「宇宙一」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 宇宙一とは

2019-08-06

結局ガソリン撒かないんだな

所詮その程度なんだな、お前らの勝ち組への殺意って。

安心した。

もう30年ぐらいはしゃぶれそう。

本当、宇宙一奴隷に向いてる民族とはよくいったもんだわ☺

2019-07-16

anond:20190716190800

うおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!

宇宙一って言われるのは嬉しい!!!!!!!!

やっぱり俺こそ最大最強って気分になれる!

いやー!すっきりした。ありがとう

一生懸命考えているのにやっぱりダメだしばかりだ

あることに対して、助言を受け取って必死になって考えている。

そして自信がついたのでこれならいける!と思うと

またダメだしされる。

これが永久に続くんじゃないかと思うと、くやしくてたまらないのと

なんでこんなにやったのにうまくいかないんだよと怒りに満ち溢れてくるのと

じゃあどうすればいいんだよと、何かに八つ当たりしたくなってくる。

どうすれば、完璧だよ!とか究極だよ!とかよっ宇宙一って言われるようになるのかと

意識しているのに、どうもうまくいかない。

真面目にやった結果がどうしてこうなるんだろうとか本当に嫌になってくる。

あーどうしてうまくいかないんだよ!!!

2019-06-08

プロメアをみた

めっちゃいろんな美味しい味がする!!!!すごい!!!すごいな!!!えっなにでもこれ飲み込めない!めっちゃのどにつまる!!!なにこれ!!!美味しいのに飲み込めない苦しい!!!ってなって涙目になった。なんで飲み込めないのかって考えたんだけど、やっぱ主人公の「みんなを救う」っていう見得なんだよな。みんなを救うっていうのはやっぱ不可能なことだから狂気はらむ。その狂気には触れないでケンシカワ感があるのがすごい違和感だって石川賢キャラが「地球を救う」って言ったらだいたい地球は救うけどそれ以外のものはどうなってもしらんっていう狂気を孕んでるじゃん。それって人間にできる範囲をどう切り取るかじゃん。いや、中島先生石川賢と同じことをしろと言ってる訳じゃない。石川賢を読み、深くリスペクトし、その上で俺はこう描くと決めて作品を書いてるわけだから、そこを否定したいわけじゃない。でもガロはみんなを救うって言ってて、作品人間限界をないと定めてるにもかかわらず、なかに普通の人がいるの知っててガンガン船橋部分ぶっ叩くのはヘンじゃん。案の定普通の人はなんの尊厳もなくめっちゃ吹っ飛ばされてんじゃん普通首の骨折って死ぬじゃんそんなの。いや、中島かずき宇宙では人間あの程度のことで死なないんだと思うんだけど、大事にしないのに守るってどういうことなのって思うじゃん。あんな高いとこから打ち落とされて、マクロの空を貫く宇宙戦に乗ってた一万人はどーなったのって思うじゃんマクロだって変形の時は市民に連絡してたのに!!!まあ連絡したからってどーやってショックアブソーブして市民を守ってたかは知らんけど!!!まあマクロス的な宇宙船の中にはいってた多くの人はポッドの中で守られてて大丈夫だったとしよう。そこはそう落ち着けよう。そこに堺雅人の怪演ですよ。これがまた厄介で、うますぎてまたあじわいをくわえちゃってんのよ。これが舞台ならいいんだ。あれは表現限界があって、その他大勢の人を描けない。そこでみんなを守るって言っても舞台上の人数くらいだし見てる方も体感としてわかりづらいから概ね「お前と俺」の話になる。だから新感線の芝居は飲み込める。でもアニメは変に一般人を、世界を見せてくるのでもうめっちゃ気になる。子供向けアニメは言うても味わいが単調だからそういうものとして飲み込めるんだけど、プロメアはもうめっちゃ色んなあじがする。モスピーダ的な装着ロボット歌舞伎的な見得わたしにいい考えがあってこんなこともあろうかと用意されたアニメ的なお約束もポップな音楽も上手い声優ケンシカワ的な表情も巨大ロボット肉弾戦も変形ロボットエアブラシで描かれたっぽい70年代感ある電脳空間の生き物もBLもまつろわぬものたちも素晴らしい動きの戦闘シーンも思想対立もいい感じに配置された脇キャラもそのほか色々色々。だから余計に気になるんですよ、ほら火消し+冷静メガネめ組の大吾だけど、あの作品曽田先生も描いてたようにみんなを救う英雄は狂ってるし最終的にめっちゃ孤独になるこの世から浮いてしまう。そんなガロの魂をだれがすくうの?あっリオ君?リオくんなの?デビルマンの明と了みたいに?ガロの躯の横に座ったリオ君が「お前はほんとうに宇宙バカな火消しだな」とか言ってひとすじ美しい涙を見せるの?世界ガロを捨てたのに、でもガロはその世界を何より愛していたから憎むこともできないとしたら、それは了よりつらいんじゃないの?????ひどくない?????中島先生ひどくない???そんなことにならないよう気のいい仲間たちがいるのはわかってんだけど!

痛快娯楽作品として提供されてるんだから痛快娯楽作品として消費すりゃーいいんだけどなんかもーーーーーーわーーーーーもーーーーー!もーーーーー!ってかんじでカードクレイでした。つかれた。ねる。

2019-05-04

描いた物に感想を貰ったり、送ったり。

同人活動しているので、定期的に描いた作品に対して感想を頂く。

どんな一言でも嬉しいのだけど、自分の気が向かないときにはどんな内容だろうと「ありがとうございます」の一言すら返事が出来ないことがあって心苦しい。あと、どんなに長文で頂いて嬉しくても「ありがとうございます」以上の気の利いた言葉が何も出てこないときとか。

逆に、筆が乗ったときはつらつらとお返事を書いてしまうこともある。そこに特に差別意識はないんだけど、端から見たら嬉しい感想と嬉しくない感想を選別しているように見えてしまうんだろうか。

Twitterしかコンタクトを取れない時代は難しい。返事は気まぐれです、と前置いていても、その気まぐれが第三者から確認できてしまう。

マシュマロみたいな匿名感想サービスもいいんだけど、本当にクローズドな、匿名なんだけど本人に確実に返信ができて他の方には見えないサービスがあればいいのになって思う。

自分もよく感想を人に送るけど、返信は強要したくない、でも応援してるって好意は伝えたい、どうすれば…って悩んでしまう。DMメールちょっと重い、マシュマロみたいな匿名サービスで記名するのもなんだかな、って思って。

なんだかんだ気楽さでいけばイベントで名乗ってお手紙を渡すのが一番なのだろうな。私ももらう立場だと楽だし、手紙嬉しい。読んだあとも、Twitterでお手紙ありがとう〜!読みました!って報告するだけで伝わるし、お返事返したかったらDMで返してもいい。誰も傷つけないし無記名の方にも読んだよって伝えられるし。

色々と考えるけど、感想への返事って宇宙一難しいなーって話です。期待通り返事できなかったり、そもそも返事できなかったり、気が利いてなくてすみません

りある時間の中で創作交流もどっちも楽しむって大変だなー。というただの一作家ひとりごとでした。

2019-03-30

日本一意味

俺は、日本国内で一番という意味じゃなく、日本こそが世界各国の中で一番という意味で捉えていたのだが

それを言うなら世界一と言うべきと指摘されて、世界一というと異次元世界とかも含まれるんじゃないのかという葛藤に悩まされた。

かといって世界各国一とか地球一とかいうとなんかこれじゃない感がでてきて嫌だなあって思う。

そもそも日本国内で一番というなら全国一という言い方があるのだから、やはり日本一はこの地球上にある国の中で日本こそが一番という意味で正しいんじゃないかと主張したい。

ちなみに宇宙一というと未知の国が含まれしまうと思うので、そんな認識されない(できない)国を差し置いて

勝手に名乗りだけあげるのは小っ恥ずかしいのでできれば辞めたいのである

以上。

2019-02-07

道民が歌ってしまフレーズ

まだありそう

2018-12-11

『来る』をとにかく見て欲しい

いや、マジで面白かったんですよ、『来る』。

でも、見てない人というか、本編見ずに外から見た限りでは「今時単なるホラーか…」と思われてんだろうな…というか自分も見る前はそうだったし…。

しかしまあ、予想外というか予想通りにというか、全然そんなよくある感じの凡百ホラー映画では全くなかったので、今回ここでその真の魅力が伝わるように、興奮冷めやらぬ内に感想を書き殴らせてください。

あと、そのためにここからまあまあガンガン本編のネタバレも盛り込んでいかざるを得ないんですけども、まあネタバレされて面白さが減るという映画でもないと個人的には思いますし、この映画ネタバレなしで見たいと思うような人ならとっくの昔に自分意志で見に行っているだろうとも思いますし、大体の二の足踏んでるか興味がない人にはがっつりネタバレしないとこの映画の一番興味を持ってもらえるだろう部分が伝えられないと思うので、そこら辺御了承の上で以下から読んでください。

まずなんでしょうねこ映画ジャンル分けするとしたら単なる「ホラー映画」というよりも「スタイリッシュハードボイルドホラーアクション」です。

ウソアクションというのはちょっと盛りました。

でも、スタイリッシュハードボイルドホラーなのはマジです。ガチです。

そうジャンル分けした理由説明するためにも、とりあえず簡単なあらすじなんかと共にこの映画面白い部分を紹介していきたいと思います

でもなー、ぶっちゃけ序盤かなりつまんない…とまでは言わないんですけど、ペース遅くてキツいんですよねこ映画……。

とにかくまあ、ざっくり説明すると、とある新婚かつ二歳の娘を持つごく普通の家庭が不可解な怪異によって崩壊していくのがまず第一部なんですが。

このパートで描かれる「ごく普通人生」というものの生々しさがもう凄いんです。すっごいキツい。

まず妻夫木聡演じる「今時のSNSによくいる感じの男」が本当にキツい。

極々普通のどこにでもあるような田舎のそこそこいい家に生まれて、ただただ一般的かつ真っ当な人生を歩んできて、そこそこいい会社に入り、そこそこの女とまともな結婚をしてまともに子供も出来てまともな家庭を築くという、本当にこれこそ日本中央値みたいな人生をまあ恐ろしい程の生々しさで描いてくる。

これは多分人によっては描写の嫌なリアルさとかも含めて相当キツいし退屈だと思います

実際自分も序盤20分ほどこれを見せられている時はチラッと帰ろうかなという思考が過ぎった程に生々しいつらさがありました。

しか安心してください。最終的にこの異様な程の怪演っぷりを見せるSNSによくいる男こと妻夫木聡はこの先もうホント無惨に死にますから

というよりも、こういう家庭が徐々に忍び寄る怪異によって崩壊していく辺りもそれはそれで面白かったりもするんですよ。

まあとにかくそんな感じで、徐々に周囲に不可解な現象が増え、家庭内不和や異常が発生し始めたことで初めて妻夫木他人に助けを求めます

そこで友人に紹介されて出てくるのはやたらアウトロー雰囲気を漂わせるフリーライター岡田准一と、明らかメンヘラビッチスタイルキャバ嬢霊媒師小松菜奈

まずここで結構勘のいい人なら「ん?」となるかと思います自分も完全に「ん?」となりました。

そして、ここら辺から徐々に映画本編の雰囲気も変わり始めます

しかし、残念なことにこのかなり惹かれる感じの雰囲気を漂わせるキャバ嬢霊媒師は、見た目と設定に反して完全な雑魚なので怪異祓いきれずに更に別の助けを求めることとなります

そして次に出てくるのが片目が潰れ、ホームレス一歩手前みたいな雰囲気を漂わせる元テレタレント的な霊媒師でもあった柴田理恵

この人も相当怪演で、というかこの映画出てくる人達全員マジで演技が凄いんですけども、その中でもトップスリーに入るくらいヤバい柴田理恵です。

そんな只者ではない雰囲気を漂わせる柴田理恵とその辺の中華定食屋対策を話し合おうとするんですが、何とそこにいきなり姿の見えない怪異がやってくる。

そして公衆面前でいきなり片腕を斬り飛ばされる柴田理恵こちらの想定以上に相手ヤバいヤツでした。

「マジ!?」といきなりの急展開についていけない我々を尻目に映画は急にアクセルを吹かして猛加速を始めます

実家である新築マンションに残してきた家族が危ない。家族を守るために妻夫木は家に戻って怪異に立ち向かおうとしますが、アッサリと返り討ち

結構レベル悲惨な殺されっぷりを晒ししまったところで第一部は終了します。

そして映画はここから第二部へ。そこまでの急加速からしばしスローダウンして残された妻夫木の妻子の陰鬱シングルマザー生活が始まります

時もあれから一年後へと移っているのですが、事件はまだ解決はしていませんでした。

まあ一部と同じくやたら生々しいシングルマザーの生きづらさ描写を挟みつつも、怪異の影響を未だに気にしている岡田准一キャバ嬢霊媒師が何とか彼女達を支えようと頑張ります

頑張りますが、やはり彼らの手に負えるようなレベルではなく、父親の次は娘を狙う怪異キャバ嬢霊媒師撃退されて重傷。

そして母親も無惨に殺され、娘は怪異に連れ去られてしまます

何も出来なかった岡田准一は何とかキャバ嬢を助け出して第二部終了です。

そして映画は最終部、かつここからが真の本編と言って過言ではない部分へと突入していきます

一部の妻夫木、二部の母を経て、ここから主人公アウトローフリーライターこと岡田准一へと移ってきます

というか、スタッフロールの順番的にも岡田准一最初から普通主人公のはずなのですが、初登場がとにかくスルッと怪しい脇役のような体で入ってくるのでここに至るまで全然主人公だとは思っていませんでした。

そんな、キャバ嬢霊媒師を助け出して病院で付き添う岡田准一の前に、突如キャバ嬢霊媒師の姉を名乗る黒ずくめかつ黒髪ストレートの怪しい女が現れます

この女こそが! この映画面白い部分がギュッと凝縮されて塊になったような存在こと超凄腕霊媒師松たか子なのです!

そしてこの明らかに圧倒的な強者雰囲気を漂わせまくる松たか子の登場を発端に、映画本編も完全にスタイリッシュハードボイルドホラーへとギアを入れ替えます

そう、もうこれが言いたいというか、これだけが言いたくて、紹介したくてこれを書いていると言っていいくらいにとにかくもうこの凄腕霊媒師松たか子メチャクチャカッコいいんですよ!!

それに映画本編もここからずっともう松たか子がカッコいいだけの描写をひたすら繰り返していくんですよ。

もうとにかく例を挙げればキリがない。

まず黒ずくめにコートを着て黒髪ストレートサングラスをかけ、それを外した左眼には引き攣れたような傷のある、病人のような白い肌の松たか子。この時点でもうキャラデザが120点。

その松たか子が終始抑揚のない喋り方をしつつ、とにかく煙草を吸う、吸う、吸いまくる!

あまつさえその煙草の煙を吹きかけることで除霊をする!

そしてこの松たか子宇宙一かっこよく病院食堂ラーメンを啜る!

底知れぬ権力との繋がりを匂わせつつ怪異との対決の準備を進める!

その合間に岡田准一が色々あってやさぐれる

そして病院の待合フロア松たか子スマホKOFプレイしつつ岡田准一の買ってきた缶ビールをグビグビ飲む!

松たか子招集怪異との対決のために日本全国から霊能者が呼び寄せられる!

そんな中でかなりの実力者である雰囲気を纏っていた沖縄巫女集団ババアいきなり全滅!

相手が相当の強敵であることを認めて身を引き締め、散らばって現場を目指す霊能者達!

かつて片腕を奪われながらも、再び怪異との対決に臨む柴田理恵

松たか子の指示で原因となったマンションの前にセッティングされる大がかりな神楽殿と祭壇!

科学分析班なども加えて、まるで双亡亭壊すべしのような雰囲気を漂わせながら松たか子率いる霊能者集団怪異との対決が遂に始まる――!

とまあ、映画本編のあらすじの紹介は一応ここまでとしておきましょう。

勿論この後もあまりにもキレが良すぎる松たか子チョッピングライト松たか子タックルなど見所を挙げればキリがないのですが、そこら辺は実際に見ることで映画の結末と共に確認していただければと思います

さて、これらの語り口の熱量の差からもうおわかりいただているかと思いますが、この映画はそんな風にもうとにかくスタリッシュかつハードボイルド松たか子を堪能する映画なんですよ。

いや、勿論他にも色々と面白いと思った部分もありますよ?

でも、一番の魅力であり見所は何なのかと言われたらやっぱりもう完全に松たか子なんですよ。

うそれくらい本当にカッコいいんですよこの松たか子。こんなもん、反則ですよ。

こんなんオタクならみんな好きになって当たり前みたいな要素だけで作られてるんですよこの松たか子

自分がもしオタク女子中学生だったらこ映画見た明日からもうこの松たか子の真似をして生きるだろうと思ってしまうくらい罪深いほどのスタイリッシュさなんですよ。

あと片腕を失いつつも戦場へ戻ってきた柴田理恵。そしてキャバ嬢霊媒師こと小松菜奈。あと岡田准一

とにかくそんなバッキバキに立ったメインキャラクター達がただただ素晴らしい。それだけで見て後悔はない程の味がある。

そしてそれを支えるバキッとした画作りみたいなのも凄いんですよねこ映画

マンションの前に大がかりな工事で築かれるお祓い専用簡易神社とか、カプセルホテルでスタンバる神主達とか。

とにかく色々なシーンが独特のスタイリッシュさを醸しつつキマっている。

そこら辺もかなり刺さる人にはグッサリと刺さるだろうくらいにいい画がたくさんあります

ストーリーも、同じようにメインのキャラ立ちで惹きつけるものがありつつも若干のギャグっぽさがあった貞伽椰に対して、終始シリアスかつカッチリしてるのでよりメインである霊媒師達のカッコよさみたいなのが際立っていて良かったかなとも思います

まあ、そんな感じで、とにかく実はキャラ映画なんですよね、『来る』。

どこにでもよくある家族怪異に巻き込まれて恐怖するような映画ではなくて、しっかりとした魅力的なキャラクターの活躍面白映画なんです。

夜も眠れない程のホラーというわけでもなく、基本的に強いヤツらが強い怪異ガチンコで戦う映画なんですよ。

映像的にもビックリ方面ギミックは少なくて、そこら辺苦手な人にも安心かと思いますし。

から、是非ともこれまでに書いてきたキャラクター達のどれか一人でも、というか殆ど松たか子柴田理恵のことしか書いてないですが、それが刺さったならば是非とも映画館へ見に行ってください。

そこに惹かれたならば絶対に後悔はしないと思いますので。ええもう、絶対に。

そして、何とか興行的にいい成績を残させて、続編が作れるようにしてください!

いやもう、絶対勿体ないですもんこの松たか子をここで終わらせちゃうの。もっと見ていたいんですよ、このキャラクター達。

是非ともまあ、そんな感じで『来る』をお願いします。

そしてイラストとか二次創作かめっちゃ増えてくれたらいいな!!って!!

2018-05-28

anond:20180528110606

宇宙一かわいくて奇跡実体化したような子の子育てで癒しストレスとどっちが上回るかって話でしょ。

あれだね。このおっさんはいいとこ取りだけして子育ての面倒ごとは全部母親押し付けてるんだね

anond:20180528020329

釣りかな、茶化そうかなと思ったけどマジの可能性もあるのでマジレス

宇宙一可愛い子供と一緒に過ごすのが癒しよりもストレスになって疲弊するのなら、接し方が間違っているのでは。

頑張りすぎてるんじゃない?もっと雑に子育てしてみては?解決策が「他人に預ける」ってなるのはどうも本末転倒な気がする。

anond:20180528020329

押し付け合いしながら「宇宙一可愛い奇跡」もねえもんだw

項目分けしてるのに文章やたら読みにくいし

なんか頭悪そうな奴だな

仕事休みの日に、子供保育園に預けに行ったら、文句を言われた話

(少し加筆修正。また、ブクマを伸ばすために煽り気味だったので、改めて夜に修正

妻の仕事が平日休みなのだ子供保育園(無認可)へ預けにいったら

仕事休みの日は、なるべくお子さんと一緒にいてあげてください(=休みなんだから連れて来ないで)」

と、保育園から注意されたらしい

これって、世の中の常識なの?日本の慣習なの?どういうことだよ?

■前提

・無認可(認定ではない)

保育園には、毎月一定の決して安くない

ほ保育料を納めている。(預ける日数や時間によって金額が変動することは一切ない)

保育園と交わしたすべての書面にはに「仕事休みの日は預けるんじゃねえぞ」等といった旨の依頼は、記載されていない

入園時に、そのようなアナウンスは一切ない

■考えたこ

保育園という制度は、共働きで面倒を見たくても見られない家庭のために、仕方なく一時的に保育するために存在している救済的な制度だというのは理解する

しかし、仕事がない日は預けるなという話は初耳だ。そもそも、そのような契約になっていないし、決して安くない保育料も全額キッチリ払っている

・親が休息をとり、心身をメンテすることで育児の質があがれば、子供幸せに繋がるし、逆に無理して倒れでもしたら、今度は誰が面倒をみるんだ?という問題に発展する

・(追記)現実問題メンタルを病んでいて育児に支障をきたしている状態であるため、こうしているという背景もある。子供を預けている間に睡眠をとることもあるようだ。遊びにも行ってるけど。

仮に健康であっても病まないためにリフレッシュ必要不可欠だと考えている。

・「こどもは親といたがっている、すこしでも一緒にいてあげて」などという契約書にない論理保育園が預かり拒否する権利などないはずだ。

そんなに拒否したいならば、こんな付け焼き刃の後から取って付けたような稚拙言い訳でなく、保育園存在理由とと共に施設利用制約事項として契約書に明記していただきたい。

・うがった受け取り方をすれば、保育園側が楽をしたいだけの言い訳しか聞こえないのだ。

職員だって労働に晒され厳しい環境にいることはわかる。しかしこっちだって労働死ぬほどボロボロなんだよ。

そんなにいやなら、ハッキリと契約書に明記しろよ。ならば黙って従う。書類による契約の前提を考えた場合裁判たらこっち勝てるんじゃねえの?

もちろん、今後のことがあるからうつもりなんてないけど、釈然としねえ。

(追記)

子供が親と過ごしたがっているのは十二分にわかるし、できれば親も子供と過ごしたい。

悪いがうちの子供はそこいらの子供よりも断然可愛い宇宙一可愛い

形容するならば一種の「奇跡という概念」が実体化し、そこからニョキニョキと手足が生えたかのような、一種突然変異的な生物とも言えようか?

今は通院などの用事があるで適当ごまかしてやりすごしている

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん