「「絆」」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 「絆」とは

2020-11-24

いつから「絆」って良い意味で使われるようになったの?

元々の意味家畜が逃げないように繋いでおく綱のことだったはずだが

2020-11-18

anond:20201118140820

さすが保守先生方、「絆」という言葉本来の正しい意味で使っておられる

選択夫婦別姓異論 自民有志、25日に「絆」議連設立

政治家が絆()とかふんわりしたことを目指して活動するのはどうかと。家庭内の仲の良さまで政治が介入することじゃない。大きな政府を目指したいなら高福祉社会を目指せ。教育育児に金出せ。子供おらんけど。

https://www.sankei.com/smp/politics/news/201118/plt2011180001-s1.html

2020-10-18

鬼滅の刃は全ての親子が見るべき

日テレビで放送していた鬼滅の刃を視聴した。

こんなに話題になってるんだから一回くらいは見ておこうと。

流行ってるアニメってことは知っていたけど何の話かは全然知らなかった。

見たら流れはすぐわかった。人間が鬼を殺す話。だから鬼滅の刃って名前なんだね。

昨日の話は、敵役キャラクター子供の頃病弱を理由に親に殺されそうになって、それ以来人間不信になって殺人しまくるみたいな話だった。親も殺した。

そんな殺人鬼を主人公が成敗して殺すんだけど、死ぬ瞬間に鬼は「俺は誰からも愛されなかった」と絶望する。

しかし同時に親の幻が浮かんできて「私たち両親はお前と一緒に地獄に行ってやるよ」とメッセージをもらう。

初めて見たから話は理解できてない部分があるかもしれへんけど涙が出てきた。

何て素晴らしい親だ。感銘を受けた。学ぶべきことしかなかった。

物語の一つのテーマとして「絆」というのがあったけど、昨日の話では実に緻密に親子の絆が描写されていた。

こんな親子関係だったら子供は嬉しいよ。

日本人の親なら子供には必ず見せるべきじゃないかな。

同時に、親もこれを見て教育勉強する必要がある。

もしも自分の子供が人を殺したらどんな風にしたらいいかからないと思う。正解はこれなんだな、と。

昨日の話は長かったけど、もうちょっと短くして道徳教科書に載ってそうな感じ。

そして、人を殺したら絶対に罰を喰らうぞと。それは自分の命をもって償うことになる。

自分は強いつもりでも世間にはもっと力を持っている人がいて、その人たちが命がけで自分を狙いに来る。逃げきれない。

ファンタジーで終わるんじゃなくて現実リンクさせて恐怖感は子供でも知っておくべき。

昔の話だから古い人間にも親しみやすいと思うし、これは世代超えて愛されるわと思った。

2020-07-22

「ありがとう」という言葉が嫌いになった。

東日本大震災の時は「絆」という言葉が嫌いになった。

小池百合子希望の党結党した時、「希望」という言葉が嫌いになった。

最近医療従事者に賞与が支払われなかったり、減額されているという話を知った。

医療従事者の皆様に感謝」というフレーズが氾濫する一方で、このような現実がある。

こうなってくると、「感謝」とか「ありがとう」という言葉が嫌いになってる。

言葉のものに罪はない。しかし、あまりにも使われ方と、その現実背景がひどいのだ。

「絆」も「希望」も「感謝」もある意味被害者だと思う。

2020-07-10

今年の漢字1文字なんだと思う?

コロナ関連なのは間違いないと思うけど、「病」とか「菌」とかだろうか。

「絆」かに走りそうでもあるなあ。

2020-05-08

嫌いな言葉

おうち、不要不急、STAY HOMEいのち、等々

震災の時の「絆」みたいに

適当キーワード感情や行動を統一化させようとうするのが嫌いみたい

こういうの連呼されると虫唾が走る

2020-04-19

感動ポルノ

「絆」とか言い出したらもう終わったようなもん

2020-04-16

anond:20200416180953

正直一律給付という言葉が痛快だ。

困窮層が困窮してない層から割を食ってるのと同じように、困窮してない層も困窮層から割を食ってる。

一律給付こそ、みんなが大好きな「絆」だろう。

2019-12-25

anond:20191225002301

日本根本的に大きな社会を維持するのに向いてない。

ムラの中ではマウント取り合い・ポジショントークに徹するクズ、ムラの外の人間人間として扱わないクズ。内外どちらに対してもクズという珍しい文化を持ってる。

3.11の後に「絆」合言葉になって変わるかなと思ったりしたけど無理だったね。

2019-12-03

2011.3.11以降、ものすごい勢いで日本が美しくなってる

こんなはすではなかったのではないか

これから「絆」時代がくる、そう思っていた。

でもどんどん日本が美しくなっていってる、たった8年だぜ?

こんなに美しくなるなんて全く思ってなかった。

みんなはどう思う?

2019-11-07

今気づいたんだけど「絆創膏」の「絆」の字って「きずな」じゃん

「キズ」と「膏薬」の「絆」……

イイね………👍

2019-11-02

anond:20191102193439

あれほど多くの人が亡くなっても「絆」のために大災害感謝するんですか、そうですか。

ちなみに私、東日本の住人です。認知が歪んでいるのはあなたですね。

anond:20191102192955

君はだいぶ認知が歪んでいるようだね

今の日本人東日本大震災「絆」の大切さを身に染みて痛感した人たちばかりだ

きみは西日本のひとで実感ないかもしれないが、我々は大津波にも東京電力にも皆とても感謝しているんだよ?

もうちょっと世間についてよく学んだほうがよいみたいだね、君の今後の検討を祈るよ

2019-08-29

りりむの配信見てたら「好みのタイプは隠キャ」ってすぐわかるんだけど、「本心かコウに寄せたかどっち?」と聞かれてはぐらかそうか迷うりりむとか、ぶっちゃけ分かりやすい答えに対して「攻めていい?」とか「テンドンで笑い取れる」とか「視聴者ウケ狙ったでしょ?」とか言ってはぐらかすコウとかの絶妙距離感がてぇてぇすぎて尊死したものの、「あ、これ弄っちゃダメなやつだ」と判断して胸にしまった。

「弄っちゃダメ」というのは「ガチ恋愛感情から」とか「ガチで嫌がってるから」とかそういうのじゃなく、それがどんな感情であれ本人以外の誰かが勝手規定していいものではないというか、好きとか嫌いとかそんな単純な言葉では表せない複雑怪奇「絆」というか「呪縛」というか、おりコウはそういう意味での「ガチ」感が最高にてぇてぇのでてぇてぇ以外の言葉がなかなか出てこなくて、他に思いつくとしたら「キモいしかない。

2019-08-26

なぜ我々は24時間テレビを楽しめなかったのか

厳密に言うとなぜマラソンをしているんですか???? と斜にかまえた見方しか出来なかったのは何故だったのか? という話です。

毎朝スッキリを見ている。スッキリを見はじめて2年ほど経ったと思う。加藤浩次が好きすぎる。水卜ちゃん春菜阿部リポーターも、とにかく出てる人たちが好きすぎるし、大体の人のキャラ設定もわかっている。

毎週イッテQを見ている。なぜならウッチャンが好きだからであるやるならやらねばウリナリ、どちらも目を輝かせて見ていた世代だ。

今年の24時間テレビマラソンランナーは、いとうあさこガンバレルーヤよしこ春菜に水卜ちゃんである

繰り返すが全員のキャラ設定が分かっているし、好きで見ている番組に出ている人たちなので、入れ込んでいる。その人の背景がわかる。好きな芸能人なのである。そんな人たちがマラソンを走ったらどうなるか?

そもそも、4人が走るというので、子供の頃ぶりに24時間テレビチャンネルを合わせていた。24時間テレビってなぜ終わらないんだろうと思いながら。それなのに、私はスターター加藤浩次が出てきた時点で号泣していた。くどいようだが、知っているのである。毎朝楽しげにふざけあうスッキリメンバーを見ているのである。各々のキャラ設定がわかっているのである「絆」を知ってしまっているのである

というわけで、泣きっぱなしでずっと見ていた。途中なぜか死んだ人たちにむけて手紙を読む俳優など、どういう気持ちでやってんだ? と思っていたが理解はできた。視聴者にとっては好き俳優だったりするのであるキャラ設定や、手紙相手との関係性がわかっている。そんなの泣く。私が春菜が走っている途中で相方が出てきた時のやりとりで号泣したように。

そういう番組なのだ。ようやく理解した。そういう感覚があれば、どこに募金してんだよ? とか、ギャラが出るってなんなんだよ? とかどうでもいいのである。嵐のファンなんて、嵐は今年で活動休止するのだから、すさまじい熱量を抱いて番組を見ているのだろう。

24時間テレビを楽しみたければ推し必要なのだ推しがいなければ見る必要もないだろう。

2019-04-18

ただの偏見なんですけど

ワンピースが好きと公言してたり、グッズ(特にTシャツとか)使ってる人って

だいたい、なんていうか苦手なタイプなんだよね。

24時間テレビ募金会場にめかして行って、テレビに映って

ニッポンの絆!感動!」って号泣してるタイプっていうか。

その割には、点字ブロックの上に構わず無断駐車するタイプっていうか。

「絆」をタテに、職場全員でそいつ誕生日会やらないと怒り出すタイプっていうか。

あ、上記エピソードはは全部前職の先輩(38歳・ギャル)の実話です。

でも、他のワンピースTシャツ着てる奴らも

大体同じ雰囲気から、多分自分とは全く合わないと思う。

anond:20190417233213

2018-12-16

anond:20181216162130

沖縄独立したほうがいい。

国の加害責任もあると思う。

ただ、本土の遠いところに住んでいる国民はその実感が薄いし、責任の取り方も何を望まれているのかよく分からない。多分、分かるようになるまで関心を持つべなのだろう。(各被災地と同程度に「絆」を感じるくらいには)

とは言っても元々別の国で、文化背景をよく知らない。多分(以下略

学力とか就職率とか披暴力とかを押し付けてきたのは事実として認識する。

本土に逃げたらええやん?では解決できないのだろう。先祖土地放棄しろ&資源として差し出せってことだし。

そこを安易放棄せず、内地連帯して踏み留まっている誇りは大変尊いものだ。

でもさ。本土の各地方でも色々問題を抱えていて忙しいんだよ。

その問題沖縄人が共有してくれるのか?無理だろ。

から独立邪魔しない程度の意思を表するにとどまるってわけ。

2018-10-22

「絆」も「愛」もない世の中で

未来に明かりはあるのだろうか……?

2018-10-14

anond:20181014100231

一時的な緊急状態になり、政治・経済麻痺するだろう。

そして次の段階として、「絆」発動。これで皆が協力して頑張りだす。

一回ぶっ壊れてしまえば、既得権益邪魔も入りにくく、割と回復スムーズだと思う(発展と言える現象も現れると思う)。

そんで回復頭打ちになったら、いつもの日常

 

まぁ、ほんとは核ミサイルなしで行うべきなんだけどな。

やっぱちょっと喜劇的にならざるを得ない。

2018-07-30

女の子の名づけについて

親類の一人が今妊娠中で、検査でどうも女の子らしいということで名前についての相談を受けた。

もちろん私に決定権があるわけじゃなくて、その夫婦ともに知り合いなので何かかっこいい名前候補でもないかというくらいの相談だ。

で、自分創作とかなら女の子名前は考えたことあるけど実際に人の名前として考えたことはなかたのでいくつか本を読んだりネットで調べてみたりした。

そうしてびっくりしたのが、運勢判断とかで「いい女の子名前」とされる条件はものすごく狭いということだった。

いろんな説はあるけど簡単にまとめると、女の子名前として「秀」「雅」「力」「考」「強」「早・速」といったパワフルなものは凶運を招くんだそうな。

反対によいとされるのは「優(これも優秀、という意味では☓)」や花とか植物名前、「結」「絆」「美」「麗」「愛」「円」とか、あとは「里」とか郷土愛を感じさせるものだそうで。

こういうのもきっと時代の流れで変わっていくんだろうなと思うんだけど、自分が調べる前にその女の子のために考えていた名前全部否定されててなんかなあって気分になった。

ほんの少し前まで、女の子幸せって「家庭をもつこと」「人間関係を温和に保つこと」「夫につくして影で支えること」なんだったんだなあって思った。

2018-05-17

オタクヤンキーの亜種なんじゃないか

根底にある価値観

・同じ価値観を共有している人間のみが「人間」であり、他は自分たち言葉/暴力を通じて支配してもよい

・全体としての秩序(法律)は「なんか知らん人が勝手に決めた面倒くさいもの」で、自分たちの秩序の方を優先してよい


類似する振る舞い

・同じ価値観を共有していれば極めて社交的かつ友好的。環境が揃っていれば容易に群れる。

・「人間」以外に興味がないため、しばしば「オタク」「ヤンキー」「陰キャ」「陽キャ」などといった大雑把かつ曖昧な人の括りを好む。

・しばしば外部から見るとダブルスタンダード言動をとる。本人たちにはそもそも「俺らが一番」以外に思想などないから、本人たちとしては理にかなっているのである

社会への不満感は強い。彼らを働かせる人間基本的に「人間」でないことが多いため。彼らが譲歩しても認識できない。

権利ばかりを声高に叫んでいるように見える。義務倫理とは「人間」でないものから与えられるからである

私刑を頻繁に行う。価値観を共有していないのに自身と同じ集団に居る人間を許容できない。

「こいつムカつくしぶん殴りたい/炎上させたいけどもうボコボコだし俺はやめとくか…」という発想ができる人間がおらず、全員が最大限の攻撃を加えるため攻撃は峻烈。

・外から見ると優生論者に見える。「自分の思い通りにならないやつは死ねばいい」と思っているため。そのため自分は必ず優生とみなす。

・罪に見合った罰という考えが一切ない。「自分に害を及ぼすかもしれないやつは死ね」と考えているため。殺人だろうが窃盗だろうが強姦だろうが不倫だろうが罵倒だろうが全部死刑

約束は人並みに守るが駆け引きは苦手。「人間」でない人間利益思想メンツを考えることができない。よく他人と揉めるが、本人は相手の頭がおかしいとしか思っていない。

・ある程度群れが大きくなると仲間割れを引き起こす。自分当事者場合唯我独尊さが邪魔をして、自分傍観者場合駆け引き下手が影響して、争いを止めることができない。そのため、「声がデカい」以外に政治的な影響力を発揮できない。

「絆」連携」「一体感」といった和を尊ぶような標語が内心大好き。


相違点

ヤンキー趣味は近しい他人絶対必要であるか、暴力に繋がる素養(腕っぷし)が必要とされることが多い。対してオタク趣味は基本一人でもよく、またそれ自体暴力に繋がらない。暴力が見逃されがちな大多数の学校では必然ヤンキーが主流となる。

オタクバッシングが激しかった頃はSNSが今に比べて未発達だった。そのため、オタク潜在的にはヤンキーと同じくらいいたが、局所的にマイノリティにならざるを得なかった。局所的なマイノリティであるために、数少ない同類出会える場を失うような言動を避けるので真面目なように見えていた。

最近SNSが発達してきたことで、身近な友人を求めるヤンキーよりもオタクの方が勢力が大きく見える。


僕も「陰キャ」な趣味を持ってるけど、ヤンキーから同類として括られるオタクに妙な違和感を感じてた(直近だとマスコミ報道に対するオタク過剰反応だとか、モバマス総選挙での内紛模様とか)。で、言語化してみたらこんな感じだった。

折角書いたけどさすがにtwitterに書き込むほどバカじゃないから、ここに書き捨てていきます

こういう風に見てる人もいるんだな、くらいでどうぞ。

2018-01-26

「絆」って

糸半

とは違うの?

「ソ」じゃなくて「ハ」?

2018-01-16

私小説 不登校

私は中一の途中から不登校になった。

元はと言えば小学校高学年で「ハブる」という文化のもと、クラスメイトからの徹底的に無視をされたことが発端である担任との相性の悪さなども相まって、学校生活への自信や信頼をなくしていった。核家族共働き家庭の一人っ子の私は、学校では人と話せず、放課後時間も一人で過ごした。特に習い事などもしておらず、学校と家庭の二つしか生活の場がなかった私は人間関係における信頼や安心などを失い、自分の考えを人に話すことや言葉スムーズに出すことができなくなっていった。

そして中学入学環境が変わることを期待したが、結果的には悪化した。たいていの公立中学では部活動には強制参加させられる。しかし私が入学した中学校は全校生徒が少なく、文化部は一つだけ。他運動部一般的にはあるような部活がなかった。当時文化部に入るとスクールカースト底辺になる空気があり、私は運動部所属した。しかし、運動神経が良くない方だったため部活でもうまくいかず。小学校高学年で人間関係に対する安心や信頼を失った私は、中学出会ったクラスメイトともうまく接することができなかった。

そして決定打となったのは合唱コンクール「絆」「仲間」「大きな声を出す」「グループ練習」などといったものは当時の私には地獄だった。音楽時間が恐怖の時間になり、合唱コンクールが近づくにつれ朝練や帰りの学活でも練習を行うようになり、一日の始まりから終わりまで恐怖の時間となった。そこから学校に行けなくなるまでは簡単だった。学校に向かう足が遠のき、制服に袖を通すのが怖くなり、家から出られなくなった。共働きの私の家で朝一番最後に家を出るのは私で、一番最初に帰るのも私だった。そんな中で、朝起きて制服を着て仕事に行く親を見送り自分学校へ行かず無断欠席をするようになった。当然学校から固定電話電話が掛かってくるが、家には私しかいないため無視。親に連絡が行く。意外にも親は私が不登校になったことを受け入れてくれた。

会話からまり日常生活の行動全てに自信をなくした私は学校での学習電車に乗るといった行為もおぼつかなくなっていた。授業で先生から発問されれば、注目される恐怖や答えを急かされるような焦燥感で「わかりません」というのが精いっぱいだった。「私は何をしてもうまくできない」という強迫観念に襲われ、不登校の間に学習障害検査などを受けたこともあった。一人で家で勉強する分には問題なく、また中間テスト期末テストを受ける分には人と関わらず済むため、それなりの点を取れていた。

不登校だろうが、家から出られなくなろうが、無情にも時は過ぎていく。中二では、通知表は「1」「2」「-」がほとんどになっていた。中三が見えてくると頭をよぎる高校受験入試資料集などを見ると、入学選抜に当たっての内申点基準数字が踊っていた。家から出られなくても、学力低下だけは避けたかった私は家で学習を続けていた。当時、私の学力から出される偏差値は60〜63あたりであった。それくらいの学力層の高校では、おおよそ大半が9教科36以上の内申点基準としていた。一方、私の内申点は9教科で23地元工業高校ですらあやしい点になっていた。また、中二の時の担任は繰り返し私に面談の場を設けてくれた。私の話を無視したり、相槌を打たないなどということはなく、久々に会話ができることに感動した。担任もっと話したいと思うようになり、徐々に学校に行けるようになっていった。

この状況の中で、私には一つだけ自信が持てるものがあった。それは絵を描くことである。まだ学校に行けていた中一の初めに美術先生から風景画を褒められ、不登校になってからは家でよく写真模写などをしていた。授業にも出られるようになった中三一学期、今まで体験たことのなかった画材出会った。油絵である。失敗しても被覆度が高く上から重ねることができ、乾くのも遅くゆっくり描くことができるこの画材は私の中で革命的であった。人間関係で失敗を重ね、急かされることに恐怖を覚えていた私は、個人で取り組むことができ、ゆっくりと描ける油絵具に希望見出した。もっと油絵が描きたいと思い、誕生日には親から油絵セットを買ってもらった。もっと油絵を描きたいと思い、美術コースのある普通科高校への進学の意思を固めた。

その高校を受けるにあたり、偏差値は足りていた。美術コースを受けるにあたり、実技の力も合格するであろうという程度には達していた。しか問題となったのは、やはり内申点であった。担任からは渋い顔をされた。それでもやっぱり受けたい、あの高校に行きたいと思い受験制度などを調べ尽くした。すると、不登校などを経験した生徒のための特別選抜制度発見した。内申点度外視し、受験時の学力テストと実技、面接入学選抜を行うという制度だ。その制度担任に報告すると、なんと担任は知らなかった。50も過ぎたベテラン教員がその制度を知らないということにはがっかりした。その教員が受け持ったクラス過去不登校の生徒はどんな進路をたどったのか心配になる。

何はともあれ、私はその制度活用し無事志望校合格することができた。入学後は絵と勉強に励み、学力では上位10%あたりを維持し絵では県の高校美術展で賞を取った。

そしてやってくる大学受験もっと油絵を描きたかったので美大を望むも、家計が厳しく断念せざるを得なかった。幸い、学力はそれなりにあったため国立大教育学部美術専攻に進学することでどうにか油絵を続ける手段を得た。

時は流れ大学四年。義務教育時代に失った人間として生きる自信や信頼関係高校大学の友人と接するうちに取り戻し、バイトをしたり彼氏ができたりと一般的大学生として大学生活を送ることができるようになった。教育学部で学ぶ中で、義務教育時代自分メタ認知することができた。当時の自分と同じように人間関係に悩む子供に接し前向きな未来を示せたらと思い、教員の道を選び教員採用試験合格した。

卒業制作バイトに追われる今日、私が四月より働く予定の自治体では不登校の生徒が高校に進学する際の特別選抜制度が数年前に廃止されたと知った。

2017-12-11

anond:20171211132057

「絆」「和」自発性のなさを自己肯定するための裏返った論理なのかも。

これらも厳しい環境にいる人間がよく発するものだし。

統治者からみればとても都合のいい性質だが……。

から保守層は厳しいしつけを肯定「絆」「和」喧伝するのかな。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん