「ビスケット」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ビスケットとは

2020-07-29

赤ちゃん動物ごっこすんの楽しー

赤ちゃんの手から直接ビスケットを食べる遊び。赤ちゃんは餌やりの楽しさを知ることができるし親(自分)は餌をもらう動物気持ち体験できる。手から食べる瞬間赤ちゃんが素で「ウワッww」って言うからこっちもだんだん動物の心になってくる。コロナ動物園のふれあいコーナーにもなかなか行けない今、ぜひ親子でやってみてください。

2020-07-15

それからここでは一曲拾われるだろう

牧瀬里穂で『目と目が合ったらミラクル

違うでしょ

牧瀬里穂で『miracle love

でしょ

ちょっとイヤホン

周囲の環境配慮しま

排除ですか

ある意味ではね

そりゃああるある言う人もいますからねえ

2重言語ですら無いんだよ

あるとある何だよ

アルフォートでしょ

違うくない

ビスケットでしょ

全粒粉じゃないの

全粒粉ってふすまじゃ

渡りに船お菓子なら

お菓子なんて船じゃねえだろすっとこどっこい

お冷静だねえ

寺山って酒飲みかなあ

そうかもしれないねえ

助けてください

……

牧瀬里穂天才じゃないか

だいたいあごが前に突き出てるやつは天才だよ

ああ漫画で言うと『クッキングパパ』みたいなもんだと

もっかい聴きます

いいでしょう良くないけど

いいんですよ踊りゃな損言うしね

何だっけその前提

踊る阿呆に見る阿呆でしょ

違います

踊る阿呆に見る阿呆「同じ阿呆なら」ですよその前提

……

また忘れましたねもっかい聴きましょう

思い出すために聴くのは邪道だぞ

じゃあ本当にするために聞き返して確認するのも邪道ですね

思い出すためと言ったんだ

思い出さなくても確認出来るんですか

ああもう煩い聴けばいいんでしょ聴けば

聴けばですか

ケバい曲だなあ

曲ってのはだいたいそんなもんですよ

そういうもんかなあ文句たれ文句たれ文句たれって言ってるようなもんじゃ

そういうもんかなあ

……

志村ケンアイーンをしていたよ

あごを突き出してか

もちろんだよ

牧瀬里穂天才だと言ったな

あごが突き出てるからだの持ち主だからと言ったな

日記はここで終わっている

2020-07-06

作品に不満がある事とその作品アンチである事はイコールではないんだよ!という話

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズという作品がある

2015年に一期が始まり2017年に分割で放送された二期が完結した、まあ色々と賛否両論作品放送終了から3年経った今でも話題になる事が多いタイトルである

正直に言うと僕はこの作品の一期が好きではなかった。主人公三日月・オーガスを始めとした主役組織鉄華団の面々が好きではなく、逆に悪役である治安維持組織ギャラルホルンの側に肩入れしていたのが原因だと思う。

三日月はそれまでのガンダムにも中々居ない割り切ったドライ性格で、敵兵士を無表情で射殺する、初対面の相手絞殺しかける、戦う事への迷いや敵への容赦が殆ど無いガンダムには比較的珍しいタイプ主人公だった。

鉄血のオルフェンズの一期はその三日月くんの所属する民間軍事組織鉄華団」が、地球植民地である火星貧困問題解決を求めるクーデリお嬢様貿易交渉のために地球に送り届けるための護衛を務める話だったのだが、

鉄華団保有するMS三機と、彼らの後ろ盾である木星圏のマフィアテイワズから派遣してもらったMS二機を合わせた計MS五機の戦力で、ギャラルホルンを統べる七大氏族の一人「イズナリオ・ファリド公」が動かせる私兵と、地球軌道上に接近した勢力から地球防衛する艦隊地球外縁軌道統制統合艦隊から差し向けられたMS撃退し、ついにクーデリアを火星分割統治する地球経済圏の一つ「アーブラウ」へ無事送り届ける事に成功する。

それは良い。00のように一度主役達が敗れてからまた再結成、という展開にでもならないと主役組織物語半ばで体制に敗れて壊滅する展開なんて中々描けない。負けてたまるか、と鉄華団少年達は大人達に勝利した。

気になるのは、鉄華団のような極小規模な武装組織が、あの世界における唯一の軍隊であるギャラルホルンに正面から戦いを仕掛け、勝利するにしてもそのために払った犠牲が戦いの規模に割にあまりにも少ない気がする事だった。

地球外縁軌道統制統合艦隊との戦いで鉄華団組織の古株であり参謀を務めていたビスケット・グリフォンを失った。名もない多くの団員達も戦いの中で散った。だが、作中で鉄華団勝利と引き換えに失った物はそれだけ。

最後まで戦い抜いた五機のMSパイロットも、鉄華団所属する名前のある団員も、ビスケット一人を除いて誰一人として失われなかった。最終回もグッドエンドのような流れだったし、一期は完全勝利だったと考えても良いと思う。

ギャラルホルン鉄華団との戦いに投入された多くの兵士の命と、七大氏族党首が一人、七大氏族の後継ぎが一人、そして300年間揺らぐ事が無かった治安維持組織としての面子を失った。

アイン・ダルトンという一人の兵士が居た。彼は恩人と慕っていた上司三日月殺害され、その怨恨から鉄華団との戦いに志願し、戦いの中で半身を失った。その後非人道的処置を受け、MSと完全に融合した異形の姿で蘇る。

そして最後の敵として三日月の前に立ち塞がるのだが…彼の活躍は思ったよりしょっぱい。瞬く間に鉄華団MSを三機倒し衝撃的な登場を果たした…かと思いきや、その撃墜したMSパイロット怪我を負っただけで無事だった。

アイン主人公三日月を上回る圧倒的な反応速度で主役機ガンダムバルバトスを苦戦させるのだが、彼がバルバトスに与えた損傷は片方のアンテナを折った事くらいだった。バルバトスが追加装甲を付けていたとはいえ、辛い。

逆に彼は機体の性能でもパイロット反応速度でも勝っていた筈の三日月親友オルガ・イツカの激励により本領を発揮した途端に圧倒され、辞世言葉を言い切る間もなくコクピットを潰されて今度こそ本当に死んでしまった。

鉄華団は主役だから勝つにしても、これではあまりに双方の戦果被害に差がありすぎじゃないか?と僕は思った。勿論これを言うと、鉄華団勝利を喜んでいたファンから作品アンチ扱いされた。水を差してるから仕方ないけど。

こういう事があって僕は正直鉄血のオルフェンズに良い印象を持っていなかったし、嫌いになってもいたけど、そういう気持ちを吐き出せる場所もなかった。僕のこの作品評価が変わったのは半年後の二期が始まってからだった。

鉄血のオルフェンズ二期の舞台は一期から2年後。鉄華団という小規模な武装勢力MSという戦力を有効に扱い、ギャラルホルンという巨大な組織に土をつけた事で社会情勢に様々な変化が訪れた世界だった

鉄華団活躍により少年兵とMS有用性が広まり人身売買は益々横行し、MSを所有する犯罪組織も増えた。一応秩序の番人であった治安維持組織権威が地に落ちた結果、各地で犯罪行為暴動も増える事になった。

火星経済的に一期より少し豊かになり、鉄華団テイワズ正式な直系組織として認められ急速に組織の規模を拡大。アーブラウ代表と強い繋がりを持つ事で地球支部設立し、順風満帆会社経営は進んでいた。

組織が大きくなった弊害として同じ組織の先輩に睨まれたり、政争を繰り広げる偉い人達に目を付けられて敵視されたり利用されたり、組織が請け負える以上の規模の仕事を受けてしまって会社経営が傾いてしまうんだけど

僕は二期のこういう展開が「ああ、本当にありそう…」と思えて大好きである。一期が若者達の夢のある栄光物語だとすると、二期は現実は辛い所を見せられる転落の物語なんだろうか?栄光と転落は大体セットだけど。

結局鉄華団ギャラルホルン内の権力闘争に巻き込まれ地球支部経営に失敗し、テイワズのNo.2に睨まれた結果組織を追い出され後ろ盾を失い、失脚したイズナリオ公に変わりファリド家を継いだ「マクギリス・ファリド准将」に肩入れし、ギャラルホルンでも最大最強の戦力を誇る大規模艦隊「月外縁軌道統合艦隊アリアンロッド」と矛を交えた結果大敗し、組織No.1とNo.2であったオルガと三日月が死亡した事で壊滅してしまった。

この二期を通してじわじわじわじわと一期で鉄華団が積み重ねた成功が崩れていく様は本当に凄いと思う。成功物語ならよくあるけど、その成功から破滅を描いたアニメあんまり見ない…無い事も無いんだろうけど、多分少ない。

主人公が敗北し、死亡する所まで描いた長編ガンダム閃光のハサウェイ以来じゃないだろうか。パラレルが有りならファーストとゼータも小説版では…だけど、映像作品TVシリーズでは間違いなくこれが初めてだと思う。

僕はこの二期の顛末にとても興奮した。完全勝利すぎて好きじゃないな…と思っていた一期の結末が、二期のこの完全敗北な結末に至るまでの逆算から描かれた物だったのだ、と勝手に思った。成功した人間はいつか破滅する。

ところが、一期の結末を大絶賛していた人達はこの結末を「雑すぎる」などと批判する。二期の結末が好きな僕が一期の結末が気に入らなかったように、一期の結末が好きだった人達は二期の結末が気に入らないようだった。

「鉄血は一期は良かったが、二期は…」という人もよく見かけるけど、じゃあ何故貴方達は一期でシノやラフタやアジーさんが不自然に生き残った事には文句を言わなかったんですか?と言いたくなる。言ったら喧嘩になるけど。

僕は鉄血のオルフェンズの一期に色々と不満があり嫌いだったけど二期で好きになった。逆に二期に色々と不満があって嫌いになったけど今でも一期は好きな人もきっと居る。どちらもこの作品が好きだった事に変わりはないと思う。

完結してから3年経って好きな気持ちも嫌いな気持ちもも大分薄れていた気がしたけど、結構作品について書いてしまった。悪く言われている所を嫌な気持ちになるし、きっと僕は今でもこの作品の事を好きなんだろうな。

鉄血のオルフェンズ次回作であるビルドダイバーズとその続編リライズは今のところ特に内容で荒れる事は無く、平和に語られている。逆にこの作品は今でも最新作であるかのように叩かれているし、話題に挙がるとよく荒れる。

この作品話題が荒れる事で人が集まって新作の話題で荒れる事が少なくなるのなら、それはそれで良い事なのかもしれないな、と思った。今でも叩かれてるのを見るとつらいけど、きっといつかは落ち着いて語れる日が来ると良いな。

追記

僕は鉄華団の面々が好きでなくギャラルホルンに肩入れしていたので一期は好きではなかった、と言ったけれど鉄華団に好きなキャラクターが居なかった訳では無い。パイロットなら天才肌のミカより努力家の明弘の方が好きだったかな?

テイワズから鉄華団監査役として派遣された「メリビット・ステープルトン」という医術の心得のあるキャラクターが僕は好きだった。少しオルガと良い雰囲気になっていた?ような気もするけど、二期を見る分にはどうも勘繰りだったみたい。

彼女は団員が負傷した際に応急医療が出来る医療要員が鉄華団に居ない事について団長であるオルガを諫める事が出来たし、ビスケット戦死した際血気に逸りギャラルホルンを皆殺しにしてやると猛る団員達を前に「こんな事は間違っている、ビスケット君はこんな事を望んでいない」と涙ながらに訴えた事もあった。大人目線から危なっかしい子供達を見守る、ビスケット亡き後の鉄華団ブレーキ役を務める存在だったような気がしている。

結局一期はメリビットさんが諫めるまでもなく鉄華団勝利したので彼女心配杞憂に終わったのだけど、二期の末路を見ると…戦いから抜け出せない鉄華団は戦いの果てに滅びる事が決まっていたのかもしれないな、と思った。

2020-06-29

すぬけくんについて知られていること

2020-05-07

[]

今宵満月flower moonなんですって。

ロマンティックですね。

🌕みんなは誰と月を見てるのかなっ。

ねこ🐈ムーンライトビスケット美味しいニャ。

2020-05-06

anond:20200506200619

ビスケットが亡くなってからもう悲しくてろくに見れなかった。

家族(お祖母ちゃんと妹2人が待ってて出来のいい兄がいる)キャラはしんどくても生かしてほしかった。

2020-04-26

[]4月25日

ご飯

朝食:ビスケケット、ヨーグルト。昼食:大根うどん納豆たまご。夕食:玉ねぎ人参小松菜ベーコンスープパンチーズ。間食:飴。ビスケット。

調子

むきゅーはややー。

仕事おやすみん。二日酔いなのもあって洗濯した後気を失うように二度寝してしまった。そのくせ三食ちゃんと食べてるからぷくぷくぶーちゃんだ。

しか二度寝したせいで寝れないから、今からラーメン作りたくなってる。

スーパーマリオブラザーズ3(スイッチ)

7-1をクリアするところまで。

6-7の自動スクロール面が1〜3までプレイした中で一番好きなステージかも。

クソ難しかたから、もう一度やってと言われるとゴニョるけど。

2020-04-23

🍚🍞

通販非常食を買った

アルファ米のセットとビスケットとかのセット

今すでに乾麺とか米とか缶詰とかカップ麺とか備蓄はあるけど

今後何があるかわからないし念のためと思って……

五年間保存できるらしい

賞味期限近づいたら食べて新しく買う

2020-04-03

[] #84-3「幸せ世界

≪ 前

「さっきの続きだが、“本来なら存在しなかった世界”って何だ?」

分岐によって自然発生的に生まれ世界ではなく、次元の過干渉により発生した世界システム不具合バグのようなものだよ」

それからガイドは色々と説明してくれたが、俺はSFが得意ではないため雰囲気理解することにした。


噛み砕いていうなら、世界ってのは木のようなものだ。

可能性の数だけ枝分かれするが、逆に言えば可能性が0ならば枝分かれもしない。

しかし“本来なら存在しなかった世界”は、その“0を無理やり1にする”ことで生まれる。

木をいじくって枝分かれさせたり、枝を折って別の土地に植えているってことだ。

「ボクの時代では、そういったものは“分裂世界”と呼んでる」

「だが、お前も未来からやってきて俺の時代干渉しているじゃないか。それと何が違うんだ?」

「ボクは世界が分裂しない程度の干渉に留めてる」

「俺の知る限り、そうとは思えないんだが」

「そう簡単に分裂したりしないよ。“因果力”があるからね」

専門用語固有名詞を使うときは、先に説明してくれ」

ガイド曰く、その“因果力”ってものが働いているおかげで、多少の変化なら世界帳尻を合わせてくれるらしい。

要はフィクションとかでよくある“運命は変えられない”ってやつだ。

しかし、その“因果力”を超える程の変化が起きると、運命は変えられる。

それと同時に世界は分裂してしまうんだ。

そして“因果力”は世界のものが持っており、分裂すると弱まってしまう。

そのまま弱り続ける(分裂し続ける)と世界は形そのものを保てなくなり、やがて消滅してしまうってわけだ。

ポケットを叩くとビスケットが増えるが、実際は割れて二つになるだけってことだな。そのまま叩き続けると粉々になる、と」

「その分かりにくい比喩、前も言ってたけど……本当に覚えてない?」

そういえば、何となく覚えがあるな。

同じ喩えを使いまわすとは、我ながらよほど気に入ってたと見える。

まあ、とにかく世界が分裂するのは危険だってことは分かった。

このままだと俺のいる世界も消えてしまうから、放っておくのがマズいってのも分かる。

今までガイド目的を知らないでいたが、こういった次元トラブル解決するためだったんだな。

にわかには信じがたいが、信じなかった時の代償があまりにも大きいので協力するしかない。

だけど、まだ気になることは残っている。

その解決に、何で俺が必要なんだろうか。

「もう一つ疑問があるんだが……」

尋ねようとした時、間が悪くアナウンスが入る。

「間モナ目的地デス」

機械音声により、俺の質問はぶった切られた。

「衝撃ニ備エテクダサイ」

「よし、次元の歪みに入るから気をつけて!」

「気をつけてって、一体どう気をつけ……」

その後、体全体に凄まじい衝撃が走り、またも俺の言葉は掻き消された。

・・
・・・
・・・

「ほら、着いたよ! 起きて! しっかり!」

心なしか、声が聴こえる。

俺はゆっくりと瞼を開いた。

「あ、やっと起きた」

どうやら気絶してしまったようだ。

「気絶って、こんな風になるんだな……いつつ」

気だるさと共に、頬に僅かな痛みを感じる。

俺を起こそうと、ガイドが引っ叩いたのだろう。

「さあ、ついてきて!」

ガイドが遠くから手招きしているのが見える。

意識朦朧としていて、まだ状況を把握し切れていない。

だが、酷い目に遭っているのだけは確かだ。

不本意、不可解、不愉快

やっぱりエイプリルフールで、俺は弄ばれているんじゃないのか。

「不」の感覚から、「負」が、疑念が湧き上がってくる。

何はともあれガイドの頬を引っ叩こうと、俺は身を乗り出した。

しかし、そんなことはすぐにどうでも良くなってしまった。

「なんだ、ここは……」

次 ≫

2020-03-25

anond:20200325145527

あの工場汚くなかったか?マシなのは飲料くらいで、おまえの食ってるビスケット弁当も意外と汚ったねぇ環境で作ってるぞ

HACCPなんてお飾りだよ

2020-03-04

イギリスショートブレッドビスケット小箱を買った

はーいイギリス

中の包装超適当

(カ〇リーメイト的なビスケットが8個並んで入った、めっちゃ薄い透明の袋をびろーんと箱から出す)

2020-02-25

旨さで勝てないきのこ派は味以外で勝負しないといけないのが大変だよな。たけのこ派だけど応援してるよ。

https://b.hatena.ne.jp/entry/4682002229289795746/comment/megazalrock

ぼそぼそビスケットなのにチョココーティングしてるってだけでチョコレート菓子名乗ってる代物を味で評価するのはさすがにまずいと思うんだ。

勝ち負け以前にチョコではないからね。同じ土俵にも立ててない。

2020-02-23

ロータスビスケット

ロータスかいビスケットってさ

コーヒーに合うってよく言われるけど

紅茶の方が合うよね

コーヒーにはあんまり合わなくね?

2020-02-15

anond:20200214184916

表現の自由論者だが、あなた意見を興味深く読んだ。素晴らしいトスだと思う。

俺を含むごく少数の人間が、あの表現にどこが問題なのかサッパリ判らない、と言っている。

なぜ判らないのだろうと、ずっと考えていた。

孤島に取り残された気分だったのだけど、ついに脱出のキッカケを貰った。

この世に性被害存在せず、被害にあっても「エロいかっこしてたからだろ」とか言われることなく、性産業従事する人が堂々と結婚相手の親にそれを言えるような社会なら、アニメ絵股間に謎シワがあったところでそんなに気にならないと思う。

被害があるのは知っているが、だいたいがネットニュースの中の話で、家族や友人、ごく少ない女性の知人からもそのような話を聞いたことがない。誰もそんな世界があると口で語ってはくれなかった。「エロいかっこしてたからだろ」などと言う悪人が本当にいるとは到底思えない、想像できない。創作の中でさえ見たことがないんだ。ニュースレイプはいつも連行される車の中にいる。どんな風に育ち、何を考えて生きているのか。人物像がまったくわからない。性産業従事してる人と結婚するのには何の問題もないし、親にだって言えると思う。立場が逆でも問題なくできる。親たちがドン引くような事があればその場でただちに非難できる。そして彼女や俺は悪くないのだから、何も傷つく道理がない。だから気にしない。俺はこんな人間だ。俺にとってポスターは、気にならない。

失礼ながら、あなたたちはアンリアルなんだ。語られる実態は俺にとって重さがない。上手くグリップできない。これは俺の落ち度だ。気づくタイミングを逃し、耳を傾ける努力を怠ってきたからこんな体たらくなんだと思う。だけどタブン、こんな風にピュアな——それ以外の表現が思いつかない——ピュアオタクは俺だけではない。

少なくとも俺にとって鵜呑みにできない考え方を、あなた文章の中に見つけた。あなたたちはこの考えを許し、受け入れ、拡大再生産しているように思える。

一般的エロ公共に出してはいけないものとされている


性の規範意識がある。性の規範意識が、加害者を頂上に載せて広がる「他人の性のあり方に口を出す人々」のピラミッドを形作るエネルギーになっている。その下の方にあなたがいて、どこか端っこあたりに俺も含まれている。厄介なことに、性被害者を守るためには諸悪の根源たる、性の規範意識を一旦受け入れるしかない。

そうしているうちに表現ガイドラインは「女性特記事項」で膨れ上がる。服を描く際には乳房輪郭を縁取ってはいけない、スカートの内側に輪郭線を入れてはいけない、胸を突き出しているように見えるポーズをさせてはいけない、へっぴりごしはダメ

性の規範意識は明文化されて、後世に受け継がれる。

ひとつ疑問が解消して、問題が増えた。ポケットの中のビスケットみたいに。これを手から血が出るまで続けても、必要な切実さには届かないだろうけど、でもやっていくしかない。やっていこうと思う。まずはあなたたちを馬鹿にする意図はないということだけは、伝わっただろうか。

2020-01-05

さて、ちょっくらジョギングに行ってくるか

帰りにいつものコーヒー屋でコーヒービスケットを食べて、その後猫ちゃん用の餌を買い足しておこう

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん