「ウィッグ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ウィッグとは

2020-09-19

anond:20200919233631

そうかなるほど…!!!気遣いしすぎだったんだ!!!

美人、いつも機動力の低い衣装やるから、いつも長いウィッグ絡んだり動きづらそうで、撮影中もそういうところのケアをしてたんだ…

ほんと、気を遣いすぎだよね。

カメラマンさんにも、ハッキリ言える勇気がなかっただけなんだよね。

その場が凍るよなって。

狭い地域でのイベントから、気まずくなるのが怖かったんだなと今気づいた。

色々と気づかせてくれてありがとう

2020-09-18

anond:20200918070811

今はネットでなんでも買えるし、クオリティ高いファッションウィッグとかもかなり安くなってるから

女装に対して「してみたい気持ち」が強くあるなら一度やってみてもいいと思うぞい


「華奢見えコーデ」で画像検索

自撮りアプリ導入

面長解消メイクヘアスタイル

フェイスラインウィッグと手で隠す

とかすれば写真レベルでなら割とどうにでもなる

間違っても意味不明ピンクリップは塗るなよ

2020-08-27

甥と酒を酌み交わす日に、俺はきっと坊主になる。

おっさんだけど、今、髪を伸ばしている。

何かの願掛けとか、散髪代の節約とかではない。

好物のラーメン蕎麦を食べるときは麺と一緒に吸い込んでしまうし、シャンプーリンスの他にコンディショナーやヘアパックまでして、さらドライヤーで乾かす手間が面倒でたまらないが、それでも髪を伸ばし続けている。

その結果、後頭部には結構サイズポニーテールがぶら下がっている。

俺の体格はいい方で、プロレスラーに間違えられることも過去に数度あったが、最近マスクポニーテール起因のオールバック状態でその頻度は格段に上がった。

俺ならこんな見るからに怪しい風体の男に声を掛けるどころか、前から歩いてきても相手を逆上させないように気を使い進路を変える。

その点、声を掛けてきてくれる方々の肝の太さが羨ましくもある。あとは俺がプロレスラーでさえあれば、みんなが幸せになる。

俺にはもうすぐ二十歳の誕生日を迎える甥がいる。

彼は生後半年大人の握りこぶし大の腫瘍を除去する手術から生還したサバイバーだ。

手術後、小さな体には何本もの管が突き刺さり、その時の傷跡は今なお残っているし、当時は薬の影響か体毛が抜け落ちた状態だった。

その姿をNICUで見た俺の両親は涙が止まらなかったそうだ。

再来月、その甥とついに飲みにいけることとなる。

今は亡き父の念願を、おじさんたちで果たそうと企画している最中だ。

俺が髪を伸ばしている理由は「ヘアドネーション」のため。

多少の不便を堪えれば、小児がんで髪の毛が抜け落ちた子供のためのウィッグ材料となる毛髪を寄付できる。

ハゲしまう前に、白髪がこれ以上増える前に、今日もトリートメントを欠かさずにする。

から、甥と酒を酌み交わす日に、俺はきっと坊主になる。

2020-08-17

承認欲求という毒

承認欲求について考える。

誰しも認められたいという気持ちは少なからず持っているものだと思うのだが、筆者が所属する界隈ではその欲求というものが、著しく顕著に表れているように思う。

今日はそれについて感じていたことを書いていく。

書き出すと随分と長くなってしまったので、夜の戯言だと思って聞いて欲しい。

筆者は所謂コスプレ専属で撮るカメラマンだ。

コスプレと言っても色々とジャンルがあるが筆者は2次創作を中心に活動を行なっている。

男装女装ともに依頼があれば撮影するが、その割合男装4割、女装6割。

男性女性も等しく撮影を請け負う。

作品を知らない撮影の依頼は、事前にアニメ原作をチェックして一通り頭に入れてから撮影に臨むように心がけている。そうすることで、被写体側が要求する心理的描写の部分に耳を傾けやすくなるからだ。

専門知識もない素人ではあるがそれなりにフォロワー数もあり、充実した撮影ライフを送っていたのだが……

最近、ある考えが頭から離れない。

正直…悩んでいる。

撮った写真ツイッタータンブラーといったSNSにあげ、近況としてアップする。

掲載する写真に添えるのは、タイトル被写体名、カメラマン名、いればアシスタント名といったごく普通の内容。筆者以外の投稿を見ても、皆、大抵同じようなテンプレート投稿しているようだった。

原作への熱い思いを明記している投稿を目にすることもあり、写真出来栄えだけでなくタイトル説明文に説得力があるとじーんと目頭が熱くなる。…歳だろうか。

コスプレ写真ツイッター掲載されることが多いため、筆者自身もこの媒体を利用しているが…ここで厄介なのが、「タグ付け」というサービスだ。

筆者はこの「タグ付け」が気になって仕方がない。

タグ付け」は掲載予定の写真に対し、誰が関与したかリンクを貼れる便利な機能であり、このタグが付いていると被写体撮影者の個人ページへ移動することができるため、個人的に非常に重宝していた。

何故ならリツイートで目にした、まだ見知らぬカメラマンや、被写体、その他関与した人々に出会うことができるからだ。

裏を返せば、そのタグけがないとどれだけ素晴らしい写真でも、どれだけ被写体力に優れた人物であっても、どれだけ素晴らしい撮影地であってもそのアカウントにたどり着けない。(ツイッターリプライ機能で明記している場合もあるが、ここでは省く)

そのため、筆者が写真掲載する際は関係した人々のタグ付けや@表記を行なっており、また、怠らないように注意を払っていた。そうすることで、敬意を払っていた。

だが、最近気づいてしまった。

タグ付けに対する意識の差だ。

写真はあげるが、被写体もしくはカメラマン表記はない。

何故?

タグはないが、リプライで@表記しているのか?

無い。

中には投稿者自らのタグ付けのみ、つけている投稿も見つけた。

もはや…理解ができなかった。

そう気付いた瞬間から、ともに撮影に臨んだはずなのにあの瞬間はなんだったんだと、頭を弾かれたれたような気分になった。

上手く撮れた写真カメラマンタグ付けやクレジット表記なく写真をあげる。そこに明記されている内容は

「繋がらなくてもいいから俺の(私の)〇〇を見てください」

「俺の(私の)〇〇コスプレ気に入ったらRT

といった承認欲求の塊のようなハッシュタグが添えられていた。 

作品に対する思いなど感じられない。

カメラマンに対するフォロー内容はその次だ。

つまるところ、自分自身の顔やウィッグ、表情、衣装……総合的に自分だけを見て欲しいのではないのか?

二次元キャラの姿を借りた、自分の姿に陶酔しているのではないか

そんな思いが渦巻いた。

ちなみにこの現象被写体だけの話ではなく、カメラマンだって当て嵌まる。

上手く撮れたといって被写体名前タグも明記なく、自分の腕前を振るうだけの投稿だ。

例えば、彩度高く白飛びすることなく写した水辺の写真や、銀残しといったコントラスト高めのパキッとした尖った風合い、など「俺の」「私の」主語が大きく聞こえるような投稿を目にしたことはないだろうか?

かにそれらは上手く撮れているし撮影技術も素晴らしい。衣装や表情、ポージングなども完璧クオリティも高く見栄えする。

だが、それら投稿から作品に対する思いだったり、写真に対する思いだったり、そこに参加した人々へ対する配慮など感じられなかった。

コスプレ撮影趣味であるし、タグ付けをしないといけないと強制的に決められたわけではない。自由につけてもいいものだ。

わかっているが、理解ができない。

RTフォロー数稼ぎで写真が使われているのか、撮った写真がその消費に利用されているのではないかと思えて仕方がない。

撮影を始めて10年あまり、筆者は純粋撮影を楽しんでいたのだが…近頃はそう思えなくなってしまった。


この情勢の中撮影自体自粛をしてはいるが、保留となった撮影案件はまだ残っている。

誰にも話すことができないためここで吐露させて頂く。

承認欲求という呪いが界隈に渦巻いているように思えて、頭から離れない。

いか自分が優れているか、水面下で競うあうような世界に疲れてしまった。

2020-08-13

anond:20200813132317

馬鹿だなぁw

そういうのは付けてると外せなくなるんだよ

まれつき髪の毛のない人にウィッグ付けたらとかい馬鹿いるけどそれと同じレベル

運動するときはどうする?プール温泉入るときは?

雨風が強いだけでもとれるか不安日常生活送れなくなる

外した時の周りの反応が怖くてあらゆる外したほうが良いシチュエーションを避けるようになる

酷くなると常に付けてることが気になるようになる

お前は人への共感性にかけたゴミクズ人間なんだから

人に何かアドバイス出来るなんて2度と思うなよ

2020-07-19

コスプレ併せ正直こないでほしい人

メイクが汚い人と併せがしたくない。普通にキャラ汚しだからそもそもしないでほしいしましてや一緒に映るとか嫌すぎる。

カラコンしてない人と併せがしたくない。してない人いたら浮く。たまたまつけれないとかならいいけど普段からつけれない人と併せは絶対無理

ウィッグ下手な人と併せがしたくない。特に男装。一人でする分にはご勝手にどうぞだけど他の人とするのはまじで迷惑。最低限特徴だけ掴んだウィッグ作れ。あと前髪は切れ。

衣装着ただけの人と併せがしたくない。ロリータみたいな衣装着てる人でパニエ履いてないの無理。サイズあってなくてスカート長過ぎる人無理。見た目が悪すぎるから隣に並びたくない。

ブーツがないか靴下パンプスで代わりにしようとする人と併せしたくない。買えないなら最初から併せすんな。ブーツ位買え。同じ衣装なのに一部違うと変でしょどう考えても。変わったデザインならまだ分かるけど無地のブーツ位買ってくれ。

一度上記みたいなメンバーがいる併せ誘われて酷すぎたのでてきとーに言って辞退した。そもそも後で考えたら主催もそれなりだったし切って正解。よくあんなのと併せできるね。私は無理。金貰っても無理。それをネットに載せるのが無理。

2020-07-15

34歳腐女子人生謳歌している話

タイトルを見て、3秒で画面を閉じた方もいるだろうが、そんな方にはお時間をかけさせてすまなかったと思っている。

逆に、タイトルを見て、おや、と思った人もいると思う。

そう、私は、思い切り人の褌で相撲を取ろうとしているのだ。

何番煎じになるかはわからないが、お暇な方は少々お付き合い願いたい。

昨日は一日、32歳腐女子の話や、その友人側の話で持ち切りだった。

どちらの話も、とても興味深く読ませて頂いた。

からこそ、私も、人の褌で相撲を取らせて頂こうと思う。

何故そんなことを思いついたか理由は単純。

34歳腐女子

私が今、思い切り人生謳歌しているかである

私は、人生の2/3を腐女子として過ごしてきた、割と年季の入った筋金入りの腐女子だ。

見た目10秒でオタクだとバレるし、ファッションセンス絶望的。

メイク方法もよくわからないので、めちゃくちゃ濃いかすっぴんかの究極の二択だし、化粧品プチプラ以外持っていない。

しかも、話し始めたと思えばオタク特有早口マシンガントークで、他人ドン引かせる技術には定評がありすぎる。

まあ、よくいるステレオタイプな痛い腐女子想像して頂ければ、これ以上は語る意味を持たない。

ここで、私が他人の褌と言っている、32歳腐女子とその友人の話にほんの少し触れたい。

2つの話には、『30過ぎたら地に足をつけて年相応にふるまうのが常識だ』という共通認識があると思う。

からこそ、32歳腐女子は『自分子供っぽく恥ずかしいことに気づいた』と書かれているし、友人側は『Aはあまりにも幼稚すぎる』と書かれているわけだ。

30を過ぎたら、年相応の洋服を着なければならない。

30を過ぎたら、年相応の化粧品を使わなければならない。

30を過ぎたら、落ち着いた話し方を身につけなければならない。

30を過ぎたら、きちんとした職に就かなければならない。

30を過ぎたら、30を過ぎたら、30を過ぎたら……。

でも、ちょっと待ってほしい。

その共通認識は、本当に正しいのだろうか?

そもそもその常識は、一体誰が決めたものなんだ?

ここからが、私の本題。

はっきり言う。

そんな常識くそくらえ、だ。

何故そこまで私が言いきれるか。

それは、その常識を全て無視して、私が今を謳歌しているかである

私は、まさに32歳の時、髪色を思い切り派手に変えた。

まるでコスプレ用のウィッグのようなピンク色だ。

今では毎月カラフルに色を変えている。

髪に合わせて、メイクだって格段に色が増えた。

30を過ぎた大人らしいベージュなど、パレットの中で一番最後まで残ってしまう。

洋服も、20代のころの私が、『私にこんなかわいい服は似合わないから……』などと言い訳をして着なかったリボンフリルの服をガンガン着ている。

シューズクローゼットハイヒールだらけだし、ネイルは毎月指2センチを超えるスカルプが私の常だ。

勿論、オタ活だって自重しない。

どこまででも遠征するし、金で解決できるものなら全て諭吉解決だ。

(運営の懐に入らない金は使わない主義なので、チケット転売ヤーから買ったりはしない)

薄い本を作るために徹夜するし、好きな作家さんの本が手に入ったら泣きながら拝む。

同じカップリングの仲間と話をすればテンションは爆上がりして、落ち着いた喋り方なんてどこかへ飛んで行ってしまう。

言わずもがなツイッターは常にテンションマックスだ。

そんな私が、きちんとした職についているかと聞かれれば、弱小派遣会社派遣社員で、貯金など雀の涙である

こうして並べると、私は、『痛い』。

そりゃあもう、痛いだろう。

そんなのわざわざ言われなくたって、自分が一番わかっている。

でも、ここで私が言いたいのは、誰になんと蔑まれても、私はめちゃくちゃ今を謳歌している、ということなのだ。

勿論、社会の中で生きている以上、守らなければならないルールというのはある。

例えば、人を傷つけてはいけません、というような、幼稚園で習うようなレベルの。

でも、そういう、最低限守らなければならないルールを越えて、今回の例で言えば年齢なんかにがんじがらめになるのは、もったいないと、私は思う。

私は今、やりたいことをやりたいようにやっている。

誰に笑われようと、私は今、思い切り人生謳歌している。

そういう生き方もあるんだと、誰かに知ってほしくてこの文章を書いた。

もしもこの文章が、色んなことにがんじがらめになって生きづらくなっている人に届いたら、そんなに嬉しいことはない。

それでは、お付き合いありがとうおやすみなさい。

2020-07-14

anond:20200714191144

ひとつ

ステップ1:ヘアウィッグを装着しま

ステップ2:鏡を用意しま

ニッコリ😊

 

ふたつ目

ステップ1:紙と鉛筆を用意しま

ステップ2:彼女を描きます

増田彼女によって多くの人々が救われたハッピーエンド

2020-07-10

アイマスラブライブ声優ライブの違いについてアイマスPが思うこ

これは自分アイマスPだけやってるからかもしれんが、今のアイマス声優ラブライブ声優って求められてるものが違うんだろうなって思う。

アイマスライブは初期の方針ではキャラに寄せなくてもいいということになっていたし、今でもコスプレ要素が衣装以外(髪型とかね)少なめかなと感じる(人にもよるけど)。

キャラ眼鏡でも眼鏡しない人もいれば、キャラ裸眼でも眼鏡を外さない人だっているし。容姿を寄せてくる時もどっちかというと求められてることはキャラになりきることよりも、容姿を寄せることでキャラリスペクトすることなんだろうなという感じがする。

ラブライブは初期はまあアイマスライブとそんなに変わらないかなと思っていたけど、サンシャインになってからウィッグ?地毛染め?かわからないが極度に髪型を寄せたり、ダンス3DCG映像に完全に合わせていたりとキャラになりきることを求められてるのかな?と思う。

正直不自然さが残るCG人間が合わせに行ってるので見てて不安になる時がある。

アイマスは歌重視でラブライブは全体のパフォーマンス重視なのかなというのもある。

アイマスは極力被せってやらないけどラブライブはやっていることあるよね(そのように少なくとも自分パフォーマンスを見てて思った)。

ライブでは両方いいように働くんだろうけど、テレビ露出の時に結構露骨に両方悪い点が出てるなと思った。

比べるとリアルアイドルテレビパフォーマンスちゃんテレビ最適化されてるんだろうなと思う。

ちょっとラブライブサンシャインが立て続けに地上波音楽番組に出ていて、まあダンスパフォーマンスがすごいんだなと思ったし、実際テレビ映えしてた。

多分(自分が見たときは)被せもしくは口パクの時で、その分すごく動くし、声の調子とかも気にならず集中して見られた。

でも、表情が極度に強調されすぎというか、口の動きが明らかに大きすぎるなと思った。

多分あれは口パクか被せで歌<パフォーマンスからそうなってるんだろうなと。

歌のパフォーマンスって確かに口を大きく開けろって指導されることがあるけど、母音がuの時に口を過剰に突き出す表情とかをとても可愛い表情としてやってるとは思えないな。

ちょっと表情作りすぎて(ラブライブミュージカル的側面があるからかもだけれど)、変顔の域になっていないか?と思うこともあった。あとPVの顔の向きとかに合わせてるので視点が合わなくてちょっと怖い。

アイマスはまあ、被せがない証拠と言ったらあれだけどライブでもたまに歌詞飛んだり歌詞間違えたりしてる。

で、しばらく前ようやくテレビに出たわけだけど、まあ見栄えがしない。結構ライブでもゲームでも強い強い言われてるユニットだったしTLではベタ褒めだったけど、結構見てるのが辛かった。

被せじゃないからすごく歌からガチガチに緊張してるんだなっていうのが伝わって、その時は衣装も何故かあんまり派手じゃないタイプ共通衣装だったからよりちょっと見ているのがキツかった。

結構声張れる歌がうまい部類の声優さんが入ってるユニットだったんだけど、まあ声が出てないこと出てないこと。

しかしたらマイクの調整がよろしくなかった可能性もなくはないけれど。

今までなんでラブライブがよくテレビに出ていたのにアイマスは出ないんだ?と思っていたけど正直納得してしまったよね。

よっぽど場慣れしてるかパフォーマンスに全力出せなくても上手いと思えるくらいの歌唱力がないと、生歌はテレビ向きのパフォーマンスじゃない。

まあ何が言いたいかというと、方針が違うであろう2つのジャンルを見て、一般の場でキャラクターのままアーティストとして一般の場に出すのは無理があるんだなと思ったという話。

結局はオタクを揃えたホームグラウンドから成功してるだけなんだよね。コールありき、雰囲気ありき。

アー活がっつりやってる人は今でもテレビに出てたりするけど、その辺が限界

ラブライブテレビに出始めたころは、これからアイマス地上波に出て行ったりするのかな、ってちょっと期待したんだけどな。

追記

見てないってブクマコメで言われてたデレのテレビ出演がここ1年以内のやつを指すなら上記の通りだし、もっと前のおねシンやったときコールありきの現場だったからここでは書いてない。他の一般歌手アイドル同様にライブのような観客サイドからコールとかがない状況でテレビに出たとき露骨に弱点が見えたなって話。それ以外に自分の知らないテレビ露出があったら申し訳ないです。

あとアイマスはどのシリーズかによってだいぶ差があるから〜っていうのも非常にわかる。これは男だけどSideM3rdソロとか人によっては酷かったし(ソロないとはいえ4thはずっとよくなってた)、シャニも上手い子はいれど正直発展途上が過ぎると思う。ASならそういう場でも上手くいくかもしれないけど、それこそ一般の場に出すには年齢的に受けないだろうからなあ……。

さら追記

どちらかといえば比較一般向けの番組で取り上げられた時の話をしたいのであれをこの議論に入れていいのか迷いどころだけど、この間放送したストレイは良かった

2020-07-09

医療関係で働いていたが同僚が民度低かった

同僚は低学歴スキルが低い割にはプライド高く、若い女性を何かにつけdisり、見た目が六角精児に似ているおばさんだった。

六角精児おばさんは学はないが批評家であった。

痣が出る病気ストレス軽減に化粧が有用とか、脱毛患者ストレス緩和のためにウィッグ有効といった論文を見つけ出しては、そんなの分かりきってる、わざわざ論文にすることじゃない、見た目ごまかしてもすぐバレて笑い者とdisっていた。

患者に直接関わらなくとも医療に関わる人間として六角精児おばさんを当時大変軽蔑していた。

最近六角精児を見かけて思い出したので書いた。病気になって苦しんでねーかな。

2020-06-20

ハゲ(女)だけど休みの日に医療用帽子で過ごすのやめたい

何の病気でもないただの薄毛に悩んだ挙げ句坊主頭にしてウィッグ日常生活送ることを選んだ。

仕事や外出時は医療ウィッグ被ってる。最近ヅラはなかなか性能がよく、意外にバレない。

ただ家にいる時ウィッグを被るのが正直めんどくさく(暑いし…)、この前医療用帽子というものを買った。

出かけない休日は一日それで過ごすんだけど…時々やってくる宅配の兄ちゃん視線が辛い。

医療用帽子というのは、抗がん剤治療をされている方がよく被ってるやつだ。頭をすっぽり覆うニット帽の、綿バージョンみたいなやつ。

町中でこの格好をしている女性出会ったら、ガン治療中なのかな?って思う人も多いだろう。自分もそうだったし。実際には色んなケースがあるんだろうけど。

とにかく、こっちはハゲてるだけで健康のものなのに、宅配の兄ちゃん当社比150%で丁寧な対応してくれるため、罪悪感がすごい…。髪を生やしてた時、ヅラの時と比べた体感なので、おそらく気にし過ぎではないだろう。

ちゃんにも申し訳ないし、闘病生活で髪を失くされている方々にも申し訳ないし、とにかくいたたまれない気持ちになる…。

次は休日用にサッと被れる安物のヅラ買おうかな…って思ったって話。

2020-06-16

でかくて長いひとりごと

少し前のMステに鬼滅コスが出てきた。

鬼滅コスTikTok衣装バルーンアートで作った人、名前は忘れたけれど格闘技か何かの世界大会コスプレして出た人だったと思う。世界大会コスプレに寛容なことにびっくりした。そして、勘弁してほしいと思った。

テレビコスプレを流さないでほしいといつも思う。

理由は2つ

1つは私がコスプレを好きではないからだ。

これは自衛しない自分が悪い。地雷を踏んだら黙ってブラウザバックして忘れろ。

もう1つはコスプレが二次創作からだ。

コスプレに限らず二次創作基本的には作者に見逃してもらっているもので、グレーゾーンだということは二次創作をやる人、見る人には必要認識である

見たい人だけが見られるようにしなければいけない。

そんなコスプレを誰でも見ることができるテレビで流すのは良いのか?

住み分けはきちんとするべきではないのか?

と思ってしまう。私は面倒くさい人間だな!

コスプレイヤーの方々には失礼だけれど、とりあえずコスプレはものまね芸人そっくりさんだと思うことにしよう。

追記

まさかこれに反応してくれる人がいると思わなかったから驚いた。

誤解を招く書き方をしてしまった。

誤解を解くために言うと私はコスプレに対して批判的なのではない。

衣装をつくってウィッグをセットして、メイクまでできるのは本当にすごいと思う。

ただ私個人があまりコスプレが好きではないだけ。

どうかと思うのは番組制作サイドの方だ。

同じ二次創作同人誌テレビに出ない。たまにコミケ取材とかでチラッと映ることはあるけれど。

もちろんテレビ同人誌を出せと言っている訳ではない。

それだけはやめてほしい。

うまく文章にできないからこのあたりでやめておく。

それと、「テレビコスプレを流すのをやめてほしい。」ではなく「二次創作物をテレビに流すのをやめてほしい。」に訂正する。

2020-06-07

twstをやってるDオタの話

最近、というかリリースされてからずっとだけど、Twitterでツイステに関する主義主張が流れてくる。反ツイステだったり反『反ツイステ』だったりと色々だが、それを見ていて自分意見したくなったのでここに吐き出させてもらう。

タイトルにDオタと記載したが、Dオタにも種類が沢山ある。私の場合共通年パ持ち、日本フロリダのパークには行った、DisneyDELUXE加入済み、松屋銀座とかでやるディズニーの展示はそこそこ行ってパンフ買う、タイプのDオタだ。ディズニー作品ディズニーのパークの両方がそこそこ好きな人である

それとともに普通オタク(?)でもある。FGOは終局特異点リアタイした。

まり何が言いたいかと言うと、ディズニー作品もパークも好きで、アプリゲーム好きな人間がこれを書いている、ということである

・「本当のハッピーエンドを見せてる」

ツイステのキャッチコピーであるこの言葉原作への冒涜ではないか、という話を聞いた。まあちょっとわかる。ただのゲームでもディズニー公式から出ている作品が「本当の」ハッピーエンドとか言ってしまったら、原作否定になりかねないのではないか。ただ、現在公開されている範囲(4章)でこのキャッチコピーへの言及、あるいは想起させる描写はない。ハッピーエンドが何にかかるのかわからない以上、判断するのは時期早尚だと思う。ただ原作への冒涜だと思われるのは仕方ない。

あと原作の悪が肯定されてるのが無理、という意見には「ツイステッドワンダーランドなので」、としか言いようがない。鏡の向こうの世界示唆されている現状では、原作の悪が肯定されない世界存在する可能性あるし。

・男しかいない

原作には存在する女性ポジション男性で塗り替えているのはミソジニーすら感じる、みたいな主張。言いたいことはわかるけど、これは単純にマーケティング問題だと思う。女性ターゲットにするなら、登場人物は全て男性にした方がわかりやすいし売れるんじゃないだろうか。女性向けで恋愛ゲームではないものの、男性ばかりのゲームは沢山ある。原作があるのにそれを無視して女性存在を消した、ということを問題視されているのはわかるが、需要があったからそうした、ということではないのか。

・パークでの振る舞い

これは正直私が1番危惧していることである。パーク内で痛バを持ち歩いたりグッズを出したりコスプレすることを危惧する人と、それのなにがいけないんだ、という人。がっつり二分化されているなと思う。

痛バもグッズも周りの迷惑になる(写真を撮るために場所を取りまくるとか)のでなければ、いいんじゃないだろうか。たまにディズニーに全く関係ない作品の痛バで来てる人とかいるし。

コスプレ絶対まずい。ソースこちら(https://faq.tokyodisneyresort.jp/tdr/faq_detail.html?id=14148&category=&page=1)。仮装コスプレはこの場合同義だ。公式禁止されていることをやるのはあまりにも愚かすぎる。コスプレイヤーさんならご存知の方もいらっしゃるかもしれないが、とある作品キャラコスプレをしてパークを訪れた人達話題になったことがあった。ぱっと見普通普通服装ウィッグカラコンを着けていたため、エントランスで何も言われなかったか、あるいは言われても私服です、と言ったのだろう。まあアウトですよね。グレーゾーン行為を行うのは、本人たちは楽しんでるかもしれないが、その作品好きな人やパークに来てる人はそうとは限らない。

ツイステは間違いなくディズニー作品なんだしハロウィーン間中ならいいだろう、かというとそうでもない…かもしれない。キングダムハーツキャラクターは去年までは許可されていたので今年もできるだろう。だがツイステは新規作品のため、今年から仮装できるのかどうかわからない。ハロウィーンの告知が来れば対象作品確認できるため、その時期にきちんと確認するかお問い合わせするのが確実だ。

あとこれは完全に私が被害妄想を働かせすぎたやつなのだが、一番パーク内で見たくないのは、パーク内でツイステをこすることである。例えばバンケットホールを見て「ハーツラビュル」、アラビアンコーストを見て「スカラビア」、ホーンテッドマンションを見て「オンボロ寮」、クルエラ様を見て「クルーウェル先生」、なとである。改めて言葉にしてみると被害妄想っぷりに唖然としたが、実際にホーンテッドマンションインスパイアのオンボロ寮寮服とか見てしまったりした(そういったイラストを描いた方を批判しているのではなく、ただ私の地雷だっただけです)。

ヴェネチアを見てメディテレーニアンハーバーと言ったり、エッフェル塔を見て東京タワーと言ったりする感じといえば伝わるだろうか。何言ってんの、と思うし、それではしゃいでたりするのを見るのがきつい。カスバカレーを食べたいが、そこでスカラビアなんて聞こえようものなら二度と行かないかもしれない。

ちなみにここまで完全に想像しかない。なぜならパークが閉園しているから。実際に行けないのでどうなるかはわからない。しかし再開したときに、今想定されているもの杞憂となることを願う。

正直ツイステに嫌悪感を抱くDオタといっても色々いるのだ。作品が好きだから嫌とか、パークが好きだから嫌とか、ファン層が無理とかもあるのではないだろうか。なので確執がなくすのはまず無理だろう。

ただ軽減することは可能だろう。きちんと棲み分けするとか、パークマナーを守るとか。

今騒がれているのは、ツイステが旬ジャンルであることも大きな要因であると感じる。過去の旬ジャンルは客が多い故に荒れていたように感じる。今の人気が少し落ち着いたころには、騒ぎ立てたいだけの人がいなくなってるといいなあ……。

2020-06-05

anond:20200605152325

黒人女性アメリカ人アフリカ人生来アフロヘアを隠して全頭ウィッグつけてる人が多いんだって

日本には黒人の髪質に対応した縮毛矯正や全頭ウィッグ可能美容院が少なくて、来ても日常生活差し支えるんだって

逆にアジア人女性アジア人の硬い髪に対応した美容室アメリカになかったりして髪を切らなくなる→みんな強制的ワンレンロング黒髪になる。

2020-06-01

コスプレになんか救われていたという説

私は制服という概念が好きで、好きなキャラは大体制服を着ている。私服もあると思うけど見たことない。

 

好きなキャラコスプレがしたくてコスプレを始めた。手作りは苦手だからどうしても既製品改造になるけど、好きなキャラの服が現実になるというだけで嬉しかった。

それを着た時、私はそのキャラのように動いて、振舞うことができた。例えるなら、お酒を飲んでほどよく羽目を外すような感じ。

人に触られるのは嫌いだけど、コスプレの時は我慢できる。ちょっと心が強く振る舞える。そんな感じ。

スタジオ撮影はあまりやったことがない。宅コスというのも厳しい。

イベントに好きなキャラを持ち込める喜びが勝っていたので、9割はイベントコスプレをしていた。

そのうちリアルの知り合いもいることに気づいたので、リアル対策目的コスプレをするようになった。

 

コロナ流行って、急にコスプレの予定がなくなった。たぶん、4月に入れていたと思う。3月くらいに「無理」と分かったショックでその予定のことも、何のコスプレをしようとしたかも忘れてしまった。

予定を過ぎてから、新しい衣装が届いた。いまだにウィッグも小物も作っていない。材料はある。

 

演じるということは大事なことだと、学校先生に言われたことを思い出す。

家族自分仕事自分趣味自分に分けることは大切だって

趣味の私があったから、今まで仕事家族バランスよくやってこれたのかもしれない。

それにしてもコスプレがしたい。

anond:20200531180700

日本は頭髪全剃りをデフォにしてウィッグファッション文化にすることができる素地のある唯一の国だ

それを達成した暁には、欧米人からジャパニーズは頭剃ってるくせに腋やアソコはボーボーだよな」と笑われるべきなのだ

2020-05-28

女のやってるメイクというものを男の俺もやってみることにした

今まで生きてきてメイクなんてもちろんやったことないので、ネット適当に「男の娘 初心者 コスメ」とかで検索して情報を集める

最初amazonで買うことも検討してたんだけど、amazonで売ってるコスメで一式揃えようとすると安物でも軽く1万くらいするので諦めた

毎日使うんならそれなりに金かけてもいいけど、とりあえず試しにやってみるくらいのノリで1万かかるのはちょっときつい

そういうわけでダイソー突撃することにした

スマホ片手にコスメ売り場をうろうろしながらたどたどしい手付きでコスメを買い物かごに入れていく

できるだけ人が少ない時間帯を狙ってみたんだけどそれでもたまに女性客はやってくる

俺などいないものとして普通に買い物してる人もいれば、俺の姿を見るや否やえらい勢いで踵を返してどっかに行ってしまう人もいた

正直すまんかった

できるだけ素早く買い物を終わらせようと努力はしたんだが、コスメ売り場に来るのなんて初めてなのでどこに何があるのかわからん

パッケージとか商品名見てもやたらシャレオツ名前や姿かたちになっててどれが何なのかわかりにくい

それでも何とか一通りのコスメを買い揃えることができた

占めて1500円くらいだったと思う

安いな

そんで帰宅してから人生メイクをやってみた

化粧水とか乳液普段使いしてる安物で済ます

化粧下地適当にぬりぬりしてからリキッドファンデーション刷毛みたいなやつでぬりぬりする

最初土気色みたいになって大丈夫かこれと思ったけどさら刷毛で伸ばしていくとそれなりにいい感じになった

仕上げにフェースパウダーかいうやつをまぶしてみるとなおいいようだ

俺は肌があんまり綺麗な方じゃなくて毛穴がやや目立ちがちだったんだが、これをするとなかなか綺麗な肌になってちょっと楽しい

ただヒゲを隠すのは難しくてコンシーラーでやってもうまくいか

赤い口紅を塗りたくってからコンシーラーで隠すといいという噂を聞いたが本当かはわからん

仕方ないのでマスクで隠すことにする

肌ができたので次は目だ

これはなかなか難しい

俺の二重は自前なので作業自体はおそらく比較的やりやすいはずなのだが、眉とか目元とかはちょっと手を加えただけで印象がガラッと変わってしま

もちろんこれは男女に共通する真理ではあるのだが、女の場合アイライナーやらアイシャドウやらアイブロウやらややこしいあれこれを多数駆使せなあかんので余計に気を遣う

目元のお絵かきができたら最大の難関、まつげだ

まつげはマスカラつけまつげ武装するんだが、マスカラぬりぬりしてるとあれたまに目に入ってめっちゃ痛い

下手したら目になんか障害残りそうで怖い

女は日々失明の恐怖と戦いながらメイクをしているんだろうか

そしてつけまつげもむずい

鏡で反転してるからつけまつげの向きがおかしくなったりのりが目に入ったりする

うまくつけられずに落としてしまって探していると一瞬「なんやこれゲジゲジか!?」みたいになる

まつげはほんまトラウマになった

最後に軽くリップ塗ってようやくメイク終了

自撮りしてみたところそこそこのイケメンになった

ちょっと肌綺麗にして目元に手を入れるだけでも十分いい効果を得られるんじゃないかと思う

あと自分の顔がどんどんきれいになっていくのをリアルタイムで見ていると、もっとれいになりたいという気持ちが湧いてくるのに気づいた

こういう心理は女特有のものではないのかもしれない

まあ俺も美容院行ったりいい服買って鏡みるのは楽しいのでそれの延長線上にある心理なのかもしれない

何だかんだ言ってわりと楽しかったので今度はウィッグも買って本格的に女の子っぽいメイクに挑戦しようと思う

メイクは1500円で新しい世界を知れてそれなりに楽しめるコンテンツなので暇があったら試してみてもいいんじゃないかね

2020-05-18

風俗で満たされていたこ

ここのところ風俗に行ってなかったので、もう行かずに済むように風俗で何が満たされてたのか考えて対策的なものメモしておく。

破産したり、のめりこんだりせず、上手に付き合っていけば風俗は本当に面白い娯楽だと思う。

だが、最近やりたいことは一巡してしまった気もするし、値段が高くコスパが悪いと思う。

あと、仕事してるときに、安易に「この案件片付けたら風俗行くぞ」的なモチベーションしか感じなくなってきたので、もっと楽しみを分散したい。

風俗関連の情報にうっかり触れると、行きたくなってしまうので、もう見ない。特に体験談想像力を掻き立てられるのでダメ


始めて風俗女の子に触ったときの衝撃は今でも忘れない。

五感すべてに流れ込む情報が新しかった。

これまで文字で読んで、映像で見て、聴いて、想像してた行為自分体験として感じられる喜びは素晴らしかった。

だけれど、最近テンプレ化したプレイ淡々とこなされているだけな気がして、次はコレと予想できてしまって面白くない。

これについては新しい趣味開拓していけば得られそう。

ところで、セーラー服スカートにはポケットがあるんだぜ。プレイ中に何度も手を突っ込んでしまったけど大丈夫だったのかな。

  • 母に甘えるように甘えたい

正直に言って、ギュッ女の子に抱き着き胸に顔を埋めると、何物にも代えがたい安心感を感じていた。

ずっと謎だったのだけれど、ふと思い出がよみがえってきた。

幼少期に、行きたくない学校キャンプから帰って母の胸で号泣し、ヨシヨシと頭を撫でてくれたことを思い出した。

ああ、悲しいもので、どうして大人になると、そうしてもらえなくなるのか。

普通大人は、もう母に抱かれたいと思わないのか。あるいは別の方法で満たされる方法を知っているのか。

ふと、モフモフな犬を触ったときに、女の子に触れるのと同じタイプのドキドキを感じたので、犬を飼うのは無理でも猫カフェにでもいってみようか。

単純にさ、好きなAVで見たことをファンタジーとわかっていてもやってみたかったわけよ。

まず、M系のプレイ

女の子が辛そうなのは苦手で、逆に平手で僕の尻を叩いてもらったり、顔面に馬乗りになってもらったりした。

しかった。直接気持ちいことだけが快感じゃないんだなってわかってんだ。

現在、このプレイをしなきゃというものはなし。

あと、これが一番大好きなんだけど、女の子アニメ系のコスプレをしてもらうこと。

いやさあ、コスプレ衣装ってかわいいよね。コスプレAV元ネタを当てるためにアニメ見てるよ。

そんなにキャラ思い入れがあるわけでもないけど、かわいい衣装ウィッグを被ってカラコンを付けれもらうと物凄く興奮する。

たぶん、そういうAVを見まくったせいで条件付け(パブロフのち〇ち〇)になったんだと思う。実家普通テレビを見てて、コスプレイヤーが出てくると変な汗が出る。

実は、コスプレしてもうときクライマックスは、全裸から衣装に着替えるとき。全部着てもらって、女の子にクルッと回ってもらうと、もうまんぞくだったりする。

ある程度色々なプレイをしてみたことで、ほとんどのプレイ精神的満足感なんだなってわかったので、ある程度妄想でもいい気がする。

コスプレについては結局のところ、かわいい女の子衣装が好きなので写真でもいいかなって思う。いつか衣装を作ってドールに着せたい願望はあるけど、解決になってない気がする。


単純にきれいな女性を直に見ることが楽しかった。

裸体はミロのヴィーナスのように美しくてうっとりした。

だけど裸体と性欲は複雑に絡み合っているから難しい。

かわいい女の子はいくら見ても、充実感が満ちてくるわけじゃない。

悲しいよな、どんな美人でも抱き着いたら顔は見えないんだぜ。

少ない情報から風俗嬢がどんな子か予想し、それが当たって美人だったり優しかったりすると、これがすごくうれしい。外れたりするとバカらしくなる。一度だけ、そんな負けを取り返すために二日連続風俗に行ったことがあって、すごく後悔した。

ギャンブルにしたって一回の掛け金が数万円になるっていうのは、あまりにも酷いじゃないか

今後は食べログtwitter空間を駆使して、おいしい飯屋を探してギャンブルすることにしよう。

休日テーマパークに行くように、ライブが生きがいというオタクのように、風俗店で「初めまして」からさようならまで」現実を忘れて夢の中に居たいんだ。

だけどさ、非日常は辛い日常の埋め合わせにならないんだよ。

まず、現実逃避していいときダメときを見極める目をもちたいし、現実逃避の方法は他にいくらでもある気がする。


他愛のないことでも、若い女の子と会話すると、頭の中が清々しい気持ちになるのはなぜだろう。

だけど、たいてい女の子とはうまく会話できないので、オバサンの会話に相槌を打っているほうが楽だったりする。

これは、とにかくさりげなく会話がしたいだけなので、結構風俗以外でも満たされそう。

単純に、肉体が気持ちいいんだよね。

これには対抗策があって、まあこれから時代アナルかな。

道半ばだけれど、アナル前立腺快楽には無限可能性があると思っている。

こうやって、僕の欲望を整理してみると、なんだかすっきりしたよ。

2020-05-14

コスプレ物のAVとかで脱がすなって言うじゃん

自分第三者だったら絶対脱がすなって言うけど、マジで盛り上がってきたら衣装邪魔になりそうだけどそうでもないんかな


あ、でも靴下ウィッグそのままでしたい気がする

2020-05-04

とりあえずある程度精神が落ち着いてきたので、増田に吐き出しておく。

正直さっきの出来事全然整理できてないし、とにかく混乱してて吐き出すことしかできないけれど、Twitterに書くにしては頭がおかしなったと思われそうなので、それは辞めておくことにする。

10時頃に帰宅して部屋の中に入ったときはいつもと同じだった。

鍵も普通にかかっていたし、玄関の様子も何も変わってなかった。

部屋に入りかかってから部屋の隅にたくさんの毛が落ちていることに気がついた。

最初に気がついたときには、変な感じはしたけど、それは驚いたとか、叫びだすとか、そういうことではない。

同じくらいの年代の人はわかると思うけど、学生時代ウィッグ流行ったりしていて、自分もその頃のウィッグがいくつかあったし、社会人になってからも買い集めていた。

最近はそういうの集める年頃でもないな。という感じになって、ちょうど昨日、要らないウィッグをまとめてゴミ袋に入れておいていた。

それが袋がなくなっていて、ウィッグが外に出て、散らばっているだけ、なので、

まぁ不思議だし、気持ち悪いなとも、少しは感じたけど、その時の感情はそれくらいだった。

ただ次の瞬間目玉を見るまでは、とくになにも考えていなかったと思う。

その毛むくじゃらの山の中に明らかに動物特有の眼球らしきものを見てしまった。というか動いていてこちらを見つめてきた。つまり目があった。

こぶし大かそれより一回り小さいくらいの白い球体には黒い丸があって、表面は保護特有の透明度のある艶が、蛍光灯の光を照り返していた。

間違いなく意思を持った生き物の存在を感じて、次の瞬間には叫びだして一目散に逃げ出していた。

直後のことはあまり覚えていないが、サンダルを履く了見はあったみたいで、もしかしたら鍵もちゃんとかけて逃げ出したのかもしれない。

ここ数時間記憶あやふやで、ずっとさっきの部屋での光景が頭の中で繰り返しぐるぐる巡っていた。

とにかく心臓が爆発するような鼓動を繰り返していて、今まで来てきた中でこんなに鼓動が止まらなかったことはなく、倒れてしまうのではないかという恐怖さえあったけど、とりあえず収まるまでずっと近所の周辺をうろついていた。

いまは公園に一人座っていて、やっと精神状態が落ち着いたので、とはいえまだまだ混乱しているので、状況整理のために増田を書いている。

そして、帰れる気がしない!終わった!

悪魔、毛むくじゃら、ぺったんこ

とかでググってもそれっぽいのは見当たらない。

出来損ないのムックか。

少なくともウィッグと同じ色の人間っぽい黒い毛は本当に怖いのでやめてほしい。

ピンクとか買っとけばよかった。

2020-05-02

レイヤーは囲みの夢を見るか

本当なら今日からコミケが始まっていて、本当なら自分は始発参加して、本当ならあの子の夢を叶えていた(はず)。

地方大学のよくある末期的オタサー彼女が来たのは去年だった。サークラオタサーの姫目的ではなく、"居心地のいい距離感の居場所"を求めていたのだということは醸し出す雰囲気から存分に分かったし、活動らしい活動はあってないようなオタサーだったか普通に受け入れられた。要はそんなオタク達が取り敢えず籍を置いておく、幽霊部員上等な末期的オタサーだ。

彼女の今年の夢はコミケで巨大囲みを作ることだそうだ。なんでそんな無意味な夢をと問うと、これからきっと就職活動自己肯定感が削られるから限界まで自己肯定感を高めておきたいのだと冗談紛れに言ってのけた。

サークル内でコスプレカメラマンをやっているのが自分だけであることもあり昨年末コミケで手伝ったが、彼女は良くも悪くも"コミケによく居るレイヤーの一人"である行列ができるときは5、6人は並ぶが囲みが必要なほどの人数になる事は無い。データを送ってくるのは数人居れば御の字。Twitterコス垢のフォロワも数百人。

しかし、時流を外していても好きなキャラになろうと衣装製作メイク練習を繰り返し努力した彼女の姿を見てしまたこともあり、(本当の理由は分からないが)何とか叶えたいと思った。


コミケコスプレ広場で囲みを作る、即ちカメコの注目を集める戦略は幾つかある。

有名レイヤーになる

目安:Twitterフォロワ1万人以上。重厚な囲みを形成する一方、視線を向けるだけで紅海を割ったモーセの如く道を作ってしまうという。

造形に凝る

武器や鎧、特に大型の造形は目立つ上に、「取り敢えず撮っておこう」勢が足を止める。しか彼女自分もそこまでの造形能力は無い。

流行作のコスプレ

ライバルも多いが流行作ということで目を止めてくれる人は非常に多い。

肌色を多くする

キャラに即したもの以上に肌色を多くする捨て身。ローアングラーと呼ばれる底辺族が最前に湧いてくる上に、一度肌を見せるとそういうレイヤーだというスティグマが刻まれる。

よって現実的可能方法は自ずと決まった。

別に流行っているからというだけでなく、作品としても面白いのは事実。ただ、好きなキャラが誰かというのは彼女とは意見を異にした。おかしい、なんで一花お姉さんの人気が無いのだ。

制服アレンジで何人かできるのも地味にメリットがある。さすがに4人分は厳しいが2人ないし3人分は作れるかもしれない。

自分にできることは、自撮りしたメイクウィッグについて良し悪しを言うこと程度だったが、「なんとなくいけそうかも?」みたいな雰囲気が楽しかった。


そして襲ってきたコロナ

多分彼女は今回を引退の機会と考えていたんだと思う。

最後にもう一度、写真に収めたかった。

2020-04-26

anond:20200426120712

最近スキンヘッドにしてその後1カ月ぐらい坊主だったけど普通に快適だし小顔に見えてかっこいいし良かったよ。ワンピースは全く似合わなくなるけどそういう服着たい時だけウィッグ被れば問題無かった

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん