「寒川」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 寒川とは

2019-07-22

神奈川県自治体 投票率ランキング

http://www.pref.kanagawa.jp/sys/senkan/sokuhou/index.html

投票率投票者数でランキングにしてみたよ。

 

投票率ランキング

1位 山北町 59.24

2位 真鶴町 55.98

3位 清川村 55.95

4位 鎌倉市 54.29

5位 逗子市 54.05

6位 川崎市麻生区 53.86

7位 横浜市金沢区 53.48

8位 横浜市栄区 52.84

9位 松田町 52.74

10葉山町 52.66

11開成町 52.65

12横浜市青葉区 51.92

13位 二宮町 51.62

14位 海老名市 51.54

15位 横浜市港南区 51.44

16位 川崎市中原区 51.31

17横浜市泉区 51.04

18位 相模原市南区 50.85

19位 横浜市戸塚区 50.79

20川崎市幸区 50.16

21位 横浜市 旭区 49.93

22位 川崎市多摩区 49.92

23中井町 49.77

24横浜市港北区 49.75

25位 南足柄市 49.7

26位 横浜市緑区 49.55

27位 横浜市磯子区 49.54

28横浜市保土ケ谷区 49.46

29位 横浜市都筑区 49.45

30位 川崎市宮前区 49.32

31大磯町 49.12

32位 相模原市緑区 48.9

33横浜市西区 48.71

34位 川崎市高津区 48.49

35位 伊勢原市 48.47

36位 湯河原町 48.33

37位 横浜市瀬谷区 48.23

38位 秦野市 47.88

39位 茅ヶ崎市 47.87

40位 大井町 47.67

41位 横浜市神奈川区 47.52

42位 横浜市南区 47.5

43位 箱根町 47.28

44位 藤沢市 47.08

45位 相模原市中央区 47

46位 小田原市 46.77

47位 横浜市鶴見区 46.58

48位 横須賀市 46.54

49位 座間市 46.09

50位 横浜市中区 45.93

51位 綾瀬市 45.64

52位 大和市 45.63

53位 平塚市 44.42

54位 寒川町 44.2

55位 川崎市川崎区 43.85

56位 愛川町 43.09

57位 三浦市 42.11

58位 厚木市 41.98

 

投票者ランキング

1位 藤沢市 169,579

2位 横須賀市 159,670

3位 横浜市港北区 144,133

4位 横浜市青葉区 132,715

5位 横浜市戸塚区 118,258

6位 相模原市南区 117,853

7位 横浜市鶴見区 110,899

8位 川崎市中原区 108,676

9位 相模原市中央区 105,718

10横浜市 旭区 104,582

11茅ヶ崎市 97,288

12平塚市 95,660

13位 横浜市神奈川区 95,028

14位 横浜市港南区 94,084

15位 川崎市宮前区 93,690

16位 川崎市高津区 91,645

17横浜市金沢区 90,183

18位 大和市 89,623

19位 川崎市多摩区 88,814

20横浜市保土ケ谷区 85,030

21位 横浜市都筑区 83,559

22位 川崎市川崎区 82,629

23鎌倉市 81,656

24川崎市麻生区 79,013

25位 横浜市南区 78,986

26位 厚木市 77,937

27位 小田原市 75,826

28横浜市緑区 73,778

29位 相模原市緑区 69,953

30位 横浜市磯子区 69,455

31川崎市幸区 69,392

32位 横浜市泉区 65,557

33秦野市 64,792

34位 海老名市 56,661

35位 横浜市栄区 54,204

36位 横浜市中区 54,094

37位 座間市 50,659

38位 横浜市瀬谷区 49,862

39位 横浜市西区 41,190

40位 伊勢原市 40,614

41位 綾瀬市 31,128

42位 逗子市 27,348

43位 南足柄市 17,898

44位 寒川町 17,762

45位 三浦市 16,151

46位 葉山町 14,577

47位 愛川町 14,110

48位 大磯町 13,848

49位 二宮町 12,814

50位 湯河原町 10,718

51位 開成町 7,608

52位 大井町 6,885

53位 山北町 5,345

54位 松田町 5,137

55位 箱根町 4,758

56位 中井町 3,962

57位 真鶴町 3,680

58位 清川村 1,429

 

田舎投票率が高い傾向にあるけど、愛川、三浦寒川田舎の割に低いな。

川崎市北高南低傾向が露骨で笑える。23通勤可能エリアにおいては所得が高いエリア投票率が高い。

2018-08-19

元号出典一覧

元号出典備考
大化書経』(『尚書』)大誥、『漢書』巻56、『宋書』巻20 
白雉漢書』巻12帝紀 
朱鳥礼記』曲礼 
大宝易経』繋辞下 
慶雲文選』巻6、『晋書』巻54陸雲伝 
和銅和銅(ニギアカガネ)が朝廷に献上されたことにより改元
霊亀瑞亀献上により改元
養老養老の滝命名に因んで改元
神亀白亀出現の瑞祥により改元
天平天王貴平知百年」の文字を背に負った瑞亀の献上により改元
天平感宝陸奥から黄金献上により改元
天平勝宝孝謙天皇即位により改元
天平宝字蚕が「五月八日開下帝釋標知天皇命百年息」の文字を成したことにより改元
天平神護藤原仲麻呂の乱神霊の護りによって平定したことによる
神護景雲瑞雲の発現により改元
宝亀瑞亀献上により改元
天応伊勢斎宮に現れた美雲の瑞祥により改元
延暦後漢書 五十二巻 
大同礼記』礼運篇 
弘仁 
天長 
承和 
嘉祥豊後国大分郡寒川現在大分川)で捕獲された白亀が献上されたことを大瑞として改元
仁寿白亀・甘露の瑞祥による改元
斉衡石見国から醴泉の瑞を献上された事による改元
天安美作国常陸国両国より白鹿、連理の樹が献上された祥瑞による改元
貞観易経 
元慶白雉・白鹿献上の瑞祥による改元
仁和 
寛平 
昌泰 
延喜尚書』旋璣鈐 
延長文選東都賦、白雉詩 
承平漢書 
天慶漢書 
天暦論語 
天徳周易 
応和「董巴議」 
康保書経 
安和礼記』楽記第19 
天禄 
天延天変、地震による改元
貞元火災地震による改元
天元災変、陽五厄による改元
永観書経』洛誥 
寛和 
永延漢書』巻75翼李伝 
永祚『晋書』巻21礼志 
正暦大風、天変による改元
長徳揚雄の『城門校尉箴』 
長保国語』(周語中) 
寛弘漢書」(元帝紀賛) 
長和礼記』(冠義) 
寛仁『会稽記』 
治安前漢書』 
万寿詩経 
長元六韜 
長暦春秋』または『晋書』 
長久老子』(七章) 
寛徳後漢書』(杜林伝) 
永承書経 
天喜『抱朴子』 
康平後漢書 
治暦尚書正義 
延久書経』または『尚書‐注』 
承保尚書 
承暦「維城典訓」 
永保尚書 
応徳白虎通」 
寛治礼記 
嘉保史記 
永長後漢書』巻1光武帝 
承徳周易 
康和崔寔『政論』 
長治漢書 
嘉承漢書』礼楽志 
天仁文選 
天永尚書 
永久詩経』?
元永天変、疾疫による改元
保安天変、厄運による改元
天治『易緯』 
大治『河図挺佐輔』 
天承漢書 
長承史記 
保延文選卷十一·魯靈光殿賦并序』 
永治『魏文典論』『晋書』武帝 
康治宋書 
天養後漢書 
久安『晋書』劉頌伝 
仁平後漢書』孔奮伝 
久寿『抱朴子』 
保元『顔氏家訓』文章 
平治史記』夏本紀 
永暦後漢書』辺譲伝、『続漢書』律暦志 
応保尚書 
長寛『維城典訓』 
永万漢書』巻64王褒伝 
仁安毛詩正義 
嘉応漢書』王褒伝 
承安尚書 
安元漢書 
治承「河図挺作輔」 
養和後漢書 
寿永詩経 
元暦尚書考霊耀」 
文治礼記祭法 
建久『晋書』『呉書』 
正治荘子‐漁父」 
建仁文選卷四十七・聖主得賢臣頌』 
元久毛詩正義 
建永文選』卷四十二・曹子建與楊德祖書 
承元「通典」 
建暦後漢書 
建保尚書 
承久「詩緯」 
貞応易経 
元仁周易 
嘉禄「博物志」 
安貞周易』上経坤 
寛喜「後魏書」 
貞永易経」(坤卦) 
天福書経」(湯誥) 
文暦文選卷四十六・顔延年三月三日曲水詩序』 
嘉禎北斉書」 
暦仁「隋書」(音楽志下) 
延応文選卷二十四・潘安仁為賈謐作贈陸機』 
仁治新唐書 
寛元宋書 
宝治春秋繁露-通国身」 
建長後漢書 
康元赤斑瘡による改元とみられている
正嘉芸文類聚-歳時中・元正 
正元「詩緯」 
文応「晋書‐劉毅伝」 
弘長貞観政要‐封建」 
文永後漢書‐荀悦伝」 
建治周礼 
弘安「太宗実録」 
正応伏見天皇即位による改元
永仁『晋書』巻22楽志 
正安孔子家語』 
乾元周易 
嘉元芸文類聚天部 
徳治『左伝』 
延慶後漢書』馬武伝 
応長旧唐書礼儀 
正和「唐記」 
文保梁書 
元応唐書 
元亨周易 
正中易経 
嘉暦唐書 
元徳周易 
元弘芸文類聚天部 
正慶光厳天皇即位による改元
建武文選』?
延元梁書 
興国春秋左氏伝』昭公四年伝、『新五代史』伶官伝序 
正平天変や兵革による改元
建徳文選 
文中易経』彖伝上?
天授史記』淮陰侯列伝
弘和書経』君牙篇?
元中易経』彖伝上?
暦応帝王代記』 
康永漢書 
貞和芸文類聚 
観応荘子 
文和旧唐書』順宗紀、『三国志』呉志孫権 
延文漢書』儒林伝 
康安史記正義』と『唐紀』 
貞治周易 
応安毛詩正義大雅江漢 
永和尚書』舜典と『芸文類聚』巻8 
康暦唐書 
永徳『群書治要』巻17
至徳『孝経』 
嘉慶毛詩正義 
康応文選曹植七啓 
明徳礼記 
応永『会要』 
正長礼記正義 
永享後漢書 
嘉吉周易 
文安『晋書』 
宝徳旧唐書 
享徳尚書 
康正史記』と『尚書 
長禄韓非子 
寛正孔子家語』 
文正荀子 
応仁『維城典訓』 
文明周易 
長享文選 
延徳孟子 
明応周易 
文亀『爾雅』釈魚 
永正周易緯』 
大永杜氏通典』 
享禄周易 
天文易経 
弘治北斉書』 
永禄『群書治要』巻26 
元亀毛詩』と『文選 
天正文選』と『老子 
文禄杜佑『通典職官十七』 
慶長毛詩注疏』 
元和徳川家康の命により、唐の憲宗の年号を用いた
寛永毛詩朱氏注』 
正保尚書正義 
慶安周易 
承応『晋書』律暦志 
明暦漢書』律暦志と『後漢書 
万治史記』と『貞観政要』 
寛文荀子』致士篇 
延宝『隋書』音楽 
天和尚書』、『前漢書』、『後漢書』、『荘子 
貞享周易 
元禄文選 
宝永旧唐書 
正徳尚書正義 
享保後周書』 
元文文選 
寛保国語』周語 
延享芸文類聚 
寛延文選 
宝暦貞観政要』 
明和尚書 
安永文選』巻一 
天明尚書 
寛政『左伝』 
享和文選』ら 
文化周易』賁卦彖伝、『後漢書』荀淑伝
文政尚書』舜典 
天保尚書 
弘化菅原為定の漢文 
嘉永宋書』楽志 
安政内裏炎上地震安政の大地震)、黒船来航などの災異による改元
万延後漢書』馬融伝 
文久後漢書』謝該伝 
元治周易 
慶応文選 
明治易経 
大正易経』彖伝・臨卦 
昭和書経堯典 
平成史記五帝本紀、『書経(偽古文尚書)』大禹謨 

※すべてWikipediaから

 

調査を通じて学んだこと

※代始改元はかつては非礼とされていた

https://kotobank.jp/word/%E4%BB%A3%E5%A7%8B%E6%94%B9%E5%85%83-1359409

代始改元は,(中略)平安時代から806年平城天皇大同改元場合を除き,皇位継承の年に先帝の年号を改めるのは非礼であるとしてこれを避け,翌年に改元するのを原則とするようになった。

南朝元号の出典、勧申者がのきなみ不明になってる。焚書にあった?それとも元号を考えられる教養のある人がいなくて適当につけただけだったりする?

日本古典出典の元号過去に一件のみ存在する(弘化

元号って漢籍から適当に二文字抜き出しているように見える。「百姓昭明、協和萬邦」から明和昭和の2つの元号が作られているし。なんか規則あるんだろうか?

2015-08-26

寒川 綾奈

寒川綾奈最近気になる。元々はSilent Sirenサイレントサイレン)は、日本ガールズバンドだったらしい。

寒川綾奈(そうがわ あやな、2010年 - 2012年7月31日) - シンセサイザーキーボード担当

1988年10月20日まれ和歌山県出身A型身長:167cm。

愛称は「やな」。

けっこうな学歴があるのがビックリしました。青山学院らしい!

注目、寒川さんでした。

寒川寒い

私が住んでいる神奈川寒川今日寒い寒川にある寒川神社にもお参りしてきました!もう夏も終わりかな

2015-02-13

[]

寒川は、神奈川県中央部にある相模国一の宮 寒川神社門前町で知られる高座郡の町である2013年7月1日現在茨城県阿見町に次いで関東地方で2番目に人口が多い。寒川ときくとそんなに人が住んでいないイメージがあったのに、2番目に人口は多いのは驚いた。一度、寒川といえば有名な寒川神社に八方除けをしにいったな。寒川はいい街

2013-07-02

そもそも湘南田舎だよね

http://anond.hatelabo.jp/20130701115041

湘南に住んでいるらしいけど、湘南のどこなんだろうね。

藤沢茅ヶ崎寒川のどこかだとは考えられるけど、

東京どころか横浜からも切り離されてるよね。

鎌倉はまだマシだけど、鎌倉の人って湘南とは言わないか関係ないし、

それ以外は論外だよね。

2010-05-04

16歳で初めて東京へ遊学、初め漢学を次に哲学を志して遂に大学予備門に入学、東京帝国大学では国文科に入り、二ヵ年の修行病気のために退学した。居士は大学で修める学科が居士の志す所と没交渉のものが多いからというのを退学の一理由としているけれども、勿論病気ということもその退学原因の重大なものであった。

退学が病気に因る如く、居士の事業また病気によるものが多い。その俳句研究を始めたのは喀血後明治21、2年頃からである。 「俳句研究せねば、足利以来の日本文学とその思想は到底鮮明することは出来ない」 とは、その頃居士が他に語る口癖であったが、斯く考えることもまた病身ということが手伝って力あるものである。そうして24歳より俳句復興革新に志し僅々5年29歳の頃には略ぼその大業を成就するに近くなったのである。

次に30歳頃から和歌革新を思い立ち、「紀貫之は下手な歌よみにて古今集はくだらぬ歌集に有之候」という当時としては歌壇の反逆児としか思えない畏る可く宣戦の言葉を放って健闘すること3年有余、その34歳の頃には既に速くも歌壇一千年の永き惰眠を覚醒し、写生趣味による真実味と自然味とを和歌に注入して以て殿上文学たる和歌を地下の書生学徒の手に移したのであった。

次で文章の革新をも思い立ち、写生趣味を加えた言文一致の文を発表し、真実自然のままに叙写するのでなければ、到底永遠生命ある文章を得べからざることを称道し、所謂写生文なる一派の文を興すに至ったのが、明治32年頃からその晩年たる35年頃までの活動により成就せられたのであった。漱石の猫が生まれたのもまた実に子規居士の造った揺籃に於てしたのである。

かような明治文学史上に最大の意義ある事業を為す傍ら、明治24年頃から、俳句の分類だの、俳家全集などの編著にも精力を注がれた。

20歳喀血し、30歳脊髄を冒されて、腰は全く立たず、カリエスは開口して漏膿し、痛苦を伴った。30歳の頃以後は年百年中37度ないし39度くらいの体温を干満した。生まれて虚弱、13歳より5、6年僅かに小康を得、そうして盛年常に病魔に冒されて以て一生を終わった。居士は畢竟病を以て終始したものである。そうして享年僅かに36歳、明治35年9月19日示寂せられたのである。

寒川鼠骨「子規居士小伝」より

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん