「国軍」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 国軍とは

2022-08-29

ExcelPIで社内データぶっこ抜かれる被害者多そう

CSVエディタ中国人と同じで、何人かが騙されればそれでOK!みたいな戦略なんだろうな~

「一粒の砂金」を掴め 中国スパイ工作歴史

インテリジェンスマインド

小谷 賢 (日本大学危機管理学部教授

»著者プロフィール

Tweet

印刷画面

normal large

 中国共産党インテリジェンスは、孫子思想が色濃く残り、欧米諸国とはまた一風変わった趣がある。

 中国情報機関基本的スパイを多用するが、ロシアのように危ない橋は渡らず、人手を使ってできるだけ多くの断片情報を集めてくる傾向があると言われており、「千粒の砂の中に一粒の砂金」があれば良いとされる。

 しかし、死活的利益がかかる場合には危ない橋を渡ることもあるので、戦後日本のような単なる安全志向というわけでもない。さら最近中国インテリジェンス・コミュニティーはかなり洗練されており、欧米のそれと比べても遜色がなくなってきている。今回はまず過去中国共産党情報活動について見ていきたい。

 太平洋戦争終結によって日本軍大陸から撤兵すると、毛沢東主席率いる中国共産党と蔣介石総統率いる国民党の間で熾烈な主導権争いが生じた。元々、中国共産党インテリジェンスはこの争いに勝利するためのもので、その責任者周恩来首相であった。

 周首相は「前三傑、後三傑」と呼ばれる6人のスパイ国民党に潜入させ、国民党の内情や軍事作戦情報を入手することに成功した。その中でも熊向暉(ゆうこうき)は、毛主席から「数個師団匹敵する」と称賛されたほどのスパイで、国民党の有力軍人であった胡宗南(こそうなん)総司令の機密担当秘書となり、多くの貴重な情報共産党に流していたのである

 当時、熊は完全に国民党人間であると信じられており、その働きぶりから米国留学までさせてもらっている。そして留学を終えた熊は国民党には戻らず、そのまま共産党へ帰った。

 熊が13年間のスパイ活動を終えて北京に戻ってきた際には、国民党員が投降してきたと見なされたため、周首相自ら熊の正体を明かしたほどである

16人の命より

優先されたもの

 戦後共産党台湾に移った国民党の間で熾烈なスパイ合戦が繰り広げられることになる。

 中でも1955年4月11日北京から香港を経由してインドネシアバンドンに向かっていた中国政府のチャーター機カシミールプリンセス」号が爆発・墜落した事件は壮絶なものであった。

 この便にはバンドン会議に出席予定の周恩来首相が搭乗する予定となっており、国民党に雇われた工作員が香港に駐機している機体に爆弾を仕掛けることで周の暗殺を謀ったとされる。これに対して中国側は内通者によってこの破壊工作を事前に察知したが、この時点で乗客避難させてしまうと、内通者存在台湾側に知られてしま可能性があった。

 そこで周首相のみを「急病」として機体から降ろし、あとの中国スタッフは予定通りに行動させたのである。その結果、このチャーター機香港を離陸して4時間後に爆発・墜落し、搭乗員乗客計16人が死亡することになった。この台湾側の工作によって中国側は多大な被害を被ったが、それと引き換えに情報源を守り、かつ国際社会に対して台湾側の非を大々的に糾弾することができたのである

 中国からすれば、周首相を救った内通者存在を隠し通すことは、16人の命より優先されたということになる。

発覚すれば当然処刑

甘い罠でも忍び寄る

 また、96年3月台湾総統選挙戦においては、中国から独立志向の強い李登輝総統有利の状況を受け、中国人民解放軍は同年3月8日から15日にかけて台湾海峡に向けてミサイルを撃ち込み、李総統への投票戦争意味することを警告した。このミサイル発射によって台湾世論は緊張したが、李は台湾の人々を落ち着かせる意図で、「中国ミサイルは空砲だ」と発言し、ミサイルの脅威を打ち消したのである

 実際、この情報は正しく、台湾側が人民解放軍内に獲得した内通者からもたらされたものであった。しかし、李総統人民解放軍の機密事項を表立って発言したことで、人民解放軍は部内に内通者がいることを悟ったのである

 中国側は台湾国軍スパイとして潜入させていた李志豪(りしごう)を使って内偵を進め、99年3月には劉連昆(りゅうれんこん)・人民解放軍少将台湾側の内通者であることが発覚した。劉少将逮捕され、同年8月15日スパイ罪によって処刑されている。スパイとして処刑された軍人としては最高位であった。

 ロシアほどではないが、中国情報機関ハニートラップを仕掛けることがある。その中でも特異なものは、64年から20年近く続けられた「時佩璞(じはいはく)事件である京劇男性役者であった時は、女性に扮してフランス人外交官ベルナール・ブルシコにハニートラップを仕掛ける。ブルシコは時が男性とは気づかないまま関係を続け、時は2人の子だと言って混血の赤ん坊まで用意するほどであった。

1986年裁判に出廷したベルナール・ブルシコ(左)と時佩璞(右)。ブルシコは約20もの間、時を女性だと信じていた (AP/AFLO)

 そしてその間、ブルシコはフランス外交機密を時に提供し続けたのである。その後、83年にパリで両者はフランス当局に逮捕され、ブルシコと時はともにスパイ罪で禁錮6年の有罪判決を受けている。その裁判過程で、ブルシコは初めて自分パートナー男性であったことに気づき、衝撃を受けたという。

 この「現実小説より奇なり」を地で行くような話は、93年に『エム・バタフライ』として米国映画化されている。

 中国ハニートラップと言えば米国連邦捜査局FBI)を舞台にした陳文英(ちんぶんえい)事件もよく知られている。中国出身の陳は、台湾中華民国パスポート米国渡りコーネル大学シカゴ大学学位を取得した後にFBI採用されている。FBIでは中国情報担当だったが、上司関係を持ち、そこから得た情報中国の対外情報機関である国家安全部に流していたようである

 国家安全部は陳に多額の工作資金を流していたこから、陳は最初からスパイとしてFBIに入ったものと見なされた。2003年4月には国防機密を不正コピーし、外国政府漏洩させたとして起訴され、3年間の保護観察処分と1万㌦の罰金刑が課されている。

 また同じく03年には上海日本総領事館に勤務していた通信担当外交官が、女性絡みのスキャンダル国家安全から領事館情報暗号システムを提出するよう脅迫され、自死した事件も発生している。

https://wedge.ismedia.jp/articles/-/25633

2022-07-29

自民党のチンポ舐めるために自衛隊が法を無視する前例が生まれた時点でもう法治国家じゃないじゃん

自衛隊国軍)が政治家私兵となることが法律に書いてある方がまだマシだろ。

口先だけシビリアンコントロールを嘯いておいて、実態としては文民の長である政治家達の私的玩具となるためなら法を破り捨てる組織なんてもう完全に終わりだろ。

ハッキリ言わせてもらうが帝国陸軍海軍の頃のほうがまだマシだね。

奴らは法に基づいて時の皇族に顎で使われ政治屋もの小間使をしていたわけだもの

2022-07-14

今回の事件で何かが変わると思うが、

それが分からない。

宗教 → 政治との関係性・政教分離について厳しい目が向けられる ★★★★☆ 85%

外交 → 容疑者所属組織外国につながっていたと判明、外交に変化 ★☆☆☆☆ 15%

セキュリティ → 憲法改正され国軍となった自衛隊警察の密な連携により強化 ★★★☆☆ 65%

こんな感じだろうか。しらんけど。

2022-07-10

改憲について知識がなかったけど、こちらのコメントが分かりやすかった

現状、もし中国海自に撃ってきて応戦して死人がでたら隊員が逮捕されるとか、ワケわからんでしょ

すでにここ数年で電車テロサイバーテロ要人暗殺など治安が揺らぐ犯罪が増えているし、

ウクライナのように21世紀でも戦争は起きることは証明されている

まずは自衛隊正規国軍格上げすることは必要だと思う

もちろん先の大戦反省を忘れず、独裁国家にならない監視必要だが、

最低限そこから初めて、精強な自衛力をつける必要がある

テロリズム・ジェノサイドナイフの前に話し合いは無力である

tto*****9分前

現実憲法上無理が出ている様な事象は、憲法を是として現実是正するか、現実を是として憲法改正するのが法治国家として正しい姿ではないか

現実として自衛隊があり、自衛隊軍隊ではないと扱われている現状では、国防に無理が来ている様に感じている。

戦前の過ちを繰り返さない事を念頭に置く必要はあるが、自衛隊国防軍として認めるための9条改正と、軍法会議を設置するために76条2項は改正すべきではないか

これが無いと自衛隊正式に軍ではないため、万が一外国から攻められて交戦状態となった際に、敵軍の兵士撃退した場合法律上殺人罪逮捕されて起訴されることとなり、防衛上非常に問題があると考えている。

https://news.yahoo.co.jp/profile/id/hQQHoA2Mfn_KYkuMVsSM6mWyRdVWx5FjspkAdA--/comments

安倍晋三が死んだ理由は凄まじい因果の渦のせい

自衛隊国軍に!←元自衛官に射殺される

友達レイプ揉み消した自分の手下を警察大幹部に!←警察無能さで殺される

モリカケサクサ公文書改竄!←民主主義への重大な挑戦を繰り返し、民主主義への重大な挑戦と言える、暴力で殺される

後継の菅のモットー自助!」←自助することな自己責任の上死ぬ

安倍の死は因果律の中必然だった

2022-04-27

anond:20220427151210

国民税金で買った装備だから国軍的には無償で渡しても痛くない

しろ補充で武器メーカーはニンマリ国防大臣将軍武器が売れれば儲かる

2022-04-09

アメリカ日本が偽満州国商売を始めると中立法を改正し、対日中国軍武器支援

また米国綿業協会日本綿布を輸入制限し、自給率上げて軍服自国生産

そこでようやく対ナチス戦争に参戦

そして真珠湾攻撃太平洋戦争に参戦

ウクライナ戦争でもそう

綿花大供給国は中国だが、米国は昨年、輸入制限していた

ロシア侵攻のタイミングのいいこと

2022-03-19

anond:20220319215236

一般市民が敵国軍人を攻撃しないなんて誰が言った?

攻撃してくる一般市民便衣兵区別ってどう付けたら良いんだろうね?

2022-03-11

anond:20220311111628

これ

アメリカ傭兵に頼ってるとか何とか軍事アウトソーシングが進んでるとか弱体化してるんだって話あるけど

冷静に考えたら請負業が盛んになる程軍事支出が超でかい市場規模から弱いどころか強さの証なんだよな

本当にクソ貧乏国軍自警団が協力してるアフリカみたいなの除けば

大体の国はそんな商売があるブルーオーシャンもないくらいには余裕はない

2022-03-04

ウクライナ国軍義勇兵市民士気抵抗意欲は予想以上に高く、準備の足りないロシア侵略軍は苦戦を強いられている。

「我が精鋭無比なる皇軍は~」と全く同じではないか

どの国もこういう事をやってるんだな

2022-02-27

anond:20220227041109

どっちも、わめいてるのは高齢者でも若者でもない、中途半端氷河期世代だと思うんですけどね。

まり1020代高齢者を切り捨てて規制を緩和しろ、と騒ぐ様子は聞かないですし、60代以上が国軍化、徴兵、と騒いでいるようにも思えないのですが。

結局、有害氷河期世代排除しないことには、日本は先に進まないんじゃないでしょうかね。

2022-02-15

今日俺が考えた伝説武器を発表する

[砂鉄の剣]

  

特殊魔法の砂鉄でできている。形状は魔法の砂鉄を集める棒状の芯があり魔法磁石でできている。術者がこの砂鉄の剣を持ち呪力で強く念じると砂鉄部分が超高温になり辺り一体に細かい砂鉄の粒子が飛び散り念じた範囲内のあらゆる生命を猛烈なスピードで飛ぶ細かい粒子状の砂鉄だけで貫いて息絶えさせることができる。恐ろしい呪力を持つ剣である。かつて地上最強軍団と云われたシュビドラ国軍数百人の兵が一人の砂鉄の剣を使いこなす術者に一瞬の間に殲滅させられたという。

2022-01-27

anond:20220127144233

ウクライナアドバイスすればいいね

日本ウクライナよ。お手上げだから仕方なく降伏したといえば国民をだませて国軍と国の威信は守られるぞ」

2022-01-20

党派性って非常に有害ものだと思う

例えば、女性人権性犯罪、LGBTなどのマイノリティ問題について発信するとする。

そうすると自分と似たような理念思想信条を持っている人たちが仲間として集まってくるだろう。

その人たちは左翼フェミニズム思想を持っている可能性が高いので、左派的な「党派性」に所属することを要求される。

となると、日本の敵基地攻撃能力自衛隊国軍昇格、尖閣防衛集団的自衛権などの日本主権問題は全て否定しなければならなくなる。

「私は女性人権大事だし、尖閣防衛敵基地攻撃能力も同じように大切だと考えている」と主張しても、絶対に受け入れてもらえない。

女性マイノリティを守る代わりに、日本主権否定しなければならない、という非常に矛盾した立場に追い込まれる。

党派性って、日本言論空間を歪ませているものの最たるものではないか

2022-01-06

自分で調べようとしないはてなーたち

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/twitter.com/ishikawataiga/status/1478664032702054402

ちょっと調べただけで、

コロナに二度かかって後遺症もある』

スリランカは思ったよりヤバい

って情報がすぐ出てくるのになぜそうしようとしないのか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7c0363c38ce03c2937d3d0e75e8dc901195b684a

今年2月下旬品川で起きたクラスターコロナ感染して以降、体調不良が続くなか、ジャヤンタさんはこの10月職員による制圧でケガを負った。その後、ようやく仮放免が認められたものの、わずか2週間で再収容された。


今年2月下旬品川で起きたクラスターコロナ発症したジャヤンタさん。2カ月で体重が13キロ減少した彼は、その後も体調不良が続き、7月には2度目のコロナ発症した。

8月以降、脚の痺れから歩行が難しくなり、車椅子を利用するようになり、食事を摂っても吐いてしまうため、弁護士支援者との面会にも、バケツを持参するようになっている。

ジャヤンタさんは、クラスター発生時のことをこう話す。

「一緒の部屋には、熱がある、咳をしている、血圧が上がっているなど、コロナの症状が見られる人がいました。私も熱や喉の痛みがあり、普通食事を出されても食べられないので、具合が悪いかおかゆにしてもらいたいと頼みましたが、そのときに出されたのはお湯をかけただけで煮てもいない、塩も振っていないごはんでした」

ジャヤンタさんが再収容されたと聞いた石川議員は、11月29日品川に足を運んでいる。

車椅子で現れたジャヤンタさんは面会中も、時折バケツ嘔吐していて、再収容によって体調が悪化していることは明らかでした。外にいる間は温野菜フルーツうどんなど、胃に負担の少ない食事をし、リハビリもおこない、少しずつ回復していたけれど、この日の昼食は冷めたハンバーグあじフライだったそうです。

今の彼はこういうものは食べられないし、食べても吐いてしまう。まずは体力を回復させるべき人を食べられない状態のまま収容し続けている。入管がやっていることは拷問に近いと思います



https://news.yahoo.co.jp/byline/shivarei/20211129-00270226

今回、筆者の取材に応じたのは、スリランカ男性のジャヤンタ・マルダケ・スガット・クマラさん(47歳)。2000年来日し、日本結婚したが、その後、離婚したために在留資格を失ってしまった。また、母国スリランカ内戦では現在政府と応戦していた勢力に属していたため、帰国すれば迫害される恐れがあるとして、難民認定申請を行ったが、昨年3月に東京入管収容施設に収容されてしまった。



https://news.yahoo.co.jp/byline/kanaedoi/20201013-00202884

1983年から26年間続いたスリランカ内戦2009年政府軍が「タミルイーラムの解放の虎(LTTE)」を武力制圧させて終結しました。その際、スリランカ国軍反政府勢力LTTEの戦闘員だとして人びとを次々に拘束して連れ去りました。そうして連れ去られた夫や兄、弟、息子は音信不通となり、多くは二度と戻ってきていません。当時の大統領は、マヒンダ・ラジャパクサ大統領。そしてその弟のゴタバヤ・ラジャパクサ氏が国防次官。この兄弟が率いていた当時のスリランカ政府は、国軍が関与した失踪を認めず、失踪者の行方消息を明らかにすることも拒んだのです。失踪家族は、恐怖と暗闇の中にいました。



実は2020年現在希望があった時代過去のものになってしまいました。失踪家族はまた絶望の淵に追い込まれているのです。2019年11月、弟のゴタバヤ・ラジャパクサ氏が大統領に選出され、兄マヒンダ氏を首相指名し、再びラジャパクサ兄弟政権誕生したこときっかけでした。

二次ラジャパクサ政権は、前シリセ政権国連人権理事会での約束をさっそく破棄。さら戦争犯罪の疑いがかかる将校たちを出世させ、内戦の中でも特に悲惨な残虐事に対して行われていた国内調査を中断したり、スリランカ有罪を宣告された数少ない国軍兵士の1人(子どもを含む民間人8人を殺害した罪)に恩赦を与えたりしました。

それだけではありません。社会は再び分断されつつあります。現ラジャパクサ政権は、人口の4分の1を占めるタミル人とムスリムへの敵意をむき出しにしています。そして、ジャーナリスト人権活動家弁護士はもちろん、私が会った失踪家族さえもが、監視脅迫を受けるようになりました。第一ラジャパクサ政権蔓延していた恐怖の空気が戻ってきてしまったのです。


内戦終盤から内戦終結後も、第一ラジャパクサ政権は全土で強権的弾圧を続けました。首都コロンボでも、政権批判的だった著名なジャーナリストたちが路上暗殺されたり、拉致されて今も行方不明のままになっている事件が起きていますスリランカではかつては表現結社集会の自由がおおむね認められていました。しか第一ラジャパクサ政権下では、恐怖が社会支配していました。

ラジャパクサ兄弟2019年末に政権復帰を果たした結果、スリランカの私の友人たちは、弾圧を避けるために、あらゆることをしなければならなかった時代に戻ってしまったといいます

2021-11-18

パソナ戦争にも強いかもしれへん

2021年11月時点で、日本ワクチン接種率は大国ではトップなんだってさ。

短期間のうちに1億2000万人の国民の7割に予防接種を施すオペレーションは、パソナなどの流動的人材システムに長けた政商あってのことだろうな。

この柔軟な人材の大量導入、兵站軍事にも応用できそうだ。

からパソナ南海防衛やらせたらいいかもしれんね。

国軍でないか言い訳も利くわ。

2021-11-15

anond:20211115174255

「俺の人生最後っ屁なんだぞ!誰でもいいからってこのキモオタとはやり合いたくねえよ!」

「はぁ?なんで電車写真撮ってるだけで殺されそうにならなきゃならねえんだよ!金は払ってんだからお前らが退けばいいんよかったんだろうが!」

「私は女性の権利の為に声を上げただけなんですけど!!!!!私が殺されそうになる謂れはない!!!!!なーーーーーーーーーい!!!!寄るな!!!!」

「お、おいおい、これがバレたらお前らの方が終わりだぞ。お、お前らレスバで勝てないからってこんな事するとかマジチー牛って考えることが低脳だよな」

年金も少ないし最近若いのは老人を大切にしない!!!最近若いのは免許も持っとらんのだから仕方がないじゃろ!!ワシの運転安全じゃ!!ワシは弱いから杖を使って叩いてもよい!!」

「皆さんの不満はようわかります、ですが!与党はそういうことをしてこなかったじゃないですか!だから私は声を上げてきたんです!こんな目に遭う謂れはない!!」

無能!!!お前のせいで残業になってるんだろ!!俺を定時で帰らせろや!!あとこの部屋から出せ!!!おい無能!!!おい!!!

「あれ?なんで僕がここに呼ばれなきゃならないんですか?僕はここに呼ばれる予定は無いし、僕の戸籍を置いてる国ではこういう時に国軍が動いてくれるはずなんですけど」

 

 

想像しうる限りの毒素を集めてみたゾ

後で一緒に入ろうな

2021-11-04

政治的軍事的議論に詳しい人たちに訊ねたいこと

 「戦前戦時中日本同類好戦的国家から、大規模テロ攻撃を含めた軍事的攻撃・脅威を日本に加えられた場合に、どのように対応するか?」についての政軍略プランについて。

 別に煽りとかではなく、ただ率直な意見を聞きたい。

 「平和憲法に殉じて、無抵抗を貫いて大人しく殺されるべきである」や「逃げるのが可能人間から先に逃げればよい」から「今のうちに憲法改正してシビリアンコントロール体制を整え、即応できるように準備しておく」や「米軍無し日本単独でも戦えるだけの国軍として軍事力アップ」まで、何でもよいから忌憚のない意見を聞きたい。

 一つ想定されるのは「外国日本武力攻撃することはありえない。だから備える必要は無い」と主張して議論を避けるというケースであるしかし、私は少なくとも一つ、場合によっては日本への武力攻撃をも辞さな国家の心当たりがあるので、これについては「『日本他国から武力攻撃を受けることはありえない』というのはありえない」と言っておく。その日本への武力攻撃をも辞さな国家とは、アメリカ合衆国のことである

 「何を馬鹿な」と言われるかもしれないが、アメリカという国家は、それ以前は友邦であった国家地域であっても、ひとたびアメリカ自身理由が生じれば武力攻撃を厭わない国家である。私の言うことが嘘だ と思うならば、イラクその他の国家地域のことを思い出せばよい。

 現在日本においては軍事国家安全保障に関する問題を論じる場合、左右を問わずア・プリオリに「日米が再び戦争になることはありえない」と前提してから議論が行われている/行われてきたように私には見える。例えば「北朝鮮中国ロシア日本攻撃するか否か」のようにであるしか果たして、そうだろうか?北朝鮮中国ロシアの他に、日本武力攻撃する可能性のある国家として、アメリカ合衆国名前は挙げられ得ないのであろうか?

 少し前は「アメリカ覇権が衰えつつあるのだから、これから日本は、もっと中国に接近するべき」というような主張も見かけた。今でも見かける。もしかしたら今後の政局次第では、日本親中政権樹立して、中国への接近が実現するのかもしれない。その場合日本で起こると考えられるのが、アメリカインテリジェンス機関によるクーデター工作を通じた親米傀儡政権樹立作戦(このようなクーデターは昔のギリシアで実際に起きた)、親中日本人への暗殺テロ作戦などである。こうなれば、中国も同様のことを仕掛けるであろう。その後に待つのは何かと言えば、米・中によるインテリジェンス工作を受けて駒となった日本人同士で行われるテロ合戦軍事衝突という内戦であり、それらを一挙に『解決』するために行われる空爆などの大規模軍事攻撃である。もちろん「そうなった場合には、中国と新たな同盟を結んでアメリカ戦争しよう」「軍事的な実力差があって負ける可能性は高くても、アメリカ戦争するべき」「アメリカに対して再度のカミカゼ攻撃も辞さない」とかい意見も、それはそれで一つの意見である

 何にしても「場合によっては、あっけなく日本戦場になることは起こり得るのだ」という認識に基づいた上での意見議論が聞きたい。先の選挙では立憲民主党共産党議席を減らしたが、彼ら野党だけでなく与党もまた、早晩このような議論を迫られる日が来る。それを有権者注視している。「考えたくもない嫌なことだから議論を避けて誤魔化す」という手法をとる政党政治家は、必ず見抜かれる。仮に平和憲法に殉じて無抵抗を貫くと主張するにしても、きちんと無抵抗主義の実行に伴うと想定される死者数や損失を明示した上で「たとえ殺されても無抵抗を貫こう。国民である貴方大人しく殺されて下さい」と政治家知識人は主張するべきである選挙勝敗だけでなく、理念提示することも政党政治家には求められると言うのであれば、それが筋であろう。それは軍事力の増強を主張する側も同様であり、武力により応じる場合に想定される死者数や損失を明示した上で「それでも武力で戦う方が、国家全体では少ない損失になる。だから、たとえ死ぬ可能性があろうとも戦争になれば、国民である貴方も戦って下さい」と主張するべきである。繰り返しになるが、嫌な話を誤魔化さないで欲しいのである

 はてなは学がある頭の良い人たちが集う場なので、私は忌憚のない意見を聞きたい。

2021-11-03

政治的軍事的議論に詳しい人たちに訊ねたいこと

 「戦前戦時中日本同類好戦的国家から、大規模テロ攻撃を含めた軍事的攻撃・脅威を日本に加えられた場合に、どのように対応するか?」についての政軍略プランについて。

 別に煽りとかではなく、ただ率直な意見を聞きたい。

 「平和憲法に殉じて、無抵抗を貫いて大人しく殺されるべきである」や「逃げるのが可能人間から先に逃げればよい」から「今のうちに憲法改正してシビリアンコントロール体制を整え、即応できるように準備しておく」や「米軍無し日本単独でも戦えるだけの国軍として軍事力アップ」まで、何でもよいから忌憚のない意見を聞きたい。

 一つ想定されるのは「外国日本武力攻撃することはありえない。だから備える必要は無い」と主張して議論を避けるというケースであるしかし、私は少なくとも一つ、場合によっては日本への武力攻撃をも辞さな国家の心当たりがあるので、これについては「『日本他国から武力攻撃を受けることはありえない』というのはありえない」と言っておく。その日本への武力攻撃をも辞さな国家とは、アメリカ合衆国のことである

 「何を馬鹿な」と言われるかもしれないが、アメリカという国家は、それ以前は友邦であった国家地域であっても、ひとたびアメリカ自身理由が生じれば武力攻撃を厭わない国家である。私の言うことが嘘だ と思うならば、イラクその他の国家地域のことを思い出せばよい。

 現在日本においては軍事国家安全保障に関する問題を論じる場合、左右を問わずア・プリオリに「日米が再び戦争になることはありえない」と前提してから議論が行われている/行われてきたように私には見える。例えば「北朝鮮中国ロシア日本攻撃するか否か」のようにであるしか果たして、そうだろうか?北朝鮮中国ロシアの他に、日本武力攻撃する可能性のある国家として、アメリカ合衆国名前は挙げられ得ないのであろうか?

 少し前は「アメリカ覇権が衰えつつあるのだから、これから日本は、もっと中国に接近するべき」というような主張も見かけた。今でも見かける。もしかしたら今後の政局次第では、日本親中政権樹立して、中国への接近が実現するのかもしれない。その場合日本で起こると考えられるのが、アメリカインテリジェンス機関によるクーデター工作を通じた親米傀儡政権樹立作戦(このようなクーデターは昔のギリシアで実際に起きた)、親中日本人への暗殺テロ作戦などである。こうなれば、中国も同様のことを仕掛けるであろう。その後に待つのは何かと言えば、米・中によるインテリジェンス工作を受けて駒となった日本人同士で行われるテロ合戦軍事衝突という内戦であり、それらを一挙に『解決』するために行われる空爆などの大規模軍事攻撃である。もちろん「そうなった場合には、中国と新たな同盟を結んでアメリカ戦争しよう」「軍事的な実力差があって負ける可能性は高くても、アメリカ戦争するべき」「アメリカに対して再度のカミカゼ攻撃も辞さない」とかい意見も、それはそれで一つの意見である

 何にしても「場合によっては、あっけなく日本戦場になることは起こり得るのだ」という認識に基づいた上での意見議論が聞きたい。先の選挙では立憲民主党共産党議席を減らしたが、彼ら野党だけでなく与党もまた、早晩このような議論を迫られる日が来る。それを有権者注視している。「考えたくもない嫌なことだから議論を避けて誤魔化す」という手法をとる政党政治家は、必ず見抜かれる。仮に平和憲法に殉じて無抵抗を貫くと主張するにしても、きちんと無抵抗主義の実行に伴うと想定される死者数や損失を明示した上で「たとえ殺されても無抵抗を貫こう。国民である貴方大人しく殺されて下さい」と政治家知識人は主張するべきである選挙勝敗だけでなく、理念提示することも政党政治家には求められると言うのであれば、それが筋であろう。それは軍事力の増強を主張する側も同様であり、武力により応じる場合に想定される死者数や損失を明示した上で「それでも武力で戦う方が、国家全体では少ない損失になる。だから、たとえ死ぬ可能性があろうとも戦争になれば、国民である貴方も戦って下さい」と主張するべきである。繰り返しになるが、嫌な話を誤魔化さないで欲しいのである

 はてなは学がある頭の良い人たちが集う場なので、私は忌憚のない意見を聞きたい。

2021-09-11

anond:20210911042137

理屈ではまともに信仰する人いるわけないんだから、また右翼脅迫するんだろ

自衛隊尊敬しない奴は災害時に自衛隊に助けを求めるなよ!」つって靖国信仰を無理強いするんだろ

戦争の時と一緒

国家国軍国民脅迫して上位者に従わせるための宗教装置靖国

2021-09-09

anond:20210909231346

あれ本当不思議

金家専任医師がいて秘密警察国軍で体力指導員なんて無数にいるだろうに

完璧栄養食事を作るスタッフも隠れてお菓子くってないか監視する人もいる

彼が何でダイエットできないのか本当に不思議

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん