「大新聞」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 大新聞とは

2019-05-18

読書という荒野 (NewsPicks Book) 単行本 – 2018/6/6 見城 徹(著)

https://www.amazon.co.jp/dp/B07D9D1QVM/

 

 

箕輪本」という不毛荒野

  

今をときめく幻冬舎編集者箕輪厚介氏による自社の社長アゲの一冊である

元々、箕輪氏は双葉社で勤務していたが、その頃に見城氏にアプローチをかけ、『たった一人の熱狂』という書籍編集した。

その際に見城氏に見初められて幻冬舎転職し、その後、数々のヒット作をつくる。

まり、元々この見城徹という男は箕輪氏にとって恩人のような存在であり、本書はいわばその「黄金タッグ」とでも言うべき二人による共同制作なのだが、悲しいかな、文章は読みにくく、何とも昭和臭の漂う精神論モーレツ主義垣間見られる何とも言えない言葉が羅列され、かつ見城氏の既刊とも内容の被りが多く新味に乏しい。

まり純粋編集能力書籍の質という観点から言えば、高く評価することが難しい一冊であり、手に取った多くの方が後悔することになるであろうと予想される。

それでは、なぜこれだけ話題になり、勢いよくベストセラーへの道を突き進もうとしているのか。

そして、どうして箕輪氏の手がけた本は次々と売れていくのか。

そこには、彼がホリエモンから学んだ一種戦略スキーム)が存在する。

箕輪氏は「箕輪編集室」(通称”みのへん”)という名前で、自身コミュニティを持っている。

そのコミュニティでは、箕輪氏を慕う約1000名の会員が月額でそれなりの会費を集い、イベント等に参加し、そして箕輪氏が手掛けた書籍いちはやく贈られている。

メンバーたちは、書籍が発売される前に予め本をもらい、読み込み(あるいは読まないでいる方もいるかもしれない)、そしてAmazonに一気に星5個のレビューを書きまくる。TwitterなどのSNSでも盛大に感想を発信し、あたかも「大波が来ている」かのような演出に貢献する。

他のレビューで、この本を「News Picksメンバーにだけ向けた内輪本」と表現されていた方がいるが、非常に的確な指摘であるそもそもとして、この書籍第一義的には自前のコミュニティメンバーに読ませることを意識してつくられているのだから

さらに、箕輪氏の周辺にいるファンなども早い段階でAmazonの予約を入れ、人気ランキングを一気に押し上げる。

かくして、箕輪氏の担当した本は世に出た瞬間に、恰も「超話題作」であるかのような堂々たる風評追い風に、勢い良く売れていく。

書店利益を最大化したいもの。初速が良く「売れている」本は目立つように置き、堂々と展開する。

そして幻冬舎お得意、特大新聞広告などの宣伝一気呵成の大増刷である。数万部を世に送り出して、「大ヒット!!」という流れをつくっていってしまう。このあたりの既成事実の作り方というか、本の勢いの出し方と売り伸ばす力は幻冬舎という版元が誇る最強の武器であり、出版不況の中で確実に結果を出しているのだから凄いとは思う。

かくして、クオリティとは無関係に、書籍イメージと評判は肥大化し続ける。

そして、「どうやらこの本、人気らしいぞ」という噂に釣られた方々までもが買い求め、そして多くは失望していくわけである

こうした「売り方」最優先のテクニックに走った商売をいつまで続けていくのだろうか。

根本的な編集能力を磨かず、ひたすらに勢いと話題性だけに頼った本づくりは、どこまで寿命が保つのだろうか。

その先には、不毛荒野が広がっていないだろうか。

これから箕輪氏のつくった本を手に取りたいという方は、冷静に立ち読みなどを通して内容と、そのクオリティを冷静に見極めた上で購入されることを勧めたい。さもなくば、期待した分だけ失望も大きいかもしれないから。

2018-11-06

anond:20181106205339

まぁ常識的に考えてあの朝日さんが韓国の肩持てないほど根拠が貧弱って言ったら相当なモノですよ

大新聞社でも探してこれない情報増田有象無象要求する事がナンセンス

2018-09-19

anond:20180918222247

美味しんぼ主人公みたいに

偉大な父親の七光りかつ大新聞社の庇護下で偉そうに語ってる

2018-08-06

韓国ウォッチャーが見るラオスダム事故韓国の反応

ラオスダムの件はマジで日本のせいにしてないよ。

韓国人としてはっていうレベルで、あるにはあるけどねもちろん。


なんでラオスダム日本のせいになって無いんだろうか。

韓国人なのに日本のせいにしてないなんて変だよね。

なんでだと思う?


自国大統領叩きになってるから、が答え。

ダム事故が起きた時にどこに居たか明らかにしろムン災害!」

「ムンのせいでみるみる国格が落ちる大韓民国!」

っていう声が大きい。

ムン災害ってのは大統領名前の「ジェイン」と韓国語の「災害」の音のゴロ合わせね。

ベゲリゾーみたいな感じ。もちろんアンチムンの野党勢力が言ってる。


意味わからんだろうから説明すると、韓国では「大災害天罰」って感覚が未だにナチュラルにある。

大学ほぼ全入の国だし科学リテラシーが低いわけじゃないと思うけど

迷信的な肌感覚っていうのはリテラシー学力関係いからね。

日本でも高学歴なのに霊とか血液型占いかに影響される人いるでしょ?)


から彼等が災害の多い日本を見てどんな反応してるかというと

道徳性の低い国だから地震が続く」

反省しない戦犯国だから大雨が降る」

って感じ。

日本災害起きるたびに韓国メディアでは大きく報道されて(関心が高い)

ネットメディアでは「戦犯国」「反省しないから」の大合唱


話が逸れたけど、

韓国人があのラオスダム事故の規模や大水の情景を見ると

ごく自然に「ムン大統領は何をしていたのか!」って思考になるの。

これは文化からそういうもん。

災害が起きる→大統領に弾劾フラグが立つっていうルール

(嘘だと思ったら身近な韓国ウォッチャーに聞いてみてね。)


そしてこれは弾劾されたパク前大統領からも続く文脈があって、

パク前大統領の命取りになったのもセウォル号事故なのね。

海難事故大統領が直接指揮執ったり死者数の責任取ったりすべきなのか謎だけど

パク大統領非難する側(当時野党側で現与党側)の勢力にとってセウォル号は旗印になった。


韓国ではそういうルールから

ラオスダム事故見て韓国人がまず思ったのは「これはムン大統領を叩く材料」ってこと。

パク大統領派の現野党勢力にとっては仕返しのチャンスだし。


大統領叩きの次に大企業財閥叩き。

韓国では少数の大企業財閥ものすごく強くて

中小企業自営業者はかなり辛い立場

韓国言葉では甲乙っていうんだけど、要は上下格差

甲は乙に横暴をするのが日常であって乙は不満と復讐心を溜め込んでる(韓国風に言うと「甲の横暴」)。


ラオスダム建設したのはSK建設っていう大企業で、大きなグループの一員。

韓国が絶好調半導体業界にSKハイニックスっていう会社があって、そこが凄い利益だしてる。

から庶民からするとSK建設っていうのは圧倒的な甲。

甲が国外で大失敗したのは叩きに値する。


そして韓国庶民がいま一番恐れてイライラしてるのは

この失敗の収拾に韓国の国費を使われないかと言うこと。

普段から庶民搾取してる大企業様の為に俺達の税金使ったら許さないぞ」っていうこと。



結論をまとめると、

ラオスダム韓国人としては珍しいほど日本のせいにしてない話題

なんでかというとこの件は優先して叩かないといけない対象国内に2つあるから


そういう対象が無い時はほんとなんでもかんでも日本のせいにして叩いてるよ。

メディアでもデマがめちゃんこ多い。

桜とか犬とかに関する庶民生活レベルコラムでも何か悪いことを日本のせいにする嘘が大新聞にも載る。

北朝鮮話題ホットな時はうまくいかないのは常に日本の暗躍のせいになってたし。

日本叩きが弱まるのは大統領の人気が落ち目になった時。

無能大統領のせい」がメイン叩き対象になるので日本叩きが減るっていうこと。

これが韓国システム

anond:20180805152613

2018-06-24

箕輪本」という不毛荒野

読書という荒野 (NewsPicks Book) 単行本 – 2018/6/6 見城 徹(著)

https://www.amazon.co.jp/dp/B07D9D1QVM/

 

今をときめく幻冬舎編集者箕輪厚介氏による自社の社長アゲの一冊である

元々、箕輪氏は双葉社で勤務していたが、その頃に見城氏にアプローチをかけ、『たった一人の熱狂』という書籍編集した。

その際に見城氏に見初められて幻冬舎転職し、その後、数々のヒット作をつくる。

まり、元々この見城徹という男は箕輪氏にとって恩人のような存在であり、本書はいわばその「黄金タッグ」とでも言うべき二人による共同制作なのだが、悲しいかな、文章は読みにくく、何とも昭和臭の漂う精神論モーレツ主義垣間見られる何とも言えない言葉が羅列され、かつ見城氏の既刊とも内容の被りが多く新味に乏しい。

まり純粋編集能力書籍の質という観点から言えば、高く評価することが難しい一冊であり、手に取った多くの方が後悔することになるであろうと予想される。

それでは、なぜこれだけ話題になり、勢いよくベストセラーへの道を突き進もうとしているのか。

そして、どうして箕輪氏の手がけた本は次々と売れていくのか。

そこには、彼がホリエモンから学んだ一種戦略スキーム)が存在する。

箕輪氏は「箕輪編集室」(通称”みのへん”)という名前で、自身コミュニティを持っている。

そのコミュニティでは、箕輪氏を慕う約1000名の会員が月額でそれなりの会費を集い、イベント等に参加し、そして箕輪氏が手掛けた書籍いちはやく贈られている。

メンバーたちは、書籍が発売される前に予め本をもらい、読み込み(あるいは読まないでいる方もいるかもしれない)、そしてAmazonに一気に星5個のレビューを書きまくる。TwitterなどのSNSでも盛大に感想を発信し、あたかも「大波が来ている」かのような演出に貢献する。

他のレビューで、この本を「News Picksメンバーにだけ向けた内輪本」と表現されていた方がいるが、非常に的確な指摘であるそもそもとして、この書籍第一義的には自前のコミュニティメンバーに読ませることを意識してつくられているのだから

さらに、箕輪氏の周辺にいるファンなども早い段階でAmazonの予約を入れ、人気ランキングを一気に押し上げる。

かくして、箕輪氏の担当した本は世に出た瞬間に、恰も「超話題作」であるかのような堂々たる風評追い風に、勢い良く売れていく。

書店利益を最大化したいもの。初速が良く「売れている」本は目立つように置き、堂々と展開する。

そして幻冬舎お得意、特大新聞広告などの宣伝一気呵成の大増刷である。数万部を世に送り出して、「大ヒット!!」という流れをつくっていってしまう。このあたりの既成事実の作り方というか、本の勢いの出し方と売り伸ばす力は幻冬舎という版元が誇る最強の武器であり、出版不況の中で確実に結果を出しているのだから凄いとは思う。

かくして、クオリティとは無関係に、書籍イメージと評判は肥大化し続ける。

そして、「どうやらこの本、人気らしいぞ」という噂に釣られた方々までもが買い求め、そして多くは失望していくわけである

こうした「売り方」最優先のテクニックに走った商売をいつまで続けていくのだろうか。

根本的な編集能力を磨かず、ひたすらに勢いと話題性だけに頼った本づくりは、どこまで寿命が保つのだろうか。

その先には、不毛荒野が広がっていないだろうか。

これから箕輪氏のつくった本を手に取りたいという方は、冷静に立ち読みなどを通して内容と、そのクオリティを冷静に見極めた上で購入されることを勧めたい。さもなくば、期待した分だけ失望も大きいかもしれないから。

2018-04-10

本当に高齢者犯罪は増えているのか

 朝日新聞年金生活「こんな商品お金は…」 目立つ万引き大分

 https://www.asahi.com/articles/ASL3X46JQL3XTPJB00G.html

 65歳以上の高齢者万引きが増えたという記事

 

 それを受けたブコメ

 http://b.hatena.ne.jp/entry/s/www.asahi.com/articles/ASL3X46JQL3XTPJB00G.html

 「認知症」「モラル欠如」「窃盗強盗と呼べ」「老人に甘い」「汚物は消毒」、コテパンである

 

 本当に高齢者犯罪に走りやすくなっているのだろうか。

 犯罪白書の高齢者犯罪の項、

 http://hakusyo1.moj.go.jp/jp/64/nfm/n64_2_4_8_1_0.html

 刑法犯の検挙人員人口比の推移(年齢層別)を見てみると、

 http://hakusyo1.moj.go.jp/jp/64/nfm/images/full/h4-8-1-02.jpg

 各世代のうち、65歳以上が一番少ない。

 (「人口比」は、各年齢層10万人当たりの刑法検挙人員

 

 確かにここ19年で増えているが、それは他の世代も同じなので順序は変わっていない。

 この図を見ると20代危険さが突出している。高齢者よりも若者に気をつけるべきだろう。

 

 --

 

 ではなぜ朝日記事では高齢者犯罪が多いように見えたのか。それは

 

少子高齢化高齢者割合が増えている

 http://www.stat.go.jp/data/topics/img/1031-4.jpg

 2010年23.0%、2017年は27.7%

 

高齢者犯罪万引きが多い

 http://hakusyo1.moj.go.jp/jp/64/nfm/images/full/h4-8-1-03.jpg

 体力的に傷害暴行などは難しいのだから当然だ。

 

 こんなのはネットで1時間も調べれば分かることだ。

 こんな誤解を与える記事大新聞に載っていて、それを鵜呑みにしている人が大勢いるのだから困ったものだ。

2018-01-21

みんなTK不倫報道で怒ってるけどさ

けど社会的に正しい報道ばっかしてても売れねえんだよね~

売れねえと裏付け捜査する金もなくなるから

政治家の黒い報道とかもできねえんだよね~

そうなるとせいぜいネット書き込みをまとめるだけのお仕事なっちゃうんだよね~~

というのが辛いところだよなあと思った

大新聞記者クラブべったりの大本営発表ばっかり

独自捜査ができる雑誌権力に都合の悪い報道比較的しやすいが

活動資金のためにゲス報道もこなさねばならずそのために信頼性を低く見積もられてしま

地方新聞とかはたまにまじでいい仕事するんだけどね

2017-05-26

http://anond.hatelabo.jp/20170526121048

既に地位を引いたいち公務員プライベートが、政権批判したタイミング読売新聞の1面に出るのに、権力無関係だと、ホントに思ってるんだ。へー。

例えそうだとしても大新聞VS1公務員じゃ、新聞社のほうが既に権力側って見方もできるが。

首相とか東京都知事批判するのとはぜんぜん違うよ

2017-05-24

http://anond.hatelabo.jp/20170524041029

院外暴力集団という意味では、既になんていったっけな、偏差値28ぐらいの若造共が飼われてたじゃん

そいつらが盧溝橋で一発撃って=(c)牟田口=次回大戦がはじまるのよ。

一発撃った先は帝国主義の先兵の極悪自民党から大新聞さまや大テレビさまが「若者の赤誠は我らが心を深く貫く、減刑を!!」とかやって、完全に平成維新モードですわ。歴史、繰り返しますわー

あ、元増田じゃないよ為念

2017-05-23

毎日新聞皇室報道を見て、歴史が繰り返される理由が分かった

1923 関東大震災

1925 治安維持法制定

1940 東京オリンピック日中戦争などで開催権を返上

1941 太平洋戦争

2011 東日本大震災

2013 秘密保護法制定

2020 東京オリンピック

一時期こんな書き込みネット流行った。

俺は、この書き込みのことは、正直馬鹿にして見てた。

ほぼ国家公務員しか対象にならない秘密保護法を、世紀の悪法治安維持法」に見立てるのは無理がある。

ただ、最近皇室関係報道を見ながら、考えが変わった。

見方を変えると、確かに歴史は繰り返されている。

この先の出来事も、このままいくと繰り返される可能性が高いかもしれない。

一番重要ポイントは「戦前軍部」の役割を、誰が担うかだ。

俺は、ここに素直に「自衛隊」を代入していていて、だからこそ、歴史は繰り返さないと思っていた。

戦前軍部があれだけ暴走できたのは、大新聞と、その後ろにいる国民からの熱烈な応援があったからだ。

今の自衛隊は、国民から支持率は高いが、メディアからは厳しい視線に晒され続けてる。

文民統制規定もあり、自衛隊暴走不可能に近いし、その動機もない。

三島由紀夫切腹した頃から自衛隊はすでにサラリーマンだし、国家に対して反乱を企てるような集団じゃない。

じゃあ誰が「軍部」になるのか?

戦前軍部」の特徴には、以下の三つのような特徴があった。

1.他者に対して攻撃

2.メディア一般人批判できない、しづらい存在

3.政府予算の中で「聖域化」され、誰もその関連予算を削れない

この3つの要素を、今持ってるのは誰か?

俺は、現代においては「高齢者」が、戦前軍部役割を担うんじゃないかと思った。

そう考えていくと、辻褄が合い始める。

歴史が繰り返される道筋が見えてくる。

まず、マスメディアにボロクソに叩かれてるアベノミクスだが、あの政策には元ネタがある。

高橋是清が、4度目の大蔵大臣就任した際に行った金融政策だ。

高橋是清は、井上蔵相が起こしたデフレによる不況を止め、緩やかなインフレを起こすために、積極的財政出動と「金輸出禁止」による円安政策を行なった。

1931年の話だ。

この政策で国の景気ははっきりと回復へ向かったが、高橋是清関東大震災以降の支出超過でこれ以上の財政出動危険だと理解していて、財政健全化へと舵を切った。

要は、震災対応財政出動で金を使いすぎたから、軍事費含めた国の予算を軒並み削減して、なんとか国の赤字を減らそうとしていた。

これに反抗したのが、当時の軍部だ。

軍部のうち皇道派と呼ばれる人間たちは、富裕層だけに味方している(ように見えた)高橋是清のことを、「君側の奸」と吐き捨てた。

こんな政治家のことは天皇陛下もお嫌いのはずと「忖度」して、クーデターを起こし、殺害した。

世に言う、二・二六事件だ。

高橋是清殺害されたことで、財政健全化政策も、金融政策も完全に止まった。

あと一歩で回復するかもしれなかった日本の景気は腰折れし、高橋是清が削ろうとして叶わなかった軍事費は、どんどん膨張した。

結果として、財政がどうにもならなくなった日本は、景気回復を「軍部による戦争」にしか求められなくなり、支那事変を引き起こす。

これが契機になり、東京オリンピック返上される。


話を現代に戻そう。

つい最近毎日新聞天皇陛下のお言葉を一面でリークした。

陛下 退位議論に『ショック』 宮内庁幹部生き方否定』」

こんな見出しが、全国紙の紙面に踊った。

次の日、宮内庁取材した産経新聞が、

宮内庁毎日陛下 公務否定に衝撃』報道否定 有識者会議意見に不満のご発言事実ない』」

という記事を出したことから、事の真偽は正直不明だ。

ただ、ここで重要なのはマスメディアが、天皇陛下を利用して、政府批判をはじめた」ということだ。

陛下の心を傷つける専門家会議とそれを主導する安倍晋三は、君側の奸だ」ってわけだ。

こんな、戦前軍部の「皇道派」みたいなことを言う人間が、この現代日本に現れた。

俺は、このニュースを見て、本当にまずいんじゃないかと思った。

安保法制の騒ぎの中で分かったことは、「安倍政治を許さない」とデモをしている人たちには、高齢者が多いということだ。

Twitterなんかで確認する限り、毎日新聞の例の記事も、高齢者らしき人々の中では評判が良く、拡散されているようだ。

安倍政権支持率は、これまた高齢者に支えられるテレビメディアからの「森友学園」「加計学園」の連続スキャンダル攻勢で、確実に落ちてきている。

俺には、現代安倍晋三が、戦前高橋是清と同じ役割を担っているように見えた。

安倍晋三高橋是清ほど良い政治家かと言われたら正直疑問だが、少なくとも、同じ役どころが回ってきてるようには見える。

これからマスメディアとそれを後押しする高齢者の力で安倍政権が倒れた場合日本は、戦前二・二六事件後と似たような空気になるんじゃないかと思う。

選挙で圧倒的な力を発揮する高齢者に関わる社会保障費を、政治家は、誰も削れなくなる。

膨張した社会保障費が五輪準備費を圧迫し「オリンピックなんて中止すればいい」という声も出始める。

国内だけでは財政課題解決できないと判断した国は、「海外」に目を向け始める。

みんな、安倍晋三が「ヒトラー独裁者)」で、自衛隊が「軍部」の役割を担うと思って警戒してるけど、その形なら、ちゃんと止められるんだよ。

そのパターンは、一回やってるから。だから、どんな馬鹿にもその危険がなんとなく想像できて、歯止めをかけられる。

じゃあ、なんで歴史が繰り返されるのか?

要は、「役者が変わってるから、同じ演目をやってるって気づかない」んだ。

みんな、軍(自衛隊)と独裁者首相)に注目しておけばいいと思ってる。

でも、そうじゃないんだよ。軍はもう、警戒されてるし、批判もできる。

俺たちが見なきゃいけないのは、今この日本で「政治家批判できない、聖域化しつつある人たちは誰なのか」ってことなんだ。

俺は、東京オリンピック2020年に開催できる可能性は、50%くらいだと思ってる。

この1年の政治の動きによっては、「何らかの理由」で、オリンピックが中止される未来が、本気であると思ってる。

たぶん、真正から高齢者悪者にしてるこの説は、マスメディアには絶対に載らない。

実名で書いても、すぐに社会生活ができなくなる。

からこうやって増田に書いた。

今、この国が瀬戸際に立ってるってことを、なるべく多くの人に知ってほしい。

2016-11-10

新聞社

アメリカ大統領選挙が終わりましたね

(人によっては)窮地の状態になったせいかオバマ氏やめないで!とか現地の方のツイートがTLに流れてきたけど、弱腰で何も出来ない駄目大統領みたいな風に昔言われてませんでしたっけ?

政治思想や実際にこれまでされてきたことなど、候補者両名について詳しい事は知らないのでどっちがよかったとかはないのですが、今回の選挙について気になったことがあるのでひとつ

アメリカ新聞は大半がヒラリー応援だったのに、選挙で勝ったのはトランプ氏だった!というまとめ記事に、もうマスコミになんか騙されねーんだよwwwみたいな…しか論調的に大方そんな意見が主流の記事を見ました

うん、そう思う

日本なら

日本報道の仕方には、かなり疑問がある。ひどいよね、とかずるいなーと思う事も多々ある

でもアメリカ新聞社日本のと一緒にして欲しくない!

あれだけ国土が広いので新聞社も数多あります日本の比じゃない。お住まい地元しか発行されてないなんとか新聞も、当然アメリカにもあります

アメリカにおける州=都道府県、国=国とお考えの方もいるかもしれませんけど、むしろ州が国、国が全世界みたいなイメージなんじゃないか

から州の中で発行されるものにも、由緒ある新聞社もたくさんある

ボストン・グローブ」とか聞いた事ありませんか。マサチューセッツというひとつの州のなかのボストンという街で発行されてる新聞

そこが「キリスト教神父子供たちに性的いたずらをしているけどもみ消してる」という記事掲載し、世界中教会でも同様のケースが発覚して大問題になりました

最近映画になった「スポットライト」はこれを題材にした映画

キリスト教なんてアメリカどころか世界規模の組織で、権力者を含む色んな人が信徒で、敵に回してすんなりいくわけない相手です

そこを相手にして、世界的なスクープをすっぱ抜いたのが、そのひとつの州の都市部で発行されている伝統ある新聞社だったわけです

日本大新聞社でもできない取材力記事を書く力というか文章説得力、などなど日本マスコミと一緒にしないでくれー!!

そもそも「真実をお伝えします。ここに書いてある事だけ信じてください」なんて報道の仕方もしない!!

はっきりいって全ての新聞社が公平でもない。公平な報道はするかもしれないけど、公平な論説ばかりではない

朱色だったり、ブラウンベージュよりだったりの色んな赤旗新聞がたくさんあると思ってください

マスコミ購読者、何が違うかっていえば「取材をする手段があるかどうか」じゃないですかね

直接本人に取材したり、現場をみたりは一般人にはできない

それらを元に我が社はこういう理由ヒラリー氏を応援しますって方針を決め発表してるんです

ヒラリー氏を応援してくださいそれが正しいんです、とは微妙に違うんですよ

それが気に食わなければ購読をやめて別の新聞を読めばいいだけ。たくさんありますらかね、選び放題です

もちろん公平性を貫いて発表しない新聞社もちゃんとあります

当然どこの世界マスコミだって煽動記事を書く記者はいるでしょう。でも自分本名記載して、社運をかけた意思表明記事なわけなんですよ

新聞社が騙す、騙されるのレベルの話じゃない。購読者新聞社を選ぶ、という話なんです

日本のことしか知らなければマスコミ=巨悪と思いたくなる方がいるのも仕方ないのかなと思うんですけど、世界には自分の信じた正義の為に真面目に報道に取り組んでる人もいることを思い出して欲しいです

自分の国がこれだけひどいと世界的にもひどいのばかりだろ!と思いたくなるのはすごくわかりますが!

こちらは新聞社が誰を支持するか発表するってことがアメリカでは割と重要判断ポイントになることがよくわかるブログ記事でした

http://www.kitamaruyuji.com/dailybullshit/2016/10/post_484.html

取材し、経歴を調べ、見聞きして、頭のいい方々寄って集まって考えて、トランプ氏を応援しない(けどヒラリー氏を応援するとも言ってない、っていう記事すらある)と大多数の新聞社が発表したのにトランプ氏は当選してしまったという話です

女性問題政策なにか考えてるのかわからいとさんざん報道されてたのに鳥越さんが都知事になった、に近い感じですかね

2016-05-10

俺が世界一賢いネットユーザーとして訪問先のイギリスで大歓待を受けたと言うが、日本大新聞テレビでは一向に出てきません。

俺が世界一賢いネットユーザーとして訪問先のイギリスで大歓待を受けたと言うが、日本大新聞テレビでは一向に出てきません。

2016-01-27

新聞に載っている週刊誌広告

大新聞週刊誌広告を載せているのは異常だよなぁ。

広告からって言ってメディアが他のメディアの下らないゴシップを撒き散らしているのは新聞社としてマズイと思わないのだろうか?

新聞電車内の広告から週刊誌広告排除したら、アイドルグループの解散だ誰かの不倫だといったゴシップがこれほど広がらなくなるように思うんだけど?

新聞に載っている週刊誌広告

大新聞週刊誌広告を載せているのは異常だよなぁ。

広告からって言ってメディアが他のメディアの下らないゴシップを撒き散らしているのは新聞社としてマズイと思わないのだろうか?

新聞電車内の広告から週刊誌広告排除したら、アイドルグループの解散だ誰かの不倫だといったゴシップがこれほど広がらなくなるように思うんだけど?

2015-07-25

沖縄で起きていること〜民主主義暴走言論弾圧

 

2014年の暮れにおこなわれた沖縄知事選基地反対派の翁長氏が勝利したのを境に、沖縄という地域は決定的に変わってしまったように思われます

 

民主主義暴走

基地反対派は「オール沖縄」という標語を掲げていますが、実際は全然そんなこと無いわけです。

反対派の翁長雄志 51.7%

賛成派の仲井眞弘多 37.3%

このように確かに差はついていますが、とてもじゃないけど「オール沖縄」とは呼べない得票率です。

選挙で勝ったからといってこの4割近い民意を完全に無視してオール沖縄連呼する反対派の態度は、まさに最近リベラルメディア政府自民党に対して頻繁に使う「民主主義暴走」とは言えないでしょうか。国政では「少数派にもっと配慮しろ!」と与党批判し、同じ口で沖縄基地問題では反対派を完全に無視して「オール沖縄!」と叫ぶ。このダブルスタンダードはいったい何なんでしょう。

 

以前のタイムス・新報(沖縄大新聞)はもう少し基地賛成派にも配慮してました。基地が無くなる事で生計が成り立たなくなる人もいるし、また必ずしも基地は悪い面だけでなく国家安全保障面で重要存在であるという論陣を(たまーーに)社説等で張る事でそれなりにバランスを取ろうとする姿勢垣間見えていました。それが去年の12月知事選を境にガラッと変わってしまった。紙面には感情的檄文跋扈し、それを読んだ県民も高揚し、一種のお祭りムード沖縄に漂っています

 

 

言論思想弾圧

まあそんなことは正直どうでもいいって言っちゃえるぐらい、こちらの言論弾圧問題の闇が深いように思われます

オール沖縄」という言葉に惑わされて沖縄県民一丸となって基地に反対しているという印象をお持ちの方もいるでしょうが、それは大間違いです。知事選では35%近くは基地賛成派の候補に投票しており、また中国に近い離島では議会・島民共に圧倒的に賛成派が多数を占めています。2014知事選以前は、賛成派と反対派は反対派が優位ながらもそれなりに拮抗した存在であり、お互いにお互いの立場をある程度尊重し合う間柄でした。

知事選後に何が起きたのかというと、大まかに分類すれば以下の2つです。

 

1.ネット基地に許容的な態度を示した人への反対派からの徹底的な攻撃

草の根レベルではありますが、選挙で勝利した側が負けた側の言論を封じようとする動きが加熱しました。

twitter米軍基地好意的なことを書こうものならイナゴのごとく罵倒tweetが大量に飛んできます

飲食店の店主が基地賛成派だからといって食べログ批判的なレビューを書く人まで現れる醜悪極まりない事案も。

 

2.基地賛成、または自衛隊を誘致しようとする自治体への攻撃

中国本土に近い側の島では安全保障上の観点から米軍基地への賛成ならびに自衛隊基地を誘致しようと議会レベルで推進しているのですが、それに対して沖縄メディアがよってたかって攻撃しています。「オール沖縄理念を踏みにじるものだ」という文面を見た時はさすがにクラクラしました。

 

確かに民意は大切で、そして基地への県民投票となった2014知事選で反対派が勝利したのも事実です。しかし、だからといって基地賛成派の存在のものを消し去ろうとする今の沖縄メディア県民の言動は異常と言わざるをえません。もはやこの県に言論思想の自由存在しなくなってしまいました。日本で最も民主主義への理解が遅れた後進的な県に成り下がってしまいました。

 

そういう風潮を作っているのはタイムスと新報という二大新聞に依るところが大きいです。県外では朝日毎日ネットハフィントンポストなどがその役割を担っています。繰り返しになりますが、このメディア政権与党に対しては「少数意見無視するな」「民主主義暴走だ」と言い、翻って沖縄では先頭にたって民主主義暴走言論弾圧を押し進めています。クラクラする。

 

どこぞの作家沖縄新聞は潰した方がいいとか言ったらしいですが、まあどちらか一つは潰れてもう少し中道よりの新聞根付かない限り、沖縄県民の知性レベルはいつまで経っても中世まりなのかなと暗澹たる気持ちになります

沖縄で起きていること〜民主主義暴走言論弾圧

 

2014年の暮れにおこなわれた沖縄知事選基地反対派の翁長氏が勝利したのを境に、沖縄という地域は決定的に変わってしまったように思われます

 

民主主義暴走

基地反対派は「オール沖縄」という標語を掲げていますが、実際は全然そんなこと無いわけです。

反対派の翁長雄志 51.7%

賛成派の仲井眞弘多 37.3%

このように確かに差はついていますが、とてもじゃないけど「オール沖縄」とは呼べない得票率です。

選挙で勝ったからといってこの4割近い民意を完全に無視してオール沖縄連呼する反対派の態度は、まさに最近リベラルメディア政府自民党に対して頻繁に使う「民主主義暴走」とは言えないでしょうか。国政では「少数派にもっと配慮しろ!」と与党批判し、同じ口で沖縄基地問題では反対派を完全に無視して「オール沖縄!」と叫ぶ。このダブルスタンダードはいったい何なんでしょう。

 

以前のタイムス・新報(沖縄大新聞)はもう少し基地賛成派にも配慮してました。基地が無くなる事で生計が成り立たなくなる人もいるし、また必ずしも基地は悪い面だけでなく国家安全保障面で重要存在であるという論陣を(たまーーに)社説等で張る事でそれなりにバランスを取ろうとする姿勢垣間見えていました。それが去年の12月知事選を境にガラッと変わってしまった。紙面には感情的檄文跋扈し、それを読んだ県民も高揚し、一種のお祭りムード沖縄に漂っています

 

 

言論思想弾圧

まあそんなことは正直どうでもいいって言っちゃえるぐらい、こちらの言論弾圧問題の闇が深いように思われます

オール沖縄」という言葉に惑わされて沖縄県民一丸となって基地に反対しているという印象をお持ちの方もいるでしょうが、それは大間違いです。知事選では35%近くは基地賛成派の候補に投票しており、また中国に近い離島では議会・島民共に圧倒的に賛成派が多数を占めています。2014知事選以前は、賛成派と反対派は反対派が優位ながらもそれなりに拮抗した存在であり、お互いにお互いの立場をある程度尊重し合う間柄でした。

知事選後に何が起きたのかというと、大まかに分類すれば以下の2つです。

 

1.ネット基地に許容的な態度を示した人への反対派からの徹底的な攻撃

草の根レベルではありますが、選挙で勝利した側が負けた側の言論を封じようとする動きが加熱しました。

twitter米軍基地好意的なことを書こうものならイナゴのごとく罵倒tweetが大量に飛んできます

飲食店の店主が基地賛成派だからといって食べログ批判的なレビューを書く人まで現れる醜悪極まりない事案も。

 

2.基地賛成、または自衛隊を誘致しようとする自治体への攻撃

中国本土に近い側の島では安全保障上の観点から米軍基地への賛成ならびに自衛隊基地を誘致しようと議会レベルで推進しているのですが、それに対して沖縄メディアがよってたかって攻撃しています。「オール沖縄理念を踏みにじるものだ」という文面を見た時はさすがにクラクラしました。

 

確かに民意は大切で、そして基地への県民投票となった2014知事選で反対派が勝利したのも事実です。しかし、だからといって基地賛成派の存在のものを消し去ろうとする今の沖縄メディア県民の言動は異常と言わざるをえません。もはやこの県に言論思想の自由存在しなくなってしまいました。日本で最も民主主義への理解が遅れた後進的な県に成り下がってしまいました。

 

そういう風潮を作っているのはタイムスと新報という二大新聞に依るところが大きいです。県外では朝日毎日ネットハフィントンポストなどがその役割を担っています。繰り返しになりますが、このメディア政権与党に対しては「少数意見無視するな」「民主主義暴走だ」と言い、翻って沖縄では先頭にたって民主主義暴走言論弾圧を押し進めています。クラクラする。

 

どこぞの作家沖縄新聞は潰した方がいいとか言ったらしいですが、まあどちらか一つは潰れてもう少し中道よりの新聞根付かない限り、沖縄県民の知性レベルはいつまで経っても中世まりなのかなと暗澹たる気持ちになります

2015-06-27

ついに沖縄の現状がまとめサイト拡散され始めた。そして想定される事態

ついに来たか・・・

という感じです。

ちなみに別に百田擁護とかそういうわけではない。個人的には百田大嫌いだし。


さて、以下のブクマをみてほしい。

http://b.hatena.ne.jp/entry/blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4896703.html


沖縄の現状が凄いことになっているのではないかというまとめサイト記事だ。

ここまでならいつも通りだ。

しかし、問題はこれがまとめサイトで、しか割合詳細に2大新聞の内容まで踏み込んでいることだ。

まとめサイト拡散力はとんでも無いもので恐らく早晩他のまとめサイトでもこの手の内容の記事が増えてくるはずだ。

そこでもんっ代になってくることがある。



ブコメを見ていくとわかるが 反対派と賛成派に既に分かれ始めている。

これもいつもどおりかもしれない。

しかし、問題はどうもネトウヨ側がついに沖縄のこういった現状に目を通してしまったということだ。

これまでのまとめサイトでの内容などを見るとわかるが基本的には左翼活動家と一部の沖縄県民という見方一般的だった(ネトウヨ達の中でな)


ところがついにこれが沖縄の中でもかなり主流の政治思想の一つであるということが広まってしまった。

その時に何が起こるのかということが問題になる。


恐らくネトウヨは手のひらを返したように猛烈な勢いで沖縄を叩き始める。

簡単に想像できるところで言えば、沖縄日本扱いせずに 琉球王国 呼びをはじめ、あいつらは日本人ではないと言い始める。

そしてその内に侮蔑擁護沖縄呼称し始めるだろう。大阪民国などと呼ばれたりするあれだ。

そういったところを手始めにとんでもない勢いで拡散が始まる。


「もしれこれを ネトウヨは幼稚だ、こんな認識から沖縄の人が怒るんだよ。」


などと片付ける人がいるとすれば今後そんな軽薄で他人ごとのようなことは言えなくなるだろう。

ネトウヨ活動家の対立が激化し(ネット上のこととはいえ)第二次世界大戦の擬似的な戦場の様な雰囲気になる。

凄まじい勢いで沖縄独立論が台頭し始め、中国の干渉が膨大に増え始める。

中国語サイトを見ているとわかるが中国人の大半は沖縄日本とは見ていない。

早く独立させるべきだとという意見が大半を占めるのだ。



沖縄は果てのない闘争の場についに足を踏み入れてしまった。

もはやこの流れを止めることは許されないだろう。

沖縄の異常な新聞事情

作家ヤバい発言して問題になってる沖縄新聞事情について昔の思い出を書く。

 

都会に住んでる人はいわゆる全国紙(読売/朝日/毎日/産経/日経)だろうし、地方紙が強い地域もある。 

しか沖縄場合普通地方とは違う。

圧倒的に強いなんてレベルじゃないぐらい地元新聞だらけなのだ

 

全国紙だけとって地元紙をとってないと商工議会からお叱りをくらう

一時期沖縄IT企業が集まってた頃がある。2004~06年ぐらいがピークだったかな。ITって言っても儲かってるwebデザイン企業沖縄支社出したりとか、あとコールセンターとかそういうのね。地価が安いんで一時期沖縄は重宝されてたんです。人材が糞すぎるのと物理的な距離が東京大からありすぎるので今は廃れたけど。

 

オレも一時期沖縄支社で働いてた事がある。初代支社長みたいな立場で赴任したんよ。

で、新聞をやっぱりとらないとなと思って日経読売だけとることにした。

無難な選択に思えるじゃん?来客用のテーブル近くに置いてたんだけど、ある日地元の商工議会所の人らがうちに見学しに来て、新聞を見て怒りだした。

 

「これだけですか?なぜタイムスも新報も無いのですか?」って。

新報ってのは琉球新報タイムスは沖縄タイムスのこと。沖縄の二大新聞だ。

 

「はあ、本社がこの2つですから」と気の抜けた返事を返したのを覚えている。それが余計に癪に触ったのだろう。

「本当に沖縄ビジネスするつもりがおたくらにあるんですか!?」と、いきなり声を荒げて怒り出した。

その場はもう一人の若い人がうまく取り繕ってくれて収まったんだけど、後日呼び出しをくらって向こうの事務所説教された。

 

ありえないと思うでしょ?いや実際ありえないですよこんな世界日本じゃない。取ってる新聞ときで一企業に対して説教する連中がいるっていうのはもう日本じゃないですよこれ。

から調べて知ったのだが読売新聞シェアは0.1%朝日が0.2%という異常な数字

全国紙で一番シェアが高い日経でさえも1%に届いていない。

多分これらの全国紙をとっているのは企業、あるいは一般家庭でも日経+沖縄タイムスみたいに2つ新聞をとっているところだけなんだろう。

全国紙だけをとっている家庭なんか無いだろうし、企業公的機関もほぼ0なんだろう。

 

そのくらい沖縄は独特の文化風習があるってこと。

から今回の作家発言は単に左翼リベラルを刺激したって以上に、沖縄県からすれば相当精神的なところを突かれてるんだと思うね。

ほとんどの日本人みそ汁とか天皇とか富士山外国人から馬鹿にされたらイラッとくるのと同じぐらい沖縄人にとっちゃ地元新聞大事なんだよね。

心の拠り所みたいになってる。

 

沖縄に最低1年でいいから住んでみたらなぜみんな基地に反対するのか理解できます

心の拠り所の新聞が反対してるんだから、そりゃ反対しますよ。そこはもう理屈じゃない。お金じゃない。心の問題。それを政府与党はわかってない。

沖縄担当大臣沖縄に住むようにしたら、もっと政府沖縄の間もスムーズにいくんじゃないですかね。

沖縄の2大新聞・・・

百田は正直糞だと思うんだけど・・・


それで気になってどんなこと書いてあるんだろうと、記事を見てみたら流石にドン引きしてしまった。

戦時中日本新聞みたいだ・・・

このタイミングで言うとどうしても百田擁護に取る人がいるかもしれないけど、さすがに過激すぎる。


独立論も活発になってきてるみたいだし、ほんとに琉球王国復活するかも。

2014-12-04

ニコニコ動画の「衆院選2014」の強制アンケートがウザすぎるんだが

動画クリックして視聴してたら急にアンケートの協力要請が飛び込んできた。

スクリプト遮断してもブロックしても結果は同じで動画を見ようとすると強制的

アンケート画面に飛ぶ。

こんな事やってアンケート結果出しても四大新聞が出してる世論調査とは雲泥の差だよ。

ニコニコ動画政治色を深めて動画を楽しみ共有するという本来の意義からどんどん離れて行ってるね。

ドワンゴは一体どこへ向かってるんだろ

2014-11-16

大新聞産経を入れる違和感

大新聞は売上・影響力などを総合的に見てその中で有益である判断された四つの新聞という事で

朝日読売毎日日経の四つとなる。

故に産経がこの四大新聞に入るかどうかはその新聞社判断にゆだねられる。

但し売上げ的にも影響力にしても四大新聞に比べて格落ち感が否めない。

産経というだけでマイナー新聞社だと感じる人も少なくないはずだ。

それなのに昨今日テレビテレビ朝日では従軍慰安婦問題関係から産経に一目置いたきらいが見受けられる。

これでは四大新聞は名折れになってしまわないだろうか。

2014-01-10

日本マスコミ世界の「ガラパゴス」だろうな

このところ、英米の大手マスコミウェブサイトニュースを私はまた読んでいるのだが、日本国内のマスコミとの世界観の相違が激しいことを再認識させられる。

話題のずれ、例えば中東アフリカの話題への関心の高さというのもある。

だがそれだけではなくて、日本マスコミでは言ってはいけないことがどうやら多いようで、情報操作された、「よく洗脳がゆきとどいた国ですね」と皮肉られてもしかたないような社会だなと思う。

先日やしきたかじん氏が亡くなったが、彼が生前大阪地元テレビ番組ほとんど言いたい放題でやっていたのに対して、東京マスコミ全国ネットも多いだろう)における「自主規制」(という無言の圧力、「空気」のたぐい)は、やはりびっくりだ。

役者で現参議院議員山本太郎氏が、以前に原発反対を言ったとき仕事を干されたという話もあるが、なかば被害妄想もありなん。だが、タレント立場ファストフード反対だとか酒反対だとかパチンコ違法ですだとか言い出したら、おそらくマスコミ広告代理店ブラックリストに載る、広告塔としての価値ほとんど無くなってしまうだろう。藤原紀香氏だったかが先日にしんぶん赤旗日本共産党機関紙)の日曜版に登場した際にもいささか揉めたらしいというのも、話に聞く。

私とて、せいぜい英米の大手マスコミしか目にする機会がないのだが(関心はあるのだが、ドイツフランスすらも日常的には読んでいないし、ましてや世界各国のを確認してまわれない)。しかし、The Times英国)のウェブサイトをこのところ見ていたら、砂糖依存性の話題で議論が巻き起こっていたり、「ADHDの診断名が付けられる小児は多いが、そんな疾患は本当は存在しないと書いてある専門書もある。診断名を付けることで気休めになり、そこで投薬に移り云々。診断名を付けたがる症候群なのだろう」と大要そんなことを書いているオピニオンがあったりする。日本大新聞テレビ局ではおそらくそんな記事はそうそう出せないだろう。

在京一般紙でも、サンケイ読売が似たようなもので、日経はもろに資本主義バンザイで、朝日はこのところ元気がなくて、毎日はまあまあ活躍していて、それらが超えられない壁の先に東京新聞名古屋中日系の東京地方紙)がある気がする。さらに言えば、大新聞と比べて、宮城福島地域地方紙や、沖縄県地方紙なんかは、世界観がまったく異なっているように思う。

なんというか、日本大手マスコミ不可思議デマゴーグだなと、このところ常々思う。

2013-10-23

就活必須とされている日経新聞購読はメリットが実はない

就活現場に行くと学生たちが日経新聞を読んでいるのを見かける。

日経新聞は確かに面白い。記事や内容だけでなくステータスになる、スタバコーヒーを飲むのと同義のステータスが得られる。

しかし、それだけである

日経新聞には、就活生の望む就活情報について一般論しか書かれていないからだ。

深く切り込んだ論説を熟読しなければ就活で全く役に立たない。

面接就職説明会などで一度は経験したことがあるはずだ。

日経新聞を購読していますか?」とね。

実際はただの営業トークである

ただ、見方を変えれば一つの営業手法として見る事ができるのではないか、とは考えても良いが深読みは無用である

説明会選考で購読を尋ねる行為意味はないという事だけはここに述べて置く。

そもそも、購読は彼らのノルマでもないし極端な話、選考に全く関係がないと言っていい。

また日経新聞を購読したからといって何がしかの知識が増えるのかというと、他の四大新聞社会面や社説をじっくり読む方がよっぽどメリットがあると言える。

というのも日経新聞には日常的な疑問や日常的な事件について(※1)、殆ど全く触れないのである

朝日毎日読売などの新聞媒体は日々のニュースだけでなく、日常のありふれた場所での発見を教えてくれるが、日経新聞にはそれがない。

すなわち日経は他紙に比べると日常ボキャブラリーに乏しいのである

これでは面接自己PRネタ作りに困窮するといえよう。

一方、経済面を見ると流石日本経済を専門とする日経新聞ならではといえよう。

なるほど日経新聞を読むメリットは、あたか経済通になったかのような気分になれる、ということであれば大いにタメになる読み物だろう。

しかしながら、日経新聞を購読する本当の意味を理解しなければ学生たちは読めば、それが選考に左右されるとか会社アウトプットできると勘違いするだけだ。

先に述べたように、日経新聞は基本的な事柄しか書かれていない。

方法論としては、必ず日経新聞でなければならない、といった強迫観念を捨て去る事が肝要なのだ

日経新聞をただの読み物として見る、そうすればこれまで見えなかった、あるいは理解出来なかった日経新聞が問いたかった事が自ずと分かるようになるだろう。

観方を変える事が、日経新聞を新たな読み物として見ることが出来、営業トークでしかないものが実はこういう意図(※2)があったのだと理解出来るのである



※1 筆者に多少の誤解がある事を考慮して頂きたい。

※2 人事は基本的に意図を理解出来ていないが、日経新聞は本当は就活に役立つということ。

2012-10-17

週刊朝日の記事の件で橋下が朝日新聞の取材を拒んだ件、伝え聞くところによると週刊の方も新聞の方も内部は今相当混乱してるっぽい。ほとんどパニック状態だとか。

大新聞の取材を拒むとはケシカラン!と持っていこうにも、その発端が「対象の血縁出自を暴いて批判する」という「身内(週刊朝日)」の大ポカなもんだからそれができず、しかし橋下を潰すという方針があるものから記事を書かないわけにはいかず、しかしそうなると発端である「対象の血縁出自を暴いて批判する」という「身内(週刊朝日)」の大ポカに触れざるを得ないから最小限の扱いにとどめるかスルーせざるを得ないんだけど、でも橋下の今回の「暴挙」を批判せずして何が朝日か、という上司の発破はいたるところで炸裂しているのだが、しかし経緯に触れざるを得ないので「身内(週刊朝日)」の大ポカの扱いに困り果てているのだとか。

要するにプログラムで言うところの「無限ループCPU暴走中」状態らしい。

橋下の取材拒否批判と、橋下の「卑しい血」をあげつらう事、二つの正しい記事を二つをつなげて並べるだけなのになぜか破綻してしまう。

そら朝日グループ始まって以来の未曾有の事態に今現場は大混乱に陥っているそうな。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん