「立憲主義」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 立憲主義とは

2022-08-06

anond:20220806100835

この辺面白いよな

役人独断喝采してみたり、他方ジャップランドと言ってみたり

自身を律する正しさを法や立憲主義におかないと、人民裁判をやっちまう

2022-07-20

いま、宮台真司オウム本を読む(権力の良き理論可能か)

ここに宮台真司(1995)『終わりなき日常を生きろ――オウム完全克服マニュアル』がある。社会学観点からオウムがなぜのさばり、オウム的なものに立ち向かうにはどうすればよいかを記した本で、少なくとも10年ほど前は哲学批評・(現代社会学近辺では必読文献だった気がする。

そんなわけで本棚たまたまぶっ刺さっていたので「終わりなき日常を生きなきゃならないんだよなあ」ぐらいしか覚えてない状態で再読した。以下では、この本の要約ではなく、気になったポイントを断片的に取り上げていく。ちなみに私自身は特に宮台のファンではなく、ほかに宮台の本は『権力の予期理論』『サブカルチャー神話解体しか読んでないと思う。宮台が今回何を言ってるのかもほとんど把握していない。

 

まず読み始めて思ったのは、知識人対応がどうやらオウムと今回ではだいぶ異なるのだなあということだ。冒頭で宮台は、オウム事件がそれまでの歴史における過去から理解する、言ってしまえばそれまでの歴史の延長線上におけるものとして理解することを激しく拒絶することにまるまる一章を割いている。オウム事件を(それまでの文学等々より悪しき・劣った)オタク文化の影響とか、連合赤軍の二の舞であるとか、そのように理解する知識人批判する。

この辺りは論壇における立ち位置を示すパフォーマンス結構まれている気もするが、そもそもオウムについて語りたいわけではないので内容には深入りしない。ここで問題にしたいのは歴史出来事の間の関係である

今回の事件について、いまのところ過去歴史連続的に語る言説は私の見る限り絶無といってよいのではないかと思う。右派にせよ左派にせよ、「これまでの日本では起きたことがないたぐいの出来事」として捕らえているようにみえる。流れた川の水が戻ることはないので、むろんそれはある程度正しい。しかし完全に歴史から切り離された出来事可能ものか、という点に関しては議論があるだろうし、宮台自身かれの歴史の中で取り組んできたことだろうから、とにかく歴史との連続性を強調する言説がないこと、それがオウムときとは逆であるらしいことだけを指摘しておく。

 

宮台は「普通若者普通オウムに入ってサリンを蒔いた」という見立てを行う。そのため、「マインドコントロール」(宮台は使っていないようだが「洗脳」もここでは同義語としていいと思う)について、何か特殊技術であったり、明確な必要十分条件定義できるものではないことを強調する(自分講義だってある種のマインドコントロールだと言いながら)。これは社会学社会心理学近辺ではわりと常識的な考え方であると思う。なので被害弁護団が「洗脳」をかぎかっこ抜きで自明用語として使っているのには、少なくとも私は少し抵抗を覚えないでもない(「洗脳」と言いたくなるような事実があることを否定しているのではなく、あくま用語法の問題)。

 

本全体の骨子となる主張として、宮台はオウムに関わった若者が抱える問題は「『終わらない日常』に耐えかねて『輝かしきハルマゲドン』を夢想し、キツさに耐えかねて『夢想現実化』しようと」した点にあると主張する。その処方箋として「終わらない日常を生きる知恵」が必要とされるが、その知恵を持っているのがブルセラ女子高生なのだそうだ。なぜならブルセラ女子高生は決してオウムに入ってサリンを蒔いたりしないから、とのこと。まあ妥当性については何も言うまい

 

すでに見たようにこの本は世代論の本でもある。宮台は江藤淳やその後の加藤典洋、あるいは宮台と同世代大塚英志も含め、年長世代が新しい世代を「何かが欠けた存在」とみなすことを強く批判する。「あんたがただって年長世代におんなじこと言われてただろう」というわけであるばかりか、そうした言説は不要きらきらしさを持った「幻想」を下の世代に押しつける有害ものである、というのが宮台の主張だ。そして大塚に対して「われわれ新人類世代はまだ何かを諦めたが、ブルセラポスト団塊ジュニア世代はようやく諦めるべきもの最初から持たず、そのため何も諦めていない。なのにまた旧世代幻想彼女たちを縛り付ける気か」的な批判を行っている。どうでもいいが大塚英志が軽く30年以上同じスタンスを取り続けているのを見ると本当に安心する(20冊かそこらは読んでる程度にはファン)。大塚ツイッター(ていつから本人がつぶやくようになったの? 俺の知ってる大塚タイピングができなかった気がするが)を見ると、メディアなり知識人なりが統一教会自民党安倍との関係を追求しないことにブチ切れてて、やはり信用できるなと思った。政教分離観点から国葬にも激しく反対していて、こっちは大塚立憲主義観点からそう言うのは分かるが、私が政教分離についてよく分かっていないので(天と地の分離ってけっこうキリスト教特有の考えだったりしない?というレベル)、問題意識は共有できていない。こういう場合経験上5~10年くらい経ってから共感できるようになることが多いが、今回はどうだろうか。

 

話が逸れた。宮台は可能かもしれない処方箋として(異性を念頭に置いた)コミュニケーション検討する。「全面的包括欲求」に対して応えることが可能なのは宗教恋愛だけだからだそうだ。そして恋愛社会再生産を行う家族システムへの動機でもあるため、社会宗教より恋愛をプッシュする。にもかかわらず恋愛からはじき出されて宗教に飲み込まれ若者が多いのだから恋愛処方箋ではあるが「やれるなら最初からやってる」程度のものしかないと宮台は言う。

から現実的な処方箋としては、旧世代が押しつけてくる「輝かしさ」など忘れて「まったり終わりなき日常を生きろ」ということになる。

感想

処方箋」の妥当性はさておくとしても、少なくとも統一教会は「若者問題」ではない(原理研については詳しく知らないが)という一点においてすでにそのまま転用はできないなあというのが第一感想であるし、さておいた妥当性をほじくりたくなるなあというのが第二の感想である

もう少し有意義なことを言うのであれば、この「まったりしたコミュニケーション」こそが統一教会本質なのではないか、という気が脱会者や現信者ブログツイッターなどを見てるとするのだ。10年代に流行った「居場所」の問題はいまだ解決していない。

社会学者としての宮台には、大文字歴史および未来連続的な形で個別具体的な出来事意味を与える仕事を期待している。

2022-07-14

安倍元総理国葬にするとか発表しやがった

寝言は寝て言え。

外国から使節の受け入れもあるからそれなりのことをしなきゃならんことは理解するが、通例を上回る国葬にする意味など無い。

だいたい、現時点では灰色とされているだけのあまたの疑惑があって、縁故主義をはびこらせ、民主主義やら立憲主義やらをぶち壊すようなことをしてきた人なわけで、そのマイナス考慮したらプラスの功績とやらもどれだけのものと言うべきなのか。

2022-07-10

R.I.P. 立憲主義

正直ここまで立憲主義蔑ろにされてるとは思わなんだ。

2022-07-06

anond:20220705211348

立憲民主党が向き合えなかったのは、民衆知的レベルの低さだろうね。

立憲民主党演説等々を聞いていると、聴衆に対して、立憲主義とか立法事実とか、そういう、真っ当な西側先進主義諸国市民しか知らないようなことを、皆が知っていることが当然期待されるかのような主張をしているんだよね。

でもさ、ここは残念ながら日本だ。選挙で勝つ方を予想してそちらに投票するのが正しい行動だと信じているような「市民」が無視できない割合でいる。目指す政策についての質問がほぼ空白だったり質問意味理解できない程度の候補元アイドルというだけで選挙で優勢になる。国権の最高機関で虚偽答弁を何百回もやった人物総裁を務める政党であることは投票意向にはほぼ寄与しない。そういう社会だ。

まあ、このレベル国民日本憲法は高度過ぎたのだとと思うよ。どうやらこの憲法も、近いうちに国民レベルに見合った程度のものにされそうだ。まあ、これまでが異常だったのかな。

2022-06-23

anond:20220623160136

憲法に関する考え方 - 立憲民主党

日本国憲法を一切改定しないという立場は採らない。立憲主義に基づき権力を制約し、国民権利の拡大に寄与するとの観点から憲法に限らず、関連法も含め、国民にとって真に必要改定があるならば、積極的議論検討する。

【談話】憲法記念日にあたって | 新・国民民主党 - つくろう、新しい答え。

憲法議論においても、護憲改憲の単純な二元論に陥ることなく、憲法に関する不断議論に努め、国民とともに建設的かつ創造的な憲法改正議論を進めていきます

2022-06-22

anond:20220621082147

投票と言ってるから政治家の話なんだとして、リベラル政党自称してる政党そもそも無いんじゃないか

立憲主義を重視してないのに立憲民主党を名乗ってる政党はまぁあるけど

2022-06-14

anond:20220614204140

違憲ではないけど立憲主義に反する、という謎の主張も聞かれましたね…

2022-06-10

立憲民主党という党名は日本には早すぎて失敗だった?

実質封建体制が許容信任されてしまっている現状をまず民主主義に立て戻し、その次に立憲主義にまで国家の体を回復するという段階が必要で、

いきなり立憲民主なんてぶち上げてしまったら、高すぎる理想に多くの国民がついていけない。

普通についていけるのが本来の姿だろうけど、既に国民はあまりにも飼いならされすぎた)

例えるなら、奴隷取引合法時代動物愛護を訴えても共感されるわけがないような感じ。

2022-04-25

anond:20220425024202

条文は? 条項は?

そもそもたか国連機関とき」が。

一国の、それも先進国立憲主義たる日本憲法によって保障されている権利制限するに足る法的根拠は?

破ったのが気に食わないなら追い出せばいい

なんらかのペナルティーなりがあるなら法の範囲で好きにすればいい

民事範囲いくらでも争えばいい。そこはどうだっていい。

結局のところ、これって何がどう法的に違反してんだよ。誰の権利侵害してるんだ。六法のどこに書いてて、過去にどう争われてんの?

「なぜこの広告禁止されるに足るのかという法的根拠」を、何ひとつ述べていない。

国連機関とき」が一国の司法を超越するわけないだろ

2022-02-25

anond:20220225174900

共産党最近は表だって根本意見言わなくなっちゃってるんだよな。自民立憲主義守ってないが、立民も立憲主義守ってないってことを共産はほんとは言わないといけない。

anond:20220225180250

同意9条に関しては護憲改憲も全く意味ないんだよね。現実にあわせて憲法解釈されるだけなので。

しろ立憲主義を守りたければある程度現実的な国際情勢にあわせた改憲要請される状況なんだけど、現行憲法堅持を主張するから国民憲法は守らなくてもよいとか思っちゃうんだよ。

この記事かな?

https://mainichi.jp/articles/20220214/dde/012/010/010000c

2022-01-28

anond:20220128193635

いやだから「直接攻撃以外は一切効果ない」が貴方結論でしょ

こちらはちゃんと何をするか提示した

貴方は直接攻撃以外の何ができるかに意味がない効果がないと言った

私は意味がないとは思わないし、意味がないと納得できるような論は何も示されていない

これがここまでの事実と私側からみた意見

何も出してないというのは事実の歪曲だし、憲法変えなくてもできるといった貴方のそれは違憲濃厚だから変える意味はあると私は言った

で、何度も言うけど私は反立憲主義とこの議論をして何になるのか分からない

憲法というもの貴方が学び直すところから始めた方がいいと思う

2021-12-20

anond:20211220210545

フェミニストには今までさ、性的二次絵が「偏見助長する可能性がある」から公共の場には出すな、という建前があったわけ。

それが、手のひら返し国家による規制に走るんだとしたら、反立憲主義どころか、違憲だよね。

増田はどう思う?

anond:20211220204705

増田的には、憲法要件として人権保障権力分立を求める立憲主義にも反対の立場なんだね。

別にそれはそれでいいよ。

2021-11-14

anond:20211114114256

https://cdp-japan.jp/about/basic-policies

思想信条自由侵害監視社会を招く「共謀罪」を廃止します。

(中略)

立憲主義平和主義に基づき、安保法制違憲部分を廃止するなど必要措置を講じます

https://www.tokyo-np.co.jp/article/131971

立民は今年3月衆院選公約の土台となる基本政策を発表し、安保法の違憲部分を廃止する方針を明記。9月に立民、共産社民れい新選組の4党が結んだ政策協定にも、安保法の違憲部分廃止が盛り込まれており、今秋の衆院選対立軸の一つとして訴えていく構えだ。

2021-11-01

anond:20211101150022

死んだ年寄が言ってたカビが生えて埃のかぶった言葉引用したりしてあーだこーだと言うのってナンセンスだろ

集産主義者が「自由民主党」を名乗って保守をやって、「立憲民主党」の自浄作用のない金持ちが貧民を騙して立憲主義でも民主主義でもなさそうな政党運営しながらリベラルを語ってる2021年日本の現状で、ハイエクが言ったかどうかもわからん言葉引用するのは権威主義すぎる。

#枝野、降りろ

これは斬奸状である。いや何もお命頂戴という話ではない。枝野君は総選挙敗北の責を取り、直ちに立憲民主党代表を辞せ。

一、総選挙敗北の罪

立憲民主党は、今次総選挙於いて十余の議席を失った。

これは明らかに立憲民主党の敗北である。確かに事前の情勢報道投開票日終了まで続いていた)では党勢は伸長されるはずであった。前回議席の維持ならば少なくとも敗北に非ずと強弁できるだろう。しかし、現有議席すら守れていないのは明確な敗北だ。就中、今次総選挙は前回大敗し、挽回は容易であるはずであった。議席を失陥し、一敗地に塗れた同志に恥じるところはないか

これに対し、たもとを分かった国民新党は増、非左派野党である維新は大躍進を遂げた。単に得べかりし議席を、彼らに献上しただけではないか。これは間接的な反党行為とすら評価可能事態だ。

それとも自民党が減ったか勝利だとでもいうのか。ならば55年体制社会党と何ら変わらぬ、政権を目指さない安定野党に堕することになるが、それでいいのか。

一、大言の罪

あまつさえ貴君は、選挙前にこう言った。これは政権選択選挙なのだと、自民政権か非自民政権かを決める選挙であると。

これは現状からすれば、そして選挙前の情勢からしても明らかに大言壮語の類であった。政治家が信頼を得るには、偏に誠実な言動を行うことである。身の程を超えた大風呂敷を広げ続ければ、やがて国民は貴君らの言動をそれなりに値引きしてみるようになるだろう。

他方、狡猾にも貴君は勝敗ラインの設定は行ってこなかった。ならば、政権として選択されず、政権首班として認められなかった貴君は直ちに他に席を譲り捲土重来を期すことこそ憲政の常道といえる。

君が代表の座に固執すれば、己の言動にすら責任を取らぬ政治家となる、それでいいのか。

一、管理不行き届きの罪

選挙前後立憲民主党所属議員から、多数の失言があった。これらは全てシンパタイザーによって糊塗されたが、明白な誤りである。ただ詫びて済むものではない。特に政策発言において、党方針と全く異なる方言と言ってもいいような発言があったことは、党員管理が不十分である明確な証拠である

また、政策議論における発言を弾劾し、デュープロセスを全く外れたまま処分追放したことは、立憲主義看板を著しく損ない泥を塗ったものであると断じざるを得ない。

更には、候補者調整においても明らかに指導力に欠く、もしくは一部の独走を許すような事態も招いている。

明らかに貴君には、党全体を管理し統率する能力意志に欠けるところ大である。そのような人物代表に据え続け、今後戦えるのか。答えは否、再びの敗北を招くだけである。貴君は貴君がお山の大将ありさえすれば、それでいいのか。

一、戦略を見誤った罪

総選挙の結果を見れば、自民党に嫌気を指した層が進んだのは左傾化した立憲民主党ではなく、非左派と目された維新であった。

票田は明らかに中央にあり、左傾化したところでとれるのは現有程度であること明白であるさら政権側は、敵失に敵失を重ねていた。正に棚から牡丹餅が落ちんとしていたのに、それを拾ったものは誰か。現状の選挙で数多くの批判の声をみすみす逃したのは、共産党との共闘によって中道ウイングを伸ばせなかった一点によるものである

共闘路線は明白な失敗であった。たしかにいくつかの議席共闘で得られたであろう。首がつながった議員もいるはずだ。自民の大物も仕留めた。しかしそれは単に局地戦における健闘であって、戦略の誤りは明らかである

このまま進めば、選挙における依存度を増し、文字通り立憲共産党となり果てるが、それでいいのか。

 

以上、いずれも許されざる大罪である。故に枝野君、君は速やかに立憲民主党代表を辞せ。

政党は貴君の個人商店ではない。民主的存在なのだ。最早貴君の歴史的使命は終了した。党は貴君が立派に育てた。後進に道を譲り、立憲民主党代表選を行い今後の方針を定めるべきという審判が下されたのだ。それにより人材ここにありと、民主主義ここにありと堂々と示す秋が到来したのだ。

立憲民主党代表を変えることが出来る、共産党の如き独裁ではないことを、己の犠牲を以て示せ。そこから再生の一歩が始まると確信する。

nwpi

2021-09-14

どうせ次の選挙政権交代はないんだから

政党支持率見てたら次の衆院選政権交代はまずないことは誰が見てもわかる。過去政権交代した選挙自民民主民主自民)では与党第1党野党第1党支持率が逆転していたけど、今は全くそんな状況ではない。

まり、ここ数日に枝野が発表した「政権取ってこれをやる」と言うのは絵に描いた餅でしかないのだから必要なのは既存支持層を確実に取り逃がさないためのアピールであって無党派を取り込むことではない。政権交代ではなく現有議席の確保を至上命題とすれば、下手に党内が揉めそうな経済政策なんかやらずに反自民リベラルアピールしとけばいいだけ。党内向けの「総選挙ガンバロー」以上の意味はないんだからいくら外野がガッカリしようが関係ない。

だいたい「立憲民主党」という党名自体がもともと「自民党は立憲主義に反している!」という反自民アピールなんだから反自民は何よりも優先すべき党是だろ。ぶっちゃけ具体的な政策自民と大差ないんだから、「政策は同じでも自民みたいな合法性や手続き無視した我田引水しません」というのが唯一最大のアピールポイント。そこを避けて具体的な政策なんか出したら「自民と変わんない」としか思われないだろ。

2021-09-06

anond:20210906125831

1,いいえ。

2,適切。社会性秩序の維持のため。

3,適切。名誉は1度害されると回復が困難。

4,適切。ヘイトスピーチ対話目的としない名誉毀損に類する表現行為であるため。

5,不適切ヘイトスピーチと言えども表現自由により保障される。表現内容を理由とする罰則必要最小限にするべき。

6,不適切表現自由への制約は必要最小限であるべき。制約の根拠不明確。

7,不適切。6と同じ。

8,適切。表現の内容により補助金に差をつけるのは表現自由に対する間接的な制約になり得る。

9,ある。芦部、長谷部、四人本、基本憲法立憲主義日本国憲法

10,法律表現について規制すると、表現をする側の表現自由販売店側の営業自由に対しての制約になる。そのため、自主規制のような形で行うのが望ましい。それほどに表現自由というのは極めて重要権利という事を理解して欲しい。

2021-08-04

昔、サッコ・ヴァンゼッティ事件というのがあったんだね

その当時の映像とか、銀行を通じて飲食店圧力をかけようとする当世の国務大臣なんぞを見ると、荒れた時代こそ立憲主義が大切だと身にしみてわかる。

次こそは立憲民主党政権をとって欲しい。

世代の冷たい法の時代に別れを告げ、被害者中心主義で血の通った立法行政をやって欲しいし、可能であれば血の通った司法も実現して欲しい。

犯罪被害者の掻き消されそうな声、あるいは残念ながら既に掻き消されてしまった声を拾い上げ、量刑に反映してくれる社会に。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん