「クールジャパン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: クールジャパンとは

2019-03-15

日本人女性海外モテモテらしい

いいことだどんどん海外進出して日本文化を広げていってもらいたい

クールジャパンおもてなし精神海外家族ゲットだぜ!

2019-03-14

日本創作文化は、すべてにおいて今がピー

これから差別搾取だと、そもそも描ける題材が減少する。移民も増えると、移民への配慮のある表現要求される。

俳優も薬どころか、家族不祥事責任まで取って引退するから、実力のある人間が限られていく。

表現規制運用で融通きかせるから担当者の手腕によるけど、予め規制を避けるには一番無難表現に落ち着く。

そもそも映画アニメに金を出さないので、米中や、今後金のダブついた国に金で負ける。

映画はもちろん、ドラママンガアニメ、全て確実に縮小する。

クールジャパンとかはしゃいだ、平成アニメばっかりリメイクして、新作はほとんど翻訳なんて時代になる。

どんまい

2019-03-10

考えたら少年ジャンプってさ

雑誌からし性差別的だよな(怒ってる訳じゃ無いぞ これはシニカルつぶやきだ)

 

「少年」なんだぜ? 少女は要らないって最初から声明を出してる訳じゃん

それが日本代表コンテンツになってオリンピッククールジャパン

あらゆる場面で立ちふさがるわけだから

もう女のためのコンテンツが出る幕が無い

 

から女はジャンプキャラホモ化させてOh Yes Yesするくらいしか

この雑誌の使い道も漫画の楽しみ方も無い

 

少女が媚びず、硬派かつ主体的に動く」作品

雑誌の党是によって否定されちゃってンだわ

そらたまには出るかもしれんけど、今のフェミブームがさりゃ、

またビキニアーマー援護射撃要員に戻るだろうし

バランも迷走しだしてるし

 

これから更に高齢化して

創造性失う日本人には色々作れないだろうし、まあネトフリ最高だなって(ステマ

2019-02-27

出版社が叩かれてるけどじゃあどうするべきなの?

電子書籍ユーザビリティ向上に舵きって取次や印刷を切り捨てればいいの?

それで書籍多様性は失われたりしないの?印税原稿料は今まで通りの水準を保てるの?

外資がやってきて定額制サービスに吸収されるの待ちみたいなこと言う人いるけど定額制サービス作家のうま味の無さが半端じゃなさすぎて無理でしょ

定額制サービスにとことん向いてないよ作家特に漫画家漫画家向いてなさすぎ

そもそもこういうガラパゴス出版事情こそがこの国で独特の発展を遂げた漫画文化の土台となってきた側面も十二分にあるでしょ

もし電子書籍ばっかり売れたら取次や印刷が困ってこのガラパゴス環境破壊されちゃうじゃん

クールジャパン危機だよそれ

ただでさえ電子書籍の売上は年々上昇してきてるのにさ

紙の本買ってこのガラパゴス環境の維持と発展に努めるのが読者の義務だとは思わないわけ?

2019-02-24

反出生主義者から見るマニア/オタク文化のすごさ!

自分は反出生主主義的な考えの持ち主だけど、今回の内容の重点はそこじゃない

今回は今のオタク文化すごくね!?ってことだ

大変失礼ながらオタクライブアリーナ武道館幕張メッセドーム等に集まる数万人のオタクを見るに子持ちは少ないだろうと思う。

誠に断定的で申し訳ないが…

ただその事実で「残念な人」とレッテルを貼るのが普通大衆人だと思う。

だけど自分みたいな反出生主義のオタクだと「やべー!マニア/オタク文化結果的に出生数減らしてるぜ!よくやってる!おまいら流石だぜ!」みたいな感じに捉えてしまうのだ。

これがコミケとかコミトレとか同人即売会だと顕著になる。

もっと身近なとこだと鉄道でもカードでも音楽でもなんでもいいオタクマニア系のショップにいる独男独女の方々!素晴らしい!!!!!!と讃えたい。

これは煽りじゃない。人類の減少に貢献しているそこの独身男女、ついでに既婚の子梨の方々!そなた達は美しい。子供を作っていないのは物凄く誇れることだ!もっと胸を張ってほしい。




仮想恋愛という選択肢

次元アイドル、3次元アイドルAVエロゲ二次嫁、美少女系の抱き枕カバー、それぞれかなり出生数の減少に貢献していると思う。

ジャニーズだって韓流だって例外じゃない。

このような仮想恋愛は今後VR等の普及で更に加速するはず…てかもっと加速しろ!!!遅すぎんだよwwwもっと仮想恋愛拡大しろ

あと自分は虹ヲタなので二次しか詳しくないのだが特に二次元のエロ文化の発展は目を見張るものがある。これは技術力のあるオタクならではの発展だと思ってる。三次エロより発展の余地があるのが二次エロだと思う。

詳しくない人には分からないだろうが、アキバ系の専門ショップをよく調べるとよく考えられてると感心してしまう。




若者の現世離れ

若者見てて思うのはゲーム話題が多い事。これはいい傾向だ。現実に興味を持たない=現実時間のかかる事を避ける傾向になるという式が導き出されるからだ。

若者よ!どんどんゲームして現実離れしてくれ。ゲームでどんどん満足してくれ!ゲーム脳になってくれ!

あと正直今後の日本の現状は良くなることは殆どない。微レ存レベルだと思う。

この少子高齢化社会グローバル社会でどう景気が昔みたいに良くなるというのだ!

失われた30年も近い現状。

これから外国人労働者頼りの現状。だか外国人からといって差別しないでくれ。反出生主からすると差別したいのは「「「子持ち」」」なもので(;´Д`)

少し話がずれたが若者ゲームが浸透しているこの社会未来は反出生主義的には明るいのだ。

序に若者よ反出生主義に目覚めてくれ!そうすれば今の日本は反出生主先進国だぞ!

これこそ世界に誇れるクールジャパン!ついでに日本の政治は出生に厳しくて反出生主義的ですばら!!!




○今後のオタク人口について

2030年オタク人口比率40%」へ!? | アナリストeyes | ニューストピックス | 市場調査マーケティング矢野経済研究所

https://www.yano.co.jp/opinion/180801.html

2030年オタク人口は40%を突破するらしい。この勢いでオタクが増えて子梨が増えてくれー!

以上書きなぐってしまってまとまりが無くなってしまったが、オタクの子梨をめっちゃ高く評価してる人もいることを知ってほしくて書いてしまった。

酒や煙草、女、男に逃げるよりはオタク文化に落ちたほうが良い…てか落ちてくれ…(個人的感想

2019-02-06

anond:20190206182356

極端な話だけど漫画アニメゲームが人にいい影響を与えればクールジャパン

キャプテン翼見てサッカー選手になったりスラムダンク見てバスケ選手になったりとかさ

悪い影響を与えて犯罪とか起こればオタ有罪

ただこれだけの話だと思うよ

もう最終的にはすべての漫画アニメゲームでヤバそうな描写入れるなら

これはフィクションであってその時代は未開だったから許されてただけだよとか

真似してこういうことしたら刑法XX条違反でXX年の懲役だよって注意書き入れた方がいいかもね

2019-02-03

anond:20190201001118

地獄、いや自国文化を愛するとかネトウヨかよ。

まあ、アベちゃんがそのうち愛国心を高めるために作らせるかもね。クールジャパン(笑)

2019-01-28

anond:20190127211255

クールジャパン戦略ってオタクの間では冷笑しかされてなかったが。

アニメの事なんか何も分からないお上が何かバカな事やってるよ的に。

海外人気があるのは一部の子供向けアニメだけで大人オタク向けアニメ海外でも一部の日本アニメオタクしか人気がない、

ってのもオタクの間では普通に知られてた。

ネットもとっくに普及してた時代から、そういう情報が広まるのも早いし。

単に当時はまだ子供でそういう空気が分からず素直に大本営発表鵜呑みにしてたけど、

大きくなって現実が分かるようになっただけじゃ?

ポリコレ云々も、当時はそういうのをバカにするのが楽しい中二病なお年頃だったからそういう情報が目についたけど

今はそうではなくなったというだけでしょ。

2019-01-27

日本アニメプレゼンスは、なぜ下がってしまったんだろう?

みんな忘れてしまったのだろうか。あの祝祭的な季節を。

ぼくは覚えている。それは90年代半ばに始まった。

海外アニメが人気だと新聞に報じられ、日本アニメ国際的競争力を持ったコンテンツだと、盛んに論じられた。

エヴァブーム村上隆アートもそれを後押しした。あるいは岡田斗司夫の各種書籍も貢献していたかもしれない。

アニメ幼児的だとバカにされているが、実はそのローカル性こそが世界では面白がられるんだ。あるいはアニメこそが作家主義を貫いて深いドラマを作れるんだ、とかも言われていたっけ。

まぁ、要するに文学邦画なんてまったくダメで、アニメこそが日本の誇るべき文化なんだ、という論調が一気に広がった。社会学者文芸評論家もこぞってアニメを語るようになった。

国もそれに同調して、「クールジャパン戦略」を唱えるようになった。アニメを輸出して日本文化プレゼンスをあげようとした。これ自体音楽戦略的に輸出したイギリスクールブリタニカ戦略猿真似だったけど、実際にやったことは誉めてやっていいだろう。石原慎太郎が「ほしのこえ」を絶賛していたんだぜ。

そうやってゼロ年代半ばにはクールジャパン論はピークに達していた……しかし、その後の惨状はどうだろう。

まずクールジャパン戦略は無惨にも失敗に終わった。これ自体は今でも施策が続いているが、アニメの姿はなりを潜めて、ゆるキャラや各地の名産品を押し出すようになっている。各国にあるクールジャパンショップも同様だ。

アニメこそがすごい文化なんだ、という論調も次第に静かになっていった。アニメを持ち上げる人が、どんどんいなくなっていった。

それはアニメ自体流行の変化にも原因があるだろう。攻殻機動隊エヴァンゲリオン、カウボーイビバップといった「大人向けアニメ」はあまり作られなくなり、キャラクターのかわいさを押し出す「萌えアニメ」が主流となっていた。

それはまだいい。致命的なのは萌え」が語るべき言葉を持っていなかったことだ。

ゼロ年代にはまだ「萌え」こそが思想的に新しくて最先端の消費行為なのだと言い切ることもできた。「萌え」の言葉意味や、それのなにが新しいのかを語ることができた。

しかし、個別作品を語るとなると、「このキャラかわいい」で終わってしまう。これが決定的にまずかった。

なぜなら、それはクチコミで広がらないことを意味している。エヴァはこういう作品で、ここが面白いんだよ、と説明できる。しかし、萌えにはそれができない。言語化できないってことは、海外にも紹介できないってわけだ。

さらには社会的な風潮の変化も、アニメには打撃を与えているあろう。90年代はまだ表現の自由がどこまでも広がっていくという幻想があった。あれも表現してOK、これも表現してOK村上隆オタクアートはその幻想を土台にして成り立っていた。

しかし、その後にやってきた現実は、大きなバックラッシュだった。ポリティカル・コレクトネスが席巻し、あれもダメ、これもダメ、という世界がやってきている(かつて政治的な正しさは「生真面目なやつらがくだらない批判をしているぜ」とお笑い草にされていた。そのとき空気は、『政治的に正しいおとぎ話シリーズで感じ取ることができる)。

これはアニメにとってとてつもない逆風だ。なぜなら、アニメにおいては奇形であることがクリエティティ証明だったからだ。たとえば、ゼロ年代は「エロゲー」をベースにした諸作品が注目を集めたが、これは今ではとてもじゃないが取り上げられなくなってしまっている。

アニメは今ではかつて(90年代半ば以前)のように「省みられない」存在に戻ってしまった。

日本コンテンツ話題になるのは、コンマリやテラスハウスだ。まだ宮崎駿新海誠はがんばっているけど、かつてのように「アニメというジャンル自体に優位性があるんだ」という勢いはない。みんな忘れているけど、「すべての映画アニメになる」なんて言われていたんだぜ。

今ではアニメ話題になるといったら、アニメーターの待遇がどうだ、といった就労問題ぐらいだ。

しかし、この残念な現実を見るに、なんでこうなってしまったんだろうと首をひねってしまう。あれは幻想だったのだろうか。いったいどこで道を間違えてしまったのだろう。みんなあのころのことはどう思っているんだろう。忘れてしまったのだろうか。あるいはまた盛り上がることがあるんだろうか。日本未来は、これからどうなってしまうんだろう。

2019-01-13

日本企業って何で稼いでるん?

食品加工しか残ってない気がするんだが、どうだろう。

アメリカ製好き、低価格中国製日本製品買ってない気がしているんだが。


自由貿易でより低価格品質の良いものが手に入って豊かな生活が出来るって言われるが、

10万超えるようなアメリカ製品を好きに買えるくらい裕福でもない。

裕福でもないが、推しライブチケットに数万だしたり、ガチャに数万払ってたり、グランピングのように一歩引いたバブリー感を体験できるものにはお金を払っている。


いや内需依存型で、ユーロ圏のようにトリレンマがないにも関わらず、政策出せてないのが駄目なのか。


  1. パソコン → インテルAMDアメリカ勢、マザーボードメモリ台湾中国
  2. スマフォ → アップルGoogleアメリカ
  3. 基地局  → ファーウェイ
  4. 通信機器 → シスコ
  5. 白物家電 → LGなど
  6. Eコマース → Amazon
  7. 家具 → イケア中国製
  8. レンタルサーバー → AmazonGoogle
  9. 映画 → AmazonNetflixアップルGoogle
  10. 書籍 → Amazon
  11. 音楽 → AmazonSpotify
  12. 大工道具 → 中国製ボッシュ
  13. ゲーム → 任天堂ソニースマフォゲー
  14. 車 → トヨタ日産自動運転で陰り
  15. アニメ → クールジャパンは輸出できず

2019-01-04

素人が思うアニメ業界の話

アニメ関係者アニメ業界が潰れないためのアイディアをください」→一般視聴者からアイディア殺到業界問題が浮き彫りに

https://togetter.com/li/1305094


  1. 既にクールジャパンとして構造は把握されているので、海外でそのまま売れることはない。売れるのであればアメリカがとっくにかっさらっている。
  2. いくらフィクションでも日本で住んでいることが前提となっている。日本文化+フィクション部分でハイコンテクスト日本生活に憧れている人は見るだろうが、それ以外は気にしない。
  3. 毎週30分というのが中途半端になっている。Netflixのようにイッキ見するか、10毎日のような視聴スタイルテレビではなくスマフォで見ている層に対応できていない。通知で色んなもの時間を奪っていく中で週単位での更新は忘れ去られる。1話忘れるとついていけず脱落する。
  4. そもそもテレビを持っておらず、スマフォで済ませている層は見るのが厳しい。(購買につながらないので対応する客層ではないかもしれないが)
  5. アニメの数が中途半端YouTubeほど沢山あるわけでもなく、全部見ることもできない。
  6. 所有欲が変わってきている。スマフォの中に所有したいのであり、DVDを持ちたいわけではない。
  7. SNS販売が結びついていないので、SNSで盛り上げても、購買につながらない
  8. 買い物に失敗したくないという人が増えているのについていけてない。物質的に目に付くものは失敗したと認識やすいのではないかスマフォガチャのように目に見えず、手に入れた時点でゴールとなる方に慣れた。
  9. 作品よりも推しに変わってきている。(YouTuber、地下アイドルオンラインサロンなど内容よりも推しと関わるか)



やれば良いんじゃないかと思うこと
  1. 時間を短くして毎日更新10分ほどのものスマフォ向け。
  2. 公開と同時に全話イッキ見できるようにする。テレビ向け。
  3. ベータ版から制作に携わる権利販売する(そのためにも10分などの短い時間動画とする)。
  4. アニメーターに焦点を当てて、推しにできるか売り出す。

2018-12-30

DLEは優良企業だと思ってたけど、実際は違った?

マジ卍?苫米地先生がほめてたから、てっきり良い会社かと思ってました。

 

即断即決」で稼いでいる人たち

ここまで読んでも、本当に「即断即決」で大きく稼いでいる人なんているのかと疑っている人がいるかもしれません。

実例を一つ挙げましょう。

 

日本アニメは全体的にレベルが高く、海外からは「クールジャパン」などと呼ばれるコンテンツ産業の旗頭のように扱われています

ところが、業界内の人に話を聞くと「クール」とは程遠い実態垣間見えてきます

アニメは、セル画と呼ばれる絵を何枚も描いて、それをコマ送りで撮影して放映するという手法で作られていました。

日本アニメは1秒間に8枚をコマ送りするので、その分の絵を描かなければなりません。

さすがに現在デジタルに移行しましたが、それでもたくさんのコマ数の絵を描くという部分は変わっていません。

「多くのアニメーター(アニメ制作者)たちは、短い納期の中、毎日4時間程度の睡眠しか取らずに働き、平均月収は8万円前後だそうです。

 

ブラック企業どころか、ブラック業界とでも呼べそうな話で、「クールジャパン」などと自慢している場合ではありません。

そんな仕事をするくらいなら、時給800円コンビニエンスストアファーストフードレストランアルバイトでもした方がいいのではないでしょうか。

時給800円で1日7時間、月3日働いたとすると 時給800円×7時間×3日=1万2000円 となり、月収1万2000円になります

アニメーターをするより月3万2000円も多く稼げます

さらに1日7時間しか働きませんから睡眠時間4時間などということはありません。

冷静に考えれば誰でもわかるはずなのですが、そういう選択をせずにアニメーターの仕事を続けている人がたくさんいます

 

そういう選択をしたのですから、それを受け入れている(お金睡眠時間関係なく、とにかくアニメを作る仕事が好きだとか)のかと思いきや、そうでもなく、常に自身待遇に不満を持っていたりします。

今のままでいいのか、抜け出したいのか、はっきりしないのです。

ここは「即断即決」、どちらかに決めてしまわなければ、毎日が不満だらけのまま過ぎていきます

でも、現状(労働時間睡眠時間収入)に不満はあるけれど、アニメ仕事は好きなので辞めたくない。

 

そんなとき、ある「即断即決」をした人たちがいました。

 

株式会社ディー・エル・イー(DLE)という映像コンテンツ制作する会社があります

 

秘密結社 鷹の爪」「パンパカパンツ」といった個性的アニメ制作する会社として有名です。

パンパカパンツ」は海外でも大人気だといいます

DLEの人たちは、いち早く「フラッシュ(Adobe Flash)アニメ」を導入し、セル画デジタルアニメ(CGアニメ)ではなく、フラッシュアニメ制作する手法を取り入れました。

これによりコマ数は激減し、また、従来に比べるとアニメ制作の手間が格段に減りました。

 

まりアニメーターの仕事量が大幅に減ったのです。

それによって作品のものの質が低下したのかと言えば、そんなことはありません。

それまでのアニメとはまったく別の世界観提示し、新たなアニメコンテンツとして人気を博すようになっています

まり、以前の「睡眠時間4時間」といったような過酷労働条件を緩和し、さら収入も増やすという方向へと進んでいったのです。

 

その証拠に、DLE東証マザーズ上場しています

 

アニメ制作会社株式公開している会社はそれほど多くありません。

あっても超大手企業か、よほどいいコンテンツを持っている会社か、ゲーム会社大手出版社広告代理店といった異業種ながらアニメに関わっているような会社ほとんどです。

 

そんな中、制作会社しかも「主流」とはいいがたい「フラッシュアニメ」の制作会社上場するのですから、そうとう稼いでいるのでしょう。

「彼らがそれほど稼げたのは、実力が十分にあったことに加えて、「自分たちフラッシュアニメをやろう」と「即断即決」して、行動したからです。

ブラック業界と言っていいほどのアニメ業界の現状を変えようと決めて、すぐに動き始めたからです。

いまでこそフラッシュアニメは普及してきていますが、彼らは普及する以前から、この道を進んでいました。

 

「先発優位(first mover's advantage)」などという用語があるとおり、ビジネスにおいて先行するものが圧倒的に有利なのはいうまでもありません。

フラッシュアニメは儲かるみたいだ」とわかってから新規に参入した人たちも大勢いると思いますが、先行するDLEに「追い付き、追い越す」のにはかなりの時間と労力が必要となるでしょう。

まり、同じ判断をするにしても、人より早くそ判断ができるかどうかが、ビジネスにおいては成功するか否かの分かれ道になることが多いのです。

即断即決」できる人と、長々と会議をしたあとでさら時間をかけて考え続ける人との違いは、やがてとてつもなく大きな差となっていくのです。

 

ビジネスでは「先発優位(first mover's advantage)」。

同じ判断をするのでも、早く判断した者だけが圧倒的なシェアを得ることができる。

2018-12-26

日本コンテンツ海外いちばん需要あるのは実はアダルトビデオっていうのは

政府はもちろん言わないけどみんなはよく知ってるよね。

税金もいっぱい投入されてるクールジャパンプロモーションビデオでも

AV女優名前がコッソリというか堂々と忍ばせてあったりで。

まあそんなことはどうでもいいんですけど。

そういうの見て変な幻想を抱いて日本に来る外国人も多くて

各地の風俗店というかそこで働く人達はとても辛い目にあっている。

そういう仕事なんでしょって言われればそうかも知れないけど

このまま日本がどんどん貧しくなって、科学技術でも遅れを取って

売るものがなくなったら、ザビエル時代みたいに性奴隷が輸出される

けど今の政府は見て見ぬふりだろうね。

2018-12-02

3000万くらい賞金出す漫画大会やればいんじゃね?

大手出版社が総出で超大型コンペとかやれば盛り上がりそう。

漫画家プロアマわずWebからエントリーできるようにして、さらエントリーされた作品は全部無料で読めるようにして、一般読者に投票して貰う。

そんな感じに大賞は一般読者の投票で決まり、どこの出版社が囲うかは、要交渉

で、それとは別に出版社ごとに賞を設けて有望株は各々で囲えるようにする。

あと、上位に残った作品漏れなく英訳して世界アピる

これぐらいのことしたら、ああ日本は本気なんだな、本気のクールジャパンだなって、クレイジーだなって、なると思うよ。

2018-11-16

anond:20181115235804

ほんとにね。

クールジャパンをやってるやつらはクソ無能なんで、自分でやってやろうかとかは思わなくはない。

まあせめて投票行動ときはそういうとこ重視するがね。

野党の皆様は麻生山田を見習ってオタクアピールもしてほしい。、

2018-11-09

anond:20181109170840

そうですよね!

萌えアニメは皆が大好きですもんね!

日本世界に誇るクールジャパンアイコンですもんね!

萌えアニメ目当てに来日する外国人さんも一杯いますしね!

それをゾーニングしようだなんてとんでもない話ですよね!

2018-10-26

2000年代前半ってオタク存在感一時的に退潮してた時期なんだよな。

ジャンプ発行部数マガジンの後塵を拝していた暗黒期。

夕方アニメが消えて深夜アニメが隆盛するまでの移行期。

千と千尋の神隠し」がヒットして、

マトリックス」のヒットで「攻殻機動隊」が注目されて、

ジャパニメーション」とか「クールジャパン」とか言われはじめた。

なんとなく漫画アニメオタクではなく一般大衆のものになりはじめていた時期。

そのあいだ、オタク2chに潜ってエロゲ文化萌え文化ネット文化発酵させていた。

その熟成された「オタク文化」が電車男きっかけに一般大衆に知られるようになった。

というイメージ

文脈https://anond.hatelabo.jp/20181026114205

2018-10-22

アニメ業界 どうしてその用語になったのか不思議言葉

動画

主にキャラクター動作に関して原画(=キーフレーム)と原画の間を埋める絵。中割ともいう。

完パケしたムービーファイル動画と呼ぶようになってしまったため混乱が生じている(むしろこっちが問題)。

ジャパニメーション

80年代英語圏流通して80年代で終了しているのに、90年代に「これからジャパニメーションだ」と日本国内で言われて未だに使っている人がいる。

現在クールジャパンと一緒に使われる場面が多い事から、半ば揶揄としての用語になっている(それに気づかずに使う人が後を絶たない)。単にアニメで通じる。

アニメーション

スタッフリストを見ると分かるように、アニメーション制作元請けスタジオ名の並びになっており、アニメ呼称制作ではなく作品に限られる。

作品自体としては、日本マンガに見られるようなキャラクターが出てくるもの以外を指す。文章としては字数に余裕がある場合や、ジャパニメーション同義ドヤ顔したい時に使われる。

フラッシュアニメ

そもそも制作ソフトFlash Playerが必要な視聴環境コンテンツを同じ名称にしてしまったのが混乱の始まり(前者はAnimate改名後者2020年に終了)。

デジタル作画として使う場面も多いのに2Dにおいて手描きと別枠になっている。IT業界ゲーム業界制作ソフト名やプログラミング言語などを冠して○○アニメと呼ぶ傾向が流入GIFCSS…等々。

IT業界 どうしてその用語になったのか不思議言葉

https://anond.hatelabo.jp/20181022115008

ビデオゲーム業界 どうしてその用語になったのか不思議言葉

https://anond.hatelabo.jp/20181022141209

2018-10-12

anond:20181008033937

俺も萌えとか二次元とか好きじゃないけど、好きな人のことは否定はしないよ。

オーバーグラウンドに持ち出すから変なフェミやらに叩かれる訳だから

ひっそりとアンダーグラウンドでやってればいいと思うし、それを望んでたオタク達もいると思う。

国営放送NHK品位ガ~、、とか言われてるけど、オーバーグラウンドに持ち上がったもの

クールジャパンとか言って世界にまで発信しようとしてるの、日本なんじゃ?

ということで「一般ゴリ押し」は国家としての方針なんじゃないですかね。

日本死ね!!

日本版文化の盗用」議論

アメリカでは文化の盗用」に関する議論が喧しい。ボストン美術館キモ体験についたクレームだとか、当事者であるはずの日本人から見ても「別にいいじゃん」と思わせられるようなケースさえあり、それ自体差別的発想だという批判もあるくらいだ。実際、例の企画は、元々の画がジャポニスムテーマにした画であり、その画の前で日本人ではない人がkimonoを着て写真を撮る行為は、むしろ「ある時代存在したジャポニスム」そして「それを描いた画」という『オリジナル』を尊重した行為ですらある。たとえば日本人着物を着てその前に立っても全く意味がないどころか、むしろそれこそ「オリジナルへの敬意を欠いた振る舞い」として批判されるおそれさえあるだろう(皮肉)。

(※ちなみに、時間のない方は、このあと太字部分だけ読めば大体の内容が分かります。)

だが、そんな自分が、日本でしばしば気になって仕方ない「文化の盗用」がある。それは、TV番組などでしばしばみられる「関東言語話者による恣意的方言使用である。よく例にあげられる「外国の都会の人の言葉標準語で訳されるが、農夫の言葉東北弁で訳される」みたいな問題だけではない。地方舞台にしたドラマ登場人物が喋る台詞などにおいても、方言が、その地方やその地方言語に対する十分な理解を欠いた人間、つまりネイティブ以外によって「ちょっとした彩り要素」としてカジュアル使用される結果、おそろしくひどい形で表現されている。文化への敬意を欠いた使用は、まさに「盗用」と呼ばれるのにふさわしい。

たとえば、関西ネイティブとして断言するが、TVドラマや公に出版されるフィクションなどで見かける関西弁による会話」をみて「自然だ」と感じることは99%ない。それなりにお金をかけているはずのNHK朝ドラ関西指導:●●、などとクレジットが入っているのに)などは、最もひどい例の筆頭である

そういうひどい例を具体的にあげると枚挙に暇がないので、1%の「よい」例をあげてみよう。たとえば谷崎潤一郎細雪戦前作品だが、関西文化に対する深い理解をもとに、「自然な」関西弁が用いられている数少ないフィクションである。谷崎は江戸っ子だが、言語に対する深い感覚と、関西に移り住み関西ネイティブ結婚して緻密にその文化所作、その背後にある思考法を観察した結果として、たとえば第一章冒頭の流れるような会話描写を実現した。相手の反応を伺うような、どこで途切れるのか分からない古典時代のような会話、相手を立てるように話す長女と蓮っ葉な口をきく三女は、それぞれ阿吽の呼吸で話を推進する役/突っ込みを入れる役/疑問・答によって話のオチを付ける役、などの役割(ロール)を自在に演じながら会話を展開させていく。これに較べれば、NHK朝ドラ等の会話が、いか醜悪な「関西弁モドキ」の会話であり、結局「関東弁を関西弁ぽい口調にしただけ」の底の浅いものかがよく分かる。少なくとも関西ネイティブなら、その違いは明白に感じ取れるものだ。

NHK朝ドラで、たとえばヒロインに対して友人が、あるいはヒロインが知人や親に、時に熱く、あるいは涙を浮かべて関西弁で「○○○○なんや!」と叫ぶ。見ている私の胸には「ああ、またか」と鼻白む思いが広がっていく。あれで関西配慮しているつもりなのか。関西東京にとって単なる感傷的なエキゾチシズムの対象なのか。あん関西人おらへんねん。ほんまに。

関西では、関東人のように「正論」を「熱弁」することは、申し訳ないがノーマルナチュラルな振る舞いとは見なされない。話の半分をジョーク構成し、自分を「落とし」て低姿勢で粘り強く交渉するスタンス疑問形を多用して「相手に語らせる」手法、話にはヤマとオチをつけるという作法、そういうものを欠く会話は、下品で場をわきまえない失礼なものとみなされ、見下される。幼い子供を除けば、自分意志相手に伝えたいときにはもっとも用いないやり方だ。関西ネイティブ一見感情かに見えるが、それはあくまでロールを演じる意味においてでしかない。生の感情を表に出すのは、基本的に大きな怒りを感じている相当限られたケース・シチュエーションであり、その際にはまた普段とは全くことなる口調・態度・話の作法を取る(先ほどの「細雪」では、たとえば上巻九で女中を叱責するときの口調がその好例となるだろう)が、それもまた原則的にはストレート物言いを避けながら結論へと近づいてゆき、「自分の言いたいことを相手に悟らせ言わせる」ことを目指したやり方を取るのが通常である。そして、可能な限りすみやかに、通常の流れの会話への復帰が図られることで、その特異な状況の調停と幕引きが図られるのが常である(たとえば先の「細雪」の例では、女中を叱責して帰したあとすぐ長女が「やっぱり自分に落ち度があったのだろうか」という意味自分の「落とし」を始めることで、通常モードへの復帰を図っている。もっともこのシーンでは、普段無口な次女が想像以上にこの件について腹を立てていたため、復帰があまりうまくいかない、というシーンになっているが)。

真顔で、正論を、熱弁するヒロイン これを関西弁でやられると、演技の上手下手に関わらず(むしろうまければうまいだけ)、申し訳ないが周囲との調和を失い破綻した人格を演じているようにしか見えないのだ。このため、たいていの関西人が、あれを見て「奇妙に大げさで下手な演技をする演出朝ドラスタンダード」という歪んだ認知もつことでスルーしていることを、NHK関係者理解されているだろうか? 役者が上手に真面目に演じれば演じるほど、関西人には「下手糞」な演技に見え、演じたい役と演技の乖離は増してゆく。方言文化に対する敬意を欠いた行為は、こういう一見滑稽な、内実を考えれば誠に悲惨結論を生んでしまうのだ。

いったい、メディア関係者はこの明白な「盗用」行為について、どのように考えているのか。私はこれが何かを「考えた」結果であればまだ救いはあると思っている。しかし、おそらく「何も考えてない」というのが実情だろう。何も考えていないからこそ平気で「盗用」できるのだ。盗まれた側の痛みなどまったく想像もしていないから、平気で盗んで見せびらかすような真似ができるのだ。とんだ裸の王様である

国内メジャー方言である関西弁ですらこの有様だというところから見ると、おそらくそれ以外の方言についてはもっとひどいことになっているのだろう。異文化カジュアルに親しむことが「悪い」ことだとは言わないし、敬意をもって接してもらえるなら、触れてもらう側にとってもそれは喜びとなる。だが、少なからず敬意を欠いた異文化との接触は、しばしば悲劇的な結論しか生まないものだ。国内異文化に対する振る舞いは、必然的国外異文化に対する振る舞いにも敷衍される。奇妙に滑稽な「クールジャパンの現状、昨今の極めて「内向的な」外交のありようと、このことは無関係ではないだろう。私たち自分たちが何ものかも知らず、他者が本当は何者なのかも分からない中で、相手の予想のつかない振る舞いに、奇妙に怖れ、怯え、媚びているのだ。


文化の盗用」議論に実りある内容があるとすれば、こういったことへの自覚が少しでも私たちの中に生まれることにあるのではないだろうか。私たち自分たちのオリジナル文化とは何なのかについてもう少し自覚的になり、「(異)文化とは何か」ということについてもう少し考えてみるべきだと思う。無邪気な子供のように「世界中ミナトモダチ」では片付かない、異文化接触する際には慎重で警戒した身振りが必要となる、そういうリアル感覚をもう少し我々はもつべきだ。そうすれば、外交についてももう少し現実に即した対応が行われるようになり、海外との交流スムースに進み、そして関西に対する誤解をただただ広めるようなフィクション制作されなくなり私がイライラする機会ももう少し減るのではないかと期待する。(←これがオチ

2018-10-10

痛車はもう痛くない時代なのか

キズナアイ問題見てて思ったことなんですけど。

フェミニズムジェンダー論とはぜんぜん別の話です。

テレビとか、一般人の目に触れるところにオタクコンテンツが出ることに対する居心地の悪さ、ってあったと思うんですよ。

アイタタタタ、みたいな。うわーすいませんこんなの皆さんに見せちゃって、みたいな。

少なくともある程度以上のオタクの人にはあると思う。

でも今はメディアにも萌え絵がたくさん登場して、オタクでない人もアニメをみるようになったり、日本の誇る文化クールジャパン!みたいな状況になった。

ずいぶん時代が変わったな〜と思う。

こういう環境で育った若者たちは、上に書いたような居心地の悪さって、ひょっとしたらもうないんだろうか?

今回の件を見てると「NHKキズナアイが出る」ことはもう全然「痛い」ことではなくなってるっぽくて、なかなか感慨深いです。

まあ痛車はさすがにまだ痛いと思うんだけど、そのうちなんでもない車ってことになるんでしょうかね。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん