「南沙諸島」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 南沙諸島とは

2019-09-01

anond:20190901172450

ま、それがどうにかなるならウクライナ南沙諸島あんなことになってないんですけどね

2019-06-07

映画空母いぶき と 敵の似姿

映画空母いぶきの敵は 東亜連邦 島嶼国家カレドルフを中心とした海軍である

東亜連邦・カレドルフ国とはいったい何だろうか。

_

ネット情報から引用すると

"島嶼国家・カレドルフは

大国干渉を嫌う周辺地域の国々と結束し東亜連邦と名乗る国家共同体設立した。

東亜連邦過激民族主義燃え上がらせ 領土回復を主張して公海上に軍事力を展開。"

"カレドル王朝"時代復興をめざしている。"

_

原作(まんが版)空母いぶきの敵は中華人民共和国中国人民解放軍である

素直に考えれば諸事情にて名称が使えないことから創作され、中華人民共和国モデルにしていると考えるのが妥当だ。

_

なるほど新疆 カシュガル ラサ ホータン を含む清の歴史上の最大版図を自国領土とみなしチベットに侵攻し

南沙諸島西沙諸島などで軍事的な威嚇を繰り返している中華人民共和国モデルであると見えるのは間違いないだろう。

_

_

_

だが我々は宇宙戦艦ヤマト(1974-1977)の敵ガミラスを通じて、短絡的な判断が必ずしも正しくないことを知っている。

ガミラスは、軍服姿からナチスドイツ軍モデルであるように見える一方、太平洋戦争米軍モデルでもある。

_

_

結論から言おう。

カレドルフのモデル日本である

_

"大国干渉を良しとせず周辺地域の国々と結束し"  = 八紘一宇 五族協和 

                           第二次世界大戦日本のおかげでアジア諸国欧米植民地支配から脱することができた史観  

"カレドルフ朝時代領土回復を求める"=パラオマリアナ諸島トラック諸島 旧委任信託統治領日本領土とみなす

"やつらには国際常識通用しない(外務大臣セリフ)"=欧米社会からみた大日本帝国時代日本イメージ(何考えているかからない)

   ”わが代表堂々退場す” 

  (また”米軍が恐れた「卑怯日本軍”& ”日本軍と日本米軍報告書は語る” ともに 一ノ瀬俊也 著)

_

中華人民共和国敵役として映画に出せなくなった時点で、どんな敵を出せばよいかと考え抜いた結果、もっとも身近なものが形になった。

_

宇宙戦艦ヤマトに ガミラスドイツをやっつけるということで自らを戦勝国アメリカに擬すと同時に 遊星爆弾(=原爆/本土空襲)による攻撃を仕掛けたガミラスアメリカを倒す

という意識が潜在しているように

_

映画空母いぶき日本Aが日本Bと戦う話なのだ

2019-03-26

anond:20190326145717

はて?何故俺が右翼なんですかな?

自分に逆らうもの右翼ですか?

単純な人生で羨ましいですな

ハッハッハ


ところでチベット虐殺南沙諸島埋め立てをスルーする理由くらいは教えてくれませんか?

anond:20190326145054

しかしですな

君たち平和団体

中国核実験スルー

チベット虐殺スルー

南沙諸島埋め立てをスルー

中国軍艦が日本に来ると大歓迎するので

から見ると似たようなものなんですな

2019-01-09

anond:20190109134757

中国海洋進出したいなら属国にしてた朝鮮属国にしちゃえばいいのに

おかしいやつらだから嫌なんだろうな。

わざわざ南沙諸島に出るのはそういうことでしょ。

2018-06-09

南沙諸島日本では新南群島と呼んでたが)は、大戦前はフランスインドシナ)と日本台湾)がそれぞれ領有権を主張してたんだよね

大戦後どちらも退場して、宙ぶらりんになった

ベトナム台湾は、大戦前に引き続き自分のものだと主張するだろう

中国台湾のものなんだからすなわち自分のものだと主張するだろう

フィリピンは……知らん

中国同盟結ぼうとかい左翼は脳がないのか。

あの国大戦後の周辺国に対する領土侵略歴史を知っていたら、そんな発言はしないと思うんだが。マジで歴史勉強してほしい。歴史以前に現行の南沙諸島についてすら知らない可能性があるし、中国を語るのに知識が足りてなさそう。

2018-01-11

尖閣諸島を取られたら中国軍事拠点にされるんですよ。

ウーマン村本も鳥越俊太郎もそうだが、

尖閣諸島が取られても構わないって言っている人って、

花畑を通り越して、バカなんでしょうか?

中国は、尖閣を取ったら、南沙諸島のように軍事拠点要塞しますよ。

もうおっかなくて周辺海域をうろちょろできなくなるし、

そこを足がかりに、もっと影響範囲を広げてくる。

尖閣を守ることが、水際であって、もっと犠牲コストも少ないのです。

尖閣を取られたら、その後は、もっと物騒で厄介なことになる。

中国が、尖閣諸島差し出せばそれで大人しくしてくれるとでも思っているんですかね?

2017-12-04

中国日本も夢の中

中国アゲサゲに連なってみます。どちらかと言えばやはり中国アゲかもしれませんのでご留意ください。

私は日本人ですが、縁があって数年前から中国会社日本支社の経営を任されています

(少しだけ業種に触れますと、貿易関係旅行関係IT関係ではないです)

そのため、中国に住んでおりませんし、先の増田のように訪問したばかりでもありません。

ただ、毎日中国人と過ごしていますので、テクノロジーではない以下の点を中心に触れたいと思います

1、英語に対する耐性

2、政治体制に対する考え方

3、給与水準について

4、ワーキングスタイルについて

5、文化教育の違い

1、英語に対する耐性

上司も部下も中国人です。

会社世界中に1500人ほど正社員を抱えておりますが、日本人は私だけです。

オフィスの中では中国語が飛び交っていますが、私と雑談するときは、全員日本語で話してくれます

から重要な話をするときは、英語を使っています

少数の日本人である私に基本的には中国人スタッフが寄せてきてくれているというのが現状です。

その他外国オフィスにいる中国人とは英語でやり取りしています

私が中国語メールしても英語で返してきてくれます

その英語レベルは控え目に申し上げても、日本人の平均レベルを大幅に上回っています

過去外資系大手、内資大手、どちらも3年以上務めたことがありますが、ヒラ社員までここまで英語ができる日本オフィスはありませんでした。

英語公用語の日本会社には在籍していませんが、スタッフ英語力が上がったというよりは、外国人を受け入れやすくなったというのが結果だったと聞いているので

そういう意味でも、たかだか1500人規模の会社でほぼ全員であるノンネイティブ英語で十分に仕事ができるという環境

中国が勝っていると言ってもいいと思います

英語ができる人が日本人口の15%だとしたら、その割合が同じまま中国にあてはめられるようになり、実際の人数は日本の13倍存在するという証左です。

英語を話すのは中国人日本人と同じくらい苦手なので、そこは安心してください


また、一方で全ての中国人英語が話せるわけではないことも十分承知しています。(中国オフィスにも定期的に訪問しています

中国を一人で旅するにはまだまだ中国語理解、話せた方が良いです。

英語は思っている以上に伝わりません。

トイレの使い方とかも、まだ少し田舎にいけば独特の場所が多いです。

案内板が複数言語で設置されていることもまだ少ないように思います

外国人一人旅行しやすさという点においては、まだまだ日本が勝っていると思われます


2、政治体制に対する考え方

一党独裁情報統制された不自由さを思い出す日本人も多いかと思いますが、

Wechatは超便利だし、くまのプーさん検索できなくてもなんの不利益もないぐらいローカルサービスが充実しているため

中国語検索することができれば、別にGoogleがなくても問題ないです。

中国はこの20年、ざっくりみればずっと経済が右肩に上がり続けているので、昔を知る50代以上の中国人体制にも不満は少なそうです。

圧倒的に過去より今が良くなっているので。

一方で裕福になってからまれ若い20代スタッフは、やはりくまのプー検索できない国はおかしいと疑問を抱いているようです。

昔より良くなったんだからいいんだ!という50代スタッフと、日本みたいになれてないじゃん!という20代スタッフはよくケンカしてます


3、給与水準について

そんな環境なので、基本的中国絡みでスタッフ採用することが多いです。

日本語英語ができる中国在住の人、または日本に在住している英語が話せる中国人がメインターゲットです。

採用活動をしていますと驚くのが、一定レベル以上の管理職は既に日本大手企業以上の年俸を貰っているということです。

経験6年以上で肩書がついたエンジニア採用することが多いのですが、

日本で優秀な中国人就職してしまうと、日本人でないという理由から採算性の低いグローバルプロジェクトに参加させられ、給与も低めが多いのに対して

中国グローバルプロジェクトに参加できるレベルであれば、同い年でも3倍ぐらい中国の方が貰ってます

もう少し具体的に言いますと、日本企業で働く中国人採用したときは、前職年俸450万でした。

中国で働く日本に来たい中国人は前職年俸1200万でした。(年齢と学歴はほぼ一緒)

なぜ日本支社の面接を受けたの?と彼に聞いたらば、子供が生まれたので空気のいいところで生活させたいと。

中国語英語の両方が堪能なので、非常に採用たかったのですが、日本語しか話せない日本顧客相手ができない(つまり中国にいるときと同じパフォーマンスが発揮できない)ので

同じ給料を支払うことは難しいと、お引き取りいただきました。

また別の方はやはり日本大好きなので、日本生活できるなら何でもすると、中国での給与より低い年俸日本オフィスに来てくれた人もいます

日本語必要ない仕事場合は、中国での前職より高い給与で(通常の転職ですので)引き抜いたこともあります

全体としては、中国人日本はいい国で(空気だけでなく、日ごろ英語を使って仕事をしていると思っているそう)、給料アジア一高いはずと思っているが

日本人イメージより相当高い給与を既に受け取っていることも多いし、昇給まれかつ低水準であることに驚かれるという日々が続いています

もちろん今も中国新卒給与日本の半分ほどですが、20%UPが半年に1回とか普通にあるので、中国の方が給与が安いは新卒から数年間に限った話ではないでしょうか。(成長産業でない業界はわかりません、ごめんなさい)


4、労働について

なかには怠け者のイメージを持つ人も多いかと思いますが、前述の通り給与が上がるので、めちゃめちゃよく働いてくれます

特に弊社の場合は、締め切りを必ず守るをポリシーにしているので、締め切り前は仕上げるまで残業を厭いません。

自分の分だけ終えていなくなる米国人よりずっとチームワークを大切にしています。君が仕事終えるまで僕もオフィスにいてあげるよ、みたいなやり方で後輩の面倒をみてくれています

また、質の方も悪いということはないです。猪突猛進な感じはあるので、途中で方向転換するのは難しい時もありますが、理由説明して納得してくれれば曲がってくれます

正直、具体的な理由もなく、回答までもうしばらくお待ちください。と待たされる日本のやり方にはフラストレーションが溜まるようです。

好景気なせいか、どこの会社社員全員で旅行に行くとかチームビルディング活動に力を入れています。そのため、一旦は給与に釣られて転職しても、出戻るパターンをしばしば見かけます

特に中国人でも若い人はお金だけでなく、生活の充実を望んでいますので、高い給与で激務より、そこそこの給与で楽しくを選ぶ傾向があります


5、文化教育の違い

たいていの日本人三国志西遊記に親しんでいますので、共通話題も多く、普段トラブルはありません。

ただ、南沙諸島問題南京事件などに関しては、たぶん教えられている内容の大前提から根本的に違うんだるな、と思うほどかみ合いません。

正しいと思っている者同士のバトルなので不毛な感じになりますが、じゃあどう決着をつけるのがいいかという所になると、落としどころは普通に話し合えるので

解決できない問題ではないのかなとも感じます

日本の文化として残っている多数のもの中国由来であるため、時々何もかも中国由来、中国が先!ってうるさいよ(でも事実)と思うこともありますが、逆に日本しかないもの

酉の市で熊手を買ったらそれ何ですか?と驚かれました)を見つける楽しみもあるので、違いは楽しむべきものだと思います

学校勉強の濃度については競争社会中国学生にとても太刀打ちできないので、素直に称賛します。

勉強して新しいことを覚えるという姿勢が体に染みついている感じなので、安心してこちらも新しい仕事の機会を与えてあげられます

このような猛烈に勉強する隣国に対して、日本のんびり生まれ育っているわが娘に、何を与えてあげれば20年後彼らと共に生きることができるのか悩む日々です。


まとめますと、中国からはまだ日本アジアであるような夢を持っていただけており

日本はまだ中国の方が貧しいという夢の中にいるようですと。

そしてその夢はそろそろ醒めてしまいそうな気配が、現実でもネットでも漂い始めています

2017-10-13

イージス艦事故黒幕北朝鮮か? 最強の軍艦の思わぬ弱点

現時点では、第7艦隊衝突事故は人的要因が原因であるとする見方が強く、米海軍作戦副部長ビルモラン大将は、9月7日に開催された上院軍事委員会海軍力小委員会に出席して証言した際、南沙諸島など南シナ海をめぐる情勢や北朝鮮問題への対応のため、第7艦隊任務が過重になっていると強調した。

第7艦隊の過重運用問題は、15年にも米政府会計検査院(GAO)によって指摘されている。通常は36カ月サイクルとなっている艦船運用サイクルが、日本を母港とする第7艦隊艦船は24カ月サイクルになっており、修理や訓練に充てる時間が極度に不足しているという。

米海軍イージス艦長ら更迭 8月の衝突事故回避可能だったのは明らか」

インドネシアマレーシアシンガポール日本マラッカ海峡の共同測量調査

マレー半島スマトラ島と隔てるマラッカシンガポール海峡は、アジア地域欧州中東を繋ぐ重要海峡である日本にとっても、輸入原油の8割が通航する国際海峡であるために、日本政府1996年から1998年JICA沿岸3カ国(マレーシアインドネシアシンガポール)と共同水路測量を行い、海峡の海図を作成していた。しかしながら、この海図は作成から20年近くも経過し、複雑な潮流による海底地形の変化で浅瀬等の危険箇所が現れていた。そのためシンガポールマレーシアインドネシア日本は、2014年に再度の水路測量調査事業実施する事を決定していた。なお、緊急に測量を行う必要がある箇所は、フェーズ1として2015年から2016年にかけて先行実施していた。

米海軍イージス艦艦長解任 8月タンカーと衝突

イージス艦座礁「人的ミス」 横須賀の1月事故 米海軍報告書

フィッツジェラルド事故も、見張りの過失が指摘されている。

イージス艦側 過失複数」 伊豆沖衝突 船の接近認識せず

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/10/post-8642_3.php

http://www.sankei.com/politics/news/171011/plt1710110034-n1.html

http://www.excite.co.jp/News/world_g/20171011/Reuters_newsml_KBN1CG096.html

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201708/CK2017082502000132.html

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201707/CK2017072202000251.html

アメリカ自殺任務に当たっているブラック国家トランプ死ね

2017-05-15

八紘一宇発言は叩いたのに

具体的になにするって話じゃなかったのに。南沙諸島人工島やらチベットやら何やらで実行が伴っている一帯一路に対して、特に批判的なコメントをつけない報道にはやっぱり偏りを感じる。

2016-07-15

http://anond.hatelabo.jp/20160715195105

安倍総理暴走していきなり戦争

具体的にどう暴走するんだ?

南沙諸島を埋め立て占領している中国に警戒心を抱く事と安倍総理暴走して戦争するという根拠不明のありえない仮定はどう見ても釣り合わないんだが

結局安倍総理正当性あなた自身証明しちゃってるんだよ

2016-06-25

変える意志

イギリスEU離脱の是非を問う住民投票をみていて、大変に感慨深いものがありました。不誠実な言い訳でチャンスをつぶさず正々堂々と向き合ったイギリス国民議員の方々を心から尊敬します。

先駆者になることは大変勇気のいることですが、イギリス未来自分たちで切り開く覚悟と力があるということを世界アピールしました。

お茶を濁してやり過ごすことばかり繰り返している昨今の主流を見ていると、今の世界は根回しと調整と談合で成り立っているように見えます

議会制民主主義という意思決定プロセス破綻しようとしていることに気づきながらも、その呪縛を打ち破れない人たちは、いつも問題本質から目を背け、言い訳をし、丸め込むことに必死です。

その結果、本質は処理されず先送りされ”Change”という言葉けが虚しく響きます

もうすぐ参議院選挙がありますが、「私は現状をできるだけ維持します!」と主張する候補者は少ないんじゃないかと思います

でもほとんどの議員当選後には本質の一番外側をそっと撫で回して関係者とニヤニヤするだけです。

中国南沙諸島尖閣諸島侵略しようとしている現状は中国共産党意志であり、中国にとっての本質です。その是非は別として、問題に真っ向から取り組む意志と行動力を見せつけられた世界オロオロすることしかできません。

中国に対して「現状を変更していることに懸念」ではなく「侵略するのをやめろ」と指摘できない世界には中国意志を止めることは難しいでしょう。

変える意志を持つかどうか。全てはそこからだと思います

変える意志をもてない代表者駆逐される時代が始まるのか、それともこの流れを食い止め再び淀ませることができるのか、今回のイギリスEU離脱問題経済問題だけでなく、アメリカ大統領選挙など、人々の心にも影響しそうです。

2015-12-01

正直、本なんか好きで読んでいるのではない

大学生協で本が15%引きだったので1万円以上を本に費やした。

しかし、英語課題や、グループワークで処理をしないといけない課題自分が通う底辺学部ならではの制作実習に忙しかったりとなかなか本を読む時間が取れないのが残念だ。

いや、実は本なんか読むのはすきじゃないのかもしれない。

お顔が良くて、セックスに困らなきゃ今頃はセックスしていたに違いない。

昨晩は、平和学の授業中に行われるテストの準備で追い詰められていた。

辺野古基地問題について30分で2000字程度で論じるものだけれども、自分徹夜で準備していた。

そのために1限の別の授業は寝過ごして、出席点を減らした。

そして、いざテスト時間だと思って平和学の授業に赴いたら、テストは次週であることと、少し自分が当てた軸と論題がぶれていることが発覚したのはなんともいえなかった。

テストが行われるという情報から、普段よりもずっと多くの人間平和学の授業に押しかけていたが、平和学のテストが行われないということを講師が言った途端「帰ろうか」とかいう声があちらこちらから聞こえてくる。

自分の前に座った、講師容姿を笑ったりした、顔のいいセックスに困らなそうな女たちは、講師の板書がある程度済んだ時点で教室から出て行った。

セックスに困らないお顔がいい女の子たちは、映像の世紀東西冷戦ビデオなんか見たくないのだ。

すこし、腹が立ったが、よくよく考えてみたら自分もお顔が良くてセックスに困らなくてみんながチヤホヤしてくれたら、東西冷戦辺野古の新基地建設計画集団的自衛権南沙諸島自衛隊問題もなにもどうでもいいのだ。

映像の世紀を見たあと、グループワークの資料作成のためにiPad写真を撮ったが、間違ってインカメラを起動した。

顔の皮膚は赤みを帯びて、酷く凹凸があり、脂汁が全体から湧いているし、膿の塊がある。そして、酷くくせ毛で、顔の形からパーツまで全く全てが見ていられなかったし、こんなやつと金を払わないでセックスをやる人間がいるとは思えない。

持病の薬の副作用やら、どうにもならないことが永遠と続いているが、こちらも精神優位性を持たなければいけないのだ。

から、仕方なくあいつら馬鹿だなとか思いたいから仕方なく本を読んだり、一般教養課題比較的真面目に取り組んだりしているのだ。

こっちは別に勉強は嫌いだし、やっても出来ない。できていたら都内実家があるのに、こんな北区ごみ大学にいるわけ無い。

本当にやっているということでなんとか気持ちを保とうとしているのだ。

どうにもならないことがあるから、嫌いだし、評価されないことを仕方なくやっているだけだ。

容姿が良かったら、楽しく遊んで、勉強なんかしないし、本なんか読まない。

2015-08-11

http://anond.hatelabo.jp/20150811130237

日本集団的自衛権を認めれば→中国南沙諸島実効支配できない」

論理が飛躍しすぎです><

ちゃんと説明してください><

2015-07-31

中国米国軍事衝突は、東京オリンピックの裏で始まると思ったけど、もう少し早まりそうな感じだ。

アメリカは、要人周辺から中国へ強いメッセージを送り始めた。

このパターンは、米国が本気の時だ。

中国南沙諸島軍事基地開発をやめるかどうか。

これから注視する必要がある。

2015-06-03

戦前

自分が生まれた時から存在するものは、過去もずっと同じであったと人間は思いがちだ。

その一つに、「平和」がある。ピンフじゃ無いぞ、ピースだ。

ニュースを見聞きしていれば薄々感じてると思うが、現状は薄氷の上を歩くが如く、危うい状態にある。

戦争ってのは、そう特殊なことじゃないし、わりと簡単に日常生活の延長線上に起こりうる。

そして、現在の緊迫した状況を理解しておくことは、個人にとっても悪いことじゃない。

それを理解した上で、どう行動するかは、それぞれの信念によると思う。

韓国北朝鮮は、今も戦争状態にある

大韓民国韓国)」と「朝鮮民主主義人民共和国北朝鮮)」は停戦状態で、まだ終戦していない。

それぞれ「国」の設立に、アメリカ合衆国ソビエト連邦とが強く関与しており、

いわば、この二国間は、未だ第二次世界大戦から直結した冷戦状態にある。

朝鮮半島歴史を簡単に振り返る

まず最後王朝李氏朝鮮から

朝鮮半島を支配していた「李氏朝鮮朝鮮王朝)」から始める。

李氏朝鮮」は、13世紀から19世紀まで中国冊封国家として朝鮮半島統一していた。

16世紀豊臣秀吉が侵攻したのがこの李氏朝鮮で、一時的に国土の大半を征服されている。

(つまり朝鮮征服成功しており、事実上中国(明)との戦争であったと言われている)

まあ、歴史の通り豊臣秀吉は死に明は押し返し、19世紀まで李氏朝鮮は存続している。

甲申政変

李氏朝鮮は、中国冊封国家、つまり中国寄り」の国だ。

しかし、お隣の国である日本は、明治時代を迎え近代国家として発展していた。

李氏朝鮮近代化を目指す一派が、日本に頼りクーデターを企んだ。コレが1884年の甲申政変だ。

時の政権は「中国(清)」に助けを求め、クーデター側は「日本」を頼り、代理戦争が勃発。

結局、双方割にあわないと気が付き、「天津条約」が結ばれ手打ちとなった。

(ちなみに、クーデター首謀者一派はかなり悲惨な結末を迎えている)

東学農民運動東学党の乱)

東学党の乱をおおざっぱにいえば、農民による革命だ。

李氏朝鮮の「政府」と「農民」との内乱だ。

そして「天津条約」に則って、日清両軍が内乱鎮圧を行った。

ここで、内乱が鎮圧された後、中国(清)が「日本けが撤兵せよ」とツッパった。

政府内でクーデターも置きてしまい、朝鮮政府日本に「清を追い出してくれ」と依頼する。

そして、「日清戦争」が勃発。日本中国(清)に勝った。

大韓帝国

日本に清を追い出してくれと頼み、日清戦争日本が勝った。

まり、「李氏朝鮮」は、中国(清)の冊封国から離脱したわけだ。

これが、1897年の「李氏朝鮮から大韓帝国」への国号変更(独立である

まあ頼られたわけだし、と、当然のように日本は「大韓帝国」に干渉し始める。

日露戦争から日韓併合

日露戦争時代に、日本は「大韓帝国」にゴリゴリに干渉する。

これに「大韓帝国」は、危機を感じ、李承晩(イ・スンマン)をアメリカ派遣する。

アメリカに頼って、日本排除しようとしたわけだ。これは失敗する。

そして、1910年日韓併合条約」により統治権を日本に握られる。

朝鮮国家歴史は一旦幕を閉じることになる。

第二次世界大戦で、日本は負けた

朝鮮半島を実質支配していた日本戦争で負けた。

勝った国は、その土地を分け合おうとする。

ここで、戦勝国であるソビエト連邦」と「アメリカ合衆国」が現れる。

北緯38度線の北をソビエトが、南をアメリカ占領した。

そして、両超大国は、それぞれ「代理国家」を立てる。

北のソビエトが「金日成」の「朝鮮民主主義人民共和国」を、

南のアメリカが「李承晩」の「大韓民国」を作った。

1948年の事だ。

ソビエト金日成

金日成(キム・イルソン)は、中国共産党出身だ。

筋金入りの抗日パルチザン活動家で、その流れでソ連軍の一員として行動していた。

そして、ソ連当局支援を受けて、北朝鮮指導者としての地位確立した。

言ってみれば北朝鮮とは、正当なスターリンソ連の落とし子であり、中国共産党シンパである

まり共産主義国家だ。

アメリカ李承晩

李承晩(イ・スンマン)は、「大韓帝国時代アメリカに頼ろうとした調整役だ。

それは失敗したが、そのままアメリカハーバード修士を、プリンストン政治学博士号を取得している。

そして、アメリカ当局支援を受けて、大韓民国の初代大統領となった。

言ってみれば韓国とは、アメリカの援助で復活した「大韓帝国である

まり反共主義国家だ。

朝鮮戦争という全面戦争

イ・スンマンは、韓国大統領で、筋金入りの反日主義者だ。

そして、「連合国であることを望んだ。「戦勝国」の一員でありたかった。

対馬領有の宣言は、1949年に行われている。対馬竹島日本領から除外すべく、アメリカ政府執拗要求していた。

アメリカ政府は、共産主義国家が朝鮮半島占領するのは良しとしなかったが、正直日本で手一杯だった。

1950年アメリカ国務長官が「アメリカは、フィリピン沖縄アリューシャン列島しか責任を持たない」と宣言した。(アチソンライン

ここで、キム・イルソンは、アメリカ朝鮮半島を重視していないと踏んで、朝鮮戦争に踏み切った。(当然ソ連スターリン中国毛沢東に周到に根回してだ)

北朝鮮が、韓国に奇襲を掛ける形で進軍を開始した。

ソ連中国バックアップのある北朝鮮軍は、実に強かった。

大韓民国軍は総崩れとなり、ほぼ北朝鮮は、韓国占領しかかった。

ただ、結局のところアメリカ国連)軍は、一気に押し返し、北朝鮮をほぼ制圧した。

当然ソ連面白く無いので、中国をせっついて、やり返す。

事実上ソ連中国)とアメリカとの代理戦争だった。

もはや第3次世界大戦まで秒読みの段階だ。

ただ、軍を指揮していたマッカーサー暴走(原爆を落とす気だった)した結果として軍から追放されたこと、

ソ連を率いていたスターリンが死去したことで、状況が大きく動いた。3年に及ぶ戦争は、一旦休戦することになる。

(休戦なので、未だ戦争は終わっていない)

北朝鮮という時限爆弾

朝鮮戦争後も、北朝鮮社会主義国から支援を受け、基本的韓国よりも常に優位に立っていた。

キム・イルソンが中国共産党出身であり、ソ連にも大きなコネがあることが全ての力の源泉だった。

しかし、ソビエト連邦崩壊する。大きな後ろ盾を失い、経済的な援助が打ち切られた。

そして、キム・イルソンが死去し、コネクションを失い、世界から孤立する。

その結果が、大規模な経済困窮と、それに伴う飢餓だ。

後を継いだのが、金正日キム・ジョンイル)だ。

ソ連の援助は打ち切られたとはいえ、軍事国家は、軍事物事を解決しようとする。

そして、そのキム・イルソンも死去し、金 正恩(キム・ジョンウン)が国家を継いだ。

売り家と唐様で書く三代目と良く言われるが、親の遺産はその子供まではなんとか保っても、孫の代には残らない事が多い。

北朝鮮は、いままさに三代目だ。いつ崩壊してもおかしくはない。良く保っていると言える。

字通りの意味で、戦争はまだ終わっていない

朝鮮戦争は、未だ終結していない。

第二次世界大戦ソ連アメリカ朝鮮半島の取り分を巡ってそれぞれ国家を建てたことで発生し、

代理戦争としてはまれに見る規模で地上戦が展開され、冷戦時代には相当の緊張を強い、ソ連崩壊バランスが崩れた。

まり、今の緊張は、第二次世界大戦の後始末なのだ

その中で、我々はどうあるべきか

韓国は、有り体に言えば反日イ・スンマンの意思を継ぐ、アメリカ属国だ。

ただ、真の独立をずっと願っているし、南北統一を夢見てもいる。

北朝鮮は、スターリン独裁共産主義国家であり、ゴリゴリ軍事国家だ。

そもそも、国として存在するために、常に周囲を牽制し続ける必要がある。

韓国アメリカ軍事的同盟を結んでいるし、日本アメリカとは事実上軍事同盟を結んでいる。

そして、北朝鮮が発作的に何かを始めた場合、まず間違いなく最初韓国が標的になる。

軍靴の音が聞こえる」等とのんきなことを言えるのは、「平和」があると思い込んでいるからだ。

38度線非武装中立地帯の北にも南にも、軍隊が常に靴を鳴らして警戒している。

軍靴の音が「聞こえなくなった」と感じ始めていることが、真の危機だ。

戦争は、もうすぐそこに見えている、現実的な脅威だ。

目を逸らしても、北朝鮮はまだそこにいる。

(追記:判り難いとのブコメもっともなので、時系列で整理しなおした。

 南沙諸島南シナ海と若干日本から遠く「中国」は政治的にまだ致命的では無いので触れていない)

2014-08-25

尖閣について留学生お話ししてみた

野田元首相の発言がでてきたので、 知ってる人は知ってる話だが、思い出したことをいくつか書いておく。

尖閣国有化について、 中国人留学生の何人かと話したことがある。

彼らは中国政府の行動を基本的には支持していたが、その際にちょっと引っかかる部分がいくつかあった。

 

国際法上の領有財産権としての所有の区別が充分に付いていない(情報として知っていてもまだ感覚理解ができていない)

歴史的関係性が、条約による合法性と同じ位重視されるのが当然と思っている。

領有主張にも国際的合意されたルールがある、という事を習っていない。

④ 本気で国有化を「挑発」だと信じていて、中国石原の摩擦を避けるための配慮だったと知らない。

  http://www.asahi.com/articles/TKY201310210580.html

⑤ ↑という視点が欠けていることに気がついていない。

 

あと南沙諸島問題最近の日米の行動が関係しているって意識もあまり無い。

日本に来て日が浅いとはいえ、日本語は充分にできている社会科学大学生でもこんな感じ。

留学生審査が甘い中堅私大から宮廷クラス留学生とはレベルが違うって言うのはあるだろうが。

あっちの掲示板では政府批判はけっこう盛んではあるし、彼らもそういう掲示板見ていたはずなんだけど、

どうも視点単純化されているのは思っていたより深刻っぽいな。

2014-06-23

三国鼎立モデルあるいは四色定理モデルから見る多極化後の世界

前提:
世界中国を中心に多極化に推移していく

主題
今後50-100年ほどの間(中国覇権が陰り始めるまでの間)、各地域三国鼎立のような状態に推移していくという仮説を立てると、

東亜   :中国日本ロシア
南亜/中亜:インド中国イランロシア
中東   :ペルシャ(イラン)、アラブ(サウジアラビア等)、トルコイスラエル
欧州   :EU(独仏)、ロシア英国
アメリカ米国カナダ中南米(ブラジル等)

アフリカ:このまま中国マネーで潤ってくといいね。来世紀に乞うご期待!

が各地域における覇権国として牽制あいながらも協調していくと予想される。他の周辺国は、韓国台湾のようにその地域における1番の覇権国に接近したり、あるいは南沙諸島のようなことがあれば2-3番目の覇権国に接近したりなどの揺らぎがある。
また、他地域間では、イギリスに対する中国アフリカに対する中国のように、自国覇権拡張や金儲けや資源のために金をくれてやったり開発してやったりなど、基本的協調しあうこととなる。

自分用のまとめなので特段オチはないが、最後ひとつ付け加えておくならばやはり日本の動向であろう。現在尖閣歴史問題で揉めている日中ではあるがいくらなんでも両国戦争することはないだろうし、また日露は領土問題を解決して今以上に接近しているだろう。領土問題歴史問題などのゴタゴタは過渡期(覇権移行期)に見られる一過性のものに過ぎない。日本における領土問題はいずれも他国(中露韓)と距離をおいて覇権国(米国)に接近するための外交カードに過ぎなかったのであるし、歴史問題も同様のものであった。そして、覇権は確実に移行しているのである

2014-02-08

http://anond.hatelabo.jp/20140206012504

haruhiwai18 "ズデーテン"島嶼国であるフィリピン" →応答をいただいて有難うございます。/その場合 ズデーテンというチェコの"生命線"(産業の40%程を占めていた)と南沙諸島を比べられるか、という話になるかと思います。 2014/02/06


疑問ごもっとも。

長くなるので省きましたが、フィリピンはもともと国家の統制力の強い国ではない(婉曲表現)という問題があります

チェコが最終的に解体されたのは、ズデーテンを物理的に失ったという事実のものもさることながら、英仏に見捨てられたという絶望と抵抗せずに手放すという決定を下した政府への失望も大きな役割果たしてます

さて、仮にこのまま南沙諸島全域が中国の勢力下に置かれ、国際社会は何も対応せず、フィリピンも何もできなかった、となれば、フィリピン政府の力がさらに下がるのは避けられません。

それでどういう「悪いこと」が起きるかの予想は困難です。個人的には、最悪、ミンダナオでの紛争再開とかお家芸クーデター勃発も(率は低いにせよ)あり得ると思いますが。

そこまでいかなくとも、各地の地域ボス政府蔑ろにする傾向が強まるのは確かで、フィリピンが何か対外的な活動を行うのは難しくなるでしょう。当然、中国さらに他のターゲットに手を伸ばしていくことでしょう。

「そうなってから慌てても遅いんですよ!」というのがアキノ大統領の言いたいことなのでしょう。

2012-12-25

http://anond.hatelabo.jp/20121225164304

共同管理云々は、中国常套手段だよ。ナチスドイツが、戦争を怖がるヨーロッパ諸国の弱みを見計らって、オーストリア併合やラインラント進駐したのと同じ外交政策白樺とか南沙諸島とか。

2012-08-26

http://anond.hatelabo.jp/20120826011337

俺は「あるべし」論、「本来」論は嫌だな。

領土問題ってさ、実効支配しちゃえば半分寄り切り勝ちって面は否めないよ。

領土問題なんて存在しません。」

「住民が子供生んじゃいました。子供が育っちゃいました。」

「いまさらもうね、うん、そういうわけでよろしくヽ(*´∀`)ノ」

ってな感じで。

そんなわけで、もう北方領土は返ってこないと思う。

あともう長くないうちに、元島民がみんな寿命を迎えたらなおのこと。

裁判所理屈スパッと白黒はっきりさせることができるなら、イスラエルなんてこの世から消滅してる。

そういうわけで、実効支配してる韓国がわざわざ騒ぎ立てるのは当然の反応とは思えない。

すごく下手な手を打ってしまってる印象。

話は逸れるが、逆に日本実効支配してる尖閣諸島場合、できるだけ穏便に、ゆっくりしれっと事を進めていくべきだと思う。

なんで石原慎太郎上陸なんかするんだよって思う。

中国民間人サクラを使って挑発して、うまいこと大きな火種を日本から発生させようとしてるようにしか思えない。

やっぱ中国は頭いいというか、怖いわな。

感情で動く韓国と違って、勘定で動いてる。

ベトナムとの国境も毎年数メートルずつこっそりと侵犯してるしな。

南沙諸島西沙諸島もこのまま実効支配を続けて、ちゃっかり奪うんだろう。

2012-07-31

尖閣で思ったこと

領土問題関連で対中国ということで日本が手を組むとなると、南沙諸島西沙諸島中国と揉めてるフィリピンベトナムあたりか。

尖閣台湾領有を主張してるから台湾を引き込むのは難しいな。

アメリカはたぶん日本側に肩をいれてくれるんだけど、貿易相手として中国のほうが重要だと判断したら手のひらを返しそうであてにしすぎると難しいな。

領土問題というとこでくくると、韓国は味方してくれないよなぁ。

かといって、中国に肩入れなんかしたら自分の首を絞めるだろうし、難しいわな。

韓国アメリカでつながるより、日米韓で力をあわせないと不当に安い元レートには対抗できないのにな。

ホント日本にすりよりたいけど、国を挙げて反日教育しちまった手前そういうわけにもいかず、みたいな感じなんだろうか。

竹島には、莫大な石油が埋まってる尖閣と違って、せいぜい漁業しか旨みがないわけだし、どっちかがいいタイミングで折れて、双方のメンツを上手に立てればうまく協力できそうだが。

ロシア中国をどう思ってるんだろう。

プーチンはこの時代にまだ覇権とか狙ってそうで。

ロシア戦争は弱そうだよな。

あんだけボロボロだった経済を立て直したんだから、軍備にお金はかける余裕はなかったろうな。

旧ソ連時代20年以上たった軍備をろくに手入れせず配備してそうなイメージ

処理するにもお金がかかるからただ倉庫に眠ってる、みたいな。

核弾頭とか、核弾頭とか。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん