「低リスク」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 低リスクとは

2022-05-16

なぜ愛されたひとばかりニュースになるような悲惨な死を遂げるのか

池袋上級国民による自動車事故知床観光船、キャンプ場で行方不明になって死亡が確認された女の子。みんな愛されていて、家族が悲痛のどん底で悲しんでいる。

ワイだったら家族はみんな亡くなってるし、友人も妻彼女いないKKOなのに、愛されている人たちが犠牲になってしまうなあとか考える

なぜなのか考えたけど、ワイ友達も妻彼女もいないか池袋におでかけとかしないし、観光船にも乗らないしキャンプにも行かないんだよな。コロナリモートワークだから通勤すらしていない。貧民だけど鉄筋コンクリ団地から一応地震で圧死とかはないだろうし(家族友達も女もいないか家具とか全然ない)結果的低リスク生活してるんだろうな

まあ子孫残せないか意味ないけど

2022-05-14

anond:20220514230845

ハゲハゲ自由行使し、巨乳巨乳でいる自由行使していると考えるか?

彼らはハゲ巨乳選択しているか

乳房縮小手術の手術費用は100~130万円くらいだった。

AGA治療費用は、月額15,000〜30,000円(年間180,000円〜360,000円)程度が相場で、

ハゲ始めてから永久的に費用が掛かり続けるらしい。

自己責任というには高いなという印象がある。

AGA治療ホルモン療法だから副作用があるし、乳房縮小手術は身体にメスを入れるから当然リスクがあるし。

結果、「小さく見せるブラ」やカツラなど、根本的な解決にはならないが、

低リスク安価方法採用する者が多いのだろう。

「小さく見せるブラ」やカツラを着用しないことによって起きたことは、自己責任として責めを負うか?

2022-04-29

なぜ、最近20代女性結婚相手に4低を求めるのか?

答え:自分もそうだから

 

低姿勢・・・将来の夫には隠し事無し、誠実に

低依存・・・主婦になる夢は捨てた、死ぬまで働く

低リスク・・・公務員ではないけど普通に総合職正社員です

燃費・・・趣味無し、旅行は興味ない

2022-04-25

月曜だし国連たわわ事件反省会しようぜ

オタクコンテンツ炎上事件が起きると、表現規制派 vs 表現の自由派でうんこの投げ合いが始まるけど、別にこれ、憲法でいう「表現の自由」の話じゃないんだよな。

それなのに、なんか基本的人権重要な一部が毀損される深刻な事態が起きているかのような話になるから、わけのわからない空中戦になる。

どういうことだか説明するね。

フェミニストたちは法的規制を求めていない

フェミニストたちは別に、法的規制までは求めてないんだよね。

そりゃあ、法的規制ができれば大金星として、成果を大々的に掲げて本とか記事とか書きまくるだろうけど、それができると思うほどのぼせ上がってはいない。

それにむしろ法律によらず、SNSとか炎上させて圧力をかけて、相手自主的に応じてくれたほうが都合が良いわけ。

1.法的規制と同様の効果を生じさせることができる。炎上して謝罪させたら、それを見た他の企業炎上しないよう、自主的にやらないでくれるだろう

2.炎上させる相手選択することで、自分たち実質的規制判断基準の決定権を握ることができる。フェミニストなかにBL愛好家もいるので、法ができてしまうとむしろ困る。BL無罪たわごと裁判所では通用しない。

3.憲法上の問題回避できる。規制法の制定は憲法上、著しい困難を伴う。「性的搾取」とか「性的に眼差す」とかのふわっとした根拠規制なんかできるわけない。

そういうわけで、フェミニストさんたちは法規制を目指さず、集団で火付けをすることで実質的規制を行うことを目指しているわけ。

表現に対して批判を行うことも、表現の自由重要な一部なので、フェミニストさんたちが行っていることは、実にまっとうで健全手段なのだ

表現の自由派はとれる手段が少ない

これに対して、表現の自由派が取れる手段はとても少ない

1.買って応援

2.炎上を仕掛けているフェミニストたちにうんこを投げる

3.山田赤松お布施して祈願する

これらは、これまであまり効果がでてこなかった

なぜなら、

1.買って応援

  → とてもまっとうで健全対抗手段であるが、宇崎ちゃんにせよ温泉むすめにせよ、これまで炎上して取り下げを強いられてきたものは、たいていがコラボ案件なのである

    コラボ案件実施主体にとって、ないならないで別にそう困らないのである。むしろさっさと取り下げたほうが、いつまでも燃やされるより低コスト低リスクなのだ

2.炎上を仕掛けているフェミニストたちにうんこを投げる

  → フェミニストうんこを投げても、チンパンジーじゃないか効果はない。

    だいたい、フェミニストたちは社会に訴えかけているのであって、別にオタク議論するつもりなんかないし、はじめから折伏できるなんて思っていないのだ。

3.山田赤松お布施して祈願する

  → フェミさんたちは言論の自由の上に立って批判をしているのであって、憲法上の問題を生じさせない手段でやってるため、はじめから議員の出る幕などないし、むしろ介入方法によってはそれこそ問題があるのだ。

    まあ、フェミさん路線は票にならないよと知らしめる意味くらいはあっただろう。

今回フェミさん劣勢みたいだけど?

今回、フェミさんたちがなぜ未だに何も達成できていないかというと、

1.広告新聞営業において必須のものから

  → しんぶん赤旗だって広告欄はある。そして紙面にどんな広告を載せるかも、メディア表現範囲内だ。

    広告に対する事後検閲を外部の機関に許してしまうと、メディアとしての自律性が危うくなるため受け入れ難いし、少なくとも高度に予期可能基準要求するだろう。

2.日経新聞が「あれは問題のある広告だった」と認めて謝罪してしまうと、広告主の顔に泥を塗ることになるため、できない

  → あたりまえ体操

3.講談社にとっては、あんまり講談社に抗議はきてないし、謝罪しても別にいいことないし、「広告出したい」「いいよ」「やったぜ」ってだけなので、文句を言われる筋合いがない。

  → それよりも作者と作品を守るだろ、それが仕事なんだから

要するに、主にターゲットにされてる日経新聞にとって、譲れない線を踏み越えてきているかなのだ

なお、UN Womenとの規約違反したんだって議論もあるが、以下の理由で非常に疑わしく思っている

1.少なくとも「3つのPをすべて満たさないと掲載しない」みたいな内容の規約だった場合法務経営陣が許すはずがない

2.仮にもしそんな規約を受け入れているのであれば、外部にむけて広告募集するにあたって公表するはずである

  そうしないと出稿企業から予測不可能なため、広告掲載にあたって毎回手戻りが起きてしま

3.そんな規約を受け入れるのであれば、せめてそれだけ厳しい規約を受け入れましたよとPRするはずである

どうせ、具体的で予期可能広告基準合意内容に含まれていなかっただろうと推測している。


フェミさんたちの今後

今後も何も、不満に思ったことにたいして批判を加えているだけなので、特に今回のことがあったからといって何も変わることなく、今後も不快もの不正義だと思うものに対して批判を加えていくだけだろう。

そのなかにしょうもないコラボ案件があれば、やはり相手謝罪して引っ込めるだろうし、それが重なっていくことで、世の中の基準ゆっくりと動いていくだろう。

なぜならそれに対して、表現の自由オタクたちは、うんこを投げるくらいしかできないからだ。

2022-04-18

子有りで職住近接とか、無理じゃん

最近はもう夜7時に寝てしまう息子と触れ合う時間を増やすべく、職場からdoor-to-doorで30分以内という条件で物件を探しているのだが、職場最寄りである都心3区の家賃がアホみたいに高くて笑ってしまった。

月40万、50万――(いや無理じゃん)――中にはホテル暮らしと大差ないような相場物件まで存在する。

元々、職住近接志向が強く、通勤ラッシュは大の苦手。実際、独身〜新婚時代には、職場徒歩圏内アパート(港区)に住んでいた。通勤時間を1分でも節約できるのなら、家賃が数万円高くなっても構わないという思想の持ち主である

そんな自分でさえ、郊外に転居せざるを得なかった。部屋の広さが倍なら家賃も倍というわけではない。単身とファミリー、これだけ違うのか。

1LDK家族4人ミニマリズム生活だとか、旧耐震オンボロ3点ユニットバス生活だとか、色々な面で妥協すれば職住近接を実現することは可能だが、子育て世代にその選択肢は無い。

子供にとって良い環境を得ようと思えばこそ、(新築|築浅)×(3LDK以上)一択なのだ

都心から隣接区にまで範囲を広げても、この状況は変わらない(そもそも都内ファミリー向け賃貸供給絶望的に足りてないという問題があるのだが、ここでは触れない)。

明らかにケアリの最安物件が25万円から家賃20万を超えれば、不動産業界的には「高級賃貸」のカテゴリーとされる中、である

賃貸家賃は隣人リスクや住み替えの自由度込み、というのが(持ち家派)に対する賃貸派の言い分ではあるが、これだけの金額となると、流石に持ち家と比較して割高感が否めない。

毎月25万円、固定費が虚空に消え続けるというのは、なかなか肝が冷える話だ(もちろん個人金銭感覚にも依るが、仮に手取り100万あったとしても、家賃25万というのは少し躊躇する金額なんじゃないか)。

郊外・持ち家は人権無し」という風潮がネット上ではまりつつあるが、皆、本当にこんな高額な家賃を払っているのだろうか? 私はといえば、勿体無いな、と感じてしまう。

子育て中の身、いうほど頻繁に引越しの機会が有るとは思えない(そもそも引越しが好きではない)し、偏見かもしれないが、ある程度高所得層の集うファミリータイプマンションであれば、隣人リスクも然程高くはないのではないか? 

かといって、マンション購入という選択肢にも食指が伸びないところである

結局、子供が家を出てしまえば、広い家はそれほど必要ない。夫婦2人の終の住処なら1LDKでも十分だ。

被災時や、ライフステージに合わせた住み替えの柔軟さに関しては、賃貸に軍配が上がる。

逆に、どこかで売却というゴールを見据えた上で、資産価値の高いマンションを購入する、というセンもあるわけだが……

都心・駅近物件であれば、資産価値はそう下がらない、むしろ売却時にプラスになるというのが、最近の風潮ではあるものの、この不動産価格歴史的高騰がいつまで続くか分からない。

それに、家探しとはいえ、(不動産)投資である以上、素人知識で迂闊に市場に参入することは戒めねばならない。

我が国少子高齢化著しい人口減少国家であり、また、都心臨海部災害リスク無視できない。資産ポートフォリオの大半を不動産のようなハイリスク商品が占めているという状態は、投資セオリーからいっても危険だ。

低リスク物件――都心ターミナル、駅チカで利便性高く、災害にも強い、確実にこれは10年後も高く売れるだろうというマンション――も確かに存在するが、

そうした物件は(正当に)億超えの評定がされており、一介の勤め人には到底手が届かない。

売却益を見込めるような、安全物件に住めるのは、結局地主か、元から富裕層だけである

今は、郊外の親の持ち家(戸建)を借りて住んでいる。高校卒業まで住んでいた旧家だ。低気密低断熱の、夏暑く冬凍える家だ。総アルミサッシの、空調の効かない家だ。

ローンは完済しているので、家賃は一切掛からないが、丘陵を切り崩して作られたバブル期新興住宅地ゆえ、周囲に平坦な道は少なく、自転車泣かせの急勾配を越えていかなければ、最寄りの駅に辿り着けない。

駅まで駆け足で20分。都心職場までトータルで1時間半。こんな立地でも、かつては富裕層がこぞって家を買い求めたというのが信じられない。万人が認めるところの立派な僻地である

他の郊外住宅地の例に漏れず、価格バブル期の半分以下に下落している、完全なる負債住宅だ。

それでも、かつて虫を追いかけた、向かい旗竿空き地には、知らぬ間に二世住宅が建っており、高校生くらい? の若い世代の住人を迎えている。近所の公園からは、入れ代わり立ち代わり、子供たちの遊び声が聞こえてくる。

両親の家は車で10分ほどの距離にあり、子育てサークルの数も、都外としては恵まれすぎているほどに多い。週末には、駅まで遠出すれば、子供も楽しめるマルシェなども開催されている。

この地域少子化は、私が住んでいた20数年前には既に囁かれていたが、表面的には然程進行していないように見える。

古めかしい開拓当時の分譲住宅の中に、真新しい外装の新築が混じり、中には「パラサイト」に出てきそうな瀟洒デザイン住宅(?)もある。

案外、似たようなことを考えた、私と同年代第二世代が移り住んできているのかもしれない――都心ではパワーカップルペアローンで湾岸タワーマンションを購入するが、郊外ではパワー二世帯がペアローンで二世御殿を建てるのである

この地域一帯は郊外随一のお受験加熱地域ということもあり、都心一等地しか無いような幼児教室(教室が少なすぎるため、中には都内からわざわざ通う子もいるらしい)も通園範囲である

子育て環境としては申し分なく、正直、中学受験が終わる頃まではここに住んでもいいかなと、考え始めている。しか12年って長いな。

2022-04-02

相場で食ってるって楽してるみたいに思われるけど実際は一日中パソコンの前に張り付いてストレスと緊張で命削ってるよね(´・ω・`)

低リスク運用で食えるくらい資産のある人ならともかく(´・ω・`)

2022-02-17

今後燃えそうなゲーマースラング

脳死 思考を伴わないプレイ集中力省エネ化や瞬時の反射という意味で、美徳として使われることも多い。判断すべき時に判断できていないという悪い意味でも使われる。

チンパン、猿 同じ行動しかしない、同じ失敗を繰り返す、いわゆる学習しないプレイヤーを指す。

人権 所有/未所有でプレイに大差が出るようなアイテムキャラを指す。

難民 人権アイテムを持たないプレイヤー、人権アイテムの入手時期を逃したプレイヤーを指す。

戦犯 試合の敗因になったプレイヤー。あるいはそのプレイ。「戦犯ムーブかました」など。

オカマ 相手ミス待ちや低リスク重視のプレイングを指す。

ガイジ、ゲェジ 障害児の略。ゲーセンで奇声を挙げながらプレイする様。動物園とも。

追記

マンブー オマ◯コブーストの略。女が上手い男に囲まれランクを上げること。

沼 知的障害者→知障→池沼→沼。プレイミス初心者に対しよく使われる。

>> なんかワードセンス小学生中学生なんだよな。

正しい。ゲームコミュニティ自覚的に幼稚なものを好む。「人間原始的快楽闘争心本能を良くも悪くも肯定する」みたいな思想根底にある。

それを突き詰めるとゲーミングお嬢様になるし、悪い方に発露したものスラングとなる。

2022-01-08

anond:20220108213913

そら現状から変わらず相対的ワクチンのほうが低リスクならバンバン打つよ?

当たり前じゃん

2021-12-04

割りに合わないリスク

リスクとチャンスは渾然一体で明確に分けることは難しい。しかし「低リスクなのに大きなチャンスがある」または「高リスクの割にはチャンスが小さい」といった仕分けはある程度可能だと思う。このうち後者の『割りに合わないリスク』について色々と思うことがある。本人が本人の意志判断で割りに合わないリスクを背負うことは否定しない。二親等以内の身内の場合は口を出したい気持ちはある。でも他人のやることについては否定しない。だけどだけれども、『割に合わないリスクを(他人に)背負わせる行為』については、やっちゃ駄目だと思っている。それは道徳的に許されない。しかし『割にあわない』の判定が難しい。解釈次第で「挑戦しないことこそリスク」「今の時代それはリスクではない」などどうとでも言える。その言説にも正しい部分はあると思う。価値観は人それぞれある。結末も人それぞれ違う。でも他人人生を大きく左右するアドバイスを行う時は、世間一般価値観から大きく逸脱しないアドバイスをするべきだと自分は思っている。加えてもう一点。無自覚無責任なことをいうのも駄目だけど、相手への負の影響を自覚したうえで退路を絶たせ自分利益へと誘導する行為もっと良くない。しかしこの両者の区別も難しい。表面上はどちらも純粋気持ちから応援しているように見える。非常に厄介。うーん。あんまりネガティブなことを言うと僻みだと思われそうだ。僻みが1ミリもないと言えば嘘になる。そういう後ろめたさがあるから自分も「応援してます」という態度を取らざるをえない。どうせ他人人生だし、物分りの良い大人として振る舞った方が世間体も良い。

2021-11-06

anond:20211106063349

保守界隈ですら自由よりも低リスクを望む傾向あるし

そういう国民性なんだろうな

それが何に起因するかは知らんけど

2021-10-15

anond:20211015094622

というか会社取締役の持ち物ではなく株主の持ち物なんだから、その辺は株主総会の合意が取れるかで方針が違わない?

モチベーションを上げなければならないというのはどこから来ているのだろう。最低賃金レベル仕事機械で置き換えるよりはまだ人間を使った方が費用対効果が高い程度の作業なので、モチベーションを上げなくても人員が入れ替わってもこなせるように効率化されている。

それでは身体を壊したりして非効率なら、福利厚生を充実させる方が先かな。賃金って上げたらちょっとやそっとの理由では下げられないし。だからこそ、安定した生活には一時金ではなく賃金の上昇が必要なのだけれど。

金でモチベーションを上げるなら、他にもボーナスとか、若い企業だと月間 MVP表彰という形で一時金を渡したりとかが常套手段で、賃金の上昇より低リスク効果が上がる施策が先に行われるかと。金以外では認知的不協和の低減圧力を利用するとか。

なんか「あるべき姿」と「職業としての責務」がごっちゃになっているように見えるので、分けた方が良いかも。自分の中での分類と、それぞれに対して使う言葉を分けることと。強い断定での表現を見たら、本当にそうか立ち返って眺めるのは文章を読むリテラシーだし、曖昧なことを断定しているのは人を騙そうとしている文章に見える。善意が基でも。

分かって無さそうなのが意見してきたのに、優しく書いてくれてありがとね。興味の中心がそこでは無かったのと本当に分かっていないのとで、いやこれは違うよなと思いつつそこはまあいいやで放言してしまった。

とりあえず増田最低賃金の被使用者でも自分賃金を上昇させたい人でもなく、あるべき姿を主張したって理解で良いのかな。だと良いなと思うし、その活動が身を結んでそれが当たり前になって、ちゃん制度として組み込まれると良いなと思うよ。

社員幸せ事業計画ちゃんと入れられて、みんなが豊かになって経済も回って、結果的会社利益にもなって。本当にそうなったら良い。

anond:20211015100319

整形のカジュアル化は低価格化と低リスク化と在宅勤務でダウンタイムを耐えられるようになったからでしょうね。

昭和時代の整形手術は超高額なうえに大失敗も多かったので芸能人くらいしかリスク取る人間いませんでしたよ。

昭和女性歌手で、白人顔になろうと手術して変な顔になったままの人いますよね?もうおばあちゃんですが)

永久脱毛も同じです。電気針で一本一本脱毛していた時代は超高額で激痛だったので芸能人銀座の女くらいしかできませんでした。

レーザー格安になって一般女性バカスカやるようになりましたね。だいたい安全性と金額に対するメリットの天秤です。

2021-09-15

anond:20210915152038

子供犯罪者になって、犯罪者を育てた親の責任を問われてマスコミに追いかけ回される確率で考えると、娘のほうが圧倒的に低リスクだよな

家庭内暴力も息子のほうがハイリスクだし

2021-09-01

結局マスクって効果あるの?

コロナ禍以前の知識

コロナ

デルタ株以降

で、どうなの?

よく「論文が出てるだろ」とか言うけど、ゲーム脳だって論文が出てるし怪しいものだと思ってる

論文を書く人ほど「論文が出てる」というだけの情報には価値がないことを知っている

それでもマスクが無いよりはあった方がマシでしょ?とか言うけどマスク免罪符になってライブで大声出されるよりはマスクなしで黙ってる方がマシなんじゃないかという風にもとれる

まぁ現実ではマスクなしで大声出されるのでマスク必須なんだろうけど、空気感染するなら不織布マスクOK理由はどこにもなくなってしま

じゃぁみんなN95マスクをするの?っていう話になるけど、それやるぐらいなら合わせて屋外での飲食全面禁止とかしないとバランス取れないしあんまり現実的じゃない

効果的なことを重点的に要請しないと「100%なんて無理!」って言われて50%ぐらいの対策をやる人が多くなる

「80%でいいんで」っていうお願いをするためにも効果検証はしっかりしてほしい

例えばアマゾンから届いた荷物を受け取るときにも玄関マスクをして受け取って玄関に戻ってからマスクを外す、という行為がどこまで効果があるんだろう

海外だとその辺のリスクはしっかり意識してメリハリを付けてる気がするけれど

日本同調圧力が異様に強くてこのままマスク文化になりそうな気さえする

海外では土足が普通だけど、日本は土禁だよ」っていうのと同じノリで「日本に来たらマスクをしてね」みたいになるんじゃないか

ワクチン接種もコロナ根絶にはほど遠いということが分かったからには、ある程度のリスクは許容するような要請必要なのに

低リスクマスク必須高リスク飲食OK」みたいな非効率なことをやりかねない、というか今既にやってるのがモヤモヤする

2021-08-29

anond:20210827203034

今できてない人は低リスク感染拡大に大きく関係しない生活形態からそんなに急がなくてもいいってことじゃないの?

しばらく引きこもってよう

2021-08-20

anond:20210820213226

地方から見た感想だが、都市部の人はもはや陽性者の低リスク接触者扱い程度では検査受けなくなってきた

熱あってよほど気になる人でなければ検査受けてないが故の頭打ち

2021-08-11

anond:20210811173324

他の部分は良いけど

ブレイクスルー感染するんだからワクチンを打っても結局人にうつ可能性がある

の部分だけ突っ込んでおくと、結局は確率問題よ。0か1かで考えちゃいかん。

どうやらこのワクチンには感染予防効果がありそうなので、感染する・させる確率は減る。(ついでに、感染しても発症重症化する確率も減る。)

他人うつす率が100%よりも低くなれば、感染者はどんどん減っていく。(1人にうつすなら100%、2人にうつすなら200%と数えよう。)

今は他人うつす率が100%よりも高いか感染者がどんどん増えてってる状況。

なので、他人うつす率が100%よりも低い人が増えれば増えるほど、感染自体もどんどん減ってどんどん低リスクになる。

和訳コロナワクチンでADEが問題にならなかった理由(MedPage Today)

和訳コロナワクチンでADEが問題にならなかった理由(MedPage Today)

〜新種のワクチンであっても、抗体依存性増強が問題となる可能性は低い〜

by Veronica Hackethal, MD, MSc, Enterprise & Investigative Writer, MedPage Today

2021年3月16日

(原文記事

Why ADE Hasn't Been a Problem With COVID Vaccines(MedPage Today)

https://www.medpagetoday.com/special-reports/exclusives/91648

パンデミックの初期に、科学者たちはCOVID-19ワクチン有効性と安全性を確保するための最良の構築方法について、さまざまな議論を行いました。その中には、他のウイルス感染症やワクチンで見られる、死に至る可能性のある免疫現象である抗体依存免疫増強(ADE)」に関する議論もありました。

これまでのところ、COVID-19ワクチンによるADEの報告はありません。しかし、COVID-19ワクチンのADEに関する懸念は、ウイルスの亜種が緊急に発生したことで再び浮上してきました。ADEとは一体何でしょうか?過去経験から何がわかっているのでしょうか?また、なぜ専門家COVID-19ワクチンでは問題ないと言っているのでしょうか?

◇ADEの特徴

ADEはさまざまな経路で発生しますが、おそらく最もよく知られているのは、いわゆる「トロイの木馬」経路です。これは、過去感染ワクチン接種によって生じた非中和抗体が、再び病原体さらされたときに、その病原体シャットダウンできない場合に起こります

トロイの木馬」経路とは、過去感染ワクチン接種によって生じた非中和抗体が、再感染時に病原体シャットダウンできず、かえってウイルス侵入を許し、通常は侵入できない細胞一般的にはマクロファージなどの免疫細胞)で増殖してしまうというものです。ハーバード大学T.H.チャン公衆衛生大学院バリーブルーム医学博士は、MedPage Today取材に対して次のように述べています

「ADEの原因は、ウイルスに対する抗体中和されないことです。ウイルスに対する抗体中和されず、抗体受容体を持つ細胞ウイルスが取り込まれしまうことにあります。これが、通常は感染しないような細胞ウイルスを取り込む方法です」とブルーム氏は言う。

ADEは、中和抗体ウイルスと結合して感染を阻止する抗体)の存在量が十分に少なく、感染を防ぐことができない場合にも起こります中和抗体は、ウイルス粒子と免疫複合体を形成するため、かえって病気悪化させることがあります

過去経験はADEについて何を教えてくれるのか?

トロイの木馬型ADEの典型的な例は、デング熱です。デング熱には4種類のウイルス存在します。それぞれのウイルスには違いがあり、過去に1つのウイルス感染たからといって、別のウイルスから守るのに十分な抗体ができるとは限りません。

ADEはデング熱ワクチン接種後にも発生しています。例えば、2016年に4つの血清型すべてを防御するデングワクチンが開発され、フィリピンで80万人の子どもたちに接種されました。ワクチンを接種し、その後、野生型デングにさらされた子どものうち、14人が死亡しましたが、これはより重症化したためと考えられます。それ以来、このワクチンは、すでにデング熱感染したことのある9歳以上の子どもにのみ推奨されています

もう一つの典型的な例は、米国で行われた呼吸器合胞体ウイルス(RSV)の不活化ワクチン臨床試験中にADEが発生したことです。1967年臨床試験に参加してワクチンを接種した子どもたちが、その後、社会ウイルスに遭遇した際に、より重篤なRSV疾患を発症しました。2人の幼児が死亡しました。このワクチンは、肺閉塞や呼吸器疾患を引き起こす免疫複合体形成と関連しており、RSVワクチンの開発はかなり停滞しました。

同様に、1960年代米国で開発されていた不活化麻疹ワクチンでもADEの事例が発生しました。ワクチンを接種した子ども重症化したため、ワクチンは中止されました。現在米国使用されている弱毒化した麻疹生ワクチンでは、ADEは発生していません。

COVID-19コロナワクチンではADEは問題にならない

科学者たちは、COVID-19ワクチンではADEはほとんど問題にならないと言っていますが、これは何を根拠にしているのでしょうか?

COVID-19ワクチン開発の初期段階から科学者たちはADEを引き起こす可能性が最も低いSARS-CoV-2のタンパク質ターゲットにすることを目指していた。例えば、SARS-CoV-2の核タンパク質を標的にすると、ADEを引き起こす可能性があることがわかったとき、彼らはすぐにそのアプローチをやめた。最も安全方法スパイクタンパクS2ブユニットを標的とすることであると考え、それを実行したと、Derek Lowe博士はScience Translational Medicineのブログ「In the Pipeline」で書いています

科学者たちは、ADEを探すために動物実験計画しました。そして、緊急使用許可を得たCOVID-19ワクチンの実世界でのデータでもADEを探しています。今のところ、その兆候は見られません。実際には、その逆のことが起こっているとLowe氏は指摘しています

「疑いの余地がないと思われるのは、ワクチンを接種した被験者から重篤コロナウイルス感染者が出ず、入院もしていないということです。これは、ADEが起こっている場合に予期されることとは正反対現象です」と彼は書いている。

さらに、ADEは緊急の問題であり、非常に劇的なものになりますトロントにあるマクマスター大学病理学・分子医学准教授であるブライアン・リヒティ博士は、「もしこれらのワクチン問題があるとしたら、今頃は発見されているでしょう」。

「(ADEが発生したら)すぐに死んでしまますよ。私が知っているADEは、すべてのケースで、それは急性で、ほとんどがサイトカインに起因する事象です」と彼はMedPage Todayに語っています

唯一の例外は、中国で開発された不活性化された全細胞ワクチン、つまり「殺した」ワクチンかもしれません。このワクチンには、1960年代にADEの原因となった麻疹ワクチンやRSVワクチン使用されたのと同じアジュバントであるミョウバン使用されていますブルーム氏によると、中国の不活化全細胞ワクチンは、これらの古いワクチンと同様にADEを引き起こす可能性が「考えられる」とのことです。

「このワクチン米国で日の目を見ることはないでしょうし、言及する価値もないかもしれません。中国製の全球殺虫ワクチンで実際にADEが発生した例はありませんし、あったとしても報告されていません」と述べています

バリアント(変異株)については?

現在COVID-19ワクチンは、世界的に流行したSARS-CoV-2の原型を防ぐために開発されたものである。亜種(変異株)が増えるにつれ、科学者たちは、これらの亜種の1つがADEを引き起こすほどの違いを持つようになるのではないかという疑問を提起してきた。Lichty氏によると、今のところ、この懸念は仮説に過ぎないようです。

「これまでのところ、COVID-19ワクチンでADEが発生したという証拠はありません。すべて理論的なものです」と述べています。「これまでのところ、ADEは既存ワクチンウイルス変異体では問題にならないという証拠があると思います」。

その理由の1つは、SARS-CoV-2が、ADEを引き起こすような形でマクロファージに影響を与えていないだけかもしれないが、科学者たちはまだ詳細を調べているところである。ADEは、HIVエボラ出血熱コクサッキーウイルスSARSMERSなどのコロナウイルスなど、他のウイルス自然感染した場合にも報告されている。

「今回のパンデミックを通じて、科学者たちはSARS-CoV-2に関連するADEを探してきましたが、これまでのところ、その事例は見つかっていません」、とLichty氏は指摘します。

「このコロナウイルスは、すでに人間に十分に適応しているので、中和しない抗体との相互作用マクロファージ侵入したとしても、マクロファージが明らかな病態を引き起こすのに十分なサイトカインを産生できないのかもしれません」と述べています

◇新しいワクチンはより安全

mRNAワクチンアデノウイルスベクターワクチン比較的新しいワクチンであるため、躊躇してしまうかもしれませんが、ブルーム氏によれば、これらのワクチンは、ADEの観点から見ると、古いタイプワクチンよりも安全性プロファイルが優れています

「肝心なのは、新しい技術は新しいウイルスパンデミックへの対応が早いだけでなく、より安全で、より明確に科学的に設計されているということです」と彼は言います。「Sタンパク質ワクチンは、よりクリーンで、より慎重に定義されており、より低リスクです。Sタンパク質ワクチンは、よりクリーンで、より慎重に定義されています。そのため、ADEの可能性は、以前のウイルスワクチン製造方法よりもはるかに低いのです」と述べています

最終更新日2021年3月18日

Veronica HackethalはMedPage TodayEnterprise and Investigative journalismチームのレポート担当しています

2021-08-07

パラリンピック中止論はやっぱり「障害者差別」に過ぎない

以下理由を述べる。

1.出場する障害者に対してどういうリスクがあるのか、具体的な話が一切ない

医療側の人達も含めて、単に「障害者普通の人に比べてリスクが高い」という話しか出てこず、どういう理由リスクが高いのかという話が一切出てこない。

厚労省コロナ関連サイトで出てくる「基礎疾患」では、パラリンピックに出られる人が有する障害ほとんどは含まれていない。例えばパラリンピック出場者の大半を占める四肢欠損や視覚障害とかはコロナリスク高まる基礎疾患からは除外されている。

2.出場する障害者選手村などでどういう行動をするかを一切考慮していない

オリのほうでは選手が夜中に選手村を抜け出して遊んでると言う報道が時々出るが、パラリンピック出場者がそういう行動を取れるだろうか。選手村を抜け出すこと自体が非現実的だろう。それに対する考慮が無い。

3.障害者にとっては、普段生活場所に居るより、パラリンピック会場に居る方が低リスク

パラリンピックの種目で、人と人とが至近距離接触するものは少ない。常に相手と組んだ状態で行う柔道くらいである。そのパラ柔道に出てくるのも視覚障碍者であり、健常者の五輪選手と比べてハイリスクとは言えない。

しろ至近距離接触がない競技ほとんどであり、選手団や役員の人数も少ないパラリンピックはかなり安全大会である

その障害者競技以外の場では何をしているかと言うと、普通職場に行って働いている人がほとんどだ。職場クラスターデルタ株の主戦場と言われている現在パラリンピックに出て選手村や会場で過ごすほうが低リスクなことは言うまでもないだろう。

結論パラリンピック中止論は、ロクに障碍者パラリンピック出場者のことを考えていない「主観的かつ障害者差別から来る意見」に過ぎない

反論あればどうぞ。ただし、感情的意見データや行動体系に基づかない主観的意見反論と見做さないのであしからず

2021-07-29

自分低リスクから出かける」というのが若者だと非難されているのに老人だと許容されている風潮に合理性はあるのか

前にそんな疑問を口にしたら老人が烈火のごとく怒りだしたので、それ以来、口に出してはいないけど。

 

うそう。

そのときに老人が言っていたことへの反論なんだけど、

ワクチン接種は感染させる可能性を低下させる」と言うなら、そもそも老人よりも若者の方が感染させる可能性が低い。

去年3月学校を閉めたときには既に議論されていたことだけど、年齢が低いほど感染させる可能性も低く、当時のデータでは子供他者感染させたケースはゼロだった。

2021-07-11

anond:20210710045115

気になるブコメがあったので。

https://b.hatena.ne.jp/entry/4705239490036876226/comment/le_cinema

治験期間が異常に短いこと、ワクチン接種後の死亡例含む副反応検証がザルであること及び接種後の調査期間が1年程度しかないことへの不安ワクチン絶対大丈夫派はどう解消しているのか教えてほしいな、まずは。

https://news.yahoo.co.jp/byline/kutsunasatoshi/20210621-00243916/

ここにあなたの知りたいことがだいたい書いてある。抜粋すると、

一般的ワクチン副反応は数週間以内に起こる

しかし、これまでのワクチンでは、重篤副反応は通常、投与後数日から数週間以内に起こります

...

この期間を超えた、ワクチンによる長期的な副作用は非常にまれであり、これまでワクチンの長期的な副反応ではないかと疑われたものも、その後の科学的な検証によって否定されています

mRNAは数日以内に分解される

生きたウイルスワクチンの中には入っておらず、また遺伝情報を体内に接種すると言っても、mRNAはヒトの細胞の核に入ることができず、そのためヒトの遺伝子情報に変化が加わることはありません。

またmRNAは接種後数日以内に分解され、作られるスパイク蛋白も接種後2週間でなくなると言われています

こうしたmRNAワクチン機序からは、接種後1年以上が経ってから副反応は想定されていません。

mRNAワクチンのものは長期的なデータがある

mRNAワクチンは新しいプラットフォームワクチンではありますが、全く新しい技術というわけではありません。

...

これらの何十年にもわたるmRNA研究では、長期的な副作用は認められていません。

検証がザルと感じているようですが現在のような広く接種しているフェーズではともかく、治験の段階ではもっと厳密に有害事象管理されており、また承認までは短くとも大規模な治験が行われていること、さら作用機序も含めて、個人的には今回のmRNAワクチン安全性はかなり高いと思っています

もちろんリスクゼロではないですが、新型コロナウィルス罹患することや、それに伴う行動制限を受けることも含めたリスクとは比べものにならない低リスクという認識です。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん