遺伝子多様性」についてコメント重要な指摘があった。

要旨としては、「一個体単体での多様性存在しない。遺伝子多様性とは、社会全体で見たときに様々な遺伝子をもった個体がいて、あらゆる環境変化にも社会全体として生き残る可能性のある個体を総体として保持する状態を指す」というものだ。

まさに、そのとおりである

元増田コメント欄 http://b.hatena.ne.jp/entry/s/anond.hatelabo.jp/20170908230300 で、「近親交配は遺伝子多様性を狭める」「『血が濃い』子どもを産むのは多様性に反する」といった反対論がいくつか見受けられた。

似た遺伝子を持つ近親が交配することで生まれ子どもは、その遺伝子一族が持つ因子以外の多種多様な因子を持たず不都合が生じるといった主張だろう。

これを受けて、一族が持つ因子と異なる個体と交配することを「遺伝多様性」と表現した。

だが、「社会全体の遺伝多様性」と捉えなおしても、やはり結論は変わらないだろう。

社会全体の遺伝子多様性考慮せよ」ということであれば、近親交配で生まれた「血の濃い」子どもだろうが、高齢出産で生まれ障害児やダウン症児だろうが、互いに遠い因子を持つ両親からまれた「(元コメントが支持する)多様性を実現した」子どもだろうが、すべてイコールなのである

どんな組み合わせの子もも、何に役に立つかわからないから全て尊いのだ。

酷い貧血で苦しむ鎌状赤血球を持つ個体は、マラリアに耐性を持つ。

「血が濃い」ことによって何らかの潜性遺伝が顕現し生活不自由を生じるかもしれない。だが、それすらも何らかの環境で役立つかもしれないのだ。


カンブリア大爆発で生まれた珍奇な生物は、ほとんどが「失敗作」だったかもしれない。

生物ミクロにおけるあらゆる試みは、現時点で正しいかどうか判断できない。

しかしたら将来、障害児が持つ因子がを生かしておくことが正解だったと判断される時代が来るかもしれない。

ミクロレベルでは、将来どんな因子を持つのが有利なのか判断できないし、そんなことを判断して子孫を作るわけではない。

(※再追記ここまで)


互いに愛し合う両性は、人類遺伝子多様性を守るために子どもを儲けるのではないはずだ。

多様性を善とするならば、近親交配で生まれ子ども多様性一種として認められないのか?

「生まれ子ども可哀想」という意見もあるだろう。

「やーい、インブリード」「お前の母ちゃんふーたり」「淫乱家族」「本能自然の摂理に反している」「相続税が複雑になる」といった差別罵倒を受けるかもしれない。だが、これはLGBTが受けてきた偏見のものである歴史は繰り返す

富裕層節税に使う」といった意見は単なる税制の失敗であり、状況に合わせた税制改正対応すべきであって、税制設計ミスが人々の自由恋愛を拘束してよい理由にはならないだろう。

意図的遺伝子編集は許されるか?

近年、CRISPR/Cas9の登場で、生物遺伝子を直接改変する「ゲノム編集」が技術的に可能になってきた。

まるでタトゥーを彫るごとく、遺伝子編集し、発現する特質コントロールする時代がいずれ訪れる。

多様性が善」ならば、各人が好き勝手自分遺伝子編集することは許容されるのか?

自分の子希望通りに設計する「デザイナーベビー」もいずれ可能になるだろう。

果たしてデザイナーベビー子どもに対する人権侵害なのか。アメリカ宗教保守派は、受精卵にも人権は生じると主張する。だが、精子卵子状態から設計」し始めたらどうなるのだろう?

予め遺伝子由来の病気が顕現することが分かっていて、予防的にゲノム編集による遺伝子治療を施すこととの線引きはどうするのか?

また、近親交配に反対する理由として挙げられていた、生活上不利な劣性(潜性)遺伝子の発現を抑えることができるのならば、近親交配は許容されるのか?

「近親交配で生まれた『失敗した』子どもは間引かれる」という意見もある。だが、遺伝子治療によって間引く必要がなくなったらどうなるのだろう?

女性を交換財産としていた時代の名残

文化人類学観点から近親婚に反対する意見がある。

「女は、他の家に嫁がせ血族ネットワークを拡大し一族繁栄を図るための道具」という認識から、女は他の一族に対するプレゼントとして考えられていた時代があった。

まり、「身内で女を消費するな。嫁入り前の性交大事な贈答物が『キズモノ』になる」から近親相姦を禁じる論理だ。

これも現在では、前時代的家父長制と批判されないだろうか?

婚前交渉を『キズモノ』となじる貞操観念も、もはや薄れつつある。

そもそも婚姻」の意味が変容しつつある

何のために婚姻をしていたのか?

家督」を守り繋げるため?

子どもを育てるため?

相続上の利益を守るため?

家族になったという感情的な満足を得るため?

婚姻制度形骸化し、婚外子一般化しているフランス北欧では、事実上多夫多妻制度に移りつつある。

皮肉なことに、女性は一度子どもを儲けると長期間にわたって身体不自由が続くため、自由恋愛事実婚社会では一夫多妻に近い形態をとる。(奥さんが子育てをしている間に、男が他の女に会うなんてスキャンダル最近もあったね。)

一人の恋愛強者男性精子バラまき、多くの女性子どもを産ませる。恋愛弱者遺伝子は途絶える。(安心したまえ、恋愛強者の子ども達は社会全体とキミの税金でしっかり育てるから。)

まり一夫多妻制の基では、社会遺伝子プール多様性を減らす方向に働く。

これは、社会遺伝子多様性を守るために規制されるべきだろうか?

自分の頭の整理のために書き散らしたので、結論はない。

※「気持ち悪い」「素直に近親相姦したいだけって言え」⇒つまりフィクションお姉ちゃん最高!飯田ぽち。先生の「姉なるもの」好評連載中!

http://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_AM09000031010000_68/

相手クトゥルフ神だったらいいよね!自然に反したおかし衝動創作物で紛らわそう!

https://anond.hatelabo.jp/20170908230300

消極的積極的かの差だけで、ナチス優生学と一緒じゃないの?

って書けば伝わりやすかったと思う。

2017-08-31

フェミニズムは男に片務的に犠牲を強いているんだな、とぼんやりと思っただけ。

ああ、この人達は俺を気持ち悪がりながら、あざ笑いながら、踏みにじって殺す側の人間なんだ、

俺の愛好する傾向の文化感情論脊髄反射だけで踏み潰して荒らして去っていく人間なんだ、

そう思っただけ。好きにすればいい。誰かに踏まれた痛みを八つ当たりしてこっちにぶつければいい。

片務的に犠牲になって自滅して死にますよ。あなた方の大好きな優生学もそれを求めている。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん