「文豪」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 文豪とは

2017-10-04

月がきれいですね」「死んでもいいわ」は大嫌い

こんなに月がきれいな晩にいうのも何だが、

いわゆる「月がきれいですね」のくだりオマージュが大嫌いだ。

何か物語があり、何かのカップリングがあると、すぐどいつもこいつも、

男「月がきれいですね」 女「死んでもいいわ」 ラブラブEND みたいな掌編マンガドラマを書き始めるが、

あれはなんだ。



嫌いな理由

月がきれいですね」は漱石(が言ったことになってる)の気の利いたジョークであり、

その意味を汲めないやつが消費的に使っていること。

I Love Youをまんま和訳すると、当時の日本人には直接過ぎる。

から月がきれいですね」という当たり障りのない事を「そうですね」とやり取りすることで、

2人の気持ちは通じ合っていることを確認するから愛の告白なのだ

だぁから、間違っても返す言葉は「死んでもいいわ」じゃない。

「そうですね」とか「私もそう思います」だ。それで2人は見つめ合うーーーなら良い。いいじゃないか

それ以上言葉はいらない、心はもう通じ合ってるじゃない!

なのにさあ…なんなん…


嫌いな理由

月がきれいですね」と「死んでもいいわ」はまったくニュアンスが違うし、情の質も異なる。

なのにそれを無視して、無視して、ただ近代文豪が言ったという権威に乗っかってキメラにして、

それでいてなお、ちょっと自分作品文学・詩的にしようとしてる姑息さが嫌いだ!

「死んでもいいわ」は二葉亭四迷ツルゲーネフの「片恋」を訳す際に用いた言葉だが、

はい、もうこの時点で何人かは、「エッこれ漱石言葉じゃないの!?」とか言ってるからな、ここで!)

ヒロインのアーシャが主人公に抱きしめられて返した言葉だ。唇が主人公の胸元に触れるか触れまいか

ところで、アーシャがぽろりと漏らした言葉がこれだ。

アーシャは主人公に、片思いしてるわけ。そんな主人公に熱い抱擁をされて、

彼女はきっと、熱に浮かされたように頭に血が上り、緊張し、そして幸福絶頂を味わったんだよ。

だ・か・ら・こ・そ、「死んでもいいわ…」なんて言うわけ。もう今の幸福を例えるなら、

死んでも惜しくないほど幸福だと。

分かる? 「死んでもいいわ」はなんなら、I Love Youあなたを愛しています なんて生易しい沸点言葉じゃないの。

暴走ギリギリ感情表現しているわけ。

これで「月がきれいですね」と「死んでもいいわ」の言葉の取り合わせがいいわけないよね?でしょ?

ほら。

ね、みんな嫌いになったでしょ?

なんか安っぺえええ、浅い知識いかにもこざっぱりした和風純情を出そうとしてるせこい演出だと思わない?



はあ、言いたいこと書いた。気持ちよかった。ではまたこんど。

2017-09-18

anond:20170918002546

しろ告白くらい許してやんなよ。

ガリ勉すぎて女耐性がマジでない割に理想自分と同レベル学力とかだから、少しでもその壁を乗り越えられる女が自分の隣にいるだけでサークルブレイクし始めちゃうんだよ。

ていうか、どの文豪の女もそこまで美人でもないとこから理解しなさいよ、男なんてね、結局話さえ楽しければいいのよ。

アンタなんかどーせ街中で酔っ払って帰ってる時にしょうもない男にワンチャンされて処女散らして帰ってくるのが関の山なんだから

自分自身もだらしないかしょうもない男が寄ってくるんだってことを理解しなさいな。なんてーか、最悪不倫しそうな脳味噌してるわよ。

あんたの求める落ち着きのあって女性友達になれるような奴なんてのはね、ゲイヤリチンか妻子持ちしか居ないのよ。

それ以外は残念な猿だと思いなさい。男と友達関係になろうだなんて、あんたのコミュ力でそんなテクいことが出来るだなんて思わないことね!

2017-09-04

知らないのはかわいそうだけど

anond:20170903124150

子供どころか孫のためにもそれを全部守ってる親ばっかだよ、自分の親戚は少なくとも。

もともとお酒よく飲む人も孫が来ているときは飲まないとか、外でタバコ吸うとか。

あとものすごくいやでも早寝早起きを守るとか日曜日に遊ぶとか。

 

そういう大人子供との良き約束を信じられないような状況に

子供を置きたくないというのが社会良識です。

そりゃひとことでいえば育ちが悪けりゃ

「そんな良識なんか見たこともないし

子どもなんか将来持ちたくないし

勝手刺青いれたい」という人も

今どきだってだって少しは出るんだろうし、

それはそれで一つの生き方

明治でいえば命日が桜桃忌にされたような文豪みたいなもんなんだろう。

(その文豪人間ばかりでなく親としてもクズだと自白した小説タイトルが「桜桃」)

(一応青空文庫で読めるけど、今やネットなどでもっとひどいクズ話がいくらでも読めるんでそういう状況をほのめかした釣りがこれかなとは思ってる)

 

でも子供が来る場所には来ないでほしい。

そしてネットでそういう人を見ても日本のどこででも

どんどん好きに刺青やってくれなんていいたくないね

苦労してくれた親のためにも

あとリンク記事も読んでね。

2017-09-01

芥川龍之介文豪たちが記録した関東大震災朝鮮人虐殺

[PDF]関東大震災文豪 - 成蹊大学図書館の展示から -

http://repository.seikei.ac.jp/dspace/bitstream/10928/526/1/kokubun-47_56-86.pdf

 

ブコメ経由で知った論文だが、あまり目立ってなかったので引用しておく。「関東大震災朝鮮人虐殺」とは別に朝鮮人けが殺害されたわけではなくて、「朝鮮人と間違われる」などして多くの日本人中国人殺害されていることは覚えておきたい。

 

芥川龍之介

僕は善良なる市民であるしかし僕の所見によれば、菊池寛はこの資格に乏しい。…菊池雑談を交換してゐた。…その内に僕は大火の原因は○○○○○○○○さうだと云つた。すると菊池は眉を挙げながら、「嘘だよ、君」と一喝した。…しかし次手にもう一度、何でも○○○○はボルシェヴィツキの手先ださうだと云つた。菊池は今度も眉を挙げると、「嘘さ、君、そんなことは」と叱りつけた。…

 再び僕の所見によれば、善良なる市民と云ふものボルシェヴィツキと○○○○との陰謀存在を信ずるものである。もし萬一信じられぬ場合は、少くとも信じてゐるらしい顔つきを装はねばならぬものである。けれども野蛮なる菊池寛は信じもしなければ信じる真似もしない。これは完全に善良なる市民資格放棄したと見るべきである。善良なる市民たると同時に勇敢なる自警団の一員たる僕は菊池の為に惜まざるを得ない。

(〇〇は言論統制時代伏字にされた「不逞朝鮮人」などの言葉。これはデマに踊らされた「善良なる市民」への芥川龍之介ならではの皮肉文章

 

菊池寛

 ××を持つて、合言葉を使ふなどと云ふことは、大正の世にあるまじき事と思つてゐたが、震災後四五日の間は、私も××を手にして、合言葉を使つて、警戒に当つた。

 

広津和郎

 あの震災に関聯して、今思い出しても日本人として堪らない気持ちのするのは、各地に起った例の鮮人騒ぎである。…とにかく鮮人に対して、あの時日本人の行ったことは、これは何とも弁解のしようのない野蛮至極のものであった。ああ云う場合、この国の人間には、野蛮人の血が流れているのではないかという気がする。…

朝鮮人が来ますと言われて)私は、

「そんな莫迦な話があるものか。鮮人地震予知していたわけではあるまいし、何処で勢揃いし、何処からやって来るというのだ。…そんなことは絶対に考えられないよ。僕はこれから寝るから、ほんとうに鮮人が来たら起こしてくれ。」…と云って、人々を安心させるために、畳の上にひっくり返ったら、実際に眠ってしまった。

寺田寅彦

 井戸に毒を入れるとか、爆弾を投げるとかさまざまな浮説が聞こえてくる。こんな場末の町へまでも荒らして歩くためには一体何千キロ毒薬、何万キロ爆弾が入るであろうか、そういう目の子勘定だけからでもじぶんにはその話は信ぜられなかった。

 

佐多稲子

ラララ、と聞こえる高い叫び声は朝鮮語らしく聞こえる。竹刀でも激しく打ち合うような音も聞こえる。朝鮮人がこの大動乱に乗じて暴動を起こしたという筋書を疑う力もないから、空地の周囲の叫び声や、打ち合うもの音を、朝鮮人との戦いなのだ、と私は思っていた。…

 私はこのときのことをおもい出すたびに、同じ長屋で親しくしていたひとりのおかみさんの言った言葉を同時におもい出す。…長屋のものが半壊のわが家のまわりに寄り合ったとき、ひとりが自分のゆうべの恐ろしかった経験を話し出した。話し手彼女は、一晩中朝鮮人に追いかけられて逃げて歩いた、というのだ。それを聞いたとき興行師のおかみさんは、利口にその話を訂正した。彼女はこう言ったのである朝鮮人暴動を起こしたなんていったって、ここは日本土地なんだから朝鮮人よりも日本人の数の方が多いにきまっている。

朝鮮人に追いかけられたとおもっていたのは、追われる朝鮮人のその前方にあんたがいたのだ。逃げて走る朝鮮人の前を、あんたは自分が追われるとおもって走っていたにすぎない、と。

 私はこの訂正を聞いたとき、強いショックでうなずき、かねてのこの人への尊敬をいっそう強くした。…貧しい興行師のこの妻のような怜悧で正しい判断は、あの当時住民の多くは持ち得なかった。政府の流した蜚語は、大地震という自然の脅威におののいている住民の、異常な神経を煽った。

 

志賀直哉

 東京では朝鮮人が暴れ廻つてゐるといふやうな噂を聞く。が自分は信じなかつた。

 松井田で、警官二三人に弥次馬十人余りで一人の朝鮮人を追ひかけるのを見た。

 「殺した」直ぐ引返して来た一人が車窓の下でこんなにいつたが、余りに簡単すぎた。今もそれは半信半疑だ。…

丁度自分の前で、自転車で来た若者と刺子を着た若者とが落ち合ひ、二人は友達らしく立話を始めた。…

「―鮮人が裏へ廻つたてんで、直ぐ日本刀を持つて追ひかけると、それが鮮人でねえんだ」…「然しかう云ふ時でもなけりやあ、人間は殺せねえと思つたから、到頭やつちやつたよ」二人は笑つてゐる。

 

江口

汽車内で足を踏んだ踏まないの騒ぎが始まって)

 喧嘩はしばらく続いていた。すると在郷軍人らしい方が、…突然座席へ突っ立ち上がった。

諸君、こいつは鮮人だぞ。太い奴だ。こんな所へもぐり込んでやがって」…

「おら鮮人だねえ。鮮人だねえ」

 …時どき脅えきったその男の声が聞こえた。しか相手がおろおろすればするほど、みんなの疑いを増し興奮を烈しくするばかりだった。(その男は次の駅で引きずりおろされ)物凄いほど鉄拳の雨を浴びた。

「おい。そんな事よせ。よせ日本人だ。日本人だ。」

私は思わずから首を出してこう叫んだ。側にいた二三の人もやはり同じようなことを怒鳴った。…こうして人の雪崩にもまれながら改札口の彼方にきえて行ったその日本人の後姿をいまだに忘れる事はできない。私には、一箇月ほどたった後に埼玉県下に於ける虐殺事件公表された時、あの男も一緒に殺されたとしか思えなかった。そして無防御の少数者を多数の武器と力で得々として虐殺した勇敢にして忠実なる「大和魂」に対して、否、それまでにしなければ承知のできないほど無条件に興奮したがる「大和魂」に対して、心から侮蔑憎悪とを感じないわけにいかなかった。ことに、その蒙昧と卑劣と無節制とに対して。

 

山田耕作の話

 急いで東京へ帰らうとして、先ず護身用のピストルを買つた。それを何かに包んで、ルツクザツクの奥深く納めた。…

 甲府を出てからのことであつた。

 車中に興奮のあまり気の変になつた学生があつた。

 学生の目には、車中の誰も彼もが○○に見えた。学生は車中の総ての人に荷物検査を迫つた。

 耕作君の袋の中にはピストルがある。…若し、それを見られたら、自分は殺されると思つた。

 耕作君は終に立ち上がつて演説した。(荷物検査をするなら陸軍出張所に行くように説得し、みんなの賛成を得る。)

 耕作君はほつとした。

「実際、もうお終ひかと思つた」と、耕作君は幾度も言つた。

 

関東大震災下で起きた亀戸事件殺害された平沢計七の匿名追悼文

震災の2日後に平沢警察連行され、その翌日、著者が石油と薪を運ぶ巡査と会った時の回想)

石油と薪を積んで何処へ行くのです。」

「殺した人間を焼きに行くのだよ。」…

「昨夜は人殺し徹夜までさせられちゃった。三百二十人も殺した。外国人亀戸管内に視察に来るので、今日急いで焼いてしまうのだよ。」

「皆鮮人ですか。」

「いや、中には七八人社会主義者はいっているよ。」

(そこで、著者はその死体のある場所を教えてもらい、そこへ向かう。)

そこに二三百の鮮人支那人らしい死骸が投げ出されていた。

 自分は一眼見てその凄惨な有様に度肝をぬかれてしまった。自分の目はどす黒い血の色や、灰色の死人の顔を見て、一時にくらむような気がした。涙が出て仕方がなかった。…

 その時私はいつも平沢君のはいていた一足の靴が寂しそうに地上にころげているのを見た。

 

宮地嘉六(警察火事場泥棒容疑で連行された)

「全体どういふ理由自分はこんな目に…あんまり幸福ありすたからだらうか…然し自分生活はそれほど幸福ではなかつた筈である…」

(同房の男は好きなもの一つ食べずに貯めこんだお金火事場泥棒と間違えられて取り上げられてしまった。)

「あゝ口惜しい…。ほんとに好きなドラ焼き一つ喰はず辛抱したんだ。浅草から逃げて来る時も五銭の西瓜一切喰べるのをこらへて来たんだ。あゝ口惜しい…」彼はわんわん泣き叫んだ。

(そして、取り調べのないまま 4 日目を迎える。)

 四日目の昼めしには梅干の代りに蒟蒻一切を得た。その蒟蒻一切はまぐろ

刺身のやうだつた。噫天意 !!

2017-08-11

pixiv小説に思うこと

pixiv小説って評価が相応じゃない。

あ、ここでいうpixivの小説二次創作、主に腐向け作品だと思って読んでほしい。

pixiv小説って評価が相応じゃない。とても面白くて「人に読ませる」文章なのに、ブクマ数が極端に少ないとかザラにある。

もちろん人気ジャンルかそうでないかに差があるのは分かってる。

ブクマ数が多いなって思う基準が50なら1桁は少ない。基準が100なら20前後は少ない。

私もミーハー人間からブクマ数が多い小説に手を伸ばしがちであるしかし、冒頭数文で(あっ、この人は書くのが下手だな)だと悟って読まなくなることや最後まで読んでも(何が何だかからなかった)とブクマせずに終わることも多い。

二次創作から下手な人がいて良い。むしろそれを排除しようなんて思ったら二次創作という文化健全ではなくなってしまうと思う。

文章構成が上手くできていなくても、ネタが良ければブクマしたりする。二次創作から商業じゃないから!

でも、下手なのに面白くないのにブクマ数が多い、過大評価されている、と感じるものが多すぎるのだ。

こんなに上手いのに何故評価されないのか。作者の宣伝が足りないのか。タグ付けの問題か。

でも、pixivでは匿名っぽく小説を上げている人も多い。タグ腐向けタグとカプ名だけの人も多いし、タグを何もつけていない人も多い。そういった人たちだけが極端に評価されていないわけではないしその人たちの作品ブクマ数はむしろ多い傾向にある気がする。

から宣伝タグ付けだけの問題ではない気がする。

では、何が下手で大して面白くもない小説pixiv評価させてしまうのだろうか。

私としては仮説が3つほどある。

一つ目

R-18。単純にエロがあるとブクマ数は伸びる。たとえ(なんだこれめちゃくちゃだ)と感じるような文章構成のものから、"原稿用紙の使い方"自体から間違っているようなものキャラクター解釈を大きく違えているもの、でさえもR-18というだけでブクマ数は大きく伸びる。

これは人間の三大欲求に則しているか理由としては間違っていないだろう。

ただ、それだけで評価されてしまうのは気味が悪いと思ってしまうのは私だけだろうか。そうか、私だけか。

二つ目

表紙がある。

pixivでは小説に表紙が設定できる。pixiv提供しているシンプルな数種類のものはもちろん自作イラストやら写真やらを表紙にすることが可能だ。大半の書き手たちは主にpixiv提供しているものをそのまま使用している場合が多い。

その中で自分の撮った写真同人誌の表紙よろしくフォトショ等で自らデザインしたものを表紙にしている人たちもいる。そういった人たちは小説自体に深いこだわりが多い人が多い。故にそのような表紙を使う人のブクマが伸びるのは大いに理解することができる。

しかし、問題は次だ。

大手絵師イラストを表紙に使っている人だ。身内だとか交流があるだとか、それは理解できるし表紙を描いてもらうのも理解できる。けれど、イラストが表紙のものは内容に関わらず初動のブクマ数が異様に多い。イラストブクマするかのごとくブクマ数が伸びる。

これが怖いし、気持ち悪い。これで初動のブクマ数が多いためにランキング入りしてしまうのも気持ちが悪い。

もちろん絵師イラストを表紙に使うな、とは言わないしそういうコネクションがあるのは素敵なことだろう。

しかし、内容に関わらずブクマをつける人たちには憤りがある。内容を読んでから評価しろ

装丁大事だ。しかし何よりも大事なのは中身である小説だ。それを読まずして評価するのは首を傾げざるを得ない。

三つ目

ブクマ数が多い人のブクマ数が伸びる。

一度面白い作品を書いた人はそのあとも一定以上のブクマがつく、評価がされる。もちろんファンがついたということもあるのだろうが、一回面白くて上手い作品が書けたとしても、次があるかなんて分からない。しかし、内容も見ずにブクマをしている人間がいるように感じる。

これに少しばかり関連して、ブクマ数が多いものしかブクマしない人間がいる。ブクマする理由はただブクマ数が多いから、そう言わんばかりに読む小説に傾向なく、ブクマ数だけで小説を読んでいる人間がいる。

まあ、それで"当たり"は掴みやすいんだろうけれど気に入らない。

取り敢えず、いま思いつく3つの理由を考えてみたけれど他にも理由はあるはずだろう。SSみたいな短い話だけが良いだとか、会話文多めの方が良いだとか、ギャグの方が良いだとか。

もちろんSSが悪いなんて言ってないし、会話文多めの小説を見下してるわけじゃない。ギャグ小説シリアス小説下位互換だと思ってるわけでもない。

ただ、実力よりも評価数が多かったり少なかったりするpixiv小説が謎だと思うという話だ。

あと一つ、最後にもう少しだけ私の仮説を聞いてほしい。これはいろいろなところから怒られそうだから、読み飛ばしてくれてもいい。怒られること覚悟でこの仮説を示そう。

オタク普段小説を読まない。

もちろん、文学作品を親しむ人間が多いのは分かる。私も実際文学作品をよく読む人間だ。オススメオーソドックスっていうかこんなこと書いたら逆に「お前それしか読んだことないんだろ」と言われそうだが夏目漱石だ。一番好きな話はこれまたド定番こころだ。現代作家なら村上春樹で、鏡という話が一番好きだ。他には山田宗樹の書く話も好きだったりする。でも、彼らの書く話は「人に読ませる」文だし面白い

少し話は脱線したがオタクは意外にも本は読まない。読んだとしてもライトノベルマンガアニメノベライズだ。そもそもオタクに限らず本を読む人間というのは少ない。自分が読んでいるからと言っても隣の人が本を読む人間とは限らない。学生時代はそれなりに嗜んだけど、今はさっぱりだという人も多いはずだ。必ず月一冊は読んでいるというだけの人間ですら探すのは難しい。

オタクが読んでいる本は、小説は、文学ではない。実は読んでいるようで、真に本を読んでいないのだ。「ライトノベルを見下しているのか!」と怒られそうだが、怒られることを覚悟で書いている。批判どんとこいだ。ライトノベルでも面白いものもあるし上手い文もあるが、基本的には似たり寄ったりだし、何よりラノベ独自文章の使い方がダメだ。あれはあれで文化として存在しているのだろうけれど、小説に求められているものって本当にソレなのだろうか。

又吉直樹火花という本がある。芥川賞を受賞したあの本だ。あれは個人的には素人に毛が生えたレベルだと思っている。でも、話題になったし売れたし何故か芥川賞も獲れてしまった。

何故だとお考えだろうか?

それは"小説を読まない"人間が手を伸ばしたからだ。普段小説を読まない人間からこそ、なんとなく「凄い」と思わせたら書き手は勝ちなのだ小説を読まない人間というマジョリティ話題になってしまえば書き手は勝ちなのだ

多分、pixiv小説にはそういうところがある。

どんなに小さなジャンルであってもマンガ投稿されてなくても小説存在しているなんてことがある。供給に飢えているオタクはそれを読む。小説を読まない人間勘違いの「凄さ」「萌え」によって実力不相応のブクマは増えていく。

"小説を読まない"人間評価は難しい。小説語に慣れていない人間評価は難しい。知識が足りない人間評価は難しい。

ライトな層のオタクたちは小説評価に慣れていない。

絵については散々文句が言えたりするオタクたちも小説評価に慣れていない。

私は小説に対する知識教養が少ないオタクたちがpixiv小説に対する評価を歪めていると思う。

もちろんこれは原因理由の一部であって全てではないと思うが、確かに理由だと思う。

この意見批判があるのは覚悟しているし仕方がないと思うが、私はこれを事実だと考えている。

もしも、これを読んで必要以上に怒りに狂った人がいるならば、考えてほしい。

あなた小説が読めるのか、と。評論が読めるのか、と。国語ができるのか、と。

なんなら、学生時代まで遡って現代文の成績を考えてみるといい。読解はできたのかと。

まあ、私の書いている文章が読めているあなたは、自分文章を読める力があっても周りの人間は、想像以上に読解力が無かったことを思い出せるだろう。そういうことだ。

冷静に考えた上で、この意見批判があるなら聞かせてほしい。私は純粋に不当な評価pixiv小説存在することが不思議なのだ。その理由が知りたい。私の考察に至らないことは沢山あるだろうし、あると思っているから臆して匿名でこの文章を書いている。でも、できればこの文章をキッカケに理由が解明されればいいと思っている。純粋に知りたいから。

さて、最後に私は何が言いたいかと言うと、pixivで人に読ませる素敵な文章かつ面白い作品を書いている人の小説が不当に評価されているという事実が悲しい。

pixivで下手な小説かつ面白くない文章が不当に評価されているという事実に憤りを感じている。

下手な小説も上手い小説面白い小説面白くない小説存在していていい。それが二次創作の良さだ。

しかし、正当な評価がされないのは悲しい。

文豪が筆を折ってしまうのは悲しいことだし、駆け出しの人間の成長の目を摘んでしまうことも悲しいことだ。

願はくは、pixivでの小説が正当な評価を得られるようになりますように。

2017-07-29

純文学よりエンタメ小説の方が面白い

森見登美彦とか住野よるとかの作品の方が断然楽しめる

もっと頑張れよ、太宰だの芥川だの

何が文豪だ笑わせんな

本を読んでればインテリぶれた時代教養ある振りをする為に愚民がこぞって買ってただけのゴミ作品

残念でした

2017-07-12

https://anond.hatelabo.jp/20170712100945

ほぼ完全にオリキャラナマモノ同人なんて珍しくもないと思うけど

いや妄想している本人には本気でそう見えているのかもしれないが

それは文豪でも同じ事では

文豪萌えの人にとっては、実物の写真萌え絵が同じように見えているのかもしれん

https://anond.hatelabo.jp/20170712100456

その辺は根底の本人に萌えて、そのうえで妄想をのっけてるからまだ解るけども、文豪擬人化根底からほぼ完全にオリキャラやん

髪型とか容姿とか性格とか似せようって意思ゼロに見えるし

その辺がわからんのよ

文豪擬人化って

文豪って皆さん写真が残ってるやん、思想とか人生もよくわかるし太宰とか森鴎外みたいに何人も殺してるクラスもおるくらい人間の屑も多いやん。

どうやって萌えるんや。

いつぞやバリバリ共産党員蟹工船やらなんやらで度々逮捕されて最後特高警察拷問されて死んだ小林多喜二を捕まえて、私達の小林アカが利用するなーとか小林ファン達が騒いでたやん。

実在の人の思想まで捩曲げるのはフェミで有名な女性達を男に従順エロ美少女にするようなもんでは、どこが萌え所なのか意味がわからない。

2017-07-05

https://anond.hatelabo.jp/20170705132827

「2,3人で作れば面白い話ができる!」にはさすがに失笑

それが本当なら小説家漫画家もみんな2,3人組だろうよ

作りたくてつまらない話を作ってるわけがないし

やっぱり面白い話を作るのはそれだけ難しいんだろうなー

からこそ一部の特別な人が文豪や一流漫画家として名を残したわけで

才能と時運が重なってこそ実現できるんやろな

2017-06-08

「文スト」が作り出された偽ブームだということが証明されてしまった

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170606/k10011008731000.html

本当に流行ってたらこういう余波が出るはずなんだよね。

まあ、当時からおかしいとは思ってたけど。周りで「文スト」読んでるやつ居ないし。

無理やりアニメにしてまで盛り上げようとしたけど、結局本当のブームには至れなかったんだねぇ。

京極夏彦やらまで引っ張り出してさぁ。ほんと酷かったね。

ま、次ステマするときはこういうところまで考慮に入れておけよ。

個人的には「泉鏡花」が女になってたのに笑ったけど、文スト。名前作品イメージ以外別物なんじゃないかこれ?

自分文豪だと思いこんでる精神異常者連中のお話

2017-05-06

文豪アルケミストが今人気らしい

なんか似たようなタイトルあったなーとは思ったけど全然別物だった。意識高い系増田なら知ってるか。

2017-04-21

近代の人の擬人化はいかがなもんか

人じゃなくてヘタリア萌えてる腐が原爆萌え地震日本セックスしてるからーと言ってた頃から近い時代の人死にに萌えるはいかがなもんかと思っていたのだけど

文豪擬人化萌えてる女達が小林 多喜二が赤旗に紹介されたとかで発狂して赤に利用されて私達の小林が汚された私達の小林共産党関係ないのにだの騒いでいるのを見て何かめっちゃ思った

プロレタリア文学作家小林として出してるなら無関係じゃないし、作家本人は日本共産党に入って特高警察に捕まって拷問の末殺された人なのに、美形にされ共産党を嫌う腐達のズリネタにされてるのは何か哀れだ

元ネタ関係ないと言って敬意を払うつもりはないなら、せめて近代の人くらい擬人化するのはやめとこうやと思った

2017-04-06

http://anond.hatelabo.jp/20170406230230

絶版にしてあげたら

筒井康隆絶対喜ぶよね

俺も文豪の仲間入りだとか言ってw

俺が持っている本が高く売れて助かるとか言いそう

2017-03-20

文豪なんとかとかの騒動

死人に口なし

2017-01-16

『THE OA』って海外ドラマが神だった。

ネットフリックスっていう課金制の映画視聴サイトがあるんだけど。

そこで視れるんだけど。

かなり面白かった。

  

俺は子供のころは文学にかぶれてたんだけど。

医者さんになってみると、「精神病」ってのを疾患として理解できてしまって、

私小説とか、メンヘラ的な小説への感慨みたいなのが一気にそがれてしまっていた。

  

文豪神経症を見ても、「この時代は薬がなかったからねー」とか、「あ~これは典型的貧困妄想ですねー」とか。

パターンとしてしか見れなくなっていた。

そりゃ、書かれた時代は治らない病気から問題だけど。

現代では、治るっていうか、超絶重い状態精神病ってのが滅茶苦茶レアになってしまった。

  

で、そういうのをもう一度手に入れさせてくれたわ。

主人公精神病設定なんだけど。

「本当に精神病なのか?」という疑いを持てるぐらい説得力があるんだよね話に。

ストーリー展開も神がかっていて。『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』的に2つの話が行ったり来たりして、最終的につながるっていう。

更に素晴らしいのが、登場人物たちの人間性やどうしようもなさが伝わってくる。

  

まあドラマ自体のできがすごいってのはあるんだけど。

文学的意味合いとして、「臨死体験精神病を繋いだ」というのがうまいと思った。

現代では宗教的オカルト的なものは一笑にふされちゃうんだけど。

臨死体験は確かにオカルトとしても異質。

実際に臨死体験を経て超絶能力得てるとかあるから、謎な部分とかは確かにあるんだよね。

ここを結び付けてきたのがうまい

精神病奇跡だの神秘だのでごまかさずに書いてたり、周りの人の空気感ごまかさずに書いているのに。

それなのに、奇跡を書けるってのがすごい。

  

物語のしめかたも上手すぎてびっくりした。

完成度が異常に高い作品だった。

2017-01-04

デリヘル呼んだら人生変わった。

ムチャクチャ美人が来た。19歳と。

本人は中の下というが、「広瀬すずに似てるって言われる」という。

広瀬すずに似ている中の下なんて居ないことはわかると思う。

AKBほとんど知らないが、見てみたら、乃木坂衛藤美彩って人に似てた。似てたというか、顔面偏差値このくらい。

本人は、スクールカースト底辺で、教室の隅っこに居る、アニオタという。

で、でた~女特有自分卑下しつつ承認欲奴~wwwwwwwwwwwwwwwとか思ってた。

ムチャクチャ美人が来た。

  

俺は、非リアな「いない歴=年齢」なもんで、美人というと、「ドキュンの肉便器」「金持ちイケメン相手してる」すぐそう考えていた。

ネットの女叩きの影響ね。

結論からいうと、メッチャ心がキレイな子だったんだけど。

  

クッソ美人が、丁寧にフェラをする。俺は勝手に盛り上がる。

就職は、孤児ママになるんだと。

6年くらい彼氏いなくて、マッタクモテない。1年前にできた彼氏には振られた。1年前の彼氏までは処女だった。

学費のために風俗やってる。

  

絶対嘘だと思った。この美人がどうやって男に言い寄られないんだよ。

男を拒否ってるだけだろ?と思った。

違うという。

  

俺は、もうかなり衝撃的だった。嘘だ嘘だ。

アナルを舐めさせた。アッサリ舐める

こんな不細工アナル舐められる調子に乗った女がいるか

嘘でしょ。

  

杉原千畝の話をする。

ユダヤ人が大虐殺されて殺されそうになった場面で、自分の命が危険になるのをわかってて、ユダヤ人を救うためにビザを発行しまくった人だ。

俺は、そういう風に、心がきれいな人でありたいと言った。

すると、その子は、私もそう思うと言った。

これだ。ママ

最近そういうの流行ってるね」

「ああ、バブミでしょ」

オタクアピールはマジだったっぽいな。

  

嘘だろって思った。

うそでしょ。

こんな美人が、嘘でしょ。

  

俺は、ついつい言ってしまった。

ドストエフスキーの、ソーニャみたいだ」

ソーニャというのは『罪と罰』って小説に出てくる、心がきれいな娼婦

なぜ、ドストエフスキーみたいな大文豪が、風俗嬢が心がキレイみたいな嘘を書くんだろうと不思議だったが。

風俗嬢聖書読ませるっていう感じのストーリーなんだけどさ、そんな聞こえがいいだけのものドストエフスキー採用するなんて絶対おかしいと思ってたんだけど。

本当にいたんだ。

  

と、同時に。

俺が今まで偏見の目で見ていた人たちは、心がきれいな人たちもいたんだろうなと思った。

偏見から、ひどい態度をとってしまったんじゃないかと後悔した。

  

ネットでイキってるクソフェミ女や、専業主婦は辛いアピール女はどーみても性格が悪いのがツイッターで丸わかりだった。

がるちゃんも屑方向にだいたい議論が流れるから、そういうもんだと思ってた。

  

いやさ、もっといろいろあるんだけどさ。エピソードは。

いやしかし、ショックだったんだよ。

こんな可愛い娘が、心が屑じゃないとか、嘘でしょって。

  

世界が、嘘ばかりの何もない世界じゃなかったんだ。

マトモな心の人が、本当にいるんだ。俺だけじゃなかったんだ。

そう思った。

  

俺の世界が完全に変わった。

2017-01-02

http://anond.hatelabo.jp/20170102201612

文豪の方は勿体ないってよく言われてるよね。

ファンの層もよくわからない。

歴史上の人物とか有名な話の登場人物擬人化が嫌い

最遊記とか文豪ストレイドッグスとか有名な登場人物とか実在した人物擬人化する話を読むたびにモヤっとする。

他にもたくさん似たような話はあるけど、この二つが特に一番ひどい。

両方とも作者がしゃしゃり出てて、「うちの三蔵が~」とか「やっぱりうちのナンバーワン人気は作之助ですね」みたいなことドヤ顔で言ってる。

おめえのじゃねえだろってつっこみ入れたくなる。

いっそのこと本物の西遊記をすごく面白く下敷きにした作品や、文豪モデルにしたもっと面白い作品が出てきてくれてこいつらが発狂してくれてばって思う。

2016-12-25

2017年に来るかもしれないコンテンツ

歴史上の人物やら文豪やらを勝手イケメン美少女に変換する人間擬人化コンテンツの最新版として、歴史上の殺人鬼美少女擬人化

ジョン・ウェイン・ゲイシージェフリー・ダーマーテッドバンディ、アルバートフィッシュなどなど。

発表と同時に不謹慎すぎるとして停止処分を食らうが、そのためむしろ世間的注目を浴びることとなる。

2016-12-15

一般家庭から高学歴の世界に入ると感じるズレ

タイトルの通りなんだけど。

今まで「周りが低学歴高学歴の世界に入ると圧倒的な差にがく然とする」

みたいな話をよく見てきた。

私の場合は少し違うと思う、みんなが書いてるような底辺環境では生きてない。

両親は高卒で親戚も大学行ってない人がほとんどだけど、底辺ではない。両親はちゃんと私も妹も大学に行かせてくれたし、よく書かれてる親戚のすさまじいDQNみたいなのは一人もいない。

大学なんて行けるなら行ったほうがいいに決まってる、どうしても行かないなら専門的な資格取って手堅い職につけ。

みたいな。

中学高校も割と恵まれてて、窓ガラス割れてるみたいなことは全然なかったし、周りの80%ぐらいはちゃんと大学行くとか専門行くとか進路を考えてた。

多分このぐらいのレベルの家庭が多いんじゃないかと思うんだけど、どうなんだろ。

ただ私が周りと少し違かったのは、私一人だけ、高学歴って呼ばれる世界に飛び込んだ。

みんなそれなりの大学には行ってるけど、高学歴ではなくて、名前は知ってる、聞いたことあるとかの大学で。

今思ってもあの大学に入れたのは本当に奇跡しか言いようがない。

前置き長くてごめんね、こっからが書きたいこと。

でね。

入ってみたらまあ、こんな異次元世界あんのかと本当に思った。

まず生まれが違う。

当たり前のように中高私立に行ってた人間ごろごろいる。小学校からもそこそこいる。

小学校のころに中学受験してた子は学年に数人いたけど、私としては縁遠い話だったし、なあん中学から違うとこ行くんだろ、皆んなと同じところの方がいいじゃん。

ぐらいに思ってた程度だったから、そのなんていうかな...なんの疑問も持たずに中学受験してエスカレーター高校行ってっていうのに驚いた。

そういう子達の話聞くと笑えるよ。

フランス語高校でやったから、大学では違う言語やりたくて〜〜。

かいう会話が当然のように成り立ってんの。

!?って、ここここ高校おフランス!?とか思ったのは私だけだったみたい、笑える。

クレヨンしんちゃん観せてもらえなかったとか聞いたときは本当に笑った。そんな世界実在すんのって。

あと読んでる本が違う。

私も読書は嫌いじゃない方だったし、本?読むの好きだよ〜って答えてたんだけど、大学行って読書趣味って言えなくなった。

日本のザ・文豪って人の本は一通り読んでる。その上で海外文豪作品も読んで、おまけに哲学書まで嗜んでる。

会話、ついていけるわけなかった。

なんか自分が今まで生きてきた世界ってなんなんだろう...ってなった。

でもね、ここのズレはまだいいんだ。

やっぱり自分よりすごい人に合うのは楽しかったし、大変だったけど良い経験にもなった。

これ会ったことのある人なら分かると思うんだけど、本当に頭のいい人間、本当に質の高い教育を受けてきた人間って嫌味が全然ないんだよね。

妙なプライドかいやらしい謙遜とか持ち合わせてないから、素直に喋ってくれる。

そゆ意味ではある意味高学歴の世界の方が楽だった。

1番きついのが、今まで一緒に生きてきた人とのズレ。

昔仲良くしてた子は、大学名もちんぷんかんぷんで、有名な名前は知ってるけど各々の順位なんてわからん〜〜

って子だった。それならいいのよ、全然。こっちも気にせず何でも話せる。あっちも気にせず何でも話してくれる。

そうじゃなくて、

それなりの教育を受けた、それなりのところにも行けたっていう人間。平々凡々な家から一人だけなんか良いところ行ったぞ、っていう家族・親戚。

この人達が正直1番しんどかった。

簡単に言うとね、背伸びするの。私は今まで通り話したいのに、構えるんだよね。

多分ド底辺みたいなところから出てきた人と、そこまでじゃない、一般家庭から出てきた人間高学歴の世界に飛び込んで感じるズレで1番違うのはここなんじゃないかな、と思う。

なんかいきなり政治の話とかされる。

親戚と会った時、おまえ、この前の〇〇についてどう思うとか、芥川賞を読んだかとか、情勢について話される。

大学入る前は1度もそんなこと話そうとしなかった人が、よ。でも彼らが聞きたい言葉もなんとなく分かる。

教授がこのまえこう言ってたんだけどね〜」って話すと、へええって、俺には難しくて分からん、って言ってくる。

この一連の流れをやりたいんだと思う。

働いてるときとか、友達にあってる時とかもそう。昔とは明らかに態度が違う。

「俺高学歴ってだけで嫌いなんだよね」って言われたこともある。

そんなの、私にどうしろと...って思ったけど。

会話の端々にプライドを感じる。

今まで通りに話せないのかなあ、と思うことはいっぱいあった。

ここのズレを意識してたらキリないんだろうけどね。

どちらの世界にも所属できないような気分になった、なんとなくね。

適当に書いてたのにすごい長くなっちゃった

最後まで読んでくれた人本当にありがとう、もう時間から行くけど。

またどこかで会えたら。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん