「お見合いパーティ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: お見合いパーティとは

2020-10-19

anond:20201019161040

まあ、男性自分よりスペック高い同性がチヤホヤされても気持ちが折れず、むしろ「結局女は金持ちばかり」みたいな呪詛吐きに陥る傾向あるね。

元増田自己申告が本当ならばパーティで人気になりそうな強者スペックだと思うし、初対面の人と話すのがむちゃくちゃ苦手とかでなかったらお見合いパーティ向けの人材だと思った。

アプリ強者から見ると、目が腐りそうな弱者からアプローチガンガン切り捨てていくコスト自分で払わないといけないから大変だと思う。

結婚相談所は男にも女にも仲人客観視を突きつけてくるから明確な地雷マッチングするリスクは低いけどお金かかる。

弱者自分に見合った相手を見つけるにはいいけど、強者向けのフィルタとして外注するにはコストが合わんのではないだろうか。

2020-10-13

anond:20201013183025

公営田舎自治体)でやってるお見合いパーティみたいなやつでサクラまれた事あるけど

報酬が出るものではなくて「タダにするから来て」ってものだった

昔の話なんで、今はもっとコンプラマシになってるかもしれないが

あと都会だと民営相談所では相手にされないような人の吹き溜まりしかならんと思う

ハロワ求人がろくなの無いってのと同じ

2020-08-16

anond:20200816115854

お見合いパーティで本気で結婚する気ある女は収入限定職業限定とかしか来ないだろ

ただの遊び相手なら高身長の方が良いってのはいるだろうね

anond:20200816115406

婚活アプリとかの条件検索身長はけっこう使われるらしいですよ

お見合いパーティーでも、男性高身長限定パーティー女性人気が高いです。

ジャニーズとか背が高くないアイドルもけっこういるから、こだわる人とこだわらない人にわかれるのかな

2020-07-15

anond:20200714205617

ソロ腐女子みたいな人はいないのか、というブコメがあったので32才ソロ腐女子がかくよ。

人生彼氏いたことは一度もないし、好きな腐ジャンルを語り合う友達を持ったこともない。

ジャンル仲間がほしいと思ったこともあるが、語れるだけの語彙力やイラストの才能もないので見る専、読む専。感想を送ったことも数回しかない。

つづいさんや増田のような腐女子仲間をもつ人たちをうらやましいとは思うが自分には無理だと思ってる。

当てつけのように聞こえるかもしれないが、アニメ漫画を読むのが好きなのであってファンとの交流がしたいわけではないので

見る専、読む専でもつながりだと感じてくれる人がいるならそれはそれでありがたい。

オタク仲間以前に腹を割って話せる友人すら一人もいない。

これは自分が極端に自己開示が苦手ということが関係していて、性的妄想を開示しあって語りあう腐女子仲間なんて到底無理。

腐女子仲間をもつ人たちをうらやましいとは思うが、開示するストレスのほうが上回るので自分には無理だし向かないと思ってる。

30になれば~という意見が多いが自分場合は30になって今32だけど変わらなかった。

友人の結婚で焦るというブコメもあったが、そもそも友人がいないので焦る原因がない。

あと親に言われて無理やり婚活したこともあるが、そもそも不本意なことがをやってるので会った数人すべて1回で終わってしまった。

というか1回でこちから終わらせてしまった。

2回以降あうと自分プレッシャーだし、相手の貴重な時間を奪ってしまうことになるので2回目のコンタクトはどうしても無理だった。

こういうとモテ女みたいだが、お見合いパーティーで需要の低さは実感済み。

最初話題になった32才の友人の話もこの増田ツイッターでオタ仲間と交流したり、ガンガンオタ活に散財してしてるタイプが多いが、

自分腐女子オタクを名乗っているがソシャゲ課金したことがないし、月のオタ活費用はほぼ0でピクシブをみたり、たまーに気に入った同人誌を買う程度。

実は自分みたいな低燃費腐女子が目立たないだけで一番数が多いんじゃないの?と思ってる。

増田のいう「おとなしめで人生諦めてる感じのその子」っていうのがもしかしたら自分に一番近いのかも。

世の中に適応しない友人にイラつく32才腐女子28彼氏なしだけど人生楽しい腐女子、のほか

友人なし浮き沈みなく淡々生活する32才腐女子もここに存在します。

2020-05-01

anond:20200501130607

このご時世にキャンセル代が出ないのが惜しくてお見合いパーティーいくようなやつがまともなわけないやろ

お見合いパーティーが延期されないんだが誰か来るのかな

延期しないので金は返さないそうだ

2020-04-19

アフターコロナ婚活のあり方

がさっぱりわからない。

不特定多数に直接会うやり方は少なくとも医療インフラが落ち着くまでは廃れると見て間違いない。お見合いパーティーとかクラスター生成場かよってなる。

必然的リモート飲み会みたいなアレに落ち着かざるを得ないが、リモ婚活で気が合ったとしても、「じゃあお会いしましょう」の瞬間はいずれ絶対に生じるわけで、そのときどんなに頑張ってもお互いがお互いにとってリスクになることは避けられない。

これ割と詰んでない?

ヤリモク除けはしやすくなるような気がしてくるが錯覚だろう。単にこれまでの「まず会いたい」系のやり方が通用しなくなる=何らかの他の方法シフトしていくだけでヤリモク自体は消えはしないだろうし。スクリーニングが面倒になるだけだ。

うーーーんどうしようかなーーー。

結婚相談所お金がかかりすぎる。ビフォーコロナの頃から自分にはちょっと無理がある金額だったんだから、今から手を出すのは賭けだ。収入の見通しが、めちゃくちゃ楽観的に見積もっても「来年来年分からんぞ」状態の今打つべ博打じゃない。

とりあえず運動しよ。ちょっとでも痩せてきれいになろう。

それでテンション免疫力上げてからまた考えよ。

2020-03-16

anond:20200316142401

おいおい、真面目な奴が経歴詐称してお見合いパーティーで女騙したりはしねーだろう。

2019-11-10

[][] BBA婚活アプリを始めたら 7日目

おっさんずラブみたいに自分気持ちを真っ直ぐ表せないんですよね

他の人はそんなに他人に対して自分内面意見をぶつけたりしてるって初めて知った

迷惑なんじゃないかと思うからそんなことできない

自分迷惑とは思ったことないけど

千葉雄大くんよ、キスぐらい誰とでもするなら私とでもしてくれるんですか

そんなBBAですので恋愛なんて数えるほどしかないです

まずもって自分から好きになったことが全くないと思う

他のことは主体的に動いていけるんですけど

気の利いたことも言えず

とにかく深い人間関係が苦手

どう叩き直したらいいのだろうな

さて、昨日9日はご新規さん会ってきましたよ

オフ会として会っているので特に何かあったわけではないです

そんなことより友人とまた現地集合な旅行行こうと言われた

その人とよくやってるのよ、行き先はいものところ

イルミネーション見たいって

ただし他の人もたくさんいます・・・

婚活アプリの方は新規じゃなくなったのであまり足跡もないですね

気に入ってる人にアピっていいってもいいかなぁ

写真他人なんだけど・・プロフだけガチ

お見合いパーティとかどうなんだろ

BBA服装って青文字系を引きずってて男性ウケは皆無なんだよな

赤文字系の服って落ち着かねぇ

2019-10-16

[] #79-9「高望みんピック

≪ 前

もちろん、個人の心構えが変わったところで物事はそう簡単好転したりはしない。

亀が死ぬ気でやってもハードルは跳び越えられないし、居眠りしない兎に勝つなんて無理だ。

そのことが分からないタケモトさんではない。

だが案内してくれたコンサルタント義理立てとして、とにかくパーティをつつがなく終了させようと思い直す。

そのためにやったのは、仕事で培ってきた対人スキルを応用することだった。

そつがない、つまらない接し方だ。

相手に好印象を与えることは難しいが、少なくとも自分精神負担は抑えられる。

期せずして、それはコンサルタント最初に言っていた「気を張り過ぎない、見栄を張り過ぎない」状態に近かった。

チャンスをチャンスだと認識でき、それが手元にきても力みすぎない丁度いいコンディションである


そしてチャンスは意外にも早く、そのお見合いパーティの終盤に訪れた。

よろしくお願いします」

対面した相手は、あまり着飾らないショートヘアー女性だった。

学園でいうなら、クラスに密かなファンの多い地味っ子ってタイプらしい。

タケモトさんの喩え方はイマイチからなかったが、たぶん誉めているのだと思う。

とはいえ最初の内は他の人と同様に接するつもりだったらしい。

だが彼女がふと呟いた言葉に色めき立った。

「この香り、『エブリデイ・ウェンズデイ』ですか」

それはタケモトさんが休憩所で吸っていたタバコ銘柄だった。

コンサルタントに即席の消臭法を教えてもらっていたが、わずかに匂いが残っていたようだ。

「お、分かりますか?」

「ええ、私も同じものを吸っているので。紙タバコありがちな匂いが少なくて、そこまで重たくないから吸いやすいんですよね」

「そうです、そうです。水タバコみたいなまろやかさがあるんですよ」

会話を続けていくと、タバコ銘柄以外の趣味嗜好も近いことが分かった。

「色々やりましたけど、結局はバニラなっちゃます

「そうなんですよ。アイスパイプも結局はバニラ!」

ここに来て初めて、タケモトさんは心地よさを覚えた。

彼女が話すときテンポ、受け答え、ちょっとした所作

それら全てにストレスを感じないどころか、むしろ消えていくのを実感したという。

短絡的だが、運命相手ってのはこんな感じなのかと思ったらしい。

「へー、割と近所じゃないですか。今まで出会ってなかったのが不思議ですね」

「いやあ、まったく本当ですよ」

「お時間となりました。みなさん席を離れてください」

そうして最後まで話が途切れることなく、終了と相成る

なんとも時間が短く感じられた。

次 ≫

2019-10-13

[] #79-6「高望みんピック

≪ 前

「再開は30分後となります。それまでは、しばし休憩を」

折り返し地点にさしかかったところで休憩が入った。

とはいえ、この時間自由交流が認められている、いわば追加のアピールタイムにもなっている。

言われたとおり休憩する人間はいない。

ただ一人、タケモトさんを除いて。

「ふぅ……吸わない奴らは、よくコレなしでやっていけるよな。感心するぜ、まったく」

タケモトさんは、その30分を全て喫煙場で過ごした。

まさかと思いましたが、ここにいましたか

探しにきたコンサルタントが、その姿を見て溜め息を漏らす。

「せめてイコスを使いませんか」

「あれで吸った気にはなれませんし、普段なら吸うの自体我慢しますよ。ただ、今回はしんどい

この時間帯も有効に使うべきという話はコンサルタントから聞かされていたし、今日タバコを吸わない方がいいことも覚えている。

その上でなお、吸わずはいられなかったらしい。

「『反りが合わない』って言葉は、刀からきているんでしたっけ」

「ええ、そうですね。刀の反りと鞘の曲がり具合が合わないと、綺麗に収まらないことから来ています

「刀と鞘か……ふっ、言い得て妙だな」

タケモトさんは表情を変えず、声だけで笑った。

反りの合わない相手結婚意識して会話をすることは、それほどまでに体力を失うようだ。

「オレには“選ぶ側でもある”という意識が薄いらしいですが、ここにいる人たちは逆に“選ばれる側でもある”という意識が薄いように感じました」

選ぶ側の意識が薄い人間と、選ばれる側の意識が薄い人間

これらの対比は程よい按配にはならず、むしろ歪さを際立てることをタケモトさんは実感した。

上昇婚高望み?……っていうんですかね。ハナっから歩調を合わせる気がないってのが、態度の端々に出ている」

「より良い結婚、その生活のためにより良い条件を望む。それは非難されるべきではない、当然の要求であり欲求ですよ」

コンサルタント仕事上そう言うしかないでしょうけど、オレが言っているのはもっと現実的な話です」

その言葉は今までのお見合い相手に、そして自分自身に言い聞かせるようだった。

「地に足をつけて、前に進む気が本当にあるのか疑問なんですよ。ゴール地点を見据えて、そこにたどり着けるって自信が一体どこにあるのか」

発言速度に比例してタバコの消費速度も増していく。

体力は既に消耗しきり、判断力も鈍ってきている。

タケモトさんは半ばヤケになっていた。

これでは今日お見合いパーティすら完走できる気がしない。

から見て、ただの面倒くさい人状態になっていたが、コンサルタントもここで投げ出すわけにもいかなかった。

「はあ、やれやれ

コンサルタントは、おもむろにポケットからタバコを一本取り出した。

「え、あんたも吸う人なんですか」

最近は吸っていません。お守りみたいなものですよ」

そうして煙が出ていないタバコをくわえたまま、コンサルタントは先ほどより調子の低い声で語りだした。

「私も少し個人的な、本音の話をしましょう」

次 ≫

2019-10-12

[] #79-5「高望みんピック

≪ 前

コンサルタント曰く、この婚活パーティ参加者常連が約8割。

まり結婚したくてもできない人間、“売れ残り”ばかりが棚に並んでいるんだ。

そしてこのお見合いパーティは、“一向に終わる気配のない閉店セール”のようなものだ。

人気の商品は早々に売り切れて、見栄えのしない商品ばかりがいつも残る。

たまに新商品を入荷させて誤魔化し、在庫を捌くためにズルズルと続ける。

からそこに陳列された商品は不良とまではいかずとも、売れ残るのも已む無しなことが大半である

「ふふふ、よろしくお願いします」

「よ、よろしくお願いします」

タケモトさんが最初に話したのは、淑やかな雰囲気を持った女性だった。

しかし、あくま雰囲気だけであり、いざ話すと中身は悪魔である

「一説には、男性は“最初の人”に、女性は“最後の人”になりたい傾向があるようですね」

「へえ、最初最後……って何がです?」

「ふふふ、言わせないでくださいな。セクハラで訴えますよ、もう」

「ええっ!? 主語を訊ねただけなのに」

「やだー、冗談ですって、あははは」

冗談意味が分からないが、タケモトさんはとりあえず追従して笑った。

「えー? あ……ははは」

柄にもない、不本意な笑い方だった。

免疫細胞がフル稼働し、体力を急激に奪っていくのが分かる。

あなたは、わたしの“最初最後の人”になりたいですか?」

「えー、どうでしょう、ね……ははは」

そのあとも終始ペースを握られたまま、よく分からない主語抜き会話が続く。

「わざわざ言うことじゃないでしょう」という文脈

「分からない分からないままでいい」というスタンス

そんな話に対して、タケモトさんは愛想笑いを繰り返すしかなかった。

「お時間となりました。席を移動してください」

そして何とか体力を残しつつ、次のレースへ出場することができた。

「あー、助かった……」

「“助かった”……とは、何がです?」

「えっと、あー……言わせないでください」

まだ始まったばかりではあるが、タケモトさんは自分の心肺がもつ心配だった。


その後も過酷道程が続く。

学歴ってやっぱり大事だと思いません? 教養の違いが会話にも滲み出るというか。都心大学はやっぱり違いますよ」

「はあ、そうですか」

自分が悪いのか、相手が悪いのか。

単に巡り合わせの問題だと開き直るべきなのか。

「へえ、タケモトさんは職安に勤めてらっしゃるんですか」

「ええ、後は株を少々……おかげで貯金はそれなりにあります

総資産は如何ほど?」

「え?」

収入貯金よりも大事なのは総資産ですよ。貯金は多くてもボロ家住まいの人と、貯金は少なくてもマンションを持っている人。甲斐性があるのは後者でしょう?」

「な、なるほど……」

見合う相手に対して、いずれも生返事しかできない。

望むように応えることはもちろん、上手く答えることすらできなかった。

「タケモトさんってダンディですね。ルックスもシュッとしていて。最近流行のアレとか似合いそう!」

「そうですか?」

「そうですよ。でも見た目で判断するなんて~っていう方は多いですよね。とはいえ、いうでしょ? 『性格よければいい そんなの嘘だと思いませんか』って」

「それは通説、霊験ってやつですか? それとも誰かの格言?」

「ご存知ありませんか」

「すいません、不勉強で……」

そんな調子で受け答えはロクにできていないのに、なぜか体力はどんどん奪われていった。

「私は結婚したいだとか、人生パートナーが欲しいだとか以上に、子孫が欲しいんです」

「し、子孫、ですか」

「子孫を望み、慈しむ。生物的に正しい心の有り様でしょう」

「そうです、ね」

「そして家庭を持つことも繁栄のために必要なことです。この社会も、シングルマザーより扶養の方が色々と待遇が良いでしょう?」

「まあ、はい

次 ≫

2019-10-11

[] #79-4「高望みんピック

≪ 前

「年齢は近いほうがいいですかね。あ、あと異性で」

「他にはありませんか?」

自分が働いているので専業で家事ができる人……いや、家事代行を頼める資金があるなら、共稼ぎでもいいのか」

結局、タケモトさんは建前の、あってないような条件を挙げることしかできなかった。

“選ばれる側でもあるが、選ぶ側でもある”

コンサルタントがそう言った意味を表面上では分かっていたが、内包するものまでは理解できなかった。

自身人格や経歴といったものが、他人から見て魅力的に映るかどうか。

そこに懐疑的な以上、まず相手が選んでくれるかが重要だという考えは変えられなかったんだ。

「どうやら、もう少し自覚を持っていただく必要がありますね」

…………

あなたのように漠然としたまま、我が相談所に足を運ぶ人は少なくありません。そういった人に勧めるのが、このパーティなんです」

後日、コンサルタントに紹介されたのは個人ではなく団体

結婚したい人間たちが一同に介する、俗に言う「お見合いパーティ」の会場だった。

コンサルタントとしての経験から言わせてもらえば、あなたが今回で“運命出会い”を果たせるとは思っていません」

「じゃあ、どうしてここに案内したので?」

「ご自身結婚願望と真剣に向き合っていただくためです」

コンサルタントは語る。

相手を選ぶことは、例えるなら物件を選ぶことだと。

婚活とは実際に物件を探している状態です。冷やかしたり、引越し予定もないのに理想物件を呟くのとはワケが違います

物件……ですか」

勿論この例えはもちろん不適切ですが、と断わった上で話を続ける。

あなた必要なのは、どういった物件があるかを見学してもらうことです。どこが譲れないか、どこなら妥協できるか、そうして初めて見えてくることもあるでしょう」

「見えてくるもの……」

コンサルタント言葉真意があることは何となく分かる。

しかし、それが具体的に何なのかを、この時のタケモトさんはまだ計り兼ねていた。

「お集まりの皆様、お時間となりましたので、本日の催しを始めさせていただきます

アナウンスが開始の合図を告げる。

会場全体の空気がピリつき、自身の体に緊張が纏わりつく。

「あ、あの、何かアドバイスはありませんか?」

「気を張り過ぎない、見栄を張り過ぎないことですかね……ああ、あとタバコはおやめになるか、せめて匂いに気をつけた方がチャンスは増えると思いますよ。服などに残った匂いだけでも気にする人はいるので」

前回、タバコを吸ってから相談所に赴いたことを遠回しに指摘してきた。

今このタイミングで言ってくるとは、このコンサルタントは中々いい性格をしているらしい。

「それでは参加者の皆さん、胸の番号札順に席に座ってください!」

次 ≫

2019-06-26

お見合いパーティーの時代は終わり社内恋愛が盛況になるので今から社内恋愛プランナー資格取っとけよ

これは確実な未来から君の人生を逆転させる神の一手になる資格から

2019-06-06

anond:20190606132238

お見合いというのは親のコネ強制力がある程度以上機能するからこそのお見合いじゃないか

マッチングアプリにそんなものはなく、ただ個人の打算しかないんだから、その辺の恋愛と変わらない

お見合いパーティーと呼ばれるものだって名前借りただけの別物

2019-06-02

6年以上婚活続けているがいまだにまともにつきあえない

地方在住アラフォー

結婚相談所登録して6年以上です。

かれこれ100回以上はお見合いしてるけどまともな交際に進んだことは一度もありません。

お見合いパーティーにも30回以上は行ってますマッチングできたのがたった一回で、当日以降急に音信不通でした。

かなりのお金時間婚活に注ぎ込んできましたが結果が出ず、心が折れそうというかもう折れてます

多分200万ぐらいは消えてると思います

職場では40過ぎて結婚できない男なんて、なんて後輩女子から陰口をたたかれるし、友人の一人は、こないだ同窓会行ったけど40過ぎて結婚してないやつはやっぱダメな奴が多かったねーなんて私の横で平気で他の友人と電話で話してる始末でした。

今日も新しい女性と会ってきたところでした。

一目見るなりすぐに帰りたそうな様子がありありで、別れるまでの間が苦痛のものでした。

何よりも辛いのが、お見合いをする相手時間を過ごすために、いろんなおいしいお店や素敵なところをあらかじめリサーチして、当日一緒に行くのですが、どの女性からも結局縁がないので、行った場所がことごとく辛い思い出で塗り潰されてしまって、もう二度とそこに行きたくなくなってしまうのです。これが理由ですっかり、人が多い場所への外出が嫌いになってしまいました。

街に出るとみんな幸せそうでまともな人生を送っていてうらやましくてたまらなくて自分が惨めになります

もう命を絶ちたい。

人生こんなはずじゃなかった。

2019-04-22

マッチングアプリ出会いってやっぱクソだな

もちろん、うまくいっている人もいるだろう。

でも自分はそちら側にはなれなかった。

アラフォー元彼はやや年下、お互いバツイチ

マッチングアプリお見合いパーティー含め、10人と個別に会った。

いろんな人がいた。

見た目がというより、話が自慢ばかりの人、下心ばかりの人、盛り上げる気がない人、性格悪い人、連絡こなくなった人…

その中で数ヶ月やりとりしていい人だなー、真面目そうだなーと思ったのが元彼だった。

複数回会って付き合うことになった。

ちゃん告白いたことをしてくれ、クリスマスサプライズプレゼントを渡してくれ、LINEマメで嬉しかった。

ただ、いまいち会話が合わない、キャッチボールしにくい感はあったけど。

あと、イケメンでもなかったけど。

付き合って1ヶ月目。

ラブラブだった。

会話は相変わらず。

2ヶ月目。体の関係に。

まあそれなりにラブラブ

相手は酔っ払わないと無口。

何考えてるかわかりにくい。

3ヶ月目。

ちょっと会話しにくいし、ちょっと違和感

でも毎週会ってるし、相手デート提案してくれるし、気のせいか仕事疲れかな。

3ヶ月目後半。

マメLINEも頻度が下がるし、反応が悪い。

私のいつものノリに呆れてる風。

一緒にいるとイライラされてる気も。

相手から言われて会ったのになぜ?

4ヶ月目。

毎週会う流れだったのにそれもなく。

LINEの返事も感じが悪い。

まりに行くもテンション低め。

ただ、生理中なのに挿入された。

そして、相手の態度に我慢できず、突っ込んだら別れましょうとフラれた。

私の何がいけなかったんだろうとずっと考えてた。

電話で話したいといったけど、LINEは全て未読スルー

謝ったけど最終的にLINEブロックされた。

いい人だと思って付き合った結果がこれ?

母親との旅行に一緒に行くと言ってくれ、予約までしてて、真面目な付き合いだと思ってたのに。

女慣れしてる感じもなく、インスタのアカウント教えてきたりとヤリ捨てするような雰囲気皆無だったのにこの結果かい

私の見る目がなさすぎるのか…

何もしてないのに急に冷たくなって意味わからん

合わなくて別れるにしても他の形があっただろうよ。

そして、付き合い3ヶ月目早々にはマッチングアプリを再開してた模様。

男のくせに写真加工してんじゃねーよ。

全然顔違うわw

マッチングアプリなんて、やっぱり軽いノリの男しかいないのか。

文句を言いたい衝動かられるが、LINEブロックされてて怒りのぶつけ先がない。

最低のクソ野郎

やりたいだけならやりたいだけの態度で接してこいよ!

わかりにくいわ!

二度とマッチングアプリなんてやらない。

一生一人のほうがまだいい。

追記

試しにいいねしたらマッチングしたんだが。

(もちろん私は身バレしない自己紹介になってる)

不慣れだけどよろしくだと?

「不慣れだけど」???

4年彼女いないって、私の時は2年だったぞ。

こんなのにひっかかる自分バカなんだ。

2019-04-11

恋愛の好きがほしい

自分好意をもってくれている人を好きになれば楽なはずなのになんでそうなれないんだろう。

つい後ろに下がっちゃう

誰でもいいはずなのに誰でもよくなくて、でもこのままだと人としてやっぱりだめなんじゃないか不安になったり。

お見合いパーティー、合コンマッチングアプリご飯約束までいって、ご飯も食べて、帰りにひとり家路につくとどっと疲れる。

相手楽しいって思ってもらおうとしてその場でわいわい楽しくできるのに、終わった後は何やってんだろって空しくなったり。

寂しいときもあるけれど、一人が苦痛ではなくて、落ち着くことが多い。

誰かと一緒に時間を重ねれる日は来るんだろうか。

特別に好きって思える人ってどうやってできてたんだっけ。

2019-03-29

anond:20190329110657

でも自分から選ぶほうがいいとおもうよ

2019-03-25

anond:20190325010126

そこそこの都市部に住んでるなら定時後の空き時間お見合いパーティに注ぎ込め。

一回で10数人と話すことになるからぼちぼち慣れる。平日でも場所によっては結構やってるぞ。

まともな出会いなどまずないので結果を気にする必要はない。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん