「リベラリスト」を含む日記 RSS

はてなキーワード: リベラリストとは

2023-02-04

一卵性双生児のA&A'姉妹、B&B'兄弟がいて、それぞれくっついてAB夫妻とA'B'夫妻が成立するパターン、ありがちだけど

AB夫婦からまれ男の子とA'B'夫婦からまれ女の子が愛し合って結婚するパターンもあるよね

でもこのパターン、近親婚かどうかって言ったら遺伝的にもポリコレ的にもガチギリギリセーフよね…

近親婚絶対排斥主義リベラリストも、面食らって何十時間も悩んでもつれ込んだあげくに浮かない顔で許可を下すタイプの非近親婚になる

プロポーズも挙式も出産ダブルで!

そっくり双子そっくり双子結婚して、4人で同居したら何が起きたか

https://courrier.jp/news/archives/299371/

2023-01-13

anond:20230113112931

人権を拡大した結果として他人人権を侵すなら法律などで境界を設けるべきだよねって議論リベラリズム文脈では表裏一体なんだけど、その境界線の引き方を平等にするか公平(=弱者特権を持たせた不平等)にするかでネトウヨリベラリストが分かれてる気がする。

で「俺様弱者だぞギャオーン特権を寄越せ」と喚いてる奴が評判を下げる。

anond:20230113111437

人は生まれながらに自由であり人権を拡大して人間自由さを尊重しようというリベラリズムネトウヨの大半も賛同してるんだけど、人権が侵されてるという可能性を棍棒に変えて弱者カードゲームを経由して一般人を超える特権を手にしようと試みるリベラリストは毛嫌いされてる。

世の中難しいね

2023-01-05

anond:20230104195325

積極的自由を確保しようとすればするほど、消極的自由は消えていく。

……までは、リベラリズム認識した上で、容認してたと思う。

でも、「リベラリスト消極的自由を消すために怒りと共に行動し始める=抑圧者になる」ということまでは想定していなかった。 

20世紀学問ありがちな感情を無いものとして扱っていた形だよね。

ホモエコノミストならぬ、理性的で寛容さを失わないホモリベラリスト、みたいなもんが想定されてた。 

 

それは端的に間違いだったと俺は思うんだよね。

公正の定義は、難しいのではなく、不可能なんだろう。感情を扱えないから。

そもそも元祖ポストモダニズムが(応用ポストモダニズムではなく)、一回不可能と断じたことなんだ公正の定義

2022-12-22

anond:20221222161353

片っ端から訴えて匿名リベラリスト実名晒し上げの嫌がらせをしつつ

訴訟が一通り終わる数年後に勝てませんでした。でカンパの余りとnoteやらで稼いだ金もってネットからとんずら。

千万くらいは稼げるんじゃない

2022-11-30

一部のインターネットリベラリストフェミニストGNU派なのでは?

ソーシャルリベラリストとかフェミニスト扱いされてる人、もしくはそのように自分自身を誤認している人も居るように思えるけど、GNUが掲げる「自身の所有物の制御権は自分自身が掌握すべき」という提言に物凄くしっくり来る人はかなり多いんじゃなかろうか
そしてそれは他者にも及び、他者制御権を奪っちゃいけないよねとなっている
更に言えば自身制御権を掌握できる仕組み作りをGNU賛同する皆でしようというのがGNUの試みだ
インターネット黎明期1985年以来、ずっと続けられている運動GNUなんだ

あなたの居場所ソーシャルリベラリズムとかフェミニズムではなくGNUなのでは?
そう思えてならない人がインターネット上に多すぎる

2022-11-21

今のリベラリストMastodon理解できないだろうと思わざる得ない

複数Mastodonサーバー存在し、それぞれが異なるレギュレーション運用しているという時点で拒否感が出るだろう。
何せリベラリストが信じる公正公平という基準価値観が、その他のMastodonサーバーでは基準価値観であるとは限らず、しか価値観の違うその他のMastodonサーバー書き込み連合(グローバルタイムライン)で普通に流れてくる。

本来ならばリベラリストからこそ理解できる概念なのだが、今のリベラリストからするとMastodonの仕組みはリバタリアニズムなので受け入れることが中々難しいのだ。
有識者に言わせればMastodonやActivityPubプロトコルなどの背景はハッカー文化であるし、ハッカー文化が影響受けたのはヒッピー文化であるので、むしろ今の日本リベラリストよりもMastodonなどのFediverseネットワークSNS界隈はずっとリベラルなのだ
しかTwitterを愛用したい今のリベラリストは「Mastodonリバタリアニズム」「陰謀論者が使ってる」「移行するのは意識が高いやつだけ」などとキャンペーンを打ち、どうにかしてMastodonリベラルでないという印象を作りたがっている。

自称リベラリストでありながらレギュレーションルール価値観単一でないという状態へ「理解」を示すことができない今のままでは日本リベラルは嫌われたままなんだろうと思う。
Mastodonへ移行するもしないのも「自由」なので好きにしたら良いとは思うけどMastodonリベラルでないというレッテル貼りはやめた方が良いぞと個人的に主張したい。

2022-11-20

anond:20221120122023

でもロシアウクライナ侵攻後は日本オールリベラルの欠落していた部分が露わになって、

保守寄りのモノホンリベラリスト達がメディアに出ずっぱりという状況ですよね。

2022-11-19

我が家猟師家系であり、暴力をどのように肯定しているのか?

このエントリは昨今の暴力性について思うところがあり書かれた。
具体的に言えば「直接的な暴力禁忌されると主張されながらも言葉暴力については無頓着である」ことに違和感を覚え、皆様が抱える心の問題について何らかのヒントになればと考えて作成している。

猟師とは、現代でもある意味でその暴力性を野放しにされている職業の1つだ。
銃火器や罠が法的に制限されている程度で猟師暴力性がすべて制限されているわけがなく、私自身も含め家の業(わざ)として猟師技術継承している人たちは箸一本あれば大抵のことはなせると言うだろうし、それがナイフやキリであればより効果的な使い方が出来る。
言うまでもなく私達は様々な命を奪い取り生計なす者達であり、警察軍隊武術家格闘家などと近似した暴力専門家である
法的な制限が緩いのは偶然であり、単に目立たないからそうなっているだけで機会が訪れればいくらでも法的に制限はされるものであると推測している。

私は猟師技術祖父と父に仕込まれたが普段から口すっぱく言われ続けたことがある。

「みだりに暴力を奮ってはならない」

私の心の成長に合わせ「みだりに暴力を奮ってはならない」の解像度は高くなっていった。
多くの人々は「みだりに暴力を奮ってはならない」と目にしたとき「そんなことは当たり前だろう」と考えるだろうが、今まさにあなた様が直感した意味の「みだりに暴力を奮ってはならない」とは少々違う教えを私は受けている。
なぜ私があなた様の想定を推測できるのか?と言えば、私自身も幼少期の頃はあなた様と同様の「みだりに暴力を奮ってはならない」と考えていたかである

しかたらこれを聞くと大反対したくなる方も居るかもしれないが「みだりに暴力を奮ってはならない」は「みだりに」なのだ
まり絶対的禁忌として暴力を封じた教えではなく、限定された条件がであれば暴力を発動しても良いとした教えである
そもそも我が家猟師であり、暴力の発動をなさねば食うに困り生きながらえることが困難になるので絶対的禁忌として暴力を封じることができないという事情もある。

私が中学生とき上級生と殴り合いの喧嘩したことがある。
今振り返れば喧嘩という表現すらおこがましく、先輩から最初の一撃を食らったので反撃へ移り一方的な状況にしたと表現したほうが良い。上級生は肋骨と肘関節にヒビが入った。もちろん意図的にやったこである解体の応用だ。
それを知った祖父と父は激怒した。特に祖父激怒しながら私へこう言った。

「男の暴力大事ものだ!大事ものからこそ最後まで取っておくんだ!男にとって大事ものなんだ!宝物なんだわかるか!」

祖父激怒していたので「男にとって」と勢いあまって言ってしまったが、今の大人になった私は「人間にとって」と解釈している。
あなた様が「みだりに暴力を奮ってはならない」と聞いたとき暴力は宝物」という解釈はあっただろうか?おそらく無いだろう。
中学生だった私は祖父のこの言葉へ衝撃を受けた。今まで暴力絶対的禁忌として教えられていたもの確信していたのに、そうではなく大事ものからこそ簡単に奮うなという教えであったことに気付いたからだ。
まりの衝撃に当時の私は自分はなんてことをしたのだろうと心から深く反省したし、2度と喧嘩暴力を使わないと自分ルール、戒めとして持つようになった。
(※中学生時代の私から暴力を受けた先輩はオブラートに包めば普段から大人たちを困らせる「やんちゃ」なタイプであった。偶然にも私へ「ちょっかい」をかけてしまったのだ。)

私はこれらのことから「皆様の大事な宝物である言葉暴力」について今一度考えて欲しいとお願い申し上げたい。

特に子供を持つ親であるのならば「暴力大事な宝物」という表現解像度は一層高いように思う。私も親となり解像度が高まった。
独身であっても例えば「法律上緊急避難」や「法律上正当防衛」「警察国軍暴力合法」がなぜ成立するのか?という部分で高い解像度を得られると思う。子供が出来るまで私は「暴力大事な宝物」という点で納得感を得ていた。警察国軍であってもみだりに使えば違法化しますしね。

言葉暴力」を「大事な宝物」と解釈したとき、その答えは十人十色となることが予想されるが私はそれで良いと考える。

最後に、男であっても女であっても、リベラリストであってもフェミニストであっても、あなた様の言葉暴力大事な宝物であるからこそ、みだりに奮ってはいけないのではないか?と提言をよせてエントリをしめたいと思う。

2022-09-28

anond:20220926214742

戦争反対の主旨には同意するけど、読んでから言及しような。「希望戦争」ってそんな無責任お気楽文章ではないよ。

丸山眞男」をひっぱたきたい 31フリーター希望は、戦争

http://www7.vis.ne.jp/~t-job/base/maruyama.html

 苅部直氏の『丸山眞男――リベラリスト肖像』に興味深い記述がある。1944年3月、当時30歳の丸山眞男召集令状が届く。かつて思想犯としての逮捕歴があった丸山は、陸軍二等兵として平壌へと送られた。そこで丸山中学にも進んでいないであろう一等兵執拗イジメ抜かれたのだという。

 戦争による徴兵丸山にとってみれば、確かに不幸なことではあっただろう。しかし、それとは逆にその中学にも進んでいない一等兵にとっては、東大エリートイジメることができる機会など、戦争が起こらない限りはありえなかった。

 丸山は「陸軍海軍に比べ『擬似デモラティック』だった」として、兵士階級のみが序列を決めていたと述べているが、それは我々が暮らしている現状も同様ではないか

 社会に出た時期が人間序列を決める擬似デモラティックな社会の中で、一方的イジメ抜かれる私たちにとっての戦争とは、現状をひっくり返して、「丸山眞男」の横っ面をひっぱたける立場にたてるかもしれないという、まさに希望の光なのだ

 しかし、それでも、と思う。

 それでもやはり見ず知らずの他人であっても、我々を見下す連中であっても、彼らが戦争に苦しむさまを見たくはない。だからこうして訴えている。私を戦争に向かわせないでほしいと。

 しかし、それでも社会平和の名の下に、私に対して弱者であることを強制しつづけ、私のささやか幸せへの願望を嘲笑いつづけるのだとしたら、そのとき私は、「国民全員が苦しみつづける平等」を望み、それを選択することに躊躇しないだろう。

2022-09-22

anond:20220921230235

価値観が違うだけの他人を見下してるから自称リベラリストが支持されないと言うのがよくわかる名文ですね

2022-09-06

日本人だったり男だったりオタクだったり、とりあえず自分と同じ属性人間を叩くことで自分がマシな人間になったと錯覚するタイプが嫌い。

しかもそういうのに限って親が金持ちリベラリストかぶれだったりするし。

親が金持ちなのに他罰的なリベラルってそれもう死んだほうがマシだろ。

2022-07-22

猫耳カチューシャ推し増田だがGNU派へ賛同転向します!

猫耳カチューシャ推し増田だがGNU派へ転向しま

とりあえず最初まさか...そんな...猫耳カチューシャ...最近知って素晴らしいものを読ませて頂けたことへ最大級の賛辞を贈りたい。
猫耳カチューシャは心を豊かにするのだと心新たにすることができた。

では本題だけれども、ボクのリベラルの根源はGNU宣言とフリーソフトウェア運動というエントリを読み、猫耳カチューシャ増田であると記名して書こうという思いに至って実際に行動している。

端的に言えば「猫耳カチューシャを装着するという自己決定擁護する側のケモノミストであり、その自己決定制御権は他者侵害されるべきではない」と考えている次第だ。
男であれ女であれ性別の型に依らず猫耳カチューシャを装着する自由があるべきだし、年齢がどうのとかどうでも良いじゃんと、猫耳カチューシャを装着したいなら、猫耳カチューシャパートナーを誘惑したいなら好きにやったら良いじゃんと思うのだ。

これまで猫耳カチューシャ増田ソーシャルリベラリズムに「猫耳カチューシャ自由」の根拠を求めていたが、近年の、特にインターネット上で支持される類のソーシャルリベラリズムはその理念に反して自己の発露を抑制し、あまつさえ規制しようという動きがあるのは否定できないはずだ。
あろうことか野党与党自己の発露を擁護しようという立場へ立った際に、与党差別化しようと政局しか考えず自己の発露の抑制へ歩みを進めるという愚を犯してしまった

共産主義政党は別として、与党よりもソーシャルリベラリズム政党として認識されていながらソーシャルだけに注力しリベラルを棄てるとは、そしてそんな政党を支持してしまインターネット上のソーシャルリベラリズム界隈には猫耳カチューシャ自由を預けることが正直出来ない。
いつしか猫耳カチューシャ店頭ネットショップから消えて流通されなくなってしまうのではないかと恐怖を覚えてしまうのだ。
あなた達は言ったじゃないか特定商品流通しないように社会合意をはかっていくと。

そんな恐怖に怯えている最中に読んだのが上記の「ボクのリベラルの根源はGNU宣言フリーソフトウェア運動」だ。
読めば読むほどGNU派にはケモノミストが求める猫耳カチューシャ自由があるではないか
猫耳カチューシャを装着する自由、ウサ耳カチューシャを装着する自由、4つ耳であっても良い、髪でヒト耳を隠せば良いじゃないかという自由、そしてケモノミミを装着しなくても良い自由すらある!
我々とあなた達の自己決定GNU担保する!

ソーシャルリベラリストよ、このエントリバカバカしさを受け止められるか?
「夫に猫耳カチューシャを着けたら最強じゃね?」という妻のバカバカしい声を受け止められるか?「猫耳カチューシャを着けた妻の可愛い姿を観たい」という夫のバカバカしい声を受け止められるか?
自分は、猫耳カチューシャ増田GNU派へ転向たからこそソーシャルリベラリスト達の「GNU派ってバカなのか?」という声すら受け止めようじゃないか

2022-07-19

anond:20220719171224

リベラリスト根拠は(中略)個人へ委ねられている。この問題点現在まさに問題視されている特定宗教団体問題と殆んど違いがない

現在まさに問題視されている特定宗教団体、すなわち旧統一教会問題は、霊感商法によって破産にまでいたる多額の献金プレッシャーマインドコントロール、合同結婚による海外への日本人女性に対するhuman trafficking など人権無視の疑いのある諸活動と、そのような団体政権与党の関与の疑いでは?

かに自称愛国者たちの言論活動反日を掲げるカルト関係世論的には重要ポイントになるだろう。

思想的な対立であるかのように言ってるけどどこまでも卑近で単純な話だと思うんだがなぁ

追記元増田は要するにリベラルだってカルトじゃん!と言っているっぽくて、そのうえで同じカルトなんだからこれは思想内容の対立だ!と持っていこうとしているように見える。しかし実際はリベラリズム、あるいは保守主義でさえ思想のもの特定個人権威に頼ったものとは言い切れず、さらに本件の問題統一教会活動内容そのものにあると思われるがいかがか

anond:20220719182110

ほかでも言われてるけどリベラル根拠政党からそうなってる

はてなリベラリストの多くの根拠実質的に旧民主政党支持者であること、もしくは反自民であること

リベラル定義はどう考えてもそうじゃないのに実質的にそれが根拠になってしまっている

現在ソーシャルリベラリズム限界をそろそろ認めるべきでは?

現在の、現在ソーシャルリベラリズムな。
現在なので変化をしたら将来的にはソーシャルリベラリズムが最も悪くない選択肢と言われるかも知れない。

んで、現在ソーシャルリベラリズム、いやもっと狭めようか、現在日本ソーシャルリベラリズムを信望するリベラリスト根拠特定政党もしくはインフルエンサー的な個人へ委ねられている。
この問題点現在まさに問題視されている特定宗教団体問題と殆んど違いがないと言って良く、政治団体から良いのだと言ってしまえば、それは過去暴力革命を行おうとした政治団体存在歴史を軽視していると言わざる得ない。我々はそれを実際に経験しているのだから

現在日本ソーシャルリベラリズム限界とは、そのソーシャルリベラリズム根拠特定政党もしくはインフルエンサー的な個人へ委ねられているということなんだ。
しかもその限界は、アンチ思想であっても同じこと。反自民であれ反共産であれ反オタクであれ反フェミニズムであれ、自民党共産党オタクフェミニスト存在根拠として駆動している。
例の事件根拠は反統一教会だ。反自民や反フェミニズムと何が違うのか。安倍に恨みがなくとも統一教会擁護する立場にあればこの世から抹消する、その漫画に恨みがなくとも表現の自由擁護する立場にあればこの世から抹消する。何が違うのか。

現在ソーシャルリベラリズム限界を認めよう、そして新しいソーシャルリベラリズム模索しよう。
そうしなければ違いなど決してありはしない。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん