2016-11-07

[][](仮題)第一

オリジナルは、2016年11月7日に「エリカ」というタイトル投稿したものです。すでに数度にわたって細部を変更しており、今後も、物語を完成させる過程で、細部を変更する可能性があります。)

(筆者は、「先生遠藤さんの上履きがありません!」( https://anond.hatelabo.jp/20160131184041 )と同一です。

サトシ

「綺麗だ」

その言葉は、エリカを初めて見た時から、ずっと喉の奥に潜んでいたような気がした。何の変哲も無いこの瞬間に、ふと、唇から零れ落ちたのだった。

「ありがとう」

少女のように愛くるしく、それでいて色っぽい彼女の声が、少し照れているように聞こえた。あるいは、ただ驚いていただけだったかもしれないが、とにかく僕は、これで終わりにするつもりだった。

窓辺のソファはまだ少し肌寒い。細く差し込む月明かりを頼りに、天井の染みを観察する。

そうして、零してしまった言葉をまるで知らんぷりするように、僕は黙って眠りにつこうとしていた。

しかし、そんな僕の身勝手を許さず、「ねえ」と、いつもと変わらない、彼女ルックスと同じくらい綺麗な声で、彼女は僕に呼びかけた。

「何?」

「『エクスプリシット』って、どういう意味?」

「明示すること、あるいは、口に出していうことだよ」

「ふーん」

「どういう文脈?」

スポティファイでね、書いてあるの。曲のタイトルに」

「それは、歌詞露骨表現が含まれているってこと。未成年には聞かせたく無い曲かもしれないってね」

「あ、そっか」

エリカ普段音楽聴くときユーチューブを使うのだが、僕がスポティファイの話をしたから、アプリを試しているのだった。

飄々としているな。そう思った。だって、僕はまるで、胸に秘めた重大な秘密を打ち明けてしまたかのような気分になっていたのに、彼女スマートフォン音楽を探しているのだから

メイリンが、静かにしてって」

僕たちの声が聞こえたらしく、メイリンフェイスブックエリカに連絡してきたそうだった。

僕は起き上がって、彼女が横になっている、部屋の一番暖かい場所にあるソファの足に背中を預けて、床に腰を下ろした。

それは小さな声でエリカと話をするためだったけど、結局それは言い訳で、僕の心のある部分は、この距離彼女と話をしたいと、ずっと前から訴えていたのだった。

そしてその『部分』は、一つの要求を叶えたことで、もう一つの要求をするようになってしまった。

「あのさ」

お酒の影響はどれくらいあっただろうか。あからさまによっているわけではなかった。

「髪、触っていいかな」

「どうして?」

「綺麗だから

エリカは照れていただろうか。迷惑がっていただろうか。

薄暗い部屋でもはっきり見える彼女の綺麗な瞳が、にわかに輝きを増したかと思うと、わずかに頬が膨らんで、ニコッと笑ったように見えた。

「いいよ」

彼女はそう言った。はにかみながら。

彼女上半身を起こして、ソファ腰掛けていたので、僕はその隣に座った。ソファの脇に置かれた小さなランプの暖かい光に照らされて、彼女の横顔が美しく映える。

僕はうっとりしながら、ぎこちない手つきでエリカの髪を撫でていた。彼女の髪は、柔らかく、滑らかだった。地は黒髪だが、数年前に明るい色に染めたそうで、今では綺麗なグラデーションになっている。頭を撫でられている彼女の顔は、見惚れるくらい美しかった。

「私、犬みたいだね」

気づけば夢中で彼女の頭を撫でる僕の手は、犬の頭を撫でるそれのようだった。これだけでも十分幸せだった。それでも結局、心のその『部分』が要求することには、いつも必ず次があるのだった。

ハグしよう」

「いいよ」

ハグ挨拶から、と彼女は付け加えた。

記事への反応 -
  • [小説][遠藤さんの上履き]先生、遠藤さんの上履きがありません! 1

    小説家になろうにも掲載しています。 https://ncode.syosetu.com/n0012dq/ ケンジ 「遠藤さんの上履きがなくなりました」  水曜日のホームルームで先生が言った。 「じゃあみんな伏せて」  ...

    • サトシの原子炉(仮題)第一話

      (オリジナルは、2016年11月7日に「エリカ」というタイトルで投稿したものです。すでに数度にわたって細部を変更しており、今後も、物語を完成させる過程で、細部を変更す...

    • 先生、遠藤さんの上履きがありません! 2 

      http://anond.hatelabo.jp/20160131184041 の続きです。当初2話完結のつもりでしたが、完結しませんでした。 タカヒロ 「上履き隠しなんてさ、何が楽しいんだろうな」  金曜日の学校帰り、いつ...

      • 先生、遠藤さんの上履きがありません! 3

        http://anond.hatelabo.jp/20161108120656 の続きです。あと2回くらいで完結しそうです。 ケンジ 大丈夫だ。何も心配はない。昼休みのチャイムが鳴ってから10分。人の移動がなくなるのを待って、...

        • 先生、遠藤さんの上履きがありません! 4

          前話: http://anond.hatelabo.jp/20161109170519 タカヒロ  アヤネの上履きが隠されたのが、先々週の金曜日のこと。それから週明けの月曜日、火曜日、水曜日に立て続けに他の女子の上履きが隠...

    • 先生、遠藤さんの上履きがありません! 5

      前話:http://anond.hatelabo.jp/20161211080009 第1話:http://anond.hatelabo.jp/20160131184041 ケンジ 「あらケンジ、今日は起きられたのね」  月曜日の朝、俺は4日ぶりに普段通りの時間に起き出した。...

    • 先生、遠藤さんの上履きがありません! 6

      前話: anond:20161213163621 第一話: anond:20160131184041 なろう版(同一内容): https://ncode.syosetu.com/n0012dq/ タカヒロ 火曜日のホームルーム。今日もケンジは学校にこなかった。僕があんな...

    • 先生、遠藤さんの上履きがありません! 7

      前話:anond:20161213163621 第一話:anond:20160131184041 なろう版(同一内容):https://ncode.syosetu.com/n0012dq/ ケンジ 「みなさんを騙して、不安にさせて、それを今まで黙っていて、本当にごめん...

    • 先生、遠藤さんの上履きがありません! 8

      前話:anond:20180811045820 第一話:anond:20160131184041 なろう版(同一内容):https://ncode.syosetu.com/n0012dq/ ヒロミ 「遠藤さん。僕は、先週の水曜日に、遠藤弘美さんの上履きを下駄箱から抜き...

    • 先生、遠藤さんの上履きがありません! 9

      前話:anond:20180812061042 第一話:anond:20160131184041 なろう版(同一内容):https://ncode.syosetu.com/n0012dq/ ケンジ 「あ、ケンジ、おはよう」 「おはよう」  水曜日の朝、母さんはいつものよう...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん