「トップレス」を含む日記 RSS

はてなキーワード: トップレスとは

2020-07-03

anond:20200701200117

薄々思ってたけどマジで一部のフェミって自他境界薄いんだな。自分がしたくない・しないことと他人禁止することがごっちゃになってる。

女性専用車両廃止させる

性別理由他人公共交通機関から排除するな。

広告でとにかくおっぱいを強調する

別にお前が強調しなくてもいいけど他人がしてるのをわざわざバッシングするな。

・脱ぐ。トップレス運動に参加する

別にお前が(ry

ブサイクで低年収男性キモカネおじさんと積極的に付き合う。ただし美人限定

これ、半分くらい皮肉で言われてるってわかってなさそう。

さんざんPersonal Is Politicalとか言ってきたんだからそりゃ「外見や年収で人の価値が決まるわけじゃないよ。まあ私は金持ちイケメンを選ぶけど!」なんてのが個人自由として通用するわけないだろ、それはpoliticalじゃねーのかよ、ってツッコまれるわな。

女性社会進出していくのはいいことだし、性の自己決定権はあるべきだし、年齢で差別されるべきじゃないよ。まあ俺は若い処女結婚して専業主婦になってもらうけど!」っていう男がいたらどう思う? って話ねw

まあそれは個人自由でしょというのはその通りで別に批判されるいわれはないけど、同じ口で二度と「個人的なことは政治的なこと(キリッ」とか言ってんじゃねーよっていう。

2020-07-01

アンチフェミが考える、あるべき理想フェミニズム

四六時中フェミニズムを叩くからには、おそらくアンチフェミの中には「フェミニズムリベラルはかくあるべき」といった理想像があると思うのだけれど、それって具体的にどんな思想

Twitterとか増田アンチフェミを見るに、

女性専用車両廃止させる

ブサイクで低年収男性キモカネおじさんと積極的に付き合う。ただし美人限定

セクハラを訴えない。逆に自分の魅力を評価されていると考える

・kutooもウザいので訴えない

医学部受験合格点に達していても女性というだけで落とされるのも仕方ないことなので、訴えない

女性地位向上についての訴えを行うとキモカネおじさんをはじめ男性が嫌な想いをするので、そういうことは一切しない

・むしろこの世界で一番かわいそうなのはキモカネおじさんやその他の男性なので、フェミニストはその人たちのために活動する

広告でとにかくおっぱいを強調する

# でも去年炎上した秋葉原看板アンチフェミ的もアウトらしい。線引きが謎 (https://twitter.com/milkfactory_/status/1190189530449473536?s=20

・脱ぐ。トップレス運動に参加する

Twitterフェミっぽい発言をしている人がいたら、togetterにまとめて晒し上げて垢消しあるいは自殺まで追い込む

おかし発言をしている女がいたらそいつフェミニストと認定して、その女がおかし発言をした責任を全フェミニストが取るべきとして徹底的に叩く

・逆に、犯罪・その他おかし発言した男性/アンチフェミがいても、それはそいつ個人問題なので、男性全体/アンチフェミクラスタ全体を責めるようなことはしない

以上を満たしていればアンチフェミに、真のフェミニストとして認めてもらえるのだろうか

アンチフェミの人どうですか?

2020-06-30

anond:20200630103502

「女体は好きだけど、その中身の人格は大嫌い」がアンチフェミおじさん

からトップレスのような女体を見せてくれる系のフェミ運動だけは熱烈に支持する

一方で、人格主体フェミ運動は支持しない。女体が見られないからね

非常に単純でわかりやす行動様式

巨乳女性トップレス運動だけめちゃくちゃ応援するアンチフェミおじ

おじさんの性欲に都合のいいフェミ運動だけやたらと応援するの、欲望に忠実でむしろ好感が持てる

2020-03-24

の子たちはどこでリスクとリターンを学ぶんだ?

俺がガキの頃は、

エロいやつだと思われたらどうしよう」

学校で『あいつは普段真面目ぶってるだけで本当はエロいやつだ』と噂になったらどうしよう」

とドキドキしながら本屋エロ本を買いに行ったし、

「『この人こんな趣味なんだ…引くわー』と思われたらどうしよう」と想像して顔を赤らめながらエロビデオコーナーに入って

ピンクビデオレンタルものだが、

の子供たちにはそういうリスクとリターンの練習の場がないのだ。

なにがPornhubだ、なにがxvideosだ、何が東京トップレス (ん、風俗サイトに 変わった?)だ!

知らない人と目と目を合わせて自分下品さを感じいる和の心はもう失われてしまったのか?

この世は一度荒廃しなきゃならんようだな…。

anond:20200324113132

ムチムチ巨乳の男同士によるトップレスTバックレスリング国技扱いされてるんだぜ? 格闘技程度で何言ってんだ。

2020-03-21

抜きアリ派遣マッサージデリヘルではない

ヘルスコースある店もある

けど、マッサージと抜きってコースの店が多い

洗体もあるとなお良い

たまに居るマッサージやる気なしで勝手に素股とかやろうとする嬢は萎え

パンティー履いての顔騎はすごく良い

トップレスが基本

たまにはフルヌード

基本攻めはNGだったりするがソフトタッチは許してほしい

コロナ最近遊べてない

早く遊びたい

2020-03-20

anond:20200222013401

男の胸に男は性を感じない人が多いけど、女の胸には女も性を感じる。

股間については、言うまでもなく。(性そのものだもんね)

女性男性sexy point が 2:1 の対応なので、男は股間言及するしかないんだろ。

フェチは、普遍的じゃないかフェチなんだ。

それを女は不公平だと騒ぐ。

性ってば、子孫へと世代を繋げるための大事な要素で、でも普段から意識する必要性は低いし、おおやけにするものでもない。

子を産み育てるには、女の2つの sexy point必要なのだ

男が普遍的自分おっぱいをあげることは、どうやったって無理なのだ

から女は女を隠せと言う。

一方で、乳首を隠さなければならないのは女性人権侵害であると言う。

さなければならないものではないと、トップレス行進までしてみせる。

結局、満足な自己承認が出来てないってことに帰結ちゃう

もっと子作りの敷居が低い世界になあれ。

2020-03-14

フェミニズムに少し関わると見えたこ

ポール・ハギンズ監督による映画クラッシュ』という秀逸な映画がある。アカデミー賞を取っている。

この映画簡単にいうと、

人種の坩堝であるアメリカにおいては、日常様々なところで人種差別があるのは当たり前の日常になっていて、差別する方もしたくない方も疲れ果てている。しかし一旦大変なことが起こると、人種の壁など一瞬で超えることが私たちは出来るじゃないか。という主張の映画である。もう私はこの映画に感動しまくって、涙が止まらなかった記憶がある。批判もあった。そうはいっても差別をなくさなければならないのだから、この映画のように差別なんかどうでもいいじゃないか、という主張なのでは問題解決にもならない、など。

どちらの意見整合的ではあるとは思った。が、どっしにしろ私たち人間は協力しないとこの世界では生きてはいけないという、赤裸々な真実はあって、目をそらしていいわけではないのである。どちらの意味においても、である

さて、フェミニズム話題として、最近はあの石川優実さんによる#KuToo が話題をかっさらっている感がある。華やかな表舞台では#KuTooは石川優実さんとともに世界的に評価されつつも、その裏側では石川優実氏のあまり矛盾した態度とそれをよく表した#KuToo本(靴から考える本気のフェミニズム)に対する猛烈な批判である

私が気になったのは、どちらが正しいかなのではなく、どうしてそんなに極端に矛盾した状態になっているのか? であった。これは一旦はいってみる価値があるのではないかと、フェミニスト側の立場仮面を被ってTwitter上で観測を始めた。

こうした問題は、双方の目を持たないと、実はその真相が見えてこないのである。実はこれ、全くの単純な考え方であり、例えば子供二人が喧嘩していた時、仲裁に入る人はどちらの目線にも立つはずであろう。別に仲裁たかったわけではないが、一方の側にばかり視点偏重させると結局、人はため息か悪態をつく以外になくなってしまうのである。その視点を私に与えたのが、昔見た映画の冒頭の「クラッシュ」だった。

で、どうだったか

結論を言おう。

#KuTooはそんなこと無関係に大いに役に立っている、それは間違い無いという単純な事実が一つある。石川優実さんがいう通り、少しずつ労働現場では強制がなくっていているなどということの他に、安倍首相共産党小池氏が、日々国会で厳しく論戦を繰り広げていたのに、#KuTooの話で、小池氏が安倍首相の言質をとって、一時予算委員会拍手と笑いに包まれたという名シーンであるあんな和やかなシーンはあまりたことがない。

だが、一方で、KuToo本は最悪の駄本であるあんな酷い本もない。たとえ敵側の人たちをクソリプする人達と罵ろうとも、やってはいけないことのオンパレードで、現代書館までその人たちをなんの根拠もなく犯罪者呼ばわりするのである。やってはいけない改竄捏造・酷い引用の仕方、到底倫理観のかけらもない行為しか思えないものである裁判になりそうなので、そうなったらコテンパンにやられて欲しい。

そして、石川優実氏は相変わらずで、クソリプ攻撃応酬に疲れ果てたのか、とうとう「死にたい」とまでTwitter上で公言する有様。それをみる味方側も誰も批判しないという異常な光景、私はもはやこれはただ事ではないとしか思えなかった。

死にたい、と公言したのは、いわゆる死ぬ死ぬ詐欺である。あのねぇ、石川さん、それ女の弱さを利用する、フェミニズムに最も反する行為じゃないか。信じがたい暴挙である

そして彼女はすぐさま、ハングル韓国応援要請(これは彼女が心を落ち着ける以外の目的はないと推測)、英語で同様にTweet拡散。あまりにもこれは自己本位であり、あんなのを許す味方も含め、頭おかしいとしか思えない様相

私はその時点ではまだよくわかっていなかったが、何れにせよ、#KuTooを崩壊させかねない、愚行そのものであった。

どうしてそこまでに至ったのかについては、理由簡単である。「怒り」に任せたかである。KuToo本ではっきりそう言っている。彼女原体験は、彼氏にブチ切れて彼氏に女の苦労を認めさせた、そこにあるからだ。

から怒りは一番正当であり、怒ってさえいたらなんとかなる、と。しかしそれは、あまりにも無知であり、彼女が受けたMeToo被害だって、失礼だけど有り体に言って無知だったからに他ならない。もちろん男が悪いのではあるが。

宇崎ちゃん騒動や、ラブライブ騒動も実は全てそれで、あまりに「怒り」に任せすぎるのである

何故なのか。

それはもう、はっきりしている、女性差別が現に存在するからである彼女無知ながらも自分一人で「女性けがどうしてハイヒールを履かねばならないのか」を発見できたのも、女性差別が現に存在するからである。そうした認知がなければ彼女は静々「ルールから仕方がない」と大人風に冷淡にただ納得していただけであろう。

他にもある、トランスジェンダー女性に対する差別である

結局は、怒りに任せないと、理解させる方法がないのだ。少年ブレンダさんも、怒る以外に方法がない。どうしてもわかってもらえない。

ーーー追記

他にも女性差別に関し様々な怒りの声が世界で沸き起こっている。真っ先に思いつくのは前述した#MeTooでもある。

あるいは視点を変えて女性教育重要性を主張するマララさんであったり、アメリカ女性トップレスでも良いじゃないかと主張して上半身露出デモを行う人たちもそうであろう。多くの女性差別への怒りに対する声はもう止められない。

それでもなかなかそれら勢力と反対側にいる人たちは理解しないのだ。

もちろん現実には共感して支持する人もいるにはいるが、それらは彼女女性が「怒る」のは差別の大きな枠組みとして「女性差別」があると言うことをどうにか認めてほしいと言う切なる願いに他ならないとしか思えないのである

本当に理解の壁というのは高過ぎて絶句するほどに思えることすらあった。

ーーーー

これがフェミニズムにまつわる悲しい、しか事実であった。

彼女たちに怒る理由は十分すぎるほどある。それは決して「あなたたちそんなに怒るな」なんて到底言えるレベルの話ではない。差別とは何か、もう一度原点に戻って考えるべきではあるが、冷めた目で事態をを見つめるのは、例えばブコメなどで、適当意見をいう程度で済ませるのは、関心を持つのであれば、できたらやめて欲しい。

言論の自由はある。

だって、そうした問題を見つけられたのははてブコメントTwitterなどで、騒ぎになって可視化されたからそれは否定しない。

だけど、そうした悲しいフェミニズムの持つ現実女性差別があるというのを少しでもいいから、どうしてもわかって欲しい。

考えてみて欲しい、極端な話だけど、何年も何年も女性男性の下に置かれて奴隷のように暮らして来たのである

女性奴隷ではない。一刻も早く解放させてあげたい。

これが私の見えたことであり、お願いである。

2020-01-04

ブラック校則VS弁護士1990年前後の戦い

1.まえがき

ここ数年、ブラック校則話題になっているが毎日新聞の記事に『中学校でどのような校則があったか』の年代グラフがある。

こちらのグラフでは特に帰宅途中の買い食い』『スカートの長さ』などの校則について、今(正確には2018年)の20台~30台で一度は緩和されたことが見て取れる。

まり毎日新聞記事にあるような『昔より今が厳しく』という一直線の構図ではなく、昭和から平成へと移った1990年頃に“管理教育”への批判とそれに後押しされた校則を巡る人権救済案件裁判があり、

その影響で1990年代後半~2010年頃には校則の緩和が行われていて、その揺り戻しが最近になって再び出てきているというのが正しい実態なのではないか

そして、ちょうどその頃の『1990年ブラック校則』をめぐる案件に関わった話をたまたま本で読んだので書いてみよう。

ちなみにその本とは、伊藤芳朗(弁護士)著・『ボクが弁護士になった理由』という本だ。

2.S女子高校管理教育事件

著者は「この事件前後して綾瀬女子高生コンクリート詰め殺害事件があった」と書いているから時期はだいたい想像できる。内容については少し長くなるが以下に引用する。

この事件は、当時問題になっていた管理教育の最たるものでした。まず、登下校時には、100メートル置きに教師が立って服装髪型、歩き方などをチェックする。もちろん決められたルート以外の道を通るのは許されない。

山手線の駅に近いため、駅には教師変装してスパイ活動をしている。髪型は三種類に決められており、おかっぱ頭可、中くらいか、長いかだけ。中くらいの時は黒のゴムで2つに縛らなければならず、長い髪は三つ編みにしなければならない。

もちろんワンレンとかポニーテールは不可。パーマや毛染め、脱色はもってのほか(即退学)。しかも、三種類の髪型を変える時は教師許可必要

また、下着の色が決められていて、肌色か白でないとダメピンクは不可。そのため、全校一斉の抜き打ち検査が度々あり、全校生徒が体育館に集められ、男性教師が並ぶなか、一人ひとり服をめくられてチェックされる。

もし決まった色の下着を着ていなかったり、夏の暑い時にスリップを着用していなかったりすると、壇上に上げられて教師たちから「この子たちは娼婦です」と罵倒され、笑いものにされる。(中略)

体罰は横行し、女生徒も平気で教師から下腹を膝蹴りされる。顔を殴るのは当たり前。言葉による暴力も凄まじい。(上掲書。p.224-226)

平成の初めの時期ですらこのような管理教育があったという。このケースでは、中退した元生徒を申立人として弁護士会に人権救済を申し立て、最終的には校則制服の全面改訂で妥結したそうである

3.S高校パーマ自主退学強要事件バイク退学処分事件

前者のパーマ事件があり、報道されたことを受けて別の生徒が『自分もこのような理不尽な退学処分を受けた』と訴えてきたのが後者であり、著者が主に関わったのは後者であったらしい。

男子生徒はS高校在学中にバイクに興味を持ち、免許を取得してときどきバイクに乗っていました。その後、先輩が事故したこときっかけに男子生徒はバイクに乗るのを止め、自主的にバイク免許証を担任に預けていたのですが、元来メカいじりが好きな男子生徒は他人バイクの修理などを自宅で行っていました。そのような経緯から男子生徒は今でもバイクに乗っているのではないかという疑惑が持たれ、免許証を預けていたなどの態度も一切考慮されず、弁解をする機会も与えられないまま退学願いを出すよう強要され、これを断ると退学処分を行ってきたというものです。(上掲書。p.241-242)

最近は見直されつつあるというバイク関係、いわゆる「3ない運動」を厳しく実施することに関する事件だったのだろう。そして

最初学校側と復学交渉しましたが、あまり学校側の弁護士(元検察官)の態度が悪いので(元生徒)本人が怒りだし、ボクたちも頭に来たので、たぶん全国でも初めてだったと思いますが、裁判所に申し立てて、学校に残っていた職員会議録や元生徒の生徒指導要録を証拠保全裁判が始まる前に相手方が持っている重要証拠を押さえてしまうこと。医療過誤訴訟カルテの書き換えを防止するため行うことが多い)したのです。(中略)これも全国初だと思いますが、校則を正面から争った裁判で、生徒側が勝訴したのです。

という結果となった。

4.ボンタン事件

ボンタンというのは幅広ズボンのことだが、制服を改造したりするのが流行っていた時期だったのかその辺の影響はわからない。

とにもかくにも、男子生徒が校則違反ボンタンを履いて登校したところ学校からブロックアウトされ授業を受けられないという事例が埼玉県千葉県で同時期にあったという。

学校側の理屈は、「授業を受けさせないと言った覚えはない。校門のところで『履き替えてきなさい』と指導したら家に帰ってしまっただけだ」というもので、まったくお話になりませんでした。

しかも、論争していると、驚いたことに両校とも言うことは全く同じで、「それじゃあ弁護士さんたちは女生徒トップレスで登校してもよいと仰るんですか?」もうこれには言葉もありませんでした。ホントはこいつら女生徒トップレスが見たいんじゃないか、と思わせるほど同じ言い方だったのには呆れるばかりでした。(上掲書。p.244-246)



5.ところで

増田がこんなことを書いた理由は2つある。

1つは、『ブラック校則場合によっては弁護士会の介入や裁判を招く』ことを多くの人に伝えたいと考えたから。

もう1つは、これらの事件に関して同書に興味深い記述があるから。その興味深い記述とは以下のようなものだ。

(2の事件学校で)

ある体罰教師は言いました。「ボクも、本当にこんなに暴力を振るっててよいのかと自問したことは何度もあります。でも、周囲が同じようにやっていて、自分も今まで体罰を繰り返していたのに、急に体罰をやめると、自分としてもやるべきことをサボっているという錯覚に陥り、やめることができなかったのです」(中略)

さらに、校長先生お話もっとも印象的でした。「私は、実は何度も管理教育を見直そうと悩んだんです。でも、もしウチが突然管理教育を止めたら、生徒は一時的にも荒れるでしょう。そうすると必ず親の方から、『なぜもっと厳しく躾けてくれない』とか、『学校が甘いからウチの子がだらしなくなった』とか、必ず学校が責められるんです。でも、今回は弁護士会という外圧がかかった。だから、親からクレームがついても、『弁護士から圧力がかかったから、仕方がないか校則を緩めたんです。文句があるなら弁護士会に言ってくれ』って言えるでしょう。助かりました」

結局、管理教育をやる側の教師たちも、何も悩んでいない訳ではないのです。むしろ、内実を知らず、やみくもに厳しくすることだけを望む親との間で苦しんでいる姿がそこにはあるのです。

(4の事件学校で)

埼玉の方の学校は、帰りがけに教頭先生がポツリと、「実は私つい最近までアメリカ研究留学していましてね、本当はこんな服装のチェックばかりやらされて『アホらしい』と思っているんですよ」と仰るのです。

結局のところ、『無意味から止めろ』というのは簡単だ。だが、実際には『管理を強化』が必ずしも安全の向上には繋がっていないとしても、『安全のため』を錦の御旗にされるとなかなか反対できない。

あるいは本当に止めようとなると始めた人の責任問題になったり、互いの空気の読み合いになったりする。だからなかなか止められない。学校に限らず、企業役所非営利団体でもありがちな話だ。

そのような構造を見ると増田は別のことも思うのだ。

管理の強化は、結婚のようなものである。始めるのは簡単だが、終わらせようとすると苦労する』

2019-11-21

性におおらかな社会にならないかなあと考えていて、傷つく人がいない範囲自由にやれたらと考えてる。性が恥ずかしくないもの、隠さなくていいオープンものになればいいと思っていて、例えば男女問わず生理オナニーセックスについて当たり前に話せるということ。女がトップレスで歩いていてもオッケー。告白は男からセックスは男から誘うものみたいな通例が無くなって女も好きにアプローチする。もちろん合意は必ずされるべきで、相手が嫌だといえばやめる、もしくはあらかじめ本当に嫌なときキーワードをきめて挑むべき。

2019-11-17

アフリカ原住民女性トップレスだったりするから人類トップレスはできなくはないか

現代人にトップレス普通と擦り込ませるのに何十年かかるかは知らんが

2019-11-10

男のおっぱい規制するより

https://kai-you.net/article/3979

女のおっぱいを解禁したほうが自由じゃね?

たまに外国の女がトップレスになる権利をうったえるデモニュースを見るけど、女がおっぱい出すのが当たり前になったら、おっぱいフェチの男は激減すると思う。

2019-10-30

anond:20191030110441

たまに外国で、女もトップレスになる権利を与えろってデモとかしてる人がいるじゃん。

おっぱいさらすのが当たり前になったら、今ほどの価値はなくなるんじゃない。

日本男児としてここは一致団結して女の下着姿程度では性的興奮しないと宣言しようじゃないか

女の乳首なんかも同じ、あんなのただの突起物だ

そういった社会構成していってごく当たり前に下着姿とトップレスがどこにでもある社会にしていこう!

2019-09-26

男女平等には2種類の平等がある

男女平等には2種類の平等がある。2種類とは、"性別による差を無視する平等"と"性別による差を補填する平等"だ。


日本女性の多くは、"性別による差を補填する平等"を重視し、"性別による差を無視する平等"はあまり考えていないように思う。


でも、どちらの平等重要で、使い分けるケースがあると思うのだ。


以下の記事を読んだときに、男性スタッフ仕事であるから"性の違いを無視"するように振舞った。これは男女平等社会多様性を許容する社会の上ではとても良い行動だったと思う。


"男性スタッフレジ女性下着レジ打ちをするのにはやはり抵抗があるか??"

https://www.tokuniyarukotonaikara.work/entry/2019/09/25/%E7%94%B7%E6%80%A7%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%83%E3%83%95%E3%81%8C%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%81%A7%E5%A5%B3%E6%80%A7%E3%81%AE%E4%B8%8B%E7%9D%80%E3%81%AE%E3%83%AC%E3%82%B8%E6%89%93%E3%81%A1%E3%82%92


しかし、女性客はこの行動を拒絶して女性店員対応要求した。これは性別による差別だと思う。男女平等社会多様性を許容する社会の上では批判されるべきだ。


一方で、これは生理的判断としては正しいとも思う。つまり、"平等"とは本能生理的な反応を否定し、理性でそれらをねじ伏せて行動することだ。男性スタッフ生理的には対応したくなかったが、理性でその感情コントロールして対応した。これが平等を重んじる社会における正しい行いだと思う。本能を理性でコントロールすることは難しいしストレスがかかるが、平等を重んじる社会では皆がそれに立ち向かっていかなければならない。


さて、この記事へのブックマークを見ると、女性ほとんどが女性店員がいればそちらに持っていくという。これは男性スタッフに失礼を与えはしないが、明確に性別による差別だ。このように日本女性が"性別による差を無視する平等"について軽視していることは問題だと思う。


他方、アメリカでは女性公共の場トップレスになるのが6つの州で合法化した。また、ノルウェーでは40年前から女性が軍に志願できるようになった。これは、"性別による差を無視する平等"である欧米は"性別による差を無視する平等"も重視していると強く感じる。


ここで、日本女性が重視している"性別による差を補填する平等"についても述べたい。例として、産休や育休、つまり労働可能時間が短くなる女性についてもある程度変わらない給与支給するものがある。ある評価基準によって"能力"が定義され、能力個体差がある。評価基準は何かの生産性に基づくもので、能力が高いということは生産性が高いということなので、能力が高ければ社会における待遇はよくなる。


一方で、能力が低くても一定待遇保証されるべきだという考えが"差を補填する平等"である。これも非常に重要平等だが、こちらは無制限には行えない。なぜなら、"差を補填する"際にコスト必要からだ。だからこれは"弱者が救済されるために"使われるべきだ。強者バイアスをかけるようなコストは減らすべきだからだ。


欧州弱者へのコストが膨らみすぎて、もはや国家経済が存続できない国が現れた。それ故、コストがかかる"性別による差を補填する平等"だけを重視するのではなく、"性別による差を無視する平等"によって全体の調和を整えようともがいているのではないか


産休や育休のような、"性別による差を補填する平等"は今まで以上にどんどん取り入れるべきだと思う。それによって豊かに暮らせる人や家庭が増えればよい。でも、これから日本は"性別による差を無視する平等"も考えていかなくてはならないと思う。"差を補填する"リソース無限ではないのだから


さて、日本男性についてあまり話していなかったが、日本男性は"性別による差を無視する平等"を重視する世の中を望んでいると思う。理由は、"性別による差を補填する平等"で男性利益を得るような制度がないからだ。でも男性の中には、タピオカドリンクを飲んでみたかったり、女装してみたかったり、女性向け漫画が好きだったり、主夫になりたい人もいるのだ。彼らは"性別の差による補填"を望むことはない。"性別によって差別"されたくないのだ。性別関係なしに、自分の興味があることを試したり没頭してみたいのだ。


はてなでも男女平等について色々な議論が生じる場面があるが、いつも男女間で議論がかみ合わず平行線になる。これは、女性が"性別による差を補填する平等"を重視している一方で、男性が"性別による差を無視する平等"を重視しているからだろう。それぞれの平等はどちらも重要だが、いっしょくたに考えてはいけないのだ。別々のものとして考え、どちらの平等が適したケースかを議論する必要があるのだ。


2019-07-05

anond:20190705004507

続き

ともかく、アイドルの1分ってのは多少の誤差はあれど、1000円ってことだ。

たまたま、ほんとにたまたまパチンコで勝ったか給料日前に数万円余裕あったかで、近場で探したお店。新規店なのか、不人気店なのか、毎日割引セールをやっている。

そのお値段、なんと、、、こみこみで90分16000円

アイドルとお喋りするだけの値段と比べると驚愕すら覚える。

ちなみにアイドルとの握手会とか、上級者とか、上級者気取りの中級者は握手しなかったりするので、接触とはなんぞや? ってことになってたり。

閑話休題

16倍の金額で、90倍、いや時間にしたらそんなもんだけど、サービス考えたら単純計算できないよね! ってゆー世界

広がった。

アラフォーにして、イッツアニューワールドハローワールドこんにちは なわけである

オプション代高いんでしょ? っいう疑問は付きまとうと思うと思います。ってゆーか、私がそーでしたから。

ですが、何をとちくるったか、洗体コースとかあるじゃないですか? 80分で、二万円を切る価格で。

トップレス上半身のおさわりOK! 後つけるとしたらキスくらい。

迷ってる時間はねえ! ソッコーーで電話しました、予約しました。

嘘。そのお店の近くにいたので、場所だけ利いて凸。

ここで、当たり嬢引くかどうかで運命変わってくるので、パネル見ながらチョイスは慎重に。

見た目聞いても、「みんな、可愛いですよ。後は好みの問題かと」

スタイルは、全員大丈夫っぽい。

なら、と、受付のお兄さんがお話やすいこ、として薦めてくれた二人からフィーリングで。

結果として、そのこが大当たり。

トラバついたりしたら、また明日書きます

2019-05-31

anond:20190531215936

とはいえ、若く綺麗な女性ノーブラで街を歩いていて、性的に見ないでいられる男性はどのくらいいるだろうか、と考えると今の日本では実際難しい問題だとは思う。

それは男の問題ではなくノーブラで出歩かない女の問題ノーブラどころかトップレスだって当たり前に存在してれば別に性的には感じないし、他人に素足を見せない習慣の文化圏では素足が性的に見える。

秘すれば花なり、秘せずば花なるべからず。だよ。

2019-04-19

人間になった人魚姫の裸を見て王子様を数十年間オカズにしている話

anond:20190417040130

絵柄がどうであろうと、この世で作品として表現された多くの人魚姫に対して、俺は欲情するし、ポルノのように見なしてしま事実がある。

絵本を生み出し子どもに届けることを職とする人々には、こんな読者がいることを心から申し訳なく思う。

ちょっと調べてみたが、人魚姫で性に目覚めた/欲情した「こんな読者」は、男女問わずいるようだ。

恥ずかしかった/気まずい/こっそり読んだ とかも、要するに性的ものポルノ)と認識した(かつ、性的ものは恥ずかしく隠すものという知識があった)ってことだろう。

こじらせて大人まで引っ張るのも一人二人じゃない。(見つけたのは三人だけど)

そこまで自罰的にならなくてもいいんじゃないかな。

女性王子様、というよりそのシチュエーションオカズにしているようだ。

女性共感を求めて誰かに話したくなり、男性コレクションするのか。

twitter 男女

https://twitter.com/matkt/status/867690041274793984

あの綺麗な古い人魚姫絵本以外にも、もう一つ人魚姫絵本持ってたけど今見返すとこれは大分性癖歪まされた戦犯の一つかもしれないな

というフリに続き、性に目覚めた/(親の前で)読むのが恥ずかしかった等々、男女問わずいろんな人が終結特にこれ

今でも人魚ちゃんにぞっこんですw

あと、愛し合ってるとろける蜜の味エッチシチュ大好物ですw

 

そういう突然の性癖披露は知らない人に言わないほうがいいですよ

 

あ、つい…語り始めたら止まらなくて…w

少しでも言っちゃったら、もうすべてバラしてしまえ!ってやけくそになってしまうんですw

 

抑えて抑えて

ブログ 女性

http://ochazuke.hiruta.oops.jp/?eid=30

セクシャルに見えて苦手だったのはフィギュアスケートだけではない。『人魚姫』の絵本も目のやりばに困ってしまうので駄目だった。たいていの人魚姫は、ホタテのような貝殻でできたブラを上半身に身につけている。いまだったら「武田久美子かよ! もしくは来日してしゃぶしゃぶを食すレディー・ガガかよ!」と突っ込みたくなるけれど、当時は卑猥に見えた。

貝殻ブラならまだいい。友だちが持っている絵本人魚姫トップレスだった。胸の膨らみを描いてあるだけならまだしも、ごていねいに乳輪および乳頭に着色まで施されていた。人魚姫は十五歳設定なので、いまだったら下手すると有害図書扱いされる可能性もあるのではないかしかも、人魚姫姉妹たちの乳輪および乳頭はそれぞれ微妙に異なる色に塗られていたと記憶している。「子ども向けの絵本にこんないやらしい絵を載せるなんて、大人ってなんて歪んでるんだろう……」と恐怖し絶望していた。

(略)

性に対する感受性の強さをこじらせた結果、私は現在エロい小説などを書いて暮らしている。

知恵袋 不明

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10182033920

異常性癖についての質問です

私は昔から妄想するのが好きで脳内物語を作って興奮したりしてました…

から、といいます小学校より下の歳からだったと思います

妄想略)

あと人魚姫物語…あれもなかなかでしたね

人魚姫王子に声も無くなってまで会いに行くけど優しさのあまり自害してしまうのが…

その後王子人魚姫探して泣くっていうのも子供ながらに興奮してた気がしま

エッチ体験談投稿サイト 女性

https://www.h-ken.net/txt/2063553264/

私が性に目覚めたきっかけは人魚姫絵本だった

保育園の頃、両親が色々絵本を買ってくれた

その中の人魚姫の絵本が、小◯生に上がる頃の私にとっての、エロ本みたいな役割でした。

その挿し絵が、当時の私から見たら、とてもエロチックだったのです。

(妄想略)

喪の私はどう足掻いても、お姫様なんて柄ではないですが、このシチュエーションで多分何十年もオナニーをするんだろうなぁと思いました。

2019-03-13

anond:20190313084345

レディーファースト文化とされて来た国でもフェミニストを自負する人の中で男性女性関係なく意見分かれてるから何とも言えない

現代レディーファースト女性は弱く守られるべきって観念からのものだって主張はメインストリームのものではある

映画ドラマで強い主体性のある女性が描かれるようにドアぐらい自分で開けられる、男性に色々して貰わなくても自分で出来るって女性の自立って方向性からの考え方

女性からそういう意見も出るし男性がそれを挙げて自分はだから扉も開けない椅子も引かないって人もいる

レディーファーストの行動それ自体個人的な敬意や気遣いとしては問題じゃなく女性から、という部分が問題だって人もいる

もちろん自分フェミニストからってレディファーストする男性もいるしそういう男性ステキって言う女性もいる保守的女性では特になくても

その場合女性が虐げられてる敬意が払われていない立場にいるって前提や意識が(無意識にでも)あってそこで敬意を払う、敬意を表す事を求めるって考え方でフェミニズムとして日本はこの傾向が強いと思う

アメリカだと当然の権利を得るためにって感覚が強いか男性がやってる、許されてる事を女性にもっていう男性の強い立場は据えてそこに女性も、という感じがある

から主婦はそれを選んだ人、じゃなくて得られる権利放棄している、または得ようとしても得る能力のない人みたいに女性側含め見る風潮もある

女性の中でも意識格差による差別意識が生まれてる感じ

イギリスは基本意識性的な面でも日本とそこそこ似てるけどフェミニスト同士でも全然捉え方違ってでも伝統伝統として現実ある程度の立場で主張するならその理解必要でその事にもまた異議ある人もいてって感じ

フランス実質的権利とは別の部分で女性女性であるっていう性別による個性アイデンティティとしてわりと強く出す傾向

女性権利って部分だけでもアプローチ解釈も色々だからどれが正しいとかそれ以外は差別的だとか簡単な話でもない

男性と同じ権利をってトップレスになる人もいるし胸がチラ見えしてる人をフェミニズムの敵だみたいに言う人もいる

選択権利多様性の獲得こそ平等だって言う人もいるし保守的に見える女性的とされる選択唾棄しその選択女性の前に出さない事が女性のためになると思う人もいるし女性男性の目を気にせず女性的な選択をも出来る事こそが自由であるって人もいる

それ全部がフェミニズムって枠で起こる

特別扱い場合によって性差別的な意識が下にあるって考え方は今はむしろ普通に主流のひとつだと思うけどあくまで考え方のひとつから何とも言えないと思う

何か増田レディーファーストにおける性差別男性への差別意識だと思ってそうなのはアレだけど

しろ基本ベース女性への差別意識象徴とされる事が多いよ改めて一応言っとくと

女子供みたいな括り的な庇護必要とする存在としていて格下、平等に見ていないっていうやつ

特別扱いって言ってもレディーファースト性質的に特殊ではあるけど

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん