「イースト」を含む日記 RSS

はてなキーワード: イーストとは

2017-10-29

travel note

9/25-9/29、夏季休暇を取得し、憧れの国ドイツ旅行してきました。

前夜。

トランジットのため成田から北京国際空港へ。海外で初めて口にした食べ物ピザハットピザ政治的事情から各SNSにはアクセスできず、乗り継ぎまで人生の貴重な8時間出国せず空港内で過ごしました。

中国国際航空を利用しました。何故か機内モードでも電子端末は一切電源を消すよう命じられたため、退屈な機内でした。本を読んでは眠くなるため機内ではほぼ寝てました。また機内食はお粗末なもので、一緒に出されるパンフルーツの方がずっと美味しく感じました。

9/25

フランクフルト国際空港着💢やはりメルケル氏が当選していました。

新秋のドイツは気温10~15度と寒いので、空港から降りてきた薄着の漢民族は凍えていたようです。

ドイツ鉄道が発行している「ジャーマンレイルパス」を事前に購入していたので、ヴァリデーションを済ませフランクフルトからベルリンへ移動。しかしながら自由席指定席もほぼ満席状態で、後から乗った私は車内で立ち往生してしまうことに。ベルリンまでの移動時間はおよそ4時間半。全日一等席に乗れる権利を有していたのに惨めな旅だと思っていたら検札に来ていた乗務員が空いている自由席を見つけてくれ、さらに隣に座っていたウルリッヒミューエ似のおっさんスーツケースを上の棚に入れるのを手伝ってくれました。この時感謝気持ちを述べた言葉ドイツに来て初めて使用したドイツ語でした。

ベルリン

インターシティホテルベルリンにチェック。このホテルは2日間滞在していた。一人で予約しているのに何故か掛け布団が二つあったのが気に障りましたが快適に過ごせました。いかんせん成田搭乗から今まで風呂に入る機会が無かったので、ガラス張りのシャワー室でシャワーを浴びる。

行ったところ。

ブランデンブルク門。言うまでもなく、ベルリンの壁象徴する建造物。これを見るためにドイツに来たと言っても過言ではないくらい見たかったもの。なお、この日から8日後に東西統一27周年を迎えました。東西融合を祝して、記念に橋を架けました。興味深かったのが、門周辺はイギリスフランス等各国の大使館がひしめき合っていて、門の直ぐわきにアメリカ大使館では警備員が厳めしく立っていたました。そして、『舞姫』で豊太郎が闊歩したウンター・デン・リンデン通り沿いを100m程歩くと今度はロシア大使館が見えてくるのですが、アメリカ大使館の2倍の敷地で厳重な警備と邸宅さながらの荘厳さがありました。当時ソ連東ベルリン統治する上で、東側諸国リーダーたる威信を発揮しようとしていたかがうかがえますね。

次。DDR Museumという旧東ドイツ博物館。じっくりねっとり展示品を舐め回すように見ながら1時間半くらい経ったところで閉館のアナウンスが。まだ全部見終わってないんですが。

アレクサンダー広場ベルリンテレビ塔、に行く前に広場周辺でカリーヴルストを夕食。正直ケチャップは苦手なのですが、これはケチャップと合いますねぇ!!!!これだけでお腹一杯になってしまいました。

テレビ塔。夜景を期待してわざわざ22時に入場したのですが、ちょっと想像と違っていましたね。

2日目。朝から特急に乗ってチェコに行こうとしたのですが寝過ごしました。ただ、片道の移動時間がこれまた5時間も掛かるので仮に朝一の列車に乗っても、宿泊の都合上、日帰りで帰るとなるとろくに滞在できず一日を列車で過ごしかねないスケジュールでもあったので、正直フイにして後悔はしませんでした。

テレビを点けたらチャンピオンズリーグバイエルンアンデルレヒト試合が中継されていました。2-0でバイエルンが快勝していて流石FCバイエルンでした。

昼。電車に乗ってシュタージ博物館へ。これも東ドイツ関係。『善き人のためのソナタ』にも出てきた建物写真ネクタイは、よく見ると小さな穴が開いていて、この穴を通してカメラ反体制派の行動を盗撮していたというのですから恐ろしい。

夕方オーバーバウム橋からシュプレー川沿いの「イースト・サイド・ギャラリー」を見学。これも東ドイツ時代遺産写真男性二人(ブレジネフとホーネッカー)が交わしているアツいキスは決して男色を表しているのではなく、共産圏における挨拶の一つだという…。その後はポツダムに移動しサンスーシ宮殿見学するつもりでいましたが、気付いたら閉園時間が近付いていたため断念。片道1時間電車を引き返すことに。

夜。ポツダムプラッツレストランで夕食。ベルリンピルスナーを堪能。ドイツビールは飲めるけど、日本ビールは何であんな苦くて不味いんでしょうか。クネーデルズッペ。ブイヨンベースに牛レバーの肉団子というシンプルスープ料理なのですが、これが非常に美味しかったです。スープ料理で初めて感激しました。最後ベルリン名物アイスバイン塩漬け豚肉を茹でたもので美味しかったのですが、ボリュームに屈し食べきれずギブアップ。すいませんでした。

帰路。連邦議事堂。丁度議会選挙の直後だったのか館内見学の予約が取れず外から見学

ホテル内。ビールを飲みながらテレビドルトムントレアルマドリード試合を観戦。やはりピルスナーは飲みやすい!それでいて1.03ユーロ(約137円)という驚きの安さ。なお試合は3-1でレアルドルトムントボコボコにしてました。

3日目。6時にチェックアウトを済ませ、西方シュトゥットガルトへ。メルセデス・ベンツミュージアム見学しに。ルイス・ハミルトンは好きじゃないですが、メルセデス・ベンツは好きです。前からSLS AMGやAMG GTのロングノーズのボディが気に入らなかったのですが、300SL等歴代の車種を見ていくにつれてこのノーズが力強さが感じられるようになり好きになりました。あと、AMG GTって写真で見るより意外と車体が小さかったです。

博物館を後にし、ケルンへ移動。2時間程移動してケルンホテルマテルヌスハウスチェックイン。受付は愛想が良く好感を持てましたが、部屋がツインダブルベットで虚しさがこみ上げてきました。加えて、もともとコンベンションホールホテルにした作りなのか、浴室の作りが人工的でこれまたムードダウン。

ケルン大聖堂。二つのアーチがそびえるゴシック様式ローマ・カトリック教会ブランデンブルク門と並んで見たかったものその2。駅からライン川を渡った先が撮影ポイントで、道行く外国人スリの恐怖に怯えながら100枚くらい写真を撮っていました。

夕食。『地球の歩き方』にも掲載されている有名店なレストラン。ここではケルシュという地ビールを堪能。フルーティーな味わいで飲みやすいけど、水だと揶揄されてもいいくらい苦味が薄く刺激が弱い。でもボクは好き。

4日目。最終日。朝食はフルーツポンチばかり食べてました。ゆっくりしてからチェックアウトを済まし、フランクフルトへ。

フランクフルト証券取引所。入口前に雄牛と熊の銅像ブルベア。DAXは8月以降ずっとブルってやがる!館内ツアーガイドドイツ語で何を言ってるかさっぱり判らなかったです。取引所を後にし、しばらくフランクフルト金融街を闊歩してからフランクフルト国際空港へ。ドイツ旅行はこれにて終わり。

魔の5日目。トランジット北京行の便がまさかの遅延で予定の日本行の便に乗れず。後にトランジットカウンターに行って出発便を振り替えればよいとわかったのですが、何せ初めての事態でかなりアプセット。何とか便を振り替えてもらいましたが、中国人の話す英語が判らず聞き取るのにかなり苦労しました。

19時頃羽田空港着。成田じゃなくてよかったです。ここでクイズ東京に着いて一番最初に食べたものは?そうですね、ラーメンですね。

初めて一人で行く海外旅行でしたが、正直旅行というより社会科見学に近いものでした。博物館で2時間も3時間も過ごすのでもし人と一緒に来ていたらうんざりするでしょうし、この点は一人でよかったです。完全に自分時間が流れていました。

しかしながら、やはりトラブルがある時はやはり一人で対処しないといけないですし、当然コミュニケーション外国語なので言葉がわからないと辛いものがありますね。幸い身振り手振り肉体言語でも伝わるのでこの点は何とかなることはありますが。意外にも滞在期間中一切日本語を喋らなかったのが精神的に辛かったです。

また行きたいですね。今度はルフトハンザ航空の直行便ファーストクラスで。

2017-09-10

[]ピザのこと

anond:20170910073026

ピザは存外と食えた

イーストを投入して1時間待って( ^ω^)・・・とか

しなくてもピザくらいならOKだということが分かった

コーヒーは朝食時に飲んだ。まあまあだった

今日二日酔い気味

anond:20170910072452

[]

実をいうと今朝はまだコーヒーを飲んでない。

ピザを作った。

薄焼きでイーストの代わりにベーキングパウダー

どうだろう?食えるのか

2017-08-25

おじさんのリュック

白髪混じりのおじさんがイーストボーイのリュックしょってるの笑う

無地でちょうどいいからと娘が使っていた物を拝借しているに違いない

2017-07-31

[]食パンうまくいった

ライ麦を混ぜてないので食パンがうまくいくのは

至極当たり前だけど、この猛暑の中少しでも

自分をほめるときがないとイライラ

ストレスホルモンが増えてよくないか

材料

強力粉薄力粉モルトパウダーをミックス。

300グラム

水は200グラム水道水フィルターで濾した

塩は6グラム

イーストは、ごく微量

生地コネしてるときに粉気がなかなか

亡くならないと感じた場合ココナッツオイル添加

手順

生地ミキシング後、室温で発酵。8時間くらい

時々思いついたときに、パンチ

シェーピング

シェーピングした後、冷蔵庫ファイナルプルーフした。

時間。そのあと冷蔵庫から出して生地弾力が戻った

ころに釜入れ。釜=オーブントースター

3分しか予熱しなかった。(エコだ!江古田。)

15分900ワット。多少ブラウンサーブ気味だが

OK農場!!!

2017-07-27

30

30才になってしまった。

つくづく思う。若さがもたらすエネルギーはすごい。10代の頃を思い返すと、とても正気だったとは思えない。

誕生日の記念に自分人生ざっと振り返ってみたい。長くなるか、すぐに終るか、それは書いてみないとわからない。

2年前からイーストヴィレッジセントマークスで仲間達とバーをやっている。大抵はヒップホップがかかっている。客層は黒人日本人ヒスパニック

日本酒がメインのバーにするはずだったが、すぐにうやむやになってしまった。夏はフレンチスタイルのパナシェがよく売れる。地元の人がこれを読んだら、もう場所特定できてしまうと思う。

大儲けとはいえないが、店はそれなりに繁盛している。僕はほぼ毎日カウンターDJブースにいる。ちなみに趣味ボディビルで、アマチュア大会で2回ほど入賞したことがある。

まさか自分がこんな生活を送るようになるとは思わなかった。中学生の頃は、江戸川乱歩京極夏彦に傾倒していた。将来は図書館司書になるつもりだった。顔は青白く、ひどい猫背だった。ある女性との出会いが僕を大きく変えた。

そうだ、あの子について書こう。

最初彼女と遭遇したのは、高校に入ってまもない頃だった。校庭と校舎をつなぐ階段の途中ですれ違った。彼女ジャージ姿だった。背が高く、涼しげな目が印象的だった。かっこいい人だと思った。一瞬だけ目が合い、僕はあわてて逸らした。

当時の僕は最低だった。勉強も出来ないし、スポーツも苦手。しかクラスではパシリだった。どういう経緯でパシリになったのか、まったく思い出せない。梅雨の訪れのように自然な成り行きだった。

僕をパシリに任命したのはNというクラスメートで、彼は教室内の権力を一手に握っていた。髪を金色に染め、足首に蛇のタトゥーをいれていた。15才の僕にとって、蛇のタトゥーはかなりの脅威だった。

休みになると、僕はNを含む数人分のパンジュースを買いに行かされた。金を渡され、学校の近くのコンビニまで走らされる。帰りが遅かったり、品切れだったりすると怒鳴られる。そういう時はヘラヘラ笑いながら謝った。歯向かう勇気はなかった。そんなことをすればさらに面倒なことになるのは目に見えていた。

いじめられていないだけマシだ、パシリに甘んじてるのもひとつ戦略だ、そう自分に言い聞かせていた。

ある日、いつものようにパンジュースを買って裏門から教室に戻ろうとした時、また彼女とすれ違った。相変わらずクールな表情。今度は制服姿だ。ジャージの時より断然かっこいい。ネクタイをゆるく結び、黒いチョーカーをつけていた。目が合う。すぐに逸らす。前と同じだ。

僕はすっかり彼女に魅了されてしまった。教室に戻るのが遅れて、Nに尻を蹴られた。いつも通りヘラヘラ笑いながら謝った。

それから広場廊下で何度か彼女を見かけた。一人だったり、何人かと一緒だったりした。彼女は常にクールだった。それにどんどん美しくなっていくようだった。どうしても視線が吸い寄せられてしまう。そのくせ目が合いそうになると、僕はすぐに逸らした。

彼女のことをもっと知りたいと思った。気を抜くとすぐに彼女のことが頭に浮かんだ。できれば話してみたい。でも僕ごときにそんな資格は無い。きっと冷たくあしらわれて終わりだろう。遠くから眺めているのがちょうどいい気がした。

なんだか出来損ないの私小説みたいになってきた。こんなことが書きたかったんだっけ? まぁいいか。もう少し続けてみよう。

30才になった今、少年時代気持ちを思い返すのはとてもむずかしい。あの頃は恋と憧れの区別もついていなかった。おまけに僕は根っからの小心者だった。彼女の目を見つめ返す勇気もなかった。世界は恐怖に満ちていた。蛇のタトゥーが恐怖のシンボルだった。

1学期の最後の日に転機が訪れた。大げさじゃなく、あれが人生の転機だった。

よく晴れた日の朝。バスターミナルに夏の光が溢れていた。まぶしくて時刻表文字が見えなかった。僕はいものように通学のために市営バスに乗り、2人掛けのシートに座った。本当は電車の方が早いのだが、僕は満員電車が嫌いだった。それにバスなら座れるし、仮眠も取れる。僕は窓に頭をあずけて目を閉じた。

発車する寸前に誰かが隣に座った。僕は目を閉じたまま腰をずらしてスペースを空けた。香水匂いが鼻をくすぐった。

ふと隣を見ると、彼女が座っていた。目が合った。今度は逸らすことができなかった。彼女がにっこり微笑んだのだ。彼女は気さくに話しかけてきた。

校内でよく僕のことを見かけると彼女は言った。その時の驚きをどう表現すればいいだろう。うまく言葉にできない

さら彼女は僕の頭を指して「髪切ればいいのに」と言った。たしかに僕の髪は無造作だった。でもそんなに長いわけでもなかった。わけがからなかった。彼女が僕の髪型を気にかけるなんて。

彼女ひとつ上の2年生だった。ふだんは電車で通学しているが、初めてバスに乗ってみたという。色々なことを話した。幸福なひとときだった。なぜだろう、初めて喋るのに僕はとてもリラックスしていた。きっと彼女のおかげだと思う。人を安心させる力があるのだ。

車窓から見える景色がいつもと違った。こんなにきれいな街並みは見たことが無かった。行き先を間違えたのだろうか。ふたりであてのない旅に出るのか。落ち着け。そんなはずはない。もういちど景色確認してみる。いつもの道だ。たまに彼女の肘が僕の脇腹に触れた。スカートから伸びるすらりとした足が目の前にあった。目眩がした。

特に印象に残っているのは、彼女小学生の時に"あること"で日本一になったという話だ。でもそれが何なのか、頑なに言おうとしないのだ。絶対に笑うから教えたくないという。それでも僕が粘り続けると、ようやく白状した。それは「一輪車」だった。

一輪車駅伝全国大会というものがあり、彼女ジュニアの部で最終走者を務めた。その時に日本一になったらしい。僕はそんな競技があることすら知らなかった。

まり想定外だったので、どう反応すればいいかからなかった。でもこれだけは言える。彼女が恥ずかしそうに「一輪車」とつぶやき、はにかんだ瞬間、僕は本当に恋に落ちた。

彼女一輪車燃え尽きて、中学から一切スポーツをやらなくなった。部活に入らないのも体育を休みがちなのも、すべて「一輪車燃え尽きたから」。ずいぶん勝手理屈だ。なんだか笑えた。そんなことを真顔で語る彼女がたまらなくチャーミングに見えた。だいぶイメージが変わった。

会話が途切れると彼女はバッグからイヤホンを取り出して、片方を自分の耳に差し、もう片方を僕の耳に差した。ヒップホップが流れてきた。ジェイZだった。いちばん好きなアーティストだと教えてくれた。

僕はジェイZを知らなかった。そもそもヒップホップをあまりいたことがなかった。素晴らしいと思った。リリックなんてひとつもわからなかったが、極上のラブソングだった。本当はドラッグの売人についてラップしていたのかもしれない。でも僕にとってはラブソングだった。

あの日バスは僕を新しい世界へと導く特別な乗り物だった。バスを降りて、校門で彼女と手を振って別れた瞬間から、あらゆる景色が違って見えた。すべてが輝いていた。空は広くなり、緑は深さを増していた。

次に彼女と目が合った時は必ず微笑み返そう。蛇のタトゥーはただのファッションだ。この世界はちっとも怖い場所じゃない。

新しい世界の始まりは、夏休みの始まりでもあった。僕は16才になった。(14年前の今日だ!)人生が一気に加速した。そう、書きたかったのはここから先の話だ。ようやく佳境に入れそうだ。やっと辿り着いた。

僕は髪を切った。坊主にした。そして体を鍛え始めた。近所の区民センタートレーニングルーム筋トレに励んだ。それから英語勉強に没頭した。図書館自習室で閉館まで英語と格闘した。単語熟語文法、構文、長文読解。最初暗号のように見えていた文字の羅列が、だんだん意味を紡ぐようになっていった。

英語筋トレ。なぜこの2つに邁進したのか。理由は至ってシンプルだ。ジェイZになろうと思ったのだ。彼女いちばん好きなジェイZだ。

①僕がジェイZになる

彼女は僕に夢中になる

ふたりはつきあい始める。

完璧シナリオだ。僕はこの計画に一片の疑いも抱かなかった。

できれば夏休みの間にジェイZに変身したかったが、さすがにそれは現実的では無かった。でもとにかくやれるところまでやろうと思った。僕は筋トレ英語に励み、ジェイZの曲を聴きまくり、真似しまくった。日差しの強い日には近所の川べりで体を焼いた。

夏休みが終わった時、僕の見た目はジェイZにはほど遠かった。当然だ。そう簡単に変われるわけがない。日焼けして、少しだけ健康的になっただけだった。でも内面は違った。ヒップホップマインド根付いていた。誇りがあり、野心があった。闘争心に溢れていた。

僕はパシリを断った。特に勇気を振り絞ったという感覚もない。単純に時間がもったいなかった。昼休み英文リーディングに充てたかった。誰かのパンジュースを買いに行ってる暇はない。

パシリを断ると、彼らは一瞬どよめいた。こいつマジかよ、という顔をした。Nが笑いながら尻を蹴ってきたので、笑いながら蹴り返した。教室全体がざわついた。Nはそこで引き下がった。

それからしばらくの間、 嫌がらせが続いた。机や椅子が倒された。黒板には僕を揶揄する言葉が書かれた。でも相手にしている暇はなかった。早くジェイZにならなければ。僕は黙って机を立て直し、Nをにらみつけながら微笑んで見せた。Nの表情にわずかな怯えが走るのを僕は見逃さなかった。

筋トレ英語ラップ筋トレ英語ラップ。その繰り返しだった。僕は少しずつ、でも着実に変わっていった。あの日からいちども彼女と会っていなかった。校内でも見かけなかった。でも焦ってはいけない。どうせ会うなら完全にジェイZになってからの方が良い。

そんなある日、柔道の授業でNと乱取りをすることになった。たまたま順番が当たってしまったのだ。組み合ってすぐにわかった。こいつは全然強くない。いつも余裕ぶった笑みを浮かべてるが、体はペラペラだ。とんだハッタリ野郎だ。絶対に勝てる。

Nが薄ら笑いを浮かべながら、足でドンと床を踏んで挑発してきた。腹の底から猛烈な怒りがこみ上げてきた。なぜこんなやつのパシリをしていたのだろう。さっさとぶちのめすべきではなかったのか?

僕はNを払い腰で倒して、裸締めにした。Nはすぐにタップしたらしいが、僕はまるで気付かなかった。先生があわてて引き離した。Nは気絶しかけていた。僕は先生にこっぴどく叱られたが、その日から誰も嫌がらせをしなくなった。勝ったのだ。

でも連戦連勝というわけにはいかない。ヒップホップ神様残酷だ。僕は恋に敗れた。いや、勝負すら出来なかった。なんと彼女夏休みの間に引っ越していたのだ。僕はそれをずいぶんあとになってから知った。

彼女とは二度と会えなかった。筋肉英語ヒップホップけが残った。なんのための努力だったんだろう。せっかく坊主にして、体つきも変わってきたというのに。仮装パーティーで会場を間違えた男みたいだ。マヌケ過ぎる。しかし、そんなマヌケ彷徨の果てに今の僕がいる。

高校卒業して、さら英語を極めるために外語大に入った。それからNY留学して、今の仕事仲間と知り合い、色々あって現在に至る。仲間達はみんなヒップホップを愛している。それだけが共通点だ。すべてのスタートあの日バスの中にある。

ずいぶん長くなってしまった。まさかこんな長文になるとは思わなかった。そろそろ止めよう。

僕は今でも週に3回は筋トレをしている。当時よりずっと効果的なトレーニング方法も身に付けた。知識も格段に増えた。でも本当に必要なのは、あの頃のような闇雲な熱意だ。

30才になってしまった。

つくづく思う。若さがもたらすエネルギーはすごい。10代の頃を思い返すと、とても正気だったとは思えない。

2017-07-20

毎朝食べる分だけのパンを焼くことについて

1週間分のパン生地をまとめて捏ねる

ポリ袋に小分けにする(例えば150グラムずつ)

睡眠前に イーストを追加して最終シェーピング行う

スロークッカー炊飯器が 「空き」ならそこへ投入・タイマーセット

「満」だったら?

マットの上に放置、起床したらグリルオーブンで焼き。

朝になったら 焼けてました

ボナティ

2017-07-08

[] 湯種ライ麦パン

湯種

ライ麦 … 115g

熱湯 … 150g

本捏ね

ゆめちから100% … 265g

水 … 170g

砂糖 … 20

塩 … 7.5g

赤サフイースト … 3.5g

無塩バター … 20

湯種は前夜につくって冷蔵庫に保管。

生地ごねのときには種はちぎって入れる

35度で約60分2次発酵する。

湯種が配合されて窯伸びが少ないので

型の9割程度まで発酵させる。

flour 380

liquid 285

hydration 75%

2017-05-27

[]パン作り→短時間発酵

本日子供と一緒にパンを作った。

成分を記す

  1. 薄力粉 75%
  2. ユメチカラ 24%
  3. モルトパウダー 1%
  4. 水 60%
  5. ココナッツオイル 適量
  6. 塩 2%
  7. サフ 1%

子供は「形パン」を作るとか言って一生懸命シェーピングしてた。

わしはシンプルスリッパの形。

時間発酵たかったので、結構イーストを入れた

やっぱり

気泡の小さいふわふわ系となった。

チアバッタって塩梅ではなかった。

温度と時間のこと

捏ね上げ温度はたぶん20℃くらい。

バルク発酵時間は、3時間時間くらい。

ファイナルプルーフ時間はよくわからない。息子がずっとシェーピングしてたもの

釜入れ直前にライ麦フレークを表面になでつけた。霧吹きも施した。

スチームが付属してないのでなんらかの表面保護をする必要があります

予熱は280℃で焼きは240℃(最初の10分)

あとは200℃。

合計22分くらい

2017-05-09

[]]甘酒失敗→パン生地に練りこもう(甘酒パン

ハンドブレンダーでなるべく細かくする

強力粉を計量

蒸し米にしたときに加水 だいたい100%

そのあと、甘酒作るときさらに加水で200%

合計300%

大雑把に重量を測って4で割れば乾いた米の重さということで

全体に加水率が65%になるように強力粉と水を加える。

イーストと塩も追加。

甘酒タイマーがちゃんと働かず100℃近くまで

加熱されて失敗。

酵素が失活。もちろん米麹細菌死滅

単なる加熱しすぎたお粥か?

活用で思いついたこと→

ライスミルクとして飲む

パン生地に練りこむ(強力粉があるので

それと一緒にパンに)

適当糖化してるのでめっちゃ膨らみそう。酵素が失活してるので

グルテン形成とかを阻害せずよさそう。

それにしてもテキスチャーは?

履歴のある米粉か?

2017-05-03

[]Ciabattaリベンジ薄力粉まぜで加水率60

薄力粉ミックスパンで加水率60で

オートリーズ終了。

別にべたべたしなかった。加水率低いか

当然といえば当然。

あとで塩とイーストを追加。ポリ袋に入れた。

次は冷蔵庫で長時間低温ファーメンテーション

現在ここ↑

深夜電力時間帯になったら焼き始めよう。予熱を十分に!!

夜ご飯の前くらいにゼオライトに水を振りかける。。。

2017-05-01

生地質量の1/12だけ強力粉を加えること

生地質量を測定

その1/12強力粉を加えること。

イーストも追加してよい。

[]薄力粉ミックスパン作りのストレスの備忘

薄力粉ミックスパンを作ったときに感じたストレスについて

ミキシング

なんとなくカスタードクリームのような肌触りがあったが

乾いた手で触るとべたつきがすごい

オートリーズすればなんとか耐えれる

 オートリーズ

から食塩イーストを入れるのだが、微サフなので

苦にならなかった

 パンチング

延し畳みの時、いつもよりは少しべたつくが

許容範囲ポリ袋に入れられるかな?

加水率減らしてよいのなら(というか減らさなきゃダメ

ポリ袋により一層入れやす

 ベンチ

延し畳みが終わって十分にグルテンが出たと判断したあと

冷蔵庫に入れた。

 プリシェーピング

冷蔵庫から出したDoughなのでとてもやりやすかった。

肌触りも抜群。これは良い。

そのあと弱でレンジチーンしたけど。薄力粉ミックスパンのDoughは

ある程度冷えててもいいような気がする。∵オーブンキックが期待できる。

 シェーピング

ケッパーもしくはドレッジでグルテンを表に出す以上のシェーピング

できない。加水率を下げれば状況は変わるかも。

形にはこだわらないのでそれでもよかろう。

 加水率 VS たんぱく量

タンパク質  加水率

8パーセント→46%

12% → 70%

http://pane.piazza.link/2016/03/03/%E8%96%84%E5%8A%9B%E7%B2%89%E3%81%AE%E3

%81%BF%E3%81%AE%E3%83%91%E3%83%B3%E3%81%AE%E5%8A%A0%E6%B0%B4%E7%8E%87%E3%8

1%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E4%B8%80%E8%80%83%E5%AF%9F/

2017-04-25

[]Batardと食パン

ハードブレッドに挑戦するか?

自問自答。

ハードに挑戦したい理由

日ごろからグルテンが少なめの小麦粉を硬水で

生地にしたとき何が起こるか知りたいというのがある。

ハードブレッドは、イーストものすごく少なくしないといけない。

発酵時間が読めない。計画が立てにくいというのが一番の

萎えさせる要因。英語で言うならdiscouragingな要因。

グルテンが少ない粉を相手にするからグルテン中途半端に出す

かい必要はない。うどんのように足で踏みつけるくらい捏ねても

良い。

オートリーズパンチといった手技でグルテンを出してみよう。

Doughがポリ袋に入れれるくらいグルテンが出るかどうか・・だな。

出なかったら・・・強力粉イーストを追加することによって

食パン用に変更だ!

2017-04-18

どぶろくコスト

どぶろくコストを考える

ミネラルウォーター 1リットル 50円くらい

米 3合 200円くらい

米麹 200G 300円くらい

イースト 誤差みたいなもの

550円/リットル ですか?

工業アルコール無添加日本酒だと いくらくらい?

2017-04-16

ライスミルク米麹モルトパウダー

ライスミルク米麹もしくはモルト→ 甘酒

甘酒イーストヨーグルトどぶろく

イーストを追加してファーメンテーションするときは、

酸素がなるべくない方がいい。

酸素剤を蓋に張り付けるとか。

イーストは、糖分を二酸化炭素アルコールに変換するのか?

2017-04-15

bread dough mixing necessary tools

ステンレスボウル

 ドレッジ

 はかり

 ポリ袋

 輪ゴム

 紙でできた紐

 まきえもん

 計量カップ@500ml

 immersed 生米

 スパチュラ

 小さなガラスボウルもしくは代用

 イーストボトル

お塩

2017-04-03

bread with PCR

bread with partially cracked rice

partially cracked rice=PCR

newly discovered fact

水に浸した米粒は簡単砕けた

これなら乾燥プロセス不要やな。

そのあとPCRフライパン炊飯した。

シェーピング時にあんこ饅頭に充填するような要領で

PCRを混ぜたが、局在するので

やっぱりテキスチャーが悪い。

PCR mix before shooting to polybag

まばらに混ぜたい。もしくは表面に出てくるようにしたい。

As Mr Wilson does, better to include PCR into partly

glutendevelopped dough before polybag insertion?

ライスミルクならハンドブレンダーで粒感覚なくなるまで

砕けるので、ディレクト法でやってみるか?

ライスミルク+小麦粉+イースト+塩を最初にミックスして

バルク発酵

2017-03-28

rice and flour bread

水 180cc (64%)

強力粉 230g

米粉(パン用) 50g

砂糖 16g

バター 25g

塩 4g

イースト 3g (1%)

2017-03-27

望むパンの完成形

きれいな角食(食パン型中に最大限に膨らむこと)になること。

土曜日の朝

ミキシングした後半時放置

そうすることによってグルテンを出し袋に入れやすくする。

ぬるま湯で行う。

できればコネ時間が短いこと。←圧縮発酵

圧力発酵

できればふわふわ。←イースト2%

ゴムを駆使して外しやすくする

常温で行う

土曜日の夕食前後

シェーピング

レンジでチーンしてDoughの温度を高めにキー

パン型に入れてからファイナルプルーフは2時間程度

↑弱でチーン 

土曜日深夜電力時間

焼き

釜炒れする前に十分に膨らませること

クーペ入れんでもすむように

2017-03-26

食パンみたいなふわふわがいいかバゲット系のがいいか

食パンみたいなふわふわパンがいいのか

バゲットみたいなのがいいのか

それって好み。

手間との相談もあるわな。

まりにも芯がなさ過ぎてベークウェアからちゃんと落ちない。

言い換えれば、ファイナルプルーフ時間が長すぎると

ウェアの地肌に生地が引っ付きがち。その問題については

よく考えないと( ^ω^)・・・

圧縮発酵法は、袋から出したら1時間焼成段階にもっていけるって

書いてあるよね?

最初ミキシングの段階で十分な量のイーストを投入。バルクFermentationを

室温でかつ数時間程度にしておけば「ウェアひっつき」問題

回避可能か?

2017-03-25

パン作り開始

http://anond.hatelabo.jp/20170324154427

パン作り開始!まずポーリッシュ種をミックスした。イースト入れた。

ぬるま湯にしたった。

後は午後に。粉などを足して捏ねよう。延し畳み

2017-03-20

http://anond.hatelabo.jp/20170320131649

ジャパン・アズ・ナンバーワンやらルックイーストやら、

日本がお手本にされる立場になった途端、なんか調子が狂う病か

「売家と唐様で書く三代目」なだけかもしれないが

2017-03-18

[]Epaisで角食作り

中力粉で角食づくりプロジェクト

昔はうまくいっていたのに!

ボウルの中での捏加可能にするタスク

まずボウルの中である程度捏ねられるようにボウルを固定することを考える。

http://www.tigercrown.co.jp/details/2263.html

ヒントはタイガークラウン類似商品だ。耐震ジェルでできるかどうか?

新居の台所は綺麗な面が出ているから、くっつくかもしれない。

Doughをある程度の高温に保ち頻回に延しできるようにするには?

ステンレスボウルが入る恒温槽を手作り

春になれば窓際に放置するだけでOk

もしくはIntermittencyモードスロークッカー

これなら手を突っ込めば延し畳みできる。←これは現実解?

翌朝いっぱいに膨張してるようにするためには?

まず思いつくのがPolish法

イーストってすぐに元気にならないのか?

インスタントドライイーストっていうくらいだからすぐに元気になってくれよ

予備発酵してみるか?

パン作り:あと入れイースト

あとから中心部イーストいれるのダメだった。

豆乳イーストってすごいな。簡単にニュウカする。

油がなくても結構固まる。これは発見だ。

イーストって乳化剤の中にくるまれとる

訳だから大豆レシチン作用してマヨネーズライク

となるのね。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん