「ポアソン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ポアソンとは

2021-02-28

自分がどのような音に囲まれていたのかを抜き書きしてみる。その11

https://anond.hatelabo.jp/20210223005708

もうここまでくると、「音に囲まれた」ことではなく「情報に囲まれた」ことに近いではないかと思うが、私の中では依然として「音」なので抜き書きができると思う。

ピアノコンクールの待ち時間は、図書館相場が決まっていた。

審査まで待たなければならない。

そうすると、子供たちは、自然と近場の図書館に集まる。

あの図書館は閉館はしていないと思われるが、やはり、小さな図書館であり、その日はコンクールの結果待ちの子供でいっぱいだった。

毎年がこの調子だったらしい。

そこには、禁持ち出しの、最新名曲解説全集があった。

現在は、作曲家名曲解説ライブラリーとして改訂された本である

なぜ改訂されたのかは理由がある。それは、著作権法改訂国連から勧告を受けたため、存命の作曲家に関する記述が認められなくなってしまったのである

悔しいが仕方がない。音楽之友社は、急いで「作曲家名曲解説ライブラリー」として、著名な作曲家だけを厳選することにした。

しかし、まだ最新名曲解説全集がそのまんまの図書館は多かった。

どこの地方都市図書館にもあったらしい。

学校図書館にも多くあった。

そうしたら、どういうわけか、管弦楽曲Ⅳの項を読むことになった。どうしてそんな本を読むことになったのかわからないが、今の音楽家は何をしているのかなという意識が、中学1年ではあったんだろう。

そこには、クセナキスのアホリシス解説があった。

正確には思い出せないが、「この曲を理解するには高校3年から大学初年度の数学の専門知識必要で、ポアソン分布が」と書いてあった。

理系に進もうと思ったのはこの時だったに違いない。たった一冊の本人生が変わってしまったのである

かに本を読み続ける小学生中学生に交じって、私もじっと黙って本を読んでいた。

私の故郷の不気味な薬屋の沈黙というほどではなく、冷房が適度にかかった快適な環境で照明が明るかったことを思い出した。

はいまだにクセナキスのアホリシス生演奏に接したことはない。

2020-02-26

日本コロナウイルスの死者少なすぎじゃない?

日本の死者数、韓国イタリアと比べてずいぶん少なくない?ポアソン分布、死亡率1%として90%信頼区間に入ってないくらい?なんでだろう。

ポアソン分布が成り立つとして考えられる線としては、軽症者までカウントしすぎてるか、死者数を隠蔽しているか。前者はあんまなさそうだけど、流石に後者もないと信じたいなあ。あるいは医療現場ブラック労働日本だけ死者数を抑えられてる?教えて偉い人。

2019-02-24

指数分布について文系のアホに教えて

当方三十路サラリーマン

エンジニアとかではなくコピー機を売っている営業マン

今日話題ラーメン屋に行って並んでたんだが、これどれぐらいで入れるんだろうと気になってスマホググる

待ち行列理論なるものがあり、数式で理論値は求められるらしい。

ところがウィキペディアを読んでもポアソン過程やらマルコフなんちゃらとか出てきて何がなんやら。

とりあえず指数分布というのを理解したいんだけどわかりやすく教えてくれませんか。

明日また別の店に並ぶのでその暇つぶしがてら勉強するんで。

2019-02-14

一定以上の数学物理理解できない

30代のオッサンなんだけど、

一念発起して、昨年の4月から数学物理勉強している。

  

いわゆる、大学院入試レベル数学やら物理やらというのは、マアマアできる。

いわゆる、イプシロンデルタだの、一様収束だの、解析力学だの、熱力学だの。

そういうのは、一応理解できる。そのレベルまでは、割とサックリ行って、3か月くらいだった。

  

しかし、そっから先がキツイ

関数解析多様体リー代数物理で言えば、シュレディンガー方程式ソリトン。こういうやつらだ。

マジで薄皮を剥くようなレベルしか理解が進まない。

  

1900年前後物理数学、このあたりで一気にレベルが上がる。アインシュタインあたりね。ネーター定理とかの保存量とかが出てくるあたりがヤバイポアソンカッコがヤバイ数学物理抽象度を上げて一気に交じりだす。

  

1960年前後数学となると、そっから更に難易度が上がる。レーザーとかが出来たせい(レーザーの光は量子力学理屈からできた)で、実験系と理論系が相互に影響あたえあってるのがあるらしい(ちなみに、大抵の場合実験系が圧勝らしい)。

実験系の話も、ギリギリ分かる程度だけど、理論系は鬼のように難しい。

  

ヤバイだろ。現代の人たちってどのレベルにいるんだろ。数学は流石にそんなにゴリゴリ進まないと思うけど(数学の年表みると、数年間隔は保っている)。理論物理はヤバそう。なんたって、実験系の物理レベルがいまだに毎年レベルが上がり続けている。レンズとか光(レーザー改善とか)とかがレベルアップし続けているから、新しい観測ドンドンまれている(ノーベル物理学賞は光系の実験系やMRI系の波動への授与がかなり多い)。

  

いわゆる数学で食っている人も、「数学小説と違うから、1日1ページでも理解できたらいい」とかそういう感じらしい。

どんだけ頭よくても、「記述意味が分からない」時というのはあるらしい。

  

こんな事あるのかな。かなりビックリしている。

悔しい。

2018-09-23

anond:20180923085800

データなんて過去のことで、未来データじゃわからないことのほうが多いじゃん

そもそもデータだしてもp<0.05も理解してない人ばかりだから詐欺師にカモられるだけ

せめてガウス分布ポアソン分布ぐらい勉強して欲しいわ

2017-11-27

統計検定一級受験

昨日(11/26)統計検定を受けたので軽く振り返ろうと思います

受験した理由

自分理系修士卒ですが、統計を(もっと言うと数学を)あまり使わない専攻の出身でした。

しかし、思うところがあって就職では違う業界に進み、数理的なコンサルなどをしている会社に入りました。

機械学習の基礎的な意味数学を久しぶりに学びたいと思い、

6月に準一級を受験し、おそらくぎりぎりで合格しました。

そこで調子にのって今回一級を受けてきました。

・一級の勉強方法

公式教科書過去問を買って勉強しました。自分教科書過去問をメインにやりました。

数学がとてもよくできる会社の同期と定期的に勉強会をして分からないところを教わりました。

公式教科書は悪評も散見されますが、少なくとも試験にでる部分についてはよくまとまっていると思いました。

ただ、紙面の都合か、分かりにくいところは適宜ネットや他の本で意味を調べました。

それを読んでこの教科書に戻ってくるとなるほどと思うこともありました。

過去受験した会社の先輩は、竹村先生の本がいいと言っており、

自分も余裕があったらそういう正統派の本も読んでみたいと思っていましたが結局読まずじまいでした。

それから分散分析実験計画は途中から捨てました。

・本番のでき

難易度は去年並だったと思います。二年前三年前よりは簡単になっています

午前の統計数理は選択した3問が全部6,7割のできでした。受かってたらいいなという感じです。

午後の統計応用はポアソン過程問題突撃し撃沈し、二問目は完答、三問目はいけたと思ったら途中から間違っていました。

多分おちました。

感想

統計検定は意味ないという人、意味ないけど楽しいという人、いいよねという人など様々な人が周りにいましたが、

自分にとっては確率論と数理統計の入門になって良かったと思いました。

なんと言っても2か月前には尤度の意味も分かってなかったぐらいですから

・今後

今回統計勉強していく中で、これを基礎にして興味がわく分野がでてきました。

まずはもともと興味のあった機械学習確率過程ですが、

他には、漸近理論情報量基準の話、もっといって最終的には情報幾何につながっていることがなとなく見えました。

簡単なところからいろいろ興味ある分野を勉強していきたいなと思いました。

何か作ってみたいですし、

理論的にはディープラーニング情報量基準が現状ない理由を知れたらとてもハッピーです。

2017-09-03

首都直下地震毎日70%の確率!?

最近テレ朝首都直下地震は常に70%の確率だと伝えている。

30年以内に70%と言われているんです

まり、今かもしれないし30年後かも

常に、70%の確率ということ

日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ優越2017年8月24日放送分)

宇賀アナ 「浩介さん。つまり今日起きる可能性は?」

鈴木浩介 「70%。リスク毎日ありますよ。30年以内はっていうことなんですかね」

宇賀アナ 「そういうことなんですよね」

磯野貴理子「わーすごい勘違いしてた」

池上彰のニュースそうだったのか!! 2017年9月2日放送分)

しかし、その根拠になっている報告書をよくよく見ると、今日明日70%の確率という話ではなく、年数が増えるごとにだんだん確率が高くなっている。

今後10年以内の発生確率30%程度
今後20年以内の発生確率50%程度
今後30年以内の発生確率70%程度
今後40年以内の発生確率80%程度

ポアソン過程を用いているため評価時点がどの時点でも確率は変化しない。

相模トラフ沿いの地震活動の長期評価(第二版)について

まりどういうことかと言うと、平均27.5年で地震が起きるんだから、長く住めば住むほど確率高くなるよねと言っているに過ぎない。

から30年後までに70%の確率首都直下地震が発生すると言っているのではありません。平均27.5年で発生する地震ポアソン分布に当てはめると、30年間というスパンではその発生確率は70%だと言っているに過ぎません

3.11を迎えて “首都直下地震の発生確率とは”・・30年以内に70%!

2016-01-17

http://anond.hatelabo.jp/20160117111819

期待値はそうだが、ポアソン過程になるから、何度も目撃した人がいる一方で全く見たことがない人がたくさんいてもおかしくはないような。ちゃんとした確率計算は面倒くさいのでやってない。

2012-09-13

何その甲状腺がんwww

603 : 132人目の素数さん 2012/09/12(水) 19:57:33.30

 

誰かこれ教えてくれ

 

2011年2012年にかけて、とある地域に住む18歳以下の男女36万人中、8万人をサンプリング調査した所、大変珍しい病気が1件見つかった。

1975年2007年統計データによると、この病気罹患率は年間あたり0.18人/10万人だった。

 

問1)1975年2007年罹患率10万人あたり0.18人)を用いて、罹患人数0~5人の範囲で確率分布を求め、8万人中1人が罹患するケースの確率を答えなさい。

 

問2)その結果から1975年2007年罹患率2011年2012年罹患率に変動があったと見做せるか、客観的に論じなさい。

611 : 132人目の素数さん 2012/09/13(木) 09:28:30.25

 

>>603

ポアソン分布だと仮定

 

罹患率0.18人/(10万人・年)なので、

8万人を2011~2012年の1年間(正確には1年半だけど)だと

ポアソン分布パラメータλは0.18*0.8*1=0.144になる。

 

計算すると

P(0人)=86.6%

P(1人)=12.5%

P(2人)=0.9%

P(3人以上)=ほとんどゼロ

 

以上から、とりあえず、一人見つかっただけでは、なんとも言えない。

ただし、来年も同じように調査をして、やっぱり一人見つかったら、

その罹患率では考えにくくなる。(2つの調査が独立として1.55%)

 

もっとも、この場合、今まで同様の調査をしたことがなく、

真の罹患率もっと違う値なのかもしれないので、

正直これだけではよくわからない。

 

それから、この「病気」(つーか、甲状腺がん)の特性で、

結論も変わってくる。

自覚症状がないので、このような調査をしなければ、

発見しにく。そこの部分のバイアスもある。

チェルノブイリでは甲状腺がん被曝4年後ぐらいから増える

という結果だったので、それがどこまで正しいかも含めて

検証必要。とにかく、継続調査が必要

どうなのよ?

2011-05-10

とりあえず

テーラー展開とかポアソン過程とかさっぱりわかりません

http://anond.hatelabo.jp/20110510164037

慣れてる人は「ポアソン過程を1次近似すると単純なべき乗で計算してよくなる」という事実と「べき乗の計算はp<<1なら1次近似して単純な割り算で良い」という事実が染み付いてるから、見た瞬間に竹中みたいに概算する。そのときいちいちテイラー展開とか考えないけど、それがわからない馬鹿用に一つずつ説明するときはああやって説明するしかないよね。

http://anond.hatelabo.jp/20110510150859

「1000年で99.99%だよね」ってのを出してやれば誰でも竹中の論が確率計算の間違い以前にナンセンスなのは分かるはず。

ポアソン過程で、期間tで少なくとも1回起こる確率は1-exp(-νt)だから、これが1だとするとexp(-νt)は0、tは有限だとするとνが∞となる。

ナンセンスはない。数学分かってない人間感覚処理していい話ではない、というだけ。

http://anond.hatelabo.jp/20110510125229

「おかしいだろww」とか言ってる奴らばっかりで、誰一人として「正しくはこうするべき」って言ってないのが酷すぎるな。

いつもの馬鹿あぶり出し装置だよこれ。

87%」がポアソン過程を仮定した推定であるとすると、1年当たり頻度をνとして、30年間にk回地震が発生する確率は((ν・30)^k)*exp(-ν・30)/k!だから

少なくとも1回起こる確率は1-exp(-ν・30)=0.87であって、ν=-log(0.13)/30となる。

この確率過程で1ヶ月後までに少なくとも1回地震が発生する確率は1-exp(-ν・(1/12))。

ν/12は1より十分小さいので、0の周りでテイラー展開して評価すると1-(1-ν/12)。

結局求める確率はν/12で、これにさっきのνを代入して計算すると0.0056くらいとなって、つまり約0.56%。

0.2%はより単純な近似を使ってるからずれてるだけで、はっきり言って十分正しいレベル。そんなことは竹中は百も承知だろう。

つまり突っ込みを入れるなら「ポアソン過程じゃねーだろ」とか「非定常過程だろ」とか、そういう言い方になるべきで

確率計算がおかしい」というのは自分は分かってない馬鹿ですと言ってるだけに過ぎない。

もちろんtogetterにもまともな突っ込み入れてる人はいるけど、それ以上に馬鹿が多すぎてどうしようもない。

2010-12-21

http://anond.hatelabo.jp/20101221231543

えっと、つまり男がちゃんと家事をするかどうかはケースバイケースだから議論するというのは無駄ということですかね

 

ちなみに僕は理学博士号を持っているくらいには数学を理解していますが専門ではありません

好きな分布ポアソン分布です

2009-03-12

http://anond.hatelabo.jp/20090312175616

やべえ俺思いついちゃった。

参政権ていうか、選挙の票に世代別人口社会コスト(トータルプラスならマイナスコストとする)に応じた重みつければよくね?

基本的には30代くらいをピークにしたポアソン分布みたいに裾を引いた重み関数になると思う。

現状の社会構成では30代の1票は1.5、70代の1票は0.6と評価します。みたいな感じで。

2008-12-19

http://anond.hatelabo.jp/20081219173313

確率変数に対応するのは横軸じゃなくて縦軸だぞ。

あと連続分布の場合は全区間で積分した値が1より小さければいいから、あるxで密度関数の値がf(x)>1でも別に良い。

ていうかその話、なんでわざわざベータ分布なんか出してくるんだろうな?

その手の話は普通ポアソン分布で十分だろう。

2008-10-01

http://anond.hatelabo.jp/20081001021001

俺は『母数』と聞くと確率分布関数パラメータ(正規分布のμとσや、ポアソン分布のλなど)をイメージするが、標本数の事だと思ってる奴が多そうだな。

2008-09-04

http://anond.hatelabo.jp/20080903232620

Eカップを例にとる。

A:普通女性

B:AV女優

E:Eカップである、という観測データ

とすると

P(E|A) = 0.1

P(E|B) = 0.19

となる。

全女性に対するAV女優の割合は、適当にググったところ0.4%とからしい。めんどくさいんで0.5%とすると

P(A) = 0.995

P(B) = 0.005

だ。これらをベイズの定理に代入すると

p(B|E) = P(E|B)P(B)/(P(E|A)P(A) + P(E|B)P(B)) = 0.0095 = 0.95%

となって、若干確率が上昇することがわかる。

ちなみに、より極端な場合でGカップを例にとると

p(B|G) = 5.6%

となって、10倍くらいになるね!

ベイズのいい練習になった

【追記】

実際は、観測データヒストグラムから分布関数を推定する問題をまず初めに解く必要があると思う。

結構裾が長い分布だから、正規分布じゃなくてポアソン分布あたりでパラメトリック推定すればいいか?

上の計算ではそれを省略してヒストグラムをそのまま確率だと思って使った。

2008-09-01

http://anond.hatelabo.jp/20080901230502

常識的に考えて子供の人数が多い夫婦の数は相対的に少ないから全体に影響与えないの。

気持ち悪いと思うなら、子供の数をポアソン分布かなんかで表現して計算してみてくれ。

大して変わらないはずだから。

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん