「心の問題」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 心の問題とは

2021-05-24

anond:20210524013538

随分とキツい状況のようだ。

何度も不満や気持ちを思い切って伝えているにも関わらず、相手がそれに対して対応してくれておらず、根本解決に至っていない。

自身も優しさからくるものか、相手にも不快感を与えたかもしれないと若干自己嫌悪に陥っているようだ。

見てみると段階がある。

第一段階は、なぜセックスができないのかの疑問だ。これは解決している。

第二段階は、第一段階を踏まえた対処だ。ここが滞っている。

第一段階。

客観的に見ればセックスに応じない妻に対して夫の不機嫌は当然の反応なのだが、

夫が思い切って客観的に妻がセックスに応じられない明らかな理由を問いただしたところ、

「もう、セックスをする気になれない」との回答が得られた。

これをちゃんと伝えない妻も世の中にはいて、ここで拗れることは多々あるのだが、

この夫婦はその段階はクリアしている。

しかも数次にわたり「する気になれない」との回答が得られている。

ここで、夫がセックスを諦められたのなら一件落着だ。

だが夫は、夫婦生活においてセックスは欠くべからざる要素であるという認識だ。

「妻がなぜセックスに応じてくれないか」については「もう、セックスをする気になれない」の回答が得られており、これは妻の偽りのない状況である

今度は、夫が「それでもセックスがしたい」という次のコンフリクト対処に焦点が当たる。

第二段階。

妻側も、「セックス以外は」夫側に譲歩しようとする姿勢が見て取れる。

夫は、それに対して感謝はあるものの、一番の目的であるセックスが慎重にかつ確実に逸らされていることがわかるため、満足に至ることはなく、むしろ不満が鬱積し抑圧されている状況だ。

夫は自分が最も大事にしたいセックス蔑ろにされており、妻はセックス以外は夫に何とか対応しようとしてくれているため、感謝と怒りが綯い交ぜとなっており、混乱している。

セックス以外は」順調であるがため、なおさらセックスが満たされない焦燥が肥大化しているように見受ける。

そして困ったことに、夫側の主張によればそのセックスは単純な性欲ではないため、性風俗産業の利用といったいわゆる外注では解決できない。

妻その人とセックスできなければ満たされないのだ。

まあ浮気不倫といったリスク排除されるためこの観点からは良いことだが、

妻側の意思の変更以外には解決がなく、現状打破の解決策の狭隘という意味ではむしろ手詰まり感は更に強い。

(余談だが、「お前だけを愛している」という感情は、無条件の愛ではなく、むしろこうしたコンフリクトを生じることがままあることを社会は知る必要があると感じた)

気になるのは「大事な話だからまた話そうね」という妻側のセリフである

気休めならこんなセリフは言わない方が良い。

本当にしたくないなら「する気になれない」を繰り返せば良いだけである

或いは妻側も、「大事な話を繰り返せばセックス要求を諦めてくれる」ことを暗に期待しているのかもしれない。

それであるなら大事な話はすればするだけ亀裂を深めるだけである。(両者の気持ちが不変であることを前提)

心の奥底では、これ以上踏み込んだら「破綻」も覚悟するような賭けに出なくてはならないかもしれない予感を無意識に感じているのかもしれない。

お互いに。

ではこのままで良いかというと良いわけがない。

夫婦生活にはセックスが前提であり、これに応えない場合は応えない方に責任があるというのが、法的側面も含めた我が国社会解釈である

だが責任問題として争いをすることも夫の望むところではないだろう。

愛し合っているはずだし、夫婦生活もうまくいっている。

だが、一番求めているものが、お互いの間ですれ違い、もつれていく。

もし妻が浮気しているのならここまでダラダラ書いたことは完全にムダだが、

そんな片鱗すらないというのなら、

単純にセックスレスの問題ではなく、

お互いの最も望むものが噛み合わず、つらく、くるしいという人間関係コミュニケーションのものなのかもしれない。

吐き出してスッキリしないのなら、

このままの現状を維持することが夫側の目的ではないと思われる。

行くところまで行かなければこのすっきり感は得られないだろう。

ツライ選択である

そしてこれは心の問題であり、

形式的に「夫が諦める」を選択しても「妻がセックスに応じる」を選択しても、

そこに心が本当に存在していなければ、どちらにしてもどちらの「スッキリ」も得られないだろう。

上辺だけ、形だけ、その場しのぎのことをやったとしたって、

夫も妻もそれは必ずわかってしまうだろう。

現に夫は形式上諦めようと試みたが、あらゆる心の反応が嵐のように起き、諦めることは(今のところ)できないことは証明済みである

「夫が本心から心の底からセックスを諦めてくれた」とは到底言えない状況だったからだ。

同じように、妻がたとえセックスに応じてくれたとしても、そのセックスの反応、満足度等々から

「妻が本心から心の底からセックスに応じてくれたとは到底言えない状況」がセックス最中セックス後に感じて取れてしまったら、

妻がたとえ何百回セックスに応じてくれてもこの問題解決しない。

「わかった、セックスは諦める」

「わかったわ、セックスしましょう」

これは言葉だけでは、形だけでは、そして実際にそうしてみただけでは、どれほど意味がないかがわかるだろう。

だが自らの心を偽ってツライ選択排除し続ければ、

たとえ他人からはどれほど幸せに溢れた夫婦生活家族生活が営めたとしても、

『自らが本心から望む人生』において永遠の飢渇に苛まれることは疑いがない。

………或いは、この世界において、心の底から望むものなど決して叶うことはないのだと思い知ることも必要なのかもしれない。

周囲を見回してみれば、そうした選択をしている大人は数限りなく数え切れないほどおおぜいいる。

どちらを選ぶのかは夫の選択であり、

そして、妻もこの選択に参加しなくてはならないだろう。

2021-05-21

弱者男性問題の前に

ネット上では弱者男性比較対象となるはずの、未婚貧困女性発言が、ジェンダーに関する論争の中で少なすぎるように思う。

ネット上で女性差別を訴える人の大部分は、既婚女性の「旦那家事育児自分のこととして考えない」とか、正社員女性の「体育会系男性基準仕事のやりかた」や「女性というだけで重要仕事を任されない」ことだったりする。kutooについても、ヒールパンプスを履く機会の多い正規労働者が中心の問題であり、その機会すらほとんどない非正規貧困女性とは無関係である。それはそれで切実な問題だけど、「非正規or無職未婚」(あくま自称だが)の「弱者男性」とは社会階層的には明確に上位であり、お互いに話がすれ違うのは当たり前である

統計的には多くいるはずの、年収100万円台の非正規未婚貧困女性の声がもう少し上がれば、「弱者男性」側も共闘することも可能なはずだが、そうした女性の声はなぜかあまり出てこない。この理由は何故だろうか。


追記

自分の仮説は、男の場合は「モテない、金がない」ことが笑える自虐になるのに対して、女性場合は「モテない、金がない」が全く笑えないというジェンダー差の存在だと考えている(なぜ笑えないのかはまた難しい問題だが)。「弱者男性問題というのは「弱者女性」に比べて「笑える」という優位性があることは、「弱者男性」界隈の人たちも自覚した方がいいように思う。

2021-05-17

[]

日曜日何も出来なかった

ひたすら横になっていた

やる気の問題

心の問題

結果として何も出来なかった

2021-05-01

飯なんてその辺のコンビニでかっぱらってくればいい

捕まったところで衣食住が保証されるならそれでいい

人を殺したわけじゃないんだから悪びれることもない

日本で生きるなんてどうにでもなるんだ

割り切れるかどうかでしかない

心の問題なんだ

2021-04-22

オタク趣味友達の作り方がわからない

昔、二次創作サイトを持ってた。サイトって言うなれば自分の城で、好きなように色を変えて、好きなようにコンテンツを置いて、好きなようにデザインできる。嫌な事言う奴はアクセス禁止にして、強制的排除だって出来る。

好きな二次創作テキストサイト管理人感想を送ったり、「尊敬してるサイト様」としてリンクを貼ると、相手アクセス履歴から辿って、私のサイトにたどり着いて、相手認知される事がある。そこからTwitterで繋がったり、感想を送り合う仲になったら、個人的には友達になれたと思ってた。相手がどう思ってるかは知らないけど、少なくとも私はね。

それが大体10年前。

10年経てば好きなジャンル流行りのジャンルだってかわるし、個人サイトよりもpixivが主流になる。

サイトだと自分しか可視化されなかったいいね数と、ブックマーク数がpixivだと一気に大っぴらになる。

流行りのジャンル渡りくその人のブックマーク数がどの話も1000users10000usersを超えていて、いつのまにかTwitterフォロワーは4桁になっていた。文章しか書かない人なのに。

ああ、すごいなあ、旬だからなあ、話は万人受けする訳ではないけれども豊富な語彙量と話の運び方でねじ伏せてるし、ブックマーク数が伸びるのも当然だよ、くらいに思ってたんだけど、対して私は……と考えると、自分ちょっとみじめになった。対等だと思ってた相手は対等じゃなくて、自分が思っていた以上に雲の上の存在だったらしい。

数字で"好き"を計ってるみたいで、ちょっと嫌になって、pixivにはあまり近寄れなかった。なのでサイトをやめてからあんまり書いてない。二次創作は突き詰めても趣味以上のものにはならなくて、続けたところで何かがある訳でもないし、その人が数字を鼻にかけて特別変わった訳でもない。ただ私が一人でその人と比較して、勝手にみじめになってるだけで、私の心の問題から

その人には私の心のモヤモヤを伝えた事ないし、これからも伝えるつもりもない。


それとはまた別に半年前、ハマったジャンルpixivお話をあげた。好きなジャンルだったから、自分が読んでて、いいな、好きだな、と思ったお話には返信不要積極的感想も送った。

感想を送ったうちの一人から、返信がきた。私が書いたお話感想まで含まれていて、既に何度も読み返しており、すごい好きなお話なのだという。嬉しかった。

私が友達ほしくてTwitterアカウントをそのジャンル用に取得した事を、新しくあげたお話キャプションで書いたら、この人もTwitterを始めてくれた。嬉しかった。三ヶ月くらい、毎日DMで話してた。既に完結したジャンルなのに、こんなに話すことあるんだ…!ってびっくりするくらい楽しかった。

Twitter、はじめは私の方がフォロワーが多かった。ちょっとだけね。

次第にこの人の方がフォロワー増えてて、いいね数も増えてた。

今は新書ページメーカーで書いた話をTwitterにあげるのが主流らしく、閲覧垢が多く存在する事をそこで知った。

もちろんこの人の書くお話は私も好きだし、とても上質で、話のつくりも描写も丁寧で、豊富な語彙量から繰り広げられる世界はこの人の目にはどんな風に世界が映っているんだろう、って思えるくらい、素敵なお話ばかりだった。もし一次創作をしていたなら、賞だって取れるんじゃないかな。

どこまでいったって、私は自分に自信がなくて、人と比較してしまって、勝手に自滅するだけなんだな、って今回気づいた。

みんなどうやって友達になるんだろう。

好きなものを好きなように話したかっただけなのに、どうして自分相手比較してしまうんだろう。そんなの無意味なのに。

2021-04-21

ウマ娘やってると運動部時代の精神地雷がちょくちょく発動する

ウマ娘基本的に楽しくやってるんだけどたまにものすごくイライラしたりカッとなったりする瞬間がある。

これはもう完全に自己解析出来ていて、高校までの運動部国体レベル経験で培われたものだ。

「は?」と発作が起きそうになる自分と(お、発作だ)と抑える自分がいる。

 

運動部出身者絶無のはてなブックマークでは共感ゼロだろうが

まあこういう脳回路の人間もいるという見物気分で読んでくれ。

 

 

1.実力を出し切らずに負ける

滅茶苦茶仕上がっててぶっちぎりの一番人気なのに負ける。

死ねと。

帰ってきたところにモノぶつけたくなる。

一通りものつけまくってからじゃないと落ち着いて話できないぐらいボルテージあがる。 

 

ウマ娘だとなんか励まし方2パターンから選ぶだけで、ただ励ますんだけどさ。

極論するけどあん指導者一人もいねえよ?絶対ピキピキしちゃうから

エルコンドルパサー選択肢だけ何故か尖ってて「53点」て吐き捨てる選択肢があるんだよね。

いつもそれ選んじゃう。 

 

いやこれはガチ運動指導してたら誰でもなるって。

勿論抑えなきゃいけない衝動だけどね。

 

培ってきた実力の、自分限界まで出し切って欲しいわけよ。

それが出せなかった言い訳とか要らないのよ。

それは全部ちゃんと準備してないとか集中してないっていう自分ちゃんとやってねえってことじゃん。

言い訳できる点なんか一個もないですから。 

熱が出たから?それお前が悪いじゃん。

熱が出てるぐらいでパフォーマンスを落とすな。

それが出来ないんなら熱が出ないように生活をきちんと整えて競技会に向けて体調上げて行く取り組みをしろよ。

 

 

2.同じミスを繰り返す

これウマ娘仕様なんだけどさ。

もうみんなもうんざりするほど見てるよね、「他のウマ娘ブロックされて~」うんたらかんたら。

 

適当なことしか言わねえお姉さんに「もっとパワーが必要です」って言われるんだけど

スピードと同等ぐらいにパワー付けてても全然変わらずそれが起きるわけ。

絶対パワーじゃ防げない。 

ウマ娘で変な負け方するの全部これ。

 

まあこれは、同じミスをしてるのはプレイヤーだという言い方も出来るんだけどさ。

けど作戦差し」「追い込み」やってると高確率でこれが起きるんだよね。

解決法はって言うと戦法を「逃げ」にするしかない。

 

ずっと先頭走ってれば邪魔されることがないって言う。

まあウマ娘リアル競技だったら俺は絶対「逃げ」一択だけどね。

ブロック惨敗を避けるためのコストデカすぎるクソ競技から

出遅れは逆におかしいぐらい勝負に影響しないのでなおさら

 

でもゲームだしせっかくだからウマ娘ごとの得意作戦を生かしたいじゃん。

ゴルシで「追い込み」しないでどうすんだって話だし。

でもそうやって楽しもうとすると「逃げ」が圧倒的に楽ちんで他のは常にブロック負けストレスが付きまとう。 

 

それで1にも通じるんだけど、圧倒的なスピードとパワーにスタミナもそこそこで、

前が空かなくても大外から余分に走っても十分勝てるぐらい強くしてんのに

ブロックされて抜け出せなかったでちゅー」って負けて帰ってこられると本当にもうね。

エルコンドルパサーの「53点」ぐらいパンチきいた選択肢を全員に実装してほしい。

 

一言暴言吐いたらそれで落ち着くからさ。

何度も何度も同じ負け方して工夫しない奴を何もなしで即励ますことは出来ない。

ウマ娘トレーナー菩薩過ぎ。 

 

 

3.やる気が低下する、サボり

これがもう一番ダメ、。

だってやる気あるの大前提じゃん?

 

一回でも「やる気ない」って言われたら

はいやめましょう!お疲れー!」って全部投げ捨てて帰るよ。

やる気ねえならやらなくていいから。

 

これは本当に。他のと違ってこれは正当性あると思う。

やる気ないって言われたらさ、もう終わりなのよ。

練習サボりいから来ませんでした、これももう終わりなのよ。 

 

別にそれならレースなんか辞めて他のことやればいいじゃん。

からそう思うから

こっちだってそんな奴に付き合わないから。 

 

休みをやったのに夜更かしして調子落として来るとか論外でしょ。

それで真面目にやってますって言われても「どこが?」ってなるし

レースで負けて泣いててもバカじゃねーかとしか思えないのよ。

一緒に泣けない。

 

から具体的に言うとキャラdisになるから言わんけど

設定なのか俺がやってる時の偶然なのか、やけにやる気ダウンイベント発生が多いウマ娘

ぎゅんぎゅん潜在意識下での好感度が下がっていっちゃうのよね。

下手すると嫌いになっちゃう。 

 

せっかくやってるのにキャラを嫌いにさせないでほしいし、

なんていうか「やる気が下がった」以外の表現にしてくれないかなあ。

バイオリズムが下がった」とかさあ。

やる気って言うと当人姿勢心の問題から

やる気ねえって言われたら「じゃもういいよやめちまえおつかれー!」ってなるの。

俺の中の運動部指導者が。

 

シャニマスやってたときも甜花ちゃんにむかついてむかついてどうにもならなかった。

なかなか上達しないけど頑張ってる、ならいいんだけど

そんなに帰りてえ帰りてえって言われたり態度に出されたりされると、体力満タンで何度も休み要求されるとさ、

「じゃあアイドルなんかやらないでいいし君は一生家でゲームしてればいいじゃん?誰も頼んでねえよはい終わり!」ってなるのよね。

 

 

4.まとめ

これらは書いてても血圧上がるぐらい腹が立つポイントなんだけど

運動部時代指導者に刷り込まれ価値観そのまんまなんだよね。

口調も脳内再生できるレベル

いね運動部って。

 

好きなウマ娘はゴルシです。

イカレ過ぎてて何が起きてもムカつきが発動しにくい。

逆にシリアスムードウマ娘は…

真面目に思い詰めてる風なのに何度もブロック負けしたり一度でもやる気ダウンしたりされると「は?」になる。

 

そういうことをしたとき指導者からモノ投げつけるぐらいのキレがあるのは正当なコミュニケーションだと思ってしまうんだよなあ。

指導者だって本当に必死メニュー考えて心血注いで見てるんだから(俺の指導者はそうだったよ)。

 

まあはてなから死ぬほど嫌がられる感性価値観なのはわかってるけど。

anond:20210421191718

俺を信じるか?

1週間まいにち1個は、カロリーメイトの白を食え。そしたら、すこし体調が変わる。

そしたら、神社で祈れ、そうだな、シャネルルージュちょっと禊をしてから、厚めに引いて、祈ってこい。デパートで、いいやつが売ってる。事情を話せば初めてでも特別に分けてくれると思う。

不安ならカロリーメイトをくって禊をしてから神社でかるくいのってからシャネルに言ってこい。そしたら、いいルージュを選んでくれる。

それで、神社でがっつりいのってこい。祈りは、大事だ。思いのちからってあるからよ。朱だぞ。色は大事カロリーメイトの白、みそぎ、シャネルの赤い新品のルージュキーワードチャント揃えて心の問題だけでもまず解決しとけ。

2021-03-31

anond:20210331124626

その頃に出来ないことが多すぎると自信失ってさらにやらなくなる悪循環になるから

とにかく何かできることからはじめて自信持たせることに集中した方が良さそう

子供の頃は効率なんかより心の問題のがはるかに影響が大きい

2021-03-20

anond:20210320012632

ももっと気楽に人に「興味ない・寒い」といっていいんだよ

自分の内心の問題から誹謗中傷には該当しない

2021-03-18

デスマーチ男のロマン

心の問題を抱え込み、問題が膨れ上がり炎上

その炎の燃え上がりっぷりが男らしい。

要件定義はすればするほど女々しい!

交渉言い訳

anond:20210317182955

ゲイが祝福されない云々はともかく、

定説は考えようによってはそんなに悪いものではないと思う

資本主義キリスト教プロテスタンティズムからまれたとも考えられている

宗教改革におけるカルヴァン思想は、より徹底した聖書中心主義であり、神は絶対的権威をもち、人間原罪キリストの福音によってのみ救われるというものであった。その神による救済は「予(あらかじ)め定められている」であり、それを定めるのは絶対権限を持つ神だけである、したがって「人間はすべて平等に創られてはいない。永遠生命にあずかるもの永遠の劫罰に喘ぐのも、すべて前もって定められている」とした。そのような人間がどのようにして神への絶対的服従を示すことができるかというと、現世の天職を与えられたものとして務めることでしかできない、と説いた。このようなカルヴァン派の信仰西ヨーロッパ商工業者中産階級)に支持されていった。そしてこの西ヨーロッパ商工業者の中から近代社会を出現させる資本主義が生まれてきた。→『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』

いずれにせよ、神は最初から私を救うか救わないかという正解を持っているが、それは私が死んで答え合わせがあるのであって、

私が死ぬまで正解は分からない、正解はCMのあとではなく死んだあとである

からこそ、目の前の仕事を全うするしかないし、仕事がないとしても人生謳歌するしかないとさえ私は考えている

その、仕事を全うする、人生を楽しむ、といったことも神は最初から計画されていることだし、

もっと広く考えるならば、この世界のすべてが神が計画されていることである

まり自由意志があるようで自由意志がないわけであるが、個々人にとってそれはどうでもいいことなである

なぜなら、我々人は、神様が何をお考えになっているのか、知りようがないかである

そして、それを知ることができるのはイエス・キリストのみであり、それ以外の預言者は偽の預言者である

人は神様が何をお考えになり、これからどうされようとしているのか、知る方法はないはずだからである

から別にキリスト教信仰しろ信心深くあれ、不信心は許さん、とはまったく私は思わないが、

人は機械ではなく、ロジックのみで動作するわけではなく、必ずしも論理的科学思考が正しいとも言えない存在であり、

特別信仰はなくても、頭のどこかに神というか、なにか見えないものを信じる必要性さえあるように私は考える

それは星の王子さまの、大切なものは目に見えないだったり、

水木しげる氏の、見えないものを信じる、にも似ているように私は思っている

キリスト教宗教を悪と考える人たちがこの世界に多く存在することも事実である

しかし、本当に宗教必要ないのか、人の心に平安を与える唯物論的ではない何かが必要ないのか、

個々人がそれぞれ考えておく必要があるように思う

そういえば庵野氏の昔のインタビューの中に、今の庵野氏の心情とは大きく異なっている可能性はあるが、

飽食時代から心の問題を描いた」みたいな発言があったが、

しかにそれはある側面では正しく、それがオウム真理教のような終末思想カルトを多く生み出した

しかし、当時の庵野氏が言う、飽食時代でなければ明日食べるもののことだけ考えるから心は問題にならない、

これは本当だろうか

もちろん、明日食べるもののことだけしか考えられなくはなるだろう、自分もそうなるだろう

しかし、エヴァで例えるなら、その極限的な状態シンジにとってのゲンドウが死ぬシンジにとっての周囲の人たちが死ぬ

でも、自分が生きてるからそれでいいや、みたいに思えるものだろうか

しか他人に対して思い入れがない、思い入れがない他人であればそうかもしれない

極限的な状態であれば、食料のために親が子を食べる、子が親を食べる、人が人を食べる、殺し合い奪い合う、

そういうことが起こっても不思議はない

しかし、人であるならば、どこかで我に返ったとき考えてしまうのではないだろうか

これでいいのか、何か間違っていないか

そういった考えが人にあるからこそ、道具を発明したり、農業発明してきたのではなかったのか

もし、人がそうでないのであれば、今でも殺し合い奪い合っているはずである

なぜなら、それで勝者は生きていけるからである

しかし、そうならなかったのはなぜなのか?

そして、こういった万物すべてを神様計画なさっている

悲しいことだが、大切な人が無残な死を迎えても、これも神様がご計画されていたこである

神様役割は、お賽銭のような賄賂をもらって人の願いを叶えることではないし、

すべての人類一人一人が不自由なく幸せになることでもないかである

逆に考えても、すべての人が幸福世界なんてありえないとしか思えないわけで

あくま個人的解釈だが、まず聖書は寄せ集めの書物という考え方もあるわけで、

キリスト教の中にも聖書無謬であり絶対的に正しいという考え方と、

いや、聖書にも間違いがある、本質的には神が絶対であり神を信じることである、という考えもある

色々なキリスト教があるし、キリスト教以外の宗教もある

からあくま個人的解釈だが、自分としてはキリスト教的に、

ゲイの人だから神に救済されないなどということはないと考える

それよりも最初に書いたように予定説で考えるならば、

ゲイであれノンケであれ関係なく、すべての人たちが救済されるか救済されないか、という問題を抱えており、

それは神様最初から決めているわけであるが、我々人は死ぬまでそれは分からないのである

からこそ、一日一日を大切に生きていくしか、人にはそれぐらいしかできないのである

人は思い上がりやすく、この世界宇宙をすべて悟ったつもりになりがちである

鋼の錬金術師フラスコの中の小人ではないが、神に思い上がるな、と言われるまで人は自らの思い上がりに気が付かない

そして、人は基本的怠惰であり、その思い上がりから歴史的にも多くの悲劇を生み出してきた

神を信じなくてもいいが、自らが思い上がっていないか、常々肝に銘じておく必要があるように思う

神を信じなくてもいいが、星の王子さまの、大切なものは目に見えない、水木しげる氏の、見えないものを信じる、

といったような考え方を非科学的だと馬鹿にするのはどうだろうか、と自問自答する必要があるように思う

2021-03-17

結局エヴァにさえ見捨てられてしまったおたく

エヴァが、おたく達へのメッセージとして結局、「普通にしてさえいればいいんだよ」ということしか言えなかったのが悲しい。そりゃ俺も、きっとほとんどの大人も、他に何も思いつかないわけで、だからこそおたくは、どうしようも無くおたくな訳だけど。

あんまり拗らせずに、ただ普通にしていればいい。普通にしていれば、普通力学がはたらいて、普通に周りの助けを借りて、あるべき所に収まることが出来る。心配しなくても、あなたの出番、あなたしか出来ない仕事というもの絶対にやって来る。それも、誰の目にも、もちろん、あなたの目にも明白な形で、やって来る。」っていうメッセージは、悩み一般テーマにした物語の結末としてはよくあるし、実際、ほとんどの”元・拗らせてた”大人は、そういう結論を通って、まともになったんだと思う。

うそういう結論しかエヴァを終わりに出来なかったって言うのも分かるし、庵野新劇場版を始めた意図全然違うところなのかもしれないけど、やっぱり26年おたくを待たせておいて、最後最後でいつもの「納得感」をフルスクリーンで叩きつける、っていうのもどうなんだろう。

アスカケンスケとのあれこれだっておたくを舐めているとしか思えない。アスカケンスケと過ごして居心地良いのは納得できるけど、ある一つの言葉アスカを救ったような描き方をするのは辞めて欲しい。エヴァは「人を劇的に救う、核心的な一言」みたいな安いドラマアンチテーゼではなかったのか。

安易な「この世界の片隅に」みたいな場面も、本当にエヴァでやる必要があったのか?どんな状況でもしたたかに暮らす人々の力(に触れたアヤナミ)でしかシンジを立ち直らせることは出来なかったのか?エヴァは「人をやがて救うのは、時の流れと日々の暮らし」みたいな、安いドラマアンチテーゼではなかったのか?

庵野、結局お前さえ結論を出せなかったせいで、おたくたちは今でも、どこで聞いてきた言葉なのだろうか、”他者の痛み”がどうだとか言ってエヴァを語っているぞ。おい見ろよ、「ガフの扉」だとか「ゴルゴダオブジェクト」だとかの話は凄く厳密に考察できるのに、心の問題になるといきなり、曖昧言葉でなんとなく語ることしか出来ないおたくありさまを。心の問題は、「絵コンテにはこう書いてある」だとか、「ウルトラマンオマージュだ」だとか、とにかく情報を集めていけば解明できるような事じゃなく、おたく自身がその”他者の痛み”とやらにしっかり向き合って、「普通に自分の心を見つめ直していかなければいけないのに、おたくはそれが分からないんだよ。そもそもシンジだって、そういう面倒臭い奴として描かれていたのに、結局、じゃあそんなシンジが(そしておたくが)どうすれば救われるか、庵野、お前にも、結局分からなくて、急遽シンジ一定時間黙らせて、それから人格シンジやらせることにしたんだろ。それであんなに、シンジの心の動きが追えないような造りになってしまったんだろ。庵野あんまりじゃないか庵野ほとんど前田真宏が作ったって言うのは本当なのか、庵野。本当にあれで、シンジシンジのまま救うことがないままで、いいのか庵野

2021-03-16

anond:20210314183940

痴漢されたら犯人逮捕してもらって裁いてもらうのがスジで

痴漢してないけど犯人と同じ「人種」だからって八つ当たりするべきではないよね

性的消費に苦しむって要はそいつ心の問題なんだよ

頑張って理論武装して社会問題だと自分に思い込ませてるけど

自分心の問題赤の他人にぶつけて反撃されてる

まあ仕方ないね

2021-03-10

anond:20210309175404

敢えてキツいこと書くけど、

現実を見てないのは庵野氏の方なのではないのかなあ、

と俺は思ってるんだけど

まあ、自分は未見なんで勘違いしているのかもしれんけど…

というか、宮崎駿氏にしても坂本龍一氏にしても安易に、原発なくせ、だの「たか電気」だの、

人類なんか滅びちゃえばいいんです、だの、コンピュータとかゲームは頭がおかしい人が作ったもんなんです、だの、

マクロスアクエリオン河森正治氏も地球少女アルジュナみたいなエコロハスでスピな新興宗教アニメ?みたいなの作っちゃうし、

そういうのにどことな違和感を感じることがあったのだけど

例えば、オネアミスとかロケットの話だけど、やっぱり庵野氏というかガイナックスというかアニメーターなわけで、

自分のような理系視点から見た宇宙ロケットの壮大さに対する感動とは同じようで異なっているのではないか

まり、彼らは理系というより文系視点というか、センス・オブ・ワンダーなところに惹かれているのであって、

からピラミッドのレンガを積み上げるような泥臭い本当の開発現場感が、

アニメーターはアニメ制作に関しては当然あるのだろうけど、別の世界のそういう地に足のついた視点には欠けていて、

というのも、リアル研究や開発を脚色なく描いてもドラマがないというか物語として面白くなくなる可能性がある

まり天才的な科学者とか理系女性が登場したり、こんなこともあろうかとミラクル超兵器がいつの間にか登場したり、

実際の研究や開発は、たしか歴史的天才偉人と呼ぶべき人々も存在するのだけれど、

ほとんどは凡人、サラリーマンの集合であって、地味でつまらない日々の仕事ベースになっていると自分は思っていて、

ちょっとした思いつきや閃きで壮大な宇宙艦隊戦の形勢が逆転したりとか、そんなことはありえないと思うのです

三国志だってフィクションを多く含むはずです

でも、リアルすぎる研究や開発、リアルすぎる戦争を描いても面白くならない

からビジュアルとして美しい部分だけを切り取るのはアニメというか映像を作る側としては当然の選択なわけです

しかし、敢えてキツい言い方をするなら、アニメ作ってる人もスタジオの中に閉じ込もって、その世界しか知らないのではないか

恐れ多いのだけど、宮崎駿だってから晩までスタジオにこもってアニメを作ってる

もちろん、通勤の途中に障害のある人に出会って云々みたいな話もあった気がするのだけど、

でも、これは個人思想とか価値観問題でもあるのかなあ、

電気なくても構わないか原発なくせみたいな主張をされても、電気なければアニメは作れない、作曲や録音もできない、

アルジュナには水中分娩の話があるらしいけど、なんの資格もない助産師が水中分娩をさせて死亡事故が起きたりしてたと思うのだけど、

まあ、理系でも同じなのかなあ、現代社会に疲れてるのかなあ、

そういった左翼的というか、極端な自然回帰というか、そういったエコロハススピリチュアルなのに走っていってしまうのは

そういえば最近だと膣にパワーストーンだのジェムリンガだのもあったけど、膣の声に従って、仕事辞めて、孤島に集まってしまうとか、

SFというか、どちらかというとSF寄りのファンタジーを描いてる人たちってオウムみたいなのと親和性がある気がするんだよなあ

SF寄りのファンタジーって何のことを言ってるのかというと、スターウォーズ、そしてガンダムのことだったりするのだけど、

宇宙宇宙船が登場してるけど、一方で超能力とか、それが宇宙空間で開花するとか、

こういった話はLSDとかアイソレーションタンクとかアルタード・ステーツとか、ジョン・C・リリーティモシー・リアリー

それとジョン・レノンとかヒッピーメリープランクターズ、フラワー・チルドレンとかサマー・オブ・ラブとか、

LSDのような幻覚剤がなにか人類の発展に寄与するのではないか、そういう時代背景だったというのもあるけど、

結局は理系研究者でさえ幻覚剤に溺れ、なんでか自然を超常的なものとして扱うスピリチュアルな方向へ走ってしま

人間には何か根源的にそういうところがあるのだろうか

考えてみればユナ・ボマーことセオドア・カジンスキー天才的な数学能力がありながら、

世捨て人のように山奥で自給自足生活を送るようになり、しかしながら当然その生活は長く続かず、

将来的にテクノロジー人類破滅的に不幸にすると思ったこから

だったら将来性がある科学者爆弾で○せば、悲劇的な未来回避できるんでないの?と考えたんだかどうなんだか定かでないが、

これはターミネーター2ストーリーベースになっているが、フィクションなら面白いが、現実なら単なる爆弾魔の犯罪である

話が大幅に脱線したが、エヴァは終わっても就職氷河期が救われない、というのは言い得て妙であって、

エヴァリアルタイムで放映していたとき就職氷河期近辺ではなかっただろうか

その時期に庵野氏は、今は飽食時代なので心の問題を描いた、アニメではなく現実を見ろ、みたいに語っていたわけだが、

こちとら現実就活戦線は異常ありというか悲惨な状況だったわけで、

庵野氏はエヴァを作っているときちゃんニュースとか新聞とか世相を眺めてましたか

なんだかんだ、バブル世代自分価値観アニメを作ることしか考えてなかったんじゃないですか?

と恐れ多いながらも思ってしまうのが正直なところであって

まあ、たしか現実を見ずにアニメだとかフィクションに没入しているだけの人というのもいるのかもしれない

というか、そういう人たちに人生出会たこともあるが、自分がいうのもなんだが、たしかちょっとおかしいというか、

差別的になるけど軽度の知的障害ケーキを切れない非行少年少女?みたいなタイプも多かったし、

そういうところで昨今のDQNヤンキーの方がアニメ親和性がある状況というのを理解できる気もする

自分で言うのもなんだが、昔は良かった話みたいになるが、

SFとかサイエンスフィクションなわけだけど、どちらかというと理系との親和性というか、

理系からするとそのフィクションに野暮なツッコミを入れるのがネタとして話が盛り上がるというか、

自分大学時代にみんなで誰かの家に集まって、アニメとか映画の上映会というか、

どちらかというと映像を流しっぱなしにして、各自やりたいことを黙々とやるみたいなことをやってたわけだけど、

テレビに映ってるアニメ登場人物女性が、

「このディスクには地球誕生からの全てのことが記録されてます

とか言うと、「すっげー、どういう原理だよw」みたいにツッコミを入れる奴が現れ、

その後に真面目な記録媒体の話とかネタが続いたりするという、そんな日常だったわけだけど、

多分、大阪芸術大学とか偏差値も低いし、そういう視点では観てない気がするんだよなあ

やっぱり根底にあるのはビジュアルとしてのセンス・オブ・ワンダーであって、それはチャイナさんみたいなもんであって、

電子工学科、情報工学科、機械工学科、バイオなどのオタクが集まって話すツッコミとはちょっと異なるのだと思う

まあ、ストーリー本質技術ではなく、結局は人間関係なわけで、

今回のケンケンアスカではないが、そういうところにツッコミを入れるのは理系文系偏差値関係ないのだけど、

まあ、でも、やっぱりなんか違う世界に生きてるんだなあ、

当たり前だけど、恐れ多いけど、庵野氏と自分の関心の距離感みたいなのがあるとしたら、

リアルタイムでエヴァを観ていたときは近いのかと思っていたのに、

シンエヴァは未見だけど、シンゴジラ観たときでも、意外と遠いというか、同じものを見ているようで違うものを見ていたのではないか

まり庵野氏と自分が同じ赤いバラを見ているのに、互いに赤いと認識しているのに、脳内の赤はまったく異なっていた、

みたいな、まあ、勝手自分が同じような価値観を持ってるのかな、と思って勘違いしていただけなんだろうけど

そんな感じで、最近自分アニメゲームへの興味が皆無になりつつあるし、

アニメとかフィクション現実が完全に追い越してしまった、

それは東日本大震災だったり、原発事故だったり、コロナだったり、自分個人的な人生イベントだったり色々なわけだけど、

そう考えると、シンエヴァは未見だけど、同窓会みたいなもんなんだろうかと思ったり、

同窓会と考えるとやっぱり劇画オバQだよなあと思ったり、

自分は死んでも大学大学院以外の同窓会には出ないと心に決めてるので、

大人になれよって言われても、同窓会でしみじみしはじめたらもう老人だと思うし、

老人になってもゲーテみたいに二十代女性に振られたり、若いつもりで技術趣味に打ち込んで、さっさと死にたい

2021-03-02

内心の自由最近流行りの価値観アップデートってどっちが大切なの?

価値観100%心の問題であって両立不可と思うんだけど。

内心の自由差別の表明が別の問題って本気で言ってるの?

いやいやいやいや

社会的少数派を「(内心で)嫌う自由」と「(偏見に基づいて)嫌いだと口にする自由」は全く別のことだよ。

この手の切断処理をよく見るけどこれまじで言ってるの?全然別のことじゃないと思うけど。

そもそも内心の差別を解消するには他人対話するしかないでしょ。内心で差別してるから差別を表明したりするんだから心の問題解決しないとだめじゃん。内心で差別心を持っていることも問題でしょ。当たり前だけど。なんで内心で差別してるのは問題じゃないって話になってんの?ダメでしょ。

いつどうやってその差別が爆発するかわからないんだから相模原事件とか忘れたの?

個人がどう思ってようが自由だけどそれを言ったら差別だよ」と金言みたいに言われてるけど誰かに言わなきゃそれが差別かどうか本人にはわかんないじゃん。相模原犯人みたいに社会正義とまで思ってるやつも現実にいるんだから。内心の問題を解消しない限り差別心が爆発する潜在リスク社会は抱えたままになるよ。その内心を改めるには誰かと対話して修正するしかなくて、その過程において対話相手差別を表明することが必要になる。「私はこう思ってるんだけどどう?」と会話してはじめて差別だと気づいたりする。みんなそういう経験あるでしょ。これは人に言っちゃ駄目な言葉だとか、これは人を傷つける可能性がある言葉だなとか。そういう対話の積み重ねで自分価値観差別心を修正していくんだから内心の自由差別価値観)の表明は完全に地続きでしょ。

差別(仮)を表明することで他人に諫められて自分の考えが差別だって気づくんだから。まあネット差別を解消するインターフェースだとは思わないけど、一般差別の表明と対話による修正と内心は相関してるよ。普通に考えて。話さなきゃわかんないでしょ。あたりまえだけど。ましてや内心なんてものを変えようと思った時には。

その相関を考えないで内心の自由差別の表明は別だと言うのって自己責任論と同じにしか見えないぞ。竹中平蔵け?おまえは

https://anond.hatelabo.jp/20210302093544

anond:20210301102544

口に出したら戦争だろ。

内心の自由は許されるが吹聴して回ったらその時点でもう内心の問題ではない。

2021-02-26

「決められた時間に決められた作業淡々とこなす」みたいなすげー簡単なことができないのは

気持ち問題か?習慣の問題か?性格問題か?

他人が関わる仕事ならそれができるのに

自分一人でやる勉強では全くそれができずいつも適当に過ごしてしまっているのは自制心の問題か。

2021-02-22

anond:20210222025541

いかどうかは当人の内心の問題であってしょうがないんじゃないの

問題はその内心が膨れ上がって無辜な人を叩いてしまったりすることだな

2021-02-01

anond:20210131233101

なんだかんだ心の問題にとどまらないテーマをやってる心理学も割とというかかなりある気はする。

かつての蛸壺バンザイ時代は「考えないことにする」でよかったのかもしれないけど、

多くの学問で「分野横断」が叫ばれるようになった結果、分野横断のために設定された独立学問とある学問を捉えることは

厳しくなっていく可能性があるのではないかと感じた。

2021-01-31

anond:20210131185600

それは全くその通り。社会学である必要はないというか、現にさまざまな学問社会についてやっている。

 

社会学内部でその問題は、各学問と各学問の間に必ず発生するスキマを埋めるための学問社会学だとされているな。

心理学が「それは個人心の問題ではないとで考えないことにする」とか、経済学が「それは金の問題ではないので考えないことにする」とか、政治学が「それは政治問題ではないので考えないことにする」とか。その全部から零れ落ちる部分を含めて、社会全体を研究したいね、ということになっている。

2021-01-29

anond:20210129231336

GBTは心の問題であって認知障害じゃないじゃん。発達障害は脳そのものに異常があって事実を正確に把握する能力が欠けているんだから余計なことに口出すべきじゃない。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん