「ユーミン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ユーミンとは

2019-05-02

うどんハシゴの麺の長さ増田酢魔佐賀なノン目の越しはノン道(回文

中央道八王子方面に向かい走っていて頭をよぎったのは

この歌だった!

ユーミン中央フリーウェー!

って思ったらラジオから掛かってきてビックリよ!

おはようございます

ゴールデンウィークもしかして車の中で退屈してない?

そういう時は

イタリアのずっこけ写真って検索して画像見るか、

静岡塩漬けゲーム面白いわよ!

あのさ、

いよいよ私の近くのお蕎麦屋さんがざるそばやざるうどん始めたので

早速食べてきたわ。

でも今日最近凝ってる製麺機で作ってるうどん麺、

お店のものと食べ比べてみようと思って、

いつもならだいたいお蕎麦にするんだけど

今日は思いきってざるうどんにしてみたのね。

これは関東では少ないからざるうどんとなるとこちらの方が分があるかも知れないわ。

そんでね、

駅近にもう一見それはうどん屋さんには見えないような感じのするうどん屋さんが一軒あるのね。

私は最近そのお店が出来たこと知ってたけど、

蕎麦党だったかアウトオブ眼中を決め込んで行ったことがなかったのね。

でも行かなかったことに後悔!

今回のうどんのことがあったからもう今朝朝からうどん屋さんハシゴよ。

うどん屋さんがハシゴできる信じられる喜びだわ。

へーなるほどねってウドンワールド春の祭典とを感じつつ食べたそのうどんはなかなか美味しかったわよ。

うどんだし結構リーズナボーだしね。

であとで寄ったお店は、

な、なんと夜の23時まで開いてるって言うからてやんでーばーやろーちくしょーめって言いそうなぐらい

夜にでも寄れちゃうじゃない!

お店ごとのうどんの麺の個性があってまた面白かったわ!

コシに関しては家で作った製麺機での方が好きかな。

あと最初作ってみて自分で分かんなかったのが、

麺の長さ!

長いほど値打ちがあるって私も思っていた時代があった四時台なんだけど、

それは間違いね

だって長すぎると流石に食べにくいわよ!

ほどよく箸で持ち上げて良い具合の長さが良いのねって。

まり長すぎるのも何だわ。

意外とうどん麺が重いのよね。

持ち上がらなくなっちゃう。

で、その2軒目によったおうどん屋さんも長めの麺で、

そりゃおつゆのお猪口に入れるのが大変よ!

ああ、これか長けりゃいいってもんじゃないってことは。

実定的にそういうもの!って思ったわ。

なんでもほどほどなのね!

それはさておき、

ゴールデンウィーク中って意外と人少なくない?

ふなばしアンゼルセン公園は案外穴場よ!

うふふ。


今日朝ご飯

うどん屋さんのハシゴでまあ美味しく頂いたわ。

ちょっとハマりそうね。

意外とマルカ製麺行ったことがないんだけど、

ちょっと行ってみたいような気がしたわ!

今度混んでなかったら行ってみたいわね。

デトックスウォーター

麦茶ウォーラーよ。

もう冷やしても良いぐらいなんだけど、

さすがにまだそれを一気にはと思うので、

夜煮出して置いてそのまま放置しておけば朝になれば飲み頃の温度になるから

そうやって作ってるわ。

麦茶ウォーラー開幕よ。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2019-04-05

なんか桑田佳祐ってすごいのでは

過小評価されがちだと思うんですよ桑田佳祐

ていうか俺もあんまり知らないんだけども

2020年オリンピックに向けて作られた曲とかボーッと聞いてたんだけど、いやこれだけ長年に渡ってクオリティの高い曲を作り続けるってちょっと尋常じゃないんじゃね?とふと思ったわけ

長年に渡って活躍してるアーティストてのは他にもたくさんいるんだけどさ、とりあえず自分が思いつくのはユーミン長渕剛中島みゆきアルフィーとか。まあ他にも色々いるとは思う。

でも桑田佳祐ほどコンスタントに曲を出し続けてメディア露出もそれなりにこなしてる人ってちょっと思いつかない。やっぱ大御所になってくると露出は減るしたまに出てくるありがたみみたいなのも出てくる。

桑田佳祐ってその辺がまったくない。言い方悪いけどピッタリくるのが「なんか軽い」

これは作る曲もそうで、彼の作る曲って基本的大袈裟なのが極端に少ない。ラブソング名曲サラリーマンの悲哀系世の中に問う系の重めの曲も、どれもクオリティは高いけどなんていうかあくまポップス。これはユーミンもそうだけどユーミンはさすがに今は現役感は薄い。それに大御所感がすごい。桑田佳祐はやたらと腰が低い。これはな本人になにかしらのコンプレックスがあるのか、とにかく偉そうに見えるというのだけは絶対にイヤだという態度に見える。偉そうに見えるくらいならふざけてやろうというか。これはデビューからずっとそうなのかもしれない。

まあ本人のパーソナリティはともかくとにかく曲を作り続ける姿勢が凄すぎると思う。昔雑誌で読んだけどミスチルの人が桑田佳祐に曲を作り続けるのは大変だ的な事を話したら、いや曲なんていくらでもできるそんなのは簡単だよみたいな事を言われたらしい(うろ覚えだけど…

しかしそうはいかないのだ。ミスチル最近の曲を聴くとどうしても焼き直し感がある。自分の作ってきた曲達に縛られてるようにも見える。でも桑田佳祐サザンはそういう呪縛全然なさそうに見える。

いったいなぜ彼だけがそんな事を成し得るのか不思議で仕方がない。

2019-02-09

新宿西口の「私の志集」さんをモチーフにしたカラオケ動画見つけた!!!

志集さんはこんなに野暮な女じゃないと思うので腹立たしいストーリーだとは思うけど,

これを作ろうと思った人の気持ちわかる。志集さんって不思議な魅力があるよなあ。美人からかなあ。

それにしても「いちご白書をもう一度」って名曲ですごい。ユーミン作詞作曲だなんて初めて知ったけどさすがだわ〜https://www.youtube.com/watch?v=4dVUYUf_VvA

2019-01-10

増田ブクマを叩き出す唾棄ただを蒔く部出す魔(回文

おはようございます

新年の早々の増田ブクマ3桁台をたたき出して、

まずまずな出だし!

こういうのを見るとプロ増田頑張らなくっちゃ!って

初心を思い出します。

もう増田プロなのかプロ増田なのかどちらでもいいけど、

とにかく頑張らなくっちゃ今年もしっかり書いて行くわ。

やはり、

普通増田も数打ちゃ当たる戦法で

ばんばん書いてかないとブクマも付かないもんね。

継続増田ナリ~ってコロ助かよ!って。

一時期はブクマなんて付く付かないどうでも良くなって書いてたけど、

やっぱりつくと嬉しいわ。

うふふ。

今日もまたしっかり増田書いていくわっ!


今日朝ご飯

ハムタマサンドハムタマゴのハーモニーがなんとも言えない。

最近発見したの。

サンドイッチとコーヒーを一緒に食べると美味しい!ってことに。

そんなことも知らなかったなんて、

人生半分損していたような気がするし

人生の半分は優しさで出来ているような気がしたわ。

ユーミンさんの歌をバックグランドミュージックに噛みしめて

サンドイッチも噛みしめたいわ!

デトックスウォーター

冬のホッツ週間!

今始めました!

あんまり考えてないので今日で終わるかも知れません。

がホッツ緑茶ウォーラー定番の朝起き抜けに一杯でした。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2019-01-04

音楽についての感受性が無い

年越しは紅白を見た。いろいろな人の感想を見ていると、MISIAとかサザンとかユーミンとか米津玄師とかの歌に結構な人が感動したと書いている。

自分は「この人歌うまー」と感心することはあるけれど、純粋に歌に感動するってことができない感じがする。だからこういう感想を見るとなんか少し焦ってしまう。

漫画とか小説とかドラマでは割とすぐ泣くんだけどな。

2018-12-02

anond:20181202114305

でもそういう消費豚がオタク自称することはなかったのよ。その主な理由オタク賤民であって自称する魅力も利益もなかったからなんだけどね。

そもそも中世から昭和に続く日本社会において、未成年は家の従属物(ソフト表現)だったし、成人女性家事労働提供者(ソフト表現)だったし、成人男性会社奉公人ソフト表現)だった。この社会において自由の幅ってのは現代に比べて極めて少なく、特にそれは趣味分野において顕著だった。庶民が嗜んで白眼視されないものなんてのは、男性において飲む打つ買うとその後継だけだったし、パチンコなんてのはその最たるものだった。女性においては男性にもましてきつきつであり、かろうじて数種の習い事が芸として社会認知されてたかどうかくらい。書物を購入してそれを読み漁るなんてのは、金持ち道楽であり、庶民の間ではむしろ唾棄すべき軟弱さの現れとみなされていたふしがある。まあ、だからこそ与謝野晶子あたりの明星派などによる「既存価値観への抵抗」としてのそれがあったわけだけど。

高度成長期を経て70年代から急速に文物が発展して、今現在趣味と呼ばれる文化が爆発的に多様化した。多様化した以上に「余暇に個々人が己の興味のあることをして過ごすのは当然の自由であり権利である」という認識一般化した。テレビ文化がひろまって、ヒッピームーブメントの余波から洋楽ブームが来て、ニューエイジ思想からオカルトブームUFO心霊写真! そしてフジテレビホイチョイ結婚してユーミンウィンタースポーツブームを生んで、広瀬香美とチューチュートレイン若者苗場に連れ出した。

の、だけど、そんなに主体的に生きてる人間ばっかじゃないのよな。増田の言うとおり。結局現在、「ソシャゲと深夜のアニメネット炎上案件に対するコメント時間を潰している、オタク自称している(下手したら自分自身ですらそう信じ込んでいる)人々」ってのは、昭和中後期で言えば「パチンコやって飲み屋愚痴言ってる箸にも棒にも引っかからないおっさんたち」だったわけよ。別段彼らはそれが好きでやってるわけではなく、「受け身で流されて適度に脳内麻薬がチョロチョロ出る余暇の消費」としてそこに流れ着いただけで、最初から徹頭徹尾ただの消費者であって、オタクでも何でもなかった。多分当時であったとしたって、パチンコ博打や酒が本当にそこまで好きだったかどうか疑わしい。そういうふわっとした人々が社会の大多数だったってのは、当時も今も変わらない。

どちらかというと「社会人は全員そういうもん(休日パチンコするくらいしかない消費者)だろ」っていう同調圧力がなくなり「余暇自由選択」になっちゃった結果、それが可視化されただけにすぎない。そのうえ「社会人は全員そういうもんだろ」っていうのは同調圧力である以上に、大多数にとっては劣等感を刺激しないカバーストーリーでもあったっていうのが問題で、いまのこの日本現代社会は「余暇の過ごし方」でさえも階級があるってのが、多分きつい。

まりはっきりとは指摘されないけれど、「何ら主体的趣味を持たない人間」ってのはやはりいまの社会では軽んじられる。一回級下の存在だと現在みなされるんだよ。それこそ「オタクであるほうがまだマシ」と考えるほどに。

から「(絵が好きなわけでも今まで描いてきたわけでも強い動機がなんにもないにも関わらず)絵が掛けるようにな(って賞賛を受けるようにな)りたいな」なんてボヤキがWebにあふれる。

べつに「何ら主体的趣味を持たない」って罪でもなんでもないのにね。前述の戦後から高度成長期にかけて、そんな人々は、社会に出て飲む打つ買うを一巡経験したら、すぐさま「どうやったら異性に興味を持ってもらえるかレース」に回収されて、あまり悩む間もなく半強制的結婚させられ、身体に異常でもない限り速やかに子供ができて、子育て忙殺されるというスケジュールに打ち込まれていた。そうすれば「主体的趣味を持ってない」なんてことは遥か彼方にぶっ飛ばされて、問題意識すら持たないで済んだのにね(その後は、後輩や年少者に対して「結婚社会人の義務だ」とか「子育てはいいぞ」ってマウンティングして余生をすごせた)。

社会の多くの人にとって、「個人アイデンティティと紐付けられた強固な趣味邁進する人生強要苦痛だし、でもそれを拒否するにせよ趣味する余暇なく仕事を詰め込まれるのはもっと苦痛だ。多くの人にとっては自由が毒にしかなってない。そういう価値観の変遷に、オタクは巻き込まれちゃっただけなんだよね。

2018-11-03

anond:20181103192144

鉄道を通すとその周辺の交通利便性が上がって不動産価値が上がるってのはわかりやすいと思うんだけど、鉄道会社自身駅前不動産を持っていて、鉄道敷設の経費を賄おうとするわけね。でもそのためには、みんなが欲しがらないとまずいわけで、鉄道会社から見ればメディア広告代理店パートナーなわけだ。

下北沢吉祥寺など東京西側二子玉川なんかも含めて、「若者が住むおしゃれな街」みたいな紹介がメディアによってなされるんだけど、それって自作自演であってあん場所は昔は農村雑木林湿地と谷間だった。下北沢なんて下北沢村だった。そこに堤が電車通してメディアが「お洒落だ!」って煽って大学キャンバス小劇場ライブハウスがやってきて、立派な財産になったわけだ。

あるいは苗場もそうだ。なんにもないただの山だったところをバブル期リゾート開発(悪名高きコクド)がやってきてホテルスキー場を作り、ユーミンに「サーフ天国スキー天国」とか歌わせて人工的に盛り上げた(結果、実際盛り上がって日本にはスキーブームがやってきたんだから馬鹿にできない)。越後湯沢なんかはJRも大いに潤った例だよね。

2018-08-22

星空の誘惑

こないだのNHKFMで『今日は一日ユーミン三昧』を聴いて以来、なんとなく音楽を聴きたいときユーミンを流すようにしている。そんな中で『星空の誘惑』という曲の中に「オレンヂのトンネルの中は 横顔がネガのようだわ」という全てが過去のものになってしまった歌詞があるのだけど、それでも情景が一気にわかるのはさすがって感じ。

2018-07-03

ドリカム道とかユーミン道とかサザン道とか

どうやって入門すれば良いんですか?

2018-05-22

anond:20180522143402

趣味悪い。声ほとんど出てないし、

若作り厚化粧したユーミンファッションショー

パフォーマーダンスを80年代を引きずってるおばちゃん

見に来てるだけだよ。

ユーミンライブに毎年行くような女

そういう女と付き合ってみたい。

自分ユーミンライブに行ったことないし、特別好きなアーティストってわけじゃない。

なんかそういう女がタイプな気がする。理由はよくわからない。

2018-04-05

赤いスイートピーいい曲ね

3秒聞けばわかる昔の名曲みたいな番組みた

赤いスイートピーに驚かされた

サビなんとなく知ってるくらいだったけど、Aメロからきいたら全体的に古臭さが全然ない

せいぜい90年代に感じるのに82年のうたなんだよこれ

松田聖子の声もあってるし(ビジュアルは気にしない)、一回聞いたら惚れたね

スイートピーってチョイスがまた古いけど気取ってなくていいわ

あと印象的だったのは

藤井フミヤうたうめえ

・渋ガキトリオ歌下手・・・モロ高校生カラオケって感じ

光源氏も歌下手

マッチも歌下手

・村下幸三はやっぱりグッチに似てる

坂本旧ってほんとにっこにこしながら歌うね 見てるこっちまで笑顔になってしまいそうなくらい

還暦すぎた母親谷村しんじ気持ち悪くて嫌いっていったから、俺はスバるすきなのに早送りした クスン

中山美穂うたへた・・・でもWANDSとのコラボしたアレだけは下手さが気にならなかった

森高千里ほんとかわいいスタイルもいい おばさんになってもの動画だったけど、個人的にはポンキのロックオムレツが大好き 声もかわいい

飯島愛がでてておおうと思った AVイメージあったけど、TVだと全然顔違う

・春よ来いいい曲 ユーミンの声だから好き

米米CLUBうまい

・ゲットワイルドうまい スタートレックみたいな服きてた ギターみんないっしょにおどってたけど、これ実は弾いてないんだよなと思うとおかしかった でも手元は動いてたから、もう弾けるようになったあとのビデオだったかも?

・はー村下幸三好・・・出会わせてくれたそらのおとしものエンディングにマジ感謝しかない・・・

・みずのはるおが殺陣して歌いだしたかワロタw 殺陣ピークだった

芸術は爆発だの人のカラオケシーンまであった

2018-03-31

音楽を聞かなくなった理由歌手にある説

さっき街中で久々に槇原敬之の歌を聞いた。

中島みゆきカバー曲だったけど、歌が始まるとも槇原敬之の声しか聞けなくなった。言うまでもなく上手い。

よく絵でも歌でも「自分の色を出す」みたいなことを言われるけど

槇原敬之は間違いなく「自分の色」を持ってる人だ。素人自分でも解るほどの。

他にそういう歌手といえば、冒頭にも出てきた中島みゆきもそうだし、思いつく限りでは桑田佳祐ユーミン吉田美和小沢健二スピッツ

歌を聞いただけでその人の世界に行ってしまうような歌手たち。

最近そういう歌手って出てきてないよね?と思った。

思い出せる限りでは森山直太朗最後って気がする。

そうポンポン出てくるものではないにしろ10年に一人くらいは居てもいいと思うんだけど

ここ10年でそういう歌手って居た?

好きな歌手の話じゃないぞ。

2018-03-27

ユーミンは歌下手っていわれるけど下手なんじゃなくて声質が特徴的なだけだと思う

オンチでもないし

2017-11-28

anond:20171128180709

ユーミンラジオ聴いた?

自分は痛すぎ寒すぎでとても無理だった

2017-10-07

anond:20171006224419

それで春樹って、何を書いたの?

 

海外での評価は知らないし、村上春樹は少ししか読んでいない単なるオタクの戯れ言だが、「白昼夢的な欧米風のボンヤリとした世界観」的なものフォーカスされて80年代は消費された気もする。

ユーミン的なもの

もちろん、文学である以上、暗い部分もあるのだが、さらりと脱臭したイメージ理想)が需要としてあった。

その意味では、現代から見ると、今の彼の認識老いの影響もあるだろうが、暗い部分が大きくなり、世間との齟齬も大きくなっている印象はある。

 

"in an ideal direction"については解釈が難しいところで、上では「理想的方向」とか直訳したけど、実際には文学傾向が「理想主義である作品のことを指す、と解釈されてる。

 

全然関係無いが、「少女終末旅行」のアニメを見て、「こういうアニメが実現するのだとすれば、オタク理想的環境というのはある程度叶ってしまったのではないのか」という思いはあった。

その意味ではゲーム然り、小説ラノベ)然り。

カズオ・イシグロの受賞は、「進むべき方向」と言うよりも、「閉塞感に対する面白い立ち位置可能性)」に対する政治的意味合いがあるのかな、とも思うが、勘違いかも。

2017-06-22

大衆音楽作家に貢ぎたがる人たち

ポップミュージックはもう大好きで掘って遡って記憶にたくさんアーカイブしてるし買った(手放した)レコードCDは千枚下らないし自分でも4ピースバンドオリジナル50曲くらいでっち上げたけど。「文化」とも言えるけどそんなに?という思いがあって。興味があって他に方法がなかったから買ったんだよ、聴く方法がたくさんあって「アレのリズムコード進行はアレ、プレイヤークオリティがアレだな歌詞はソレか、間奏にアレオマージュのフック効いてるな」みたいなことが分かるくら聞いたらもう回数もアーカイブ物理じゃいらないから。ミスチルとか桑田とか虎舞流とかにもっと貢ぐのん?ヨレヨレのユーミンお布施のん?「円盤買え」って振り分け著作権協会ドンブリ割り振りに任すのはそーゆーことよ。貢ぎたいならライブ行ってグッズ買うのが21世紀ってなんか河原歌舞伎観に行くみたいな退行だけど真実

2017-04-09

ユーミンって歌下手なの?

よく歌が下手な歌手として名前が挙がるけど、そんなに下手かなと思う。確かに声がどこまでものびていくとかそういった感じはないけど、ライブ映像を見ていても音程迷子になるほどでもないし、CD音源そのままにユーミンエフェクトが効いた歌声ですごいなとすら思うんだけど。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん