「土建業」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 土建業とは

2019-07-22

自民党投票していない若者から見た自民党若者から支持される理由

若者雇用改善

本当にこれだけ。

近年の売り手市場のおかげで良い就職ができた若者たちは一生自民党投票し続けるぐらい感謝している。

から僕は、野党若者に支持されるためにさら若者雇用改善する政策コミットして欲しい。

既に自力で良い勤め先を見つけた都会の賢い若者だけでなく、自民党移民を入れることで切り捨てようとしている田舎低学歴・低職歴・低スキル若者でも妻子を養えるほどの収入を得られるように。

具体的に思いついたのは、ボンクラでも仕事が見つかった昭和再現して、たくさん人を雇う土建業製造業仕事を回す公共事業の拡大だ。

日本人若者を雇った数と支払った賃金に応じて入札できる仕組みにして、企業若者を片っ端から雇って子供を育てられるだけの稼ぎになるまで政府仕事を作り続けると約束する。

財源は国債で賄う。この政府支出のおかげで仕事に就けた若者や生まれることのできた子供が将来返済するのだから、これは正義にかなっている。

2019-01-29

anond:20190129191400

播州弁日本で一番汚い言葉って言われるぐらいなんで、まあ明石の西のほうならアレくらいは普通に言うんだけどね。

明石市長、育児支援など若い世代に向けた政策に力を入れてて、市内の若い層、特に子育て世代からすごく支持されてる。

実際、その成果もちゃんと出てて、となりの神戸から人口流出問題になってるぐらいだし、税収も増えてるらしい。

でも、そのかわりに老人福祉とか土建業界に流れる金は減ったわけで、そっち側からは評判が悪く、今度の市長選は「世代闘争」って前評判だった。

そんな矢先にこういうスキャンダルが出るの、どうしても勘ぐってしまう。

追記

案の定前後文脈読むと全然印象違ったわ

2018-12-22

職業差別主義者が人種差別問題にしている件

ツイッター上で、テレビに映ったテロップ農業土建業従事者がラテン系黒人専門職白人として描かれているのは人種差別だみたいツイートがバズってますけど、それ職業差別ですよね。

で、その職業差別かとの問いに対する反論に、不当な扱いされているのだとズレた反論をしている。

もしかして外国人実習生問題に率先して切り込む人たちって無意識的に土着保守的仕事を蔑む職業差別主義者ばかりなんですかね。

2018-12-18

左翼リベラルが裏切ったか極右が台頭した

左翼リベラル諸氏が黙ってる不都合な真実だけど、左翼リベラルが全世界弱者が裏切ったか極右が台頭した。

弱者の味方をリベラルがしなかったか極右が台頭したんだよ。

マクロン見りゃわかるじゃん。トランプ観てもわかるじゃん。

左翼リベラルが全世界で、恵まれない人達を助けると言いながら、金持ちアクセサリーとしてのチャリティーはするけれど、隣の家の困ってるおっちゃんに職を与えなかったんだよ。

彼奴等は怠けてる。グローバルスタンダード移民を入れろ。困ってる外国人無視するのか? と。

困ってる遠くの難民を助けるのには力を注ぐけれど、ちょっと遠くのガラの悪い地域人達を助けることはアクセサリーにならない。

KKOとか、仕事がなくなって困ってる土建業製造業おっちゃん家族には極めて冷淡だった。

可愛そうなやつを助けるという顔をして、「お前らは滅びて消えろ。難民を助けてやる」とやり続けた。

そのくせ金持ちだけはしっかり優遇した。

メルケルオバマ民主党マクロン、どいつもこいつも弱者の味方って顔をして、国内キモいが助けなくてはいけないはずの同胞に対しては、冷淡で、尊大で、何より無能だった。

無能だけならまだしも貧民層をいたぶって全滅させようとした。

左翼がこんなだから極右に賭けたんだよ。

こういう事を言うと必ず「左翼のせいにするな」というよね。

いや、左翼のせいだよ。民主党政権下の就職率忘れたの?

誰がいま、野党政権を渡したら景気が良くなって、給料が上がって、税金が安くなるって信じるの? 過去そう言ってたくせに、全部裏切って真逆政策を全力推進したじゃん。民主党政権文字通り裏切ったんだよ。

裏切り者は滅びろ。

2018-12-05

anond:20181205192001

IT業界の売上げの多くを官公庁需要と金業界依存してしまたこと。

税金を取るため、自社開発のソフトウェア償却資産となってしまたこと。

この2点によって日本のIT業界土建業界と相似形のIT土方派遣SIerが幅を利かせるようになってしまった。

旧帝院卒でも仕事は人出しのピンハネだったりする。

自分で手を動かしたいというと、上司もっと儲かることをやれと言われてしまう。

2018-11-24

anond:20181124164534

自分の妻を国外出稼ぎさせて、夫は妻が知らないことを良いことに妻が稼いだ金でニートするどころか愛人囲い、更には麻薬を買ってジャンキーになるというクズ

しかもあまりにもそんな男が増えすぎて体力仕事である土建業人材不足を起こし、フィリピン国内交通通信インフラ拡張・整備が滞るという事態

流石の真面目なフィリピン女もこれにはブチ切れて、フィリピン女たちの支持を受けて誕生したのがロドリゴ・ドゥテルテ大統領

そりゃジャンキーぶち殺しますわ

2018-11-19

anond:20181119224603

見下している?

いわゆるTwitterフェミニストを見下している自覚はあるぞ?

Twitterフェミニスト覚悟が足りないと思っているからな

どんどん過酷現場に女を送り出して欲しいのだが、その覚悟は無いようなので口だけだなと見下している

男女比が激しい業界をどんどん叩いて女性雇用を増やすよう圧力を掛ければ良いのに何故かそうはしないからな

土建業界は男女差別女性現場雇用を抑えていると吹きあがれば見直してやるぞ

2018-11-11

よくあるやつへのよくある回答一覧

他になんかあったっけ?

2018-09-27

anond:20180926235412

3000万も必要になるのは、それなりの大学まで通わせた場合からなぁ。

貧困家庭だと、そもそも子供勉強嫌いになり大学までたどり着かない事も多そう。

若いからガテン系で働き始めて、要領良く成功ちゃうパターンもあるからね。

土建業だと中卒で年収1000万を超えている人もいっぱいいるよ。

高校大学に通うという目的は、お金を払って知識技術、人脈を手に入れるためだと思う。

人生成功させるために高校ブースト大学ブーストお金を払ってステータスを上げているわけだ。

子供ガチャ特にハズレとされる人は、大学まで通ったけど、それに見合った知識技術を身に付けられず助け合える人脈にも出会えなかった。または、卒業後にそれを有効に活かす環境に移ることが出来なかった人だね。

2018-09-03

anond:20180903131722

村議会議員土建業知識いか不正発見できないし解決にならんよ。

銀行員横領しないように給料高くないと」と言っていたのが20年前。

下げてもなんら問題ない事が今現在わかっております

2018-08-08

anond:20180808215605

翁長さんが相対した相手はあまりにも強大過ぎました

米軍CIAカルト教団政府官僚機構土建業界…

貴方の言う通り、日本に「保守(弱者を助け、強者と戦う)」が居ればまだ違ったと思いますが、

今の日本弱者を挫き、強者に諂うという最低な国です

沖縄はその酷い国のせいでかつての大戦で多大な犠牲を払い、

70年経った今もさらに傷つけられ続けています

世界有数の観光資源があり、

台風以外は非常に住みやすい島。軍事基地なんて本来は一切必要ないのです

沖縄を助けてあげられなくて、日本人として申し訳ない気持ちでいっぱいです

翁長さんがやられてしまった。

琉球首長翁長雄志さんがやられてしまった。

67歳、末期がんだったという。



米軍CIAカルト教団政府官僚機構土建業界、


つよい順に並べたが、

まりに相対する敵の勢力が強すぎた。


翁長さんの受けたプレッシャーストレス想像を絶するものだったと思う。

病の原因と進行は過剰なストレスが一番大きい。


まれ育った琉球という島が、外部の人間によって破壊されていくのを止められない。

しかったと思う。


沖縄県民と翁長さんの意志を継いで引っ張って行ってくれるような人は現れるだろうか。

命がけで、勝てる可能性の低い戦いに身を投じなければならない。


このまま、他の離島のように組織票によって極右市長土建市長になってしまうのではないか

この国の未来にはまったく希望は持てないが、かつて大戦において過大な迷惑をかけた琉球にこれ以上のさらなる迷惑を強いるというのか。


本当にこの世界は汚れていて、救いようのない世界だなと改めて思う。

自分は今本島ではなく離島にいるので、ただ静かな海を眺めているだけでその汚れを忘れられる。

ただ、それすらも壊されようとしているのだ。

2017-09-19

イケメンの姉

姉はイケメンだ。かなりぶっとんでるし、ちょっとどうかと思うような行動に走ったりもするけど、総じてイケメン性格姉妹正反対。私は人見知りで、基本的にいつもおどおどしている。今までいろんな局面で何度も姉に助けられてきた。そんな姉への感謝気持ち綴りたい。

まずは小学校入学式のこと。

うちは母が早く亡くなってる。私が5才になる年に喉頭癌でこの世を去った。姉は私より11才上で、私が小学校に入った年にはすでに高校生だった。

そんな姉が、私の入学式に母の代わりとして参加してくれたのだ。その時のスーツ姿がとても素敵だった。人指し指に緑色翡翠指輪をはめていて、それは母の形見だと教えてくれた。入学式の時の写真を見返すと、やはり姉は保護者の中で一人だけ幼げに見える。

姉は高校ではかなり目立っていた。たまに雑誌にも出てた。エルティーンという十代向けのファッション誌で、モデルみたいなことをしてた。私はまだ小学校に入りたてで、そんな姉を芸能人だと思い込んでいた。そのうちテレビにも出るんだと思ってた。その予想はのちに別の形で実現するんだけど、その話はあとに回そう。

姉はふだんはあまりエルティーンを読ませてくれなかった。小学生にはふさわしくないエロい特集が多かったのだ。そんな雑誌にちょくちょく載る姉の姿に、私は幼いながら、妖しい憧れのような感情を抱いていた。

父は土建業を営んでいたが、この頃には経営が苦しくなっていた。それまではずっと絶好調で、姉は何の疑いもなく「うちは金持ちだ」と信じ切っていたらしい。でもそんな幸福時代はあっけなく終り、父は一気に萎れてしまった。母に先立たれて、経営も傾き、悲嘆にくれる日々。父がお酒に溺れ始めたのはこの頃だ。それでも父は姉を私立大学に入れた。娘の教育は疎かにしない、それは母の遺言でもあったそうだ。

二つ目感謝は、このころの話。

当時、私がまだ9才の時。姉が私をあるイベントに連れて行ってくれた。姉の大学友達の中に、ひとりだけ9才の私が混ざるという、かなり無茶な形だった。野外で開催されるテクノパーティ。でもそんな詳細はすべてあとから知ったことで、当時は右も左もわからないまま、姉に連れられて、ただついて行った。そこはまさにカオス空間だった。広大な森林のいたるところで人々が踊り狂っていた。真夜中にトランス状態で踊り狂っている大勢大人たち。あの光景が私の音楽原体験になってしまったのは、なんかちょっとまずい気もしている。

夜、私は姉と並んで芝生に寝転んだ。遠くではドンドンという無機質なテクノビートが鳴っていた。私と姉はふたりで夜空の星を眺めながら話した。その時に姉がとつぜん言ったのだ。

ママはもういないけど、私がお姉ちゃんとお母さんの両方をやるから

後年、姉にこの話をしたら「そんなくさいドラマみたいセリフ言うわけない」と全否定した。でも私は完全に覚えている。ありがとう。あの言葉にどれだけ支えられたかからない。

三つ目は、話自体がかなりぶっとんでる。

私が中2の時、父の会社が潰れた。全てを整理しなければならなくなり、家族は家も失った。私たちアパート引っ越した。父はもはやアル中の一歩手前みたいになっていた。

姉はすでに大学卒業していたが、就職はしていなかった。なんと、カリスマキャバ嬢になっていたのだ。当時の某歓楽街ではかなり有名な存在で、テレビ取材も受けていた(冒頭に書いたテレビ出演の話はこれのことだ。ちなみに姉はこの後にもまた別の形でテレビに出るのだが・・・)。姉は客に媚びないSっぽいキャバ嬢という設定で、何度か深夜番組に出ていた。それはけっこうサマになっていた。

姉は家では父にハッパをかけ、とりあえず一労働者に戻って建築現場で働くことを勧めた。父は最初経営者という立場にこだわり、かたくなに拒んでいたが、やがてしぶしぶ従った。

ここから急展開が訪れた。カリスマキャバ嬢としてのブームが一段落して、父もどうにか社会復帰できたというタイミングで、姉がいきなり海外留学してしまったのだ。なぜこのタイミング?と思ったけど、どうも男絡みのようだった。色恋沙汰なら、もう誰が何を言っても無駄だ。姉の留学先はコスタリカだった。

姉は私に銀行カードを託した。「本当にやばくなったらこお金を使いなさい」と姉は言った。さらにもう一点、「絶対に父には秘密にすること」姉はそれだけ私に言い残して、さっさと異国へ旅立ってしまった。当時、私はまだ中2だった。おいおい、母親の代わりをするって話は?

預金は600万円だった。コンビニATMで残高を見た時、足が震えた。私はこわくなって、すぐにカードを机の引き出しにしまい、鍵をかけた。それは中2の私に背負える額ではなかった。

そのまま中3になり、受験の時期を迎えた。姉がいなくなってからというもの、家の中はめっきり暗くなっていた。父は働いてはいものの、お酒の量がどんどん増えていた。親子の会話もほとんどなくなっていた。学校でも、私の家が落ちぶれたという噂がうっすらと広まっていて、なんとも言えない惨めな気分だった。姉の600万だけが心の支えだった。まだ大丈夫、うちにはこれがある、そう言い聞かせながら日々を送っていた。とかいいながら、カードからお金を引き出す勇気なんてまるでなかった。私は根っからの小心者なのだ大金を前にして、完全に怖気づいていた。どうしても心細くなって、ひとりで布団をかぶって泣く日もあった。勉強にも身が入らず、だんだん授業がちんぷんかんぷんになっていった。高校に受かる気がしなかった。この時期は私の人生いちばんしかった頃かもしれない。

そんなときに、姉が帰ってきた。まるで私の危機を察するみたいに。姉は予告もなく、いきなり家に現れた。あの時、姉を見た瞬間、私の全身にぐわーっと広がった強烈な安堵感が忘れられない。自分いかに姉を頼りにして生きているのか、骨身に染みて分かった。

姉のコスタリカでの日々は、それだけで一冊のルポルタージュが書けるぐらい強烈だった。でも私がここに書くのはちょっと無理だ。筆力が足りなすぎる。姉はコスタリカ日本人恋人暮らしていたのだが、やがてその男と別れて、現地でスペイン人と付き合うことになった。交際から数日後に、ふたりパナマに小旅行に行ったら、国境を渡るバスから彼がいきなり逃亡してしまった。理由はわからない。ともかく姉は一人にされてしまった。それから姉は執拗警察の取り調べを受けたりしつつ、どうにか事なきを得て、家に帰りついた。後日、彼が麻薬組織幹部だということが発覚した。姉はそんなこと何も知らなかった。彼がなぜ逃げたのか、どこに逃げたのか、全てが謎に包まれていた。

そういう話が他にもたくさんあるんだけど、とても書ききれない。とりあえず姉は無事に日本に帰ってきた。そしてコスタリカでのエキサイティングな日々を迫力満点に語ってくれた。私はなんだか自分の悩みがバカらしくなってきた。受験不安だとか、ほんとに小さなことって気がしてきた。姉に相談したら「勉強しろ」と言われた。2秒で話が終わってしまった。銀行カードをいちども使わなかったと言ったら「あんたらしいね」と笑った。姉が相変わらず人差し指翡翠指輪をしていたので、私は「お母さんの指輪だ」と言った。姉はそっけなく「あれウソだよ」と言った。「蛍火の墓を見て、適当でっちあげた」「マジで!?」「うん」私は脱力した。

それから受験勉強に身をいれて、私は無事に第一志望の高校に受かった。姉は父の酒浸り生活も、きびしくたしなめた。父は何だかんだ言いながら、姉には従う。酒の量を控えるようになり、少しずつ生気を取り戻していった。やがて昔の仲間と一緒に、また小さな会社を発足させた。最近土建以外にも手を広げて、高齢鞭打ちながら、建物管理資格勉強なんかをしている。

姉はコスタリカで築いた人脈を駆使して、某国大使館アルバイトをするようになり、そこで能力を見込まれて、正規職員になった。大使館について詳しく知っているわけではないけれど、私は漠然と「超エリート仕事」だと思っていた。姉のイメージとはどうしても結びつかなかった。最初に聞いた時は、女スパイ組織に潜入しているような姿が頭に浮かんでしまった。

姉の最後テレビ出演は、この大使館バラエティ番組取材を受けたときだった。姉は有名な芸人さんにおいしくいじられていた。姉は完全にキャラ変して、シャイで生真面目な妙齢職員を演じていた。「あなた、かなりの箱入り娘でしょ。男性経験も少なそうだな」芸人さんがそんなようなことを言って、姉をからかっていた。姉は恥ずかしそうに両手で顔を隠した。『かわいぃ~』みたいなテロップが入った。いやいやいや、と私は全力でテレビに向かってつっこんでしまった。

そんな姉も、長く勤めた大使館をやめて、今はスペインバルオーナーマネージャーとしてバリバリ働いている。ほんとはここにお店のサイトリンクを貼って、微力ながら宣伝したいんだけど、それをするには姉の許可を得なくちゃいけない(というか、こんなの宣伝にならないか)。

ちなみに私は普通に高校を出て、短大を出て、今はOLだ。ほんとに波風のない人生。何から何まで姉とは対照的だ。そのうち私にも、めくるめく冒険の日々が訪れるのだろうか。

結局、姉への感謝はたくさんありすぎて、とてもここには書ききれない。何でこんなことを書こうと思ったかというと、このあい何気なく実家で昔のアルバムをめくっていたら、幼い頃の姉の写真を見つけたから。3才ぐらいで、まだ私が生まれる前。姉は母の腕に抱かれていた。泣き出す直前みたいな、絶妙な仏頂面。姉を抱く母の人差し指には、緑色翡翠指輪が光っていた。なんだ、やっぱり形見じゃん。本当だったんだ。きっと照れくさかったんだろう。いかにも姉らしいと思い、うれしくなってしまった。それで姉への気持ちをまとめてみようと思ったんだけど、うまくまとまらなかった。無理もない、姉自身がまとまってないんだから

2016-10-08

言の葉の庭自分語り

※ 一部新海監督作品のネタバレを含むので注意してほしい

  • 前 ---

君の名は。人気はまだ続くのだろうか。自分は公開2週目位に一度見たきりなのだが、Web上で展開されている

様々な解釈念頭に置いて、もう一度くらいは劇場に足を運ぼうと思っている。

新海監督の作品は「ほしのこえからの自分だが、その中では前作「言の葉の庭」が一番好みである

50分弱という過不足無い尺。今作では少し鳴りを潜めた、現実よりやや過剰に高められた光の輝き。

ヒロインを失意の闇から救済し、精神的な絆を結びつつも、直接の対価を得ることが無い幕引き。

どれをとっても、新海誠という人物が長年その心象世界に持つ純粋な「私の世界」。

君の名は。を彼のベスト盤であると評した人がいた(本人?)ように思ったが、自分は「言の葉の庭」こそが、

最も正確に彼そのものを表しているように思う。

ただ、そういった作品性とは別に、自分が言の葉の庭を特別なものとして見るのにはもう一つ大きな理由がある。

全くもって個人的な体験に基づくもので、それを他人と共有する事に価値は無いのだとは思うのだが、

40を目前とした今、その記憶がゆるやかに風化していくにつれ、どこかにその記憶を刻んでおきたいという欲求に駆られ、

1日だけの日記としてここに記しておこうと思う。

創作では無い為物語の構成は酷く、起伏にも全く欠けるが、偶然目にする人がいたら、息抜きのつもりで読んでみて欲しい。

  • 序 ---

20年ほど前、自分は地方私立大学に通う大学生だった。高校を出て何となくの流れに乗って通う大学生活は、

地方であること。理系であること。あまりハイブロウ属性でないことなから大きな刺激も無く、

かといって腐ってしまうという程の退屈さもなく、毎日がそこそこのルーティーンとそこそこのイベントによって消費される、

どこにでもある普通日常だった。

卒業校は大学とほど近い場所にあるため、自分は時折高校時代の恩師の元を訪れ、近況の報告や、

(当時のPC弄りが好きな学生がしばしばそうであるように)師のPCメンテナンスなどを請け負っていた。

ある日いつものように師の元を訪れると、師の隣席に初めて見る顔があった。

師は、新任の先生だと言って彼女を紹介してくれた。

「今度新しく入ったH先生だ。」

「どうも初めまして。Sといいます。」

学校行事でスーツを着ていた自分を、おなじ新任か関連業者の人間と思ったのかもしれない。

彼女…H先生は突然勢いよく椅子から立ち上がり、コンシェルジュのような角度でお辞儀をしながら

「新任のHと、も、申します!よ…よろしくおねがいします!」

と、およそその完璧お辞儀からは相応しく無い焦り具合で挨拶をしてくれた。

新任教師ということだから、歳の頃は24、5だったと思う。

少しだけ長めのボブカット

新任らしいカチッとしたスーツタイトスカート

そして何より、整った、育ちのよさそうな顔立ち。

(ははぁ。これは生徒に人気がでるだろうなぁ…。)

そう、思った。

「そう言えばH君、パソコンの調子が悪いと言っていたじゃないか。せっかくだからSにみてもらったいい」

これをきっかけに、ほんの短い間ではあるものの、自分とH先生に関係が生まれた。

  • 二 ---

その後数か月間、自分はH先生のPC周りの面倒を見ることになった。勿論、数か月といっても頻繁では無い。

実のところは、精々5・6度の話でしかなかったと記憶している。そうとは言え、ほんの少しだけ年上の

とびきり可愛らしい女性が相手だ。いつもわくわくしながら通ったのを覚えている。

見かけ通り、H先生はとても可愛らしく純粋だった。

明かりの落とされた職員室。

冷陰極管の青白い光に浮かび上がる横顔。

買ってくれた缶コーヒーの温もり。

年下の自分に中途半端な敬語交じりで話し、ソフトの使い方を教えたり、FEPの不調をメンテしたり、

壊れたFATテーブルエディタで書き直す程度の事で、H先生はとても喜んでくれた。

見かけによらず、頑固でもあった。

突然の夕立に「いい」と言うのに頑として聞かず、駅まで車に乗せられた。

H先生らしい、深いグリーンのK11マーチ

エアコンが効かず、少し蒸した車内。

シフトレバーにかける細く白い腕。

まるで童貞妄想のものだった。

一度、何かの為にソフトを借りに実業系科目の教師の所へ顔を出したとき

「お前、あの人はお嬢なんだから丁重に扱えよ」

と、冗談とも真面目ともとれない顔で言われたこともあった。

…その通りだと思った。

あの時自分はどうして恋に落ちなかったのだろう?

高校時代淡い好意を持っていたクラス女の子を忘れられなかったからだろうか?

卒業校とは言え、教師という立場の相手に対しての遠慮だったのだろうか?

今となっては思い出すことができない。

ただとにかく、会いに行く時間の胸の高鳴りとは裏腹に、

自分がH先生に対して恋心を抱いたことは無かったように思う。

時が経つにつれて、H先生とは疎遠になった。卒業からしばらくOBとして顔を出していたやつが

つの間にか顔を見なくなるという、ごくありふれた、普通の流れだった。

勿論、心のどこかで気になってはいたが、明確なきっかけも無いのに顔を出すのも気恥ずかしく、

また、自分という存在が順調に過去となっていく高校に窮屈さを感じ、足が向かなくなるにつれ、

しばらくの後には思い出すことも無くなっていった。

  • 三 ---

それから季節が一巡…二巡くらいしたかもしれない。

大学生活は相変わらず少々退屈で、授業とバイトの日々が続いていた。バイト先にはコケティッシュに笑う

年下のあざと可愛い女子大生が入り、自分はその子に相当入れあげていた。

そんなある日。

高校の「部室」へ顔を出した。

自分は高校時代ややヲタクサークルに顔を出していた。それはよくあるアニメゲーム好きが集まるような

内輪志向趣味サークルで、正規の部員でこそ無かったものの、殆どコアメンバーのような立場メンバーとつるんでいた。

先輩も、後輩も、同級生も、自分の高校生時代の交友の半分は、そのサークルに由来している。

部室にはYがいた。

Yは自分が卒業する年に入学した後輩で、少々エキセントリック性格ではあるものの、

当時の世相でそういったサークル志向していた女子には珍しく、並以上とは言える容姿と、

その予測不能な反応を示す性格から、OB現役を問わず大層人気があった。当時から近い表現はあったように思うが、

ヲタサーの姫がベターワードチョイスだ。正確にはサークラ的要素も多分に混じるのだが、

方々穴兄弟にはなったものの、サークルクラッシュされなかったので、二択であればやはり姫の方が無難であろう。

Yや他の部員たちと軽く挨拶を交わし、部室に置き去りにしたPCエンジンで縦スクロールシューティングに興じていると、

唐突にYが話題を振った。

「先輩先輩。先輩はH先生知ってますか?」

驚いた。彼女が新任教師として赴任したのは自分が卒業した後であり、現役生であるYもそれは承知だろう。

卒業後に赴任した教師話題にあげるという事は、普通滅多なことではしない筈だ。

「ああ、実はちょっとした絡みがあって少しだけ知ってるよ」

事実を答えた。Yが続けた。

「H先生、辞めちゃったんですよ」

公立高校と違い、私立高校では異動というものが殆どない。私立主体の都会では事情が異なるかもしれないが、

地域内に同業が少ないこともあって、転職という選択をする教師も(教師という手堅い職を選ぶ本人の性向もあってか)

滅多にいなかったと思う。とにかく、短期での退職というものはあまり例が無さそうに思えた。

Yは表情を変え、ゴシップ好きの主婦のような声色を作って次を継いだ。

「それがね、聞いてくださいよ先輩。H先生寿退社…ってことになってるんですが、本当は…」


「本当は、生徒に強姦されて辞めたんです。」

  • 四 ---

それから数年の年月が過ぎた。

大学卒業後、氷河期のどん底という頃に地元の小企業就職したが、ワンマン社長の横暴に嫌気がさし2年と少しで退職。

しばらくアルバイトをしながら職を探したが、高卒でブルーカラー職についたり土建業に入るならともかく、

大卒が志向するようなサービス業的業種にまともな就職先はとても少なく、わずかにある条件のよいポジション

新卒で滑り込んだ者が既得権化しており、あとはそれこそ公務員くらいしか不満の少ない就職は困難だった。

それを期に、意を決して東京へ出た。

友人の家に転がり込み、転職エージェントを頼りにいくつかの会社を受けた。東京での活動は思いの外順調で、

面接したいくつかの会社から採用通知を受け、そのうち、条件はあまり良く無いものの、基盤の堅い中小企業に入社した。

入社後上司との性格の不和に苦しんだが、前職の事を思えばその程度の問題に対処することは苦労のうちには入らなかった。

給料はとても安(250程度だったと思う)かったが、それも前職に比べれば不満は少なく、初めての東京生活エンジョイし始めることができた。

そんな矢先。

アキバメイド始めたんで、良かったら遊びに来てください』

Yからメールだった。

当時の秋葉原メイドカルチャー黎明期の出店ラッシュがひと段落し、金の匂いに感づいた風俗業の面々が

続々と出店を始めた位の頃だったと思う。高校卒業したYは東京大学へ進学したが、

生来の不安定性格故順調にメンヘラ属性を手に入れ、真面目な大学生という路線は早々に離脱。

生活の為か趣味かは聞かなかったが、アルバイトとしてメイドを始めた、ということだった。

メールには多少面食らったが、Yの人と成りからすれば、想像には難くなかった。

自分の秋葉原に対するスタンスは単なるパソコンショップ詣の場所で、メイドカフェへ行くことに多少の

戸惑いはあったのだが、後輩に会いに行くと思えばいい。了承の返事を送信した。

  • 五 ---

「おかえりなさいませ、ご主人様~」

Yの働く店は正確にはカフェではなく、バーだった。

万世橋渡り少し裏手の路地の扉を開けると、今では手垢どころか擦り切れて表皮が

ボロボロになったような定型のコールで迎えられた。

やや珍しい青と白の照明で彩られた店内(まるで自作PC筐体のようだ)は、多少の安っぽさはあるものの、

常連客との適度なゾーニングもされていて、居心地は悪くなかった。カウンターの向こうで客の相手をする

Yに目配せだけをして、入り口に近いスツールに腰をかけた。

隣では、この場所にはやや不釣り合いな女性が独り呑んでいた。

「君、初めて?」

声をかけられた。

「そうですよ。高校時代の後輩がいるんで、まぁ付き合いです。」

「そうなんだ。じゃあ私と一緒ね。」

女性(T)は銀座ホステスをしていた。非番今日は、ここで働く自分の彼女の仕事が終わるまで待っているのだ、

と教えてくれた。自分も自己紹介をし、それからしばらく話をした。ホステスの会話術は流石に巧みで、

後輩に会いに来たことなどすっかり忘れ、仕事の話や高校時代のことなどを話し込んだ。

2杯目のジントニックの氷が溶けるころ、Tがはたと気付いたように自分に聞いた。

「ねぇ、SはYの先輩なんだから、N高校なんだよね?」

「そうですよ。Yは3つ以上下から、直接一緒になったことはないですけどね」

「そっか。そしたら君…」


「H先生って…、知ってる?」

  • 六 ---

ドキリとした。

自分の中で風化し、消えかけていた「H先生」という単語の響きが、急速に記憶の色を取り戻させた。

しかし、こんな偶然があるのだろうか?ここは00年代も半ばの秋葉原。しかも場末メイドバーだ。

これが地元のバーでの出来事であったとしたら不思議ではない。

100歩を譲って、自分達の高校埼玉神奈川にあったとすれば分からなくもない。

だが、自分達の高校は十分に遠方にあり、増してや、彼女がH先生であったのは6年も7年も前の話なのだ

心臓が早鐘を打つのを感じた。自分はTに話をした。

卒業生ではあるものの、偶然新任教師として紹介されたこと

ボブのかわいい初々しい先生だったこと

人の消えた職員室で一緒にコーヒーを飲んだこと

たった徒歩10分の道程緑色マーチで送ってくれたこと

大した話ではない。読んでくれている人がいたら申し訳ないが、当事者以外が聞いても何の感慨もない日常出来事だろう。

Tは、そんな自分の話を穏やかな顔で聞いていた。ひとしきり話を聞いてから、話をしてくれた。

彼女とは夜の世界で知り合ったこと

髪型が全然違うこと 化粧が派手だったこと

プレリュードに乗っていたということ

…そして、1年程前まで、自分の彼女だったということ

少しジメジメした夏の終わり頃だったように思う。

日付なんて全く覚えていない。

でも、それくらい、自分にとって忘れられない日の出来事である

  • 結 ---

言の葉の庭」は、ヒロインである雪野先生が、想いを寄せられた男子生徒への対応を誤ったことを

きっかけに物語が構成されている。劇中、男子生徒を奪われ、腹いせに雪野先生の退職を画策

(そしてそれは成功する)した女生徒主人公が抗議をするシーンがある。

客観的に見るとやや時代錯誤と青臭さがあり、本作で唯一落ち着かない場面ではあるのだが、

このシーンを見ていると、雪野先生とH先生をどうしても重ねてしまう。

勿論、自分が孝雄になる妄想を出来る程今の自分は若くない。ただ、物語は悲恋として終わるものの、

孝雄の存在は、雪野先生の人生において彼女のレールを想定の範囲内におさめる為強力に機能した筈だ。

では彼女は、H先生はどうだ?

H先生に関して一つ書き忘れたことがある。彼女は県下一の、ある業種の創業家の息女である

実業科教師の「お嬢だから」は冗談ではなく、本当だったのだ。

名士の娘が地元の高校で教壇に立つ。頃合いをみて結婚。家に入る。

時代錯誤ではあるのだろうが、そんなルート彼女の想定の範囲だった可能性は高い。

もっとも、実はそれが嫌で飛び出したということも考えられる。

これを読んで、「だからだよバーカ」と舌を出しているかもしれない。

それならそれで、構わない。彼女が想定の範囲人生を受け入れていたかどうかなどわかるはずもないし、

想定されたルート幸せだったなど、他人人生価値判断想像でするべきではない。

ただ、人生ターニングポイントにおいて、1人の人間の存在が他の1人の人生に与えうるインパクトの大きさというものは、

現実であっても、いや、現実こそ想像以上に大きい。花澤香菜がワンテイクで録ったというクライマックスを見る度、

そこに感情をぶつける肩のあった雪野先生と、もしかしたら無かったのかもしれないH先生とで、

いつも必要以上の涙が溢れてしまうのだ。

-----------------------------------------------

自分語りはこれで終了だ。

最後に少しだけ、素人の新海誠評を書いてみたい。

あくま想像だと前置きするが、新海監督は幼少から無理目な恋愛ばかりをしてきたのではないだろうか?

恋愛という通常とは比較にならないエネルギー必要とする行為において

その力を一方的放出還流を受けることのできない状況は、人を極端に消耗させる。

ある者は力尽き、ある者は別の誰かから力を得た。

またある者は、運良く力の循環に出逢えることもあるだろう。

監督はどうだ?

監督は恐らく、無から力を生み出すことを選んだ。それが新海誠作品性の源流であり、

彼の心象世界価値観なのだと自分は思う。

君の名は。の2人は、時空を超えて尚力の循環を得ることが出来たように描かれている。

これをもってして彼の心象世界との乖離を突き、不安視する声がある。かく言う自分も少しばかりは、心配だ。

だが、監督は既に力の循環を知っている。言の葉の庭の2人は、実態としての結末こそハッピーではなかったかもしれないが、

雨の非常階段の2人には、明らかな力の循環があった。君の名は。は、それを実態に反映させたに過ぎない。

からきっと、大丈夫だ。また気負わずに描きたいものを描いて欲しい。

2015-02-09

一戸建て2~3000万円の物件で何故か建てた土方が一番給料安いってどうなんだろ

一件辺りインセンティブ10万貰えるところは優良土建屋と言われてしまっているため

普通の土方は当然それ以下あるいは貰ってないんじゃないかと思われる。

建築士とか営業マンはインセンティブの額が平均しても最低でも優良土方の数倍は貰えてるのだから差別的だ。

何故このような格差が出来ているかは、学歴とか資格とか諸々頑張った恩恵だと言う人もいるが

実際に家を建ててるのは土方である

まり土方なのにインセンティブに反映されない。

一番給料高い人達が一番働いていないのに、どうして土方を見下しているのか不思議でならない。

今はこうした背景から技量のある職人がどんどん辞めていって土建業界は慢性的人手不足に陥っている。

土建屋が儲かっていないわけではなく、寧ろ儲けている中で土方だけが常に流動的な雇用状況の憂き目に晒されてしまっている。

他所を見渡すと、中抜きしまくって割を喰ってる介護士は年々増え続ける高齢者反比例するように減少していっている。

それは土方が少ない事と同じ理由である

すなわち給料が少ないから人が減り続けるのである

土方は一戸建てを建てても儲けは上から順に差し引かれていき、手元には殆ど残らないので建てれば建てるほど大損している。

これでは土方が減って行くのは当然である

そうではなく、もっと建てれば建てるほど莫大なインセンティブが貰える仕組みに作り替えるべきである

昇給賞与ももれなく付ければ、少なくとも介護士や警備員のような常に人手不足といった状況にはならないと思われる。

2013-12-02

http://anond.hatelabo.jp/20131201221755

ここの作業員の質が悪くなると協力する為のコストが人数が増えるメリットを上回るのは良くある話。

そして、コーディング以前の問題として設計が悪いと大規模なプログラムはまともに動かないのも常識

で、まともに設計できる人間ていうのは別に天才」ではない。ただし、そこら辺に転がってるわけでは断じてない。

きちんと色々なモノを自分作成したことがあって、その上で自分設計したものを大人数に作らせたことがある、そういう経験の積み重ねをしてきた人間

日本下請け構造が最悪にクソなのが、製作経験がなくて設計()だけ出来るつもりになってるSEもどきが、製作経験のある下請けになんとなくモノを作らせてるとこ。

作業員作業員というが、システム設計コーディングが理解できない奴に出来るはずがない。

優秀な設計者にきちんと設計者としてのポジションを用意した上で、きちんとしたヴィジョンを描ける人間プロジェクトを導かないと、大規模なプロジェクトはうまく行かない。

ちなみに、土建業界でも下請け依存の体質は問題視されていて、日本ゼネコンは優秀な下請けが使える国内では高品質仕事ができるが、海外に行くと途端に悪化するという事例が知られてる。

まり技術的にキチンとした指示を出す能力が足りないという事。

下請けやらせりゃいいんだよw なんて言ってるやつは本当に時代遅れ

かといって、天才なんて言葉で簡単に片づけて、本当に個人に必要とされる技能とチームが作るべき仕組みについて考えられない奴もバカ。

http://anond.hatelabo.jp/20131201221755

ここの作業員の質が悪くなると協力する為のコストが人数が増えるメリットを上回るのは良くある話。

そして、コーディング以前の問題として設計が悪いと大規模なプログラムはまともに動かないのも常識

で、まともに設計できる人間ていうのは別に天才」ではない。ただし、そこら辺に転がってるわけでは断じてない。

きちんと色々なモノを自分作成したことがあって、その上で自分設計したものを大人数に作らせたことがある、そういう経験の積み重ねをしてきた人間

日本下請け構造が最悪にクソなのが、製作経験がなくて設計()だけ出来るつもりになってるSEもどきが、製作経験のある下請けになんとなくモノを作らせてるとこ。

作業員作業員というが、システム設計コーディングが理解できない奴に出来るはずがない。

優秀な設計者にきちんと設計者としてのポジションを用意した上で、きちんとしたヴィジョンを描ける人間プロジェクトを導かないと、大規模なプロジェクトはうまく行かない。

ちなみに、土建業界でも下請け依存の体質は問題視されていて、日本ゼネコンは優秀な下請けが使える国内では高品質仕事ができるが、海外に行くと途端に悪化するという事例が知られてる。

まり技術的にキチンとした指示を出す能力が足りないという事。

下請けやらせりゃいいんだよw なんて言ってるやつは本当に時代遅れ

かといって、天才なんて言葉で簡単に片づけて、本当に個人に必要とされる技能とチームが作るべき仕組みについて考えられない奴もバカ。

2013-10-07

http://anond.hatelabo.jp/20131007120729

からさまに、核家族化向け住宅が増えて、ワンルームが増えただろ。

果ては現在は、ボッチ席まで出来る始末。

商業主義に任せていたら、核家族化が進むに決まってる。

その上で、公共事業土建業に大量の金を流しておいて、住宅ローン核家族向け住宅にも融資をして

止められなかったと言ってもな。

 

核家族向け住宅融資すれば核家族は進んでいくがこれに対しての融資はした。これは明らかに国家も後押しをしている。

反面、核家族を食い止めるためになんかしたか啓蒙活動しかしてないじゃん。税制優遇か何かしたっけ?

しろいまって、住民票を分離したほうが得なぐらいな勢いでしょ?

 

税制全部を見渡して、核家族化のほうが有利な税制になっていたら、それは(意図していない副作用だったとしても)核家族化を推進したと言っていいよね?

 

税制副作用で、核家族化が推進されるということに気が付かずに、税制をしてしまったとしても、個人として政治家にも・官僚にも責任とれとは言わないけど、国としては考慮すべきでは?

2013-07-17

人生勝ち組負け組みの判断は死ぬ間際にしろ

http://anond.hatelabo.jp/20130716162838

この元増田を読んでちょっと反論してみたくなったので反論してみる。

この元増田の気持ちとしては

中学時代ケンカに明け暮れ、自分を虐げてきたあいつらはこれから人生低賃金仕事しかないつまらない人生

勉強ばっかりしてきた自分はこれかの人生高給稼げてわくわくする未来開けた人生だ。

というように読み取れた。

ここが間違ってたらごめん。

大学生が書いたということなんで、まあそんな意見になるのかなと思うけど、人生そんなに甘くはないということが言いたい。

どの世界にも勝ち組負け組みというのはあって

それは中学時代にもあるし、20歳という年齢にだってある。

元増田が言う低賃金で働く土方の世界だってある。

この土建業界という世界は、確かに元増田の言うとおり低賃金労働でこき使われることは間違いない。

そもそも法を遵守するとか頭にない。

彼らは外面からみると雇用されているように見えるけど、実態は雇用ではないことが多い。

法律的にもきちんとしている土建業者に就職したなら別だけど、土建業界ってほとんどの場合雇用保険も、健康保険も払わず税金自分で処理してね、という実態は外注扱いという名の個人自営業者扱いの一人親方である場合が多い。

もともとからして安定なんてくそくらえという世界だ。

から才覚と度胸のあるやつはそのうち自分仕事を取ってくるようになる。

売上がある程度あがるようになれば会社を興すやつも出てくる。

起業なんておしゃれな言葉を知らなくても、そもそも日本にある中小零細の土建業者なんて、そんな形で興した会社ほとんどだし、回りにそういう連中がいっぱいいるから見本もたくさんある。

なかにはそれなりに会社を大きくするやつもいる。

社長世界でも勝ち組負け組みはあるから一生下請で終わったり、倒産したりするやつもいるけどね。

でも才覚や度胸があるやつは小さな世界に満足することなく自らの世界を切り開いていく。

中卒だとか勉強ができないとかまったく関係なくね。

海外を見ることだけが大きい世界というなら別だけど、まだ見ぬものにわくわくできるというのなら、彼らの人生だってまだまだこれからだ。

全員が全員、小さい世界だけで一生を終えるわけではない。

たとえ中小だとしても会社経営するっていうことだってほとんどの人間は見たことのない世界からね。

これは高学歴であっても同じで、高学歴大卒からって、高い給料がもらえて、知的仕事ができるわけではない。

高学歴卒であっても悲惨仕事は山ほどある。

元増田が言うような、知的仕事で、たくさん給料がもらえて、いった事のない場所出会ったことのない人、まだ見ぬものにわくわくできる仕事というのは非常に倍率が高く競争率の激しい仕事だ。

学生時代虐げられてきたものとして

大学にいった俺の人生勝ち組みであいつら一生そんな狭い世界で生きていくのかよざまぁみろ

と言いたい気持ちはよくわかる。

だけど、20歳そこそこではそもそもまだ何にも決まっていない。

どの世界だって、自らの人生を自らの手で切り開く覚悟を持った人間には新しい世界を見ることができる。

それには、中卒とか大卒とか勉強できたとかはほとんど関係ない。

まあ、元増田が一生安泰で生涯賃金ものすごくよくて、わくわくできる仕事ができるところに就職したんなら、別に言ってもいいけどね。

2013-05-27

http://anond.hatelabo.jp/20130527102641

家をローンで買うか、キャッシュで買うかの差だろうな。

年収からして、その額のローンだと 支払金額は実際に借りた金額の2倍とかそんな勢いだろ。

お金は総額より、使い方だからな。

 

今更論なんだろうけど、子どもの成長に合わせて家を買い換えて(借り換えて)、老後は1LDKを購入という生き方が(現代人には)適してると思うよ。

日本不動産は、日本人ライフスタイルに適していない。

 

不動産流動性もっと上がって、土地 1000万円 建物 700万円ぐらいで 10年か20年住んで 次の人が建て替える。

という方が、現代人には合っている。

人生ライフステージ毎に適している土地間取りが違いすぎる。

土地の値段は結局、流動性で 転売すれば対したことないのに、地上げとローンの影響で流動性が死にすぎだ。

その影響で立替が進まなくて、結局、土建業も割りを食ってる。

 

土地の経費差額と建物 10年で 1000万ぐらいなら、年100万 15年ならもっと安い。家賃と変わらん。そのペースで建て替えれば、土建業も楽になるだろうに、産業活性化するだろうに。

不動産業だって手数料で儲かるだろうに。 流動性が低いばっかりに、その手の職種が死んでる。

 

35年ローンという考え方が、不動産を殺してるよ。

2013-05-23

http://anond.hatelabo.jp/20130429182127

似たような話で、課長がAといったからAで その後に部長がBといったからBで その後にやっぱり社長がAといったからAで

という冗談みたいなCMがあったけど、あれ、起きる現場では起きてるんだよね。本当に。

みたいなことを、繰り返していれば、制作費は3倍も4倍もかかるわな。でも、実際の制作費は変わらないわけで、サビ残にもなるさ。

 

農業の話だけど、土建業の人が農業に参加して、スケジュールを調整するだけで、収穫量が上がった。みたいな話もちらほらある。

ようするに、管理できない管理職が増えたおかげで、無駄が発生している。というのが1つ。

 

つぎに、スキルミスマッチで、同じ人間なんだから同じようにできるだろう。みたいな、わけのわからない根性論蔓延してるせいで

4人分の仕事を1人でやって、のこり3人はバグを作ってる。みたいなのがIT業。こんな状況で人増やしても無意味

 

まぁ、なんだろう。根性論じゃ何も解決しないというのが、この国じゃぁ通らない。

2012-12-25

http://anond.hatelabo.jp/20121225101945

セクターによる。土建業なら給料は短期的には上がるだろ。家電ITなら、下がってもおかしくない。

要するに、インフレ公共事業なら非技術系は上がっていく、技術系は短期的には上がるが長期的には下がっていく(政治主導になるのでイノベーションが起きなくなる)

 

たまに、政治主導でイノベーションという声もあるが、組合せ論的に不可能だろ。iPS細胞は頑張ったほうだと思う。

2012-10-14

http://anond.hatelabo.jp/20121013195823

どうかなぁ。

玉掛けは誰でもとれるからなぁ。ただ、資格として書けるし、必要な所では必要資格ではある。

クレーンは色々あるけど、クレーン運転士移動式クレーン運転士なら、資格としては重宝がられる。

ただ、取るのに実務経験ないと厳しいだろうし、実際仕事も実務経験ないととても任せてはもらえないだろう。

技能講習は、移動式はあると便利な感じかな?

床上操作クレーンだと大きな工場だろうから、あれば足しにはなるだろうけれど、なくても全然構わない気がする。

大特はとるのに日数かかるし、就職してからは取りにくい感じなので、業種によっては重宝がられる。

ただ、大特、移動式クレーン系は運送とか土建業の、それも下請け系が多いから「週休2日残業もあまり無い」になるかは微妙

床上操作クレーンだと大きい工場から残業は少なく休みもきっちりあるだろうけれど、三交代制なのと、誰でも取れる資格をどれだけ重視してるかは不明。

まあ大特+移動式クレーン運転士、というかラフター経験者がつぶしが効くのは確かだとは思う。

2011-07-05

http://anond.hatelabo.jp/20110704222500

素朴な疑問なんだが、「客を応接間に通す前に迎える側が応接間に入って待ってる」ってのは一体どこの業界常識なんだろうか。

今まで、社会人になって来客対応もそれなりに経験してきたけど、こんな事で怒る人は見たことがない。

九州福岡)の常識なのか、土建業界の常識なのか、同和業界常識なのか、暴力団業界常識なのか。

それとも、同和業界暴力団業界因縁をつけるときの手口のひとつなんだろうか。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん