「ナレッジ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ナレッジとは

2020-08-01

anond:20200801161013

アップデートする元のベースを開示してくれて、時間が許せはナレッジトランスファー(もちろん就業時間内)もしてくれるんなら、知識アップデート就業時間内にやっても文句なぞ言わんよ(程度問題だけど)。

困るのは入ってから勉強するつもりの奴。

面接ときに盛ってるのはある程度許容範囲として、盛ってたなら人知れず努力してキャッチアップしろよと。

2020-07-31

anond:20200731204749

Googleマイクロソフトナレッジベースからって特別扱いしたりしねえんだよ

SEO要素の高いほうを先に表示するんだ

Windows7で○○をする方法

マイクロソフトナレッジベースWIndows7のしGoogleでヒットしないのは嫌がらせかなんかですかね

あるいはいかがでしたかブログからリベートでも貰ってんのか

2020-06-01

PRF環境スレッジオーバーランする方法

昨日から取り組んでるんだけど一向に解決しない.

以下スペック.

OS:Gallina 12.4.3

アブソーバ: 3.5Vg Bermuda Cell

ストア: 8C (LUFDD)

RTT: Centurion 2017

 

理論ナレッジカルキュレーターを結合してRunすればいけるはずだと思うんだけど,毎回FH322を吐いて止まってしまう.

仮想リポジトリワームがあるかどうかはもう検証済み.

やっぱRTTが旧式なのが悪いのか?

俺にはBerllの方があってたなあ.

2020-05-22

そんなに日本社会マウント取ってイキり散らしたいなら、ITエンジニアじゃなくてスパイとかテロリストとか傭兵にでもなればいいじゃん

日本社会において競合他者がいない職業で、かつ平和社会においては攻撃できる側の存在になって、金や女や権力社会から一目置かれたいってのが大体の増田根本的な願望なわけじゃん

他にできそうな手段ITエンジニアしかいからそれに固執してるだけで、フリーランサーでなんでもやりたいなら、今はネットだって発達してナレッジベース技術図鑑回想録とか書籍で手に入るし自主学習できるんだから自分勉強してスキル身に着けて、諜報技術戦闘技術などを独学して自分で売り込んで仕事すればいいじゃん

プログラミング言語が、まったく別の技能に置き換わっただけだから、何ら問題ではないし、ヘタすりゃ自主学習必要費用よりも費用対効果安いかもしれないじゃん

増田邪教信徒の如く恐れる、DQN半グレ暴力団などの裏社会の住人だって怖くはないだろ、そいつ返り討ちにできる技能を保持できる仕事なんだから

スパイテロリスト傭兵なんて肩書で、講演会書籍書くだけでめっちゃ儲かっててさ、チャンネル桜オタク向けミリタリー講演会とかで、おっぱいデカコスプレイヤー芸能人かにチヤホヤされながら番組出てる奴らや事例日本でもいっぱいいるじゃん

今や世界中でとんでもない競争倍率があり、法規制に縛られた故に自分のやりたい仕事がなかなかできないIT業界で、できもしないことに鬱屈して向精神薬飲みながらネット害悪論喚くくらいしかやることがない空しい人生送るくらいなら

どうせ死んで元々なんだから挑戦する価値がそっちの方があるのでは?

2020-05-14

anond:20200513235014

会社にはもとより勤めず

お金ももとより持たず

けれど人並みはずれたナレッジを日々積み重ねる

そんな人間情報生命体に俺はなりたい

anond:20200513235014

ナレッジベースかい知識を盗む仕組みはあっという間に潰れたね

2020-02-14

anond:20200214101611

1ヶ月ほど前はてブで少し流行った記事

快適キーボード操作のためのキーカスタマイズWindows編〜 | さくらナレッジ

https://knowledge.sakura.ad.jp/23305/

英数がいらんという人はBack SpaceやEnterを割り当てれば楽なのかなと思ったが、Twitter検索してみて一番多そうな置き換えはEscで次に多いのがCtrlのようだ。

2020-02-11

ムフフ動画流出インシデント ケースa

先日女性の前でうっかりいらん動画再生してしまった。

よくニュース教員が授業中にエロ動画再生した事故の話を聞くが

ありえない失態だと思っていた。

不覚にも自分当事者になってしまった。

Windows利用の殿方が同じ轍を踏むことがないよう今回のナレッジを共有しようと思う。

個人的にはマイクロソフトの罠だと思っている。

利用には一層御注意いただきたい。

自分ノートパソコンWindows10ユーザー

先日、プライベート用のログオンアカウントムフフISOファイルを入手し、再生した。

よくわからんISOファイル再生した時点でWindows上で自動的ドライブ扱いでマウントされるようだ。(かなり初歩的だが気がつかなかった)

後日、知り合って間もない女性と2人で茶をしばく予定があった。

その際、私のパソコン過去の私の自作DVDを鑑賞するという手はずになっていた。

当然プライベートログオンアカウントムフフ情報だらけなので

公的ログオンアカウントひとつ立てた。

女性と会い、公的アカウントログオン→外付DVDプレイヤー動画再生しようとしたところ

誤ってムフフ動画を一瞬立ち上げてしまった。

メニュー画面が起動したがメニュー画面もムフフだった。

焦って一瞬で閉じたが確実に画面を見られた

その後は会話が頭に入ってこなかった。

自作DVDということもあり、レーベルが真っ白なので

自覚はないが、過去ごにょごにょしたDVD再生たかと思った。

(十数年間ごにょごにょはしていないのでありえなかった)

何が起こったかからず後ほど調べたところ、特にヒットする文献はなかったが、検証によって理解した。

今回プライベートアカウントマウントしたファイル

アカウントログオンしてもドライブとしてマウントされたままになるようだ。

それで外付DVDドライブだと勘違いして、ムフフ動画再生してしまったようだ。

これはマイクロソフトによるWindows権限の不備のような気がする。

アカウントで入手したファイルが、アカウントを越えて認識されたままになっているということである

本当に肝を冷やした。

恥ずか死に値する事案である

世の殿方にはこのような不本意流出や、それによる信用の失墜が起こらないことを願うばかりだ。

2019-11-23

anond:20191123165913

でも話芸の人と思われてるけど書籍は本当にナレッジの蓄積が惜しげもなく出てくるから本当におもしろいよ。感想屋じゃないと思う。

2019-10-25

教えてクレ

先日、うちの部に異動してきた。

私より年齢が上でキャリアとして営業一筋、みたいな人なんだけど

ドキュメント見ない、書かない、調べない、教えてクレクレと。

あれどうなってるの教えてクレクレ。

それってなに教えてクレクレ。

ディスカッションしたいか時間クレクレ。

クレクレクレクレ…。

社内イントラナレッジありますよ、と促しても聞いた方が早いじゃん教えてクレクレ。

その上本人は営業は会食も仕事とか言って会社接待交際費使って飲んでる。

理不尽すぎるよ神様

2019-09-29

anond:20190928035414

身についたって言い方のそれが外部にあって学んで取り込んだじゃないと思うよ

外部の環境自分の中にそれが効率が良いと相手に対して強く出れる境遇から形成させるもんじゃない?

それが教義として発達しない現状としてそれをされる立場は少しも良いものではないし

そのよくない状況をトレードオフするための回避策がナレッジとして具体化されないしその思考自体も出どころも明確にしようとしてない根元では

2019-07-20

続・ブクマカ異能デスゲーム

安眠下手(アンフェタミン):

発動時、手元に手斧がない場合、2本の手斧(『斧の小町』、『斧が道』)が手元に引き寄せられてくる。

発動後、7分間は覚醒状態となり、身体能力が大幅に向上する。

特にセルフまとめ作成経験のある者に相対したときは、よりパワーアップする。

7分経過後は、安眠状態となり、大怪我するなどの強い刺激がない限り、7分間は目覚めない。

沈黙回春サイレントエロ):

エロ出来事が生じた場合、遠隔地からその付近の様子を知覚できる。

その場所テレポートすることもできる。

霊言アリアYou王族):

転生経験を活かして、死亡者から霊言アリアで歌い上げることができる。

令和時代(ビューティフル&はぁー揉みーたいむ):

視界内の指定した者の胸部に遠隔から触れることができる。

ミキ"手のみでしか触れない。

原価を焼却すれば火もまた涼し:

視界内の対象物に点火することができる。

ただし、代償として、自身銀行口座から対象物の原価の額が減る。

(残額以上の原価の物には点火できない。)

1時間に点火できるのは3品まで。

英語ペラペラー(イングリッシュナレッジペラペラー):

無言のまま相互テレパシー意思疎通ができる。

ただし、テレパシーでは英語しか使えない。

anond:20190718201527

2019-06-19

日記)初めて糖質患者?に遭遇した

ちょいちょい全方位にキレる人だったけど

最近、突然支離滅裂の難癖をつけられた

難癖と言うレベルでもないな、完全に妄想というか「さっき俺の悪口言っただろ」みたいな

一度も会ったことないし、家もめっちゃ遠いんだけど

 

んで自分も少し腹が立ったので、その人のSNSとか遡っていったら

集団ストーカーに襲われています」的な発言がちょいちょいあった

あいつが俺を嗅ぎ回ってる」とか、そういうのも

ああ・・・マジか、ガチじゃねーか・・・

少し溜飲が下がった

 

所感

ガチな人でも、たまにまともだったり、知識はまともだったりするから「怒りっぽい人」と見分けがつかない気がする

・疑ってかからないと「怒りっぽい人」で終わってしまうと思う

・キレられた時、既視感があった。世の中のそういうコメントの内いくつかはガチなのかもしれない

・予想より冷静に対処できたが、それでもきっつい

・厳密には別の病気かもしれない

・どれが性格で、どれがアレなのか境界線が分からない

・駅でぶつくさ言ってるような人ならわかりやすいのに

正社員じゃないしこの人たぶんクビになると思うんだけど、野に放たれるの?すごいな世の中、病院行って欲しい

・耳元で「いつもお前を見ているぞ」って囁いて仕返ししたい

 

__

 

追記

 

少し調べた

https://www.mental-navi.net/togoshicchosho/understand/stage/

 

・焦りの気持ち

・興奮

 

ここらへん知らなかった、確かにそうだった

1人だけ何でそんな焦ってるの??って言う感じ

 

しか確率大体1%だっけ

遭遇率考えると、使えないナレッジだな

2019-06-16

技術って教えるものじゃないだろ

特に技術者としてメシ食ってる奴には。


たまに「技術を教えてやってくれ」という注文が来るんだけど、正直意味がわからない。

だって技術者なら技術くらい自力で覚えようとするもんでしょ?

それこそ必要な本は会社の経費でどんどん買えばいいし、セミナーだってどんどん行けばいい。

もちろん、どっちも自分で見繕う。

先輩や上司が言うべきは「勉強しとけよ」というハッパかけと、「必要な本やセミナーは押さえたんだから大丈夫だよな?」という確認だけでいい。


しろ組織としてもっと教えるべきは「仕事問題は人の問題」という前提と、その解決方法しょうが

しろ仕事をするにあたって創造力か問題解決力のどっちかは絶対必須であり、このうち普通職場では問題解決力を求められるケースがほとんど。

そして繰り返しになるけど仕事問題というのは、紐解いていくとほぼほぼ人の問題帰結するわけで、仕事力=人の問題解決力だよマジで

から、人の問題解決する力をメンバーがどれだけ備えているか、どれだけ組織ナレッジにっているかで、その会社未来が決まると言っていい。

そういう意味では真っ先に、最優先で教えるべきことじゃないかな。

少なくとも人の問題に比べたら、技術問題なんて大した話じゃない。

なんでそういう本質的なことがわからいかなあ。

2019-03-19

そろそろ日本から本気で人材がいなくなる

周りを見ていると海外転職海外移住ナレッジが溜まってきたからか、本気で海外移住を考えている人が多くなってきた

というか、ここ数年だけでアメリカドイツフランス移住した知り合い何人もいるし

おれの周りだけでそうだから日本全体になると相当数いるだろう

あと海外支社作るベンチャーも増えてきてるし、海外に行くハードルがどんどん下がってきてる

重要なのは金と能力がある人間から日本を出て行くなんだよな

それを問題と取るか席が空いてラッキーと思うかは人それぞれだろうけど

こんなこと書いているおれも知り合いがいるタイスタートアップから誘われていてどうしようか考え中……

2019-03-11

核家族化って人類最大の失敗だよな

「親元を離れるのが当たり前」って風潮を作っちゃったか

余計に家賃光熱費を払わなきゃいけないか若者貧困化するし

結婚して子供ができたとき育児無理ゲー化してしまった

昔は親の手とナレッジを借りて子育てができたのに

親元離れちゃったかナレッジリセットされちゃった

個人でそれぞれ学習し直すっていう非効率状態になっている

核家族化してなかったら子育てもできるし、経済的だし、

日本への一番の対策って「核家族化するな」ってことじゃね?

2019-02-23

けものフレンズの失敗

メディアミックスIP戦略の話

 

これはアニメけものフレンズ1期の序盤で薄々気づいていたんだけど

けもフレプロジェクトは、昔のメディアミックスに似ている

 

最近メディアミックスは、原作や設定のつながりなどを大事にする

昔のメディアミックスは、同じタイトルなのに作品によってガラッと話が変わったりする

 

これはおっさんならわかるかもしれない

1990年前半までは、漫画アニメというのは1話完結に近かった

適当漫画雑誌を買って、電車で読むとか

適当テレビを見て1話だけ観るとか

そういうスタイルがまだ残っていた時代

 

からメディアミックスも、設定やキャラだけなんとなく同じであとは別物ということが多かった

個人的に印象的だったのは天地無用あたり

その頃は「IPが」という話題はなかったと思う

売れたらアニメ化、売れたらドラマ化、売れたら映画化で、その中身はほとんど別物という感じだったと思う

 

それから2000年に入ってメディアミックス全盛期になってきてもまだ繋がりは薄かった

「ひょっとしたら地続きかも」と匂わせる程度だった

そういった状態だと、当たりとハズレが出るし、アニメは見たけど漫画は見ないとかそういうのが当たり前だった

 

2010年を過ぎたあたりからIPという考え方が出てきた

例えばアニメにハマった人を漫画誘導するとか、グッズを買わせるとか

一個の世界観を作っていろんなチャンネルビジネスを展開し、長く愛されるコンテンツ財産を作っていこうというのが方針

昨今のサブスクリプションブームと大体時期が一致しているし

漫画長編化とも時期が一致している

 

旧来のメディアミックスになくてIPにあるのは「話の繋がりの強さ」、「話のテンプレがある」当たりだと思う

たとえば原作漫画場合だと、映画化してもストーリーは一緒だし設定は大事にする

大事にしないと炎上する)

これは昔だと考えられなかったことだ

子供向けは卒業するものなのでテンプレート型であることが多い

例えばプリキュアプリティシリーズ戦隊シリーズもそうだ

IPは「話の繋がりの強さで他のメディア誘導する」か、「勝ちパターンを作ってナレッジを貯めていく」という戦略が主だと思う

 

その他に模索されてる方法として「同一キャラクター方式」「勝ち作品にのっかる」があると思う

 

その中で一番うまく行ってないのが「同一キャラクター方式」だ

だってこれ、旧来のメディアミックスじゃん!

同一キャラクター方式は見た目と性格は似てるのに、ストーリーや設定の違いが出るので別物扱いされる

視聴者相互交換がないので、作品毎に単独で戦うことになる

当たり外れあるが、業界的には外れが多いので平均すると負けるだろうし、設定の食いつぶしも起きて徐々にやりづらくなる(ソシャゲに似てるね)

 

ここらへん、分かりやすのがアイマスで、「同一キャラクター方式」を捨てて「勝ち作品に乗る」「勝ちパターンを作る」にシフトしたと思う

XENOGLOSSIA2007年。ちょうどメディアミックスからIPへという時代だった)

 

同一キャラクター方式は「擬人化モノ」もその一種だと思う

これは擬人化元ネタに興味を誘導したいのだろうが、うまく行っていない

結局「ストーリーの繋がり」「勝ちパターン」「勝ち作品に乗っかる」のどれかを選択するしかない

 

それでようやくけもフレの話だけど

これまでゲーム漫画アニメ1、アニメ2、舞台、そしてまたゲームが出るが

繋がりが弱い、勝ちパターンがない、というキャラクター同一方式=昔のメディアミックス

けもフレに感じるモヤモヤは、おっさんなら昔懐かしいモヤモヤなんじゃないだろうか?

 

結果的にうまくいってない

アニメ1期が奇跡的に成功したが、その勝ちパターンアニメ2期へ引き継がれず、監督の別作品に生きてしまっている

外注先にナレッジが溜まるという、いろんな業界でみかけるやつだ

 

ついでに何でこうなったか考えてみると

IPそもそも難しい

複数作品整合性を取らなければならない

原作がある場合原作愛で割とどうにかなるのだが、原作がない場合は厳しい

だというのに主導している方々はさほどIPに慣れていないらしい

そしてあまり利益追求で始まったプロジェクトでもないとも書かれている

動物を題材にした100年IPを作りたいという話だった

しかこの記事

https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1488452395

 

というわけで、不慣れな人材によるチャレンジのようなプロジェクトだったわけで

なるようになったのだろうと推測する

 

そもそもの失敗として、利益追求プロジェクトではないのにIPを目指しているあたりがおかしいのではないだろうか?

以下はバンダイナムコIP一覧だが

https://www.bandainamco.co.jp/group/ip.html

見ての通りドル箱中のドル箱

ビジネスサイドに手を抜かないし、クオリティにも手を抜かない

IPってそういうもんじゃないのかな

もし「作りたい作品を」「長く愛されるものを」作るなら、1メディアに集中するべきなのではないだろうか

 

アプリ1の流れを止めて、またアプリを作る

アニメ1の流れを止めて、またアニメを作る

 

これじゃまるで内部抗争が耐えないどっかの銀行システム開発のようだよ

2019-01-06

技術者(もしくは技術者出身マネージャー)の殺し方

わずもなタイトル釣りです。たぶん、過去に色んな技術者メディア等で議論されてきたのではないかと思う。自身が今の職場で久しぶりに清々しいくらいに経験しているので、備忘録として状況をできるだけ冷静に書き記すものである。参考になりえるとしたら”現職の状況がヤバイんだけど、どうやって現状打破を目論見ながら最悪のシナリオを想定した逃げ道も確保するか”といったところの考え方くらいかもしれない。それ以上もそれ以下も意味はない。

背景

業界についてはあえてぼやかすが、歴史が長い業界だ。自身が参画したのははじめての業界だ。いろいろと勝手がわからないことはある。業界歴史が長いからということではないと思うが、業務フロープロセスが古臭い。逆に私達技術者活躍の伸び代がまだまだある業界でもあると言える。自社事業サービス)を持つベンチャーだ。

技術的なことを包括的担当してほしいということだった。結果的に(他にマネージャがいるのに)ただの人月計算をするおじさんになっている。ベンチャーでそういった担当者がいないのでよくあることだ。

状況

いくつか状況を記載しておく。

状況1 : 期待値コンテキスト不足、ナレッジマネージメントされていない

やり方はどうでもいいか

当初このように聞いていた。目的が達成されれば、もしくは課題解決すれば、ということだと思っていた。しかし、そうではない。

この方法以外認めない

という含みがあり、フォーマティが実はちゃんとあるしかし、そういった期待値コンテキストが不足しているという状態。そしてすべての事柄について隠しフォーマットがあり、それに準拠しなければならない。なぜならこういった背景だから。というものがしっかりある個人的ベンチャースタートアップでは抜けがちな”背景”がしっかりあるのは良いことがと思うが、後発で加入してきた人に対して明文化されていない状態もあり、自身役割としてはそういった期待値の明文化をすることも含まれるのではないかと思った。(しかし、そこにそんなにコストかけんなバカってことにもなった)

Webスタートアップベンチャー界隈ではこういった課題に関しては社内Wiki的なSaaSサービスで全員で知見を同期的に書き出して意見交換をすることでナレッジ化していくといった手法を取っているところが多い気がする。そしてその行為を”文化形成”などと表現しているところもある。しかし、業界的にはそういった文化にはないためすべてはファイルベースでの情報共有となっている。もちろん、そういった手法で十分なケースもあるのだが、一方的に送りつけておいて”これ読んでおいてください”などとして一切の背景を説明されていないのが現状な訳で、背景が不確実なまま自身想像力経験で行動してしまうと業界常識等の地雷を踏んでしまうことが多々あるのでできるだけ不確実な要素をなくしていくといったことにコストをかけることになる。

前に言ったじゃないですか

となる地雷が沢山あるやつ。スタートアップベンチャー限定したあるあるみたいだと思われるのも問題なので、一応書いておくと大手でもある。しかし、大手は割としっかり明文化している。その代りそのフォーマットを厳守することを要求されるし、従業員はその制限の中でいかに最高のパフォーマンスを出せるか?というレースになっているという印象。

これは確実に消耗戦になるやつだ。殺しにかかっている。

状況2 : 課題管理

別にWebスタートアップベンチャー界隈のやり方にこだわるつもりはないが、課題管理表を管理する工数を取る文化は色んな業界にまだ根強くあると思う。具体的な管理手法としては昨今では一般的なIssueベースなのに結局Excelでやることになる。ただのExcelではなくてWBSという形式で欲しがっているケースが多いのではないかと思う。WBSを引くということはアジャイル的な変動的なスケジュールを持つといった管理方法ではなく、割とFixされたウォーターフォール型に近い考え方がある場合にこういったことが起こりやすいのかもしれない。とは言え、何らかのプロジェクトマネージメントツールを使いたい。そしてこれも確実に消耗戦になるやつだ。殺しにかかっている。

状況3 : SPOF

とにかく割り込みタスクが全員から投げられる。(WBSで欲しがるのに)具体的な優先度や期日もない。下手すれば”何をしてほしい”といったコンテキストもない。すべては投げられた人のMy Wayで処理されることになり、ナレッジマネージメントおざなりになっているような状況ではスーパー属人化する。こういった状況は”投げられる人が投げる相手がいないからPlaying Manager化していること”が原因でも起こる。人事計画次第では解決できる可能性のある問題ではある。しかし、そういった見通しがない場合しんどい。これも確実に消耗戦になるやつだ。殺しにかかっている。

まとめ : 確実性と不確実性に切り分け

自身としては”確実性”のある部分については"可能な限り確実に"しておきたい。それは具体的にいうと"今見えてる課題で緊急度が高いもの"の対応だ。これは"確実に飛び越えられるハードル"という意味ではなく、"確実に解決しなければならない課題"という意味だ。もちろん、そういった課題がなぜ緊急性が高いのか?というコンテキスト説明についてはコストをかけて説明しなくてはならない。地道ではあるが方法はそれしかない。しかし、そういったことを経験しておくと”自分言葉でわかりやす説明する”といったスキルがつく。そういったスキルが欲しい方にはおすすめする。また、確実に処理したことでかつて不確実だったものの具体性があがることもある。もっと理想を言えば不確実なものの具体性を上げるためにどう確実化していくか?というスケジュールの引き方をしても良いと思う。

問題メンバーそれぞれのスペシャリティ、経歴、興味、個性がまだわからないことを前提にした説明必要で”相手が何からからないのか?”がわからない状態だ、色んな補足情報ゼロから入れながら説明すると物凄いコストになる。かといってあまり上から目線でモノを言ってしまうと後のチームビルディングにおける心理的安全性にも影響するため、嫌がらずできるだけニコニコしながら説明するしかない。これは一種の”信頼貯金”に将来つながってくるものだと思う。

しかし、何事も限度はある。それを自身で見極めないと確実に消耗戦は始まる。殺しにかかってくるのだ。

今後

さて、正直困っている。というか疲れている。

ライフスタイルへの影響度

忙殺されてしまったりするとどうしても以前のライフスタイルや状況と比較することすらできずにいることがある。気をつけたい。ある人は独身かもしれないし、ある人は配偶者子どもいて育児家事などのタスクを抱えているかもしれない。自身は家庭の事情もあり家庭運用タスクももっているライフスタイルなので、ワークがライフ侵入してくると大きな問題として認識する。実際に今、そういった状況が起こっている。(もちろん、それなりの待遇場合家庭内で調整して検討しても良いとは思うがあくま運用可能状態であることは前提である

そういった判断ができにくい状況にあるということを一度立ち止まって認識するということが大事だ。さもなくば遠慮なく消耗戦に持ち込まれ、殺しにかかってくるのだ。

定時内のパフォーマンスで測る

実際、定時外(邪魔の入らない時間)でのパフォーマンスに大きく依存する状況が続いている。死にたい体調不良等でリモート勤務にしたときの捗り具合がヤバイ(笑)しかし、本来、定時内のパフォーマンス自身の力量や限界を測るべきだ。そして無理なことは無理という勇気を持つことも大切だ(自戒)。

https://youtu.be/0sEM3UKuRw4?t=28

あれもこれも含めてオンボーディングコストと見れる可能

完全に気力・体力との勝負ではあるという前提ではあるが、少し粘ることで状況が外的要因等により改善したりすることもある。内的要因であることが理想的ではあるのだが…そこは自身の気力・体力と相談して”いつまでこの船に乗るか?”を決めていくべきだろう。自身でその状況を変えたい!と思うモチベーティブな人間はその限りではないが、その状態でいられる状況とそうではない状況もあるということは言っておきたい。

代表と合わない

多くのベンチャー場合代表哲学経営方針事業方針に深く影響しているというか、そのまんまそれが方針になっている。そして多くの求職者はその”綺麗な上澄みだけを抽出した部分"だけを読んで共感して入社することになる。しかし、入社してみると違うと感じることもある。感じるだけじゃなくて、実際に言っていることから違うこともあるだろう。しかし、それが会社だ。と最近思える程度に大人になった。

それって理念に反してませんか?

みたいなことを言えるなら良いと思うが、言えないならそれはすでに消耗戦の始まりであり、いつでも殺しにかかってこれるヤツだ。

自分が楽しめているか

正常な判断が困難な場合、こういった指標評価することにはなる。自身仕事が好きな方ではあるので割と参考にする。そして、楽しめていない。もちろん、苦しいときもあることは承知の上だが、この状況を具体的に変えていくモチベーションも沸かないのでそれに輪をかけている。これは確実に殺しにかかっている。

まとめ

現実問題として不確実的で抽象度の高いタスクを集中砲火されてしまい、自分優先順位を決めにくい状態が起こっている。自分の手に余る程度であれば良いが(多少の無理なら許容する)、確実にこのままでは消耗してしまうことは目に見えているので、年末年始や週末を利用して(週末は邪魔割り込みが入らないか作業やすいという悪循環にもなっている)自分なりの"働きやすさ"を作ろうと必死だ。しかし、それが自身限界を超える前に構築できなかった場合、最悪倒れる。その前に転職も見据えた行動を取るべきだろう。ということで行動するしかないので行動している。

おかげさまで既に数社からリファラルで引き合いがある。しかし、こういった状態であることもご存知なため(笑)、あまり良い状況(良い印象を与えることができる状況)とは言えない。迎え入れる側も気力・体力が満たされた状態の人に来てほしいに決まっている。しかし、命辛辛逃げようとしている脱北者みたいな人たちにはそういった余裕がない。それとそういった状況において転職先を正常に判断できない可能性もある。また同じ状況になりやすい。気をつけたい。というか面談ときに”他に聞きたいことはありますか?”というところで聞く質問はそこだと思う。

全てはここに帰するのではないかと思う。

期待値を明文化しろ

さて、生き残れっかな(CV : 野沢雅子

2018-11-29

仕事で放っておかれた時の対処

こういうナレッジって未だ共有されないと思うけど

結構頻発してる気がするんだよね

 

俺は1ヶ月放置されたことがある

2018-10-07

anond:20181007144703

レプテーション機能?すまん後で調べてみる

stack overflowは一個の形だな、でも似たことしてうまくいってないサービスもあるから解せない。何か足りないのか

 

あとはOSS、issueみたいなやり方も一つの解か

業界で似たことできてるとこが少ないから、汎用的かどうかは判らん

 

やはり個別事案になるほどナレッジ問題は容易な気がする

これは情報収集で同じことが言える。自分有益情報アンテナを張ると言うのは非常に難しい。この時代においても抜けおちてる領域だと思う。

この領域が抜けてるうちは「経験豊富ベテラン」の優位性は揺るがないが、代わりに人間が次のステージにいけない気がする

例えばベテランフルスタック人間なんてのはほぼ存在し得ない(存在しない方が雇用は安定しそうだけど)

 

元増

ナレッジ共有の限界

Qiitaを見てると分かるが

やはりランキングには限界がある

じゃあどうやって自分にとって真に有益で正しい情報を多く得られるかという話だが

代替案として、信用できる人をフォローして、その人が集めている情報を一覧化するという方法があると思う

しかしこれも「信用できる人をどう探すか」問題になる

これがまた難しい

点数化しようとしても

多くフォローされてる人 → 有名人 → 互助会能力を使っている

となってしまい、結局ランキングと大差なかったり、多数向けの大味な情報しか得られない事が多い(これははてな界隈ツイッター界隈、どの界隈でも有る)

また、自分文脈が合わない人間フォローしてしまうケースも有る

ある分野の初学者が、最先端教授フォローしても理解ができないだろう

丁度いい人を探すのは難しい

 

ここらへんにナレッジ共有の限界があると思う

一個打開策は、より詳しい人が、誰に向けて配信するか選ぶという物があると思う

Qiitaでよく見かけるが、誰に対する情報なのか書いている記事はとても良いものだと思う

あれを発展させれば、もう一歩前進できるかもしれない

 

整理すると

 

より多く見られているもの、より多く評価されているものランキング型)

誰のセレクトか(セレクト型)

誰あてのセレクトか(コンシェルジュ型)

 

でもココらへんが一旦限界か、次はAIか? でも上手い実例が出てこない

 

___

 

思い出したが、セレクト型でうまくやってるなーと関心したのはWEARアプリ

もちろんあれも完璧ではないが

あいう、より詳しい人(アーリーアダプターだったり、パリピだったり)をどう探すかっていうのも1つのジャンルかもしれない

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん