「文科省」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 文科省とは

2019-03-18

かけ算の順序を指導する理由

 小学校教員経験者としての個人的意見です。といっても大卒後2年だけ勤務(5年生, 6年生担任)してその後転職してるので、経験は少ないし時差があります。ただ最近、というか定期的に話題にあがる、かけ算の順序問題について自分の考えを書きたいと思ったので

 (1)かけ算の理解評価

 (2)かけ算を元にしたわり算の理解

という2つを考えつつ書きなぐります

順序が大事理由をざっくり言うと

 ここではかけ算の順序を固定するという表現を使ってみようと思います。まず現状としてかけ算の学習では

 (1つぶんの数)x(いくつ分)=(ぜんぶの数)

の順序で固定して指導されています

 乱暴な言い方かもしれませんが、このように固定するのは必要悪だと思っています

 かけ算の順序を固定する理由をざっくり言うと、かけ算の式において(1つぶんの数)と(いくつ分)のそれぞれを明確に式の中で表現するため、です。それに伴い、順序を固定する必要が出てくるということです。固定は副次的ものです。

 例えば3 x 2という式において、(1つぶんの数)にあたる数は3なのか2なのか、(いくつ分)にあたる数は3なのか2なのか、順序が固定されない限り判断がつかず評価ができません。どっちの数がどっちだか混乱してしまます。なので、かけられる数に(1つぶんの数)を、かける数に(いくつ分)を対応させることにより、明確に(1つぶんの数)と(いくつ分)を式の中で表明することができます

 あと、計算だけ指導するのであれば、順序の固定は不要です。実際に、意味がわからなくても計算ができる人は山ほど居ます。ただ、かけ算やわり算の意味をとらえるためには、(1つぶんの数)と(いくつ分)を区別して考えていかなければなりません。

 これだけじゃわかんねーよって人は以下も参考にしてください。

立式をどう評価するか

 授業をするからには、かならず評価をすることになります。実のところ、この順序をつけなかった場合問題文脈を正しく理解して立式したのかどうか、評価が難しいです。問題において提示されている事象、より厳密に言えば「現実モデル(*1)」を、正しく「数学化(*2)」して処理しているかどうかが、評価ポイントになるわけです。もちろん児童ひとりひとりにインタビューをして評価できれば良いのですが、ペーパーテスト上では、立式ができているかどうかをかけ算の順序で判断するしかありません。(もちろん、正しい順序で書けたからといって正しく数学的に理解できているかどうかはわかりません。適当数字を選んで立式している可能性もあります。逆に、現実モデル説明できるのに式でそれを表現できていない場合もあります。これは現在ペーパーテストによる評価限界でもあります。)

 このままだとわかりにくいので、次で具体的な例を挙げながら説明します。

(*1)「現実モデル」...例えば「1ふくろにつきももが3こ入っていて、それが5ふくろあります」というもの現実モデルの一例です。現実にはその場にももがあるわけではないですが、その現実事象を模したもの現実モデルです。

(*2)「数学化」...ここでは文章題から立式する過程のことを指しています問題数学算数)の領域解決できるようにすることです。数学化した時点で、現実モデル情報はそぎ落とされます。たとえば[現実]→[数学]の動きの場合、「りんごが2こと3こでぜんぶでいくつ」→「2 + 3」と容易に数学化できますが、その逆の[数学]→[現実]の動きの場合、「2 + 3 」→「 」の部分は無限に答えが考えられますりんごじゃなくてもも2こと3こにしてもいいし、今日1月2日です3日後は何日ですか、でもいいわけです。数学化されたものはそれだけ抽象化されていて、元の現実モデルを言い当てるのは困難ですし、現実モデルそもそも無い場合もあります

答えが同じでも、順序によって現実モデルが異なる

 よくあるひっかけの文章題では、文中で(いくつ分)をわざと先に出し、(1つぶんの数)をその後に登場させるものがあります

 「6枚のお皿にりんごが3個ずつのっていますりんごは全部で何個ありますか」

 文章題の順序通りに立式すると、6 x 3という式になります。固定した順序で考えると、これは(1つぶんの数)と(いくつ分)の順序が逆になっています。この場合、実際には

 1皿に3個のりんごがのっていて、そのお皿が6枚分ある(式 3 x 6)

という現実モデルが、

 1皿に6個のりんごがのっていて、そのお皿が3枚分ある(式 6 x 3)

という現実モデルになってしまい、結果的に6 x 3という式は後者現実モデルを元に立式したと判断することになります

りんごのぜんぶの数はどちらも等しいですが、6 x 3という式の元の現実モデルが実際の現実モデルとは異なるため、問題にある現実モデルを正しく数学化できたとは言えず、誤答になるということです。

 (1つぶんの数)を3、(いくつ分)を6

として捉えているのか、

 (1つぶんの数)を6、(いくつ分)を3

として捉えているのかには大きな違いがあるわけですが、(1つぶんの数)x(いくつ分)の順序で書こうと決めておくことで、どちらで捉えているか特定することができるようになります

順序は逆にして固定してもよいか憶測

 そう考えると、順序は逆にして固定しても問題はなさそうです。今の

 (1つぶんの数)x(いくつ分)

という順序は、ただ言語的な順序に従っているだけだと思います

 かけ算がたし算の延長ということを思い出すと、

 2 + 2 + 2 + 2 + 2

 2 x 5

と表しているだけで、これは

 2 + 2 + 2 + 2 + 2

を、2が5つ分という風に捉えて、その順番で2 x 5と順序づけているのかもしれません。5つ分の2と捉えれば、5 x 2と順序づけてもいいので、捉え方の問題なのかもしれません。個人的には前者の方が自然に感じるのですが、刷り込まれてきただけかもしれません。

共通性のある例を考えると、2/3という分数について、日本では「3分の2」と分母から読み、記述するときも大抵の人は分母の3から書き始めると思います。「3分の2」と考えなから分子の2から書き始めるのは違和感があるのではないでしょうか。一方で英語圏場合Youtubeとかで実際に確認した限り、2/3は「two third」と分子から読み、記述の際も分子の2から書き始めます。)

 繰り返しになりますが、順序自体大事なのではなく、かけ算の式において(1つぶんの数)と(いくつ分)のそれぞれを明確に式の中で表現することが大事で、そのために順序の固定が副次的必要になるということです。

 改めて考えると、この固定というのは非常に厄介でもあります。まだ学習し始めの子どもを混乱させないために条件を固定しているという意図もありますが、順序を交換しても答えは変わらないという事実と照らし合わせたとき、納得いかないのも当然です。しかもその事実自体は小2の九九の時点で学習します。

順序が問題にならないときはどのようなとき

 順序が問題にならないときというのは、既に数学化されたものを取り扱うときです。つまりそもそも数学化の過程評価対象にもなっていないものです。算数的に言えば、文章題のような問題ではなく、既に立式されている問題です。

 2 x 3

という問題であれば、

 2 x 3 = 3 x 2 = 6 答え6

計算しても間違いはひとつもなく、正答です。2 x 3が計算できなくても、順序を変えて3 x 2で計算しても良いのです。その根拠は、かけられる数とかける数の順序を逆にしても答えは変わらないからです。むしろ学習が進むにつれて、交換法則は便利に使うことができ、積極的に使えるようにしていくべきです。(教科書でもちろん学習します。)

 また、アレイ図(↓のやつ)を考える時、自分でどう括るかによって、(1つぶんの数)と(いくつ分)が決まり、どちらの順序でも考えることができます。例えば

● ● ● ● ●

● ● ● ● ●

● ● ● ● ●

 上のようなアレイ図であれば、縦3個でくくれば3 x 4という式になりますが、横4個でくくれば4 x 3という式になり、かけ算の順序が逆になります自分現実モデルを作り出してそれを数学化しています

わり算の理解における(1つぶんの数)と(いくつ分)の役割

 わり算の考え方には2つがあります。「等分除」と「包含除」です。その違いを説明するために、虫食い算のかけ算を考えます。というのも、わり算はかけ算の拡張なので、発想として虫食いのかけ算で考えるとわかりやすいです。3 x 2 = 6と、順序を逆にした2 x 3 = 6を虫食いにして考えましょう。かけ算の順序を変えただけなので、どちらも答えは同じ6です。

・等分除

  □ x 3 = 6

というかけ算をわり算では

  6 ÷ 3 = □

と表します。この場合、求める□の部分は(1つぶんの数)にあたり、例のりんごと皿で考えれば、

 「りんごが全部で6こある。これを3枚の皿に平等にわけると、1皿あたり何こになるか。」

という問題になります。1つぶんのりんごの数が、求める答えです。これが「等分除」です。わり算と聞いて想像やすい、平等に分けよう、というものです。教科書でもこの等分除から学習します。

包含

  3 x □ = 6

というかけ算をわり算では

  6 ÷ 3 = □

と表します。この場合、求める□の部分は(いくつ分)にあたります。例のりんごと皿で考えれば、

  「りんごが全部で6こある。1皿に3こずつりんごをのせていくと、皿は何枚必要になるか。」

という問題になります。皿の枚数が、求める答えです。これが「包含除」です。イメージ的には、6つある物を1セット3ことして何セット作れるかな、というものです。

 以上のように、□ x 3 = 6と3 x □ = 6のどちらも6 ÷ 3 = □というわり算になるのですが、もともとのかけ算の式をみると、求めている□の部分が(1つぶんの数)なのか(いくつ分)なのか、という違いがあります一見、全部わかりやすい等分除で考えればいいじゃないかともなりますが、包含除は等分除ではとらえにくい、余りのあるわり算を考えるときに非常に有用で、必要不可欠です。

 この等分除と包含除の考え方は、かけ算での(1つぶんの数)と(いくつ分)を明確に区別しているからこそ理解でき、学習できることです。3回目くらいになりますが、(1つぶんの数)と(いくつ分)のそれぞれを明確に式の中で表現するために、順序を固定する必要が出てくるということが、かけ算の順序を指導する理由であり、今回書きたかった結論です。もし順序を固定しない場合、式の中でどっちがどっちなのかを示す記号を加えるなどの工夫が必要なのではないでしょうか。

 単に順序を逆にしても同じ、として学習を進めると、(1つぶんの数)と(いくつ分)に区別のない世界で考えることになります。このとき子どもにかけ算やわり算の意味をどのように指導すればよいのでしょうか。計算だけ指導するのであれば、何も問題ないのですが。

現代でその考えは必要なのか

 現在文科省が掲げる算数科の目標は次の通りです。

 「算数活動を通して,数量や図形についての基礎的・基本的知識及び技能を身に付け,日常事象について見通しをもち筋道を立てて考え,表現する能力を育てるとともに,算数活動の楽しさや数理的な処理のよさに気付き,進んで生活学習活用しようとする態度を育てる。」

 「算数活動」とは「児童目的意識をもって主体的に取り組む算数にかかわりのある様々な活動」を意味しています。先ほど考えたわり算の理解は、この算数活動を実現しうる機会の一例そのものだと思っています

 正直、計算自体重要なのであれば、現代では電卓コンピュータ入力する力が求められるだけです。もっと時代が進めば、こんな等分除や包含徐を学習しなくてもなにも困らない時がくるかもしれません。もちろん、先ほどの算数科の目標社会の移り変わりによって広義に変容するものですから時代が変われば内容も変わるでしょう。しかしそんな中でも、根本として算数数学を探求することが大切ということはゆるぎないと思います

現場感想

 小学校教員基本的ほとんどの教科を一人で担当します。私は自分算数指導課題を感じ、よりよい授業のために調べたり足を使って研究会学会に参加したりしてきたのですが、正直いうとそうしてきた算数だってまり自信が無いです。すべての教科を完璧に仕上げるのは結構難易度だと思います

 勤めている人はみんなそうですが、現場教員たちも同じように膨大な業務に追われています。また、子ども保護者トラブル対応も多々です。学校では毎日事件が起きているといっても過言ではありません。若い先生特に教材を研究する時間必要ですが、所定の勤務時間内にできる時間はほぼゼロです。朝と夜の残業時間も、授業そのもの関係しない業務が多いです。学校子どもが過ごす大半の時間は授業時間なのに、その授業の準備が満足にできないということです。経験を積めば良いと言われても、今担任しているクラスの子どもが被害者になるだけです。あたりまえですが、その子たちは一度だけの1年を毎年過ごしているわけです。貴重で大事時間です。

 現場もっと人が欲しい、というのが素直な感想です。算数では少人数授業やチームティーチングが増えてきていますが、根本的な問題解決していません。算数に限らず、教員もっと授業に関することに時間を割けるようにするべきです。毎日授業があるのに、その授業の質が低くなっては意味がないです。結局、先生たちもかけ算の順序について教えてくれる人なんて居ないのかもしれません。そんな状況で教えなくちゃいけないんです。

 日本さん、もうちょっと教育お金かけませんか?未来を担うのは、大人ではなくて子どもたちではないでしょうか。

2019-03-15

anond:20190315172901

まあ受益者負担民営化しちゃったのが間違いなんよ

でもだからといって公営化しよう、総務庁下部組織にしよう

となると報道内容が(今でも一部のもの以外だいたい偏ってるのに)もっと偏っちゃう

文科省クズだし内閣クズだし

どこにぶらさげていいかわからん

下手するとグーグルが一番公平だったりしてねwwww

ぜったいあかんよwwwwグーグルwwww

2019-03-14

東京オリンピックボランティア行きたくないんだが

文科省から言われてるのと理事が乗り気なんだけど、本来おかしいよな?

英会話学校行って学費払ったけど、寺の前の掃除したら勉強したことにしてあげる」←意味不明だろ。

東京オリンピックボランティアでたら、単位を出すように文科省からお達し出てる。

さりげなくうちの子らも希望者の数に入ってるけど、学生バイト代も出さないわけにいかんし、なんか出費あったら俺の自腹だろ。全員呼びつけるのが不可能。せいぜい二人とかだわ。

そもそも俺も、来るって言っといてバックレた学生責めらんねぇよ。くだんないもん。堂々とバイト優先しますって連絡されたら咎められない。

バイトより明らかにコスパ悪いし、奨学金学校来てる子もいるんだぜ。バイト生活かかってる。邪魔できるか。

ボランティアってなんだよほんと。

空中分解せんかな。

2019-03-08

anond:20190308204541

小泉チルドレンよりゃマシだったよ 文科省には向いてなかった ていうか文科省が今にいたるまでずっとダメ

著作権の話もそうだし、森友獣医文科省だし、不祥事デパート

ブラック学校に勤めるのはどうか

『知り合いがクビらしい』anond:20190213153645

をしつこく書いていたわけだが、昨日そのクビの彼から電話がかかってきた。話を聞いて、こちらも返答に困ってしまったのだった。

いくつかの求人書類選考が通り、面接を受けている今日この頃らしいのだが、ダメモトで出していた某学校教官書類選考が通ったらしい。おーそれはよかったじゃん、と言うと、

「いや……それがね……」

聞いてみると、筆記試験の日程を決めるメールが来たらしい。一般的職務経歴書だけでなく、いわゆる CV(Character Voice じゃないぞ、Curriculum Vitae な……海外ではまさに職務経歴書を表すわけだが、ここでの意味ちょっと違う)等を準備するのが面倒だなあ……などと言っていたのだが、

「……そう言えば、そこ、どんな学校なんだ」

「うーん……何か留学生も多いところらしいんだが……自分エントリーできそうな分野だったんでポチって、その後忘れてたんだよな」

「何かテキトーな話だなあ。じゃあとりあえずググろう。話はそれからだ」

とググってみたわけだ。すると……うーむ……これは……マズいかも。

口コミサイトみたいなところにその学校に関するページがあったのだが、それによると、ネパールベトナム留学生を大量に(全学生の9割以上)受け入れているという。これは平成20年文科省が主導でブチあげた「留学生30万人計画」というのがあって、それまで留学生が全学生の半数以下になるようになっていたものが、2010年にその枠が撤廃された結果らしい。そのほとんどは専門学校だが、2017年に通った改正学校教育法によって「専門職大学」に格上げされる可能性もある。専門学校大学を持つ学校法人もあるから大学だと思った求人専門学校行きになる可能性もあるかもしれない。

当然だけど、この手の学校実態教育機関と程遠いものだ。学生日本への永住権欲しさにやってくる。その学生を定員無視で大量に受け入れ、やっつけのカリキュラムで授業を行う。学生の質が下がる結果学校の質も下がり、日本学生ますます入ってこなくなる。大量の外国人学生への就職指導もままならない。それでも構わない、永住権のためのアリバイが得られればそれで良い……そういう留学生を迎え続ける。都道府県は一応指導は入れてくるが、「日本学生獲得の為の努力はしております」とでも言っておけば、所詮指導指導。何とでも言い逃れられてしまう。

このような状況だと、入管もさすがに学生在留許可を出せないという話になる。まさにその結果起きたのが、去年秋の大阪での専門学校の一件だ:

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018092500568&g=soc

こういう実態学校の中のひとつが、今回彼がポチったところらしいのだ。先の口コミサイトコメントはこう言っている。

正義感のある人には向かない。勤務して数日で気づくはず。どちらかと言えば楽な仕事であるにも関わらず離職率が非常に高いのは、通常の神経では参ってしまうからだろう。」

この手のコメントがずらーっと並んでいる。

彼はまだ未練を完全に断ち切れない模様。返事の期限ぎりぎりまで考えようか、などと言っている。しかしなあ。どうなのよこれ。

2019-03-06

anond:20190306225619

意味があってやってるなら理由書けばいいじゃん。残業手当もらわず残業とか休日出勤とかしてるから自分の時給に見合わないムダ仕事をすることに鈍感なようにしか見えない。実際ブラックな働き方したくないか教育学部に行かない若者とか教員採用試験受けない若者が増えていると聞いているよ。最近文科省も「教員働き方改革」とか言い出してるみたいだけど、今の働き方を見て「自分もやりたい」と若者たちに思わせられないなら、優秀な人間教員を目指さないし、今の激務が続くだけ。今教員やってる人たちが定年退職して、新人が入ってこなくなったらどうする気なの?

2019-03-03

anond:20190303225336

生物学はずいぶん人口が多い。

数学物理学化学人間を全部足したくらいの人間がいるように思う。

だって理学部生物系の教室にいる人間農学部人間それから医歯薬獣医人間、あと看護とかがエッセンシャルを持ってる。

エッセンシャルというのは有名な教科書名前だ。

科研費やら学振採用者一覧を見ても広義の生物学に分類される(できる?)ようなテーマは4割くらいを占めている。

何が言いたいかというと、人口が多いので教科書古本がたくさん流通しているので教科書が安く手に入る。

それから研究が盛んでどんどんアップデートされるので、すぐ版が重なる。前の版は安くなる。

エッセンシャルでいうとアマゾンで1円から手に入る。まあそれは第一版なんだけども。

インターネッツでも、英語検索しさえすればかなり有用学習サイトがある。

ケンブリクラス大学の、講義の内容をまるまるアップロードしてる先生もいる。それこそようつべで15回分見れたりする。15回は半年分の授業の回数だ。

あとTwitterで暇な日本人バイオ先生方が文科省悪口を言うためのアカウントを拵えてるので、ぶりっこして質問すれば丁寧に教えてくれる(場合もある)(最近面白い漫画を教えてあげると喜ばれる(場合もある))。

最近論文もタダで読めるところがとても多いので、最新の情報も手に入れようと思えば手に入る。そうでなくとも論文海賊サイトを使えばほぼあらゆる論文が入手できる。論文雑誌の総説という、まあまとめコンテンツみたいなやつをめいっぱい読んでればめちゃめちゃ賢くなれる。まあまあな大学院生と同じくらい強くなれる。

学術分野の英語はそんなに難しくない。小説よりは簡単だ。なにが簡単かというと、Google翻訳入力するのが簡単だ。コピペできるのでね。まあそれは冗談ですが

そんなこんなで根気があれば相当勉強できる。何年か前に、アメリカ高校生が根気よく勉強して研究したところ、すい臓がんの早期発見できる方法発見したので界隈ではニュースになったりもしている。PLoS ONEというタダで読める結構雑誌の、次世代シーケンサーの膨大なデータを目で見て発見したらしい。極端な話、パソとフレッツで論文が書けるという時代である実験を一切しない論文というのもあるくらいだ。

というわけで生物学教科書は高くない。高いのは生物学の敷居なのだ。一歩またいだら無限にも思える未開の地が広がっているのが生物学ということでガッテンしていただけましたでしょうか。

2019-03-02

anond:20190301015035

単純に国語教科書に載ってるかどうかじゃない?

ゆとりだけど坊っちゃん走れメロス

注文の多い料理店が出てきた記憶はあるよ

あと羅生門高瀬舟とかも出てきたな

なんやかんや取っ掛かりがあるかどうかはデカ

短いけどとんでもなく濃度の濃い憂国とか

読ませれば衝撃は与えられるだろうけど

さすがに文科省が許さんやろな

エログロと言われてしまえばそれまでやし

2019-02-16

セーフ?アウト?

このリーフレットの表面のキャラクターが、某国民的海賊漫画の主要人物2人に見えるのはオレだけ?

2、3、4面を見るとそこまでじゃないが、わざわざ一番表(右上)に持ってきてる画像がなあ…。

文科省厚労省によるリーフレット「薬物乱用の危険理解していますか?(高校卒業予定者向け)」(平成29年度)

画像https://www.mhlw.go.jp/content/000452510.pdf

よくこの画がチェック通ったな。というか、これはセーフのレベルという判断なのか? これがセーフなら大抵なんでもセーフだと思うんだが。頬に傷が無くて麦わら帽かぶってなければOKなの? 著作権のお膝元でこういうケースがあると、混乱するわ。

よく分からない。増田基準ではこれセーフ?アウト?

革新的研究を謳う助成とやら。

とある2050年に役立つ技術を開発するために数年単位千万円程度の助成をするというプロジェクトがある。

だが、蓋を開けてみると、通ってるのは大御所方の研究ばかり。自分の分野ではあの人は大御所というのはわかる。で、他の分野でも通ってるのはほぼ教授ということは、多分その分野の大御所の方なんだろう。

こうしてみるとわかるのは、

1)素人にわかり、うまく行きそうだと感じるクラスには長年の積み重ねがやっぱり必要。けど、素人にも革新的だとわかるというのを基準にしてしまうと、「すでに積み上がった革新的研究しか通らない。その時点では科学技術としてはもうすでに革新的ではない。実用面としてはまだ未完成技術から革新的ではあるのだろうが。

2)今の日本では大御所方でも研究費がなくて困ってる。だから、今までの研究の積み重ねの延長としてでは金は取れない。実用化はまだしてないか革新的という予算に応募して通らないと、大御所であろうと研究が続けられない。

3)大御所ですら金がなくて困ってる状態革新的とやらを掲げてやっても、うまくいくかどうかわからないクラスのやつは通らない。枠が限られているから、枠の中でうまくいくようなものが優先される。自ずと、革新的だがうまくいくかどうかわからないものは落ちる。

4)更にその中で、「革新的ものにでかい予算を!でも総額は減らす。」とやると、科学技術としても革新的ものにかける予算が更に減る。

5)そもそも、新しい挑戦は失敗する確率のほうが当然高い。競争をつけて、総額を減らす。失敗したら飯が食えなくなる。というのは、日本津々浦々、革新的ものをむしろ減らすのではないかだって失敗したら人生詰むが、手堅い研究革新的の皮をかぶれる状況であればいきていける。まあ、故に、国際比較なんかしちゃうと、日本革新的研究がもうでていないということが一発で明るみになるが。

とすると、総額を増やして競争資金で、少ない額での数年程度の研究で採択率、採択数を相当あげるということじゃないと、革新的研究は起きないんじゃないか

まあ、これは最近豊田長康先生が声を上げられていることではあるが。

ついでに、文科省系の助成研究者本人の人件費がでない。さらに、本来人件費の源である運営交付金が削減されたとすると、そもそも研究をする本人がいきていけない。

予算がとれても庇がなければどこでするんだっての。

と言っても、新自由主義の金を減らして競争激しくして、罵声と失敗した奴の厳罰をもとめる日本社会じゃもうどうしようもないのかもしれないかもなぁ。

競争はある程度必要だと思う。だが、予算は相当数がとれるという状況じゃないと、安全のために手堅い研究しかしないし、革新的ものをすると人生詰むからやらないというのは続くだろう。

そこで日本人はリスクを取らない。リスクを取るために意識改革を!と言っても、実際危ないものなんだから誰もやらんって。

2019-02-14

anond:20190210195422

大学民は嫌がるけど文科省はどんどん形式重視になってるよな

2019-01-26

anond:20190122233027

年齢で輪切りにする教育は遅れていると思う。先に進める子供の成長を阻害するし、出来ない子を置いてけぼりにする。

もっといい方法があるはず。

教科別にクラスわけして、きめ細やかにやればいいのに。

道徳生活指導などの担任クラスは年齢で輪切りでもいいけど、教科は人によって理解スピード全然違うのだから、細かいクラスわけは必要

予備校はそれでうまく言っているんだと思うんだが、なぜそういうことをしないのか、文科省がアホなのか?

2019-01-22

英語の授業なのに、なぜ英語のみですべて授業しないの?

中学高校もなぜ英語の授業なのに、全部英語で授業しないの?

授業もそうだけど、テスト問題文も音声も全部英語じゃないの?

すべて英語やらないから、いつまで経っても英語ができんだよ!>文科省の人たち

そろそろというか、いい加減、本気だそうよ!

英語でまともに教えられる人材も少ないからだよね。マジでどうにかしてほしい。

2019-01-20

センター試験改革受験産業

2年後には新入試となるとのことで、賛否はいろいろあるけども

詰め込み教育活性化しすぎた受験産業」への否定という意義もあえるのだと思う。

ガリ勉より表現力に長けた人を社会が欲しているんだ、という文科省メッセージなのかもしれないけど、どうすればいいんだろうね。

個人的には飛び級留年義務教育段階から当たり前にすれば、と思ってるんだけどなんで日本はこれを採用してないんだろう。

何か問題あるのかな?

anond:20190120151229

文科省の連中もこんなんじゃ勝てないって痛いほど分かってるはずだけど、結局お財布握ってるのが究極の無謬行政を追求する財務省からいかんともしがたいのだよな。

2019-01-08

ユウサーーク!プレゼンツ100万円乞食成功芸人

「「「「「ぼくたちは、フォローRT&媚びリプライで100万円受け取った芸人です!!!!」」」」」

大変羨ましいことである

だが待ってほしい、前澤氏はもうすぐ月に行く。

そしておそらく帰ってこないだろう。きっとそうだ。そうに違いない。

残るのは何か、そして誰か。

そう、5000億円超ともいわれる莫大な財産ランチパック剛力さんだ。

彼が帰ってこなければ剛力さんはどういう行動を取ると考えられるか。人一倍の思いやりを持ち、尚且つ聡明彼女のことだ。間違いなく彼の意志を継いでユウサーーク!プレゼント企画リバイバル上映することだろう。

帰ってきたユウサーーク!は100万×100人なんてしけたもんじゃない。なにしろ予算は5000億円である。兆の半分だ。半兆だ。豆腐じゃないよ、現ナマだよ。

仮に1億円ずつ配っても5000人に行き渡る。宝くじtotoなんて目じゃないね総務省文科省公式アカウントRTフォローすればいいんだよ。それが平等ってもんだ。

そしてもう一つ留意しておきたいのが、ランチパックさんはあまりSNSお上手ではないということだ。そりゃランチパックからね、SNSが上手いランチパックなんて聞いたことないよね。ランチパックのもの、とくにピーナッツはずっと美味いけどね。

から彼女に任せれば、今回のように作為的ものでなく本当にガチ抽選で金をばらまいてくれる可能性が高い。

まりその時だ。その時こそ我々が本気を出せばいいのだ。複垢でも何でもしよう。RT世界記録なんてものスプラトゥーンばりに塗り替えよう。

今回みたいなしけた企画は数多の意識高い芸人たちに一任して、ただじっと機を待つのだ。

そうしていつの間にか人生を終えようではないかドントスタートトゥデイステイフォーエバー。

2019-01-03

起立性調節障害学校にいけない状態」には適したサポートをしてほしい

どうして「起立性調節障害学校にいけない状態」を「不登校」ということが問題なのか。

最近こういう話が近隣で散見される。

考えた結果、「起立性調節障害学校にいけない状態」の学生に、不登校学生と同じサポートをしても

学校に復学することは不可能パターンもあるっぽいと思ったので書いておく。


・・・・・・


文科省では不登校病気の子供を含まないと定義づけていますが、その定義の中で、不登校の子必要対処をいくつか定めて通知しています

http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/seitoshidou/1397802.htm

これを受け取った各学校機関は、これに従って対応するという流れになっています


これは「学校に行きたくなくていけない生徒たち」へのサポートなので、メンタル面(気持ち)のサポートと親御さんとの密な連絡などが主です。


ですが、おそらく起立性調節障害発症している子たちには、

メンタルサポートのみでは復学できないが、身体機能面でのサポートがあれば復学できる」という生徒がいます

車椅子利用を検討されているアカウントをよく目にします。


そういう子たちも「不登校」の枠に入れられてしまうと、

現在教育機関などでは正常な対応身体機能面でのサポートを行うという決定)はほぼ不可能です。

教育現場にいる先生医療福祉専門家ではないためです。


でも、足を失ってしまった生徒がいたとしたら、学校側はバリアフリーの拡充など、できる対処は行うことになっています

障害者差別解消といいますが、これは障害者手帳の有無には関係ありません)


起立性調節障害の子も、そうしてもらえれば学校に行ける子もいるのに、

の子たちは「不登校」として扱われてしまうために、

復学のためのサポートがきちんと受けられません。


なので起立性調節障害の子たちが「不登校」として扱うな、というのは、

当事者の子たちが言う「同じ枠にはめないでほしい」という感情的問題とは別に、大きな問題につながっていると思います



・・・・・・


以上が筆者の結論である

起立性調節障害がどうして不登校という枠組みにはめられてしまうのかは、おそらく下記の問題がある。


1)朝起きれないという独特な症状

この症状がある患者一定数いる。

これが睡眠障害なのか不登校なのかの判別がつきづらい。

睡眠クリニックなどにかかればよさそうだが、起立性調節障害専門のクリニックにのみかかパターンが多い。


2)軽症・重症にかかわらず症状が多彩で、同一の病名である

軽症の生徒だけがいた(たとえば親の送迎だけあれば学校生活ができる生徒だけがいる)学校

突然重症(たとえば立てないため車椅子での学校生活でなければ復学できない)の生徒が発生した場合

必要となるサポートは全く違ってくるが、同じ病名なので

学校側は軽症の生徒と同じサポートだけをすればいいはずだと判断うるかもしれない。


だいぶ疲れたのでこの辺でやめておくが、おそらくここまで読まれた方は患者本人だったり、親御さんだったり

はたまた教育現場で働く方だったりするのだろうと思う。

皆さんどう感じられているのだろうか、議論はする気はないが、ご意見気持ちなど耳にすることができれば参考にさせていただきたいと思う。


2018-12-29

英語教育って北欧とかの真似すりゃいいんじゃないの?

いつまでも成果の上がらない日本式教育するより上手く行ってるところのやり方真似した方が早いでしょ

hungchang 向こうが上手くいってるのか知らんが、フィンランドなんかは印欧語じゃないし、参考にもなるかも。

フィンランドでググったらこういうのが出てきてすげえ面白かった

http://www9.plala.or.jp/Jussih/opetus/kieliopetus.htm

https://www.huffingtonpost.jp/2015/05/16/english-finland_n_7299252.html

特にハフィントンポスト記事日本人が参考にすべき部分多いと思う

もともと英語苦手だった国が如何にして上手いことやってのけたのかって話はもっと知りたい

ググってたら良さげな動画を見つけたので貼り付けておく

どんな外国語でも半年マスターしてしま方法 | クリス・ロンズデール

https://www.youtube.com/watch?v=d0yGdNEWdn0

dareshimu 英語教育は上手くいったが、日本語がてんで駄目な日本人を何人か知っている。北欧日本語英語の両方を上手く教えられる教育方法があるなら、真似する価値がありそうだな

こういう「なんでもいいから難癖つけたい(反対したい)」みたいな人間政治家にも大勢いるから変わらないんだろうな

dededidou 国によって母国語が違う以上、方法必要学習時間も異なって当然なのに、こんな糞みたいな発想をするやつがいから英語から限りなく遠い言語である日本語を使う日本人はまったく喋れず方法だけを問題視する

言いたいこたわかるけどクソは言いすぎだろクソ野郎

結局こっちが知りたいのはどうすりゃこの状況を好転させられるかなんだよ

ちゃんとした考えがあるならトラックバックつけてくれよ

たぶん言いたいこと沢山あるだろうからこの際全部書いてほしい

toakai フォニックス大事アルファベット読みじゃなくてフォニックスでA〜Zまでと主要な組み合わせの発音を早い時期に覚え込ませるべき。ローマ字を先に教えることの弊害が大きい。

こういう具体的な情報が知りたかった

ていうかフォニックスって言うもの存在を全く知らんかった

YouTubeにあった解説動画を貼り付けておく

https://www.youtube.com/watch?v=LMIQqTirgQw

mcgomez まずは英語っぽい発音したら馬鹿にする風潮を絶滅させんとな。

ringomoon 日本人の思ってる「英語できる」レベルが高すぎ。ペラペラじゃなきゃいけないと思ってる。

日本人自身が「完璧英語」を求めすぎなのと「間違った英語」に厳しいなってのはすごく思う

ググって出てきたフィンランド系の記事引用になるけど

しろミスをしても話すことを先生クラスメート賞賛していたので、授業では不安なく英語を話すことができたそうです。

http://how-to-learn-languages.com/2017/11/29/5583552/

この精神めちゃくちゃ大事だと思う

もっと言えば伊東ライフ漫画はやっぱりこういう所で応用が効くんだなと痛感した

例えば英語で何かしらミスしても「ミスしてもちゃん発言できてえらいぞ~❤」とか

ちゃんと言えて偉い偉い❤」「がんばれ❤がんばれ❤」「いっぱい言えて偉いね❤」

っていう風に伊東ライフ式に対応すべきなんだよ本来

ミスは悪いことじゃないしミスしても発言やす空気を作らなきゃだめなんだよな

あとバーチャルYouTuber動画見てても思うんだけど

クソ雑魚イングリッシュだのなんだの言って自分英語自虐する人間が多すぎる

そしてファンもそういう英語小馬鹿にしてることが多すぎる

から今後はもっと伊東ライフ英会話啓蒙していこうと思う

shea しかし、これだけみんな子供英語教育してるのに、「3歳でこれをやり、7歳でこれをやり、12歳でこれをやったら、そこそこできるようになった」みたいな成功モデルイマイチ見えないんだよな。なんでなのかなぁ。

それは前々から思ってた

言語教育のやり方をちゃん研究して学校教育に取り入れるとかできないのかって疑問はある

tokatongtong 相変わらず「日本自国語だけで云々」とか言い出す源氏陸軍ラビト系の人たちがいるけど、貿易に携わる人々がいなきゃ今の食糧エネルギー供給経済規模生活水準も維持なんかできないのにお気楽ご気楽だよね。

自分もそういう人たちのことを普段意識してなかったけど言われてみりゃすげえ大事よね

bohemian916 フィンランド留学してたけど、友人はテレビの影響が大きいと言っていた。自国バンバン面白テレビ番組を作れる規模も無いので、英語圏のコンテンツ字幕つけて流すことが多い。それで英語に耳が慣れていると

gachapining 東南アジア出身の人の話を聞くと、技術情報書籍母国語翻訳されないため必要に駆られて上達するそうだ。結局の所、英語手段として、何か興味のあることをやってみるというのが一番身につくのではと感じる。

masahiro0211 『フィンランド人が語学習得を重視する背景には、人口540万人という国の市場の規模がある。(中略)どんな零細企業でも海外進出念頭にある。』リンク先読んだけど、使う必要がある、ということに尽きるのでは

tukanpo-kazuki 北欧フィリピンのような現地語があるけど英語うまい国は、現地語だけではまともな職に就けない。真似するなら母語でもそこそこやっていけるけどエリートには英語必須ドイツあたりでしょ。

「結局必要かられているから」「環境必然的にそうさせる」

そういう意見はググって出てきたフィンランド留学系のブログにもわりとあった

このブログにも似たようなことが書いてあった

http://sonotasan.com/2017/12/18/page-27%ef%bc%9a%e3%81%aa%e3%81%9c%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89%e4%ba%ba%e3%81%af%e8%8b%b1%e8%aa%9e%e3%83%9a%e3%83%a9%e3%83%9a%e3%83%a9%e3%81%aa%e3%81%ae%e3%81%8b%ef%bc%9f/

でもやっぱり文科省がやってる英語教育より優れている点は多いと考えてる

伊東ライフ式のところなんかは特に

からそういうところは真似してかね?って思う

2018-12-16

anond:20181216085156

文系を、国立大学からなくすというのは、筑波大学というより国の政策

横浜国立大学でもこのとおり

教育コストがかからない文学部系は私学に任せて、

理工系に集中させないと税金を投入する意義を問われると財務省から言われている

との発言があったそうで、

 

その結果ぼくたちが所属している「人間文化課程」は・・・廃止」と告げられてしまった。

 

文科省国立大学の課程・学科を直接「廃止せよ」と言ったのである

  

私学の多い関東一円には国立大学文系学部組織必要ないので廃止せよということなのだ。

文学部なんて一種の贅沢品なのだから私学の高い授業料を払える学生だけで十分だと言うわけである

そこに大学意見差し挟む余地は一切ない。

 

今回の国立大学法の「改正」はこういう道筋で進められているのである

http://tanshin.cocolog-nifty.com/tanshin/2014/05/index.html

2018-12-14

anond:20181214153433

正規職員で雇う金はもうない

文科省がその手の予算は切り捨てた

anond:20181213164159

文科省ちゃんとやっちゃダメなことを指導要領には書きません。

解説で事例を紹介します。教科書会社忖度して検定を通します。

小学校先生教科書に書いてある通りに教えます

スクラッチ仮想炊飯器仮想ご飯仮想調理したり、

正しい順番にブロック並べてクイズに回答したりします。

みんなビンボがわるいんや

2018-12-13

anond:20181213125829

文科省ちゃんとそれをやったらダメだと指導要領に書きます

小学校先生はそれをやります

文科省「僕の責任じゃないもーん。現場勝手にやったんだもーん」

2018-12-12

anond:20181212203454

アホすぎるやつを入れると医師国家試験大量死して問題になる(文科省からしばかれる)、のでそれは無理

結局医者になりたい奴が多すぎなのが問題

逆説的にいえば定員が少なすぎるのが問題

2018-12-11

「当たり馬券だけ買えといってるのと同じ」という類の批判おかし

よく文科省研究へのお金の出し方などの選択と集中について、こういった批判を目にする。

そのあとには決まって、「どれが当たるかわからないのだから幅広い研究に~」と続く。

しかし、この意見はそのたとえなら、「馬券を全通り買えば当たる」と言っているのと同じではないか

何かを馬券に例えるならば、その正解は「一銭も出さない」ことが正解となるだろう。

反論として「それはギャンブル還元率がマイナスからであり、研究トータルではプラスである」というのは考えられる。

それならば好きなだけ出せばよいのではないか

まあ政府支出を増やすには国債を刷るなりなんなりのマイナスがあるとして、国債の利率と研究投資還元率を比べて総額を決めて各研究に割り振るのが正当だろう。

しか競馬は走る馬の数も週のレースの数も決まっているが、現実社会は複雑さが遥かに高く、研究対象も手法もすさまじい数になる。

したがって、がん治療薬に10円、ワールドトリガー研究に10円。

それが馬鹿らしいというのなら、各研究のリターンを算出して合成オッズを出してそれに基づいて配分。

すでにほぼ選択と集中の域な気もするが。

馬券を何も買わない」か「3連単を全部買う」のどちらも選ばないのならば、そこには必ず選択と集中存在している。

批判するのならば、その買い方はおかしい、という批判をしないといけない。

前走好走の馬ばっか後追いで買うから散々な目にあっているんだ、とか、上位人気5頭の馬連ボックスとか回収できるわけないだろ穴馬混ぜろとか。

競馬ファンだって、みんな馬柱がこれが当たりだよってプレゼンしてくるのを聞いてこのどれかが当たり馬券だと思って買っているんだ。

結論、不必要な例え話はするべきではない

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん