「WWW」を含む日記 RSS

はてなキーワード: WWWとは

2019-10-16

タワマンざまあwww

って言ってる人と芸能人執拗に叩く人って同じな気がする

手に入らないもの(=地位資産)を持ってる人の凋落が、その人との差が縮まったと思って嬉しいのかなって

結局、言ってる人が「私は持たざる者でーす」っていう自己紹介なんだと思うと、なんだか腑に落ちたお話

貧乏人ほど人の悪口趣味だって言うしね。こんなとこでこんなこと書いてる私も貧乏

公園散歩してきた

キノコがよく生えてる公園が好きでよく散歩に行ってた

そこでキノコ見てたら子供が、これ食べれんの?って聞いてきたからおーwww食べれるよwwwって冗談で言ったらほんとに食べてしまった

周りの子どもたちも食べだして綺麗なきのこを選んで食べてた

その時はへー食べれるもんなんだなぁとしか思ってたかったのだが、後日また散歩に行くと、母親たちがビラ配りしてた

なんでも子供に無理やりキノコを食べさせた奴がいるとかで犯人探しをしていたようだった

その母親リーダー格の目がヤバかった

具体的に言うと、目が左右で違う方向に向いていて完全に精神異常者のそれだった

これ以上関わりたくないのでしばらくはその異常者のせいで公園にいけなくなってしまった

[][]2019年10月15日火曜日の増減

サイト\日付2019-10-092019-10-102019-10-112019-10-122019-10-132019-10-142019-10-15合計説明
Nature ttps://www.nature.com/30411-32-919665イギリス 科学学術
Science Magazine ttp://science.sciencemag.org/0-1-140-1-894392アメリカ 科学学術
Cell Press ttps://www.cell.com/-1-100-1-202248アメリカ 生物学学術
Physical Review Letters ttps://journals.aps.org/0000000112アメリカ 物理学学術
PNAS ttp://www.pnas.org/0000-10-1831984アメリカ 科学学術
Wiley Online Library ttps://onlinelibrary.wiley.com011000-344413アメリカ 科学学術
The Lancet ttps://www.thelancet.com/000100002809イギリス 医学学術
ScienceDirect ttps://www.sciencedirect.com/0020-1-1-398597オランダ 学術誌、エルゼビア傘下
Taylor & Francis ttps://www.tandfonline.com/201000-3967イギリス 学術
PLOS ttp://journals.plos.org/2210-10-422173アメリカ オープンアクセス科学学術
arXiv ttps://arxiv.org/6213204327364アメリカ オープンアクセス科学学術
MDPI ttp://www.mdpi.com/0000000195スイス オープンアクセス学術
EurekAlert! ttps://www.eurekalert.org/000000012137アメリカ 科学ニュースサイト
PHYS.ORG ttps://phys.org/10000003254イギリス 科学ニュースサイト
Science Daily ttps://www.sciencedaily.com/000000-13177アメリカ 科学ニュースサイト
IEEE Spectrum ttps://spectrum.ieee.org/00000001835アメリカ 科学雑誌
Scientific American ttps://www.scientificamerican.-10-100022353アメリカ 科学雑誌
Popular Mechanics ttps://www.popularmechanics.co0000000439アメリカ 科学技術雑誌
Ars Technica ttps://arstechnica.com/-143212213446アメリカ テクノロジーニュースサイト
Smithsonian.com ttps://www.smithsonianmag.com/0000000622アメリカ 歴史科学芸術雑誌
NewScientist ttps://www.newscientist.com/000000-13994イギリス 科学雑誌
MIT Technology Review ttps://www.technologyreview.co011020-13555アメリカ テクノロジーニュースサイト
National Geographic ttps://news.nationalgeographic-28-40-18-30-25-62-925689アメリカ 地理歴史科学雑誌
Entrepreneur ttps://www.entrepreneur.com-10000001388アメリカ 経営ニュースサイト
Harvard Business Review ttps://hbr.org/00001003085アメリカ 経営雑誌
The National Interest ttp://nationalinterest.org/0100000361アメリカ 国際関係雑誌
RAND ttps://www.rand.org/00-10000121アメリカ シンクタンク
Brookings ttps://www.brookings.edu/0000000327アメリカ シンクタンク
treehugger ttps://www.treehugger.com/00000001289アメリカ 環境ニュースブログ
Quantamagazine ttps://www.quantamagazine.org/0000010410アメリカ オンライン科学雑誌
ESPN ttp://www.espn.com/1000001407アメリカ スポーツ放送局
La Gazzetta dello Sport ttps://www.gazzetta.it/0000000257イタリア スポーツ新聞
FiveThirtyEight ttps://fivethirtyeight.com/-1100000575アメリカ ABC傘下のスポーツ政治ブログ
WIRED ttps://www.wired.com/821000015518アメリカ テクノロジー文化雑誌
PC Magazine ttps://www.pcmag.com/10-100001000アメリカ コンピュータ雑誌
The Register ttps://www.theregister.co.uk/24720018081イギリス テクノロジーニュースサイト
The Verge ttps://www.theverge.com/01311-111418877アメリカ テクノロジーニュースサイト
Jane's 360 ttp://www.janes.com/0000000371イギリス 軍事ニュース雑誌
Defense News ttps://www.defensenews.com/0000000379アメリカ 軍事ニュースサイト
People ttps://people.com/0001000435アメリカ 芸能ニュース雑誌
Vogue ttps://www.vogue.com/1000000377アメリカ ファッション雑誌
billboard ttps://www.billboard.com/01000-201788アメリカ 音楽雑誌
NME ttps://www.nme.com/00000013051イギリス 音楽雑誌
FACT ttp://www.factmag.com/00000002064イギリス 音楽ニュースサイト
TED ttps://www.ted.com/14142332425903アメリカ カンファレンス
Colossal ttp://www.thisiscolossal.com/00-100004026アメリカ 芸術文化ニュースブログ
Artsy ttps://www.artsy.net/74020011894アメリカ 芸術ニュースオークション
Gizmodo ttps://gizmodo.com/000-110030329アメリカ テクノロジーニュースサイト
CNET ttps://www.cnet.com/0-2411015787アメリカ テクノロジーニュースサイト
ZDNet ttps://www.zdnet.com/13100146117アメリカ テクノロジーニュースサイトCNET傘下
TechCrunch ttps://techcrunch.com/114-1-10178412アメリカ テクノロジーニュースサイト
Vice Motherboard ttps://motherboard.vice.com/-1-4-10-6-31-81158カナダ/アメリカ 放送局テクノロジーニュースサイト
Phoronix ttps://www.phoronix.com/011523310519アメリカ ソフトウェアニュースサイト
LWN ttps://lwn.net/12502225575アメリカ ソフトウェアニュースサイト
Kotaku ttps://kotaku.com/00-100013675アメリカ ゲームブログ
Game Informer ttps://www.gameinformer.com/000000010175アメリカ ゲーム雑誌
Project Gutenberg ttps://www.gutenberg.org/00000-101860アメリカ 電子図書館
Krebs on Security ttps://krebsonsecurity.com/00000001053アメリカ サイバーセキュリティブログ
Threatpost ttps://threatpost.com/21502013026アメリカ サイバーセキュリティニュースサイト
Hacker News ttps://news.ycombinator.com/43121209734アメリカ ニュースアグリゲータ
Kickstarter ttps://www.kickstarter.com/121003013512アメリカ クラウドファンディング
Khan Academy ttps://www.khanacademy.org/00001001322アメリカ オンライン教育
iFixit ttps://www.ifixit.com/21542174682アメリカ 修理情報サイト
TripAdvisor ttps://www.tripadvisor.com/000000013138アメリカ 旅行情報サイト
The New York Review of Books ttps://www.nybooks.com/00000001284アメリカ 書評雑誌

2019-10-15

【年間500杯食べる人とか】メシ通に出てくるマニアたちをまとめる

メシ通と言えば、はてなブックマーク毎日エントリが上がってくるメシテロサイトだが、

その魅力はなんといっても、”その界隈のプロ”らしき謎のマニアたちの存在である

メシ通にはうどんカレーそばラーメンと様々なジャンルマニアが出てくるが、

いずれの記事にも共通するのが「消費量」によってマニア度を訴求してくる点である

彼らは「年間300杯」のうどんを食べたり、これまでに1000軒の飲食店訪問していたりする。

ウェブで目を引くタイトルを作るときは、数字で具体例を示すのがセオリーだ。メシ通もそのセオリーにのっとっているのであろう。

しかしまあそんなマニアによる記事をたびたびはてブで見ていると、なんだかその数字アピールも含めてなんだかおもしろくなってきた。

いったいメシ通にはどれだけのマニアがいるんだろう。

調べられる範囲でまとめた。スクレイピングとかよくわからいから「年間」「杯」「軒」とかで検索してまとめた。

基本的にはマニアが紹介する記事をメインでまとめているので、ライター自身マニア自称していたり、

マニアにはたまらない」「マニアの間で有名な」といった紹介記事無視している。


年間500杯食べるうどんマニアに教わる「こんなにいろいろある!ニッポンうどん

ttps://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/cocolo/19-00036

年間だと500杯くらいですかね。1日2〜3食とか、1食程度のときもあって日によっていろいろですが、毎日食べています地方に行ったら1日で10軒回ることもありますよ。

どうせ家で食べる冷凍うどんも含めて数を稼いでいるのだろう、

タカをくくってたら、思っている以上にガチだった。

こういう人の記事がこのあと10件くらいある。


いま絶対に食べておくべき蕎麦の名店10選・都内編【年間150杯食べる蕎麦マニアに聞いてきた】

ttps://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/_futsukayoinotakahashi/19-00265

前島さんは週に3日、年間で150軒もの蕎麦店を食べ歩いている

前島:今までまわった2,000軒をもとに自作したデータベースから

週に3日そばを食べる人ならわりとその辺にいる気がしないでもないが、これまでに回った店を2000軒データベース化しているという。


40年間そばを食べ続けてきた男が語る「大衆そば」の素晴らしき世界とは【東京ソバット団】

ttps://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/sobattodan/18-00238

昭和34年まれ、58歳の坂崎さんは、なんと40年のそば歴を誇るツワモノ。

学生時代からそばを食べ歩いているというマニアが、""格式張らず、手軽に食べられる、家庭料理の延長のようなそば"である大衆そば」を紹介する記事

そば歴とはなんなのだろう。


ドネルケバブを6年間食べ歩く男 「ケバブを抜いたら自分でなくなる」

ttps://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/another/19-00004

秋葉原の「スターケバブ」に週4で通ってましたね。

SNSで、日本ドネルケバブ屋さん70〜80人と繋がってます

東京大阪などの大都市圏に集中してて、そのうち50店以上は行きました。

ケバブ、美味しいですよね。

うどんそばマニア比較すると若干訪問件数が少なく感じる気もするが、

日本におけるケバブ立ち位置を考えるとこんなものなのかもしれない。

この方がケバブ歴40年に達したころの日本ケバブ事情がどうなっているのか、気長に待ちたい。


年間1,000軒を食べ歩くフォーリンデブはっしーさんが見つけた「最強のデブリシャス」なお店

ttps://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/soryusizm/19-00099

「お肉博士」と「お米ソムリエ」の資格を持ち、グルメエンターテイナーとして年間でおよそ1,000店舗ものお店を自腹で食べ歩き

特定ジャンルを偏食しているわけではないが、1日3食、すべて外食らしい。

胃もたれしないのだろうか。


365日餃子を食べてSNSにアップし続ける男に「餃子うまい店でベストナイン」を組んでもらった

ttps://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/kentaro-takaoka/19-00014

365日餃子を食べる男として、日々SNS餃子をアップし続ける。

今朝食べてきたので、798日目になります。今年の8月20日1000日目になる予定です。

餃子を食べ続けて3年目のマニアが、継続の大切さを語る記事

おそらく今年の8月餃子継続1000日目を達成しているだろう。

ぜひともこのまま40年間続けてみてほしい。


1000軒を食べ尽くし、写真集まで出してしまった「ハンバーグ測量士」が語る究極のハンバーグ店とは?

ttps://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/oishiisekai/18-00172

1000軒のハンバーグを食べ尽くし、日本ハンバーグに詳しいといっても過言じゃない

ブログを始めたのが2006年くらいかな。

測量の仕事で全国を飛び回って外食しているうちに、ハンバーグ縛りプレイをすることになったマニア

この手のグルメマニア外回り仕事からそのままマニアになっていく展開が多い気がする。


グルメバーガー界の天下一武道会?】全国から最強のバーガー職人が集う「バーガーサミット」に潜入してきた

ttps://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/masayoshi-hayashi/19-00234

そこからずっと年間200個ペースで食べ歩きしながら、いつか店やりたいなー、って

食べ歩きは多分16、7年ぐらい続けてたんですよね。そう考えると3,000食ぐらいっすかね。

ちなみに僕は昨年300個食べているので……追い付きたいです(笑)

バーガー店の集まりインタビューしている記事ライターも年間300食以上ハンバーガーを食べる、とマウンティングを返している。

グルメバーガー、美味しそうだけど、食べにくそうだよなあ。


「ビジホの朝食バイキング」を極めた達人が教える、出張旅行で一度は泊まってみたい全国のビジネスホテル

ttps://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/editorial/19-00235

泊まったホテルはのべ120軒以上。バイキングメニューから、味、 サービス、その他気づいたことなどをつぶさに記録している

記録し始めたのが今から3年ほど前です。


全国を飛び回るフリーライターへのインタビュー記事

ビジホの朝食なら営業マンオッサンでも詳しそうな気がしないでもないが、

こうやって記録して残せる人がマニアとして有名になっていくのだろう。


月刊ドライブイン』が10年かけて記録し続けた“消えゆく昭和のいとしき風景たち”

ttps://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/oishiisekai/18-00314

人に借りた軽バン日本国200軒ほどのドライブインを巡り、知り合いの編集者書籍化模索したが、そのとき出版社企画が通らなかった。

ドライブイン自費出版誌の著者に対して食事テーマインタビューした記事

テーマテーマだけに、ほかのマニア記事とは少し毛色が違うが、硬派で味がある。

鹿児島ドライブイン写真がめちゃくちゃいい


ある営業マン年収トップクラス会社をやめて、醤油販売を始めた理由職人醤油

ttps://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/maiko-kudou/19-00103

高橋さんは今までに日本全国の約400軒の醤油蔵元訪問してきました

キーエンス退職後、醤油専門店を営むオーナーに尋ねた記事

こちらもマニアとはちょっと毛色が違う記事だが、「伝統工芸かつ営業力に困っている産業」のために、

専門店を立ち上げる経緯が書かれている




以上。

「年間数千杯」系のタイトルが目を引くので多いと思ったが、そういうわけでもなかった。

カレーラーメンといったメジャージャンルマニアが未登場なのも以外だった。

東大スパイス研究家記事は食べ歩き系のインパクトがなかったので割愛

継続・記録の大切さが少し分かったような気がする。偏食家ばかりではないかと思っていた自分を少し恥じた。

anond:20191015162933

「下位3分の1が33と思ってるって事は、最下位が0で最上位が100だと思ってる」って33で区切ってくぎってんだから0から100にならないだろwwwどんな計算してんだwwwこいつもほんと日本語わかってないな

anond:20191015143455

テレビで月収700万と紹介されてたよ。

運営者はYoutubeで「700万も稼いでないかwwwライターにも給料払わないといけないし!」とか言ってたけど、数百万単位で稼いでるのは間違いないと思う。

電脳九龍城www

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1910/15/news080.html

川崎八丁畷在住で、件のウェアハウス川崎ホームでした。確かに九龍城って言われる内装は素敵でした

でもお前ら金落とした?上手い奴の後ろでベガ立ちしてたり写真撮ったりコスプレ撮影したりしてただけだよね?

人は多いけどゲームは待たずにやれる客としては最高、店としては最悪だったろうなって想い出(客層も悪いの多いし、動物園も健在)

やっぱ冷やかしも金落とさせる作りにしなきゃ駄目だった。ちなみにダーツ川崎の悪い方面の塊みたいな客層、ネカフェはここ行くなら駅前もっと選択肢あるわって感じ

全部ぶっ壊してタワマンとか作るんじゃね?ウンコ禁止

2019-10-14

心のうんこは拾うな、流せ、相手すんな

「いいよもう!どうせ死ぬんだから!」

「…ばかだなあ。死にたきゃ死んでいいけどさ、じゃあおれの話を聞いてからしろ。そのくらいはしてくれてもいいだろ」

「…」

「あのなあ、お前おれにうんこぶつけてきてんだよ」

うんこ?」

うんこ

「なにそれ」

「腹痛いときとかさ、もうやべえってときあるじゃん

「うん」

「どのくらいガマンできる?」

「うーん」

「3歩あるいたらアウトくらいのときとかさ」

「そんなの無理じゃん、ガマン無理」

「だよな?」

「うん」

「ちなみに、そういうときってどうすんの?」

「そういうときって?」

うんこ漏れそうなとき。そのまま漏らすの?」

トイレ行く」

「まあそうだよな」

「うん」

人間ってな、みんなうんこすんだよ」

「うん」

「知ってた?」

「うん、まあ」

「生きてるとな、自然うんこしたくなるの、なんにもなくても」

「うん」

「親も友達もみんなうんこすんの」

「うん」

「どうやってうんこが作られるか知ってる?」

ごはん食べるから?」

「うん、栄養を取り込んで、いらないもの出すわけだ」

「うん」

「食べないと死ぬじゃん」

「うん」

「食べるとうんこ出るじゃん」

「うん」

「生きるためには食べるのとうんこするのセットなんだよ」

「うん」

「お前、ひとりでずっといられる?」

「ん?いや、さびしくなる、無理」

「だよな」

「うん」

さびいから人に会うじゃん」

「うん」

「すると、いやなことあるじゃん」

「うん、ある」

「いらいらしたり、怖くなったり、自分を嫌いになったりするじゃん」

「うん、いつもそう」

「でも、会わないとさびしいじゃん」

「うん」

「生きるために人に会うといやな思いをするわけだよ」

「うん」

「いらいらしたり、怖くなったり、自分を嫌いになったりするのはお前のうんこなんだよ」

「ああ」

「心もうんこするわけだよ」

「…」

「だからお前以外の人も、みんな心のうんこするわけ、わかる?」

「うん」

「お前がおれにうんこぶつけてるって言ったじゃん」

「うん」

意味わかった?」

「うん、ごめん」

「うん、でもそれはいいの」

「いいの?」

「うん、いいの。うんこしたくて、おれにぶつけるしかないなら、別にそれでいいよ」

「なんで?」

うんこ出ないとつらいじゃん、だろ?」

「うん」

うんこマンしてたら健康に悪いじゃん、だからいいよ」

「うん」

「おれが今してるのは心のうんこの話な?」

「ん?うん」

リアルなうんこは勘弁しろ

「うんwww

人間ってな、みんなうんこすんだよ」

「うん、さっき聞いた」

「うん、心のうんこもみんなするの」

「…うん」

「で、みんなトイレいかないで近くの人にうんこぶつけてんの」

「うん」

「お前の親とか、きれいラッピングしたうんこをお前のためって投げてくるわけ」

「うん…」

「お前、道にうんこあったら進んで踏みに行くタイプ?」

「いや」

ふつう、よけるよな」

「うん」

「でもお前は他人うんこ受けっぱなしなわけ」

「…」

うんこなんだから、だまって食らってないでよけろww」

「どうすればいいの?」

「お前、親の愚痴に気を遣って『たいへんだね』とか言ってんだろ?」

「うん」

「わざわざうんこ拾ってんだよ」

「ああ」

「拾うな、流せ、相手すんな」

「なるほど」

人間うんこするのはしょうがないんだ。親がうんこするのもしょうがないの」

「うん」

「ただ、それを子どもがだまって受けなきゃいけない決まりはない」

「うん」

「ああこの人、自分の子どもに向かってうんこしてんだなあって思ってろ」

「うん」

「余裕があったら、今日はいっぱい出たねって言ってやれ」

「言えるかな…」

「心の中で言うだけでいいよ、ホントに言うとケンカになるからwww

「そっか」

人間は心のうんこをぶつけ合って生きてるんだ」

「うん」

「でも、うんこぶつけられ続けるのは無理がある。おれだってそうだ」

「うん、だよね」

「こういうのを哲学的にはうんこ無理社会って言うんだ」

「そうなの!?

うんこ無理社会、言ってみろ」

うんこ無理社会

「疑えってwww

www

「でな、死にたいってのもうんこなんだよ」

「うん」

「じゃ、しょうがねえじゃん」

「うん」

「さっきも言ったけど、お前のうんこはおれが受け止めてやるから

「うん、でもなんで?」

「仮設トイレみたいなもんだ、おれは処理できるから

「うん…」

「でも、それでもどうしても死にたかったら、死んでいい」

「いいの?」

「うん、しょうがねえじゃん。うんこしたのにつらかったら、そりゃ相当なうんこだよ」

「うん」

「じゃあ、うんことともに死ぬしかない」

「なんかやだ」

「まだ死にたいか?」

「いや、なんか大丈夫になってきた」

「なんで?うんこの話が面白いから?」

「うん」

「変わった趣味してんな」

「違」

anond:20191014134845

問題提起wwww

それを何もしてないって言うんだよ

具体的な行動起こしたら死ぬ病気なの?

死んでも何もしないよねお前

今までホームレス見捨てずに生きてきたのになんで今回は見捨てるんですか?www

俺ははじめからホームレスも俺も救われないのを知ってるんだよ

何度助けを求めても救われなかった

から、お前らは救わない癖にいい人ぶんなって言ってるだけ

治水について

追記

とても勉強になるまとめをみつけたのでお知らせしたい。

岐阜大の先生が今回の災害を振り返っている。

どういうわけかうまくリンクを貼れないが、ここ→ www.green.gifu-u.ac.jp/~bhdlab/?p=1391

以下、増田駄文。大変不勉強で、特定の方々をディスったりして申し訳なかった。こんなものをみる無駄時間節約してほしい。

ーーーーー

台風19号治水の大切さについていろいろと考えさせられた。

実は、恥ずかしながら、治水ことなど今まではっきり考えたことはなかった。

休日で暇だったのが幸いして文献を読みまくることができた。

一部、ツイッターなどでは事実上運転を開始した八ッ場ダムが2日間で満水にしたこと

利根川洪水を防いだのではないか話題になっている。

何が税金の無駄だ…台風19号 「八ッ場ダム」賞賛の声が相次いでいる – ジャストニュース

ガンダムになぞらえるなど、まるでヒーローのような扱いだ。へー、ダムってすごいんだな、と思った。

それに対して、冷静な反論も多く見られた。いわれてみれば、

利根川水系の治水対策は、八ッ場ダムけが頼みの綱だったわけではないし、むしろ未完成現在では既存利根川流域の治水計画範囲外のはずだ。

台風接近中、いろいろ文献を読んでみた。日本治水というのは、思ったより興味深いものだった。

数々のツイッターが注意しているように、今回の台風19号八ッ場ダム治水効果技術的な検証を待ってから、というのはその通りだと思う。満水したからといって大騒ぎするのは早計。

一見すると冷静っぽいけど、乱暴反論もあった。

Spica on Twitter: "そもそも論として、八ッ場ダムは利根川水系全体のダム貯水量の何%を占めるのか、八ッ場ダムの貯水量を利根川の流域面積で割るといくつになのか(=防いだ水面上昇量)、という定量的な視点なしに「八ッ場ダムが利根川を救った!」という単純な物語に収束していくのが危険で滑稽 https://t.co/IGUM0RUJCc"

とかね。

百歩譲って、流域全体に均一に雨が降るという前提なら成り立つんかね??定量的って、、、、全く。

そのなかでも、ちょっと気になったのは、以前より長い間、八ッ場ダム反対運動をしてきていると思しき人たちのツイッターブログの書きぶり。

あしたの会とかそんなやつ。以下、「彼ら」。

ひとことでいうと、彼ら、存在しない夢の総合治水像ですべての物事を語っている印象だ。しか上記ツイッターと同レベル科学を装っているから始末にわるい。

具体的にもっと違和感を覚えたのは、堤防管理では越水耐性を強化すべきとしている点。

堤防で水際の越水対策をきちんとやっていればダムなど必要ないというわけだ。

一方、国交省は、堤防の耐越水技術確立されていないとして、導入にすら消極的だ。

それに対して、彼らは、いやそれはダム偏重治水だケシカラン!安価で確実なものができるはずだ!ダム派の陰謀だ!と主張。

おおむね、こんな感じ。

応答する論理がぶっ飛んでしまって、彼らは自分だけ左翼っぽい政治闘争のレールに勝手に乗っかってしゃべっていて、

話がかみ合わなくなっている印象だ。

ダム反対派ってこういう感じなのか、、と実感した。今後はそっ閉じかな、と。

少し時間をさかのぼって、昨日の未明のことを話す。読売新聞が、「利根川決壊の恐れ」とのニュース報道した。

国土交通省関東地方整備局によると、埼玉県久喜市栗橋利根川で氾濫危険水位を超え、13日午前3時以降、同県加須市利根川渡良瀬川の合流点で越水し、堤防決壊する恐れもあるという。このため、両市は防災行政無線などで近隣住民避難を呼びかけている。

https://www.yomiuri.co.jp/national/20191013-OYT1T50008/?fbclid=IwAR3Qx2agzmJXMNhcbSqHfv0ikhreIMAzdALb9YHpsKiUg-hJL24qPzcWqgM

すでに、昨日の時点で、いろいろ文献をあさってて、関東平野治水ちょっとは詳しくなった気になっていたころだった。

決壊すれば、近隣住民避難どころの話ではなく、下流域の春日部市から江戸川区に至るまで広範囲に水没し、カスリーン台風の二の舞になる恐れがある、ということがとっさに分かった。

水位情報確認すると、確かに栗橋観測地点において、氾濫危険水位を超えてじわじわ水位上昇中だった。堤頂から2mくらい下まで水位が来ており、台風強風によるうねり考慮すると、越水が気が気でない状況。

そこで同地点の洪水対策をググってみたら、彼らのウェブサイトがヒットした。

NHKが報道した利根川の決壊を想定した浸水のシミュレーション | 八ッ場(やんば)あしたの会

彼らは、2017年当時、NHK報道した利根川決壊を想定した浸水シミュレーション批判し、次のように主張する。

今回のシミュレーションは、利根川栗橋付近埼玉県久喜市)の決壊で溢れた洪水が、中川農業用水の排水河川)を通して東京都内まで短時間で到達するとしたものです。利根川の氾濫洪水が流下するバイパス中川がなることはあり得ることだとは思いますが、そもそも利根川栗橋付近堤防決壊する危険性がどの程度あるかが問題です。

 栗橋付近から上流の利根川中流右岸および江戸川上流部右岸では、土地を買収して堤防の裾を大きく拡げる首都圏氾濫区域堤防強化対策事業国交省関東地方整備局によって進められています

へー、そうなんだ!やるじゃん、国交省!と安心したのが、彼らの主張を見た最初だった。

ところが、このページの締めくくりに書いてあった文章違和感を覚えた。次のように彼らは締めている。

この事業は浸透に対する堤防安全性を確保することを目的とし、国交省は超過洪水対策ではないとしていますが、これだけの堤防強化が行われれば、決壊する危険性がほとんどなくなることは明らかです。その点で、今回のシミュレーションは前提が現実と遊離した仮想計算といえます

 NHK報道は、利根川栗橋付近で行われてきた首都圏氾濫区域堤防強化対策事業堤防の現況などには触れませんでした。洪水への備えは必要ですが、利根川決壊の恐怖を必要以上に強調する報道は、果たして防災の役に立つのでしょうか。

まず第一に引っ掛かったのは、国交省が同地点で実施した堤防強化事業を"超過洪水対策”ではない、としている点。

超過洪水対策?なんのことを指しているのかわからなかったので、検索してみたら、例の耐越水堤防をめぐるダム反対派と国交省のやり取りがヒットしたというわけだ。

次に疑問を持ったのは、

「これだけの堤防強化が行われれば、決壊する危険性がほとんどなくなることは明らか」

結論づけていることだ。国交省が超過洪水対策じゃないっていってるじゃん??根拠がわからない。

しかも、この記事を読んだのは、国交省がまさに台風19号により栗橋付近での決壊の恐れを警告したニュースをみているときだ。

まり、彼らは国交省堤防強化事業について、越水対策下駄勝手に履かせて、その効果を信じているが、国交省は昨日時点で、すでに堤防強化された箇所において、なおも越水危険を警告した、という構図。

現実と遊離しているのは一体どちらなのか??

さらに、たった今気が付いたのだけど、

http://www.ktr.mlit.go.jp/tonejo/tonejo00552.html

によれば、栗橋付近工事、まだ終わってないか、ほぼ終わったばかりじゃねーか!

2017年に終わってるとか嘘じゃねーか、騙されたぜ。

もうひとつ違和感が残った彼らの主張に、カスリーン台風評価がある。

カスリーン台風襲来時、たまたま運よく吾妻川流域の降雨が少なかったというのが俺の理解だ。

それに対して彼らは、国交省カスリーン台風同程度の台風が来たら被害が大きくなるというが、それは妄想だ、カスリーン台風時でも吾妻川流域は持ちこたえたんだよ、と主張。おおまかにいうと。

これもさっきのツイッターと似て、彼らのお花畑では、流域全体に常に均一に雨が降ってんだろう。

https://yamba-net.org/37932/

これ、朝日新聞朝日新聞で悪い。かみ合うはずがない。

それにしても、彼らは、なぜ、それほどまでに堤防事業を全力で信頼しているのか。その答えは、彼らの思い描く理想総合治水像にあった。詳細は彼らのサイト

大まかにいうと、ダムに過度に依存せず河川改修やソフト対策を中心とした総合治水モデル。へー、脱ダムの主張ってこんな感じなんだと感心。

かに、流域によっては、河川改修の方が費用は少ないという試算を出せる場合もあるだろう。雨水対策や遊水地効果を狙って水を河道から逃がす発想も大切だ。

従来の治水思想は、「貯めて、流す」という言葉表現されるように、「水を河道に封じ込めて人間流量コントロールする」というもの

近年は、彼らになびいたわけではないだろうけれど、ダムを大きな治水の柱としつつも、特に首都圏では雨水対策はかなり充実してきているように思える。

しかし、問題は、近年の気象現象の変化によって増大する大規模水害。この発想でどこまでいけるのか?

一体、どこまでのハザードを国や広域自治体(県)が想定すべきかどうかにも関わってくる。

財政的な現実性を踏まえれば、100年確率検討するよりも、50年、30年確率検討したほうが安価だ。

人命を守ることを優先し、床上浸水は阻むが、場合によっては、床下浸水我慢してもらうといった発想だ。

例えば、2010年に当時の橋下大阪府知事が決定した槙尾川ダム建設中止はそうした費用効果分析に基づいている。

流域を個別にみていけば、最適解はそれぞれ異なるだろう。

比較的規模の小さな流域では、高いコストダムを作って「貯める」中心の治水を行うよりも、むしろ頻度の高い少々の洪水には我慢してもらう、という発想はありうるかもしれない。

なんでもかんでも山河コンクリートで固める時代は確かに終わったと思う。

からこそ土砂災害防止法2001年制定され、避難などのソフト対策へのシフトも謳われた(土砂災害ちょっとジャンルだが)。

しかし、政治的意思決定は、自治体財政的なインセンティブに左右されてしま可能性もあるかもしれない、というのが当時の橋下府政に関する文献をみた印象だった。

そうすると、広域自治体によっては、経済的安価なよりコンパクト治水事業が知らず知らずに選択されかねない。

住民の目からすれば「ちょっと床下浸水くらい我慢してね、あとは自助だよ、自助、逃げろ走れ、だよ」と広域自治体から言われ、

基礎自治体からは、市町村合併して公務員縮小してるところなんで、避難体制整備まで人回せません。。みたいな、ね。

正直、日本中山間地域含む地方は、そんな風に途上国化してもやむを得ない状況だと思っている。

しかし、首都圏洪水から守るという発想は正直、次元が違うというのが、ここ二日間、暇に任せて学んだ印象だ。

総合治水の在り方は、守るべき価値の大きさとのバランスだと思う。栗橋付近決壊で、東京ダウンタウン住民数百万人に、一斉に逃げろ、みたいな構図は、正直ありえない、あってはならない。

国のシナリオでは100兆円34兆円(*訂正)をこえる被害想定も算出されている。

百歩譲って、首都圏を守るための治水事業においても、脱ダムして、河川改修を中心とした対策シフトすべきだ、としても

彼らのように、現実にありもしない堤防越水対策などを謳って独自の想定シナリオ提案し、脱ダム必要性を訴えるのは、行政サイドからは話がズレているとしか思われず、空回りするだけだろうと思われた。

河川改修の重要性、これに異論があるわけではない。例えば新潟三条流れる五十嵐川とか、拡幅工事がなかったら終わってたわけだし。だけどダム否定する論理にはならない。

しかし、議論するなら説得力は相当に必要だ。相手にされなかったときに、やっぱりダム利権が絡んでいるからだ!と政治闘争路線に走るのも彼らのお決まりコースなのが残念なところ。

ドラえもんの道具を謳いたいなら、それは科学論文証明してもらわないと。

科学技術的な論文勝負してもらいたい話を政治の話にすり替えるのは卑怯だし、見苦しい。

そんなことを思いながら、貴重な休日が終盤に差し掛かりつつある。。

+++++

追記その1訂正

首都圏大規模水害の被害想定は34兆円が正解。土木学会が取りまとめた高潮被害混同してました。。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%96%E9%83%BD%E5%9C%8F%E6%B0%BE%E6%BF%AB%E5%8C%BA%E5%9F%9F%E5%A0%A4%E9%98%B2%E5%BC%B7%E5%8C%96%E5%AF%BE%E7%AD%96

http://committees.jsce.or.jp/chair/system/files/%E4%BB%98%E9%8C%B23_%E6%B2%B3%E5%B7%9D%E5%88%86%E7%A7%91%E4%BC%9A%E5%A0%B1%E5%91%8A%E6%9B%B8.pdf

追記その2

長くなりすぎるので割愛したけど、調べている途中で見つけた新潟県及び三条市の過去15年年にわたる五十嵐川治水の取り組み、見附市刈谷田川田んぼダムソフトハード絶妙な組み合わせ。素晴らしいものがあると思った。

市町村合併云々のくだりは倉敷市真備町の事例を参考にした。雨水対策は、中堅都市では岡崎市住民参加型の取り組みも興味深く拝見した。

本来このような話を本文で書くべきだったのかもしれないがあしからず

追記その3

「彼ら」含めた原告団最高裁まで争って敗訴決定したのは2015年こと。住民の疑問点は一顧だにされなかったと憤慨されている記事もある。しかし、そのあとにも引き続き、いろいろと従前の主張を繰り返しご発言なさってるという状況は留意しておいてもいいことだと思ってる。治水の話かと思いきや、左翼レッテル張りの記事に見える(個人の感想です - fn7のコメント / はてなブックマークに対するコメントとして。→ええ、そうだよ、思いっきりディスってるよ。

負けたなら黙れっていってるわけじゃないが、高裁判決に対してろくに反論もしてない時点で、キャッチボールになってないんだよ。そういうもの無視して同じ主張を繰り返すくらいなら、主戦場を変えたら?って思う。

2019-10-13

anond:20191013114153

任天堂「弊社の倒し方?フフフ、面白いですね、なら教えましょうか?」

バイオハザー堂「ケケケ、ならワシはアンブレラ社の倒し方でも」

資生堂「ちょっまてwww!何で俺が呼ばれるの?!」

……。

任天堂「まずはグリーさんが…」

バイオハザー堂「まずはTウイルスをじゃな…」

資生堂「……あのさぁ〜俺も何かしら言わんとダメなの?」

証拠もってこいって言う奴は一般人は家宅捜査とか出来ないのにどうやるんだよと言いたい

anond:20191013073545

10月8日からギリ助かったんじゃね、元増田は。

1話見ててお互いに「これ面白いな次も見ようぜ」とかだと悲惨だ。俺なんか相棒好きの彼女だったから続編や映画化でほんと心が痛い。99.9が第2シーズンやった時は、榮倉奈々似の彼女だったんで死ぬかと思ったヒロイン交代で助かったwww

漫画死ねる。彼女の影響でちはやふる読んでたからなー。

[][]2019年10月12日土曜日の増減

サイト\日付2019-10-062019-10-072019-10-082019-10-092019-10-102019-10-112019-10-12合計説明
Reuters ttps://www.reuters.com/article-113352-327749イギリス大通信社
AP ttps://apnews.com/0000100450アメリカ大通信社
AFP ttp://www.afp.com/0000000160フランス大通信社
UPI ttps://www.upi.com/0000000621アメリカ/韓国大通信社
TASS ttp://tass.com/0000000274ロシア大通信社
Bloomberg ttps://www.bloomberg.com/-122-131127673アメリカ 金融ニュース通信社
Wall Street Journal ttps://www.wsj.com/010-100317922アメリカ 新聞
New York Times ttps://www.nytimes.com/613106266159アメリカ 新聞
The Washington Post ttps://www.washingtonpost.com/3-1-1101119442アメリカ 新聞
The New Yorker ttps://www.newyorker.com/000070-14095アメリカ 新聞
USA Today ttps://www.usatoday.com/200-10103702アメリカ/スイス 新聞
Los Angels Times ttp://www.latimes.com/011-3-2005865アメリカ 新聞
Time ttp://time.com/-12231-105969アメリカ ニュース雑誌
Newsweek ttp://www.newsweek.com/01011013579アメリカ ニュース雑誌
The Atlantic ttps://www.theatlantic.com/002-12128275アメリカ 総合雑誌
Fox News ttp://www.foxnews.com/10021113486アメリカ 放送局
CNBC ttps://www.cnbc.com/00031122527アメリカ 放送局
abc News ttps://abcnews.go.com/-11110007755アメリカ 放送局
CNN ttps://edition.cnn.com/000010-103559アメリカ 放送局
CNN Money ttps://money.cnn.com/00000003226アメリカ 経済ニュース放送局
npr ttps://www.npr.org/01222029823アメリカ 放送局
Vice News ttps://news.vice.com/00000-1-11600カナダ/アメリカ 放送局ニュースサイト
HuffPost ttps://www.huffingtonpost.com/00000001311アメリカ ニュースサイト
Business Insider ttp://www.businessinsider.com/-4-46-4-111-1224445アメリカ 経済ニュースサイト
Quartz ttps://qz.com/00020002207アメリカ/日本 ニュースサイト
Vox ttps://www.vox.com/0000-1003314アメリカ ニュースサイト
Breitbart ttps://www.breitbart.com/0000000281アメリカ 政治ニュースサイト
POLITICO ttps://www.politico.com/00000011390アメリカ 政治ニュースサイト
The Daily Beast ttps://www.thedailybeast.com/00000012186アメリカ ニュースサイト
The Star ttps://www.thestar.com/0101000589カナダ 新聞
O Estadao de Sao Paulo ttps://www.estadao.com.br/0000000222ブラジル 新聞
The Guardian ttps://www.theguardian.com/751455465252イギリス 新聞
The Telegraph ttps://www.telegraph.co.uk/000-100014470イギリス 新聞
The Independent ttps://www.independent.co.uk/300-2-1-1-26881イギリス 新聞オンライン専業化
Daily Mail ttp://www.dailymail.co.uk/310-101120422イギリス 新聞
The Sun ttps://www.thesun.co.uk/12000002775イギリス 新聞
The Economist ttps://www.economist.com/-2-133-31522076イギリス 週刊新聞
BBC.com News ttps://www.bbc.com/news/-4-61-28-2-4024446101イギリス 放送局(日本語ページ除外)
BBC.co.uk News ttps://www.bbc.co.uk/117036216551042983イギリス 放送局
sky news ttps://news.sky.com/0000000746イギリス 放送局
aeon ttps://aeon.co/1000000483イギリス ニュースサイト
Irish Times ttps://www.irishtimes.com/02000003200アイルランド 新聞
Le Monde ttps://www.lemonde.fr/00400101601フランス 新聞
France24 ttp://www.france24.com/00010001255フランス 放送局
Deutsche Welle ttps://www.dw.com/00100011083ドイツ 放送局
Build ttps://www.bild.de/0000000503ドイツ 新聞
Spiegel ttp://www.spiegel.de/00002002842ドイツ 新聞
The Local de ttps://www.thelocal.de/0000000228スウェーデン ドイツニュースサイト
La Repubblica ttps://www.repubblica.it/0000000265イタリア 新聞
El Mundo ttp://www.elmundo.es/0000000964スペイン 新聞
Anadolu Agency ttps://www.aa.com.tr/000000083トルコ 国営通信社
Middle East Eye ttps://www.middleeasteye.net/0000000173イギリス ニュースサイト
Al Jazeera ttps://www.aljazeera.com/-10200-318866カタール 放送局
ParsToday ttp://parstoday.com/020001-12033イラン 放送局、元イランラジオ
NDTV ttps://www.ndtv.com/0000000270インド 放送局
The Hindu ttps://www.thehindu.com/0000000546インド 新聞
The Times of India ttps://timesofindia.indiatimes00000001026インド 新聞
DAWN ttps://www.dawn.com/0000000180パキスタン 新聞
ABC ttp://www.abc.net.au/00000014413オーストラリア 放送局
NZ Herald ttps://www.nzherald.co.nz/0000000575ニュージーランド 新聞
Bangkok Post ttps://www.bangkokpost.com/0001010856タイ 新聞
Channel NewsAsia ttps://www.channelnewsasia.com10000001916シンガポール 放送局
Jakarta Post ttp://www.thejakartapost.com/00-10000361インドネシア 新聞
RT ttps://www.rt.com/00001002141ロシア 放送局
Sputnik ttps://sputniknews.com/0-1-10000712ロシア 通信社、元ロシアの声
HAARETZ ttps://www.haaretz.com/00000013100イスラエル 新聞
The Times of Israel ttps://www.timesofisrael.com/0010100417イスラエル ニュースサイト
ETtoday新聞雲 ttps://www.ettoday.net/1000000197台湾 新聞(合同サイト)
South China Morning Post ttps://www.scmp.com/00001011125香港 新聞中国資本に買収された
新華通信社 ttp://www.xinhuanet.com/0000-100308中国 国営通信社
環球時報 ttp://www.globaltimes.cn/0000000208中国 人民日報系列英字紙
Integrated regional information network ttp://www.irinnews.org/000000013国連機関 ニュースサイト
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん