「ポスドク」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ポスドクとは

2020-05-25

博士号からアカポス最低説はあるけれど

ここ数年、博士号を取得中とか、その後のテニュアポジションが取れなかったとかで

いか博士課程に進んでアカポスに進むのが最低最悪かというエントリをよく見かける気がする。

あるいは文科省自分指導教官に対する不満とか。

かに、若手研究者の現状は前よりも悪くなっているんじゃないかとは思う。


自分博士号取得後に任期付きアカポスになり、無事テニュアアカポスになった。

結論から言うと、大学教員は最高だ。

周囲の教員研究者は、みな人柄もよく頭もよく、話していて面白い人ばかりだ。

学生も優秀で、この中から研究する人材が育つだろうと思うと、

これまでは研究ばかりが重要だと思っていたけど、教育へのやり甲斐も実感した。

アカデミアは、働き方も自由PIになればこれをやれと仕事命令されることもない。

大学事務が非効率と感じることもあるけど、お互い仕事でやってるんだから仕方ないなと思ってる。

何よりも、自分の好きな研究自分の好きなようにできる自由がある

(もちろんそのために研究費を自分で獲得する必要はある)。


給与はそりゃ自慢できるほどいいわけじゃないが、卑下するほども悪くない。副業もできる。

高給がほしい人は、そもそもアカポスなんか目指さないか

うちはダブルインカム配偶者も稼いでるので、家計は余裕がある。

結婚できない、という説もみかけるけど、

知り合いのアカデミアの同世代の中で結婚していないほうが珍しい。


自分が優秀だったからこういう環境にいるといいたいわけじゃない。

素晴らしい職業なのに、最近まりも夢がないエントリばかりだなと思ったから。


かに、生き残れなかった同業者は何人も知っている。

自分のまわりでは、研究者としての能力足切りレベルだったか

競争社会には向かない性格だったか、ないしは単に人間として付き合いにくい奴がいなくなったと思う。

業績があっても付き合いにくかったら、当たり前だけど長く付き合う同僚や部下としては願い下げだろう。

性格が”個性的なのはもちろんOKOK。

でも教育者に向かない嫌味なやつは選ばれない。

目を引くような業績がたとえなくても、

同僚や共同研究者としてやっていきたいと思う楽しい人や、研究テーマに引きがある人は残ってると思う。

もちろん他にやりたいことがあってアカデミアを去った人もいると思う。

そういう人は新しい道を気持ちよく進んでほしいし、

自分ができなかったことをやってくれていると応援したい気持ちがある。


博士課程やポスドクの辛さを語るエントリの裏には、

辛く悔しい思いをしたという人がいるのは間違いない。

子供博士課程に進学したいと言ったら応援できるのか、と書いてあったとある投稿を見るまで、

アカポスは最高だなと思いながら、こういうことを書くなんて思いもしてなかった。

嫌味だと受け取られるかもしれないし。


伝えたいことは、学級の道は楽しい。向いている人には楽園だと思う。

もちろん努力や運や体力も必要だけれど、

少なくとも自分のまわりは、文理問わず任期なしの職に転換した人の方が多いです。


自分の子供の職業選択についてああだこうだ言うつもりはないが、

もし、子供が将来学者になりたいと言ったら、もちろん応援します。


自分大学研究教育ができて、とても幸せだと思うから


2020-05-24

暗記数学絶対に間違っている

はじめに

自分は、「一般的に、暗記数学に賛成している人」とされている、

の中の一人だが、そのはしくれとして、「暗記数学が正しい」という妄言を徹底的に批判する。

自分が暗記数学を間違いだと考えるようになった理由

自分浪人生向けの大学受験塾でアルバイトをしていた。

その塾では基本的に生徒に自習させ、分からないことがあったら講師自分)に質問する、というスタイルを取っていた。

基本的自習だが、毎日チェックテスト(基礎的な数学問題が数題出題される)のみ、全員に共通したノルマだった。

講師初日、全員にチェックテストやらせていたが、一人(A君とする)だけなぜかやらなかった。

話を聞いてみると、「基礎の練習など無意味自分もっと応用問題の解答を暗記する」という強い信念を持っていて、基礎はやらない、とのこと。

生意気言うな。基礎もできない人間に応用問題なんてできるわけないだろ」と何度も注意したが、

なんでも和田秀樹の本を読んで感動したらしく、忠告拒否され、毎日せっせと解答の丸暗記をしていた。

結局浪人期間の一年間で一番A君と仲良くなった(自分説明が分かり易いので気に入ったらしい)が、

彼の解答の丸暗記法では、全く同じ問題だと解けるのだが少しでも違う問題だと全く太刀打ちできなかった。

彼が熱っぽく如何に和田秀樹理論が素晴らしいかを語るを聞き、

問題が解けるようになってから言えよ。とはいえいたいけな受験生をここまで変な考えにさせるなんて和田秀樹ってやつはトンデモねー極悪人だな。」

しか思えなかった。

結局彼は成績が上がらず、目標としていた難関大学ぶっちゃけ慶応)よりも相当偏差値の低い大学に行った。

最後に彼は「やっぱり基礎は大事なんですね」と反省していたが、彼の貴重な一年を棒に振った暗記数学はもう極悪だとしか思えなかった。

以上が、私が和田秀樹提唱する暗記数学絶対に間違っていると判断するに到った根拠である

A君は暗記数学を誤解していたのでは?

とは言え、暗記数学氏の

論理ギャップや式変形の意味等の不明点は曖昧なままにせず、人に聞いたり調べたりして、完全に理解すべきである

との主張は至極最もだし、暗記数学氏の提唱している勉強法は「暗記数学」というタイトルを除けば極めて全うだろう。

また、私もA君からの又聞きによってしか和田秀樹理論を知らないので、

「A君のやっていた『解答を丸暗記する』法は本当の暗記数学ではない。本当の暗記数学理解して暗記するものだ」

との反論はあるかもしれない。

詳しくは知らないが、自分の読んだことのある和田秀樹エピソードは、

和田秀樹大学時代に灘の高校生(B君とする)の家庭教師をしていた。B君は灘というプライドがあったため、和田秀樹が何度も

「解答を覚えろ」と忠告したのにも関わらず、いきなり難問を自力で解くという勉強法を繰り返し、成績が上がらず、大学受験で撃沈した

というものである。これは暗記数学氏の言う「何かをこじらせて勉強法無駄な拘りを持っている人たち」に対応するものだろう。

かに数学は暗記だ」という言葉は、B君みたいな灘に入ったからと言って勘違いしてしまった一般人(灘にいる本当の天才はそんな勉強法でも大学受験レベル数学くらい解くだろう)には有効言葉かもしれない。

しかし、である

A君みたいに解法を暗記するだけ暗記して全く応用の聞かない馬鹿を産み出したのは確実に和田秀樹のせいである。

そして、日本の「数学が出来ない高校生」のうち、A君タイプ(解法の暗記はするけど理解が追い付いていなく、暗記した問題から少し変えると答えられない)が99%で、

B君タイプ自分天才だと勘違いした凡人)は1%にも満たないだろう。

そのような状況で、B君タイプを減らすことを目的として、A君タイプを量産することになる

数学は暗記だ!」という言葉に何の意味があるのだろう。

仮にA君の暗記数学理解が不十分だったとしても、暗記数学という言葉有害無益である

じゃあどう言えばいいんだよ?

暗記数学氏の主張が

平方完成のロジックを暗記せずに二次関数問題を解こうとするな

という主張なら、それは100%正しい。オイラーガウスでもない一般人が平方完成も知らずに

二次方程式が解けるはずがない(というかオイラーガウスも平方完成は暗記しただろう)。

しかし、オイラーガウスが行ったことを「暗記数学」とは言わない。

暗記数学氏の想定している「アンチ暗記数学派」の主張は「数学の体系をゼロから始めて全て車輪の再発明をしよう」

という荒唐無稽な主張であるため、このような主張のアンチテーゼである「暗記数学

という言葉には何の意味もない。

よって、暗記数学氏の言う暗記数学は「数学」という名前で呼べばよいのではないだろうか。

https://anond.hatelabo.jp/20200521175803

2020-05-21

暗記数学が正しい

受験生諸君は、悪質な情報に惑わされないように。

暗記数学の要旨

和田秀樹らによるいわゆる「暗記数学」の要点をまとめると、以下のようになるだろう。

数学重要なのは、技巧的な解法をひらめくことよりも、基礎を確実に理解することである

これは従来、数学入試問題を解くのに必要なのはひらめきや才能だと思われていたことへのアンチテーゼである特別な才能がなくとも、基礎事項を確実に習得することで、入試を通過できる程度の数学力は身に付くことを主張している。

そもそも大学入試大学研究をする上で重要知識や考え方の理解度を問うているわけであって、徒な難問を出して受験生を試しているわけではない。したがって、そのような重要事項(つまり教科書の基礎事項や、数学活用する上で頻繁に出てくるような考え方)を身に付けるのが正攻法である

そのための教材としては、エレガントな別解や難問に拘ったものよりも、基礎事項や入試頻出の問題網羅したスタンダードものが良いとされる。

数学理解するには、具体的な証明計算例を通じて行うのが効果である

これはいわゆる解法暗記である。なぜ、具体的な実例を学ぶのかと言えば。数学に限らず、具体的な経験と関連付けられていない知識理解できないためである

実際、教科書を読んだばかりの人の多くは、自身知識入試問題との間にギャップを感じる。たとえば、ベクトル内積定義線形性等の性質を知っただけでは、それを幾何学問題に応用するのは難しいだろう。教科書を読んだばかりの段階というのは、将棋で喩えれば駒の動かし方を覚えただけのようなもので、実戦で勝つのは難しい。実戦で勝つには、定跡や手筋のような、ルールだけから直ちに明らかではない、駒の活用法を身に着ける必要がある。

将棋の定跡を初心者独自発見するのが難しいのと同様に、数学自明でない実例を見出すことも難しい。そのほとんどは歴代数学者が生涯をかけて究明してきたものなのだから、当然であるしかし、現代高校生には既に教科書入試問題がある。特に入試問題は、数学専門家が選りすぐった、良質な実例の宝庫である受験生はこれを通じて数学概念活用のされ方や、論理の展開等を深く理解するべきである

そしてこれは、大学以降で数学工学を学ぶ際も同様である特に大学以降の数学では、抽象的な概念が中心になるため、ほとんどの大学教員は、具体的な実例を通じて理解しているかを非常に重んじる。たとえば、セミナー大学入試等では、以下のような質問が頻繁になされる。

  • ある概念(群やベクトル空間など)の具体例を言えるか。
  • 逆に、そうでないものの具体例を言えるか。
  • ある定理を具体的な状況に適用すると何が言えるか。
  • ある定理仮定を除いて、反例を構成できるか。

論理ギャップや式変形の意味等の不明点は曖昧なままにせず、人に聞いたり調べたりして、完全に理解すべきである

教科書記述や、解いた問題は完全に理解すべきである。つまり

といったことを徹底的に自問するべきである自分理解絶対に正しいと確信し、それに関して何を聞かれても答えられる状態にならなければいけない。「微分極値が求まる理屈は分からない(或いは、分からないという自覚さえない)が、極値問題からとりあえず微分してみる」というような勉強は良くない。

そして、理解できたと思ったら、教科書の一節や問題の解答を何も見ずに再現してみる。これはもちろん、一字一句を暗記するということではなく、上に書いたような知識有機的な繋がりを持って理解できているのかを確認することである。ある事実が、どのような性質を前提としていて、どのように示されるのかという数学ストーリー理解していれば、何も見ずともスラスラ書けるはずだ。

また、問題を解く際は、いきなり答えを見るのではなく、一通り自分で解答を試みてから解答を見ることが好ましい。実際に手を動かすことにより、分かっている部分とそうでない部分が明確になるからである

以上のことは、何も受験数学に限った話ではない。他の科目でも、社会に出て自分で調べたり考えたりしたこと他人に発表するときでも同様である

暗記数学に賛成している人・反対している人

一般的に、暗記数学に賛成している人。

要するに、数学の専門知識社会的常識のある人は暗記数学に賛成しているようだ。

逆に、反対している人。

反対しているのは、金儲けが目的で目立つことを言っているか、何かをこじらせて勉強法に無駄な拘りを持っている人たちのようだ。

----

追記

思うに、アンチ暗記数学派というのは、精神根底に以下のような考えを持っているのではないのだろうか?

一部の人は、大学入試では「ひらめき」「発想力」「頭の柔らかさ」「地頭の良さ」などを試すために敢えて典型的ではない問題を出しているとか、「天才」を発掘するために常人には解けないような難問を出題していると思っているのかも知れない。しかし、先にも述べたように、大学入試は、大学に入って研究するための基礎学力を測っており、入試問題は、そこで問われている知識や考え方が重要から出題されるわけである。したがって、そういう重要知識や考え方を十分に身に着けていれば受かる。ただそれだけの話である。そして、良識ある教育者は、数学重要なところが分かっているから、それに基づいて教材や予想問題を作っている。そうでない人はもしかしたら、大学普通受験生には解けないように徒に問題を複雑にしていると思い込み、ひねくれた問題を教えているのかも知れない。

また、「数学自体重要ではなく、数学を通じて思考力を鍛えることが重要」とか「受験勉強社会に出て嫌な仕事我慢するための訓練」等と思っている人もいるかも知れない。特に前者は、自称数学好きにもいるようだ。しかし、深く考えるまでもなく、大学受験数学が課せられるのは、大学研究するために(少なくとも、教員が望む水準で)絶対必要からである。そして何度も言うように、入試で問われるのは、研究のために必要知識や考え方であり、「頭の柔らかさ」などではない。また、数学をそれほど使わない学部にも、受験数学が課せられるのは、多くの大学には転部等の制度があり、文学部から経済学部とか、農学部から工学部に転部するような事例は珍しくないかである

上記2つに共通するのは、「理解」よりも「ひらめき」等のオカルティックなものを重視することである。これは、上に述べた胡散臭い教育業者や、受験生に絡んでる学歴コンプが暗記数学に反対する理由と符合する。金儲けがしたい受験業者にとって、「基礎を確実に理解することが重要」と言うよりも「入試本番に典型問題は出ないから、ひらめきが大事(。そして、ウチの教材を使えば、それが鍛えられる)」などと言った方が、客は集まりやすいだろう。また、SNS等で受験生教員などに絡んでる奴にしても、数学本質理解できず霊感的なもの価値見出しおかし勉強理論かぶれてしまったと考えれば納得がいく。

繰り返しになるが、受験生諸君はそういう悪質な情報に惑わされてはいけない。

2020-04-10

科研費雇用職への助成金

真面目な話で他の人々の状況を聞きたい。

現在科研費からポスドクテクニシャン雇用していて、もし、大学が封鎖になった場合、休業手当を払う義務が生じると考えられる。

この場合大学雇用調整助成金を申請して科研費から支出を穴埋めしてくれるのだろうか?

それとも事実上雇用である科研費代表者手続きを行わなければならないのだろうか?

同様の状況に直面しつつある方々、情報を共有しませんか?

2020-03-26

AOBAKO! らーじっ

anond:20200325214044

第一クール

第二クール


うん。こんなアニメ流されたら胃に穴が開く。

2020-03-15

anond:20200315140444

PCR出来るピペドポスドク雇えとか言ってるのもいるけど、

それも差別されるの分かってて端金で短期で誰がやるかっつーの。

常勤で雇う事は出来ないわけだし。

例え今ポスドクだろうがそれ続けた方がマシだわな。

無職主婦だって大抵は子供いて預け先無いのに急に働けるわけない&

預け先必要無い人もコロナ検査やってるなんて周りにバレた日にゃ被差別者になるわけで

それでも働かなければならないほど金困ってるなら無職やってねーよ。

人材必要になれば都合よく湧き出てきて必要なくなったら首切っても文句ひとつ言わないもの、なわけねーだろ

ってのは医療だの検査だのの知識云々以前の話だと思うんだが

何でその程度の想像すらつかないんだろう。

2020-03-08

anond:20200227135820

日本は弱いやつを適当やりがいやらで煽って無理させて、さらには弱まったところでとどめを刺すという風土に完全になっちゃってるから

当然そんなの見えてるところに人行くわけ無いでしょ。介護でも、ソフトウェア産業でも、博士でも、ポスドクでも、起業でも、ベンチャーでも。

ただ、大企業にさえ入ればそこそこ養ってくれるから、まずは大企業就職して自分の身を守ることが第一になる。もちろん理系修士おしまい

自己責任+周りは一面地獄=とにかくみんな保身に入るってことさ。笛吹くのは役人と頭湧いているウェーイ系だけ。

2020-03-02

40代に不幸な人が多いのは

「紫の鏡」「森の中の湖に沈んだ時計」のことを聞いたことがあり、それを今まで覚えてたせいじゃない?

ポスドク少子化低賃金も全部それ。あの言葉を思いついたヤツは国外追放してください。

2020-02-29

あー そっか

ポスドク症候群の症状て、

なんでも議論に持ち込む衝動

リトマス試験紙だな

anond:20200229185008

いつまで経っても院卒から教授職になれないポスドクって問題がある。

そのネタ投下すると、やたらイキリたった連中が釣れるから、お前さんもやってみるといい。

2020-02-25

声優しろ漫画家しろ

https://note.com/ever_blue/n/n16ed7c79b534 をよんだという話)

声優しろ漫画家しろとても険しい道で、しかしそこを一度選んだものドロップアウトするにはまともな人のふりをしなおす才能が必要なのである

この人は自分底辺といっているが、

いつも増田粘着してる自称オタク無職から

「金を払われる側になったことがあるんだからエリートじゃねえか自慢するなクズ」という下から目線反論というよりルサンチマンをぶつけるもってこいの藁人形扱いだったり

anond.hatelabo.jp/20200211033150にしつこく粘着していってやったとおり漫画家声優絶対サラリーマンより下にみるな(ただし消し逃げ)」というなぜか中から目線反論だったりが想定されるところである

私はこのNOTEの作者の選択にはそのようなことは思わない。

始めたことをやめてまた始めるには人一倍勇気必要であり、この人はたまたまその勇気やまともなひとのふりをできる才能が今あるのだから尊重すべきだ。

ただし私がいいたいことはこの2つのどちらとも違う。心配だな、である

ウエメセといわれそうだがあえていうと、文系アカデミックポスト女性差別存在しないなんて思わないほうがいいのであるポスドク自殺女性の話がネットで盛り上がった通りである

大学に行くことでお金を払う側、客に一度もどったのである。ここで切ってしまうとまた若いものいじめといわれそうだがまあもう少し聞いてくれ。

 

平成以降に生まれネイティブネット世代は金という光ファイバ回線を通じて支払いができる交換価値がどんなものより大好きである

金があればアイチューンズカードが買え、ポイントに引き換えて好きな曲や漫画が買え、握手券つきCDもおしばいのチケットも(争奪戦にはなるが)買え、親に仕送りをしていい顔をでき、結局、金で好きな人を独占できるからである平成世代にたとえば現物で支払いをしたらおそらく2秒後にはメルカリである

そして労力を金に買えることも大好きである

ところが、労力を金に変える手段は大幅に電気コンピューターに奪われたのである

むかしはそろばん珠算)が正確にできれば統計経理という職が用意された。

昔は英検1級所持者なら海外ファクシミリをやりとりするという職が用意されていた。

たった50年ほど前である。そうやって就職した人はまだ現役で生きているし、なんならあなた上司になることもある。

しかし今職を探すあなた就職しても「エクセル」「グーグル検索」「グーグル翻訳」「グーグルマップ」より深く職場に溶け込むことはもうないだろう。

グーグル無料でなんでもやってくれるのだから給料を払って人間にやってもらおうという人はいない。

運良くまだ手つかずのそろばん世代上司になっても、金を払うとなると人間はよく調べるもので、

「こんなのグーグルで調べたらちゃちゃっとできるでしょ」と(自分はできないくせに)平気で言うのである

からあなたたちにはまともな職はない。絶望しろ。といいたいのではない。そうではないのだ。

今、乞食になることを怖がるなといいたいのである

コロナウィルスで人はあっけなく死んでしまう。

そうでなくてもインフルエンザで、お風呂ヒートショックで、普通ならひっかからない低い段差でこけて足を折って寝たきりになったのが原因で、

人は毎年何万人も死んでいるのである。私もおそらくそんなつまらない理由で死んでしまう。

その最後とき、私はおそらく、若いあなたたちだけでも生きていてくれてよかった、と言うのである

乞食になることを怖がらなくていい。自分他人の金にすがっているとおもわなくていい。

なんなら生活保護だって障害年金だって、どんなお金だってあげる。

災害災害自粛自粛と肩身の狭いまま大人になったあなたたちは本当にかわいそうだし、もらえるお金はもらっていいのだ。

その上で、堂々と胸を張って、プライドを持ってやりたいことをしなさい。

もらえる公的お金をもらうことと、犯罪他人の所有物をとったりする)とは全く次元の違うことなのだから

2020-02-23

anond:20200223013119

えーー。PCR装置って、いや、バイオ系のラボにはたいていあるんじゃないの?

今こそ、バイオポスドク活用される職場なんじゃ無いの?ピペット操作で、増やしてなんとかすれば良さそう。

だけど、リアルタイムPCRは、高いんだろうなー。

理系大学装置を流用って、難しそうだけどー。法改正とか、出来ないのかねー。

2020-02-20

あの神戸大の教授教授擁護してるアカデミア連中の研究室に「教務課です~^^」って闖入して院生ポスドク指導を始めていいんだろうか

自分専門家だという自負があるならいいんじゃないか

2020-02-15

研究者を志して、諦めた俺と諦めなかった人の10年後の現在

俺、地帝→東大院(生物学専攻)

10年前、研究者を志し研究に励んでいた。しかし当時たまたま知り合った先輩(玉木浩貴、自称国立印刷局研究候補)が「博士課程にメリットはなく、正規研究者アカポス)になれない」などと博士課程を卑下した発言を何度も繰り返しており、だんだんと感化されるようになった。結局それなりの研究実績はあったものの、大学院を去り、就職した。

一方で、研究楽しいとそのまま大学院研究を続けた周囲の学生ポスドク人達がいた。

当時は自分選択は最良と思っていた。周りのように、今が楽しいからと厳しい現実を逃避し、なれもしないアカポスに憧れるのは哀れだと思っていた。

そしてそれから10年が経過。現在の状況は次の通り。

大学院研究を続けた周囲の学生ポスドクの今(大学大学院所属研究室で自分より±3学年)>

東北大学 教授

東北大学 准教授

東北大学 講師

東北大学 助教

東京大学 講師

東京工業大学 講師

法政大学 教授

自治医科大学 講師

名古屋大学 講師

名古屋大学 助教(2名)

京都大学 助教

神戸大学 教授

<俺の今>

・某県庁 係長多忙のため体調を崩し退職

<先輩の今>

消息不明(都合が悪くなり無責任に逃亡?)

これらはあくまで俺が大学大学院所属した研究室のみの状況。他の研究室や学会で知り合った人を入れればもっと多くなる。

先輩の当時の論調では、大学院に残った人はその後落ちぶれてゆくということになるが、現実はそんなことはなかったのだ。

かに、俺が大学院を去って最初の数年間は周囲はパーマネント職には就けず、惨めなものであった。しかし、5年経った頃(つまり5年前)にはアカポスをゲットする人が急に増えた。大御所だった教授達が大量に定年を迎え、ポストが一気に空いたからだ。

現在、俺と周囲の人ではどっちが良かったかどっちが上かは一目瞭然。その中には10年前俺よりも研究実績がなかった人も少なくない。先輩の言うことを信じて大学院を去ったことを非常に後悔している。

これから研究を志す者へ言っておこう。

「大切なのは邪念に惑わされないこと。諦めたら負けだ。」

2020-01-31

anond:20200131235615

おっ理系研究者めざしてんの、いいね

ぼくもこの春に博士号を取得見込みで博論も出したんだ、でもまだポスドクとしての行き先すら決まってないんだよなあ

まあ最悪でも死ぬだけだから何とかなるさ、君もがんばってね😊

2020-01-29

ポスドクに関して

ポスドクで様々な成果をあげて栄転する人もいれば、そううまくはいかず、アカデミックを辞めてしまう人もいる。

何が両者を分けているのか考えてみる。分野にもよるが、ある程度は共通していると思う。どちらかというと理系寄り。

学振PDに採択される

→これは大きい。採択されるということは有望な研究者という証にもなるし、研究費をもらいながら自由研究できるので、成果もあがる。

論文など成果として評価されるものを書く

→定期的に論文を書いている人は、やはり評価されている。

・新学術など大きなプロジェクト雇用されている

ネットワークが広がるので、共同研究などに発展しやすいし、顔を知ってもらえるだけでやはり違う。機会を活かせるかはその人次第だけれど。

自分研究をする時間がある

ホワイトラボで、自由研究時間があるのはやはり強い。ブラックだととてもとても大変。

学位取得後に新たな研究分野を開拓しているか

博士課程と同じような研究を続けていては先細りする。博士課程を始めてから5年くらい経つと、世界研究の動向も変わる。また、同じ分野で出せる成果もだんだんインパクトが減ってくる。ポスドクで新たな研究に取り組めないと、今後取り組むのはもっと難しくなる。

以上を全部満たさなくてもいいが、全てを満たしていない人は、やはり厳しい。

2020-01-28

職のないポスドク

4月から雇用が切れる。次はない。

大学に残りたいとは思えない。来てから1年足らずで引っ越しなんてもういやだ。

地方国立大学に勤務していて、周りで職を探そうにも、会社がない。

どこにも行き場がない。

2020-01-21

anond:20200121104735

思い切って自らのポスト女性ポスドクに明け渡すとか、何らかのアクションは起こさないのかな。

先生自らがそういったアクションを起こすことで主張の説得力が増し、同調してくれる男性も増えると思う。

2020-01-17

anond:20200116145229

起業周りで真に求められてるのはエンタティメントだからでしょ。それは数だけ増やすためにおバカが乗ってくれないかを狙うお役所様含めてね。

正直週刊ジャンプやらを読むような感覚で興奮させるエンタティメントを求めている。

そこに、バカをおだてれば、金も時間もかけないでも革新的技術ベンチャーが生まれるんだという連中が乗っかる。

でも、仮にそのいかがわしい奴が消え去ったとしても、まともなスタートアップやらは生まれないと思うよ。

起業が増えないってのは博士過程学者が減っている、大学研究力がどんどん落ちてるのと同じだと思うわ。

素人から見てよくわからないものに金を出したくない。探せば、素人にもすぐわかって金も時間もかけないでも大成果を出すものが生まれてくれる。

更に、挑んだバカは使い潰せばいいと

エンタメ的に興奮させるために金も時間も出さなくても1クールで成果が出るような求める風潮がああいうのを産んだからというのはあるだろう。

からといってあれは一つの姿にしか過ぎない。だから、ああいうのをなくしたからと言って、夢や希望のない、博士アライさん、ポスドクアライさんみたいな起業しか残らんって。

2020-01-05

anond:20200105023340

どこ行っても一緒

就活がんばっても、どうせ大体辞めちまう

とはいえ後期行ってもポスドク無職なんてザラ

ひょっとすると高卒あたりがQoL一番高いんじゃないか

2020-01-03

anond:20200103063056

ツイッターで様々なポスドクアライさん、博士アライさんが現れては「笑いものネタ」としてアカデミック研究者が取り扱われ、コンテンツとして消費されるのが平成、令和。

ポスドクになる時点で、ポスドクアライさんたち全部博士持ちなんだけどね。

2020-01-02

anond:20200102173729

プロジェクト管理もいいのだが、結果として出てくるものが○○についてわかりました。であることを認めないとならない。

素人が期待できるようなすぐに実用化というのは無理だということを理解しないとならない。

いきなり20年かかるようなテーマに盆と金を出し続けるわけには行かないからな。まあ、それでも、キャリア的に各フェーズに5年はほしいが。

それは、作業を手伝ってもらうためにポスドクを雇うにしても。

2019-12-26

所詮アカデミックで続かなかった名も無き研究者の一人か。

ポスドク地獄疲弊して、アカデミックの道を断念して就職していった人の中に、将来日本の産業を支える技術の基礎を開発していた人がどれだけいたのだろうね。

しょせん「よくある話」の一つに過ぎない。飯が食えないことにはどうしようもない。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん