「ソープランド」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ソープランドとは

2021-06-18

ソープランドのおつゆ飲み干してもいいやんな?

体に悪いかな。

2021-05-19

anond:20210519133531

なんかイライラする話ね。

彼女がなんで風呂屋に沈むことになったのかわからんし、カネコマだったのは誰のどういう事情借金)なのかもわからん

「親は大切にしろ」という説教に、なんで自分風俗経験を持ち出してくんのかもわからんし。

カネコマでお金稼ぎが目的なら、投げつけられた札束、口でくわえるくらいなんでもないだろ。

しろボーナスありがとうって感じだよ。まあ私はMだからこういうの好みだからかもだけど。

鬱陶しい会話のシステムって、鬱陶しいのは増田の方だよ。

彼女とやりたいならやりたいって素直に言やいいのに。

断られるのが怖いんだろ?断られなくても嫌々やってるかもしれないのが面倒なんだろ?まあわかるけどね。

でも、

ソープランドでも行くかな、近くだったら確実に行ってた。

ってさー。鬱陶しすぎるわ。彼女に対する腹いせもろくにできんのかよ。

もっと彼女に怒っていいと思うよ。増田は。

なんで俺の誕生日に、そんな話する?って。

私だったら付き合ってられんわそんな女。セックスするたびに元高級ソープ嬢って浮かんできちゃうじゃん。

誕生日彼女が元高級ソープ嬢だと泣きながらカミングアウトしてきた話

標題の通りである。その日は私の誕生日であった。お祝いを兼ねてご馳走してくれるというので、一緒に焼肉店に行った。昼間から酒を飲んだ。

 

私は私の実家という場所をどれだけ憎んでいるかについて彼女に熱弁した。自ら進んでそうしたわけではない。彼女は「親は大切にしろ。なぜなら親だから」という全く論理性のない言説を突きつけてくる時があり、その日もそれを突きつけられたので、反論やむなしという形であった。私は私の両親が金銭面では何不自由なく育ててくれたが、実家というブラックボックスの中で行われていた虐待に相当するであろう具体的事例を次々に並べた。

 

過去にもそんなことを何度か繰り返していた。私がいつもたどり着く極めて頑固な結論「両親には二度と会わない」を聞いて彼女が泣き出すこともあった。なぜ彼女が泣くのか私には理解ができなかった。

 

私の熱弁が一段落たかしいか、ふと、彼女の様子が変わったように思えた。今まで見たことのない、開き直ったかのような態度だった。「誰にも言ってない過去があるんだ」と彼女は言った。

 

どのようなリアクションをしたか、よく覚えていない。「ふーん」みたいなことを言ったのだと思う。「何それ知りたい!」というようなアプローチはしなかった。彼女は「普通の人はしたことのない経験じゃないかな」というヒントを勝手開陳してきたので、「殺人か?」と私は思った。結論から言うと、殺人を含む犯罪行為全般ではなかった。

 

それは「札束を投げつけられたことある?」から始まる話だった。私は札束を投げつけられたことはないし、札束を誰かに投げつけようと思ったこともないし、そもそも札束を手にしたことがないので、「ないね」と応答した。この「札束を投げつけられたことある?」は質問というよりは反語と捉えるべきだろう。つまり「(あなたは)札束を投げつけられたことある?(いや、当然ないよね。私にはあるんだ)」ということであり、私の「ないね」は誘導された応答であった。鬱陶しい会話のシステムだなと思った。

 

「四つん這いになって口でその金を拾ったらくれてやるよ。お金に困ってるんだろ?」と言われたことが殺してやりたいくらいに悔しい、と彼女は泣きながら言った。ここは閑散とした食事処であり、個室であるとはいえ、昼間から慟哭するには不適な場所だと思った。私がそれを伝えると「別にいいじゃん」と彼女は言った。そうかいいのか、と私は思った。彼女のおおよその事象に対する「別にいいじゃん」という態度を私は好ましく思う。

 

彼女のその「誰にも言ってない過去」とやらについて「風俗とか?」と私は言った。彼女は大きく頷いた。少なくとも控えめに頷いてはいなかった。

 

「えっと、風俗にもいろいろあると思うんだけど」

「だいたい全部やった」

「え、ソープも?」

「うん、高級店」と彼女は言った。自ら高級店という情報を付け足してくるところに何らかの矜持を感じた。今思えば非常に下世話であり不適切なのだが、ついつい価格を聞いてしまった。彼女の口からとんでもない額が返ってきたので、高級も高級、最高級店であることが強く推測された。

 

驚きはしなかった。正直なところ、点と点が見事に繋がった印象であった。その点たちについては生々しい話になるので詳しく書かない(*追記あり)。

 

彼女がこの話をなぜ今打ち明けようと思ったのかはわからない。今日を狙って計画していたとは考え難い。おそらくは、私が私の家庭環境についてネガティブなことを整然と並べていくので、あなたより良くない境遇の人もいるんだよという具体例を身を張って示したのではないかと思われる。だが、人それぞれに地獄があるのであり、その話を聞いて、「そっか、自分境遇なんてちっぽけなものなんだ」とは全く思わなかった。

 

彼女の誰にも言ったことのないという秘密はもはや誰にも言ったことのない秘密ではなくなり、その代わりに私が誰にも言えない秘密を抱えることとなった。ただそれだけだった。(そして、それをこうして書いているので、私の誰にも言えない秘密誰にも言えない秘密ではなくなった。読者の数だけ秘密は薄まる。)

 

「いつか言わなきゃって思ってたんだ。言っちゃった。もう終わりだね、私たち」と彼女は言った。それは違うと思った。

 

彼女は我々の関係を終わりにするためにカミングアウトをしたわけではなさそうである。と言うことは「もう終わりだね、私たち」は、私から「いや終わりじゃないよ。どんな君でもいいんだ。そばにいてほしい。言ってくれてありがとう。これからよろしくお願いします」という返答を誘導しようとしている、と私には観測された。鬱陶しい会話のシステムだなと思ったので、上記観測をそのまま伝えた。

 

すると彼女は、少し考えた後「これからよろしくお願いします」を手を差し出してきた。これは違わないことが瞬時に判断できたので、私は食い気味に「こちらこそよろしくお願いします」と言って彼女の手を握った。彼女今日一番の勢いで号泣した。この白日の飲食店号泣するに相応しい場所だと私には思えなかったが、彼女が「別にいいじゃん」と言っていたのを思い出したので、別にいか、と思った。

 

 

追記

「生々しい点についてちゃんと生々しく語らない鬱陶しい文章システムじゃあ読者はついてこないぞ」という言及があり、クリティカル言及だと思ったので、生々しい点について書く。生々しくない点も含まれる。

 

海外旅行に行った思い出を話してくれることがよくあったのだが、その海外旅行の頻度が尋常ではないと思われ、どこからそんなお金が出てくるんだと思ったこと。

 

アイドルの追っかけのために日本全国を飛び回った経験があると言っていたのだが、どこからそんなお金が出てくるんだと思ったこと。

 

・「コンパニオン仕事をしていた」と言う時があり、そのコンパニオンって何だね? スーパーコンパニオンか? と思ったこと。聞くと、コンパニオン風俗ということだったみたいだ。

 

フェラチオ技術素人犯行とは思えなかったこと。また、口内射精後、精液を口に溜めたままこちらの処理を優先して行っており、やはり素人犯行とは思えなかったこと。

 

恋愛セックス必須ではない、なんなら全くセックスがなくてもいい、と言って行為拒否することがあったにも関わらず、アンダーヘアの処理は継続して行われており、その処理技術について自ら上手だと言及していたこと。かつての習慣の名残りではないかと思われる。

 

・なぜ彼女が全くセックスがなくてもいいと思っているかというと、ソープ時代にいろんな性欲の塊みたいな醜い男どもを見てきたので、恋人にはそういうものを求めなくなった、と説明していた。確かに私はまだ付き合っていない段階で、彼女を家に上げても全く手出しをしなかった。性欲がなかったわけではなく、ただ単に意気地がなかっただけの話である

 

・ちなみに、恋愛セックス必須ではない、なんなら全くセックスがなくてもいい、という彼女方針により、現状レスであるフェラチオさえない。付き合いたての頃はあったが、今はない。付き合いたての頃のセックス彼女は嫌々やってたのかもしれないな。浮気をされている可能性は限りなくゼロに近いと思う。私は今でもしたいので、おおよそ悶々としている。

 

彼女が元高級ソープ嬢だったという話を受けて、「そう言えば俺この前高級ソープ行ってきたわ」という謎のカミングアウトをその場で私もしてしまった。

 

・元高級ソープ嬢だったという話を聞いて、ソープランドでも行くかな、と思った。考え事が増えた。たくさんの不特定多数の男に抱かれまくってきたにも関わらず、私とはそういう行為をしないというのは、彼女なりの事情があるにしろちょっと理不尽なんじゃないかなと思った。某ソープランドのホームページを開くと、完全顔出し激かわ女子が昨日の入店であった。写真を見ただけでこれ以上にないくらいに興奮した。行こうかどうか本気で迷ったが、結局行かなかった。場所が遠かったかである。近くだったら確実に行ってた。

ソープランドは入浴中に恋愛感情が芽生えるから自由恋愛

ですので嬢にお金は手渡せません、売春になるので。


って言ったらお店の奥から怖い人が出てくるの?

2021-05-18

ソープで嬢から中出し提案された件

どうも。今回は18歳になったので行かないといけないなという使命感からソープ経験してきたので徹底レビューします。参考にどうぞ。

「行こう」と決めたのは前日。なんかムラムラしてきて抜くのだりぃなとなったところ、「そういえばソープ行ってなくね?」となり、いそいでggって予約。

なんやかんやありながら新宿歌舞伎町の某店に決定。価格帯としては安い方だったので、パネマジ上等と思いながら、巨乳の子を選んだ。

70分コースと90分コースがあり、「初回だし長めに取っとくか」と考え90分コースに。(この選択は正しかった)お値段3万円である。(格安店)

予約には電話必要だった上に、俺が選んだのは人気嬢だったので電話必須IR人間電話するなみに最初緊張した。反社会的勢力可能性を考えて偽名で登録しようと思うが、パッと思いつかなかったので、「吉田謙」で予約。吉田兼好と言いかけたところでストップしたのでこうなってしまった。

電話前はヤクザ出てくるんだろうな〜と思っていたが、意外と普通の人だったので安心。ただ、予約が遅かったが故に嬢の出勤開始から2番目の時間になってしまったため、前の謎客の謎チンポと謎のまま間接キスするハメになる。

そして当日、何事もなかったかのような顔で大学の授業を受け、颯爽と新宿へ向かう。爪を切って死ぬほどやするべきなのはソープ普通エッチも同じだった。

ここからが本題である。古臭い店なんだろうと勝手想像していたら割と入口は綺麗だった。2階まで上がって受付へ向かうと、スーツを着た明らかにごっつい男4人が俺をお出迎えしていた。

この時点で帰宅真剣検討したが、ここでドタキャンしたら更にごっつい男が後ろから援軍してきそうなのであえなく断念。

しかし、このごっつい男、いや漢4人は俺にありとあらゆるおもてなしをしてくれた。待合室で嬢が来るまで待機するのだが、マジで1分に1回くらいお茶おしぼりを新しいのに変えようとしてくる。淫夢よろしく睡眠剤でも入ってるのではなかろうか。「足の爪お切りしましょうか?」と言われた時は流石に絶句した。

待合室にはテレビ新聞雑誌、嬢の写真などが用意されていて、普通落ち着け空間だった(ちなみにここでごつい男Aが集金。ぼったくりも予想したが予約した金額通りだった)。

さて、10分くらい待合室で待った後(ちなみに向かい側にチビデブハゲおっさんが待機していた)、嬢が俺をお出迎えしてきた。化け物が出てきたらその場で帰ろうと思っていたが、顔は普通可愛い感じで、年齢は20後半くらいといったところ。Gカップという文字を見て即選んだので、顔に関しては素直に期待以上であり、ツイたなぁと思った。

お出迎えされた後、嬢と2人で長い廊下を歩き、所定の部屋に到着。マスクを外すと嬢がいきなり「えっイケメン!!!若い!!」と驚嘆していた。そら待合室にいたチビデブハゲおっさんばっか相手にしたらそうなる。嬢の促されるままにベッドに2人で座ると雑談タイムが始まった。嬢にソープが初めてであること、大学であること、興味本位で来たことなどを伝え、適当に話す。5〜10分くらい。

※ちなみに、ここまで読んだ人向けに補足しておくと、嬢のコミュニケーション能力鬼高い。距離の詰め方もうまいので(新人は知らん)、つんく♂以外は、会話パートで困ることはほぼないと予測される。

さて、ここからの流れを説明する前に、基本的ソープ事情解説しておきたい。ソープランドは、その価格順に高級店(6万〜)、中級店(4.5〜6万)、大衆店(3.5〜4.5万)、格安店(2〜3.5万)に分別される。

当然種類ごとに受けられるサービスは違っており、格安店・大衆店では基本的ゴム必須であり、即即(シャワーなしでフェラ・本番のこと)も受け付けない。また、格安店ではマットプレイができる嬢もかなり限られているらしい(後述するがこれはかなり問題)。

まり風俗初心者で主導権を嬢に握られていることを考えると、生中出し・即即・マットプレイをしたいのであれば、最低でも中級店以上(推奨は高級店)には行かなければならない。

はずである

本題に戻る。

そこそこいい雰囲気になり、嬢が「キスしよ」と言ってきたので応じる。好きでもない人とキスするのは特に興奮せず、Dキス死ぬほど上手いかと言われるとそうでもなかったというのが正直な感想

で、キスしている間に嬢が服を脱がしにかかる。俺がパンツだけになると、ギンギンになった股間を触りながら自分の服を脱いでいく。死ぬほど胸がデカくてこれはかなり興奮した。風俗業界では巨乳=デブらしいのだが、許容ラインだったので初めての選択としては悪くなかった。

が、ここで流れがおかしなことに気づく。普通はまずシャワー・お風呂を経てベッドインするはずであるしかし嬢はパンツを脱がして自分の一物をしゃぶりたそうに眺めはじめ、そしてあろうことか普通フェラし始めたのである

つんく♂よろしく、流石に驚きのあまり声が出た。格安店でこちから何も要求せず、唐突に即尺(シャワーなしのフェラ)してくるのは想定外かつ自分の中では異例中の異例であり、「いいんですか?」と聞かざるを得なかった。いや嬢がそうしてるならいいんだけど。「久々のイケメン若い子だからしたくなっちゃった」とか言ってた。おじさんにも同じこと言ってそうである

体験諸君のために嬢のフェラについて述べておくと、""""ガチで""""上手い。まず歯が一切当たらない。舐めるのもうますぎる。そもそもフェラは手コキとは「舐める」という点で圧倒的な優位性を持っているのだが、その「舐める」という強みが最大化されている。

普通の手コキ・フェラも上手すぎてお話にならんのだが、新体験だったのは玉舐めである普段からAV漫画で「玉舐めても気持ちいいわけねえだろボケカスが」と思っていたが、大嘘だった。

そうした嬢の超絶技巧音速射精するところだったが流石に耐えると、嬢が「入れたい」と言い出してくる。

多少前戯はしたものの、かなり濡れていてマジで意味不明だった。なんか仕込んでるのかもしれない。

ここまでで、シャワーなしの即フェラの時点で「これは普通じゃない」と薄々勘づいていたが、この嬢の気分の高揚具合はは俺の想像を超えていた。

ゴムをつけようと「ゴムって用意してますか?」と聞いたところ「それなんだけど……生でしない?」と言ってきた。

ここで俺の脳内を駆け巡った思索は以下の3種類である

(1)生でシて後で「生を嬢に強要しただろ?」とごっついヤクザに迫られてぼったくられうること

(2)生でハメる=性病感染確定なこと

(3)俺から生を求めていないのに生を希望するとはこの女はイカれているのかということ

これらの3つについて東大入試の時並みに思考を巡らせている際も嬢が亀頭入り口に擦り付けてくる。「え、やっぱゴムつけませんか?」と言われても、「いや本当普段ゴム絶対するんだけど、イケメンから特別、むしろ生でしたい」みたいな返しをされ、人間人間たらしめる唯一の要素である理性が焼却されてしまう。

(1)のリスクは1番逡巡する要素だったが、まぁまだ財布に6万残っていたのでその場はやり過ごせるだろうという判断、(2)のリスクはどのみち生の口でフェラされてるから変わらないという気づき、(3)はこの女がクレイジーだということで片付け、生で挿入した。

人生初生挿入の感想だが、実際確かにゴム有りとは全く異なる。ゴム有りでHしてるときは「なんかよくわかんねえな〜」という感想で終わるのだが、生で入れると温かみを直で感じる。

が、ここで感じたのは、「オナホとほぼ同じやな」ということであり、実際気持ちいいが期待以上かと言われるとそうでもなかった。

さて、ここからも更に怒涛のクレイジーエピソードである

そろそろイキそうだなと思い「そろそろイキそうだから…」と言って挿入をやめようとしたところ、即座に嬢がいわゆる「だいしゅきホールド」してきた。そして「中で出して、大丈夫から本当お願い」とほざいている。

マジか。実際理性は爆発しておりオナホでも当然中出ししかしていない上、実際がっちりホールドされているので中出しするのは避けられない。

もう俺の人生は終わった。ヤクザが後で俺の精子採取して「嬢に生を強要挙げ句の果てには中出ししたろ」と言われる確率は百分率で500000000000%である。そう考えながら射精した時の気持ち良さは半端じゃなかった。

中出しした後も普通にチンポは萎えなかったので、挿入したまま2回戦に突入。もう後先考えずまた中出しした。もうここまでくるとやけくそである。2回目が終わった後、よくavであるくぱぁを嬢がしてきたのはなかなか壮観だった。精液が普通に下の口から溢れてきたのを見て笑ってしまたことは申し訳ないと思っている。

さてここまでで30〜40分ほどである。ここからお茶タイム雑談を挟み、嬢にマットプレイが気になってると伝えると、二つ返事でOKしてもらいマットを用意してくれた。(ちなみに今回行った格安店は多くの嬢がマットできないらしい)

風呂に入って眺めていた嬢の用意が終わると、マットにうつぶせになるように促され、ローションだらけのマットプレイが始まった。ここからは正直説明し難いのだが、これが信じられないくら気持ちいい。あらゆる場所が嬢の身体によって刺激され、特に嬢が舐めるところがいちいち死ぬほど気持ちいい。

特に気持ち良かったのは背中、足裏、そしてなんと驚きのアナル舐めまでやってきた。全くオプションでも頼んでないのにアナル舐めなんてやるはずないと思っていたのだが、これが死ぬほど気持ちいい。本当に気持ちいい。マジでおかしくなるかと思った。

仰向けになるように促されたあとも、パイズリ&フェラ、手コキなど波状攻撃は止まることを知らなかった。一通り終わった後も泡で身体を洗ってもらい、サービス精神プロ意識純粋に感心した次第である

マットプレイは、ソープ嬢にしか頼めない特別体験なので必ずしてもらうことをお勧めする。そしてそのためには、そこそこな値段するお店にいくことと、しっかりとした時間を余裕を持って撮ることが必要である。これがソープの最も大きな価値であり、マットをやらないやつは金をドブに捨ててると言っても過言ではない。

さて、マットプレイも終わったところでもう90分も終わりそうだったので、雑談しながら最後もう一回フェラで抜いてもらい(これも俺から頼んだわけではない)終了した。

終了後は部屋から出口まで嬢が送り迎えしてくれるのだが、最後の受付でゴリゴリスーツ男4名と嬢が俺をお見送りする構図には流石に笑いを隠しきれなかった。

部屋を出た後はさながら死刑囚のような心持ちで「いつヤクザが俺にボッタクリに来るのか」とヒヤヒヤしていたが、全くそんな気配もなく、普通笑顔で男たちはお見送りしてくれた。どうやら本当に嬢が生中出し純粋希望した様子である。ちなみに嬢からは「もしクチコミするとき名前を出して生中出しOKだったとは言わないでね」と口酸っぱく言われたので、おそらく全員にはやっていないのだろう。

これが全容である。総括すると、

・そんなにソープは怖いところではない

・嬢のパネマジはちゃんとあるので気をつけよう

・マットプレイ醍醐味なのでそこそこの時間お金を用意しよう

・生中出し提案されても罠ではない(母数1)

経験として一回は行こう

こんな感じである。以上でレビューを終わりたい。予想外に字数多くなって疲れた

[]多すぎリスト

キャッチャーマスクをつけて出社した anond:20200303074729

コロナ対策で集まっての新入社員研修は取り止めにして... anond:20200403135626

■3密囲い anond:20200416170021

女性管理職は本当に必要か? anond:20200420103142

違法駐車してた車のタイヤをチェーンでぐるぐる巻きにした anond:20200511114034

元増田です「歴史ネタを前面に押し出すと... anond:20200512083228

■良かれと思って提案したことが原因で上司罵声を浴びせられた anond:20200521134505

朝日リーチです」... anond:20200522140236

■元部下に恩を仇で返されそうになっている anond:20200527093130

年収ゼロのままもうすぐ44歳になる anond:20200601093055

■昔お世話になった上司セクハラ左遷された anond:20200617093201

コロナ前の生活にはもう戻れない anond:20200703084416

夫婦分譲マンションを買うことになり、購入資金支援として... anond:20200708105857

■嫁と付き合うようになったきっかanond:20200714081644

女子社員の頭に鼻くっつけて「ちゃん毎日シャンプーしてる?」... anond:20200731141724

理解するけどじゃあ逆に40過ぎの自分入社1,2年目くらいの若い女社員.. anond:20200804134429

ガラケーカレンダー機能のせいで無断欠勤した anond:20200805115930

武隈課長とのはてなスキルアップ研修【前編】 anond:20200821105846

武隈課長とのはてなスキルアップ研修【後編】 anond:20200825140937

第三者委員会調査報告書を読もう anond:20200803171613

義理の兄の中古自動車屋が潰れた話 anond:20200826164820

上司がやたらと韻を踏むのをどうにかしたい anond:20200902104134

■好きだった同期の女子社員結婚退職することになった anond:20200908135711

■友人が寝取られしまった話 anond:20201002170746

■嫁とのやりとりがものすごく煩わしい anond:20201022091003

■勤務先が清算となり、無職として放り出されてしまった anond:20201028172038

母親ならタイツくらい作ったらどうだ」の声に驚いて振り向くと.. anond:20201105153515

商社中抜き論に対する反論 anond:20201118170546

■父から受け継いだ不動産会社倒産させてしまった話 anond:20201210171619

2020年 読んで損した増田 総集編(解説付き) anond:20201221164835

ぐりとぐらメガソーラー開発 anond:20201229162144

■1年半ずっとATMとして働き続けたときの話 anond:20210218173806

とある地方書店員リストラanond:20210212152601

あの日浜松町で君と出会った anond:20210312170624

■あまりイキってないコンサルと一緒に仕事をしたときの話 anond:20210323163551

■あえぎ声を書くバイト anond:20210408000218

中国韓国との競争に敗れ衰退が続く日本造船業について anond:20210518071533

JEPXという歪んだ市場とある新電力破綻

"デリヘル増田"というあだ名増田内では使われていないのでその名称増田内をググっても無駄。"デリヘル増田"はブクマカによる呼び名のようだ。しかブクマをググっても疑心暗鬼なっているだけのブクマカが引っかかることも多く、リスト化するのは困難だ。

「勤務先が精算となり……」で既にいつもの人扱いされている。

(2021/05/19)ブコメで指摘のあった増田を追加

(2021/05/22)トラバで指摘されて「はてなスター研修」を下のリストに移す。確信はない。

おそらく別人のデリヘル増田

はてなを始めて変わったこと ttps://anond.hatelabo.jp/20150305205332

風俗ってやっぱり怖いと思った ttps://anond.hatelabo.jp/20170503151209

■初めてデリヘルを呼んだ。けど何もされなかった話 ttps://anond.hatelabo.jp/20210412085701

高専卒業してデリヘルスタッフになった(2018/12/7追記しました) ttps://anond.hatelabo.jp/20171012235300

人生初高級ソープランドに行った ttps://anond.hatelabo.jp/20180620212934

デリヘル待機 ttps://anond.hatelabo.jp/20180912000548

風俗は人に正直であれ ttps://anond.hatelabo.jp/20180831225654

風俗狂い卒業セット ttps://anond.hatelabo.jp/20181001213032

風俗狂い卒業できなかった。 ttps://anond.hatelabo.jp/20181008231324

大阪出張記録4日目~デリヘル編~ ttps://anond.hatelabo.jp/20181121204805

■ヤケクソでプロ「年下のお姉さん」に責められて絶叫絶頂しちゃった件 ttps://anond.hatelabo.jp/20190323001905

■8か月ぶりのデリヘルちゃん ttps://anond.hatelabo.jp/20190411095546

■50人に振られても恋人は作れた ttps://anond.hatelabo.jp/20190424153033

女装オフパコレポ ttps://anond.hatelabo.jp/20200105155501

■初めてデリヘル呼んだ ttps://anond.hatelabo.jp/20190925015219

デリヘル嬢に説教されるから生き方を変えたい ttps://anond.hatelabo.jp/20190924223545

■お父さんはお家でお留守番しててくださいっ! ttps://anond.hatelabo.jp/20200208181956

出張先でデリヘル呼んだ話 ttps://anond.hatelabo.jp/20200218090643

デリヘル経験(計4人)での本番行為について ttps://anond.hatelabo.jp/20200309173449

■今もデリヘルを週イチで呼んでる私から現場報告 ttps://anond.hatelabo.jp/20200509134252

鳥取デリヘル呼んだらクソだった話 ttps://anond.hatelabo.jp/20201229025846

■2年間かけてコンジローマを治した ttps://anond.hatelabo.jp/20200713153331

はてなスター研修 anond:20200914214630

はてなスター研修2 anond:20200917214908

まだ他に存在する。デリヘル増田多すぎ。

2021-05-09

anond:20210509221339

は?ソープといったらソープランドのことじゃボケ

誰が石鹸ときソープというんじゃバカタレ

めぞん一刻うる星やつら共通点

 めぞん一刻では、一人旅に出た五代響子以外の女性相手初体験を遂げるという筋書きを、作者の高橋留美子は考えたと聞いたことがある。結局のところ、五代は悪友に誘われてソープランドに行ったが。

 当時、男性主人公に据えられたラブコメ作品は、主人公にとってヒロイン最初最後女性であるという形式が主流だったと思う。しかし、めぞん一刻ヒロインである響子は、主人公以外の男性を知っているという意味では主流から外れていた。一人旅の旅先で初体験をするというアイデアも、物語の結末で最終的に結ばれる相手以外の異性を知っているという意味で、五代響子を対等な関係にするという意図が有ったのだろう。

 うる星やつらも、ヒロインラム主人公諸星あたる以外の男を知っているので、この点は音無響子と同じであるしかも、おそらくラム元彼レイと付き合ったのは、単にレイイケメンだった(※人間形態時)からである。その上、後から登場するテンの存在は、実際の作品上での設定はラムのイトコであるが、要するにコブ付き結婚や男女交際メタファーであることは想像に難くない。

 絵柄がかわいいし、ほとんどの場面では虎縞ビキニ姿というセクシーな姿で描かれているから忘れがちであるが、そもそもラム別に男性にとっての理想的ヒロインではない。当初はヒロインとして三宅しのぶが予定されていたが、読者の反応が良かったかラムヒロインの座が回ったという意味で言うのではない。

 味覚の好みは異なるし、コブ付きだし、すぐ暴力を振るうし、元彼を選んだ理由面食いからだし、要するにラム普通の、愚かな部分も併せ持つ女性なのである。これは別に悪口で言っているのではない。

 うる星やつらめぞん一刻も、そこで描かれる男女たちは均しく愚かである現実世界の我々と変わらず、彼らは等身大人間である。もちろんうる星やつらに登場するのは宇宙人だの幽霊だ大財閥の跡取りだの様々だが、私が言いたいことは分かってもらえるはずだ。

 彼らは、人間の逃れ得ぬ本質として、欲望だって持っているし愚かだから若さゆえに何となく見た目で相手を選んで交際に踏み切って、結果として失敗したりもする。音無響子高校卒業して間もなく、母校の教師だった惣一郎さんとの交際結婚に至ったのだって、ある程度は響子若さゆえの未熟さや愚かさに起因する暴走という側面が有ったであろうと思う。読者も大人になると、響子父親が惣一郎さんとの結婚に反対だったことにも何となく共感できるようになる。卒業まで待ったとはいえ、教え子に手を出した形だし。しかし、人間は生きていれば色々有るものである元カレ元カノがいたり、周囲から良く言われない交際結婚をしたりするのも、よく有る、ありふれた話である

 話が少し逸れたが、男性作家編集者男性読者向けに作る作品で、ヒロイン主人公以外の男性経験が無いとか、逆に主人公が最終的に結ばれるヒロイン以外の女性を知らないように描かれることは、当時から既にウソ臭い描写になりつつあった。だからこそ高橋留美子は、ラム音無響子ヒロイン設計に一癖を持たせたし、五代にも響子以外の女性との性体験を持たせようとしたのだろう。

 作者である高橋留美子は、作品を通じて「それで良いのだ」と言っている。人間は、生きているかぎり失敗だってするものであるしかし、そんな愚かさも含めて、だからこそ、人間は愛おしい存在なのである、と。

 高橋留美子作品のヒットを受けて雨後の筍のように、美少女美女大勢登場する後続漫画作品が多数生まれたが、このような人間内面に対する理解暖かい(しかし生温くはない)人間観までも見習うことができた後続漫画作品は少なかったと今でも思う。

 ここではヒロインたちのことばかり書いてしまったが、もちろん男性キャラたちも平等馬鹿な感じで描かれている。梅を口にして酔っ払ったラムが、教室学校制服を脱ぎ出したの見て、男子生徒たちが興奮で色めき立つと、それを見た女子生徒たちが「バカじゃないの?普段着姿(虎縞ビキニ)になっただけじゃん」と呆れる場面。水乃小路家の一人娘(トンちゃんの妹)との見合い話を渋る面倒終太郎に「もったいない婚約して許婚になれば堂々とすけべえができるのに」と身も蓋もない誘惑の言葉を面倒の父親が言う場面。これらの場面やキャラを描きながら、しようがない困った奴らだなと作者は苦笑しつつも温かい眼差しを注いでいたのだろうと、ついつい想像してしまう。

2021-05-06

メンズエステって何が良いの?

基本事項のおさら

 

ソープランド →セックスできる

その他の風俗 →セックスできない、それ以外何でも有り、抜くところ

風俗エステ →風俗マッサージ

整体 →体の凝りをほぐすマッサージ

エステ →美しくなるためのマッサージ

キャバクラ →酒とおしゃべり

 

メンズエステ →風俗ではないマッサージ、大抵美人のお姉さんがやる

 

風俗としても中途半端(というか風俗ではない)

マッサージとしても中途半端

だけど最近流行ってる気がする

2021-04-22

anond:20210422140539

言われてみると女性向けソープランドとかあっても良さそうな気がする

2021-04-05

弱者男性に女をあてがえとは思わないが

売春防止法改正し、規制をかけた上での売春は認めるべきではないか

売春が認められれば対価を払うことで性欲は満たせる。

経済力が無い人でも利用できるように、配慮もして。

今は売春が建前上禁止されているから、ソープランド料亭に行くのもアングラ感が有り、行きにくい。

恋愛による性交特権であり、庶民による買春はやましいことではない、という価値観を浸透させるべきではないか

2021-04-02

乳首を触りながらオナニーをするという、ごく当たり前の習慣

別に今となっては当たり前の乳首チンコセットアップオナニー、そのことが市民権を得られない時代もあった。

そんな馬鹿!?と思われるむきもあるかと思うが事実である

その象徴が、女性による男性への乳首責めシーンがAVなかに殆どなかったということだ。

今となっては昔の話、当時のいやらしいビデオには男が女の乳首をベロベロするシーンは数あれど、その逆は殆どなかったのだ。

数少ないそのシーンは、例えばソープランドもののようなAVで登場するのだが、しかしながらそのシーンも長ったらしいインタビューとかは目茶苦茶あるというのに、肝心要の乳首舐めシーンは15秒とか、60分のビデオで15秒しかないとかいう考えられない構成

なぜこんなことになるかというと、当時のビデオが、Sの視点しか有していなかったからだろう。

ほんとうに信じられない事実

俺のようなオナニーときには乳首をいじるの必須なやつにはおかずがない毎日

米ばかり食わされて、おかずがないようなオナニーばかり。

たった5秒の乳首シーンを、違法ダビングで編集してつないでつないで15分の特製チクビデオをつくる労作、おれそれでなんとかいきていた。

そういう厳しい時代もあったことを昭和平成を生きた人間として証言していきたい。

2021-04-01

あるソープ嬢の話

風俗業界をみればその社会の状況が分かると言われている。


ある女性、ここでは仮にSとしよう。

彼女について紹介したいと思う。


彼女東京近郊の一戸建て母親と妹の3人で住んでいる。

両親はともに未だ30代で、妹は中学生である


親の年齢から分かる通りいわゆるデキ婚である

想定外妊娠に二人とも悩んだ末、結婚しSを産んで育てようと決心したのである


小中と順調に成長したSだったが、

Sは高校イジメに遭い中退してしまう。

が、教育熱心な祖父の助言で通信制高校に入り、

そこで卒業資格を得てとりあえず大学へ進学したものの、

コロナ禍の下での学業は困難で授業について行けず休学してしまった。


両親はというと父親実家から受け継いだ資産株式トーレドと、

祖父からの援助で生活費を賄っていたのだが、

予想外の変動によりかなりの損失を被ってしまった。

株の損失がうまく挽回できない苛立ちから家庭内暴力をふるうようになり

母親はそれが原因でノイローゼになってしまった。

そのような状況から父親は自宅を離れ現在行方不明である


父親がいなくなったことで、母親ノイローゼ回復に向かっているのだが、

家の収入がぱったり途絶えたことで、経済的に苦境に立たされている状況である

父方、母方双方の祖父母もまだ若く現役なので母親生活支援を求めて何とか生活できていたのだが、

これまでの貯蓄を取り崩しても家のローンや教育費、その他にかかる費用を賄うことができなくなってしまった。

これが昨年12月の状況であった。


Sは通信高校に通っていた2年生の後半から秋葉原メイド喫茶アルバイトをしていたのだが、

コロナ禍での店の営業自粛が大きく影響し、給与が大幅に減ってしまった。

収入が途絶えて母親アルバイトを始めていたのだが、賄いきれず苦境に立っているのを見かねて、

Sは何とかしようと仕事を探すのだが、

体格が小柄であることでコンビニなどの物を動かす仕事は難しく、

また事務作業などは得意でなかったため、

稼げる仕事必要だと考え、高収入をアテにしてソープ嬢募集に応募した。

それまで、恋愛経験ほとんどなく、性交渉経験実質的には未経験だった。

未だ19歳と未成年で、処女なのにである


アルバイト先のメイド喫茶の客や関係者から風俗業のさまざまな話を聞いていたこから

ソープランド面接では未成年では親の承諾書などが求められる場合があるなど、

ハードルが高いことを知っていた彼女は予め集めた情報から

審査基準の甘いお店に当たりをつけて面接を受けたのだが、

彼女の小柄な体格を見た店長ディルドとローションを渡して、

トラブル予防のため」と前置きして、「それが入るなら雇えます」と言った。

実際、その時は入らなかったため、出直してくると言ってその時は帰ったのだった。


帰ってから彼女処女膜切開術を保険適用でしてくれる産婦人科を探して手術を受けた。

問診の際には保険適用を引き出すため「今度結婚するので」と言ったのだった。

診察した医師は「そもそも開口部が未発達に近い」とのことだった。

手術後1ヶ月待って再度ソープランド面接を受け、その時にはディルドを入れる事ができたので採用となった。


この頃には家の経済状態はかなり悪く、母親は親戚などから借金をしている有様だった。


さて、初勤務の前に、サービス内容の説明と講習があった。

講師女性で、ディルドを使ってほぼ実技に近い内容を講義したのだった。

ただ、未経験のSにとっては男性器を勃起させることが想像できず、

講師からは「口に含んで舌で刺激すれば良い」と教えられた。

だが、これは危険方法である

勃起前なので 、コンドーム未着用であり感染症リスクの高いものなのだ

(※ここ10年梅毒が増加傾向にあり感染経路としてインバウンド客が候補に挙げられている)


初日の客は5人だった。お店が正真正銘新人と案内したこともあり想定以上だったみたいである。

最初の1人目でも結構痛かったのだが、5人目では痛みで気を失いそうだった。

3人目の客が帰った後、店長からは「痛そうだし、今日はもう上がりにしませんか」と言われたが

日払いということもあり、その日は予定時間通りこなしたのだった。


帰る前、パンティーに付けたナプキンを見ると生理の時みたいに血が滲んでいた。

体へのダメージは予想以上だった。

鈍い痛みが下腹部で続き、歩く動作で歩幅を大きく取るとそれだけで痛いのだった。

「1日10万以上って難しいよ」ふと呟いたら、

先輩の嬢が「数こなしてたらそのうち稼げる様になるよ」と慰めなのだか励ましなのだかのセリフを言ってくれた。


身体がそんな状態なので連勤はせず、1週間ほど休むことにした。

初日の稼ぎは6万円だった。店長指名料が付く様に案内してくれたからだった。

家に帰って母親に渡すと、母親はハッとした様子で黙って受け取ったのだった。


Sには彼氏とは言えないまでも彼氏っぽい相手は居るのだった。

だが、「あの人が知ったら振られるだろうな」と心の中だけで思った。

から知られたくないし、知られるわけにはいかなかった。

なぜなら、いずれ結婚して子供を抱いている自分を夢見ているのだから


--------------------------------------------------------------------------------


最後までお読みくださりありがとうございます


これは実在の何人かの女性エピソードを組み合わせたフィクションです。

ですが、同じ様な境遇未成年でありながら、未経験でありながら、

ソープ嬢になってしま女性実在するのです。


ソープランドを利用される男性には、知っておいて欲しいのです。

Sのような女性が嬢であったら、どのように接してあげれば良いのかよく考えて欲しいのです。


全ての皆さんへ

20世紀後半の頃はSが夢見ている事は、普通少女のほんのささやかな夢でした。


前回の東京オリンピックの頃から大阪万博の頃、20世紀のあの頃に想像した

進歩した社会が実現されると多くの人が想っていた21世紀は実際にはどうでしょうか。


所得格差は拡大し、貧困となる人々は増える一方で、

首相が「生活保護がある」と言いながら、

実際の窓口では水際作戦と言われる

若い女性なら風俗で働けますよね」と言われてしまう。


こんな今の社会ブラック企業ならぬブラック社会ではないでしょうか。


なにを間違えてしまったのでしょうか。

なにが間違っているのでしょうか。

われわれはだまされているのではないでしょうか。


じっくり自分の目で見て、自分の頭でかんがえてみませんか。

2021-03-17

anond:20210317053925同性婚違憲だ!しか賠償は認めない」と国が言ったか三月十七日はLGBT肯定記念日

https://www.asahi.com/articles/ASP3K3F63P3JIIPE02H.html

日本外圧には非常に弱く、外圧を気にして判決を出すようになった。

自由主義でもなく、民主主義でもない社会

倫理主義道徳主義時代

ゆとり教育も「道徳主義」の声に負けた結果。

昭和時代には、倫理もなければ道徳もなく、男はトルコ(ソープランド)に行き放題だった。

もう自由主義時代じゃないんだ。

2021-03-10

ソープ嬢一般アカウントを観察してる

この前、と言ってもコロナ前なので一年は経過しているか

若い子が居る事で評判のソープランドに行った時に、女の子Twitterをやっていると口を滑らせた。

流石に、アカウント名は言わなかったが、プロフィール欄に個性的ワードを入れているなんて事を雑談の中で明かしてくれた。軽い気持ちで言ったんだろう。

プレイが終わり退店後、このワード検索すると、そのアカウントが見つかった。

内容を見て驚いた。

それは、完全に普通趣味アカウントで、ソープはおろか風俗に関する事など、一言も触れられていなかったのだ。

別人かと思ったが、ごく少ない自撮りから本人と確定。

その後、ソープの出勤時間にはツイートしないなど傍証も取れたので間違いないと思う。

営業アカウントではないにしても、所属を隠した風俗アカウントと思っていたので、これは予想外だった。

そっと、非公開リストに追加した。

その後の話だけど、二週間に一回程度、暇な時にチェックしていた。ある意味ストーカーだ。

まり呟いていないアカウントだったので、追うのは楽だった。

ある時、男性に対してキレたツイートを見かけた。

多分、知らない人からは付き合った彼氏の話だと捉えただろうけど、素性を知っている自分は悪い客に当たってしまったのだろうなと感じた。

からと言って、自分は見ているだけなのだけど。

その後、この娘はお店を辞めた。(お店のサイトから名前が無くなった)

しかしたら別のお店に行ったのかも知れないけど、それはわからない。

ただ、その娘はいつも通りの日常を呟いている。

それから何かあったかというと何もなく、彼女は今もTwitterは続け日常を呟いている。

自分もたまにアカウントを覗くだけで、触れる事はしない。それはいろんな意味ルール違反だ。

ただ、一見普通アカウントの持ち主が、一時的にとは言えソープランドに在籍していたと考えると、少し背徳的な気分になる。

そんな事を、珍しく暇なリモートだったので綴ってみた。

我ながら、悪趣味だと思う。

2021-03-08

地方地主が失敗した話

 私は地方の中核都市に住んでいて、祖父の代から貸しビルといくつかのアパートを所有している、いわゆる地主というやつだ。

 祖父農家だったが、自分農地の近くに駅ができて固定資産税がはね上がったので、仕方なく農地の半分を売り、残りの農地の上に売ったお金ビルを建てたらしい。

 祖父最初こそテナント賃料の集金をやったりして、不動産管理みたいなことをしていたらしいが、途中から不動産管理会社に任せ、晩年自分がやる必要がある事務も父に任せていた。祖父は少しだけ残せた畑で野菜を作り、テナント中の人にあげたりしていた。悠々自適生活である

 その祖父が一昨年に亡くなった。事業用の土地に関しては全て父が相続することができ、円満相続ではあったが、祖父も父も相続税のことは深く考えていなかった。父は、税金の申告を任せている年配の税理士相続税について相談したが、アパートの数が多くて相続の方は面倒が見れないので他をあたってくれと言われ、大きな税理士事務所に相談に行った。その中で、試算しただけでも相続税だけで軽く数億円はいくと言われた。うちの持っている物件収入の十数年分の金額らしい。父はとても払える金額ではないと嘆いていた。

 仕方ないので物件を売って納付資金にすることにした。相続税は亡くなってから10ヶ月以内に申告と税金の納付をしなければならないらしい。そのため、最初アパートをいくつか売って、収益率の高いビルの方は残しておく予定だったが、不動産会社に相談したら「ビルの方ならすぐに売れますよ」と勧められ、ビルの方を売ることにした。

 しかし、買い手はなかなか現れなかった。世間コロナウイルス流行り出し、この頃にダイヤモンドプリンセス船内の集団感染ニュースになっていた。このままコロナ流行していったらずっと売れないのではないかと震えていたが、最終的には相談した不動産会社が事情を汲んでくれ、近くの地価公示価格くらいで買い取りたいと言ってくれたので、それで売ることになった。

 なんとか売ることができ、相続税の納付をすることができた。相続と売却の件が一息つき、父は生前祖父が仲良くしていたビルフロアを借りている人に挨拶に行ったらしい。そこで父は不動産会社が別の不動産会社にビル転売していたことを知った。売り手が見つからないと言っていたのに実際はすぐに転売していたのだ。

 父は最初こそ不動産会社を訴えてやると息巻いていたが、最近トーンが落ちてきて、今のところ何もしていない。

 何が悪かったのか。色々調べてみた上で、個人的には地価公示安易に信頼しすぎたことがよくなかったと思った。

 うちのビルやその近くの公示地は、駅前の目抜き通りに存在する。この地点の地価公示価格が上昇に転じたのは景気が良かったここ数年だけであり、それより以前はバブル崩壊からずっと下落していたと評価されていた。

 しかし、目抜き通りに面して立っている建物10棟くらいしか無く、かつ、その建物も売りに出ることは少ない。取引があまりない地域であるため、価格を決めることが難しい土地だったのではないだろうか。

 公示価格は「正常な価格」を表しているとされている。しかし、売買に参加するプレーヤーが少ない土地場合、正常な価格が成立することの方が珍しくなる。ビルの近くにある公示地の不動産鑑定評価書を読んでみたのだが、売買取実例補正を加えて公示価格を導き出している部分において、その取引実例に「環境要因」という項目で上下30%近い価格補正をしている事例があり、売買価格に大きく手を加えないと公表している公示価格を導き出すことができないのではないかと感じた。

 後悔があるが、これからは残ったアパートをうまく利用して暮らしいかないといけない。管理会社に任せっきりにせずに少しでも経費を減らすこと、そして、界隈との付き合いやリサーチを大切にして、必要であれば売り抜けるタイミングを見極めないといけない。

 ただし、父はやることの多さに絶望したのか、全く動き出そうともせず、最近は夜の酒量が増えている。

 私もヤケクソになってしまい、お酒の力を借りて、初めてソープランドに行ってきた。出てきた嬢はガリガリ体型のバンギャ風で、全く好みではなかったが、勢いに任せて最後までやった。家に帰ってきて口の中を見たら、舌のあたりから血が出ていた。嬢とベロチューした時に口の中に硬くひっかかるものがあった気がしたのだが、舌ピアスでもしていたのだろうか。ベロチュー中に出血して、衛生的に大丈夫なのだろうか。こんなことになるなら、ネットで店の評判くらい確認するべきだった。すっかり気分が萎えしまい、思わず独り言漏れしまう。

「何事も舌調べが大切だった」

2021-03-07

パパ活女性が憎たらしいという感情

貧困によって売春するしかない女性も少なくない

・買う男性への憎しみはないのかい?金出すやつがいないと市場が成り立たないよ

・同じことやってるソープランド嬢には憎しみはないのに、なんでだろうね

ソープ嬢=皆のもの=貧乏の俺でも行ける

パパ活女性=金持ちおっさんにだけ股を開いているので嫉妬じゃないの?

という感じで自分感情をできるだけ客観視してる。売春女性が憎たらしいって、結構女性ヘイトへの入り口入り口であってほしい)な気がするから、じっくり向き合ってるよ。でないと将来娘が生まれとき、顔を合わせる資格がなくなってしまう気がするのや

2021-02-22

必読書コピペマジレスしてみる・日本文学

方針

森鴎外舞姫

留学先で女性妊娠させて見捨ててしまう話なので、近頃は評判が非常によろしくない。そのくせ、この文体のせいで美しいと感じてしま自分がいて、実はこれ、レトリック文体によって騙されることに注意しろっていう警告なんじゃないかって気もする。「自分おすすめ編」にも書くつもりなんだけど、ナボコフロリータ」もそういう自己正当化がとにかくうまい

余談だが、鴎外自身東洋人だったこともあり、留学先では写真を撮らせてくれと頼まれたことがあったという。それに対して、構わないけどもあなた写真も逆に撮らせてくれ、と言って、相手も満足させつつ日本人としての尊厳も守ったことがあって、これは割と好きなエピソードの一つ。まあ、漱石よりは世渡りうまいよな。

樋口一葉にごりえ

古風な文体挫折しかかるも何とか読破。これよりは幼馴染系の「たけくらべ」のほうが好きだったなあ。増田では古文いるかどうかで議論になったことがあったらしいが、古文がすらすら読めるほうがこういう趣味というか楽しみが増える気もするし、純粋実用面だけでいえば法律用語や古い公文書を読む必要がまだあるんじゃないのかな。

舞姫」の話の続きだけど、古典文学にもやっぱりクズエピソード結構あり、じゃあどれを教えてどれを教えないかは割と難しい。

泉鏡花高野聖

僧侶山間で美しい妖怪出会う話。文庫ちくま日本文学全集で読んだ。全集と銘打っているけど、このシリーズ日本の近現代文学作家ベスト盤みたいな感じで、チョイスはいいのだけれどときどき抄、つまりダイジェスト版みたいなのが紛れていて、コンプリートしようとは思わなかった。

話としては幻想的ですごく好き。幻想譚が好きな自分がどうして泉鏡花にどっぷりはまるまでいかなかったのかが不思議なほどだ。当時は、著名な作品をどんどん消化しようと思って乱読していたからかもしれない。そういう意味でも、課題図書読破することが自己目的化した読書には幾分害がある。

国木田独歩武蔵野

とても好き。小説が読めなくなったときには、文豪の書いたこうした随筆というか、風景描写の豊かな文章を読むことで、自分リズムを整えたくなる。外出の難しい昨今、こうして空想世界でだけでも豊かな自然のなかで過ごしたいものだ。五感が刺激される文章というのはなかなかない。

夏目漱石吾輩は猫である

我輩を吾輩に修正

ここ最近漱石の評判はあまりよろしくないと聞く。所詮は当時の欧米文学の輸入に過ぎないとか、結局は男社会文学だとか。言われてみれば確かにその通りなのだけれども、日本近代文学開拓者にそこまで求めちゃうのも酷でしょうと思わないでもないし、この作品からたったの十年で「明暗」にまでたどり着いたのだから、やっぱりすごい人ではないかと思う。五十になる前に亡くなったのが惜しまれる。

で、肝心の内容だが。基本的おっさんおっさんの家をたまり場にしてわいわいやる日常ものなので、当時の人にしか面白くないギャグを除けば、普通に笑える。最終回は突然後ろ向きになるが、もしかしたら漱石の本分はユーモアにあるのかもしれない。

余談だが漱石留学時代日記に付き合いのお茶会について「行カネバナラヌ。厭ダナー」とのコメントを残している。

島崎藤村破戒

素直に面白かった。若干のプロパガンダっぽさがなくはないが、読んだ当時は差別する側のねちっこさや意地の悪さが良く書けているように思われた。とはいえ、昨今は善意から来る差別についても考える時代であり、問題はより複雑になった。

被差別部落問題については気になっているのだがなかなか追えていない。日本史について読んでさまざまな地域実例について断片的にかじった程度だ。それでも、地域によって温度差やあったり、差別対象が全く異なっていたりすることがわかり、どこかで日本全体の実情について知りたく思っている。

田山花袋蒲団

女中の布団の残り香を嗅いで悶々とする話だってことは覚えているんだけれども、読んだときにはあまり印象に残らなかった。なぜだろう。自分が読んできた近代文学は、基本的ダメな奴がダメなままうだうだする話ばかりだったからかもしれない。その多くの一つとして処理してしまたか

で、自分が好きなのは飢え死にするほど悲惨じゃないくらいのダメさであり、親戚のちょっと困ったおじさんくらいのダメさなんだろうと思う。

有島武郎或る女

読んだことがない。ただ、ドナルド・キーンの「百代の過客〈続〉 日記に見る日本人」によればこんなことを書き残しているそうだ。「僕ハ是レカラ日記ハ僕ノ身ニ大事件ガ起ツタ時ノミ記ケルコトニ仕様ト思ツタガ、矢張夫レハ駄目な様デアル。日記ヲ記ケ慣レタ身ニハ日記ヲ一日惰ルコトハ一日ヲ全生涯カラ控除シタ様子ナ気ガスル。夫レ故是レカラ再ビ毎日日記ヲ始メ様ト思フ」(意訳。日記書かないとその日が無かったみたいで落ち着かない)。ここでツイッターに常駐している自分としては大いに共感したのである。そのうち読もう。

志賀直哉小僧の神様

読んだはずだが記憶にない。「暗夜行路」で娼婦の胸をもみながら「豊年だ! 豊年だ!」と叫ぶよくわからないシーンがあったが、そこばかり記憶に残っている。これを読んだ当時は、この小説のように自分がどれほど理想を抱いていたとしても、モテいからいつかソープランドに行くのだろうな、とぼんやり思ったことを覚えている。

ちなみに、自分が初めて関係を持った女性貧乳だった。だがそれがいい

お父さんとうまくいっていない人は子供の才能をつぶす話である清兵衛と瓢箪」が刺さるんじゃないかな。あとは少女誘拐視点の「児を盗む話」もよかった。

内田百閒『冥途・旅順入城式』

大学時代知り合った文学少女から薦められて読んだはずなのだが、覚えているのは「阿房列車」の何編かだけだ。それと、いつも金に困っていて給料を前借りしていて、そのことのまつわるドタバタを描いた作品日記もあって、そうした印象ばかり残っている。

関係ないけど就職活動中に、この文学少女から二次関数を教えてくれと言われ、片想いしていた自分はそのためだけに都内にまで足を延ばしたことがある。いいように使われていたなあ、自分あいつには二度と会いたくないが、元気にしているかどうかだけは気になる。

宮澤賢治銀河鉄道の夜

めんどくさいファンがいることで有名な作家全集には第三稿や第四原稿が収録されており、比較するのも楽しい。俺は〇〇は好きだが〇〇が好きだと言ってるやつは嫌いだ、の○○に入れたくなる作家の一人。○○には「ライ麦畑で捕まえて」「村上春樹」「新世紀エヴァンゲリオン」「東京事変」などが入る(註:この四つのものとその愛好家に対する歪んだ愛情から来る発言です。僕も全部好きです。すみません)。サブカル系にはこれがモチーフになっているものが数多くあり、その点では「不思議の国のアリス」と並ぶ。

思想に偏りはあるが、独特の言語感覚や観察眼は今でもすごく好きだ。余談だが新書の「童貞としての宮沢賢治」は面白い。

江戸川乱歩押絵と旅する男

知り合いにいつもぬいぐるみキーホルダーを持ち歩いてかわいがっていた男がいたが、それで本人が落ち着くのならいいと思う。不安の多い世の中で、人が何か具体的に触れるものにすがるってどういうことなんだろう、って、ってことをこの作品を思い出すといつも考える。どこで読んだか思い出せなかったが、これもちくま文庫全集でだった。

横光利一機械

狭いコミュニティの中でこじれていく人間関係の話ではあるけれども、新潮文庫場合表題作よりも他の話のほうが気に入った。印象に残っているのは十二人の旅芸人夜逃げする「時間」と、ナポレオンヨーロッパ征服に乗り出したのはタムシのせいだったという「ナポレオンと田虫」。

谷崎潤一郎春琴抄

実はこの作品は読めていない。谷崎作品は割と好きで、「痴人の愛」「刺青秘密」「猫と庄造と二人のおんな」「細雪」は読んだ。「痴人の愛」という美少女を育てようと思ったら逆に飼育される話は自分人生観に多大な影響を与えたし(例の文学少女気持ちをもてあそばれても怒らなくなってしまったのもこれが遠因だろう)、「細雪」はただ文章リズムにぷかぷかと浮くだけで心底気持ちがいい。ついでに、戦時中生活爆弾が実際に降ってくるまでは震災コロナでただよう自粛雰囲気そっくりだったこととよくわかる。

ところで、最近久しぶりに谷崎作品を読もうと思ったら、ヒロイン名前が母と同じだったのですっかり萎えしまった。というか、ここ最近趣味が「健全」になり始めていて、谷崎作品に魅力を感じられなくなっている。感覚がどんどん保守的になっていく。これはいかん。

夢野久作ドグラ・マグラ

ミステリ編参照。anond:20210215101500

川端康成雪国

高校生の頃に読んだのは確かに記憶に残っているのだけれど、高校生川端康成エロティシズムが理解できたかどうかはよくわからない。たぶんわかっていない。せいぜい伊豆の踊子の裸の少女を読んで、ロリコン発症させたことくらいだろう。

太宰治斜陽

太宰はいいぞ。自分は愛される値打ちがあるんだろうか、というテーマを本人の育った境遇パーソナリティの偏りや性的虐待疑惑に求める説は多いが、そういう心理普遍的ものでもあり、だから多感な時期に読むとわかったつもりになる。芸術に何歳までに読むべきという賞味期限原則としてないが、これもできるだけ若いうちに読んでおくといい。太宰の理解者ぶるつもりはないが。

もっとも、本ばかり読んで他の活動をないがしろにしていいものだとは全く思わない。あまりにもドマイナーな本を読んでマウンティングするくらいならバンジージャンプでもやったほうが話の種にもなるし人間的な厚みも出るというものだ。たぶん。

三島由紀夫仮面の告白

天才的。男性のあらゆる種類のコンプレックスとその拗らせ方を書かせたら彼の右に出るものは少なかろう。ただ、大学卒業してから突然読めなくなってしまった作家でもある。息苦しくなるまで端正に磨きこまれ文章のせいかもしれない。

武田泰淳ひかりごけ

極限状況下でのカニバリズムテーマにした小説なんだけれども、途中から戯曲になって、「食べちまう葬式ってえのは、あっかなあ」などとやけにのんびりした台詞が出てくるなんともユニーク小説。ただし、これは単なるブラックジョークではない。物語は序章、戯曲第一部、第二部と別れているのだけれども、その構成にきちんとした意味がある。

人類全体の原罪を問うようなラストは必見。あなたは、本当に人を食べたことがないと言えますか?

安部公房砂の女

祖父母の家から貰ってきた作品で、愛蔵版らしくカバーに入っていた。カフカにはまっていた時期だから楽しんだ。カフカ父親の影から逃れられない主人公とは別の種類の渦巻にとらわれてしまった主人公がだらだら、ぐだぐだしてしまうのだが、カフカ男性によって抑圧されているとしたら、こちらは女性に飲み込まれている文章だ。

大西巨人神聖喜劇

未読。不条理陸軍の中で、最強の記憶力を頼りにサバイブする話だと聞いて面白そうだと思い購入したのだが、ずっと積んだままだ。これに限らず、自分戦争もの小説漫画をあまり読んでない。戦争に関しては文学よりも歴史書からアプローチすることが多い。

これは自分の悪癖だが、戦争ものになると庶民よりも知識人にばかり感情移入してしまう。

大江健三郎万延元年のフットボール

大江健三郎は初期の作品をいくつかと、「燃え上がる緑の木」三部作を読んだきりで、どういう態度を取ればいいのかよくわかっていない作家の一人だ。狭い人間関係の中のいじめだとかそうした描写に病的に関心のあった時期に読んだせいで適切な評価ができていない。

燃え上がる緑の木」は新興宗教原子力発電といった(結果的には)非常に予言的であった作品であったが、癖が強くカトリック宗教教育を受けた自分であっても世界観に入り込むのに時間がかかった。「1Q84」よりもきつい。面白いが。

萩原朔太郎『月に吠える』

大学時代の友人に薦められて読んだ。「この家の主人は病気です」と、飢えて自分を食ってしまったタコの詩ばかりを覚えている。覚えているのはこれだけだが、この二つが読めたからいいか、と考えている。大体、詩集ってのはピンとくる表現ひとつでもあれば当たりなのだ。そして、それはあらゆる書物にも当てはまることである

福沢諭吉福翁自伝

祖父学生時代に送ってくれたのだけれども、ぱらぱらとしか読んでいない。

子供向けのものだった気もするし、近々原文にチャレンジするべきか。自助論西国立志編)なんかと合わせて、自己啓発書の歴史を知る意味でも興味深いかもしれない。

正岡子規歌よみに与ふる書

読もうと思って読めていないけれども、これまたドナルド・キーンの本で面白記述を見つけた。「墨汁一滴」の中に、つまらない俳句乱造しているやつの作品にはどうせ碌なもんなんてありゃしないんだから、そういう連中は糸瓜でも作ってるほうがマシだ、という趣旨のくだりがあるそうだ。創作する上でのこういう厳しさは、いい。

石川啄木時代閉塞の現状』

ローマ字日記しか読んだことがない。たぶん日本最初フィストファックが描写された文学かもしれない。春画はどうか知らないけど。

小林秀雄『様々なる意匠

詩集翻訳しか読んだことがない……。

坂口安吾堕落論

堕落と言いつつもある種の誠実さについて語った本だった気がするが、それよりも新潮文庫で同時に収録されていた、天智天皇天武天皇家系にまつわる謎についてのほうが印象に残っている。

哲学編に続く→anond:20210222080300

関係ないけど芥川が載ってないのは納得できないぞ。

2021-02-19

つーか遊郭ってなんなのか大人である俺も全然知らない

昔のソープランドだという認識しかない

2021-01-28

anond:20201212205256

ソープランドがなければ存在できないと市の職員公然学生の前で発言するような温泉街は滅びた方が良い。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん