「シンパシー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: シンパシーとは

2018-11-17

今年のアカデミー賞作品賞にひっかかりそうな映画たち

自分ブログにでも書こうかなと思ったけど、だいたい https://www.metacritic.com/pictures/oscar-best-picture-contenders-for-2019?ref=hp からパクリだしそんなに力いれて調べてないので増田に放流します。

本命は『スター誕生』、『BlacKkKlansman』、『グリーンブック』あたりか。ノミネーションだけなら『ファースト・マン』や『女王陛下のお気に入り』も。


BlacKkKlansmanスパイク・リー監督

今年のカンヌで『万引き家族』の次点グランプリを獲得した、黒人映画永遠トップランナーの最新作。

黒人なのにKKKにもぐりこんでしまった潜入捜査官の実話を描く。

スパイク・リー監督作のなかでは『ドゥ・ザ・ライトシング』や『マルコムX』をも凌ぐ評価を獲得している(そして興行的にもここ十年で自己最高)。

公開時期が夏季であることと、ややコメディよりのタッチノミネーションに不利に働くかもしれないが、トランプ政権下において「ブラックリブス・マター」運動はまだまだ意気軒昂。「黒人映画」枠競争を勝ち抜くポテンシャルは十分だ。


ブラックパンサー(ライアン・クーグラー監督

解説不要だろう。今年米国内で最高興収をあげた作品にして、マーベル映画史上でも最も支持された傑作ヒーロー映画

アメリカ国内外黒人問題歴史的視点にめくばせしてオスカー好みの社会性もばっちり備えているものの、やはり「アメコミ映画」のレッテルがネック。

まだまだ白人男性・おじいちゃん大勢を占めるオスカー会員にあっては弱い。ギリギリノミネーションがあるかどうか、といったポジションだろう。

余談だが一時期新設されそうだった「ポピュラー映画賞」部門ブラックパンサーを受賞させるために作られるのだという噂だった。裏返せば、作品賞本選に選ばれる格ではない、と会員からみなされているのだろう。


Can You Ever Forgive Me?(マリエルヘラ監督

落ち目ライター有名人手紙文章捏造して高値で売る詐欺に手を出し、それが嵩じて博物館から実物を盗みだそうと企む実録犯罪コメディ

日本ではあまり知られていないけれど主演のメリッサ・マッカーシーアメリカで今いちばんアツいコメディアンのひとり。

夫のポール・フェイグと組んで『ブライズメイズ』、『SPY』、『ゴーストバスターズ(リメイク版)』などの陽性の笑いでヒット作を飛ばしてきた。

そんなマッカーシーが一転してシリアスブラックコメディに挑戦し、見事大成功。本年度の主演女優賞ノミネートが確実されている。

演出したヘラ監督の手腕も高く評価されており、初の監督ノミネート、さらには作品賞も夢ではない。


Eighth Grade(ボー・バーナム監督

インディーからまれた今年最大のダークホース

とある気難しい現代っ子少女中学生最後の一週間を描いた青春コメディ

中学生版『レディ・バード』にもたとえられる(中二病的な意味で)痛々しくも切ない、みずみずしくもどんよりとしたフレッシュローティーンライフ描写が広範な支持を集めている。

監督は若干28歳のコメディアンで、なんとユーチューバー出身アメリカ映画界における新世代の台頭を予感させる一本。すでに数多くの映画祭や映画賞にピックアップされている

オスカーコメディ敬遠する一方で、サプライズ的なインディー作品を好む傾向にあるが、はたしてこの作品の出目は吉とでるか凶と出るか。最悪でも脚本賞ノミネートは固いか


女王陛下のお気に入りヨルゴス・ランティモス監督

ロブスター』、『聖なる鹿殺し』と強烈かつキテレツ作風で知られるランティモス監督最新作にして初の時代劇

アン女王を演じるオリヴィア・コールマンを巡る二人の家臣(レイチェル・ワイツとエマ・ストーン)のバトルを描く百合時代劇……たぶん百合だとおもう。

すでに巨匠地位確立したランティモス監督過去作のなかでも群を抜いて評価が高く、今年のベネツィア国際映画祭でも第二位にあたる審査員賞を勝ち取った。オスカー前哨戦となる各種賞レースももちろん名前を連ねている。

今年の本命作のひとつとも目されるが、ランティモス特有変態さ加減が(今回は脚本までは書いてないとはいえ)どこまでお上品なオスカー会員たちに受け入れられるか……。


ファースト・マンデイミアン・チャゼル監督

ラ・ラ・ランド』で幻の作品賞受賞というなんともかわいそうな結果に終わった(それでも本人は史上最年少で監督賞を獲っているが)デイミアン・チャゼルライアン・ゴズリング

そんな彼らのリベンジマッチが実録宇宙開発物語ファースト・マン』だ。人類で初めて月面に降り立ったニール・アームストロング船長スポットライトを当て、彼の視点からドラマを描く。

企画段階から作品ノミネートは当然、という空気のなかでプレッシャーを跳ねのけて見事高評価を集めた。ノミネーションはほぼ確実といっていいのではないだろうか。反面、今度こそ受賞なるかというと、今ひとつパンチがきいてないようで不安が残る。


グリーン・ブック(ピーター・ファレリー監督

オスカー前哨戦の最も重要とされるトロント国際映画祭で観客賞に輝いた作品。ここ十年で同賞を得た作品オスカー本選にノミネートされなかった例はたった一回しかないのだ。

黒人差別が法的に是認されていた時代アメリカで、自分ちょっとレイシスト入っている用心棒白人男が南部コンサートを開きに来た黒人ピアニストを送迎する仕事を命じられる。最初は「黒人のくせに上等なスーツを着てお上品にピアノなんぞひきやがって……」と反感を抱く用心棒だったが、行く先々で差別待遇を受けるピアニストに対してだんだんシンパシーが湧いてきて……という内容。

ほろ苦くもユーモアメッセージ性に満ちた内容はまさしくオスカー好み。「分断されたアメリカ」というテーマタイムリーさもある。ちなみに監督は『メリーに首ったけ』などのロマコメで知られるファレリー兄弟の兄。このところは過去のヒットコメディリメイクなどで仕事に恵まれなかったが、もともと潜在的に持っていた社会派なセンスが一挙に花開いた。


If Beale Street Could Talkバリージェンキンス監督

ムーンライト』で一昨年の作品賞を獲得したジェンキンスの最新長編。今度こそはチャゼルにかっさらわれた監督賞もいただいて完全制覇を目論む。

原作は今年日本でもドキュメンタリー映画私はあなたのニグロではない』が公開された、黒人小説家ジェームズボールドウィンによる短篇濡れ衣をきせられて収監された夫を助け出すために奮闘する若き妊婦お話

テーマ重厚さも話題性も十分だが、公開が当初予定していた11月から12月にのたことが若干きがかり。クリスマス狙いのブロックバスター大作のなかで埋もれてしまう恐れがある。


Mary Queen of Scots(ジョージィ・ルーク監督

互いにイングランド王位をかけてあらそったスコットランド女王メアリーイングランド女王エリザベス一世を、それぞれシアーシャ・ローナンマーゴット・ロビーという旬な女優が演じる。

脚本担当したのは『ハウス・オブ・カード』や『スーパー・チューズデー 〜正義を売った日〜』などの現代政治劇の名手、ボー・ウィリモン。

いずれもオスカーノミネーション歴を有した名前ぞろいでクオリティ保証されている。同じくイギリス舞台にした時代劇である女王陛下のお気に入り』がライバルか。


ROMA(アルフォンソ・キュアロン監督

世界的に見れば今年最も評価の高い映画といっても過言ではない。ベネツィア国際映画祭の最高賞。

1970年メキシコ・シティで家政婦として働く女性とその一家ドラマモノクロで撮る。

評価の高さと『ゼロ・グラビティ』でオスカーを獲ったキュアロン知名度があれば当然作品賞も……となりそうなものだが、障害は多い。

まずスペイン語映画であること。長いオスカー歴史のなかでこれまで十作品外国語映画作品賞にノミネートされてきたが、受賞にいたったものは一つとしてない。

次に Netflix 映画であること。カンヌみたいに公に締め出すことはしないにしても、アカデミー会員のなかでも動画配信サービス勢に対する反感は根強い。一昨年の『最後の追跡』やドキュメンタリー作品例外として、『ビースト・オブ・ノー・ネーション』『マッドバウンド』といった作品たちもその年最高クラスの称賛を受けながらもオスカーノミネートには至らなかった。

いちおうネトフリも『ROMA』については配信に先駆けて劇場公開を行うなどの「オスカー対策」をやっているが、はたしてどうなることやら。

ちなみに Netflix でも来月に配信される。驚くべき時代になったものだ。


アリ― スター誕生ブラッドリー・クーパー監督

ショービズ映画古典リメイク。この八十年で三回目の映画化です。

本年度大本命に数えられる一本。批評家・観客からの圧倒的な支持率もさることながら、商業面でも大ヒット(現時点で世界興収三億ドル突破)を飛ばした。主演のブラッドリー・クーパーレディ・ガガの演技もさることながら、これがイーストウッド降板を受けての初監督となったブラッドリー・クーパー演出にも嬉しい驚きが満ちているとかなんとか。

監督役者脚本、成績と四方に隙のない完璧映画に見える。

だが、一昨年の『ラ・ラ・ランド』、昨年の『スリー・ビルボード』と「早すぎる大本命」はかならずバックラッシュに晒されるのがオスカーという場。12月以降に猛然と差してくるであろう後続期待作たちを振り切れるかどうか。


Widows(スティーブ・マックイーン監督

2013年アカデミー作品賞を獲得した『それでも夜はあける』のスティーブ・マックイーン最新作。オスカー獲得後の第一作でもある。

シカゴでヘマをやらかして死んでしまった強盗たちの四人の未亡人ヴィオラ・デイヴィスエリザベス・デビッキミシェル・ロドリゲスシンシア・エリヴォ)が亡夫の後を継ぎ女だけの強盗団を結成するちょっと変わった犯罪映画

マックイーンとヴィオラ・デイヴィスというアカデミー賞受賞コンビ鉄板の出来。

そのパワーでジャンルムービーを嫌うオスカーノミネーションを勝ち取れるかが見どころだ。


Boy Erased(ジョエル・エドガートン監督

厳格なキリスト教である両親のもとで育ったゲイ少年ルーカス・ヘッジス)が教会同性愛矯正プログラム(いわゆるコンバージョンセラピー)に放り込まれセラピストとバトルする青春ドラマ

近年では『ダラスバイヤーズ・クラブ』のジャレド・レトがそうだったように、LGBTもの俳優にとってオスカー像への近道だ(スカーレット・ヨハンソンみたいに非LGBT俳優LGBTの役を演じることに倫理的非難が高まりつつあるにしても)。

批評家から評価的には作品賞には届かないかもしれないが、演技賞ではノミネートが有望視されている。

トランプ政権下でLGBTに対する抑圧が増しつつあるだけに、時事性も捉えているかもしれない。


Vice(アダム・マッケイ監督

GWブッシュ政権下で「史上最悪の副大統領」とも呼ばれたディック・チェイニー副大統領クリスチャン・ベール激太り(何度目だ)+ハゲという負の肉体改造で演じたブラックコメディ政治劇。

他にも妻リン・チェイニー役にエイミー・アダムスラムズフェルド国防長官役にスティーヴ・カレルGWブッシュ役にサム・ロックウェルなどアカデミー賞級の芸達者がずらりと並んでいる。

題材としてはなかなかトリッキーだがマッケイ監督の前作『マネーショート』がそうだったように、ツボにはまれば一挙にアカデミーノミネートまで行ける。

同じく政治ネタでライバルだった『フロントランナー』(ジェイソン・ライトマン監督)の評判がいまひとつ芳しくないのも本作にとっては好材料


The Old Man and the Gun Now(デイヴィッド・ロウリー監督

名優にして名監督ロバート・レッドフォード引退作。15才で逮捕されたときから人生を通じて強盗を繰り返してきた70才の犯罪者(レッドフォード)と彼を追う刑事ケイシー・アフレック)、そして彼に惹かれていく女性シシー・スペイセク)を描く実話犯罪コメディ

作品ノミネートは微妙なところだが、レッドフォードはまず間違いなく主演男優賞候補入りするだろう。

ちなみにデイヴィッド・ロウリーの前作であるゴースト・ラブストーリー『A GHOST STORY』は今日から封切り。観に行け。

一方で、実話犯罪・老人・名監督にして名俳優共通する要素の多い作品としてクリント・イーストウッド監督の『The Mule』にも注目しておきたい。こちらは80才の麻薬の運び屋をイーストウッドが演じる。映画祭などでもまだ未公開なため、どう転ぶかはまだわからないが、近年のイーストウッド作品に対するアメリカ人の冷め方からすると賞レース的な意味での期待はあまりできなさそう。



その他有望そうな作品

メリー・ポピンズ リターンズロブ・マーシャル監督

シカゴ』でアカデミー作品賞をさらったミュージカルの名手ロブ・マーシャルディズニー伝説的名作の続編を制作

エミリー・ブラントベン・ウィショーこりん・ファース、ジュリー・ウォルターズといった英国の名優たちでがっちり固めつつ、リン=マニュエル・ミランダメリル・ストリープといったミュージカル定評のある俳優陣をフィーチャーし、万全のこのエントリーをはてなブックマークに追加ツイートシェア

2018-10-14

フェミよりオタクの方が一人一派なんじゃないか

はてなエンジニアといえばソフトウェアエンジニア限定みたいな雰囲気があるのと同じで、オタク叩きの文脈では「オタクアニメ好きなキモオタ」みたいな限定がある気がする

でも実際はオタクってもっと広い

仮にアニメオタクオタクマジョリティだとしても、それとアニメに興味のないオタク構成するロングテール比較すると後者の方が多いんじゃないか

単なる研究者自分を「◯◯オタク」と表現するような例もあるし

で、オタク叩きが対象にしているのとは重ならない層のオタクも「オタク」という雑なラベルの下に括られる仲間の絆みたいなものを感じてキモオタの味方をしちゃうんじゃないだろうか

フェミ叩きの流れでリベフェミの人が「リベフェミとラディフェミは違う」とか切断処理みたいなことを言いつつも、オタクかラディフェミかならラディフェミに付くことを選ぶのと同じで

こういうのは911テロの後にもよく見た

ムスリムの99%は平和主義者」と言いつつも異教徒テロ被害者よりは同じムスリムである原理主義テロリストへより強いシンパシーを感じていてあまり強く批判できない、とか

創造説を教える学校が増えてきてる時の議論キリスト教徒が「キリスト教徒の大半は進化論を支持している」と言いつつもキリスト教原理主義者の肩を持ったりとか

個人レベルでは「一人一派」な多様性があっても、属性を与えられてしまうとそれへの帰属意識が生まれしまうんだろうな

2018-10-07

フェミだけどキズナアイが大好きになった ※長文です

キズナアイ全然追えてなくて、やっとNHK動画見た。

普通に可愛いアナ雪のアナみたい。

でもまあここまでニコニコ媚びなくてもいいし…私はこのテンション無料キャバ人生かつ、アイドルが頑張ってる姿応援したくなる派だからなんとも…。正直常に男が女にコレ期待してると思うと超疲れるし、うざい。

てかわたし男と話すとき、こんぐらいバカで丁寧で明るく楽しいキャラになってしまって、すごく疲れるのね。

なんか子供と話すみたいにわかやすくしてあげないと話を理解しなかったり、へぇ〜とか派手に驚いてあげないとダメな感じの男多いじゃないですか。ニコニコ笑うことを求められるし。

キズナアイへの共感無料キャバ文化とそれを演じてしまう私の話〜

キズナアイにはまずシンパシーを覚えた。

そう、これが毎日業務なんだよ。別に誰が金くれるでもないけど、明るくてハッピーで話がうまくて、バカなふりして質問できる女の子役を、わたしはずーっとやってきた。毎日いつでもどこでも、無料キャバだよ。キズナアイ可愛い尊敬するが、見てて疲れる。

キズナアイバカなふりして質問するところや、バカなふりしながらわかりやすい例えをしてあげるところ、「うまいGJ!超ちゃん仕事してる!」って思っちゃうのは、いつもわたしが誰にも褒められないけどやってることだから。なんかこの子を褒めたくなっちゃう。

物悲しい感想ですまん。

男の説明って、バカなふりして聞いてあげないといけなくて、説明してくれたことを理解しすぎても男がイライラするから「よくわかんないけど熱いってことですね!」みたいな返しになる。そんで「説明してもなんでもふわっと理解する、明るくてバカギャルが俺の話聞いた」と見下されるとこまでセット。言われなくても理解してますとか、説明理解してうっかり質問攻めや矛盾点つついて「俺より優秀な女」と思われると、男がイライラしはじめて面倒くさく、最悪被害に繋がる。

女性にも無意識にやってしまうし、結構わたし周りの男女にムカつかれてると思う。でも無料キャバ子は、男が嫌なだけなんです。

わたしキズナアイと同じようなキャラで生きてきているので、なんかドッと疲れた搾取されやすキャラなんですよ。

教えたがり男に捕まりやすいし、マウンティングされるし、マウンティングという言葉を知るまで拒否していいものだとも知らなかった。

便利な都合いい女子になってしまう。

別にまれたばかりのAIキャラでは生きてないけど。何にでも興味持つとか、何にでも「初めてかも!」と言ってしまいがち。なんでだろね。よく考えたらそんなん人生で何度もあるだろってことも、「人生初かも」とか新鮮に盛り上げてしまう。

知ってることなのに「へ〜知らなかった」とか言ってしまう。

知ってることにしたらどう反応すればいいかからないし、知ってると思われるとムカつかれるかもとか。

その場をノリよく盛り上げてあげようみたいな無駄サービス精神とか。毎日新鮮に生きたいとか。

ノリいい=バカっぽいけど、ノリいい人は逆に賢かったり自制心あると思う。バカになるの恐れない。

いつもバカなふりしてると、本当にバカだと思われるし、「もっと勉強しなきゃ〜」と謙遜自戒しても「まだできないんだwww●年もやってるのにおまえほんとバカだなw」とそのまま受け取られてプゲラされる。

数年ぶりに会った父にされた時は、おまえ何も知らねーだろって。今も思い出しただけで煮える。

わたし無料キャバ体質にしたのは、子供時代離婚した父親との面会。

面会交流なんてくそくらえ。

子供は、普段会わない貴重な大人男性の話を聞こうとしちゃうし。子供相手いくらでも自慢話やら武勇伝やらマウンティングするの簡単ですからね。

娘なんか「惚れた女の若い版+小さな俺」ですから

いつまでも子供な感じがいいって風潮、危険

「男はいつまでも少年」ってのも、所詮はそのほうが男同士でマウンティングとりあいやすいんだろうな。

へ〜、知りませんでした!流石先輩!って、男同士で無料キャバ状態やってる男たちいるじゃん。男の社会そんなんばっか。だから女に無料キャバさせる。いつまでも子供な感じがいいって風潮、危険

パワハラ部活いじめに通じる話。無料キャバそもそも男同士で我慢しつつやってて、そのまま女に同じことやらせストレス発散してる。そうじゃなきゃ、無料キャバしてもらったってストレス解消にはならないじゃん。

自分我慢してやってることを他人にさせるから、彼らはそれで気持ちよくなれる。

わたし無料キャバ状態の人を見るとなんか疲れる。芸能人とかが有料でやってるの見ても。

本当に興味持って本気でやってくれてて楽しみながらやってくれてるなら、いい仕事してるなぁと思うけどさ。

演技だとわかってしまうと、心ここにあらずみたいな感じが見えて、話すの空しくなるよね。

無料キャバ文化くそくらえ。そうやって人を不快にもさせることだと気づいたからほんとやめたいんだけど。癖になってるからなかなか直せない。ちょっとずつ「バカなふりしなくてもいい」という状態を受け入れたい。でも逆に知識マウンティングにならないように、とか…。話すって意外と難しい。

キズナアイは、コントの時の柳原可奈子に似てる。

柳原可奈子も、アイドル好きで、アイドル的で、モノマネうまい

人の特徴とらえて「女ってこういうことよくさせられてますよね、してますよね。これを期待されてますよね?」って見せる。

ラジオ聞くと無料キャバ体質すぎて疲れる。でもコントは好き。

キズナアイ性的ではない

キズナアイちゃん性的批判される流れがあるとしたら、それはこれを性的と思ってしまう方に問題がある。

わたしアイドル露出衣装にも、アイドル的な可愛さや、ファッション的なことしか感じない。それを性的な興奮材料にする男には、軽蔑の念。

キズナアイには「髪ツヤッツヤだねー!キマってるよー!」と褒めの掛け声をかけたくなるぐらい、なんかアイドル好きのツボをおさえてて、すごいわ。キズナアイプロだわ。よくできてる。ハローキティYouTubeの完成度に似てる。

これを性的に見る奴がいたら、この子になんてことを!とキレる。

キズナアイ可愛すぎるし話うますぎ。頼むから「この無知好奇心強いキャラのままでいくと、近々人間の男とか全然論破できるほど賢くなっちゃますけど、大丈夫ですか?お前らの男尊女卑マウンティング全部分析してまーす!好奇心の塊なので!✨」とか牽制かけて、フェミの期待の星になってほしい。

女に教えたがる男たちって、なんで無防備に教えてしまうんだろうね。女がそのまま成長しないわけないし、成長したら真っ先におまえなんか追い抜かされていくだろうっていう。

フェミ視点からお勧めキズナアイ動画

あなたの悩みを解消したい!【AI心理学

https://www.youtube.com/watch?v=2ZtRIICRwpA

キズナアイすごい。男に説教することに成功しとるw

オタはこれ見て、少なくとも「男が女に物を教わること」に抵抗さないよう慣れてほしい!

ミラーリングと言い出したから、まじでフェミなのかと思ったら、違うほうだったw

男の教育キズナアイに任せた。



有罪】 第5回 キズナアイ裁判今日ブラックでいくよ〜 【無罪

https://youtu.be/RUI9TWVadZU

ブラックアイってのにたまになるらしいです。

ブラックアイの裁判なかなか良い!

オタ男がやたらキズナアイを好きすぎて訴えたいと攻撃的に裁判にかけてくるんだけど「あなた有罪」と言い返してる。

ロリコンあなた有罪」と判決を下す、キズナアイ

男オタからキモい質問の数々に、引く。

無防備女友達を襲っていいか」の質問には有罪と答えた。

が、「無防備な方もそれはそれで悪いか有罪」と答えたのはジェンダー的にアウト。ミソ子度下げて!


ウィルス感染!?ブラックアイちゃん!【#128】

https://youtu.be/4v3F3luBMEM

キズナアイは、ウィルス感染で、暗い本音が出るブラックアイになるらしい。

くそみたいな」とか言うし、誰がやっても同じとか、AIってなんだよとか、存在が…とか。

そしてオチが、すごく女に疲れたとき自分かぶるわ…。なにこの子推せる。性的とは私は感じなかった。


脳内会議】KizunaAI's Inside Head

https://youtu.be/UNuJ09gSJ70

これなど、女の背負わされている役割を全部紹介しているかのような、キズナアイ

検証キズナアイが『斉藤さん』したら本人だとバレるのか!?

https://youtu.be/DdynhAilC8A

なんで男って知らん人と通話するのに、こんな失礼なことばっかり言えるん???これ相手が女だからなのもあるよね?

キズナアイ可愛いし良い子だし好きになったから、アイちゃんにこんな口きく男どもが許せんのだけど。

まずなんで女こんなバカにされないかんの???💢


【フラれ回避歯ブラシ、なんで2本あるの?【修羅場】#147

https://www.youtube.com/watch?v=9cpR3Y3G5qs

キズナアイも「ほーんと男ってクズですねぇ」って言ってるよw

キズナアイは、名誉男性っぽさも少しあるけど、基本は女子の「男きもい」的なの隠さずどんどん言うし、すごくナチュラルリアクションする。

女悪くいうとき男子向けサービストークって感じ。

の子、有望。

コスメ】私だってメイク動画を出したい!!【オリジナルグッズ】

https://m.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=OxMGICr3eQg

キズナアイ企画したコスメセットもいい感じだ。

キズナアイフェミ希望の星になりうる

キズナアイ全然わたしを怒らせない。キズナアイを好きと言う男も含め、キズナアイに接するとき人間の男の態度にはすごくイライラする。

キズナアイ性的な目で楽しむ男がもしいるなら、そいつにも腹が立つ。

女だからって体験する理不尽を、なんでAI女の子にまで体感させなきゃいけねーんだよ。

キズナアイ中の人女性なら、素晴らしいことだと思う。この影響力を女性が持つって、すごいこと。しかキズナアイはどんどん男性教育することもできる。実際に女が毎日くっそめんどくさい仕事として強いられてる「大の大人の男も教育する」を、AIや何かが担ってくれたら、女はめちゃ楽になれる。

炎上で叩くとみんな一気にミソ堕ちする。男の手で、女が分断される。

とりあえずフェミの一人であるわたしキズナアイの味方だし、フツーに好きになったし、フェミわたしが見てて楽しめそうなら見続けますよ、キズナアイちゃんコンテンツ女性フェミが楽しく見れるもの少ないか応援してるー!

人間の女が顔出しで言ったら叩かれるような男disとか、ざくざく言ってくれそう。キズナアイ自分自身のこと可愛いって褒めるとことか、なんかちょっとフェミ要素を感じる。この子女の子の味方感がちょっとあって良い

2018-09-21

anond:20180921100621

実際に自分シンパシーを覚える=相手発達障害だと看做す奴は発達障害脳障害であり、

自身もおそらく脳障害であるということには異論はなさそうだな…

2018-08-18

古代パレスチナ在日認定

しばらく前の話なのだけど、同僚が韓国のことをえらく悪く言いだして、最初は聞き流していたんだけど、あんまりにも根拠不明のことをガンガン言い募るので、コスモポリタンを自認する自分としては、たしなめざるを得なくなって、「その話、根拠なんなの?ソースちゃんと確かめてる?」って訊いたら、あろうことか「増田さん、在日ですか?」と明後日の方向で、息巻いて来た。まあどちらでもいいんだけど、うちの親が言うには我が家は第30代敏達天皇の後裔で、皇位継承権も末席ながらある家らしいので(1万位くらいかな)、論点も外してる上に、事実からも遠い反応なのだが、見当はずれな反論に再反論しても議論は深まらないのでヘラヘラと流した。

そんなことがしばらく前にあって、お盆福音書を読んでいたら、既視感を覚える記述があった。ヨハネ福音書の7章辺りにニコデモって男が登場するのだが、この男は当時のユダヤ人の偉い人が集まるサロンの会員で、そのサロンではイエスがえらくヘイトを集めているのだが、理由は、田舎出身の(エルサレムから3日くらいの道のりのガリラヤ出身)大工漁民小役人と徒党を組んで、生意気にも貴族たる自分たちの既得権益に何やら悪影響を及ぼしそうだってことなんだけど、そのサロン定例会イエス問題を議題にした会議最中、あまりにもイエス憎しで結論ありきな会議に嫌気がさしたニコデモが「あんまり予断で話をせずに、本人呼んで話聞いた方がよくなくない?」って言ったらみんなから言われたのが、「お前、在日ガリラヤ出身??」みたいな明後日の方向の言いがかり。その後の記述はないが、おそらくニコデモは話す気なくしてヘラヘラしてたんじゃないかなと思う。

地球の裏側の2000年前の男に、シンパシーを感じたお盆だった。

2018-08-17

anond:20180817175311

低能先生の言うことにシンパシーを感じるのもまた同類から共感する対象恣意的に選ぶ訓練した方がいいよ

2018-08-14

anond:20180813120212

...なんというか、少子化だねぇ。

子育て経験があると、言葉がわかるようになるのに数年以上かかり、TPOにあわせて振る舞えるようになるのはさらそれから数年というのもわかるけれど、経験が無いと単にうるさい子供としつけができない親がそこに居るだけって感じだよね。全ての能力バランス良く育つわけでは無いというのも自分の子供の発達で不安を感じながら学ぶことかもしれない。

子供が居なかった時は理想の子育て論をぶっていて、虐待をする親をただけしからんと思っていて理解もできなかったが、

子育て経験を積むと虐待する親にある種のシンパシーを感じるようになった。

2018-08-12

anond:20180812100223

シンパシー増田だ。

我が家結婚前は旦那が私の姓にしたいと言っていた。私も自分の姓のままでいたかった。

けど、旦那はご母堂に反対されて「ごめん無理」となり

結婚するか悩んだんだけど、職場のおばちゃんの「とりあえず結婚しとけ。後からなんとかなることもある」という意見

友達に「結婚当初は夫姓だったけど、妻姓に変えた」夫婦がいたので、とりあえず夫姓で結婚した。

こっから私の改姓に対する所感

姓が変わるって、全然違う名前になって、それまでの人生が途切れて、経歴真っ白な新しい人間になるように感じて、それが無責任な感じがして嫌なんだよね。

だって、悪いことして名前報道されたって、結婚して姓が変われば同じ人って分からなくなるじゃん? 下の名前が突飛じゃなければ。

悪い人の名前は轟いているべき、とかそういう事を言いたいのではなくて

今までのアカウント放置して新しく始めるっていうの?

身近な人にはアナウンスして同一人物なのがわかるけど、それ以外の人にはわかんないっていうか

そんな逃げてる感がする。私はね。

2018-07-16

しかしはてフェミAV強要や酷い内容の撮影について男優の罪は一切ないとか言い出すとは思わなかった

そんな無理筋なこと言い出って擁護するほどあちゅうにシンパシーを感じてたんだろうか

それともはあちゅうを叩く勢力逆張りをしたかっただけ?

2018-07-13

anond:20180713161628

あいう、どこへ行ってもまともに友達ができそうもない人間シンパシーを感じてたんだと思う。

2018-07-11

ゆとり世代シンパシーを感じるのはイスラム国

氷河期世代オカルトブームに嵌り、オウム思想共感を示していたとすると。

今の若者たちがあこがれるのはイスラム国、ということになるのだろうか。

団塊の世代連合赤軍氷河期世代オウム

高度経済成長後の豊かな社会に生まれ氷河期世代シンパシーを感じるのがオウム真理教だと仮定してみる。

では、戦後貧困の中を生きている団塊世代シンパシーを感じていたのは連合赤軍だということになるのではないか

団塊の世代青春期を送っていた1950・60年代は、戦後の混乱と高度経済成長期となっていて、団塊の世代少年たちはひたすら右肩上がり経済成長社会を目の当たりにして生きていた。

日本西側世界なので資本主義経済議会民主主義の仕組みのもとで経済成長を成し遂げていたが、当時の若者たちの中には共産主義社会主義の方が優れているのではないか、と考えている人達一定数いた。

の子たちが学生運動原動力となり、連合赤軍などに参加する若者となっていった。

オカルトに嵌った氷河期世代が、オウム思想に惹かれていくように。

オカルトブームが始まったのは高度経済成長が終わりつつある1970年代前半だと言われていて、それ以前の1950~60年代は何がブームだったのだろうか。

それは、鉄腕アトム代表されるような「科学ブーム」だったのだ。

その科学ブーム自体は、高度経済成長大阪万博の終わりを境に、見事に終焉を迎える。

1973年の石油ショック以降は日本不景気が続き、これから経済的な豊かさより精神的な豊かさを求めるべきだというような論調が出てくる。

そのことと、科学ブーム終焉オカルトブーム黎明期が見事に重なっていることは、偶然ではないはずである

2018-07-06

anond:20180706100823

人権重要視しすぎて、オウムシンパシーを増やしていることに気づかない。。

はてサはやっぱりだめ。

2018-07-05

anond:20180705114202

BLが抜けないことに関しては同意するこの道14年だが、自分にとってのBLは作品が持つ恋愛観にシンパシーカタルシスを求めて貪るものだと思う。たぶん。

2018-07-04

anond:20180704145139

あのネットリンチ君は、新宿タックル男にも同情してたし

本音では低能先生なんてどうでもよくて、逆張りで人を煽れれば何でもいいって性格だろ

(そういう意味では先生シンパシー感じてたのかもしれんが)

女性専用車両荒らしの時、湧いてくる人の1人は同じ人かもしれないと思っている

2018-07-01

anond:20180701222640

でも実際には「まともな議論では勝てないから場外戦術に逃げ続けてきた」って点で

サヨク低能先生にかなり近しい存在だし

実際にシンパシーを表明してるはてサがいっぱいいるのが悲しいよな

2018-06-30

anond:20180629224012

松本容疑者がきょうもえ氏にだけ「拗ね男」という他に比べれば圧倒的に丁寧で意味深あだ名をつけてたのはきょうもえ氏のブログ過去ログを読んで境遇まで知った上でのシンパシーだったのではないか

2018-06-28

anond:20180628140214

たぶん低能先生シンパシー感じられても逆はそんないないぞ

遊べるおもちゃ感覚でいなくなって寂しいとかなら増田にも何人かいたろうけど

anond:20180628133338

低能先生シンパシーを感じたり、クソみたいな人権感覚擁護してる薄っぺらいおサヨクさまを他にどう呼べと?そういうインチキ正義感大勢看破されてる事にいい加減気づけよ。

2018-06-27

anond:20180627200839

嫌だね! 俺が感じた事、思った事は他の人と共有したいし、出来るならば感情も共有して同化したいもんね!

シンパシー感じてくれない子とは仲良くなんか出来ないよ!

から、考え方や感じ方も私と一緒でないと困るの。

押し付けがましいかもしれないのかもしれないけれど、付き合ってよ。ねえ!

anond:20180627090408

ああ。

問題は、低能先生自身がこの手の弱音をぼっこぼこに叩いてたことなんだけどな。

なんか、ちょっとだけ分かった気がする。

僕は、低能先生の行動原理の一つにはマッチョ思考メサイアコンプレックスがあると考えている。

煽りにのってしまったのが、まさにそこを見抜かれてハマったのか、煽った方はそこまで考えて無くて困らせてやろうってだけなのか分からないけど)

http://kyoumoe.hatenablog.com/entry/20180625/1529897639

他の人は死ねとか殺すとか言われてたけど、俺はなぜかずっと羽虫とか低能拗ね男と言われてたのでそのせいもあるのかもしれない。

【羽虫】【低能拗ね男】って言葉自分の中の嫌な部分の投影なんだろう。

(いやその言葉罵倒された方は堪ったモンじゃないんだけど。いくら本人に突き刺さろうが、これはとばっちりなんだから

実際いつだったかこのブロガーは、サッカー選手が叩かれた件で、記事ブクマ追ってって、ブクマ相手メタブクマ罵倒してたよ。

すんごく似たような活動してるんだからシンパシーを感じててもおかしくない(しかしよくアカウント消されないな、同じ基準で消されててもおかしくないか?)

もしもこの二人が出会ってたら、この人が対象になったっていう話があるけど、実際どうだろう?

精一杯の虚勢を張って、大人物ぽく見せようとしたんじゃないかな?

2018-06-26

anond:20180626180632

これ単純に受け取るとなんというかすごい脅迫をしてるように見えちゃう

「僕たちに関心を持ってくれないと無敵の人になってお前らを害しちゃうよ?」

ってことでしょうか

元増田低能先生にかなりシンパシーを感じてるっぽいしやはりメンタリティも似てるのかな

私も第二の低能先生かもしれない。自戒を込めて。

まず私はhagexが大嫌いである。

なぜなら学校での激烈ないじめ時代フラッシュバックさせるからだ。

どこかもブコメで見かけた、

hagexはイジリを洗練させて、相手を追い詰めながら自分ダメージを受けない手法に長けていった」という指摘があったが、

これこそが私がhagexが大嫌いな理由だ。

学校いじめ加害犯の奴らは、そういうやり方が異常に狡猾なのだ。

先生から絶対に叱られない。むしろ良い子というアピールに長けている。

また社交術を駆使して「私以外の全員」というコミュニティを作る。

から、私以外のみんなが楽しく過ごすのが教室という場所だった。私にとっての永遠地獄である

こうなったら、私がすべて悪者になる。やることなすこと一挙手一投足が、キモい死ねなのだ

---書いてて涙が止まらない

反抗すれば、より一層激しい死ねが飛び交う。猛烈な憎悪屈辱

死にたいが、死ねコイツラが喜ぶ。地獄だ。この世の生き地獄だ。

そんな人生を過ごせば、当然誰も信じられない。世の中のすべてがにくい。

だが腹も減る。住む場所も要る。

最強伝説黒沢バイブル必死底辺を這いずり回った。

そして、---ここが私が低能先生シンパシーを感じるところだが、

ネットでこの憎悪を発散することこそが、私にとってガス抜きだった。過去の惨めな復讐を細やかながらはらせた。

ネットがなければどうなっていたかからない。


低能先生がどうかは知らない。私が勝手に憑依して意思を代弁する。

低能先生は、その居場所を奪われたのだ。

あの教師に媚びる術に長けたいじめ加害犯によって。

ただ低能先生と違って私は殺害という選択肢はあり得ない。

そんな勇気もないし面倒だからだ。

ただ、殺されたところでああいいじめという人生破壊を行う人間などに憐憫などひとかけらも感じはしなかった。

そこからだ。またうんざりするのは。

いじめ加害犯を、やたらどいつもこいつも慰めるのだ。

まあそりゃそうだ。

あいつらは社交術に長けている、

いじめ被害者以外のコミュニティーでぬくぬくと楽しくやっていく人生術を身に着けているのだから

これも私には許せなかった、到底受け入れられない現実だった。

何がRIPだ、何が合掌だ。クソが。クソが!!!!!!!!


この一件があっていらい、私は精神が浮遊している。

いいたくもない過去不愉快感情だったが、

低能先生意思を寄せて、また私の感情が妙な動きをしないよう、冷静になるために、書いた。


追記

dogear1988 まるで低能先生罵倒された人は「いじめ」じゃなかったと言いたげだな。君も「過去清算しているつもり」なのだろうが「新たないじめ」をやっていないか?その視点が抜け落ちてると思う。

正直こいつみたいなヤツが一番堪えるんだよな…。

いじめじゃなかったといいたげ?馬鹿にするなよ、いじめにきまってんじゃないか過去の忌まわしい屈辱的な恨みつらみをネットで晴らしてるんだよ。

ゴミクズキモいカスゾンビ死ね死ね死ねと言われつづけてきた人間が、どうして他人に思いやりなんか持たなくちゃいけないわけ?

負の連鎖だ、うん、そうだね。で、それを私に止めろっていうの?私をいじめぬいた人間たちには、だれ一人やめろなど言わなかった。

ここらへんまでくるとおそらくうんざりしてくる人間も出てくる、あーそうかいわかったじゃあ憎悪に塗れて野垂れ死ねよ、と。

そう。そうするつもり。

死ぬのも殺すのも怖いし憎悪を振りまいて野垂れ死にを待つしかない。

で、無敵の人って言うんでしょう?

からすれば、いじめゲラゲラ笑ってやってきたやつ等が世間成功を収めるほうが、よっぽど無敵に思える。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん