「旧約聖書」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 旧約聖書とは

2019-04-20

anond:20190420094615

旧約聖書によれば

神が傲慢人類に罰を与えるために

お互いに違う言語を喋って協力させないようにさせたらしいか

仕方なくね

旧約聖書は反フェミニズム

神がまず男から創り出し

女は男の肋骨のうちの一本からまれるとか

男の優越性を強調する意図が仄めかされてないか

2019-04-09

ドラゴンが火を吐きはじめたのっていつごろなの?

ギリシャ神話のテューポー

今日ギリシア神話として知られる神々と英雄たちの物語の始まりは、およそ紀元前15世紀頃に遡ると考えられている。物語は、その草創期においては、口承形式でうたわれ伝えられてきた。紀元前9世紀または8世紀頃に属すると考えられるホメーロスの二大叙事詩イーリアス』と『オデュッセイア』は、この口承形式神話の頂点に位置する傑作とされる。

巨体は星々と頭が摩するほどで、その腕は伸ばせば世界東西の涯にも達した。腿から上は人間と同じだが、腿から下は巨大な毒蛇がとぐろを巻いた形をしているという。底知れぬ力を持ち、その脚は決して疲れることがない。肩からは百の蛇の頭が生え、火のように輝く目を持ち、炎を吐いた。

半人半蛇だけど「炎を吐く邪悪な蛇」のイメージにはなっているかも。

ギリシャ神話怪物はだいたいテューポーの子孫だし。

ギリシャ神話ラードーン

ラードーン(古希: Λάδων, Lādōn)は、ギリシア神話に登場する、林檎園の黄金林檎を守っていた、100の頭を持つ茶色ドラゴン

(中略)

から炎を吐き、一説では顎の関節が尾にある為、体全体が口のようになっており、百の首を持つといわれている。

と、Wikipediaには書かれているが、ラードーンが火を吐くかどうかは定かでない。

何が出典なんだろ?

旧約聖書レヴィアタン

ヨブ記』(ヨブき、ヘブライ語:סֵפֶר אִיּוֹב)は、『旧約聖書』に収められている書物で、ユダヤ教では「諸書」の範疇の三番目に数えられている。ユダヤ教伝統では同書を執筆したのはモーセであったとされているが、実際の作者は不詳。高等批評に立つ者は、紀元前5世紀から紀元前3世紀ごろにパレスチナで成立した文献と見る。

ヨブ記』によれば、レヴィアタンはその巨大さゆえ海を泳ぐときには波が逆巻くほどで、口から炎を、鼻から煙を吹く。

(中略)

その姿は、伝統的には巨大な魚やクジラやワニなどの水陸両生の爬虫類で描かれるが、後世には海蛇や(それに近い形での)竜などといった形でも描かれている。

サラマンダー

プリニウス著作で唯一現存しているのが、自然芸術についての百科全書的な37巻の大著博物誌である自然界の歴史網羅する史上初の刊行物であった。

(中略)

最初10巻は77年に発表され、残りは彼の死後おそらく小プリニウスによって公刊された。

プリニウスの『博物誌10巻には、サラマンドラは斑点を持つ小さなトカゲで、雨が降ると現れるが晴れると姿を消し、体が冷たく火に遭うと溶けると記録されているが、これはサンショウウオに関する記述と考えられている。

また、『博物誌11巻にはピュラリスというキプロスの炉の炎の中でしか生きられない動物が登場しており、精霊サラマンダーこちらに近い。上記の通り、炎を操る特徴からファイアードレイクと同一視され、ドラゴンとして扱われることもある。

「ベーオウルフ」のドラゴン

『ベーオウルフ』が成立した時期は、作品内部にも外部の言及としても成立の時期を特定する記述存在しないため、必ずしも明らかではないが、8世紀から9世紀にかけての間に成ったと考えられている[3]。

第一部でベーオウルフは巨人ドラゴンとも言われている)グレンデルとその母親と戦い、第二部では炎を吐く竜と死闘をかわす。 なお、インパクトが強くかつ謎の多いグレンデルとその親に関しては言及されることが多いが、炎を吐く竜に関してのものは少ない傾向にある。だが、同時にいわゆる「ドラゴン約束事」(財宝を蓄え守っている、翼を持って空を飛ぶ、火を吐くなど)をほぼそろえている珍しいドラゴンでもある。

スラヴ神話のズメイ

スラヴ民族文字を持たなかったため、伝えられた神話民族独自に記録した資料存在しない。スラヴ神話存在した事を記す資料として、9世紀から12世紀の間に行われたキリスト教改宗弾圧の際の「キリスト教」の立場から記された断片的な異教信仰を示す内容の記述が残るのみであるスラヴ神話地方により様々なバリエーションがあったことが近年の研究により明らかになっている。

ズメイ・ゴルイニチ(「山の息子の竜」の意)の場合、3つ首以上、多ければ12体幹を持つと表現され、火や毒を噴くなど、歴然とした一般の「竜」のイメージで描かれる。

アングロサクソン年代記ファイアードレイク

アングロサクソン年代記』はアングロサクソン史を古英語で綴った年代記集大成である編纂9世紀後半のアルフレッド大王の治世に、恐らくはウェセックスにおいて行われた。

火の竜」を意味する名前の通り、炎をまとい、口からも炎を吐く。空を飛び、それが現れる時は辺り一面、昼のように照らされる。曇天の空に不思議な光が走る時はファイアードレイクが飛んでいるのだとされた。

隕石という説があるらしい。

獅子騎士イヴァン」のドラゴン

イヴァンまたは獅子騎士』(イヴァンまたはししのきし、Yvain, le Chevalier au Lion)は、1170年から1181年頃にかけてクレティアン・ド・トロワにより著作された散文騎士物語であり、アーサー王伝説主題にした5作品ひとつである

イヴァンは旅の途中で火を吐く大蛇獅子が戦っているところに出くわす。イヴァンは問答のすえ獅子に加勢し、大蛇を倒した。これに恩義を感じた獅子は、イヴァンと行動を共にするようになり、イヴァン獅子を連れた騎士とだけしか名乗らなくなる。

黄金伝説」のドラゴン

黄金伝説』(おうごんでんせつ、羅: Legenda aurea または Legenda sanctorum、レゲンダ・アウレア)は、ヤコブス・デ・ウォラギネ1230頃 – 98)によるキリスト教聖人伝集。1267年頃に完成した。

その時代エチオピアの町では一人の魔術師権力を持っていた。彼は常に恐ろしい二匹のドラゴンを連れていて、自分にはむかう者にけしかけていた。あまり大きなドラゴンではなかったが、口や鼻から火や燃える硫黄を噴出し、人や家を焼きつくしたので誰も魔術師に反抗できなかった。その噂を聞いたマタイ魔術師の元を訪れた。魔術師マタイドラゴンをけしかけたが、マタイが十字を切るとドラゴンは地面に倒れて眠り込んでしまう。

同じく「黄金伝説」に書かれている、有名な聖ゲオルギウスが退治したドラゴンは、毒を吐くが火は吐かない。

マルタが退治したタラスクは、「燃える糞を撒き散らす」と言われているけど、これ英語版では確認できなくない?

タラスクは、レヴィアタンボナコンの子なのだが、ボナコンの特徴である燃える糞」が、日本語訳されるとき混同されたのでは。

といったところから考えると、5世紀くらいまでは「火を吐くドラゴン概念は薄かったが、

8〜9世紀から伝承として語られはじめて、1012世紀頃にはすっかり定着していたという感じだろうか。

なぜ火を吐くようになったのか?

候補1:サラマンダーとの混同

サラマンダーは、火をより大きく燃え上がらせる能力があり、火山溶岩の中に住んでいるという伝承もある。

ズメイや、ヤコブドラゴンは、吐く息から硫黄臭いがするといい、火山連想させる。

候補2:雷や隕石などの自然現象に由来

ドラゴンには「地を這うドラゴン」と「空を飛ぶドラゴン」の二種類のイメージがあるが、

蛇や蜥蜴からは空を飛ぶイメージしづらいことを考えると、隕石から連想には説得力がある。

候補3:「身体が灼けるような猛毒から「火」に転じた

古典的ドラゴンはやはり「蛇」「毒」のイメージであり、

そこから火を吐くように変わっていったことを考えると、これも自然解釈に思われる。

うーん、わかんね。

anond:20190408143752

追記

というか最初、つまりギルガメシュ叙事詩(フンババ)の時点で『その口は火で、その息は死』と形容されてる。強力な怪物が火や死を吐くのは有史以前からの常識で、「最初から吐いてたが記録に残ってなかっただけ」では - cider_kondoのコメント / はてなブックマーク

フンババの咆哮は洪水であり、彼の口は火を意味し、吐息はまさに死である」というのは単なる比喩なのでは。

まあ比喩として記述されたものが、後に「そのもの」として受け取られるのは、この手の伝説ではよくあることだけれども。

仮にフンババが火を吐くとしてもそれだけで「もともと怪物は火を吐くのが常識」というのは飛躍ではないかと思う。

2019-03-27

ヴィーガン(笑)ってさ

ベトナム戦争頃の反動逆張り東洋神秘をかじって「オーマイブッダ!殺生は良くない!草木は幾ら殺しても実際良い。『生めよ、ふえよ、地に満ちよ、地を従わせよ。また海の魚と、空の鳥と、地に動くすべての生き物とを治めよ』は旧約聖書の教えだがどうせ仏教でも同じだろう」って調子乗ってるだけの統一教会以下のカルトしまさに文化盗用だからそろそろ仏教国は抗議して潰さないとほんとはダメなんだよな。

あいつら「○○は汎銀河的に真理だから俺はキリスト教に影響されているわけではない、俺が決めた」とか"反論"してくるしな

2019-03-15

anond:20190315112649

現在の七曜制は旧約聖書にある通りユダヤ教ありき。

これを日常生活にまで浸透させて良いって言ってるやつは、

便利さ以外にもう少し考え持って欲しい

2019-02-24

まーた「性的まなざし」論か

number_55

@room_number_55

ツイッター規約ざっと読んでみたけれど、

未成年定義は18歳未満

対象イラストCG文字含む

違反アカウントは即凍結。新規アカウント取得も不可

・申告を推奨

ってことでいいのかな?

非実在青少年の年齢をどうやって判断するか(見た目? 設定?)がハッキリしないのが気になるが…

午後1:05 · 2019年2月24日 · Twitter for iPhone

https://twitter.com/room_number_55/status/1099520769405546496

ななしぃ@七志乃七介 @Nanacie_ 2日前

webisu_vip キリスト教的に欧米は「だれでも、情欲をいだいて女を見る者は、心の中ですでに姦淫をしたのである」(マタイによる福音書 5:28)って考えですものしかし人は抑圧を受け過ぎると暴走する面がどうしても存在します。仏教思想まで禁止してませんから、この辺の考えは諸外国キリスト教思考とはかなり相容れないものだと思われます

返信 4

https://togetter.com/li/1319696

新約聖書』(しんやくせいしょ、ギリシア語: Καινή Διαθήκη, ラテン語: Novum Testamentum)は、紀元1世紀から2世紀にかけてキリスト教徒たちによって書かれた文書で、『旧約聖書』とならぶキリスト教正典。また、イスラム教でもイエス(イーサー)を預言者の一人として認めることから、その一部(福音書に相当するもの現在まれているものとは異なり、アラビア語で「インジール」と呼ばれる)が啓典とされている[1]。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E7%B4%84%E8%81%96%E6%9B%B8

最近、この手の西海岸サービス規約レベルイラスト排除がすごい進んでるんだよな。日本いくら騒いでも、意思決定西海岸キリスト教徒によって行われる以上はまなざし論の侵攻を遅らせることはできても押し返すことができない。どうしたもんかね。やはりブロッキングしかないのか? はてなハイク日本人が閉じこもればはてな京都本社と俺たちの京都府警がすべてを決定することになるわけだから

2019-02-19

異世界に転生した

ダンプに轢かれたら、テンプレ通りに異世界に転生した。

ついに念願がかなった! これでお姫様エルフや牝ドラゴンイチャイチャしたり、モンスター相手無双できる! と思ったのだが、実際は悲惨だ。

わかるか? 俺は「異世界に転生した」んだよ。

まりスライムになったとか、蜘蛛になったとかじゃなくて、俺が異世界のものになったんだ。

「それって神になったってことか」と思うだろう? 微妙に違う。

俺の腹の上で勇者お姫様エルフイチャイチャしても、俺はそれを観てるだけ。

何だよそれ? もとの世界で、観客としてアニメラノベを消費してたのと変わらんじゃないか

自分世界なんだから全知全能かといえば、そんなことはない。

世界全体の命運は左右できる、でも、個々別の人間の命運には介入できない。

言うてみれば、自分の体全体は自分意志で動かせても、体内の白血球の一粒一粒やら、シナプスの1本1本は自分意志コントロールできないのと似ている。

そんなわけで、世界のものである俺にできるのは、たまーに天変地異を起こして生態系文明リセットするぐらい。

そう、俺の腹の上で勇者ドラゴンと戦ってる風景傍観できるとこまで来るのにも、本当に気が遠くなるほど手間がかかった。

しろ最初は「何もない異世界」に転生しちまった。

旧約聖書じゃ「光あれ」の一言で全部できたみたいに書いてるけど、ありゃ詐欺だな。

最初の数億年は、まず生物を発生させるので手一杯だった。本当にいろんなことをやったよ、宇宙空間から数少ない炭素を集めたり、水を精製して増やしたり、何度も何度も雷を起こしたり、それでやっと、何億年もかかってバクテリアしかできない。

さら人類誕生まで数億年かかったわけだが、途中でうっかり、アノマロカリスが異常進化して知性を備え、このまま俺の世界節足動物人類世界になるのかと焦った時期もあったなあ、数千万年ぐらいで終わったけど。

恐竜時代まで来たら、「やっとか!」と思ったけど、また異常進化した爬虫人類ができちまった。はじめは「ドラゴン萌え☆」なんて思ったけどさ、ああいうのは普通人類いるからそれとの差異萌えるのであって、恐竜人類しかいなかったら、これはこれで飽きるぞ。

でまあ、さらに十億年ぐらいかけて、何度も文明生態系リセットをくり返して、ようやく、中世ヨーロッパレベル人類と、モンスタードラゴンが同時に生存する世界になった。

でも、それも数万年も続けると飽きるんだよな。

結局、「魔法モンスタードラゴンもなくて、人類科学文明がそのまま発展し続けたらどこまで行くか」に興味が移ってきた。で、今はその世界を数千年ほど続けてる。こないだやっと核兵器発明まで来た。

でも、最近はこの世界もいい加減飽きてきたなあ。

そろそろまたリセットすっかな……。

2019-02-15

anond:20190214195539

ユダヤ教があって一神教

キリスト教ユダヤ教と同じ「旧約聖書」を採用しているので、神は同一。

イスラム教は「イエス」を預言者の一人と位置づけている。神は唯一なので、キリスト教の神と同一。

2019-02-14

anond:20190214203754

宣言しているというか、そのへんはもはや常識レベルでは?

ヤハウェ」とか「アブラハムイサクヤコブの神」とか「旧約聖書の神」とか「アブラハム宗教」とかの表現が使われる。

とりあえずググってみれば?

2019-01-13

創世記

創世記によれば 、神はまず天地(宇宙)を作り、そこに光をつくった。

そして2日目には空を、3日目には大地と植物を、4日目には太陽と月と星をつくった。

5日目、神は魚と鳥をつくられたあと、6日目には獣と家畜、そして神に似せた「ヒト」を作られた。

そして、神は7日目に何をつくったか

それは「サウナである

アウフグース

サウナを暖めているサウナストーン香りの入った水をかけることで湿度を高め、体感温度を高めながら香りを楽しむこの行為フィンランドではそう呼んでいる。

そして今、夜更けのタクシーの室内球が点灯したかのごとく薄暗いサウナ室のドアを開け、1人の熱波の送り手「福永さん」は現れた。

サウナストーンに水がかけられると体感温度が急激に上がっていき、部屋中がアロマ香りで満たされていく。

俺の期待もまた高まってゆく。

子供時代にこっそり持ち出して遊んだライターのように、小さくて高いエネルギーと高揚が押し寄せてくる。

そして福永さんは手にしたバスタオルで発生した蒸気を室内に行き渡らせる。

福永さんはサウナストーンのある僕の左側から徐々に右側に熱波を送っているので、普通であればドライヤーに当てられるように一面だけが熱くなるはずだ

また暖かい空気は通常高いところに登って行くので、頭や耳は熱く、一方足はそれほど熱くないように感じられるはずだ。

だがおかし

福永さんは左側から歩いてきている

俺の右半身が温まってきている

福永さんが俺の正面に立つ

俺の頭からつま先すべてが1つの繭に包まれ

彼のタオルさばきから生み出される巧みな気流の流れはいっさい皮膚を焼かない。

北風と太陽旅人のように、あまり

自然自分の肉体と精神が温められ、雑念が一枚また一枚と剥がされてゆくのだ。

どうしてこんな暑い部屋にいるのか?どうして自ら苦しい目に合う必要があるのか?

そのような雑念はすぐに消え去り、ただその恵みを受け入れることだけが己の心の中に残ってゆく。

太陽アポローンはここに在ったのだ。

ちなみに神が7日目につくったものがもう1つある。

風呂だ。

彼の恵みを全身で受け火照り切った身体で水風呂に飛び込む。

刀鍛冶が湯入れの温度を繊細に見極めるように、まずは身体の汗をかけ水で流し、そして一気に全身を突き入れる。

水深170cm、熊本土地で磨かれた天然水の水風呂はまるで羊水のように火照った身体を抱きしめる。

その水風呂にただいっぽん垂らされる荒縄を握りしめ、天から降り注ぐ天然水の滝を受け止める。

もはやなにかを考えることなどない。

釈迦如来に垂らされた蜘蛛の糸を見つけたカンダタのように、無心で水と自分だけの世界に没頭するのだ

身体が芯まで冷えたところで水風呂から出る。神がつくったこの星の隅っこへ置いてある、白いプラスチック椅子腰掛ける。

まぶたが重くなり、体の力が抜け、自然と息を吸いたくなる

そして昔の出来事や遠い宇宙ことなどが過去未来ひとつになったかのようにとめどなく、無尽蔵に思い出されてゆく。

大学の時は木星研究をしていたなぁ。新しい天体事象を見つけてそれに名前をつけたかったなぁ。人はいつか死ぬし、死ぬまでの間に爪痕を残したかったなぁ。そういえばホスピスにいるばあちゃんは立てなくなっちゃってたなぁ。実家で着ながら家事をしてたセーターに着られてる小さくなったばあちゃん母親は次は何日にどの親戚が来るか、毎日伝えてばあちゃんの気力を繋いでたなぁ。もしかして無理矢理頑張らせてるんじゃないかって不安になってた母親デイケアマネージャさんが励ましてたなぁ。頑張らせてるんじゃないんですよ。ばあちゃん自分の力で頑張ってるんですよって。

俺の意識が肉体のことを忘れて飛び回る。

細胞細胞を繋ぐシナプス銀河を飛び回るニュートリノ線。主よ。人の喜びよ。

この浴場にさっきまでいたお腹の大きいおじさんも騒ぐ高校生も、店員すらもここにはいない。

自分の中心たるイデアがまっすぐ、自分内包している世界リンクするのだ。俺は今宇宙と1つになって、そこから何かを得ているのだ。

ありがとうばあちゃんありがとう木星ありがとう芥川龍之介ありがとう旧約聖書ありがとうイソップありがとう子供落書き帳。100円ライターありがとうギリシアアテネ

この快感サウナ愛好家たちは「ととのう」と呼び、また最高のトランス状態を求めて日夜研究を惜しまないのである

全てを終え、服を着てサウナの外に出る。

全てが整理されて視界と考えがクリアになる。

いまは西暦2019年1月13日 俺は男で終電はもうない。

さて。

ありがとう神様

ありがとう。湯らっくす@熊本

2018-10-11

anond:20181010212539

いや旧約聖書だとわりと主は苦労しっぱなしだぞ

信徒だったはずの民がちょっと油断すると別の宗教に流れていくので、常に罰である災厄起こしまくってて気苦労が耐えない

正直創造は5日目で止めて土日は二連休にしときゃよかったと思っているはず

2018-10-07

anond:20181007233815

かい話をすると美術史説明になるけど、西洋のそういう裸を扱った美術って19世紀の中頃より前のはほとんどキリスト教の背景があるからこそ当時でも容認されてたんよ

ダビデ像とかはもろに旧約聖書だし、有名なのだと例えばボッティチェリの絵なんかもそうだよね?

まさにその点が問題になったのがアルバートムーアVenusなんだけど、細かい話すると長くなるので自分で調べてくれ

単なるお気持ちでなく、キリスト教観点から何が正統で何が猥褻か、の奥深い歴史がわかって興味深いです。

2018-09-15

女が男へ反逆する話が好き

結局敗れるにしろ古代ギリシアアマゾーンやメドゥーサ、あるいは旧約聖書ユディトの生首持ってる絵とか魅入られる。

近代だとシャルロット・コルデーとか大好き。

そういう人いない?

2018-07-19

anond:20180719155341

お前旧約聖書創世記も読んだことないの?「産めよ、増えよ、地に満ちて地を従わせよ。海の魚、空の鳥、地の上を這う生き物をすべて支配せよ。」って書いてあるじゃん

2018-07-06

旧約聖書の神が「俺に奇跡要求するな」つってる話

してるな

2018-06-22

anond:20180622234122

紀元前の人たちは旧約聖書西暦になったら新約聖書

神殿でイケニエ捧げてたのが旧約聖書ジーザス贖罪のイケニエになったからこれから神殿で捧げなくていいよ!が新約聖書

2018-06-16

anond:20180616074948

世の中、知らなくて損していることって、いっぱいありますよね?

知識それ自体は、良いも悪いもなくて、役に立たないけど、それを活用することができた時点で初めて価値が生じると思います

 

知識価値がなければ、過去文明文化科学発見は、全ての人に忘れ去られて、何も残らなかったでしょう。

でも、実際には、多くの書物などで、過去から現在継承されています

 

賢いと言われているユダヤ人なんて、その典型ですよね?

何千年にも渡って、トーラー旧約聖書)、タルムードカバラなどの経典継承し続けています

2018-06-12

キリスト教福音派ってさ

何故ユダヤ人にとって『約束の地』だからって、イスラエルに肩入れするのかな?

ユダヤ教キリスト救世主だとは認めていないし、当然キリストを信奉するキリスト京都も認めてはいないだろう。

福音派キリスト教がキリスト教たる所以新約聖書より、旧約聖書を重視しているのか?

俺にはバリバリ革新派ゴリゴリ保守派を褒めちぎっているような、奇妙な光景に映る。

何とも不思議だね。

2018-06-11

[] 国会図書館写経

日本国内原典を読みたいなら、とりあえず国立国会図書館に行ったら良いだろう。

 

西洋

 

東洋

 

これらを押さえれば、メジャー宗教理論が分かる。

宗教起源中東なので、余裕があればペルシャエジプト古代宗教も押さえておくと尚可。

 

マルクスは、大英博物館図書室にこもって資本論を書いた。

増田も何か面白いことを思いついたら、本でも書いちゃいなよ?

今なら電子出版で、誰でも本を出せるからね。

 

anond:20180611134920

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん