「いじめ問題」を含む日記 RSS

はてなキーワード: いじめ問題とは

2018-07-05

いじめ問題とかパワハラとか村八分とか

そういう話を噛み砕いてみたり改めて解釈し直したりすると

背景でhagex事件酷似するケースが多いと思うんだよね

もちろん低能先生いじめられる方

集団からつまはじきにされるのはいだって取り柄のないコミュ障なんだ

2018-06-28

いじめ定義

いじめという言葉が使われる時、そこには二通りの意味があって、その意味の違いで話がこんがらがってるなぁ、と思うことが時々ある。最近だと、Hagexさんと低能先生関係とか。

意味その1:無辜の人が集団から嫌がらせからかいを受けること

意味その2:ある人がその態度に関わらず集団から嫌がらせからかいを受けること

で、いじめはいけないと言ってる人にも、意味その1の定義で何の罪もない人がいじめられるのは良くない、っていう意見と、意味その2の定義でどんな人であっても集団からいじめを受けるのは良くない、っていう意見がある。

いじめられた側にも問題があるっていう意見には、意味その2の定義を使ってそうだね問題があったからねという意見と、意味その2の定義を使っているけどそれでもいじめられた側の態度は問題じゃないっていう意見と、意味その1の定義を使っていじめられた側に問題があるなんてとんでもないっていう意見と、意味その1の定義を使っていじめられた側に問題があるならそれはいじめじゃない、っていう意見があったり。

個人的には意味その2の方がいじめ問題俯瞰する時にいいんじゃないかな、と思ってる。

いじめ被害者無辜の人だと思い込んだり、問題がある人だったかいじめじゃないという扱いにすると、取りこぼすものってたくさんあると思うんだ。

いじめ被害者を救いたいなら意味その1を取らないといけないけどさ。いじめで傷ついた人を救いたいのに、あなたにも悪いところはあったなんていう態度を取るのは二次加害だよ。

から俺は低能先生叩きはいじめだったんだと思うよ。そもそもいじめられるに相当する理由があるのかないのかで人を選別する意味その1の態度は、徹底的に被害者に寄り添う覚悟がある人じゃないととってはいけないと思うんだよ。

特に意味その1を使って、こいつは悪いやつだったんだからみんなから叩かれてもいじめじゃない、なんていう詭弁を弄するのはナイよね。

2018-06-27

anond:20180627191710

その「見えないようにする」、相手から見たら無視から

素直な気持ち相手無視するのが許されるなら、世の中にいじめ問題なんて無いぞ?

anond:20180626141122

https://togetter.com/li/1240555

https://togetter.com/li/1240837

結構面白い方向にコメ欄が推移してるよね

ネットってのは、この犯人のための治療機関ではなく」⇒学校職場も同じだろう

ネットいじめネットリンチを行っていた、行おうとしていたのは低能先生で」⇒相手が悪けりゃ隔離排除オーケー


いじめ問題や何らかの犯罪加害者批判殺到して、加害者自殺でもしたら、みんな怒り出したりネット批判したりしそうだから、今回のIDは覚えておくんだ

はたまた、加害者選択したのが自殺であったなら、君らの意見はどうであったのか

当然、「自業自得一択だよなー

軽い気持ち揶揄する怖さとか批判気味に語ったりしないよなぁ

君らが言ってるのは、そういうことだぜ

結果自害に走ったら状況を批判して、他害に走ったら状況無実とか、そんなこと言い出さないよなぁ


日本はこういう国なんだよ

はてなってのは、そういうところなんだよ

低能先生のいうネットリンチが、例えばスマリリーキクチ氏や唐澤弁護士に対するそれと同じに見えるようなら、お前らも低能先生と同レベルの立派な狂人

こういうのが切断処理だぜ

相手が悪いから石を投げた」

多くのいじめ加害者スタートもそこだぜ

結局、はてないじめを憎む御仁も、この程度よ

そりゃいじめはなくならないよ

anond:20180626141122

この手の理屈言う人って

同じようにゲスお笑い芸人とかも批判してくれるのかなー

差別表現も同じように「悪いことは悪いこと」って言ってくれるのかなー

他人ダブスタ叩くのは簡単だけどさ

いじめられていた側がいじめる側になり、いじめていた側への制裁がまたいじめになる、てのがいじめ問題の難しさだから

それ弁えてると、簡単他人を「ダブスタ」とか罵れない

2018-06-26

anond:20180626143024

ネット人間全員に主張してると思ってたわ。

通報してきた奴ら封殺してきた奴らに言ってたんだな。

いやそれでも全員に納得されるかって言えば納得されるわけが無いんだけど。

ネットリンチネットリンチと言うが、結局本人がインターネットに向いてないってのが最後最後まで理解できなかっただけの話だし。

それこそ、半端な優しい世界作って異常者のさばらせちゃダメでしょ。

はてな世界で語ることが許されなくなるくらいに、変な主張の仕方してるって本人が気付かないのはイジメとかそういう問題じゃないしな。

しろなんでもいじめ問題に繋げるなよ。垢BANになった時点で「何が悪かったのか」を考えなきゃいけなかったのは他でもない低能先生なんだよ。

2018-06-18

いじめ問題警察を入れろという人が結構いるが

警察がそこまで信用できるのか? って気がする

例えば、いじめ摘発警察官の出世得点稼ぎになったら、自白強要冤罪も起こりやすくなるんじゃないだろうか

2018-06-06

いじめられた記憶暴力衝動

原田マハさんの「生きるぼくら」を読み始めた。主人公は、高校いじめられて中退して引きこもりになった24歳。

その、いじめの話を読んでいると、自分中学時代に受けていたいじめを思い出して、気分が沈んで黒い気持ちになってきたので書き出してみることにした。

読んでも教訓はないし、得るものもないことだけ注記しておく。

自分は、地方市街地にある公立中学校に通っていた。そこで、クラスメイト2人からいじめられたのだった。

1人は、近所の、小学校からの遊び友達で、粗野な面もありつつ話も発想もおもしろく、遊びを発明したりとクラスの中心人物。もてていたと思う。スポーツ推薦で私立高校に進んだけれど怪我をして中退した。高校以降は部活試合などで数回しか会っていない。

ペーパーテストはできなかったけれど、いまでも、頭のよさや自信を尊敬している。中学校ではいっしょに登校していて、登校中にお菓子をわけてくれるのが楽しみだった。

もう1人は、サッカー部の肩幅の大きい人間愛嬌があっておもしろ人間だった。いじめ問題が解決した1年くらい後の出来事ではあるけれど、一番印象に残っているのは、家庭科性教育の班発表で避妊についてコンドームの実物をくばったりしたこと。そのときに彼が言っていた、コンドームは失敗する可能性も少なくないから、コンドームをつかってかつ外で射精することが重要、と言っていた教えはいまでも記憶にある。

彼らからは、直接打撃的ないじめを受けたわけではない。恐喝されたわけでもない。言葉ではなにか言われたかもしれないけれど、人格否定するほどではなかった気もする。「生きるぼくら」で主人公が受けていた体に見えないところに暴行されたり、母の弁当をぶちまけられたりというほどではない。

一番、くやしかったのは、羽交い絞めにされて学ランのズボンに、黒板消しをなすりつけられたこと、何度かあった気がする。柔道技をかけられて、力の差でなにもできなかったこともある。ほかのことはあまり記憶が明瞭ではない。

悔しさか悲しさか情けなさかで泣いていたのを覚えている。殺意めいたものも感じていたと思う。

いじめ自体は、親や先生が動いて、わりとすぐに収束した。今思うと、相手の家に乗り込んだ父はほんとすごかったし、母には心配をかけたし、先生相手と1対1で話し合いをしてくれてちゃんとしていた。

いじめがあったことがどう親や先生に伝わったかは、そのころまったく気にできなかった。自分が30歳近くになったころ、母が地元印鑑屋さんで自分実印をつくってくれたのだけれど、そこの印鑑屋の息子が自分同級生で、先生いじめが起きていることを伝えてくれたということを聞いた。そのころは自分の殻に閉じこもっていたのか、彼の名前や顔も思い出せなくて、申し訳なく思っている。ほんとうに感謝しています地元に住むことはなさそうだけれど友だちになりたい。

いま、冷静に考えると、いじめ自体もなよなよしていて腹立たしい自分に対するちょっかいエスカレートしたもので悪意はなく(だからこそいじめはやっかいではある)、自分人格確立されていれば言葉で跳ね返せた、とは思うのだけれど、難しい。積極的に近寄りたいとは思わないけれど、恨んではいないし、いまならあの頃はいろいろあったね、と話ができる気もする。たぶんだけれど、2人とも、このあとはいじめを止める側に回っている気がする。

そして、冒頭で黒い気持ちになったというのは、いじめられたことそのものではなく、いまもサッカー部の彼に対して抱いてしま暴力衝動

ももシャープペンを突き刺して、二度とサッカーできないようにするところを想像したり。事故とみせかけて階段でもたれこんで突き落とすのを考えてしまったりしてしまう。いじめられた当時から同じことを考えていたのか、そのあと繰り返し想像して強くなっているのかは混同してわからないけれど、10年たった今でも、いじめを想起するたびにこれらの暴力的な衝動イメージしてしまう。そして、そうすることで心を慰めてしまっている自分発見して暗い気分になる。いつか克服できるだろうか。

でも、もうすこしいじめが続いていたら、そういう想像を実現させていたと思う。そして、相手自分破滅していただろう。

行動に移すまえに、いじめを止めてくれた親や先生名前も忘れた友人に感謝している。いじめ相手には複雑な気持ちを持っているけれど、どこかで幸せ生活していてほしい。自分はこれからもその衝動を抱いて生きるだろうけれど、行動には移さないと思う。

2018-05-25

「悪いのはいじめる方なんだとやっと腹落ちした」を読んでやっと腹落

anond:20180524231941

言及されてる問題から過去いじめ問題やら色々なものを見てきて、どうしても意見が相容れない存在一定数いることに気がついていたのだけど、その理由がやっとわかった。

その人達は、「戦うことをしない」、もしくは「正しさを追い求めることが戦うことだと勘違いしている人たち」なんだ。

この増田を書いた人は戦うことを選んだ。だからこの結論に至った。

でも、この増田母親は戦うことをしないことを選んだ。だから世の中はそういうものなのだ自分を言い聞かせ続けた。

そしてわたしにとっても、今まで意見が合わなかったすべての人は、戦うことを選ばなかった人たちだったんだ。

戦うことを選ばなかった人たちは、とにかくなにが正しいか、なにが間違っいるのかを延々と議論し続ける。

加害者被害者関係なく土足でずかずかと踏み込んできて、人の上にあぐらをかいて正しいか間違っているか議論を延々と続けている。

それでなにがよくなるんだと聞きたい。

自分には害が及ばない安全なところでまるで人の人生酒のつまみのようにして消化することで世の中が良くなるならとっくに世界平和になってるはずだ。

こんなことに気づくまでにどれだけ無駄議論を繰り返してきてしまったのだろう。

決めた。金輪際、戦うつもりのない相手とは議論なんてしない。

戦う覚悟のない人間善悪など決められてたまるものか。

わたしわたしを守るために戦う。

お前が戦うつもりがないことはわかったから、そんなものを人に押し付けるな!

世の中の善悪と寄り添いながら、でも、守るべき一番大切なもの自分だ。

そうして自分を守るために戦う人間応援したい。

増田頑張れ!わたしも一緒に戦うよ!戦うつもりのない人間意見になんて絶対に屈しちゃダメだ!

2018-05-09

埼玉県川口市中学生だった栃尾良介くん(仮名)がサッカー部LINEグループから外されたり、

乱暴されたことをきっかけに自傷行為をしたり、不登校になった問題で、

同市のいじめ問題調査委は「いじめ事案に関する報告書」をまとめた。

報告書によると、調査委は「法律上いじめ認定できる行為があり、その行為不登校の主たる要因」として、

いじめ不登校因果関係を認めた。しかし、保護者は内容には不服だったものの、

再調査は依頼せず、市を相手損害賠償を求める訴訟を準備しているという。

報告書によると、いじめか否かを調査したのは以下の8点。

1)サッカー部LINEグループから、良介くんが外された。

2)サッカー部練習中に、肘で顔を叩かれるなどした。

3)サッカー部練習中に、良介くんはある部員からTシャツの襟首を後ろから引っ張られ、首が絞まった状態で倒された。

4)良介くんは映画を観る約束をしていたが、ある部員は良介くんに断りなく前日に他の生徒と良介くんと

観るはずだった映画を観に行った。約束当日は、良介くんに連絡せず、また別の生徒と遊びに行った。

良介くんがそのことを訴えると、その部員は怒りだした。

サッカー部員たちに良介くんから一方的文句を言われたと嘘を言い、良介くんが周囲から責められた。

5)良介くんの自宅で遊ぶことを断られたサッカー部員4人が、良介くんと交際中の女子生徒の自宅に行き、周辺で騒いだ。

6)良介くんが行きたがっているお店へ、部員の1人が、良介くんの目の前で、他の生徒と行く約束をした。

この件をきっかけに、良介くんは「学校行きたくない」と言い出した。

7)良介くんに対して、LINE中傷をしたり、彼の自宅をスマホで無断で撮影し、LINE上にアップした。

8)良介くんはLINEの中で、他の部員からなりすましによるからかい誹謗中傷を受けた。

これら8件のうち、調査委は、2)以外の7件を「いじめ」と認定した。

中間報告であるいじめ事案に関する進捗状況報告書(案)」では、1)と7)はいじめとしていたが、

それ以外も認定されたことになる。

いじめ不登校因果関係を認めた報告書

母親はなぜ調査対象が上記8項目だったのか疑問に思っている。これら以外にも、少なくとも11項目を訴えていたが、

限定された理由は明確に知らされていない。

http://blogos.com/article/295825/?p=2

2018-05-01

人が人を罰することを禁止するだけで色々なもの解決すると思うのだ

まずいじめ問題

いじめる側の言い分を聞くと、おおよそいじめられる側に原因があってそれを罰することから始まっている。

いじめる側がいじめられる側に転じるのもこのロジックだ。

あいつは周囲に罰せられるだけのことをやった。だから自分たちの罰は許される。

いや、許されないだろう。

何の権利があって個人個人を罰することができるのだというのか。

つぎにインターネットで見られる炎上もこの構図だ。

あいつは変なことを言った。変なことをやった。だからあいつを罰することは許されている。

そういう勘違いをしている人間が、正論に見せかけた個人攻撃を平然と行っていると言えるのではないだろうか。

当然許されるべきではない。

どんな理由があっても人に危害を与えれば、それは罰せられるべきだ。

ただ、だからといって誰彼構わず罰を与えていいわけではない。

それをするのは司法であって、警察ですら罰を与える権利は持ち得ていないはずだ。

もとをたどると、個人的な罰はしつけに遡ることになる。

まだ十分に理解力が発達していない相手に対して、緊急の危険から実を守るために必要ものからだ。

しかし、それでさえ行き過ぎれば問題だ。

時代の流れ的には、身内同士でさえ罰を与えることは罪と考えられ始めている。

当事者同士ができることは、唯一、解決に向けた話し合いである。

お互いが罰を与え合えば、それはエスカレートを繰り返すだけで、何も解決しない。

報復したい気持ちをぐっとこらえて、それぞれの罪はどこにあるのかを話し合い、お互いが罪を認め合うことができれば、それ以上の報復必要としない。

どんな被害を被ろうとも、それが相手危害を加えていい理由にはならない。

危害を加えた時点で、それは罪でしかないのだ。

学校ではとっくの昔に教師が生徒に罰を与えることはできなくなった。

それで指導がやりづらいというのは詭弁しかない。

罰が与えられないからと言って罪を見逃すのではなく、それが罪であることを認めさせることはできるはずだ。

罪を認めることが出来れば謝罪につながり、被害があれば補償すべきだろう。

しかし、罪を犯したからといって、相手の罰を許してはならない。

それは一見誠実のように見せて、その実は問題解決を棚上げにしているだけに過ぎない。

戦争の原因だって同じだ。

相手の罪を口実に、罰という名目のもとに暴力肯定しているに過ぎない。

どの国にも属さない、国々に罰を与える存在が求められている。

それはもしかしたら、すでに人間仕事ではないかもしれない。

世界において私罰の全てが禁止されることを願う。

そうすれば、戦争に至る負の連鎖を止めることができるはずだ。

我々が問題に対してすべきことは一つ。対話による解決だ。

2018-04-19

福田財務事務次官セクハラ問題はいじめ問題と全く同じ構図

簡単に言えば

福田=いじめた側の人間

女性記者=いじめられた人間

テレビ朝日=学校会社などの組織

である

テレビ朝日責任問題が取り沙汰されているがそもそも福田セクハラを起こすからこんなことになった、福田100%悪いという意見を目にしたがまさしく正論だろう。

とは言え、新聞労組テレビ朝日財務省抗議文を出して記者クラブを守ろうとする動きをするのならばそれはそれで問題ではないかと思う。

いじめ問題に置き換えると問題は明白になるし、女性記者に降りかかってくる心無い声も「いじめられる側にも問題がある」などと言う声がよく上がる事と同じだと理解できるだろう。

いじめ問題はいじめた当事者だけに責任押し付けても解決には程遠い。いじめを許すような環境を構築した(もしくは放置した)、そしてそのいじめ隠蔽しようとした学校側にも責任を負わなければならないのは明白だ。

から対応策として今後は女性との一対一との取材を避けるようにするというのは例えるならばそのいじめっ子がいない学校へ転校するとかいじめられないように誰かが一緒に常についているとかそれぐらいのモノにしかなってないのだ。

福田財務事務次官の会見もテレビ朝日の会見に共通しているのはどちらも一個人問題に終始し組織全体の問題にしようとしない点である

いじめは一個人問題であるという意見を言う人は少なくなったが、セクハラは一個人問題であると片付けてしまう人は左右問わずに少なくない。そういうのが許容される環境にしたのがそもそもの原因では無いかと思わなければいけない。それがトップだったから黙ってるしかなかったというのなら第三者から調査必要なのではないだろうか。

2018-04-15

anond:20180415091314

夫がどれだけ高収入だろうと、専業主婦だろうと、子供が出来れば転勤は嫌がるよ普通

誰も実家から離れた知らない土地孤立無援で子育てなどしたくないし、

幼稚園児になると転勤したら転園しなければならないし、義務教育じゃないから入れる園が見つからないという事も多いし、

小学校以上だと公立なら入れない事はないけどいじめが云々なんて話になるから

(だからいじめ問題が深刻化する小学校高学年以上になると大抵単身赴任になる)

独身者だってあちこち転々とさせられたら友人知人も失うし結婚しにくいし。

共働きの既婚者だけを特別扱い配慮すればOK、って話じゃないよ。

2018-04-04

anond:20180404205301

いや、だからはいじめ問題には口出ししないようにしてるよ。

からいじめ問題当事者だけで解決してくれよな。

2018-04-02

やさしくないか

いじめ問題相談受けても

相手ぼっこぼこにすればいいじゃん。どうする?教室の窓ガラス割る程度にする?それとも社会的に抹消する長期計画にする?」

ってけろっと言いそうだからわたし相談事に向いてないと思う。

2018-02-21

anond:20180221165728

俺の母親も昔痴漢にあったことあるけど安全ピンぶっさしてやったと言ってたよ

置換問題って結局痴漢のものよりも個人的な弱さが引き金になってトータルで人生つらい人間象徴なんじゃないの

いじめ問題とさして大差なさそう

2018-01-27

anond:20180126224048

なるほど、それは納得できるな。

私の職場にそういうことが起きないのは、いろんな経歴の人がいるせいかもしれない。

そういう街ができたときにどんな人が集まるのかには注意が必要なのかもね。

あと翻って、学校いじめ問題でも何かしらリスク軽減できる要因はそこにはないかね。

どういう異質の存在が何パーセント必要かとか、そういう研究ありそう。

2017-12-22

 

いじめ問題に熱く言及するやつはいじめられてたのかもしれないし

ロリ問題に他を引き合いに出して言い訳する人はロリコンなのかもしれないし

そう思うと今まで自分言及してきたあれこれも

第三者が見たらこの人図星なのかなって思われてたんだろうなー

恥ずかしい

2017-12-16

anond:20171216221125

かわいそうな生徒扱いするのが間違い。

例えば、企業の遠隔勤務をする or しないって、単なる制度申請の話だよね。

それと同じで、

授業についても理由不問で遠隔参加を社会が認めてあげるべきなんだよ。

勿論テストの成績が芳しくなければ、

親含めて相談にはなるけど、

対面だと上がるのか?って思う。

いじめ問題は、

学業と勤労人材の育成をまとめてやろうとする教育制度副作用

ブラック部活が話題になってるけど、

授業と生徒指導をうまく両立出来る

教師もあまり多くはないという話

2017-12-11

正直、いじめ問題とかわかんない

テレビでやっていていつも思う。

これおれが教師だったら解決できるのか。

たぶんまず上に相談するのだろうか。

そういう講座を受けてれば最悪の事態を防げるのか。  

大人社会でもあるのに解決とかできるのか。 

大人が見本を見せてあげられないのにそんなのできるのか。

きっと解決とかはないんだろうな。

正攻法はなくてどんなに努力を傾けてもだめな時もあって

 

他の問題基本的にそう。

やっぱり難しいし、当事者にならないとわからないこともあるし。

悩ましいな。

2017-11-13

anond:20171112152306

このまま、先生に伝えればいいと思うが、

病気の人が勝手に席に座った時、その席を蹴飛ばすことは正しいの?

子どもから聞き取りだけで、先生矮小いじめ問題にしてしまってると断定できるの?

仮にその子発達障害だったとして、先生に厳しく叱ってもらった結果、不登校になったら

あなた達は先生責任押し付けずみんなで話し合うことはできるの?

ちなみに、何に困っているかというと、先生が、問題にフタをして、頓珍漢な矮小いじめ問題にしてしまっているのと、

その問題解決するために、算数の授業を毎日のように潰しているのですが、根本が間違っているようにみえるので、

間違った結論しかならないようにおもえているのです。

anond:20171112152306

追記読んだけど、男児椅子を蹴ったのは明確なイジメ行為

これを問題なしとしてはいけない。

そのいじめ問題対応とは別問題として、教師発達障害児への対応問題を追及しないといけない。

教師発達障害児への対応問題があるから男児椅子を蹴ってもしょうがない、なんてことにしては絶対にいけない。

教師にひいきされている子はいじめて良い、みたいな教訓を子どもに与えてはいけない。

2017-11-12

娘の小学校で、トラブル

娘の小学校で、トラブル小学校6年)

もともと、娘のクラスには、発達障害女の子がいた

・見た目は普通

相手に何か言われると、馬鹿にされたと思って、フンと怒って会話ができない。(普通の会話でそうなる)

漢字は書けるが、計算はできない

給食のおかず担当ときに、大おかずを倒しても、謝らずに遊びに行ってしまった

・すこし、身だしなみがきれいではない。

その、発達障害女の子と、男のがトラブルになった。

総合の授業のときに、女の子が、その男の子の席に勝手に座った。

・そのことで男の子が怒って、椅子をけった。

・それをみていた、先生が、女の子に対するいじめだと断定してしまった。

娘の視点からすると、椅子をけった男の子も悪いが、普段から発達障害女の子が、空気読めなさすぎて、人の話も聞かないので、まわりにすごいすとれすになっていると。

いじめをしたと称された男の子側にも言い分があると。

そこで、先生から、各クラスの生徒に対して、尋問が始まった。

発達障害女の子に対するいじめ疑惑に対して、先生が、このクラスイジメはありますか?と、いう、クローズド質問で、話題誘導しようとしている。

からすると、いじめじゃなくて、ボタンの掛け違いじゃないかと。

女の子は、なんで自分が、そういう風に言われるか理解できない

男の子は、発達障害女の子と、その女の子指導しない先生に不満があると。

この、クローズド質問に対する、先生急所に切り込む回答はなんだろうか…

■追記1

発達障害というのは、観察結果からで、それでバカにしているわけではありません。

特別扱いしているのは先生の方なんです。

の子がやったら、ものすごく怒るのに、その子が何をやっても怒らない。

言っても理解できなくて、しかも、その子の親が特別学級に行くのを拒否して、怒鳴り込んできたことがあるので、当たらず触らずなのです。

子供からすると、他の子に怒るなら、該当の子にも指導しろよ、と、言っております

■追記2

そういう指導先生にしてほしいんですけどね。

その女の子が、表面上は普通の子のような扱いをしつつ、その女の子に対する指導をしなくて、子供対応押し付けているので、

子供ストレスが溜まって、爆発仕掛けていると。

その爆発仕掛けているのが、先生が、ちゃんとした指導をしていないのが原因なのにもかかわらず、先生は、表面的な事象を見て

いじめだ、いじめだと言っているわけです。

■追記3

発達障害(ASD/ADHD/LD)に対する理解定型か非定型コミュニケーションにコツがある。

と言うのは、良い情報いただきました。

娘が学級委員長で、結構、その女の子の面倒を見ているのですが、どうコミュニケーションしたらよいかからないと言っていた

ので、こういう視点もあるんだということを伝えてみますありがとうございます

■追記4

ちなみに、何に困っているかというと、先生が、問題にフタをして、頓珍漢な矮小いじめ問題にしてしまっているのと、

その問題解決するために、算数の授業を毎日のように潰しているのですが、根本が間違っているようにみえるので、

間違った結論しかならないようにおもえているのです。

■追記5 これに対する回答

https://anond.hatelabo.jp/20171113001711

残念ながら、当事者の子供たちで、ちゃんと親に報告が出来ているのは、うち娘くらいで、

同じく、お母さん方も、教育熱心な方が少ないので、増田でもらったアドバイスを元に

スクールカウンセラー相談しようと思います

いじめられる側いじめている側のボタンの掛け違いの問題

・授業を毎日のようにつぶして、ヒアリングしても、間違った始点からなので、間違った結論しかならない

 可能性があることをスクールカウンセラーから生徒側の意見として伝えてもらう。

アドバイスいただいた内容を娘に伝えたいと思います

■追記6

思いつくままに書きなぐったので、思考の断絶の都度句読点が入っていて、自分でも読みにくいわ!!と、マジでへこんだ。。。_| ̄|〇

男の子の親疑惑。それだったら小町に書くわ。

あと、面白いのが、増田よりも、ブックマークのほうが辛らつなのな。

当日のカーッとなった「先生急所に切り込む」を受けての反射の反応なんだけど、普段の記名して記事書いていると得られない反応なので面白いわ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん