「排他的」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 排他的とは

2020-05-13

新型コロナウィルス騒動で失ったもの

・集結してはいけない

握手してはいけない

・人を(感染していると)疑え

自分を(感染していると)疑え

これって要するに人を信じるな団結するなってところにつながってくるんじゃね?

今の他県狩りが象徴するように、今後は局所的なコロニー排他的政治・経済活動するのが一般的になって、揉め事とか増えそう。

既にこんな感じになっている田舎民が今後暗躍するのかもしれない。

俺も岩手に住もう。

2020-05-09

2.5次元舞台に某歌劇団出身の人がキャスティングされてから

愚痴です。

タイトルのとおりの展開があって、否が応でもつのファンの間につながりができてしまった。

Twitterではそれぞれのファンによるクロスオーバー的な妄想ツイートが行き来してる。

それはいい。

その中で2.5ファンが「歌劇団ファンチケット戦争に参加してますますチケット取れなくなる?」等の不安を口に出してた。

それに対して、歌劇団ファンが「我々は奪い合うのでなく譲り合います」的なことを言ってた。

歌劇団ファンマナーがいいので安心してね的な話をそこかしこで見かけるようになった。

ちょっと調べてみたら、歌劇団の独特な風習がわんさか出てくる…

中にはいかにも女の集団って感じの、自由と言いつつ参加しなかったら村八分だよね的なものもあって正直ドン引き

私設ファンクラブによるチケット斡旋とかアリな文化なんだ。

これ絶対2.5次元、というか他のファンには馴染まない文化でしょ。

これを持ち出して「マナーがいい」とか言ってたのか。

ていうかあれだけ大きな団体がこんな旧時代的で排他的コネクション命みたいな活動を黙認して儲けてるのか……

昔いた職場仕事ろくにしないくせに高級取りのお局おばさんがいて、そのおばさんが歌劇団役者パトロンごっこしてたこと思い出した。

こんなシステムの中にズブズブだったならさもありなん、と思った。こういう人が牛耳ってるんだな……

控えめに言っても関わりたくない…

2.5次元ファンにも思うところがあるので、ファンが入り乱れるのは怖いな。

いやもう面白いかもしんない。

2020-04-29

anond:20200427160037

youtubeスーパーチャット(「コメントを目立たせる」ための課金機能)を投げた人ばかり構って、投げない人はその投げた人が構われてるのを延々と黙って見続ける時間が増えた

スーパーチャットを投げた人の名前配信の終わりに読み上げる配信者も増加(つまり配信大事な1コーナーとして扱ってる)

そもそも他のYouTuberの場合登録者数が100万人規模であっても、あまりスーパーチャットの量がないこともあって、都度話を止めて「〇〇さんありがとうございます」って言ってることが多くない?

スーパーチャットの量が多いところだとスーパーチャット(投げ銭)がされると投げ銭のお礼をするアニメーションが画面の左上とかに出るだろ。

「Thanx 〇〇!」みたいなアニメーションで当たり。Twitchで多いよな。

あと一部の投げ銭に特化した配信とか1時間配信時間ずっと投げ銭のお礼してるだけの放送とかあるからそれに比べたらだいぶマシだわ。

にじさんじでいうと「にじぱちぱち」が後者機能類似しているんだけど、思ったより流行ってないのが予想外だわ。

たぶん課金煽ってるみたいに思われたり、邪魔だって思われてるんだろうけど、最後に読み上げるより良いと思うんだけどな。

いずれにせよ、スーパーチャットを読まれ自己顕示欲を満たしたい人のための妥協策として仕方ない範囲だろ。

個人的には要らないと思ってるけど。

youtubeでのファンクラブのような扱いのメンバーシップという有料機能も加わると、メンバーシップ会員しかファンとして認めない排他的配信者も続出

企業勢もメンバーシップ会員しか見れない限定配信を連日おこない、もはや一般視聴者配信すら見ることができない

バーチャルyoutuberを名乗りながら、youtube以外のサイト配信を始め、そこでも会員限定配信を行うせいでyoutubeとそのサイトの両方の会員になるために課金しないと配信すら見れないパターンも頻発

この辺はニコニコチャンネルができた頃となんも変わってないよな。

時代って回るよな。

総じてVTuberだけの話じゃなくない? っていうかこういうの繰り返されてない? 

2020-04-27

anond:20200427215254

近い間柄ってのがあまり想像できないなぁ。

1対1、排他的関係ってのが自分の中に無いのかも。

VTuberの集金ムーブがひどすぎる

みんなバーチャルyoutuber見てる?

俺は見てたけどもう疲れた

ゲリラとか、長時間配信とか疲れた理由は色々あるけど、一番の理由最近では当たり前のようになってしまった集金ムーブ

youtubeスーパーチャット(「コメントを目立たせる」ための課金機能)を投げた人ばかり構って、投げない人はその投げた人が構われてるのを延々と黙って見続ける時間が増えた

スーパーチャットを投げた人の名前配信の終わりに読み上げる配信者も増加(つまり配信大事な1コーナーとして扱ってる)

youtubeでのファンクラブのような扱いのメンバーシップという有料機能も加わると、メンバーシップ会員しかファンとして認めない排他的配信者も続出

企業勢もメンバーシップ会員しか見れない限定配信を連日おこない、もはや一般視聴者配信すら見ることができない

バーチャルyoutuberを名乗りながら、youtube以外のサイト配信を始め、そこでも会員限定配信を行うせいでyoutubeとそのサイトの両方の会員になるために課金しないと配信すら見れないパターンも頻発

・口を揃えたようにほとんどのVTuberが「みんな無理しないでー」と言うがグッズ連発、有料サイト誘導スパチャ要求のための記念配信連発と、ひたすらに金をせびる(無理しないで、金出せる限り出せ、という意味かな?)

最近人気の個人VTuberも、にじさんじやホロライブみたいな企業VTuberも、こんな奴らが増えてきてる

バーチャルyoutuberブームから2年以上、せっかく配信自体は楽しく見てたのに、この半年ほどで急激に集金ムーブが増えたせいで今じゃ業界自体気持ち悪くてたまらない

小銭払えばいいだけ?そりゃそうだ

でも、無料youtubeでの配信から見てるんだよこっちは

youtuberなら例えばヒカキンさんが同じことやってみろよ?こんなの大ブーイングだろ

今までは無料で見て、その上でファンになって、そして応援したいからグッズ買ったりする、っていう健全な流れだったじゃん

何でいきなり有料の会員登録させられたり、金払わないとファンとして認めてもらえなかったり、更には配信すら見れないんだ?

ファンになる前に、視聴者になる入り口すらねーよ、今のVTuber

もう消えちまえよ乞食ども

2020-04-25

地域コロナ自警問題はどっちを応援すればいいんだろう

自粛要請を聞いてくれずに車で遊びに行く他県ナンバーのお客さん

❷他県ナンバーの車を見かけただけでコロナ感染源だと思って攻撃してくる地元の人

リベラルとしては、どっちを応援すればいいのか分からなくて困る。

排他的田舎なんて非難したい気持ちもあるけど、陽性の人の移動で本当に感染が広まると、地方妊婦さんや病気の人が困るだろうし・・・

女性専用車両みたいに弱い人を守るための緊急避難として、差別ではないけど問題が残る社会的区別として容認するしかないのかな。

でも法律もないのに自粛要請でお互い見張って行動を縛るなんて、戦前監視社会のものだよね。

欧米みたいに移動を禁止する法律を作らない政治家が一番悪いと言いたいけど、もしそれで憲法までいじると、それはそれで安倍に好きなように改憲されそうで困るし・・・

2020-04-24

日本人=毎回ノーガード戦法で自滅する民族?🤔

コロナ後の世界 - 内田樹研究室 http://blog.tatsuru.com/2020/04/22_1114.html

 

■「独裁か、民主主義か」という歴史的分岐点

コロナ以前」と「コロナ以後」では世界政治体制経済体制は別のものになるでしょう。

 

最も危惧しているのは、新型コロナウイルス民主主義を殺すかもしれない」ということです。

こういう危機に際しては民主国家よりも独裁国家の方が適切に対処できるのではないか・・・と人々が思い始めるリスクがある。

 

今回は中国都市閉鎖や「一夜城」的な病院建設医療資源の集中という、民主国家ではまず実施できない政策を強権的に下して、結果的感染抑制成功しました。

中国他国支援に乗り出した。どの国も喉から手が出るほど欲しがっているもの国内で潤沢に生産できる。このアドバンテージを利用して、習近平医療支援する側に回った。

 

今後、コロナ禍が終息して、危機を総括する段階になったところで、「米中の明暗を分けたのは政治システムの違いではないか」という議論が出て来るはずです。

少なくとも現時点では、アメリカンデモクラシーよりも、中国独裁制の方が成功しているように見える。

欧州日本でも、コロナに懲りて、「民主制制限すべきだ」と言い出す人が必ず出てきます

 

中国はすでに顔認証システムなど網羅的な国民監視システムを開発して、これをアフリカシンガポール中南米独裁国家に輸出しています

そういう抑圧的な統治機構に親近感を感じる人は自民党にもいますから、彼らは遠からず「中国に学べ」と言い始めるでしょう。

 

 

■なぜ安倍政権には危機管理能力がなかったのか

東アジアでは、ほぼ同時に、中国台湾韓国日本の4か国がコロナ問題に取り組みました。

中国はほぼ感染を抑え込みました。

台湾韓国は初動の動きが鮮やかで、すでにピークアウトしました。

その中で、日本けが感染が広まる前の段階で中国韓国ヨーロッパ情報が入っているというアドバンテージがありながら、検査体制治療体制も整備しないで、無為のうちに二カ月を空費した。

準備の時間的余裕がありながら、それをまったく活用しないまま感染拡大を迎えてしまった。

 

―― なぜ日本は失敗したのですか。

 

内田 為政者無能だったということに尽きます

これだけ危機的状況にあるなかで、安倍首相官僚の書いた作文を読み上げることしかできない。

ドイツメルケル首相イギリスボリス・ジョンソン首相ニューヨークアンドリュー・クオモ州知事まこと説得力のあるメッセージを発信しました。

それには比すべくもない。

 

一つには、東京オリンピックを予定通り開催したいという願望に取り憑かれていたからです。

そのために「日本では感染は広がっていない。防疫体制完璧で、すべてはアンダーコントロールだ」と言い続ける必要があった。

から検査もしなかったし、感染拡大に備えた医療資源の確保も病床の増設もしなかった。

最悪の事態に備えてしまうと最悪の事態を招待するかも知れないから、何もしないことによって最悪の事態の到来を防ごうとしたのです。

これは日本人に固有な民族誌的奇習です。

気持ちはわからないでもありませんが、そういう呪術的な思考をする人間近代国家危機管理に当るべきではない。

 

「準備したが使用しなかった資源」のことを経済学ではスラック(余裕、遊び)」と呼びます

スラックのあるシステム危機耐性が強い。スラックのないシステムは弱い。

 

東京五輪については「予定通りに開催される準備」と「五輪が中止されるほどのパンデミックに備えた防疫対策の準備」の二つを同時並行的に行うというのが常識的リスクヘッジです。

五輪準備と防疫体制のいずれかが「スラック」になる。でも、どちらに転んでも対応できた。

しかし、安倍政権は「五輪開催」の一点張りに賭けた。それを誰も止めなかった。

それは今の日本政治家や官僚の中にリスクヘッジというアイディア理解している人間ほとんどいないということです。

久しく費用対効果だとか「ジャストインタイム」だとか「在庫ゼロ」だとかいうことばかり言ってきたせいで、「危機に備えるためには、スラックが要る」ということの意味がもう理解できなくなった。

感染症の場合、専門的な医療器具や病床は、パンデミックが起きないときにはほとんど使い道がありません。

から、「医療資源効率的活用」とか「病床稼働率の向上」とかいうことを医療の最優先課題だと思っている政治家や役人感染症用の医療準備を無駄だと思って、カットします。

そして、何年かに一度パンデミックが起きて、ばたばた人が死ぬのを見て、「どうして備えがないんだ?」とびっくりする。

 

 

コロナ危機中産階級が没落する

―― 日本が失敗したからこそ、独裁化の流れが生まれてくる。どういうことですか。

 

われわれに出来るのは、これからその失敗をどう総括し、どこを補正するかということです。

本来なら「愚かな為政者を選んだせいで失敗した。これからもっと賢い為政者を選びましょう」という簡単な話です。でも、そうはゆかない。

 

コロナ終息後、自民党は「憲法のせいで必要施策が実行できなかった」と総括すると思います。必ずそうします。

コロナ対応に失敗したのは、国民基本的人権配慮し過ぎたせいだ」と言って、自分たちの失敗の責任憲法瑕疵転嫁しようとする。

右派論壇からは、改憲して非常事態条項を新設せよとか、教育制度を変えて滅私奉公愛国精神を涵養せよとか言い出す連中が湧いて出て来るでしょう。

 

コロナ後には「すべて憲法のせい」「民主制は非効率だ」という言説が必ず湧き出てきます

これとどう立ち向かうか、それがコロナ後の最優先課題だと思います

心あるメディアは今こそ民主主義を守り、言論の自由を守るための論陣を張るべきだと思います

 

―― 安倍政権コロナ対策だけでなく、国民生活を守る経済政策にも失敗しています

 

内田 コロナ禍がもたらした最大の社会的影響中間層の没落」が決定づけられたということでしょう。

民主主義の土台になるのは「分厚い中産階級です。

しかし、新自由主義的な経済政策によって、世界的に階級二極化が進み、中産階級がどんどん痩せ細って、貧困化している。

 

ささやかながら自立した資本家であった市民たちが、労働以外に売るものを持たない無産階級に没落する。

このままゆくと、日本社会は「一握りの富裕層」と「圧倒的多数貧困層」に二極化する。

それは亡国のシナリオです。

 

―― 中産階級が没落して民主主義形骸化してしまったら、日本政治はどういうものになるのですか。

 

内田 階層二極化が進行すれば、さら後進国すると思います

ネポティズム縁故主義がはびこり、わずかな国富を少数の支配階層排他的に独占するという、これまで開発独裁国や、後進国しか見られなかったような政体になるだろうと思います

森友問題加計問題桜を見る会などの露骨ネポティズム事例を見ると、これは安倍政権本質だと思います

独裁者とその一族権力国富を独占し、そのおこぼれに与ろうとする人々がそのまわりに群がる。

そういう近代以前への退行が日本ではすでに始まっている。

 

 

民主主義遂行する「大人」であれ!

―― 今後、日本でも強権的な国家への誘惑が強まるかもしれませんが、それは亡国への道だという事実を肝に銘じなければならない。

 

内田 確かに短期的なスパンで見れば、中国のような独裁国家のほうが効率的運営されているように見えます民主主義合意形成時間がかかるし、作業効率が悪い。

でも、長期的には民主的国家のほうがよいものなんです。

 

それは、民主主義は、市民の相当数が「成熟した市民」、つまり大人」でなければ機能しないシステムからです。

少なくとも市民の7%くらいが「大人」でないと、民主主義システムは回らない。一定数の「大人」がいないと動かないという民主主義脆弱性が裏から見ると民主主義遂行的な強みなんです。

 

民主主義市民たちに成熟を促します。王政貴族政はそうではありません。少数の為政者が賢ければ、残りの国民はどれほど愚鈍でも未熟でも構わない。

国民が全員「子ども」でも、独裁者ひとりが賢者であれば、国は適切に統治できる。むしろ独裁制では集団成員が「子どもである方がうまく機能する。

から独裁制は成員たちの市民成熟求めない。「何も考えないでいい」と甘やかす。

その結果、自分もの考える力のない、使い物にならない国民ばかりになって、国力が衰微、国運が尽きる。

その点、民主主義国民に対して「注文が多い」システムなんです。でも、そのおかげで復元力の強い、創造的な政体ができる。

 

民主主義が生き延びるために、やることは簡単と言えば簡単なんです。システムとしてはもう出来上がっているんですから

後は「大人」の頭数を増やすことだけです。やることはそれだけです。

 

―― カミュは有名な小説ペスト』のなかで、最終的に「ペスト他人に移さな紳士」の存在希望見出しています。ここに、いま私たちが何をなすべきかのヒントがあると思います

 

内田 『ペスト』では、猛威を振るうペストに対して、市民たち有志が保健隊組織します。

これはナチズム抵抗したレジスタンス比喩とされています

いま私たち新型コロナウイルスという「ペスト」に対抗しながら、同時に独裁化という「ペスト」にも対抗しなければならない。

その意味で、『ペスト』は現在日本危機的状況を寓話的に描いたものとして読むこともできます

  

ペスト』の中で最も印象的な登場人物の一人は、下級役人グランです。それがカミュにとっての理想的市民としての「紳士」だったんだろうと思います

紳士」にヒロイズムは要りません。過剰に意気込んだり、使命感に緊張したりすると、気長に戦い続けることができませんから日常生活を穏やかに過ごしながらでなければ、持続した戦いを続けることはできない。

コロナ以後」の日本民主主義を守るためには、私たち一人ひとりが「大人」に、でき得るならば「紳士」にならなけらばならない。私はそう思います

2020-04-20

anond:20200420105525

福音派がとんでもなく幅を効かせてたり、アメリカって全体で見れば超絶排他的で前時代的な農業国家だよね。

文化的に一部の都市部フォーカスされるだけで、全体のモラルはめちゃくちゃ低い。

2020-04-18

東京の人は田舎に行っちゃダメ

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/mainichi.jp/articles/20200417/k00/00m/040/323000c

東京の人が田舎に行くとこんな酷い目に遭う。

田舎排他的で、攻撃的。

こんな酷い目に遭いたくなかったら、絶対に今の時期に引っ越し帰省、ましてコロナ疎開なんてしちゃダメからね。

それにしても、大勢田舎に行った昭恵さんだって何も問題ないと擁護されているのに、この男性攻撃されるのは本当にわけがからない。

2020-03-16

anond:20200316081611

東北人の方が酷いよ

大阪はユーモラスな感じだけど

東北は本当に排他的から

2020-03-05

神戸の人って神戸の事どう思ってんの?

神戸に引っ越そうかと思ってこの間行ってきたんだけど世間イメージとかなり違うよね

ハイカラでお洒落って言っても

今の時代どこの地方都市もそこそこお洒落な街になってるし

それより神戸の街にまだ戦後引きずってるような雰囲気があるのに驚いたんだけど

B地区までは行かないんだろうけど

なんとなく全体的に街がちょっと荒廃してるよね

赤線が現役なのにも驚いた

いくつか店を周って

人は意外と排他的というか値踏みする

一人客は珍しいのかな

2020-02-27

正しさは人を救わない

人は苦しい時、正しくあることで救われようとする。これは自分が正しければ悪いことは起こらないはずと言う直感によるものだ。この直感公正世界仮説と呼んだりもする。

しかし、正しさは人を救わない。なぜなら公正世界仮説は間違っていて、世界というのは理不尽からだ。その人の正しさはその人の幸せ保証しないからだ。

正しさが人を救う例外が一つだけある。それは宗教だ。なぜ宗教なら正しさで人を救えるのかというと、その宗教世界観をもって公正世界仮説を無理やり構築しているからだ。例えば、悪いことをすると地獄に落ち、正しく生きれば天国に行ける、などという世界観で。

この宗教世界観を信じるのならば公正世界仮説は仮説ではなくなる。正しく生きれば良いことに報われるという、現実とは違うことが真実となる。

余談だが、ポリティカルコレクトネス宗教的に信じている人々がいるように見える。政治的に正しく生きれば人生が報われると考えている人はやはり公正世界仮説を信じており、それは現実とは違う宗教に他ならない。

そして、公正世界仮説が間違っているという理由のほかに、正しさが人を救わない理由がある。

それは、正しさというのは正しくないものへの糾弾内包しているからだ。自分けが正しければいいという態度を取り続けれられる人は仙人みたいなものだ。普通の人は自分が正しいという確信があればあるほど正しくない人への糾弾をし始める。宗教が時に排他的になるのもこれが理由だ。だが、他者糾弾することがその人を救うことにつながるかというと、これもまた否である

そして、その糾弾は時に自分にも牙を剥く。間違えない人は居ないというのに正しくあることを自らのアイデンティティとしてしまうと、間違えたとき自分糾弾してしまう。自らを裁判にかけるというのは非常に苦しいものだ。

からやはり、正しさは人を救わないのだ。

2020-02-24

ゆるふわLGBT」とか「ファッションオタク」とか

同性愛者でもトランスでもないけど、異性装は好き」「仕草が異性的と言われると嬉しい」という人がいる。現代ではそれを"gender expression(=ふるまう性)"という概念で語るのだが、それには「そもそも"expression"とは何だろう?」という議論から始めなければならない。

それは自己実現であり、世間に対して決めるポーズであり、観客に見せる演技である。それはしばしば「ファッション」という言葉で(揶揄的に)語られる。「あいつはファッションで○○やってる(=本気でやってない。人生賭けてない)」という具合に。考えてみれば「fashion(=流行)」とはそういうものだろう。テレビでよく見る「オネエタレント」が昨今のLGBTブームに苦言を呈す、なんて記事も時々目にするが、「ガチ勢」が「エンジョイ勢」を恨みがましく睨みつけるのはいつの時代も変わらない。しかしまあ、排他的業界が衰退するのも世の常で、結局のところ大きな流れには身を任せるしかない。受け入れるしかない。それはとっくにみんな気付いてるだろう。

ところで「ファッション」といえば服装のことを指す文脈も多い。このようなメトニミーは、多くの人にとっての(前述の意味での)「ファッション」を実現する最も主要な手段服装設計であることに由来する。(語源の話をするならむしろなのだろうが。)しかし、インターネットの普及とともに、匿名コミュニケーションが発達した現代では、それ以外の形で「ファッション」を実現することが要求されるようになったのではないか

SNSアイコンや、bioにズラッと並べたアニメタイトルは、彼らにとっての「ファッションなのだ。もちろん「絵を描く」こともそう。さらには気に入った表現リツイートしたり、「いいね」したり、タイムラインや(公開の)お気に入り一覧を設計することも含めて、全てが彼らの「ファッションなのだ

オタク」のハードルも随分下がったな、と思う。かつては「ファッションオタク」と揶揄されていた層が、いつの間にやら主流になった。私はそれでいいと思う。それでこそ正しい潮流だと思う。LGBTしろ、「オタク」にしろ、「ガチ勢」はそれをアイデンティティの支えとしているからこそ「エンジョイ勢」を目の敵にするのだろう。その気持ちはわかるが、それ自体が「ガチ勢」も所詮は「ファッションであることの証左でもあるのではないか自己実現ハードルなんて低くていい。もっと肩の力を抜いて生きていこう。新しい仲間を受け入れていこう。難しいことは置いといて、みんなで楽しく笑えばそれでいいじゃん。

2020-02-16

春日井とか一宮って土着民が排他的で居心地極めて悪いって聞いたぞ。

anond:20200216220849

春日井とか一宮って土着民が排他的で居心地極めて悪いって聞いたぞ。

2020-02-10

大阪人が中○人や朝○人と似ているのは確かだが

まり言ってやるな。あいつら大の外国人嫌いだからウヨが多いのが何よりの証拠。たぶん国内外国人に対して容赦が無く排他的な数少ない地域だと思う。外国人が店内に居ただけで一目散に逃げるしな

2020-01-31

大阪人別に義理人情味にも溢れていなければ開放的でもない

しろ冷たい方であり人が倒れていても放置するか、もしくは見て見ぬふりをする人(一部はそうじゃない人間もいるが)の方が圧倒的に多い。大阪人敬遠する東京人間よりよっぽど冷たいし馬鹿に出来る立場でもない。下町っぽい浪○区や西○区でもこの始末なのである古来より大都市で人が各地に移動する必要がなかったのか土着の人間が多く、そのためか余所者地域から来た人間基本的に嫌い(特に関東九州人間田舎者だと思って下に見がち)で関西弁を使わなかったり面白くない人間は仲間でも何でもない部外者という認識。だから学校会社だと大阪人同士のコミュニティ余所者同士の2コミュニティが出来上がる構図となる。もちろん外国人だってから追い出したいくらい嫌っているし一切合切関わりたくないのが大阪人本音。そんな排他的地域でも人口はそれなりに居るから世の中はよく分からない物である

2020-01-29

ヒトラーユダヤ人をどうするべきだったのか?

放置していればユダヤ人に国の中枢を握られる、搾取されるまま

しかユダヤ人追放するのは、争いを引き起こし国を疲弊させる事になるので策としてはだめだった。

ではどうするべきだったか、といえば、

ドイツ人以外の外人に、ドイツ人の3倍の相続税をかけ、その収入を全てドイツ人の子供の養育費へと注ぎ込む様にし、人口爆発を起こさせればよかった

ユダヤ人には一人っ子政策を進ませ、二人めからは重税を課すようにすれば

結果的排他的ゲットーは縮小し、ドイツ国民の血を残しつつ平和に過ごす事が出来たのではないか

優生思想に感化されすぎて、平和的な解決が出来てなかった。

2020-01-21

anond:20200121170838

ならんかったとなれんかったは排他的概念やないって前も教えたったやろ

いい加減学んでいかいかんで

2020-01-20

anond:20200120170524

俺が言いたかったのは特定サービスをアゲたいんじゃなくて、排他的ではなから全てを規制で潰そうとする姿勢問題を挙げたかった。それって海外出てないことに起因してるんじゃないのって言う問題提起。

2020-01-18

anond:20200118092301

できないとしないは排他的概念ではないやで

「しないじゃなくてできないだろ」という言及おかしいやで

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん