「お祈りメール」を含む日記 RSS

はてなキーワード: お祈りメールとは

2018-05-12

嫁あり子二人30才overで異業種にチャレンジ

やめろ。

 

それで高給が見込める業種ならまだしも、ウェブデザイナーになりたい!って夢見心地で応募してくるな。

経験でその程度の技術力だったら、月15万だぞ。勘弁してくれ。

二人も子供がいる時点でもっと現実を見ろよ。ひと月いくら生活費かかるんだ?毎月赤字だろ。

 

奥さんも働く?パートで?

おまえどんだけ奥さん働かせるんだよ。

 

つーか、家族が増える時点で自分がどんな立場にあるか考えろよ。

夢見て初任給の低い仕事に応募するなボケが。自分の夢より子供たちのことを優先しろ

 

現場勉強を!って、現場学校じゃねーんだよ。

教えるのも手間かかるんだよ。覚える気満々やる気満々ですぐ覚えるって、

お前そんなんで月いくら出せる思ってるんだ。覚えるまでおまえの生活、生きてるだけで赤字だぞ?

 

ほかの会社30社落ちたって?

そりゃそうだよ。会社としてもおまえの人生責任取り切れんわ。

 

おまえを諦めさせるのに気を遣うこっちの身にもなれ。

 

 

ということは本人に言わずお祈りメールを準備する。

 

下手に言って、あそこはひどい会社だとか言われても困るしな。

2018-05-10

GWなんて無かったので、五月病ではない

「そんなに嫌なら辞めればいいじゃんか」

 どうして、そんな簡単に言えるんだろう。

 私はもう新卒というカードを使ってしまった。

 またあんな苦しい思いをして、他人に品定めされて、働くところを、生きる価値を見つけなきゃいけないのだろうか。

 何十社も何百社も探して、私とは何かを見つめて、お祈りメール貰って、面接では散々言われて

 おんしゃおんしゃ。

 三年も四年も前の話だけど、あの時のことはもう思い出したくない

 言ってしまえば、所詮私が馴染めなかっただけで、その会社に染まれなかっただけで、私が馬鹿だっただけで、理解して動けなかっただけで、「つらい」という感情で片づけて、逃げるように辞めていいと思っているのだろうか。

 他人にしてみれば、簡単ことなんだろう。他人人生なんて、簡単ものなんだろう。私もきっと、他人がつらい思いをしていれば、辞めたらいいじゃん、と言ってあげるだろう。

 言ってしまうだろう。だって、私にはその人の人生とは関係が無いから、その人がどうなったって、私には関係が無いから。

 優しさで発してくれるその言葉は、ただ私に重くのしかかるだけ、

 相談に乗ってもらったって、辞めるための勇気が無いだけ。

 つらい、苦しいって病気の振りして、病気みたいな症状が出て、それでもまだ、私は自分が壊れかけって認めたくない。いや、認めているけど、心の底では、こんなもので、って思っている。

 むしろもう壊れきっている。

 みんな、苦しい思いしているのに、それらしい症状が出ているからって、そうとは限らないじゃん?

 もし、病気じゃなかったらって考えたら、ただのよわっちい奴ってことになってしまう。だから病気かもしれないってこと、認めたくなんかないし、ただの笑い話にしたい。

 休日は毎回涙が止まらないのも、不正出血が続くことも、頭痛が止まらないのも、眠れないのも、自分自身を傷つけてしまうのも、ただ私が弱いだけで、構ってチャンなだけで、全然病気とかそういうんじゃないんだって

 辛くても苦しくても、どうしようもないことってあるじゃん

 人が死ぬこととかさ、別れとかさ、それが私にとっては仕事だったのかもしれない。

 頑張っているねって褒めてもらえてうれしい、でもだんだん息苦しくなってしまう。また褒めてもらうためには?もっと認めてもらうためには??もっともっと、私をほめて、認めて、すごいっていって、流石だねっていって、じゃないと私はここに居る意味が無いんだよ。

 誰かから必要とされたい。

 それが結局、自分の首をしめて、良い人ぶって、出来る振りして、出来ないくせに、分からないくせに、嫌いなくせに。

 一人暮らしを始めるために買ったもの、買って貰った家電はどうしたらいいの?実家にかえりゅ~~~って泣きついて帰って、つぎまた一人暮らしをするってなったら一から揃えるの?あほでしょ?

 考えるのが馬鹿馬鹿しくなってきて、考えたくなくなって、結局つらいくるしいって言って、死にたくなるだけ、

 どうせ、だれも救ってなんてくれないし、結局他人事だから、親と言えど最後まで、私が死ぬまで面倒を見れるわけではないし、結局私がどうにかするしかなくて、私が稼いで、私が生きていくしかなくて、でもそれはとっても苦しくて

 どうして働かなくて生きていけるの?生きているの?私には許されなかった世界で生きているの?どうして欲しいものを買えるの?どうして行きたいところへ行けるの?至極まっとうな人間になった私にはかなわないのに。

どうしてあなたは、私が望んでいる生活をして、苦しんでいるの?理解できないよ。

 多分、あなたにも私は理解できないんだろうなぁ。

 どうして、どうして私はひとりなんだろう

 でも、他人と一緒とか今更無理だなぁって思う。

 宝くじでもあてて、一軒家でも買って、一生働かなくて済むようになりたい。

 週4の4時間とかなら許せる。とにかく長期間拘束されて、パソコン電話にらめっこして、顧客から上司からも責められて、たまに貰う飴に騙されて。

 どうしてこんなに苦しいのかも分からない。仕事を辞めてからって幸せになれるわけでもないだろう。

 幸せを追い求めたって意味が分からないし。

 どうしたらいいんだろう。苦しいよ。今日もとっても苦しい。

 他力本願

 もう私にはどうすることも出来ないってこと、分かってほしい。

 誰にだ。

 誰も救ってなんてくれないし、だれもわかってなんてくれないよ

 わかるのは自分、救えるのは自分

 自分でどうにかするしかないんだよ。

 じゃあまずそっか、宝くじ買うところからはじめないとね。

2018-04-27

残念ながら今回はチケットをご用意することができませんでした

とある先行応募で落選した。

先般お申し込みいただきましたチケットにつきまして、 厳正なる抽選を行った結果、残念ながら今回はチケットをご用意することができませんでした。

就活の"お祈りメール"と違い、落選者は祈りすらされない。

残念だがそれはいい、抽選なのだから仕方ないことだと思う。

問題Twitterで嫌でも目に付くもの

当選した」

おめでとうございます。楽しんできて欲しい。

当選者多い」

自分観測範囲でも当選者は予想外に見かけたので感想としては間違ってない。セーフ。

支援頼んだ全員当選しててxx枚余ったw」

は?は??は???はあああああ??????「余った」んじゃなくて「余らせた」んだろうが。先行応募は無料お神籤じゃねえんだよ。

少しでも当選確率を上げるために人手を使うのはわかる。使えるツテを使うのは何も問題ないと思う。

ただ、そこで何故、揃いも揃って2枚で申し込み、「余らせる」んだ。そして「余ったので定価で譲ります!」だの「相互の人で行きたい人がいたらリプください」だの「誰か行く人おらん?」だのと落選者を逆撫でするんだ。全員が当選する可能性も何人かだけが当選する可能性も何故、検討しておかないんだ。

お願いですからチケット当選と同時に不要チケット枚数を申告させて、1枚の「余り」も出さないようにしてください。

2018-03-29

anond:20180329115825

相手が頑張ってアピっても気に入らなけりゃご冥福お祈りメールでポイするのは貴様らなんだからさ。

圧倒的強者ポジからたまに痛い目を見たくらいでガタガタ喚くなよ。

2018-03-27

顔が良かったら証人喚問などを気にしない

今日は観れる範囲証人喚問を見ていた。

そうしながら就活サイトも見てマシな会社を選んだり、ESも書かないといけないと思いながら手が進まない。

ついつい、ツイッター証人喚問感想を見るわけだが世の中の全く同じものを見ているのに安倍好きな人と嫌いな人で見えている世界が全く違うのだ。

分断なのかという風にも思ったが、良くも悪くも政治に関心を持つ点では似たようなものかもしれない。

結局、顔が良かったら証人喚問など気にしないのではないか

今頃、慶應大学学生であるマナカちゃん簡単内定でも取れているのだろうと、自分に届く通称お祈りメールで思う。

彼女ネオリベラル的な人間だろう。

自分の実力で偏差値が高い高校に行けて、ちやほやされて、慶応に行けて、良い会社内定を得られているのだろうから

自分容姿やら知能というものを実力と感じているだろうし、他人努力でどうにかなると思っているはずだ。

色々な人間を見ていると、いま現在日本ネオリベラル的な人間無党派だったり冷笑的な与党支持が多い気がする。(勿論例外もいるが)

これは、政治人生を賭ける必要がないし、もっと楽しいことがあるからだ。

せいぜい、アメリカ女優政治的なツイートに頷いたようなツイートをするだけだろう。

マナカちゃんも勿論そうで、容姿がいいかセックスして、公平であると思い込んでいる世の中で楽しんでいる。

個人的には官邸の指示があったと思っている公文書改竄も、どうだっていいのだろう。

自分幸せであるから、世の中の関心を持たなくて良いのだ。政治に怒らないでネオリベ的に生きていける。

ただ、マナカちゃんも困ることはあるだろう。保育園なのか、子育てなのかわからないが。

そういう時にだけは左派やら何やらに泣きつくのではないか

まるで、やたらと規制緩和を歓迎してきたのに金融危機の時だけ国に泣きついた大手投資銀行のようにだ。

それで助けてもらえるはずだ。

独裁政治だろうが、民主主義政治だろうが、マナカちゃんのような容姿のいい人間は楽しく幸せに生きれる。

そういうことなのだろう。

2018-02-22

anond:20180222095702

ちなみに、死ねというキーワードの本。

クラシック、これを聴いてから死ね

今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね

お祈りメール来た、日本死ね日本型新卒一括採用」を考える

夢、死ね! 若者を殺す「自己実現」という嘘

死ね

ブスは死ね! 〜誰でも絶対キレイになれる!!ブスが勝ち組になるための「そこそこ美人

読んでから死ね!名著名作

飢えて死ね!

読まずば二度死ね!

女を見て死ね

読んでから死ね現代必読マンガ101

後悔せずにからっぽで死ね

死ね子しね孫しね―物語浄土宗

うーん?

就活を始めた君へ:「受かる方法しか」書いてない就活本は今すぐ捨てろ

「受かる方法しか」教えようとしないアドバイザーも同様に今すぐ捨てたほうがいい。

君たちの目的は「自分希望に少しでも沿う職場」に入ることだったはずだ。

その目的達成において面接を「内定を取るためだけにやる」のは全くもってナンセンスだ。

面接相手会社が「自分希望職場であるか」を確認するための作業でもある事を忘れてはならない。

たとえば君が「サービス残業をさせるような会社で働きたくない」と思っているなら絶対にソレを質問するべきだ。

サービス残業をさせない会社であればその質問気持ちよく答えてくれるだろうし、させるような会社ならその度合いに応じたはぐらかしかたをするだろう。

君が「根性論を振り回す会社には入りたくない」という思いを持っていて、それを面接でぶつけた結果としてお説教が始まるようなら、君はその会社にはたとえ受かっても絶対に入るべきではないのだ。

「受かるためだけ」の面接対策をするのは、それこそ「親の敵がその会社で働いているか暗殺するための下準備としてその会社に入るしかない」ぐらいの状況でなければやらない方がいい。

君が面接で嘘を付いたり、聞きたいことを聞かなかったり、無理に自分を偽ったりするのならば、それを「その組織に入ってから退職するまでの間ずっと続けていけるか」を考えるべきだ。

あくま腰掛けで5年程度いるつもりであるならその5年間その嘘を突き通せるか、定年までいるつもりなら40年間ずっとそれを我慢できるかを考えてから自分を偽るべきだ。

でもどこかしら受からなきゃ始まらないじゃんというのはそのとおりだ。

ではその時、どれをどれぐらい妥協したらどの程度受かりやすくなりそうなのかは何によって知ればいいのだろうか?

その答えは、今まで面接自分がしてきた数々の受け答えに対する相手の答えの中に隠れているはずだ。

正直に受け答えをしなければ、自分妥協すべき物の正しいコストパフォーマンス永遠に見えてこない。

なぜなら、業者仕事の傾向、そして君自身資質によってそれらは全く持って変化するからだ。

君が自分に正直に就活を続けていれば、適当就活本が全ての業界を十把一絡げにして雑に語った文章よりも、よっぽど信頼できる情報がこれでもかと蓄積されていくことだろう。

そして、君が何かしら自分を偽るたびに、そうして手に入るはずだった情報の入手機会は失われる。

それで面接に落ちれば手元に残るのはただのお祈りメールだけだ。

何の成果も得られない就活を続けるか、少しずつ情報を手に入れて軌道修正をしていける就活をするか、どちらがいいかは明白だろう。

最後に、これは本当に大切なことなので是非覚えて帰って欲しい。

面接をする側からしても、「嘘をついたり」「背伸びをしたり」「勢いで押し切ろうとしている人間」よりも、「ズケズケした物言いでも」「自分の主張をハッキリ述べてくれる人間」の方が「印象がいい」のだ。

なぜなら一緒に働く人間として「その場しのぎの嘘をつく癖がある」「とりあえず目先目先で誤魔化せればいい」「相手の顔色を伺ってはすぐ言葉を飲み込む」といった特徴のある人間は、「信用できない危険人物」となりやすいのだ。

その場しのぎをしないといけない状況や、とっさに言葉を飲み込むべき状況は仕事では多々ある。

しかし、それを身内に対してすら高頻度でやってくる人間は厄介なことこのうえない。

それならまだそういった事が一切できない人間の方がずっとずっと扱いやすいし、仲間として信用できる。

将来の仲間に対して平気でウソを付くような人間、虚勢を張ってばかりで自分の正体を隠してばかりいる人間、そういった人間と「一緒に働きたい」と思うだろうか?

それをもう一度よく考えて欲しい

2018-01-07

Web系での就活について

はじめに

そろそろ就活シーズンなので、数年前の就職活動の思い出を書くことにしました。

私はネイティブアプリフロントエンドエンジニアとして、Web系と呼ばれる会社選考を受けました。

10社ほどの選考を受け、2社からお祈りされ、4社辞退し、4社から内定を頂きました。

この記事のねらい

色々思い出してきたので、個人的に良かった会社と悪かった会社愚痴を書きます

スケジュール

当時大学院1年生だった私は、10月逆求人系のイベントに2回ほど行き、お互いに「良いな」と口に出し合った企業選考を受け、1月就職活動を終えました。

良かった会社と悪かった会社の違い

結論から言えば、「人事の方がどれだけ学生目線で考えてくださっているか」に尽きます

最初から企業理念事業内容・エンジニア雰囲気については良いと思えた会社のみの選考を受けましたので、結局は人事の方がどのように接してくださったかが肝でした。

良かった会社

お祈りをされてしまいましたが、目黒のL社の人事の方の対応は素晴らしいものでした。

お祈りメールを頂いた後に、「なぜ選考に落ちたのか」を訪ねたところ、たった1日で採用担当者の方に掛け合って頂いた上で詳細な理由をご教示頂いたからです。

悪かった会社

M社

M社については、選考を辞退した際に人事の方から社会人経験の長い私からアドバイスがしたい」とお話を頂いたので、半信半疑ビデオ通話をして頂きました。他の会社に進む理由を1分ほど話せば「それはウチの会社でもできるよね!」と一生懸命覚えたであろう自社のアピールポイント10分ほど立て続けに喋り続ける、ということを繰り返すだけで、話は平行線に終わってしまい、心底疲れました。

P社

P社については、2次選考までは順調でした。お互い途中までは意気投合していたこともあり、面接が終わったその場で合格を頂いたのは後にも先にもこの会社だけでした。しかし、3次選考が5日間のフルタイム無賃インターンであることが判明してから、流れは大きく変わりました。

どうにかならないか人事に掛け合った結果、「あなたのことは大変良く気に入っています!なので、最終選考を終えた後、内定が出たら無賃インターンをしてもらえればと思いましたが、どうですか?」と素晴らしい提案を頂きました。なぜ私のことをよく気に入ったにも関わらず、内定を出した後に無賃インターンをするのでしょうか…?私の実家年収がかなり低く、はっきり言って無賃インターンを5日間もしていては生活が回りません。そこで改めて三次選考についての再考をお願いしたところ、メールが返ってこなくなってしまいました(これは私も悪いと思いますが)。メール一言ぐらいは返して欲しいですが…

W社

W社については選考を受けておりませんが、「あなたが夏に体験した弊社のインターンについて何か意見を頂けませんか?」というお話を人事の方から頂いたのでビデオ通話を行いました。ところが、私が就活クロージングし始めていることを伝えたにも関わらず、途中からあなたは弊社について誤解をしていますCTOと是非ランチに行って誤解を解きませんか?」としか仰らなくなり、流石に苦笑してしまいました。私の先輩をサイレントお祈りしたり、違法アニメアップロードサイトリンクを呟いたりする人事の方がいらっしゃる会社というのは存じておりましたからあまりショックはありませんでしたが。

2017-09-11

anond:20170911134232

お祈りメールっていうのかあれ...

即回答できないって自社がどんな人材求めてるか明確化されてないってことっぽい気がする

2017-08-31

お祈りメール届いた

会社ホームページフォームから採用応募して、今日返信が来た

採用基準に満たないため、不採用とさせていただきます」みたいなことが書いてあった

採用基準……?

応募フォームには最終学歴志望動機くらいしか書く欄なかったから、やっぱり学歴なんだろうか

もしそういった明確なラインが引いてあるなら予め書いておいてくれたらいいのに……

最初から結果決まってたって思うと、返信期待してたのがなんか一気にバカらしくなってしまった

書類選考や応募フォームで落とされるってほとんど聞かないから流石に落ち込む……

面接行くまでのハードルこんな高いものなの

就活してる人って頑張ってるんだね

 

追記

トラックバックくれた方々ありがとうございました

不慣れなものこちらも返信にトラックバック使ってしまったけど大丈夫だったか

もともと話せる人も少ないし、就職できてないって弱みが重すぎて人に話せなかったんだけど

見てもらえたりそれに助言してもらえたりして少し楽になりました

2017-08-21

精神的にダメージを受けるお祈りメール3選

1.サイレントお祈り

せめて返事くらい欲しい。

サイレントお祈りするなら「選考通過者のみにご連絡いたします」の一言を添えてほしい。

それがあるだけでご縁がなかったとしても印象が悪くなることはない。

2.スカウトから面談お祈りメール

普通に応募して面談で落ちた時よりスカウトを受けたという時点で期待を抱いてしまい地味にダメージが大きい。

しかしたら偵察目的ではと勘ぐってしまう。某転職サービスで多い。

3.貴殿活躍できるポジションをご用意できませんでした

その職種経験もあり面談でもスキルミスマッチが無さそうに感じた時ほどこのお祈りメールダメージは大きい。

年収の話が出た上でならお金問題かなと受け取れるが、そうでない場合人間性問題かなと感じてかなり落ち込む。

環境が整ったらまた応募してください」みたいな文言で締められていることが多い。

やっぱり「慎重なる選考を重ねましたところ、残念ながら、今回はご期待に添えない結果となりました。」のようなテンプレお祈りが一番ダメージが少ない。

余談だが、面接終了後に企業ノベルティをもらった場合はほぼ落ちる。

2017-07-10

就活無理ですたすけて

お祈りメール見ると首絞められたみたいに突然息ができなくなる

そのまま死んじゃえればいいのに

2017-06-28

転職活動をしている

いま転職活動をしているのだけど、活動している中で良い会社もあれば、ひどい会社もあるので、一旦整理したくて書いてみた。

業種・業界によっても変わるだろうけど、書いた人はIT業界で勤務する非エンジニア職です。

ちなみに人事ではないので、人事がこれらを意図的にしているのかどうかは分からんです。

ひどかった会社

応募者からすると「えっ?」となるし、この時点でやる気がなくなる。

応募してから早くても1日、普通は数日あるのに「なんで見てないの?何する時間だと思ってんの?」という気持ちになるし、会社レベル担当者レベルも自ずと分かってしまうし、何より応募者に対して失礼極まりない行為だと思うのでやめて欲しい。

ベンチャーとか少数精鋭の会社で、仕切りを立てた会議室会議スペースがないのなら仕方が無いし、社内の雰囲気も分かるので逆に良い点もあるとは思う。

ただし会議室があるのに「場所がないので、オープンスペースでお願いします」とか採用を何だと思ってるんだろうという気持ちしかない。

オープンスペース転職目的過去に勤めた会社など、それらを喋らせるのってちょっと無いなと思ってしまう。

こちらが聞こえる=こちらの話す内容は相手にも聞こえている、ということになる。

仕切りがあっても壁が薄いせいなのか、天井付近に仕切りのない空間があるからなのか、いずれにしても商談内容が聞こえるのもマズイだろうし、応募者にとっても良い気持ちではないことはたしか

転職活動をしている中で「面談正式に応募する前のお互いのフィット感や職務事業確認、応募者がOKであれば正式に応募して選考を進める」という認識でいたし、実際に「まずは面談を〜」と提案された場合はそのような流れだった。

ステップ数は増えるけど、お互いにざっくばらんに話ができて、面接での会話のネタにもなるし、会社の印象も分かるのでとても良いと思ってる。

  • 検討していないことが透けて見える

面接が終わって1時間も経たずに「社内で慎重に検討した結果…」とか応募メールを送って数分で「慎重に協議をした結果…」ということをやっている会社もあった。

特に後者求人媒体で深夜にWEBから応募したのだけど、その時間帯で数分に慎重に協議できる環境って何なんだよと恐ろしくなった。

きっと媒体側で学歴経験社数などでフィルタリングして除外しているだけなんだろうけど、応募者にとっては印象悪くなるだけなのでやめた方が良いと思う。

求人媒体から応募する際、返信がお祈りテンプレート(本当に文面が一緒だった)だと応募者に悪い印象しか与えませんのでやめましょう。

良かった会社
  • 面談面接前にある程度応募者の経歴や職歴を見ている

面接時に「簡単に経歴をお話ください」というのはもちろんあるけど、経歴を説明する前に「〜をしていたんですね、どうでしたか?」とか一言あると、応募者に対してちゃんと経歴見てるんだなという印象を与えるので、これはオススメです。

応募者側も気分が良くなるので、話が弾む展開になりやすい。

密室であるが故の心理的安心感は大きいし、声が漏れない密室からこそ聞いてみたいことや質問をし易くなるので、会議室など用意が出来る場合は用意した方がいい。

面談に進む=その後に応募すればほぼほぼ面接へ進む、という状況ではあると思うけれど、面談はざっくばらんに色々な話ができる場でもあるので、あまり堅くなりすぎない雰囲気相互理解を進めて、面接でもう少し踏み込んだ話をするための土台作りができた方が良い。

実際のところあんまりないけど、結果連絡にテンプレートを使わないだけでも、ずいぶん印象が変わる。

テンプレートを使わないといっても、単純にNG理由をやんわりと書くだけでも応募者側にとっては傷は浅くなる。

ただしダイレクトに書きすぎると、逆に印象が悪くなってしまうので注意が必要

実際にNGだった理由企業側の勝手思い込みであったり、事実と違っている場合もあった。(特に訂正しなかったけど)

ちょっと気遣いで印象がガラッと変わるし、IT業界なんて広いようで狭い世界なので、オフライン口コミ面接の評判も人知れず伝わってしまう。

落とした候補者転職希望先の面接相手になることもあるだろうし、面接担当するのは人事だけではないので気をつけていきたいものですね。

整理しようとしたきっかけは、先日とある企業の"面談"を受けたところ、面談の翌日に"面接結果のご連絡"という体でお祈りメールが来た。

最初から面接とも聞いてなかったし、そもそも面接一般社員仕事している席のすぐ近くでやるのかという点もあるし、(選考進める意思ゼロだけど)なんだかなぁという気持ちになったので書いた次第です。

2017-06-25

就職活動をしていた

最近就活生をよく見る。

自分も2年前に就職活動をしていた時期を思い出す。

今は都内勤務の大企業グループ会社給料はそこそこ、人間関係にもそこそこ恵まれて分からないなりに仕事をしている。

就職活動は辛かった。

大学Fランではないけどという位のところだった。

何が辛かったってお祈りメール連続で貰うと社会必要とされていないと思ったことだった。

周りにいる就活生が特に理由は無いけど自分より優れて見えた。

1人暮らしで話せる人も少なかったから酒浸りになった。

面接ではコミュ力あります頑張りますという雰囲気を頑張って出した。

実際は元うつネガティブインドアから面接が終わると凄く疲れた

今の会社面接も半分諦めながら行って、

落ちただろうなと思いながら帰ったのをよく覚えている。

説明会だと100、面接もかなり受けた。

完全に数打ちゃ当たる戦法だった。

周りに居る会社勤めをしている人が凄く勝ち組に思えた。

そんな人に大丈夫とかなんとかなると言われても安全地帯から言葉だし所詮とか思った。

でも自分も今就活生の人にアドバイスを求められても、

うつ大学そこそこで将来どうなるか分からなくてもとりあえず今はなんとかなったか

特に大したことは言えなくてどうしようもない。

2017-06-21

死ねよコロ○ラ

転職活動の話

久々に転職サイトを開いたらコロ○ラから面接確定のオファーとやらが来ていたんですよ。

オファーの内容に興味が沸いたし、経歴上合いそうなので話を聞いてみようとしたんです。

相手指定した日時でOK出した5時間後にやっぱり別日に変えてくれと言ってきたので

お前が決めたんだろ…と思いつつも快くOKしました。

面談自体はよかったです、想像していた業務内容より面白そうだし

この仕事普通にやってみたいなーって思っていました。

で、面談終了後に面接を受けるなら書類を出してくれと言われたので

次の日の朝一に履歴書職務経歴書を送りました。

ここまでは良かったんです。

普通その後一両日中には面接日程の打診のメールが来るか、せめて資料受領しました程度の連絡は来ると思っていたのですが

3営業日経っても連絡が来なかったのでリマインドメールを送ってみたんですよ

するとこんなメールが来たわけです。

開発現場確認をとっている状況です。

もう少しお待ちを頂けますと幸いです。

OKOK、連絡が取れないんだよね

同じ職場内で3営業日中にメールベースの連絡も取れないってどういうことだ?って思うけど

連絡が取れなかったんだよね、それはしょうがいね、うん。

でもリマインドたからこんどはまともに連絡取ってくれるよね?

と信じて気長に待っていたんです。

そしたらですね…

その1週間後にこんなメールが来たんですね…

ご応募いただきましたポジションですが

今回は採用を見送る方向となりました。

現状のサービスの規模を考えると開発強化の優先度はあまり高くなく

繁忙期に向けて、じっくりとエンジニアを探していこう、という状況へ変化をしたためでございます


OKOKお祈りメールってやつだね、僕のスキルが至らなかったのかな?

しょうがないですね……

んなわけねぇだろ!!!!!!!!

テメェ1週間前に開発現場に連絡取るって言ってるじゃねぇか!!

採用方針変更しようって現場以前の問題じゃねぇか!!!

っていうか求人出す前に考えることだろそれ!!!

別にいいよ、空求人だろうが面談の段階でNGだろうが言っている事が本当だろうがさ

ただ、空求人ならオファーしてくんなって話だし

面談NGならその旨を伝えてくれれば納得するし

言っている事が本当ならもっと前にはわかっていることだろ?

採用面談10営業日後に方針変わりましたーごめんなさいテへペロ☆なんて信じられねーよボケ

震災前後氷河期卒だから新卒就活では苦しんだよ。

サイレントお祈りなんて日常茶飯事だったし圧迫面接モラハラだってあった。

曖昧な若手社員から不安新卒にクソみたいなマウンティング座談会なんてしょっちゅう

でもな、ここまで人を舐め腐った不採用通知は初めてだ。

嘘はつく、連絡もしない、豚のエサにも満たない言い訳を並べたお祈りメール

不採用であることに怒ってはいないよ、マッチングしなかった、それだけの話でしょうに。

でもなんだよこの仕打ち

貴社が求める人材と合わなかっただけで不当に待たされて豚のエサ食わされなきゃいけないのか?

ふざけんなよ

大体本当に募集してないならその求人取り下げろよ、何でまだ募集してんだよ。

このエントリだって採用担当者が見たら特定余裕だよ、上等だよこの野郎

人を舐めきった会社サービスは二度と利用しねーよ

死ねよコ○プラ

就活18卒死にたい

死にたい

大学受験失敗して親に金銭面で迷惑かけた。大学生活は勉強課外活動も全力でやった、親に楽しい話を聞いてもらいたかった。

部活リーダーバイト3年間、ゼミ研究発表、学祭委員…いわゆる「ESネタ」は余るほどできた。

それで意気込んで始めた就活だが。

SPI玉手箱は、もう勉学で失敗しまいと入念に準備したからそこまでは9割9分受かった。

だがいざ面接となるととたんにお祈りサイレント。あれだけ学科不問と言っていたのは何だったのか。「あなた勉強してきた芸術ってのはどう活かせるの?」しか聞かねえじゃねえか。サイレントサイレンお祈りメールサイレントお祈りメール25社。

結局6月半ばまで最後の1社だけ3次まで進んでたのに今日で連絡ないまま1週間。毎日電車乗る時お風呂入る時ベッド入った時涙止まらない。

今やってるプロジェクトには参加できないわバイト人手不足なのに入れないわ卒論発表も近づいてるのに全く準備出来てない。

大学就職学校推薦!就活おわりー遊ぶぞ!」と言い放った知人には殺意すら覚えた。

あげく2ヶ月前に就活終えた恋人には「本当に好きでいてくれているのか分からない」と言われもう何もかも上手くいかない。

悲劇のヒロインとでも、まだ受けた会社が少ない、甘えだとでもなんとでも思われてもいい。私はつらいんだ。学校いくら必要とされたとしても社会にいらないと言われたら社会ゴミなんだ。

親も求人を探してくれている。私はなんてことをさせているんだ。こんな子供にそこまでする価値はないよお母さん、お父さん。ごめんね。ごめんね。

価値のないゴミは消えてしまった方がマシだよね。

死にたい

2017-05-15

就活鬱ってこういうことか

何もかもが嫌になって急に涙が止まらなくなった。

何のために就活してるのか。少なくとも自分のためでは無い気がする。

こんなに辛い思いして、大学勉強時間も削って、お金も使って、その結果がお祈りメールの山。

「働きたい」。ただそれだけなのに、どうしてこんなに辛い思いしなくちゃいけないの?

就活よりも辛いことがこの先たくさんある」とか「自分に合う企業が見つけられてないだけ」とか、理屈では分かるよ。そんなこと重々承知だよ。

でもさ、そんな理屈わかってたって内定が貰えるわけじゃないんだよね。

企業にヘコヘコして、明るくて元気な自分を演じて、どんどん本当の自分就活生の自分乖離していく気がする。

こんなにまでして企業に媚びへつらって何になるんだろう?

もう疲れた。もう全くやる気が出ない。

ミサイルが飛んできて全部終わっちゃえばいいのに。

こんな風に考えてしま自分が心底嫌だ。

就活自分のことが大嫌いになった。アイデンティティ崩壊した。

消えてなくなりたい。

2017-05-02

逆お祈りをかましてやった

就職活動お祈りメール(「今回は誠に残念ではありますが、貴殿ますますのご活躍をお祈り申し上げます」)をもらいまくってショックを受けていたので、

まり入社する気はなかったが途中まで選考が進んでいた会社に益々のご活躍をお祈り申し上げた。


益々虚しい気持ちになった。

御社社員の方、これを見ていたらすみません

2017-03-30

40代無資格転職活動してみたよ 10

何度か面接にも行き順調に進んでいるかと思われる転職活動も、内定が出なければ無意味であり

順調どころか収入ほとんど無いので貯金は減る一方である

 

面接時の交通費も地味に痛い。チャージした3000円が数日で消えていく。

子供帰宅するまでに戻らないといけないので、面接の終了時間微妙な時は早く家に帰れるよう駅まで車で行く。

駐車場代が600円かかるが車を使えば20分早く家に着くことが出来る。しかし600円は痛い。

 

 

 

世間一般40代会社員となると管理職ほとんどであろう。

40代正社員として働くうえで、マネジメント経験が無いということは大きなマイナスポイントだ。

また小さなデザイン案件が主だったので、先頭に立ち案を纒て行くディレクション経験も無い。これもマイナス

 

正社員として、定年までデザイン業界で働く事は無理なのではないかと考え始めた。

60歳のデザイナー。その自分想像できない。60歳どころか5年先も何をしているのかわからない。

しかし私に出来る事はデザインしかない。持っている資格普通免許だけで転職に有利な資格は何も無い。

 

 

 

何社も落ち続けるうちにデザイン業界だけではなく、唯一の資格運転免許を活かせる職、または無資格でも働きながら経験を積み、

60歳以降でも通用する資格を得ることのできる業種は無いかと探し始めた。

 

 

運転免許があれば出来る職業となるとタクシー運転手配送高齢者の送迎などがある。

 

確かタクシー運転手は翌日朝まで長時間働いて次の日は休みという働き方だったはず。だが小さい子供を残して夜勤は出来ない。

 

配送はどうだろうか。大型トラックは無理だとしても生協配達や軽バンでの委託契約

近所で募集をしていた配送会社で話を聞いてみると、私が希望する9時から18時ぐらいの労働時間だと手取りは20万には届かないらしい。

よく配送求人で「働き次第では月60万円も可能!」というものを見かけるが、そのような金額は早朝から夜まで必死に働いて100件以上の配送をし

それを休日もなく毎日繰り返して稼ぐことのできる金額だという。

 

個人配送業務委託なので車は自分で用意するか、雇い主に月2万ほど払って車両レンタルさせてもらう。レンタルでもガソリン代は自腹。

多くの人は自分で車を購入し、仕事用として登録しているらしい。それでも車検代や他整備代が自己負担

 

生活費のほかに未納分の税金も頭に入れないといけないし、できれば月25万は欲しい。

納付のために解約した生命保険も入り直さないと、私が事故にでもあったら子供は一文無しで放り出されてしまう。

 

子供大学に通わせる事は難しいかもしれない。

亡き父は私を私立大学へ行かせてくれた。それが出来た父親というのは何と偉大な人だったのだろうと私が親になって初めて気付く事が出来た。

 

 

私は父の様になれるだろうか?

子供が成人するまでは特に不自由なく育てて行きたいが、現在の状況では…

企業からお祈りメール面接後の不採用通知が続く。

寝室へ行き寝相の悪い子供姿勢を直して頭を撫で「ダメ父親でごめんな」と言いながら涙がこぼれた。

2017-01-14

スマホ婚活物語

呼んでもいないのに、また誕生日がやってきた。32歳になった。その時を大宮あたりにある自宅のワンルームアパートで俺は迎えた。

仕事公務員。俺は一浪で、とある無名大学入学し、一留卒業し、さら卒業後に一年公務員試験勉強をして入庁した。運良くストレートで入庁までたどり着いた奴らと比べると、3年余分に時間を食ったことになる。くそ、と思うことはいつもであるが、それでも、出身大学レベルからすれば随分立派な就職先に入れたのでその点は誇りに思っている。なんと言っても公務員は安定している。

まあ、どこかの国も破綻しかけたし、うちの国でもメロンの有名な某自治体破綻したりして、果たして将来も安定か?というツッコミどころもあるが、なんだかんだ自分の定年ぐらいまでは大丈夫だろう。

だべってばかりで働かない職員モンスターなんちゃらに囲まれての仕事は決して楽しくないが、生きていくためだ仕方がない。

ちなみに、一浪した時は、実家があまり裕福ではなかったので新聞奨学生をやりながら、予備校に通った。しかし、この新聞奨学生というのがひどいもので、配達作業時間のせいで十分に勉強時間がとれないという代物だった。今思えば、少し無理をして自宅浪人でもしてれば、早稲田筑波ぐらいならいけたかもしれない。本当に後悔している。

容姿は良い方だと思う。中学時代はそれなりにモテ記憶があるし、男友達からも、良い方だろうという客観的評価をもらっている。

だが、恋愛は不調だ。これまでの人生で一度だけ付き合った彼女美人で、スタイルもよかったし、若かったし(当時23歳だったか)、あっちの方も抜群だったが、いろいろいい加減な子だったので半年ほどで別れた。結婚も考えねばという年齢だったのでそれでは厳しい。その女との出会いは、数年前から流行りの街コン。当時は友達街コン婚活パーティーに出かけて出会いを求めていたが、そこで一度だけうまくいったのがその女だった。

と、それが二年ほど前の話。そう。今、俺の心を占めているのは結婚への焦りであり、結果として婚活自分プライベート時間の多くを占めるに至っている。婚活もいろいろやり方があると思うが、今の主戦場スマホ婚活アプリだ。

婚活アプリでは、それぞれ自分PRするプロフィール写真文章登録し、男女共々、異性のそれを見ることができる。気に入った相手がいれば「いいね」する。「いいね」されると、された相手には通知がいき、運良く相手も気にいって、「いいね」を返してくれたら、晴れてチャットができるようになる。あとはいかにうまく口説いて、「面接」に持ち込めるかだ。

面接」というのは婚活用語である婚活アプリでは、チャットいくらか続けたあとに、アポをとりつけて相手食事に誘い、そこではじめて相手と対面する。そして相手容姿や、学歴職業コミュニケーション能力などを見る。これがさながら企業における採用などの面接に似ているから「面接」などと呼ばれるのだろう。採用活動における面接ではおおむね企業側が一方的に見るものだろうが、婚活における「面接」では、お互いがお互いの値踏みをする。従って、当然ながら、「面接」に望む時の洋服には十分気をつけなければいけないし、会話を弾ませるよう自分の話術を最大限駆使する必要がある。そうでなければ、二次面接」、三次面接」には進むことが出来ない。お祈りメールを待つのである

俺が将来の伴侶に求める点は大きく、1)友達が羨ましがる容姿、2)自分よりも高学歴、3)結婚してもちゃんと働いてくれる人、4)性格がまとも、5)年齢は31歳まで。若いなら若いだけ良い、の5点である特に1)2)5)は重要だ。なぜかって?それは他人に羨ましがられる嫁が欲しいからだ。俺は正直に言って、自分に誇れるものがない。大学へは小学生時代から続けていたスポーツを極めたくて入学したが、結局自分には才能がないことを痛感した。プロなんて夢のまた夢だ。誇れることは、せいぜい、公務員になれたことぐらいである。これがなかったら、ぶっちゃけ、ただのクズなんじゃないかとすら思う。だからこそ、婚活では一発逆転したい。

実際、俺はかなり婚活に入れ込んでいる。中毒といってもいいかもしれない。平均で週に2回程度は「面接」をしているし。婚活アプリも4つ程度を同時並行で利用している。

金もかかる。課金額は月にそれぞれ5000円程度だ。「面接」にだって金はかかる。飲み屋でディナーとなれば、安くても一回4000円は飛ぶ。もちろん支払いは男持ちだ。男女平等が叫ばれる昨今であるが、婚活では関係ないらしい。交通費だって地味に痛い。

トータルで「面接」した人数は50人はくだらないと思う。しかし、未だに婚活は終わっていない。

俺が求めるレベルの女には、一次「面接」で切られてしまう。そのレベルに達していない場合だと、付き合うところまでいけそうということも何度かあったが、どうしても本気になれず、最後まで続かない。

もう本格的に婚活をはじめて3年になる。最近は、周りの友人なども結婚しているやつが多くを占めてきたし、子供ができたというのもFBなどでよく見かける。そういうのを見ると、自分は何をやっているんだろうと思う。俺はちゃんとした家庭を持つことが幸せ重要な要素だと考えているので、何のために生きているのだろうという思いにかられることもある。「面接」がうまくいかないのはコミュニケーション能力が低いせいもあるのだろう。そういえば、うちの親はどちらもコミュニケーション能力に乏しい。遺伝なのか育った環境問題なのか。くそ

しかし、あきらめない。絶対にいい女を捕まえてみせる。

仲の良い友人の1人はそこそこの女で妥協した。しかし、俺はそんな情けないことはしない。

そう思いながら、今日スマホで女の写真を眺めては、取り憑かれたように「いいね」をしている。

2016-11-11

某社の二次面接の結果お祈りメールをもらったときのこと

某社の中途採用に応募し、二次面接まで進んだのだが、テンプレ感満載の非常に無礼お祈りメールをもらった。これを見た瞬間、怒りが込み上げた。同時に、二次面接不採用と決めた途端、手のひらを返すかのごとく定型お祈りメールでよそよそしく冷たくあしらう会社を目の当たりにして、その会社イメージが全て崩れた。一次面接の結果通知では電話だったのに、なぜ電話で連絡しなかったのか。電話ならここまでひどいと思わなかっただろうに。

二次面接の前に(参考のためと言って)他人に応募者の仕事ぶりや人物像などを書いてもらうよう依頼もされていたのだが、定型お祈りメールには、その他人のことが一切触れられていなかった。挙句の果てには、応募書類を返送するのか処分するのかもこの定型文に書かれていなかった。

一番許せなかったのは、増田で同じようなこと(http://anond.hatelabo.jp/20140510231402)で一時炎上した某社がこのような態度を取ったことだ。こういう心無い配慮の欠けた行為をされると、今までにかけた時間を返せと言いたくなる。やはりこの程度の会社だったのかと、がっかり感と同時に入社しなくてよかったと思うようになった。

このように、採用担当最後対応を誤っただけで、会社イメージ台無しになってしまう。応募者の人生を左右する大事ことなので、採用担当者もっと責任を感じるべきだと個人的には思う。

(誤解のないように追記) こんな私でもコストをかけてまで二次面接まで機会を与えてくださったことは感謝している。ほんの些細なことでイメージダウンとならないように、今後は改善があることを期待している。以上

2016-09-29

あなたはどんな人間か」という問いへの答え方:就活を終えて

面接を終えた後は、いつも携帯を握りしめていた。

日中か、翌日に電話がかかってくれば次の選考を案内されるからだ。3日後までに何もなければ、まず見込みは無い。1週間後、メールが届く。選考への参加のお礼と、「貴殿の今後のご活躍をお祈りします」という空虚文章。返事すら無いことも勿論ある。いわゆる「サイレントお祈り」。

厭なことは沢山ある。

今日、初めて会った人にさも当然のように「自己PRしてみろ」と言われること。

問われたことに馬鹿正直に答えれば怪訝な顔をされること。

素朴に疑問に思ったことを伝えると、機嫌を損ねられること。

自分長所は何か、短所は何か、と問われること。

考えたこともない将来設計を語れと強要されること。

自己分析という単語がいつから多用されるようになったのかは知らないが、今の用語法は恐らく就活ビジネスの暗闇で生まれたに違いない。

分析する自己なんてない」と口にする学生をよく見かける。

やりたいことは無いし、ライフプランキャリアプランもない。自分に何が向いているのかもわからない。中二病発症する時期でなくとも、自分の将来の夢を描けないことは、別段特別な悩みではない。今の時点で自分に向いている仕事確信していても実際にやれば嫌になる、ということも大いに有り得る。「向いていない」と思っていたことが案外楽しいと思えたりすることもある。そもそも配属を決めるのは会社であって社員ではない。

だが、「どんな仕事がしたいか」と面接官に問われれば答えねばならない。そんなの知ったこっちゃない、会社が決めることには何でも従いますからとにかく入れてくれ、と言うだけでは不採用だ。

あなたはどんな人間なのか”、と問われ、必死に答えた挙句自分否定される。

「お祈り」が来ても、自分には何が足りなかったのか、一切わからない。採用基準に達していても自分の他に評価の高い人がいたのか、達していなかったのなら何処が何点足りなかったのか、学生には教えられることはない。だから就活では皆不安になる。

新卒一発勝負のこの国の就活システムは腐っている。

根本的に変えるべき時が来ていると思うし、いつか変わるだろう。しかし、今すぐには変わらない。就活に疲れ、絶望し、リ○ルート本社の前で白昼堂々焼身自殺しようとも、世の中は変わらない。文句を言っても今すぐ内定は出ない。正社員になりたいのなら愚痴を言うのは一旦止め、とにかくやるしかない。

やるべきことは単純だ。とにかく選考に出来るだけ早期に、沢山参加する。行きたくない企業でも面接を受ける。これだけだ。

早めに内々定を貰って就職活動を終えることが目標なのではない。自分の納得できる会社に行くために、早めに選考に参加することが不可欠なのだ

面接は数をこなせば必ず慣れる。馬鹿げた質問への答え方がある程度は分かるようになる。言ってはいけないこと、言うべきことを察知できるようになる。面接官とのやりとりのうすら寒さが気にならなくなってくる。

「親しい友達は多い?何人いる?」「幼い頃はどんな子供だった?」などと滑稽極まりない質問をしてくる面接官に対して、馬鹿正直に答える必要はないと気が付く。面接官が納得する答えを考え、それを表現する。演じ切る。時には嘘も吐く。それが苦にならなくなる。選考に落ちても逐一気にしないようにする。


自画自賛するような歯の浮く文章を書いたり、話したりするのはただでさえ嫌なものだ。あまつさえ沢山の会社お祈りメールを送りつけられ、自分存在否定され続ける中で、自己PR文章を一人むなしく考えていれば鬱にもなる。自分自分肯定できない時は、他人自分肯定してもらうことが必要だ。他人文章を書いてもらうのも良い。家族、友人、先輩後輩、大学キャリアセンター、頼れる人は誰でも頼るべきだ。一人でマジメに頑張る必要はない。


あなたはどんな人間なのか”という問いで自分を苦しめるべきではない。真剣に考えても答えなど出るはずもない。ただ、面接官の求める話をしに行くだけだ。それが就活だ。

実際のところは、4月から働いてみないとわからない。わからないけれど、それでも4月から挑戦しても良いと思える会社を見つけるまで続けるしかない。


当たり前の話と笑われるかもしれないのだが、9月に入りようやく就職活動を終えた今、1年前の自分に言ってやりたいと思うことを書いた。就活が嫌になって何もかも投げ出したくなった人が読んでくれたらいいなと思う。

2016-09-20

就活生のみなさんへ

うちの新卒採用人事部門ではなく現場の受入部門書類審査〜最終面接まで責任もつ方式で、これは人事部門勝手に採否を決めるのと比べ非常に有効方式だと思うし、人材は将来の業績に直結する訳だから常に最優先の心で取り組んでいるんだけど、非常に面目ないことに現場担当する関係でどうしても「納期直前のデスマーチ最中で応募書類を見る暇がなかった」とかそういうしょうもない理由お断りを返してしまうことがあるのね。

それでもし良い人材を逃してしまったらそれは現場責任しかないんだけど、就活生の皆さんに言いたい事は、お祈りメール実態はこんなしょうもないことだったりするので人生否定されたような気持ちになる必要はまったくないし、もし本気で入社希望する会社なら一度ダメでも再度問い合わせてもらえればちょうどデスマーチが終わったタイミングに合うかもしれないということです。

2016-07-21

働きたくないのに

就活して、そいでお祈りメールもらって落胆するのってどこも救われなくてつらい

なんとかならんのか

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん